(平岩弓枝)新・御宿かわせみシリーズ

青い服の女 新・御宿かわせみシリーズ(7) 平岩弓枝 最新刊 意味不明・・ あらすじ、ネタバレ注意

時代小説 青い服の女 新・御宿かわせみシリーズ(7)



 う〜ん

 最初の一話を読んでいて
 あれ?って思いまして
 その後、どんどんその気分が増していき

 アマゾンのレビューとか見たら、皆さま同じような感想で・・

 これの出版のあと、新作は書かれていないようですし
 いよいよ断筆でしょうか・・。




新・御宿かわせみ
華族夫人の忘れもの(2)
花世の立春(3)
蘭陵王の恋(4)
千春の婚礼(5) 新・御宿かわせみ [ 平岩弓枝 ]
お伊勢まいり (6)新・御宿かわせみ [ 平岩弓枝 ]
青い服の女(7) 新・御宿かわせみ [ 平岩 弓枝 ]

時代小説 青い服の女  新・御宿かわせみシリーズ(7) あらすじ



 大嵐で屋根瓦を吹きとばされ、休業していた旅宿「かわせみ」。

 修理も終わり、一ヶ月ぶりの店開き、
 古くからの常連客が今まで通り戻ってきてくれるかと、不安を抱えていたるいだったが…。

 1700万部を超える国民的大河小説、いよいよ記念すべき第300話(「二人女房」)に到達。

 時代は変わっても、江戸の世から変わらぬ「かわせみ」の人々の絆。





時代小説 青い服の女 新・御宿かわせみ(7) ネタバレ



霧笛/
 遠くで霧笛の音がした、でしめくくられてますが
 かわせみに2カップルの客が来て
 二つ目の客は、主人の愛人と、そのカモフラージュのための男使用人
 で、だからなんなのって感じです
 かわせみにいる間に事件が起こったわけでもなく
 宿から出てから、愛人が主人を殺したって事件がありました、って話


玄猪祭さわぎ/
 おはぎがイノシシみたいだから、玄猪祭のころには作ります
 って風物詩があって
 田舎町の男を見初めた金持ちの娘がいて
 男に持参金を寄こせとかなんとか
 なんか、意味の解らない話

去年今年/
 子供が売られて、芸を仕込まれるってことが多かった江戸と明治
 そんな男女の子供が、生き別れになったあとに再会するんですが
 それに、かわせみのメンツが一役買った、って話なんですが
 なんか、展開がぼろぼろ


青い服の女/
 稀代の詐欺師夫妻ってのに、麻太郎と源太郎が巻き込まれました
 それなりの推理モノになってなすが
 謎解きが全部説明セリフになってるのが、なんともいえません・・。


二人女房/
 愛人が本妻の名前でかわせみに泊まったら
 本妻が怒鳴り込んできて
 さらに、子どもまで転がり込んできて
 でも、愛人になついていたはずの子供が
 本妻に呼ばれたらかけつけたもんだから
 愛人が落ち込んでしまいました、って話ね


安見家の三姉妹
 にわか成金の安見家
 御一新で旗本が大挙して屋敷が残って
 それを安く買って、分割して家建てて売って、ま、不動産バブルね
 で、その三人娘が麻太郎に惚れて、って騒ぎがありますが
 麻太郎が一蹴してこちらは終わり
 展開もくそもないですな
 
 でもって、こんどはかわせみの若番頭が女中頭のお晴を妊娠させまして
 二人で所帯でも持つのか、と思ったら
 二人してかわせみから出たいって

 ??? 
 これ、今までのキャラと違うんだけど?
 誰かと間違えてない?
 って感じの、後味のわるい終り方でした

 なんか、全体的にぐちゃぐちゃでしたね

 たぶん、次巻は出ないんじゃないかな
 連載が止まってるしね




読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こちらをクリックしてください。

 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら




ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き






時代小説 お伊勢まいり(6) 新・御宿かわせみシリーズ 畝源三郎のかたき討ち編。作者の老いが目立つ1冊  あらすじ、ネタバレ注意

時代小説 お伊勢まいり(6) 新・御宿かわせみシリーズ



 御宿かわせみ
 全シリーズ読破してます

 ドラマ化もされましたしね〜(^^)

