ブログネタ
時代小説 に参加中!

時代小説 紫紺のつばめ 髪結い伊三次捕物余話(2) 


 深川芸者のお文と伊三次の恋模様が、物語の彩りです

幻の声(1) 紫紺のつばめ(2) さらば深川(3)
さんだらぼっち(4) 黒く塗れ(5) 君を乗せる舟(6)
雨を見たか(7) 我、言挙げす(8) 今日を刻む時計(9)
心に吹く風(10) 明日のことは知らず(11) 名もなき日々を(12)

時代小説 紫紺のつばめ 髪結い伊三次捕物余話(2) あらすじ、ネタバレ


 材木商伊勢屋忠兵衛からの度重なる申し出に心揺れる、深川芸者のお文。
 一方、本業の髪結いの傍ら同心の小者を務める伊三次は、
 頻発する幼女殺しに忙殺され、二人の心の隙間は広がってゆく…。

 別れ、裏切り、友の死、そして仇討ち。
 世の中の道理では割り切れない人の痛みを描く人気シリーズ波瀾の第二弾。

 この文庫の表紙絵が、色っぽいです。
 東啓三郎さんという方です

 辰巳芸者は、眉をおとさないから、今写真が現存しても、きっと美人さんですね。
 伊三次とお文の恋模様が、いい感じです。
 




紫紺のつばめ




記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます







私が今まで読んできた時代小説←カテゴリごとに別窓で開きます
高田郁・みをつくしシリーズ
宇江佐真理・髪結い伊三次捕物余話シリーズ・他
諸田玲子・お鳥見女房シリーズ・他