守り人シリーズ(バルサ)(上橋菜穂子)

風と行く者 守り人外伝 上橋菜穂子 まさか出るとは思わなった。泣けた あらすじ、ネタバレ注意

風と行く者 守り人外伝



バルサのシリーズの新刊が出るとは思わなかった!

NHKでのドラマ化
ジグロを吉川晃司さんがやって
ハマリ役でしたね

この新しいお話を
是非、ドラマ化してほしい
とっても泣けた・・

でも、泣けるのは、私が大人になったからで
この外伝は、大人になったからこそ感じ取れることがたくさんありましたね

ものすごくおすすめです


精霊の守り人(1)
闇の守り人(2)
夢の守り人(3)
虚空の旅人(4)
神の守り人(上(来訪編))(5)
神の守り人(下(帰還編))(6)
蒼路の旅人(7)
天と地の守り人 第一部(ロタ王国編)(8)
天と地の守り人 第二部 (カンバル王国編)(9)
天と地の守り人 第三部(新ヨゴ皇国編)(10)
流れ行く者(11)
風と行く者 [ 上橋菜穂子 ]




ファンタジー小説 風と行く者  上橋菜穂子の守り人シリーズ外伝 あらすじ



つれあいのタンダとともに、
久しぶりに草市を訪れたバルサは、
若い頃に護衛をつとめ、
忘れ得ぬ旅をしたサダン・タラム〈風の楽人〉たちと再会、
その危機を救ったことで、再び、旅の護衛を頼まれる。


シャタ〈流水琴〉を奏で、
異界への道を開くことができるサダン・タラム〈風の楽人〉の頭は、
しかし、ある事情から、密かに狙われていたのだった。

ジグロの娘かもしれぬ、この若き頭を守って、ロタへと旅立つバルサ。

草原に響く〈風の楽人〉の歌に誘われて、
バルサの心に過去と今とが交叉するとき
ロタ北部の歴史の闇に隠されていた秘密が、危険な刃となってよみがえる。


風と行く者 [ 上橋菜穂子 ]


ファンタジー小説 風と行く者  上橋菜穂子の守り人シリーズ外伝 ネタバレ注意



「目次」

序章 風の旅立ち  7

第一章 新たな旅へ  13
一、草市で  14
二、エオナ・ル・サリ  30
三、母の秘密  45
四、歌声の誘い  60
五、死闘  78

第二章 遠き日々  91
一、奇妙な隊商  92
二、マッハル沼の悲劇  102
三、護衛の条件  116
四、ジタンの夜明け  127
五、シャタ<流水琴>の伝説  159
六、恋歌  178
七、タカンの宿  190
八、火虫  206
九、護衛士のつとめ  231
十、命の値段  252
十一、ケミルの丘で  275
十二、アール家へ  289
十三、エウロカ・ターン<森の王の谷間>で  305

第三章 風の行方  313
一、母の胸飾り  314
二、襲撃  327
三、侍女のユリーマ  336
四、隠されていたこと  347
五、ユリーマの告白  358
六、脅迫の代価  365
七、エオナの言葉  375
八、夜明け  392
九、伯父と姪  407

終章 風が憩うところ  425

目次を見てもわかるように
ものすごくみっちり、濃密に書かれている小説で
これをネタバレするのは、とってもむずかしい・・

読んでください!っていうだけなんですが
私的には、備忘録でもあるので
すぐに思い出せるように書かないといけない・・(><)

戦でタンダの片腕がなくなったあとのお話で
タンダを心配して、バルサは近い仕事しか受けてないんですが
草市に行ったら、
サダンタラムの若い棟梁たち一行が襲われていて
先代を守って、ジグロと一緒に旅したことのあったバルサが
用心棒の仕事を受けます

先代の用心棒をしていた頃
ジグロはまだ若くて、バルサも16歳で
先代は美人さんで
ジグロといい感じだったから、今の棟梁のエオナはジグロの娘かもしれない、って

先代の時にもいろいろ狙われて、ジグロとバルサは必至に守りましたが
今回も、それが継続しているらしい、ってわかってきて
バルサは、過去を思い出しながら、エオナ一行を守りますが
その過去話の中のジグロがかっこいいのよね〜!!