 主役の東吾さんが好きでしたが、維新前夜に亡くなって(乗船していた船が沈没)
 現在の、「新」シリーズは子供達の世代になってます

 東吾の実子の麻太郎を主役に
 麻太郎の親友・源太郎は
 初恋相手で幼馴染の花世と結婚
 
 麻太郎の腹違い(東吾とるいの娘)の妹千春も
 麻太郎のお友達の凛太郎と結婚

 さて、麻太郎は誰と結婚するのかな?
 って思ってましたが
 なんと
 6巻では、畝源三郎を殺した犯人を見つけてのかたき討ち!となりました。

 御維新後は、かたき討ちが廃止となりましたので
 源三郎の恋女房だったお千絵さん、がんばりました(^^)



新・御宿かわせみ
華族夫人の忘れもの(2)
花世の立春(3)
蘭陵王の恋(4)
千春の婚礼(5) 新・御宿かわせみ [ 平岩弓枝 ]
お伊勢まいり (6)新・御宿かわせみ [ 平岩弓枝 ]
青い服の女(7) 新・御宿かわせみ [ 平岩 弓枝 ]

時代小説 お伊勢まいり(6)  新・御宿かわせみシリーズ あらすじ



「御宿かわせみ」四十巻にして初の特別長編!

 るいやお吉が東海道から伊勢を目指す!
 のどかな街道風景と、次々に起こる怪事件。
 国民的時代小説シリーズ第四十巻の記念碑的作品。

 東京が江戸と呼ばれていた時分から続いている大川端の旅宿「かわせみ」は、
 今年の春早々の大嵐で屋根瓦を吹き飛ばされるなど甚大な被害を受けた。

 しばらく休業を余儀なくされた女主人るいのもとに
 幕末に非業の死をとげた畝源三郎の妻・千絵が訪れ、
 長助やお吉とともにお伊勢まいりに誘われた。

 品川宿に集まった十数人の一行は、
 東海道から箱根の関所、富士川とのどかな街道風景を眺めながら慣れない旅を続けたのだが…。

 道中で次々に起こる怪事件!
「かわせみ」の歴史に影を落とす悲劇の真相に迫る!





時代小説 お伊勢まいり 新・御宿かわせみ(6) ネタバレ



 かわせみが風雨被害にあって
 リニューアルする間に、
 お千絵に誘われてお伊勢まいりの旅に出ます

 そしたら、同行者の一人が失踪
 奥さんが死体で発見された、ってのが2つの事件

 次が、婿とその妹をいびる家つき娘の話

 途中で、宗太郎の弟の宗次郎が登場しますが
 そのまま病床の乳母のところへ行っちゃうので
 なんでここに登場?って感じとなり

 畝さんのかたき討ちのために、お千絵がおるいと長吉を誘った
 ってるいが途中で気付くんですが
 その気付き方が、伏線もなく・・

 いきなり、イギリスにいたはずの麻太郎が帰国して
 るいとちえの危機一髪に現れて

 う〜ん
 
 蘭陵王の恋、っていうシリーズの4巻まではまっとうでしたが
 源太郎が3巻で花世と結婚して
 千春も4巻で凛太郎と結婚して
 このあと、作者さん、休載してまして
 このままおしまいかな、って思われてたんですが
 これが、6巻目だけど
 正直、展開が雑で
 このあとの最新刊では
 評判がとっても悪いんです・・。

 作者さん、80歳超えてるし
 もう書くのがつらいんじゃないんだろうか・・

 かわせみシリーズってだけで
 本は売れるとは思いますが 
 次巻読むのがつらいなぁ・・

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)


記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m



  ↑
 他にもたくさん、おススメの本


ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます



 

時代小説 新・御宿かわせみ(1)平岩弓枝 東吾さまが失踪して子供たちの世代へ あらすじ、ネタバレ注意

ブログネタ
時代小説 に参加中!

