橘玲

働き方 2.0VS4.0 橘玲 作家買いです。今の変貌についていきたくて一読。おすすめ。 あらすじ、ネタバレ注意

 ビジネス本 働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる 



作家買いです

黄金の羽〜
の頃から、新刊がでると追っかけてる作家さんです

働き方が5まである、っていうのは
最近、いろんなところで書かれているので
今回、きっちり押さえておきたいと読みました。

働き方1.0 年功序列・終身雇用の日本的雇用慣行
働き方2.0 成果主義に基づいたグローバルスタンダード
働き方3.0 プロジェクト単位でスペシャリストが離合集散するシリコンバレー型
働き方4.0 フリーエージェント(ギグエコノミー)
働き方5.0 機械がすべての仕事を行なうユートピア/ディストピア

一読をおすすめします。

  働き方2.0vs4.0 あらすじ 



安倍政権が進める「働き方改革」とは、
働き方1.0を強引に2.0にヴァージョンアップしようとするものです。

これまで日本の「知識人」は、
日本型雇用こそが日本人を幸福にしてきたとして、
「働き方改革」を推進する「ネオリベ(新自由主義者)」に呪詛の言葉を投げつけてきました。

ところが「真正保守」を自任する安倍首相は
「雇用破壊」に邁進し、
「私がやっていることは、かなりリベラルなんだよ。国際標準でいえば」と自画自賛しています。

グローバル化、
知識社会化・リベラル化する世界のなかで、
働き方1.0は目を覆わんばかりの機能不全を起こしています。

政権が保守であれリベラルであれ、
官民挙げて「改革」しなければどうにもならなくなっているのです。

しかし問題は、
働き方2.0を実現したとしても、
それではぜんぜん世界の潮流に追いつけないことです。

最先端の働き方は、3.0から4.0に向けて大きく変わりつつあるからです。

その背景にあるのは、
中国やインドなど新興国を中心とする急速な経済発展(グローバル化)と、
テクノロジーの驚異的な性能向上です。

私たち日本人が抱える困難は、
働き方が「未来世界」へと向かうなかで、
いまだに「前近代世界」のタコツボに押し込められていることにあるのです――「はじめに」より。

以上の問題意識で書かれたのが本書です。







 働き方2.0vs4.0 ネタバレ注意 



1.生き方・働き方が衝撃的に変わる未来
2.前近代的な身分制社会・日本
3.会社や管理職はなくなるのか?
4.「未来世界」で生き延びる方法

【1】40代から生涯現役でやりたい仕事を楽しみ、
【2】社会に役立ち、
【3】年金に頼らずお金も得る「未来志向な幸福のライフスタイル」を提案する書。

グーグルのミッション
世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにする

パフォーマンスが期待を裏切っても
すぐに解雇はされません
新規をいれて、教育するより、いまいる人を訓練する法が安上がりだから

評判経済の中で
自分のブランドを確立する

リベラル
差別なき世界では
成功も失敗も自己責任

アメリカの司法では懲罰的損害賠償が認められているので
差別がない、リベラルさは必須

成果主義がグローバルスタンダードになるのは
リベラルすると
成果でしか差別化できなくなるから

二重国籍について
在日問題の解決には
二重国籍を認めて、韓国系日本人とか、台湾系日本人とかにすればよい

現在のスウェーデンでは
自分で納めた年金保険料が、戻ってくる
だから、女性の就業率が高い

リベラルな世界では
日本の正社員と非正規の差別をなくすこととなり
結果、福利厚生がなくなる

定年制廃止と、終身雇用は両立できない

世界の主流は、金銭解雇のルール化

世界のもっとも貧しい人は、いまも貧しい
新興国は中間層ができた
グローバルできない先進国の中間層が崩壊した
先進国の富裕層は、より富裕となった

インターネット空間が増大すると
平等に分配されるのではなく
勝者に集中する

世界中の格差の中では
日本は北欧諸国なみの優等生

所有権とは、自由にできる権利
契約は、所有権を制限します

ルーティンスキルへの需要は減ったが
調整、交渉などのスキルは求められている

未来へのしばらくの間
クリエイターとマネージャーは増えていく

人を知能で差別できなくなったら