王の槍が追ってきて、ジグロが殺すっていう
あの切ないシーンもありますしね

そして、襲われる理由が
エオナがターサ氏族とロタ氏族の和平を破る証拠
昔の族長の墓が地震で暴かれ、それを隠すためだってわかってきます
で、お互いがそれぞれに秘密を分かち合うと
違った真実が見えてきまして・・

最終的には、エオナは守られ
もう狙われることもなく
二つの氏族は、それなりに継続できそう、っていう
大団円ではないですが
それなりの着地点で終わります

ジグロを思い出すほどに、バルサは
今になって見えてくるものがある、って
ジグロがいかにバルサを大事にしてくれていたか、って

今は亡い人を思う
切なさと、いとしさと
そんな余韻のある作品でした

これ、きっと読み返す度に私は泣きますね
大人になって
亡くした人が増えるほどに
この物語は心に沁みます・・・

おすすめです





読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こちらをクリックしてください。




 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き






蒼路の旅人(7) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(7) チャグムは一人旅立ちます。 あらすじ、ネタバレ注意

ブログネタ
ライトノベル に参加中!

蒼路の旅人(7)  大好きな上橋菜穂子の守り人シリーズ(7)



 ファンタジー小説の金字塔
 本当に素晴らしい作品です。


精霊の守り人(1)
闇の守り人(2)
夢の守り人(3)
虚空の旅人(4)
神の守り人(上(来訪編))(5)
神の守り人(下(帰還編))(6)
蒼路の旅人(7)
天と地の守り人 第一部(ロタ王国編)(8)
天と地の守り人 第二部 (カンバル王国編)(9)
天と地の守り人 第三部(新ヨゴ皇国編)(10)
流れ行く者(11)

蒼路の旅人(7) あらすじ



 生気溢れる若者に成長したチャグム皇太子は、
 祖父を助けるために、罠と知りつつ大海原に飛びだしていく。


 迫り来るタルシュ帝国の大波、海の王国サンガルの苦闘。
 遙か南の大陸へ、チャグムの旅が、いま始まる!

 幼い日、
 バルサに救われた命を賭け、
 己の身ひとつで大国に対峙し、運命を切り拓こうとするチャグムが選んだ道とは?
 




蒼路の旅人(7) ネタバレ



 守り人シリーズの6番目、7巻目です。
 第一話の「精霊の守り人」でバルサに守られるだけだったチャグム王子は
 もんのすごく、かっこ良く成長していきます。

 この回から、ファンタジー小説が大河ドラマになっていきます。
 いいですね〜。
 全巻読破まで、やめられません!




記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ファンタジー小説のカテゴは←こちらです。ファンタジー系小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレ書いてます(^^)


神の守り人(上)(下) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(5)(6) 「来訪編」「帰還編」ロタ国の猟犬との戦い あらすじ、ネタバレ注意

ブログネタ
読んだ本 に参加中!

神の守り人(上)(下) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(5)(6)



 上橋菜穂子の出世作である、守り人シリーズ


精霊の守り人(1)
闇の守り人(2)
夢の守り人(3)
虚空の旅人(4)
神の守り人(上(来訪編))(5)
神の守り人(下(帰還編))(6)
蒼路の旅人(7)
天と地の守り人 第一部(ロタ王国編)(8)
天と地の守り人 第二部 (カンバル王国編)(9)
天と地の守り人 第三部(新ヨゴ皇国編)(10)
流れ行く者(11)



神の守り人(上) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(5) あらすじ



 女用心棒バルサは逡巡の末、人買いの手から幼い兄妹を助けてしまう。

 ふたりには恐ろしい秘密が隠されていた。

 ロタ王国を揺るがす力を秘めた少女アスラを巡り、〈猟犬〉と呼ばれる呪術師たちが動き出す。



 タンダの身を案じながらも、アスラを守って逃げるバルサ。

 追いすがる〈猟犬〉たち。

 バルサは幼い頃から培った逃亡の技と経験を頼りに、陰謀と裏切りの闇の中をひたすら駆け抜ける!




