★お役立ちの教養本(歴史・美術・冠婚葬祭・他)

知らないと恥をかく世界の大問題(10) 池上彰 最新刊2019年6月版 あらすじ、ネタバレ注意

 知らないと恥をかく世界の大問題(10)  



新刊がでると、必ず夫が買います
そのあとに私が読む、って順番です

ベストセラーの常連シリーズも
10冊目となりました

語るように書かれた文体は
ほんとに読みやすいです。



 知らないと恥をかく世界の大問題(10) あらすじ 



「新しい冷戦」の時代に入った世界を読み解く。池上ニュース解説の決定版

米中衝突!! 新・冷戦時代へ
転機を迎える世界と日本を読み解く、池上ニュース解説の決定版。


混迷の度合いを深める世界。

大国間での「自国ファースト」のぶつかり合いをはじめ、
テロや紛争、他民族を排斥する動き、環境問題、貧困問題等々……課題は山積み。

この「転機」の時代に世界はどこへ向かおうとしているのか――。

未来を拓くために、いまこそ歴史に学び、世界が抱える大問題を知る必要がある。

2009年の第1弾の発売から今回で10作目。

シリーズ累計186万部突破、信頼の「池上解説」最新第10弾。




 知らないと恥をかく世界の大問題(10) ネタバレ注意 



プロローグ・転機を迎える世界と日本
居座るトランプ「アメリカファースト主義」
揺らぐヨーロッパ EUは夢だった?
サウジの怒り、したたかイラン、イスラム世界のいま
習近平の1強政治
AIとグローバル化の波に翻弄される私たち
憲政史上最長政権へ。安倍政権は日本をどこへ
エピローグ・民主主義とはなにか

面白かったので
以下は私の本書からの覚書(このブログ、備忘録なので)

歴史の転換となった「ペンス演説」
副大臣はキリスト教原理主義
中国への敵対宣言

うん、これはすごかった!

トランプのファースト主義で
国際社会への影響力がなくなっていく

行動なきとこ、責任なきとこの、影響力なし


関税は世界戦争の引き金になる
だから、WTOをつくった

そうだったのか

アメリカが恐れるのはバックドア
ファーウェーのことね

南米ベネズエラの悲劇
チャペス大統領のばらまきによるバブル
原油価格急落の救貧
チャペスの後継者・マドゥロは中国とロシア寄り
国会議員のグアイドがアメリカ留学してる
内紛は、アメリカ対中国+ロシア

代理戦争って、どこでもあるのね

ベルリンの壁が壊れ
東ヨーロッパは賃金が安く、学力があった
で、ポーランド人たちがどっと移民

イギリスのEU離脱は
高齢者が選挙に行き、若者が行かなかった結果

これは、日本にもあてはまる・・

北アイルランドとイギリスの戦争は
EUができて鎮静化したのに
これからどうなる・・

マクロンが嫌われるのは
上から目線ゆえ

自分のところからシェールガスが出たので
今のアメリカは、イスラエル以外はどうでもいい

分断されたクルド民
対シリア戦いでも利用された

サウジアラビアの若き王は
原油依存からの脱皮で必死
サウジアラビア+イスラエル(アメリカ寄り)
イラン+イラン+シリア+レバノン(反アメリカ)
の対決でかし

1G/第一世代。お弁当箱電話
2G/アナログからデジタルへ
3G/高速データ通信・スマホ
4G/3Gのより高速快適化
5G/高速・低遅延・多接続


習近平の終身トップ体制ができるかも
北朝鮮も、トランプがやめてもまだ彼がトップ
独裁政権とは、そういうもの

ひとりひとりが賢明にならないと民主主義は成り立たない

おもしろかったです

一読をおすすめ







読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き




日本を殺すのは誰よ! 新井紀子&ぐっちーさん 地方活性化 あらすじ、ネタバレ注意

ビジネス本 日本を殺すのは誰よ!



作家買い

グッチーさんが好きなんです
でもって
最近知って、注目してるのが新井紀子さん
ってことで、
がっつり読みました


ビジネス本 日本を殺すのは誰よ! あらすじ 



わたしたちの国を殺すのは、誰だ?

学校教育、人口減少の加速から地域再生・地方創生策まで
現代に日本が抱える闇に光を見出す、ニッポンが“生きる”ための
その衝撃の内容とは!?

