ブログネタ
時代小説 に参加中!

時代小説 さらば深川(3) シリーズの三巻目。


 表紙の絵が、色っぽいです〜(^^)

幻の声(1) 紫紺のつばめ(2) さらば深川(3)
さんだらぼっち(4) 黒く塗れ(5) 君を乗せる舟(6)
雨を見たか(7) 我、言挙げす(8) 今日を刻む時計(9)
心に吹く風(10) 明日のことは知らず(11) 名もなき日々を(12)


時代小説 さらば深川(3) あらすじ


「この先、何が起ころうと、それはわっちが決めたこと、後悔はしませんのさ」
 誤解とすれ違いを乗り越えて、伊三次と縒りを戻した深川芸者のお文。
 後添えにとの申し出を袖にされた材木商・伊勢屋忠兵衛の男の嫉妬が事件を招き、
 お文の家は炎上した。
 めぐりくる季節のなか、急展開の人気シリーズ第三弾。





さらば深川

時代小説 さらば深川(3) ネタバレ注意



 帯もかんざしも焼けちゃいます。
 江戸時代。着物やアクセは財産です(今もか)
 特に芸者の着物はいいもので高価だから、これが焼けるととっても大変。
 髪結い稼業ではお金もあんまり稼げないので、お文さん、大変です!
 でも人生、お金じゃないですよね〜、という巻ですね。
 お勧めです。





記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます







私が今まで読んできた時代小説←カテゴリごとに別窓で開きます
高田郁・みをつくしシリーズ
宇江佐真理・髪結い伊三次捕物余話シリーズ・他
諸田玲子・お鳥見女房シリーズ・他