神の守り人(下) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(6) あらすじ



 南北の対立を抱えるロタ王国。

 対立する氏族をまとめ改革を進めるために、
 怖ろしい〈力〉を秘めたアスラには大きな利用価値があった。


 異界から流れくる〈畏ろしき神〉とタルの民の秘密とは? 

 そして王家と〈猟犬〉たちとの古き盟約とは?

 自分の〈力〉を怖れながらも残酷な神へと近づいていくアスラの心と身体を、
 ついに〈猟犬〉の罠にはまったバルサは救えるのか?




神の守り人(上)(下)上橋菜穂子の守り人シリーズ(5)(6) ネタバレ



 守り人シリーズの5番目の上下巻です。



 バルサは、今回もある兄妹を見捨てられず
(チャグムを助けて、しばらく一緒に暮らしてから、小さな子供をほっとけない人になってます)
 命をかけることになります。



 ロタ国は、現在の王が病弱で、皇太子は弟でよき人ですが、
 王権は大貴族に牛耳られてけっこう不安定です。


 そんな状態を一発逆転するためには、アスラという少女が秘めている力が必要で

 それを王家の猟犬、と呼ばれる秘密組織が得ようとして、バルサが阻むわけです



 バルサの短槍の腕は絶品ですね。


 このシリーズではバルサ(女性)が移動型の武道派で

 恋人のタンダは呪術師であり薬草を使う医者で、定着型の待つタイプです。


 このカップルがとっても魅力的。




記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ファンタジー小説のカテゴは←こちらです。ファンタジー系小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレ書いてます(^^)


流れ行く者(11) 上橋菜穂子の守り人シリーズの最終巻で最新刊 番外編の短編集 あらすじ、ネタバレ注意

ファンタジー小説 流れ行く者(11)  上橋菜穂子の守り人シリーズの最終巻で最新刊



 シリーズの番外編、というか短編集です
 守り人シリーズを読んでからの方がいいですね 


精霊の守り人(1)
闇の守り人(2)
夢の守り人(3)
虚空の旅人(4)
神の守り人(上(来訪編))(5)
神の守り人(下(帰還編))(6)
蒼路の旅人(7)
天と地の守り人 第一部(ロタ王国編)(8)
天と地の守り人 第二部 (カンバル王国編)(9)
天と地の守り人 第三部(新ヨゴ皇国編)(10)
流れ行く者(11)

ファンタジー小説 流れ行く者(11) 上橋菜穂子の守り人シリーズ あらすじ



 陰謀に巻き込まれ父を殺された少女バルサ。

 親友の娘である彼女を託され、用心棒に身をやつした男ジグロ。

 故郷を捨て追っ手から逃れ流れ行くふたりは、
 定まった日常の中では生きられぬ、様々な境遇の人々と出会う。


 幼いタンダとの明るい日々、
 賭事師の老女との出会い、
 そして、初めて己の命を短槍に託す死闘の一瞬。


 孤独と哀切と、温もりに彩られた、バルサ十代の日々を描く短編集。




ファンタジー小説 流れ行く者(11) 上橋菜穂子の守り人シリーズ ネタバレ



 浮き籾/ラフラ“賭事師”/流れ行く者/寒のふるまい

 守り人シリーズの最終巻で、最新刊です。
 バルサとタンダの子供時代のお話ですね。

 バルサはタンダより年上で、子供のころの年上というのは、体力も考え方も 差がありますから
 そんな二人の関係がかわいいです。

 それにしても、バルサの養父・ジグロがかっこいい!!


 親友の願いを聞いて、その娘を守っての逃亡です

 結婚とかも友情も血縁も捨てての日々

 それでも、最後はバルサと生きてこられて良かったって・・



 そんな想いをバルサが感じ取れたのは、
 チャグムを預かっての逃亡生活からでした


 ぐる、って輪がきれいに一つになる番外編です




記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ファンタジー小説のカテゴは←こちらです。ファンタジー系小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレ書いてます(^^)



 

天と地の守り人(1〜3) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(8〜10) タルシュに対抗し、災害に備えよ! あらすじ、ネタバレ注意

ブログネタ
ライトノベル に参加中!