時代小説 新・御宿かわせみ(1)


 平岩弓枝作の大長編ベストセラーの御宿かわせみ。

 NHKでドラマ化もされて
 さらに、
 現役で新作がでるありがたいシリーズです。

 私は文庫派なので、
 かなり遅れておっかけておりますが、
 やっぱり何度読んでも良いので手元に置きます。


新・御宿かわせみ
華族夫人の忘れもの(2)
花世の立春(3)
蘭陵王の恋(4)





 昔の文庫本より字が大きくて、紙も白っぽくなって、読みやすいです。


新・御宿かわせみ あらすじ、ネタバレ注意



 時は移り明治の初年。
 時代の混乱は、「かわせみ」にも降り懸かっていた。
 東吾は、戦乱で行方不明、
 源三郎は凶賊の手にかかり落命、
 麻生家も源右衛門ら三名が殺害された。

 だが、麻太郎、花世、源太郎ら
 次代を背負う若者たちは悲しみを胸に抱えながらも、
 激動の時代を確かな足取りで歩き出す。

 大河小説第二部、堂々のスタート。 

 東吾さんは失踪し
 時代は明治維新後になってます

 新シリーズ一巻目のクライマックスは、
 麻生家を襲い、畝源三郎を殺害した犯人を見つけて、
 仇を討てたことでしょう。

 彼らが亡くなるのは、とってもショックでした。

 東吾さまも、海難事故で失踪(おそらく落命)してしまいます。

 でも、東吾にそっくりな忘れ形見、麻太郎君がいるから・・。
 やっぱり、このまま愛読していくつもりです。

 平岩弓枝さま
 1932年生まれ。御年80歳でらっしゃいます。
 頑張ってくださいませ!!!


「築地居留地の事件」(2007年1月号・2月号)
「蝶丸屋おりん」(2007年3月号)
「桜十字の紋章」(2007年5月号)
「花世の縁談」(2007年6月号)
「江利香という女」(2007年7月号)
「天が泣く」(2007年8月号 - 10月号)





スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)


記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m



  ↑
 他にもたくさん、おススメの本


ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます



 

時代小説 蘭陵王(らんりょうおう)の恋 平岩弓枝 新・御宿かわせみ(4) 最新刊 千春が結婚 あらすじ、ネタバレ注意

時代小説 蘭陵王の恋 新・御宿かわせみシリーズの最新刊



 御宿かわせみ
 東吾さんが好きでしたが
 亡くなって(乗船していた船が沈没)
 子供達の世代になってます

 東吾の実子の麻太郎を主役に
 麻太郎の親友・源太郎は
 初恋相手で幼馴染の花世と結婚
 現在、花世さんのおなかには赤ちゃんがいます

 そしてこのシリーズ4巻では
 麻太郎の腹違い(東吾とるいの娘)の妹
 千春が
 麻太郎のお友達の凛太郎と恋仲になりまして
 結婚申込みが成立いたしました
 祝言はまだね
 楽しみですね(^^)


新・御宿かわせみ
華族夫人の忘れもの(2)
花世の立春(3)
蘭陵王の恋(4)




時代小説 蘭陵王の恋 新・御宿かわせみ(4)あらすじ



 るいの娘・千春に待望のお婿さんが!

 麻太郎の親友・凜太郎から
 恋心を打ち明けられた千春。

 凜太郎が亡兄の未亡人から
 再縁を求められる騒動の中、
 二人の気持ちはひとつに。






時代小説 蘭陵王の恋 新・御宿かわせみ(4)以下、ネタバレ注意




 蘭陵王の恋に入っている物語は

1、「イギリスから来た娘」(2011年8月号・9月号)
 麻太郎が留学していたイギリスで
 よくして下さった家の娘さんが来日
 でも彼女は養女で、両親は日本人です
 両親の敵を討ちます
 麻太郎のことが好きでしたが・・
 イギリスに帰りました