やる気で差別がはじまる

人生100年
いやなことをやってるのはつらすぎる

北欧で大学の学費が無償化されているのは
会社の社員教育を受け持っているから
大学な高度な職業訓練校になるなら
一般教養授業は不要になっちゃうから

不愉快なことは世界からなくなる
お風呂はいれて、ご飯食べられて
嫌なことは人間関係だけ

仕事か家庭か、って二択は
フリーになったら必要なくなる

FIRE運動
早期退職ではなく
とりあえず小金(2000万円くらい)かせいで
自由な時間が得られるようにすること

大国の中で、民主主義が比較的うまくいっているのは日本
人口減で失業率が低く
移民の大量流入がなく
SNSが遅くて、ポピュリズムへの耐性が高い

現代のテクノロジーは
合成頭脳
労働機械

最終的に、機械は人間を保護して
ペットのように大事にしてくれるでしょ〜

今生きている次のずっと次の世代ね(^^)

おもしろかった
一気読みしちゃいました

おすすめ







読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き




もっと言ってはいけない 橘玲 作者の親書の最新刊 自己家畜化、ってのが面白かった。

教養新書 もっと、言ってはいけない



言ってはいけない、も読んでます

 遺伝、見た目、教育について
 ま、身もふたもない真実を書いてまして

 そして今回は
 さらに抉ったことがかかれてます。
 パワーアップですね。

「日本人の3分の1は日本語が読めない」
「年収、学力、老後は遺伝の影響」
「人種と知能の禁断」
「幸福を感じられないワケ」……残酷で不愉快な人間社会のタブーが明かされてます。


言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) [ 橘玲 ]
もっと言ってはいけない (新潮新書) [ 橘 玲 ]

もっと、言ってはいけない   あらすじ



この社会は残酷で不愉快な真実に満ちている。
「日本人の3人に1人は日本語が読めない」
「日本人は世界一“自己家畜化”された民族」
「学力、年収、老後の生活まで遺伝が影響する」
「男は極端、女は平均を好む」
「言語が乏しいと保守化する」
「日本が華僑に侵されない真相」
「東アジアにうつ病が多い理由」
「現代で幸福を感じにくい訳」

 人気作家がタブーを明かしたベストセラー『言ってはいけない』がパワーアップして帰還!



もっと言ってはいけない (新潮新書) [ 橘 玲 ]


もっと、言ってはいけない   ネタバレ注意



プロローグ 日本語の読めない大人たち/
1 「人種と知能」を語る前に述べておくべきいくつかのこと/
2 一般知能と人種差別/
3 人種と大陸系統/
4 国別知能指数の衝撃/
5 「自己家畜化」という革命/
6 「置かれた場所」で咲く不幸ーひ弱なラン

子育てに失敗した、って
親、とくに母親を責める必要はないです
それ、遺伝ですから、
って言われたらね〜
身もふたもないですよね〜

日本人の三分の一は日本語の読解力がなく
先進国の半分はカンタンな文章が読めないんですって
日本人、読めるだけましみたいですよ

ゲイ遺伝子はなぜ淘汰されないのか、ってのも面白い考察でした
ゲイって子供ができないから、本来なら淘汰される遺伝子なのに
ゲイ遺伝子の人って、異性からモテるので、男女のカップルになると
子孫獲得率が高いんですって

知能とは、知能テストが図ったもので
知能テストが生きる時に必要なテストか、っていうと
また、違うのね

赤ちゃんがなぜ泳げるのか、も面白かった
水中出産って、安産なんですね

寒冷地ほどIQが高いのは、生きるのに過酷な環境ほど、頭を使うから
欧州の宗教革命
印刷技術により、読む、ってことが一般化したのね
昔は特権階級の知識だった

現在の、ネットも同じ
昔は富裕層しか持てなかった知識が一般化してる

中国の科挙ってシステムって、ほんとにすごかったのね
おかげ様で、中国、韓国、日本は知識に対してとっても貪欲
だって知識があれば、いい生活ができるんだもん

バラモンとユダヤ人の遺伝子プールが
賢いってのも、とても面白かった

日本になぜ華僑財閥がないのか
日本人のメンタリティーにおける自己家畜化とか
下戸遺伝子でわかる
縄文人系列と、弥生人系列ね
縄文人を殺しまくって、弥生人の遺伝子が吸収していった遺伝子とかね