天と地の守り人(1〜3) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(8〜10)



 チャグム皇子とバルサが合流します
 精霊の守り人として生まれ、生き延び、第二王子から皇太子へとなったチャグム
 彼は今、侵略を狙うタルシュに対抗するため、祖国の命運を握って、諸国を守って味方を募っています。


精霊の守り人(1)
闇の守り人(2)
夢の守り人(3)
虚空の旅人(4)
神の守り人(上(来訪編))(5)
神の守り人(下(帰還編))(6)
蒼路の旅人(7)
天と地の守り人 第一部(ロタ王国編)(8)
天と地の守り人 第二部 (カンバル王国編)(9)
天と地の守り人 第三部(新ヨゴ皇国編)(10)
流れ行く者(11)



天と地の守り人(1) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(8) あらすじ

 大海原に身を投じたチャグム皇子を探して欲しい

 密かな依頼を受けバルサはかすかな手がかりを追ってチャグムを探す困難な旅へ乗り出していく。

 刻一刻と迫るタルシュ帝国による侵略の波、ロタ王国の内側に潜む陰謀の影。

 そして、ゆるやかに巡り来る異界ナユグの春。

 懸命に探索を続けるバルサは、チャグムを見つけることが出来るのか!



天と地の守り人(2) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(9) あらすじ

 再び共に旅することになったバルサとチャグム。

 かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、苦難の中で、まぶしい脱皮を遂げていく。

 バルサの故郷カンバルの、美しくも厳しい自然。すでに王国の奥深くを蝕んでいた陰謀。

 そして、草兵として、最前線に駆り出されてしまったタンダが気づく異変の前兆

 迫り来る危難のなか、道を切り拓こうとする彼らの運命は。



天と地の守り人(3) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(10) あらすじ

 ロタとカンバルがうごいた!

 北の諸国のうねりを背に、瀕死の故国へ帰還するチャグムに父との対決の時が迫る。

 緒戦の犠牲となったタンダの行方を必死に探し求めるバルサ。

 大地が揺れ、天変地異が起こるとき、金の鳥が空を舞い、
 地を這う人々の群れは、ひたすらに生きのびようとする。
 




天と地の守り人(1〜3) 上橋菜穂子の守り人シリーズ(8〜10) ネタバレ

 短槍の超絶名人バルサの用心棒シリーズを本篇に
 バルサに守られて登場したチャグム皇太子のシリーズを外伝にして
 続いてきた守り人シリーズの完結編。

 本編と外伝が見事にクロスしてシリーズ完結してます。

 私はこの3冊がこのシリーズの中では一番すきです。



 闇の守り人、で登場したバルサの故郷のタンバル

 神の守り人(上下)でバルサが兄妹を守るために戦ったロタ国の狩人も味方になり
 今までに出てきた国々をまとめ、チャグムは侵略を狙うタルシュへ対抗しようとします。


 さらに、チャグムの母国を襲う天変地異

 精霊の守り人であったからこそ、わかる異界からの異変の予兆

 その全部を怒涛のごとく巻き込んで、物語は突っ走ります!



 しかし、見事な構成です!
 伏線ものこらずクリア。
 読み終えたときの達成感、カタルシス!
 う〜ん、すばらしい!

 


記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ファンタジー小説のカテゴは←こちらです。ファンタジー系小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレ書いてます(^^)


訪問ありがとうございます
ブログライター
元シナリオライター。深夜枠や2時間ドラマ用の原作探しで乱読してこのブログを始めました。

おかお
記事検索
QRコード
QRコード
貼るだけで稼ぐ
免責事項
このブログでいろいろとご紹介してますが、これは私の個人的な意見などであり、最新の情報でない場合もあります。ですから情報に対する苦情は、ご遠慮下さいませ。

また、当ブログを通しての登録及び購入後の、如何なるトラブル・損害・損益に関しては、一切の責任を負う事はできません。
ご了承くださいませ。

サイトへの登録などはみなさま方が規約をよく読んだ上、自己責任で判断して下さいませ。
よろしくお願いいたします。
 
小説名と作家名一覧のカテゴ