金融・経済評論家、ぐっちーさんとの共著で話題沸騰!!



日本を殺すのは、誰よ! [ 新井 紀子 ]


ビジネス本 日本を殺すのは誰よ! ネタバレ注意 



第1章 日本を軟着陸させるために/
第2章 女性が活躍できる基盤をつくろう/
第3章 日本を支える若者たちに投資を/
第4章 地元に住んで小さなビジネスを起こす/
第5章 50歳以上のオジサンが生きる道/
第6章 これからの日本はトラストー信用・信頼して暮らす

二人が、実験というか
地方で実際にやっていることが書かれてました

お互いが原稿をやり取りして
往復書簡的に書かれていて
それぞれの視点があるのが面白かった

小学校のうちから
リアルに稼ぐことを考えさせたり

エリートが満足できる学校がないと
住民票は移してもらえない、って実態とか

地方の子は
子供同士で遊べない、とか
(バスが少なかったりするから)
そういうコミュ力不足が
一流企業に入れない、ってことにつながっていたり

シングルマザーは根性あるんだから
彼女らを使わないのはおかしい、とか

女子トイレが充実してない会社は
女性社員を使いこなせてない、とか

奨学金の返済について考える、とか

福岡が元気なわけ、から
地方の活性化を見つめたり

一緒にご飯を食べる、ってことの意味とかね

地方再生の担当者になった
地方の公務員さんとかには
教科書になるようなお話が沢山でした

とってもおもしろかったので
是非、読んでくださいませ〜(^^)




読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き



じつは完全復活している日本経済 上念司 面白かった! あらすじ、ネタバレ注意

ビジネス本 じつは完全復活している日本経済



ベストセラーのビジネス新書

日本の国債が多すぎて危ないとか
バランスシートを考えない報道が増えていたのと
安倍首相がらみのニュースが
ど〜も、片手落ちなんじゃないか、って感じていたので読みました

すっきりしました(^^)




ビジネス本 じつは完全復活している日本経済 あらすじ 



ネット配信のニュース番組『虎ノ門ニュース』や『ニュース女子』で
活躍中の経済評論家の著者が、
地上波テレビと新聞で報道されている、
アベノミクスの金融政策や消費税増税問題などの記事を取り上げ、
ニュースのウラに隠された日本経済の「真の姿」を明らかにする。



官僚と新聞・テレビが伝えないじつは完全復活している日本経済 [ 上念 司 ]



ビジネス本 じつは完全復活している日本経済 ネタバレ注意 



第1章 これが、ニュースのウラに隠された「日本経済」の真実だ!
(マスコミが伝える金融緩和の「弊害」はデタラメばかり/
捻じ曲げられた岩田元副総裁「緩和縮小発言」の真相 ほか)/

第2章 これが、ニュースのウラに隠された「安倍政権」の真実だ!
(稲田元防衛大臣は「ガセネタ」で辞任させられた?/
加計学園問題でマスコミが振りかざした「悪魔の証明」 ほか)/

第3章 これが、ニュースのウラに隠された「消費税増税」の真実だ!
(「財政危機だから、増税」は完全なデタラメ!/
「増税原理主義」に支配されているマスコミ ほか)/

第4章 これが、ニュースのウラに隠された「世界経済」の真実だ!
(トランプの「北朝鮮の段階的な非核化」容認発言はデタラメだった!?/
習近平の発言は10か月も前のものだった!? ほか)

ネットを利用すれば
マスコミが伝えないものも、見つけることができる時代ですね

その分
フェイクニュースとかもあるから注意しないといけないですけどね

日本のGDPは健全なので
バランスシートを考えたら
国債が増えても大丈夫ですね

そりゃ、少ない方が良いですけどね

国債のディーリングしかしない銀行は
高給取りである必要はないですね

マスコミは金融緩和はやめさせようとしますが
今のままでいいじゃん

疑惑があるだけで、証明するのはむずかしい

1円起業して、法人設立手数料は5万円です
役得、岩盤規制の一つです

日本の医療費は高すぎるから、お金がなくなる
検査が多すぎる
病床が多すぎる

消費税を社会保障でやってる国はない

アベノミクスで物価目標が達成できないのは
消費税をあげたから






読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き




妻のトリセツ 黒川伊保子 脳科学からみたトリセツ。女性も納得! あらすじ、ネタバレ注意

教養本 妻のトリセツ



 現在、平積みでベストセラーになっている新書です

 面白かった!