セロトニンと鬱、ってのも面白かった

楽観的と悲観的
環境が違うだけなのね

だから、いつも明るく笑っていれば、鬱になりにくいんだわ

面白かった

遺伝子と、脳科学と、そんなこんなが入った本でした

とってもおすすめです(^^)





読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こちらをクリックしてください。




 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き

幸福の資本論 橘玲 作家買い、一部重複してましたが、おもしろかった。

幸福の「資本」論 あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」



 作家買いです

 この作家さんのを何冊も読んでいるので
 作家の主張部分にブレがないので
 同じ視点、情報がでてましたが
 大切なことなので、いいかな、って

「ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない」
「金融資産」
「人的資本」
「社会資本」という3つの資本の意味と、
 その組み合わせによって生まれる8つの人生パターンを解説し、
 あなたが目指すべき「幸福な人生」を考えます。ってキャッチに惹かれました


ビジネス本 幸福の資本論 あらすじ



ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。
「金融資産」「人的資本」「社会資本」という3つの資本から、
「幸福に生きるための土台(インフラストラクチャー)」の設計を提案。

超充、リア充、旦那、金持ち、退職者、ソロ充、プア充、貧困
の8つの人生パターンから「幸福」のカタチを選択するヒント。




幸福の資本論 ネタバレ 




0 「お金持ち」と「貧乏人」の三位一体幸福論
(幸福の3つのインフラ/「最貧困」から人生を考える/人生の8つのパターン)/

1 自由のための金融資産
(お金と幸福の関係/マイナス金利の世界)/

2 自己実現のための人的資本
(人的資本は「富の源泉」/クリエイティブクラスとマックジョブ/
サラリーマンという生き方/オンリーワンでナンバーワンの戦略/超高齢社会の唯一の戦略)/

3 幸福のための社会資本(友だちとはなんだろう?/個人と間人/
うつは日本の風土病なのか/幸福になれるフリーエージェント戦略/
「ほんとうの自分」はどこにいる?/それでも幸福になるのは難しい)


 現在、介護業界は、女性のセーフティネっトになっている

 大卒の平均サラリーマンの生涯年収は3〜4億
 夫婦ともがせぎならその倍で約6億
 15%を貯蓄に回しても9000万
 貯蓄率10%で6000万円で
 これが3%で運用できれば、1億円は大丈夫

 収入を増やす
 支出を減らす
 資産を運用する、の三つしかない

 経済合理的に行動すれば、努力しなくても自然と倹約になる

 知識社会とは、より高度な知識を持つ者がアドバンテージ(有利)である社会
 フリーエージェントは、そのマックス

 フリーエージェントの集合離散というゆるい関係は 
 定年ですべてを失うより、これからの時代にあっていう

 人生の悩みは、健康、金銭、人間関係

 マックジョブ=時間給

 欧米では医者に患者がついてくる

 サラリーマンは職業ではなく身分である
 専門家とマックジョブが同じ地位にある
 
 少子化で若者は尊重される
 数が少ないものは希少価値があるから

 ルールがシンプルはゲームは強者に有利

 友達関係の核は平等体験

 幸福の伝染効果は大きい
 自分の幸福にもっとも貢献してくれる人はどこに住んでいるか
 を考えて住むべきだ

 自分に似ている人からの助言が一番役に立つ=橘玲







スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 
記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m



  ↑
 他にもたくさん、おススメの本



新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。1600円以上で送料無料。イベント時は3冊で無料

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き

橘玲の中国私論 世界投資見聞録 橘玲 おもしろい! あらすじ、ネタバレ注意

ビジネス本 橘玲の中国私論 世界投資見聞録



 最初のとこに 
 ものすごいゴーストタウンの写真があって
 これ、どうすんだ?って思っちゃいました

 お金にあかせてマンション群を作って
 でも誰も住んでないから、どんどん荒れていくの

 貧しい家に住んでるままの農民とかもいるしね

 すごいいびつな国家だな〜

ビジネス本 橘玲の中国私論 世界投資見聞録 あらすじ 




 世界史上稀な鬼城ーゴーストタウン
 を生み出した中国人とはどんなひとたちなのか?

