北村薫

冬のオペラ 北村薫 名探偵の悲哀 あらすじ、ネタバレ注意 

 推理小説 冬のオペラ



 名探偵、って自ら名乗るのがすごい!
 巫弓彦シリーズは、現在これ1冊なのかな・・?

冬のオペラ

 推理小説 冬のオペラ あらすじとネタバレなし



 勤め先の二階にある「名探偵・巫弓彦」の事務所。
 わたし、姫宮あゆみが見かける巫は、
 ビア・ガーデンのボーイをしながら、コンビニエンス・ストアで働き、新聞配達をしていた。

 名探偵といえども、事件がないときには働かなければ、食べていけないらしい。
 そんな彼の記録者に志願したわたしだったが…。

 真実が見えてしまう名探偵・巫弓彦と記録者であるわたしが出逢う哀しい三つの事件。

 三角の水/蘭と韋駄天/冬のオペラ


 姫宮あゆみは、叔父の経営する不動産会社に勤めてる。
 ある日、同じビルの2階に1つの案内板を見つける。
「名探偵 巫弓彦 人知を越えた難事件を即解決 身元調査等、一般の探偵業は行いません…」。

 一風変わった文句に惹かれ事務所を訪ねたあゆみは「名探偵とは、存在であり意志である」と主張し、生活苦の中であっても、たとえ事件が起きなくても名探偵として生きることを選んだ壮年の紳士、巫弓彦に出会う。

 現代に「名探偵」として生きるって、哀しいかも・・・。

 という風に、天才探偵のお話です。

 北村薫さんの読書量というか、教養というか、ウンチクが山盛り。

 短中編が3本で、それぞれが独立してますが、全体の流れが一本あって一冊になってます。

 読みやすかったですが、最後のお話がハッピーエンドじゃないから
 なんか、後味がちょこっと苦かったですね。






記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ス推理小説のカテゴは←こちらです。推理小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレちょびっと書いてます(^^)



 

覆面作家の愛の歌(2)北村薫の覆面作家シリーズ あらすじ、ネタバレ注意

推理小説 覆面作家の愛の歌(2)



 大好きな北村薫の、覆面作家シリーズの第二巻

覆面作家は二人いる(1)
覆面作家の愛の歌(2)
覆面作家の夢の家(3)
 

推理小説 覆面作家の愛の歌(2)あらすじと、ネタバレなし



 ペンネームは覆面作家。本名・新妻千秋。

 天国的美貌でミステリー界にデビューした新人作家の正体は、大富豪の御令嬢。
 しかも彼女は、現実に起こる事件の謎までも鮮やかに解き明かす。

 春のお菓子、
 梅雨入り時のスナップ写真、
 そして新年のシェークスピア…。

 三つの季節の、三つの事件に挑む、お嬢様探偵の名推理。
 人気絶頂の北村薫ワールド。

 
 文庫本の解説が極上のエッセイになっている、と私は思いました。

 おススメです。






記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ス推理小説のカテゴは←こちらです。推理小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレちょびっと書いてます(^^)



 

覆面作家は二人いる(1)北村薫の覆面作家シリーズ デビュー作の次の本 あらすじ、ネタバレ注意

 推理小説 覆面作家は二人いる(1)



 北村薫のシリーズには、名コンビが何組かあります。
 これも、そんな名コンビものです
 覆面作家シリーズは、現在のところ全3巻

覆面作家は二人いる(1)
覆面作家の愛の歌(2)
覆面作家の夢の家(3)



推理小説 覆面作家は二人いる(1) あらすじと、ネタバレなし



姓は「覆面」、名は「作家」-本名・新妻千秋。
天国的な美貌を持つ弱冠19歳の新人がミステリ界にデビューした。
しかも、その正体は大富豪の御令嬢…ところが千秋さんには誰もが驚く、もう一つの顔があったのだ。