2、「麻太郎の友人」(2011年10月号)
 凛太郎のことです
 遠目でみると
 麻太郎に似てる、って千春は思いました
 凛太郎がかわせみに逗留している時
 千春がお琴を弾いているのをみて
 凛太郎君、恋に落ちました。

3、「姥捨山幻想」(2011年11月号)
 男二人と女二人の子に恵まれ
 姥捨て山になんかやらん
 4人で大事にしてやる、って言った子らは
 次々と亡くなり
 今一人きりで、江戸(東京)見物に来た老婆
 話を聞いて
 麻太郎が背負い、凛太郎が名所を教えてやります
 ほのぼのとして
 でも哀切のある物語


4、「西から来た母娘」(2012年1月号)
 清国人と名のり、居留地に住みついた美貌の母子
 縁あって治療した麻太郎ですが
 関西で頻発する盗賊団の一味に気付いて
 一網打尽です

5、「殺人鬼」(2012年3月号・4月号)
 金持ちの家に引き取られた妾腹の子
 本妻に苛め抜かれ
 今
 邪魔者を殺しまくる
 殺人鬼になってしまいました

6、「松前屋の事件」(2012年7月号・8月号・9月号)
 入り混じった婚姻関係
 長兄は海で死に
 未亡人となったその嫁は
 義弟と結婚
 その長兄が生還した、と言われる中
 兄弟が毒殺される
 犯人は誰?


7、「蘭陵王の恋」(2012年10月号)
 千春の結婚話です
 凛太郎は千春と結婚したいけど
 兄の未亡人に迫られてました

 しっかり断って
 千春は結婚することに

 お嫁にいきます
 かわせみには、るいが残されることに
 
 次巻はどんなお話になるのでしょうか

 2012年10月号のあとのお話は
 書かれてないみたいです・・







スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)


記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m



  ↑
 他にもたくさん、おススメの本


ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます



 

時代小説 華族夫人の忘れもの(2)平岩弓枝 新・御宿かわせみ(2)東吾似の女泣かせなの麻太郎君(^^) あらすじ、ネタバレ注意

ブログネタ
時代小説 に参加中!

時代小説 華族夫人の忘れもの 

 
 平岩弓枝の代表作
 新・御宿かわせみシリーズの2巻目

新・御宿かわせみ
華族夫人の忘れもの(2)
花世の立春(3)
蘭陵王の恋(4)




 今回のクライマックスは、千春ちゃんが、麻太郎と兄弟だと知ってしまうとこです。
 しかし、源太郎くんて、ほんとにステキな子ですね(^^)




時代小説 華族夫人の忘れもの あらすじ


「かわせみ」に逗留する華族夫人・蝶子は
 思いのほか気さくな人柄だが、
 築地居留地で賭事に興じて千春を心配させる。

 果たしてその正体は?

 表題作ほか、
 千春が麻太郎の出生の秘密を知る「西洋宿館の亡霊」など全六篇。



華族夫人の忘れもの/士族の娘/牛鍋屋あんじゅ/麻太郎の休日/春風の殺人/西洋宿館の亡霊




スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)


記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m



  ↑
 他にもたくさん、おススメの本


ブログランキングページビューランキング


新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意のトップはこちらです。別窓で開きます



 
訪問ありがとうございます
ブログライター
元シナリオライター。深夜枠や2時間ドラマ用の原作探しで乱読してこのブログを始めました。

おかお
記事検索
QRコード
QRコード
貼るだけで稼ぐ
免責事項
このブログでいろいろとご紹介してますが、これは私の個人的な意見などであり、最新の情報でない場合もあります。ですから情報に対する苦情は、ご遠慮下さいませ。

また、当ブログを通しての登録及び購入後の、如何なるトラブル・損害・損益に関しては、一切の責任を負う事はできません。
ご了承くださいませ。

サイトへの登録などはみなさま方が規約をよく読んだ上、自己責任で判断して下さいませ。
よろしくお願いいたします。
 
小説名と作家名一覧のカテゴ