  橘玲が旅した驚きから考察した新中国論。

「なぜ中国人はひとを信用しないのか」
「なぜ中国にはヤクザがいないのか」
「なぜ反日なのか」。

 中国人と中国社会の根底にある深い闇を暴いた!

 中国10大鬼城ーゴーストタウンー観光案内付き







ビジネス本 橘玲の中国私論 世界投資見聞録 ネタバレ 



巻頭特集 中国10大鬼城観光
(内モンゴル自治区オルドスー“廃墟都市”観光のメッカ中国の不動産バブルがよく分かる/
天津・浜海新区ー日本からのアクセスが最良!北京から日帰り見学も可能 ほか)/

1 中国人という体験(ひとが多すぎる社会/幇とグワンシ ほか)/

2 現代の錬金術(経済成長を生んだゴールドラッシュ/鬼城と裏マネー ほか)/

3 反日と戦争責任(中国のナショナリズム/謝罪と許し ほか)/

4 民主化したいけどできない中国(理想と愚民主義/北京コンセンサス ほか)


日本の発展
第二次大戦後に生まれた団塊の世代は、二重に人口の負荷から解放されていた
親世代の多くは戦争で死に、平均寿命も短かったので
老人を支えるコストが少なかった
出生率も下がったので、不要コストも社会全体では減った

団塊世代が中核になると、高齢者と子供が少ない分可処分所得が増えた
消費に回り、住宅ローンなども借りた

子供、高齢者など自力で労働市場から冨が得られないひとが増えるのを
人口オーナスという(ボーナスの逆)

2020年ころ、中国はそれがはっきりする
農村と都市部の差があり、社会制度がきちんとしてない中国が
オーナスの時にどうなるか・・

日本人とモンゴル、チベットが似てるのは
中華大陸では混血がすすみ
周辺の辺境国では残ったからです

下戸遺伝子は、辺境日本に独特といえる
中国でも南部は下戸率があがり、北部は度数の強い酒を好む
縄文人の遺伝子の多い方が、下戸率が低い

宗教の話
日本は小国で辺境なので、仏はわざわざきてくれず
神が代理になった

満州の清が明朝を滅ぼすと、満州の蛮人が華(世界の中心)になったので
儒教では許せず、朝鮮は自分たちこそが後継、って考えた

日本での儒教は仏教、人生訓の一種だった

中華思想のなかった日本だけが
鎖国をやめた時に封建体制から主権国家のゲームに参加した
が、第一次大戦で植民地争奪戦がひどい戦乱を生んだ、って思った
英国などなどに対し
おっかけていた日本は突き進み
その結果第二次大戦で日本は大破した

中国って国家の認識は、日本が侵略して初めて現れたものである

日本では長子相続
中国は男性均等相続なので、世代が増えると細分化され、喰っていけず
飢饉が起きて革命が起きる、を繰り返してた
文化も、断絶する

毛沢東の革命まで、これが繰り返された
が、現在、中央の共産党は圧倒的武力を持ち
中産階級ができてきて、中産階級は革命を望まない

共産党を傷つけずに、民主化が進むのが望み

愚民主義
エリートが愚民を導く、儒教的考え

民主選挙でえらばれた者の方が独裁者となる
そのために三権分立がある

民族、宗派の対立のある世界では、民主主義は劇薬となる

中国は、国内バブルの資本で世界のインフラを作るが
国内の経済が落ちれば、ばらまきは手じまいになる
さらに、貧しい国にインフラができるのは良いことで
インフラができれば、中国以外の先進国も入いれるようになる

中国の軍事同盟の相手は北朝鮮だけ

経済援助の恩義を、他国は感じているか?
いいえ
過去、中国と韓国でやってきた日本への態度をみればわかる

領土の脅かし、の前では、利害関係などはふっとぶ

共産党中央の戦略と、末端は違う
統制が実は取れてない

中国はこれからも
民主的な地方からのつきあげのなか
近世的支配を続けて、いずれは疲弊していく


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 
記事がお役にたったり、面白かったら
応援クリックしていただけると嬉しいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m



  ↑
 他にもたくさん、おススメの本

ブログランキング ドット ネット
ブログランキングページビューランキング




新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。1600円以上で送料無料。イベント時は3冊で無料

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本





言ってはいけない 残酷すぎる真実 橘玲 ベストセラー本。ここまでよく書いた あらすじ、ネタバレ注意

教養本 言ってはいけない 残酷すぎる真実



 作家買いです
 ネットでのランキング上位でもありましたしね

 おもしろかったです

橘玲(タチバナアキラ)