 「空飛ぶ馬」などの噺家と女子大生
 「冬のオペラ」で登場した名探偵巫(かんなぎ)弓彦と姫宮あゆみ
 そしてこれ、「覆面作家」シリーズの覆面作家と担当者

 デビュー作の次
 作家としての大事なポジションを、なんなくこの本でクリアされてますね。

 おススめです。





記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ス推理小説のカテゴは←こちらです。推理小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレちょびっと書いてます(^^)



 

覆面作家の夢の家(3)北村薫の覆面作家シリーズ 最新刊で最終巻 あらすじ、ネタバレ注意

 推理小説 覆面作家の夢の家(3)



 大好きな北村薫の、覆面作家シリーズの第三巻
 最新刊で最終巻

覆面作家は二人いる(1)
覆面作家の愛の歌(2)
覆面作家の夢の家(3)


 推理小説 覆面作家の夢の家(3) あらすじと、ネタバレなし



 12分の1のドールハウスで行われた小さな殺人。
 そこに秘められたメッセージの意味とは!?

 天国的美貌を持つミステリー界の人気作家「覆面作家」こと新妻千秋さんが、
 若手編集者、岡部良介とともに、残された言葉の謎に挑む表題作をはじめ、

 名コンビが難事件を解き明かす全3篇を収録。
 作家に探偵、おまけに大富豪のご令嬢!

 様々な魅力を持つお嬢様探偵、千秋さんの名推理が冴えわたる“覆面作家”シリーズ第3弾。

 覆面作家と謎の写真/
 覆面作家、目白を呼ぶ/
 表題作の覆面作家の夢の家は、、「ダイイングメッセージ」を解読する話

 すんなりおさまりました、中短編シリーズ。
 推理小説のジャンルとしては、本格ものね。

 最初の巻が一番面白かったかな。

 大富豪のお嬢様、って大好き(^^)






記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ス推理小説のカテゴは←こちらです。推理小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレちょびっと書いてます(^^)



 

鷺と雪(3)北村薫の直木賞受賞作(ベッキーさんシリーズ)この本で受賞。あらすじ、ネタバレ注意

ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!

推理小説 鷺と雪(3)



 第141回直木賞受賞作。

街の灯(1)
玻璃の天(2)
鷺と雪(3)



推理小説 鷺と雪(3) あらすじありの、ネタバレなし



 女運転手のベッキーさんとお嬢様が主役の連作短編集の最終巻

 昭和十一年二月、運命の偶然が導く切なくて劇的な物語の幕切れ「鷺と雪」

 華族主人の失踪の謎を解く「不在の父」、
 補導され口をつぐむ良家の少年は夜中の上野で何をしたのかを探る「獅子と地下鉄」

 昭和初期の上流階級を描くミステリ“ベッキーさん”シリーズ最終巻。
 第141回直木賞受賞作。



鷺と雪

 殺人のおきないミステリー。
 昭和初期の歴史絵巻に
 推理ものをはめこんだという
 構成が光ります。

 この本の「貴族・華族」社会にうっとりです。
 もしも私が生まれていたら
 庶民の方でしょう。
 絶対。

 でも、運転手つきで「ご機嫌よう」の世界

 あこがれますわ〜。(^^)

 お勧めです。



記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます


 このブログの ス推理小説のカテゴは←こちらです。推理小説が好きで、色々あらすじ、ネタバレちょびっと書いてます(^^)



 
訪問ありがとうございます
ブログライター
元シナリオライター。深夜枠や2時間ドラマ用の原作探しで乱読してこのブログを始めました。

おかお
記事検索
QRコード
QRコード
貼るだけで稼ぐ
免責事項
このブログでいろいろとご紹介してますが、これは私の個人的な意見などであり、最新の情報でない場合もあります。ですから情報に対する苦情は、ご遠慮下さいませ。

また、当ブログを通しての登録及び購入後の、如何なるトラブル・損害・損益に関しては、一切の責任を負う事はできません。
ご了承くださいませ。

サイトへの登録などはみなさま方が規約をよく読んだ上、自己責任で判断して下さいませ。
よろしくお願いいたします。
 
小説名と作家名一覧のカテゴ