教養本 妻のトリセツ  あらすじ 



《発売たちまち 10万部突破!》
「羽鳥慎一モーニングショー」「スッキリ」
「林先生が驚く初耳学!」「ノンストップ!」
ほかテレビ・雑誌で大反響!

理不尽な妻との上手な付き合い方とは。
女性脳の仕組みを知って戦略を立てよう!

妻が怖いという夫が増えている。

ひとこと言えば10倍返し。
ついでに10年前のことまで蒸し返す。
いつも不機嫌で、理由もなく突然怒り出す。
人格を否定するような言葉をぶつけてくる。
夫は怒りの弾丸に撃たれつづけ、抗う気さえ失ってしまう。

夫からすれば甚だ危険で、理不尽な妻の怒りだが、
実はこれ、夫とのきずなを求める気持ちの強さゆえなのである(俄には信じ難いが)。

本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、
夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。

「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、
家庭に平穏を取り戻すために必読の一冊でもある。

【本書の内容から】
◆妻の不機嫌や怒りの理由を、むやみに解明しない
◆妻は夫に問題解決を求めていない
◆妻は夫に共感してもらいたいだけ
◆地雷を避ける、会話の“黄金ルール”
◆「おうむ返し」で共感のフリをしよう
◆事実の否定は、心を肯定してから
◆妻を絶望させるセリフ集
例1「今日何してたの?」
例2「だったら、やらなくていいよ」
◆夫には見えていない家事がある
◆「〜っぱなし問題」を放置するな
◆直感で決める妻、比較検討で選びたい夫の妥協点
◆メールせよ!「今、小田原通過。満席」
◆記念日を軽んじてはいけない
◆されど記念日の“サプライズ”は逆効果
◆「心と裏腹な妻の言葉」の翻訳集
例1「勝手にすれば」→訳「勝手になんてしたら許さないよ。私の言うことをちゃんと聞いて」(「好きにすれば」は同義語)
例2「どうしてそうなの?」→訳「理由なんて聞いていない。あなたの言動で、私は傷ついているの」


妻のトリセツ (講談社+α新書) [ 黒川 伊保子 ]

教養本 妻のトリセツ  あらすじ 



第1章 辛い記憶「ネガティブトリガー」を作らない
妻に嫌な思いをさせる発言と行動を知っておこう
(何十年分もの類似記憶を一気に展開する女性脳/
人生最大のネガティブトリガーを作り出す周産期・授乳期/
話し合いはビジネスプレゼンのメソッドで/
妻をえこひいきすると、実家ストレスが解消する/
「名もなき家事」がふたりを分かつ ほか)/

第2章 ポジティブトリガーの作り方
笑顔の妻が戻ってくる、意外に簡単な方法
(ネガティブをポジティブに変える脳科学的テクニック/
普通の日だからこそ効果絶大な、言葉と行動/
いくつになっても愛の言葉が欲しい女性脳/それでも別れないほうがいい理由)


いや〜、面白かった

あらすじ、を読むだけでも面白さがわかりますね

女性脳は、体験記憶に感情の見出しをつけて収納している

これが、絶品の指摘ですね

女の会話の目的は共感
これ、要介護の実母の時に実感しましたね〜

息子が目標にできる夫になれるか
これ、ほんとに実践してほしい

実現可能なタスクを決める

事件はたいていリビングで起きる
これ、二時間ドラマのタイトルみたいだね

察してなんぼ、の女性脳

心と真実、女性の会話は二回線

記念日は記憶を引き出す日

サプライズは逆効果
これ、ほんとにわかる
女性はサプライズが嫌いよね
約束に、追加のサプライズは好きだけどね

自分を大切にすることが、種の保存につながる

レディーファースト
エスコートを、マイルールにする

これ、高校時代に男子高で必須副読本にしてほしいわ(^^)

とってもおすすめです。






読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こちらをクリックしてください。




 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き

日本進化論 落合陽一 作家買い。今回は小泉進次郎との対談が目玉。ポリテック あらすじ、ネタバレ注意

ビジネス本 日本進化論



注目の2人による今後日本に必要な発想とは

これが、落合さんと小泉さんの対談です。

みなさんは、「平成」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。
「バブル崩壊」「失われた20年」「二流国への転落」……。
決してポジティブとはいえないイメージを抱いている方も少なくないでしょう。