 1959(昭和34)年生まれ。作家。
 小説『マネーロンダリング』『タックスヘイヴン』のほか、ノンフィクションも著し、著作多数


言ってはいけない [ 橘玲 ]
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 [ 橘玲 ]と一部重複するようですが、私は気になりませんでした


言ってはいけない あらすじ


 
 この社会にはきれいごとがあふれている。

 人間は平等で、努力は報われ、見た目は大した問題ではない

 ーだが、それらは絵空事だ。

 進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、
 人気作家が明かす「残酷すぎる真実」。

 読者諸氏、口に出せない、この不愉快な現実を直視せよ。




言ってはいけない   ネタバレ



1 努力は遺伝に勝てないのか
(遺伝にまつわる語られざるタブー/
「頭がよくなる」とはどういうことかー知能のタブー/
知識社会で勝ち抜く人、最貧困層に堕ちる人/
進化がもたらす、残酷なレイプは防げるか/
反社会的人間はどのように生まれるか)/


2 あまりに残酷な「美貌格差」
(「見た目」で人生は決まるー容貌のタブー/
あまりに残酷な「美貌格差」/
男女平等が妨げる「女性の幸福」について/
結婚相手選びとセックスにおける残酷な現実/
女性はなぜエクスタシーで叫ぶのか?)/


3 子育てや教育は子どもの成長に関係ない
(わたしはどのように「わたし」になるのか/
親子の語られざる真実/
「遺伝子と環境」が引き起こす残酷な真実)


 株やってますが
 ぼんやりしていては儲かりません

 ちゃんと、真実に向き合わないと・・

気になった話は以下に

3歳時点で栄養不良だと、11歳時点でIQが低い
幸福ホルモンのセロトニンを運搬するトランスポーター遺伝子
伝達能力により違いがあるが、日本人は7割がSSで、うつになりやすい

アメリカの経済格差は知能格差
アメリカの新上流下級は、ワインをのみ、ビールはクラフトで、ファストフードは食べない
煙草を吸わず、新聞、雑誌を定期購読する
つまり、一般的な人と趣味が合わないから、同じタイプと固まる

結婚、勤勉、正直、信仰が建国の美徳

日本の最貧困層
精神障害、発達障害、知的障害
現在の日本は、人類史上始めて、若い女性が体を売りたくても売れない社会

社会資本(友人、知人)
金融資本(貯金)
人的資本(仕事)ないと、底辺に

心拍数の高い子供は非行から抜け出せる

発汗しない子供は、良心をしつけられない

脳は外的環境より、生理的刺激で影響される

妊娠中の喫煙は、脳の発達、高い攻撃性、行為障害を残す

喫煙は子宮への血流を阻害することで子供に障害を残す
週にたった1杯のアルコールでも影響は出る

外見から知性は推測できる

話している時に相手の目を見る人は、知性が高い人が多い

顔の幅が広い人は攻撃的

女子校では望まない妊娠が少ない
グループというしばり

女性の高学歴化が、低学歴女性の性戦略を困難にしている

高貴な血とけがれた血
貴族などの高貴な血の遺伝は信じても
病気などのけがれた血は、関係ない、とする欺瞞

子供の人格、能力、才能に子育ては関係ない
子供は親のいうことはきかない
友達などの繋がりを優先する


おもしろかった(^^)





訪問ありがとうございます
ブログライター
元シナリオライター。深夜枠や2時間ドラマ用の原作探しで乱読してこのブログを始めました。

おかお
記事検索
QRコード
QRコード
貼るだけで稼ぐ
免責事項
このブログでいろいろとご紹介してますが、これは私の個人的な意見などであり、最新の情報でない場合もあります。ですから情報に対する苦情は、ご遠慮下さいませ。

また、当ブログを通しての登録及び購入後の、如何なるトラブル・損害・損益に関しては、一切の責任を負う事はできません。
ご了承くださいませ。

サイトへの登録などはみなさま方が規約をよく読んだ上、自己責任で判断して下さいませ。
よろしくお願いいたします。
 
小説名と作家名一覧のカテゴ