その認識は、本当に正しいのでしょうか。
たしかに、平成の間に失われたものや、反省すべき点はたくさんあります。
しかし、そこに囚われるあまり、現在の日本が抱えている問題の本質や、
その解決の糸口が意外なところに潜んでいることに、多くの人は気付いていないのではないでしょうか。

たとえば最近、「ベーシックインカム」についての議論をよく目にします。
「そんな財源はない」
「あくまでも理想論であって、夢物語だ」といった反論をする人もいます。
しかし実は、
現在の日本の一部の地域では、「ベーシックインカム」と同様の状況が、既に生まれているのです。

平成の次の時代を、我々はどう生きていくべきなのか。
今の日本が抱えている課題と、この先の未来に向けての解決策を、
その分野のプロフェッショナルの方の力も借りながら、考えてみました。
(「はじめに」より一部抜粋)

ビジネス本 日本進化論 あらすじ



人口減少、超高齢社会、社会保険の破綻…など、
ますます将来が見通せなくなっている今、
日本を再起動するために、私たちは、何をどう考えるべきなのか。

ミレニアル世代注目の論客と、次世代リーダーたちが、
日本の本質的な論点と、次の時代への指針を示す。

ニコニコ生放送で話題になった「平成最後の夏期講習」を下敷きに、著者が大幅に加筆。


日本進化論 人口減少は史上稀なるチャンスだ! [ 落合 陽一 ]


ビジネス本 日本進化論 ネタバレ注意



序章 テクノロジーと日本の課題を探るー「現在」から「次の時代」のために/

第1章 「働く」ことへの価値観を変えよう
AI・高齢化時代の「仕事」を考える/

第2章 超高齢社会をテクノロジーで解決する
「免許証を取り上げなくて済む」社会のために/

第3章 孤立化した子育てから脱却するために
「新しい信頼関係」に基づくコミュニティで子育て問題を解決する/

第4章 今の教育は、生きていくために大事なことを教えているか?
「詰め込み型教育」と「多様性」を共存させる/

第5章 本当に、日本の財源は足りないのか
高齢化でもGDPが増えているデンマークに学べ/

第6章 人生100年時代の「スポーツ」の役割とは?
「健康」のための運動から「Well-being」 ヘ

会議の時にPCを開かないのは、日本人だけ?
これ、政治的な会議、ってありましたが
日本のおじさん会議には、PC持ち込みとか
スマホ持ち込みとか、ダメなとこありそう
これ、馬鹿らしいですよね

ポリテック、って言葉を標準化しよう、って
政治+テクノロジーって言葉ですね

お金があるのに、未来に投資できないのはなぜか
日本の一般会計予算、社会保険、その運用益で170兆円
アメリカ、中国以外にはない規模

ダイバーシティー
多様性、って言葉が
もう少し一般化してもよいかも
眼鏡、補聴器、自動ブレーキなどなどへ

子供は社会で育てるもの、っていうことの徹底を
子育ては親だけがするものではない

国内大学のライバルは、オンライン教育

社会保障の人、戦後に米国からきたクロフォード・サムスさん
ララによる給食
そして健康保険
ありがたかったですね

って感じで面白かったですよ

新書って、今、に出るから、この作家さんみたいに作家買いしたくなる人の新書は
ついつい、買っちゃいますね





読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こちらをクリックしてください。




 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き
訪問ありがとうございます
ブログライター
元シナリオライター。深夜枠や2時間ドラマ用の原作探しで乱読してこのブログを始めました。

おかお
記事検索
QRコード
QRコード
貼るだけで稼ぐ
免責事項
このブログでいろいろとご紹介してますが、これは私の個人的な意見などであり、最新の情報でない場合もあります。ですから情報に対する苦情は、ご遠慮下さいませ。

また、当ブログを通しての登録及び購入後の、如何なるトラブル・損害・損益に関しては、一切の責任を負う事はできません。
ご了承くださいませ。

サイトへの登録などはみなさま方が規約をよく読んだ上、自己責任で判断して下さいませ。
よろしくお願いいたします。
 
小説名と作家名一覧のカテゴ