猫と竜(アマラ)

猫と竜 冒険王子とぐうたら少女 シリーズ(2) アマラ ヤジュウロウがかっこいい! あらすじ、ネタバレ注意

猫と竜 冒険王子とぐうたら少女 大好きファンタジー小説



 3巻目から読み始めて
 1巻読んで
 次にこの2巻を読んでます

 基本、短編集が3冊です
 独立しても読めますが
 順番に読んだほうがいいかな(^^)

 

猫と竜 [ アマラ ]
猫と竜と冒険王子とぐうたら少女 [ アマラ ]
猫と竜 猫の英雄と魔法学校 [ アマラ ]


猫と竜 冒険王子とぐうたら少女 シリーズ(2) あらすじ 



「小説家になろう」発の大人気作品!

 猛獣が跋扈する森の中。
 一匹の火吹き竜が、猫たちと共に暮らしていた。

 猫に育てられた竜は、
 母猫が森を去ってからは猫を守り育てて暮らしてきた。

 人間は、竜のことを、敬意を込めて「猫竜」と呼んだ。

 猫竜は人間嫌いなのだが、困ったことに育てた猫は
 おのおの気に入った人間を見つけてしまうのだ。

 城を抜け出した王子と黒猫は、冒険を求めて隣国へ。

 孤児院のぐうたら少女は、白猫から魔法をいやいや教わる日々。

 はぐれ猫ヤジュウロウは、ふらり訪れた森の中で人間の子供と出会う。

 竜、猫、そして人間の、温かくて少し不思議な物語。




猫と竜 冒険王子とぐうたら少女 シリーズ(2) ネタバレ注意 



森の生きもの図鑑
子猫を育てる竜が
子猫たちに、森の生きものの生態を教え
逃げ方を教え、戦い方をおしえます
子猫たちの返事もかわいいです(^^)



冒険者ギルドの看板猫
しょしんしゃの森に、初心者の冒険者チームが入ります
冒険者ギルドの受付さんは
ちょっとした魔力持ちなので
このチームに危険の予兆を感じて
友達の「森の猫」に影ガードを頼みます
冒険者ギルドの看板猫である三毛猫のミケミケね
チームは順調で
大丈夫かな、って三毛猫が思いますが
ある森の場所に、子猫を発見
冒険者たちは魔獣と戦ってまして
その音に興味を引かれて見に来たらしいですが
森の中で、子猫のいるところに竜あり!
三毛猫が子猫をなんとか保護して
冒険者たちは、なんとか気兼ねなく魔獣狩りができて・・
よかったね(^^)



黒猫と冒険王子
王子さまは冒険者への道とちゃくちゃくと進みます
黒猫のクロバネに教わってるので魔力は十分で
初心者ではないのだけれど
冒険者の最初は植物採集で
それからはじめねば、って思いこみまして
授業を受けて、参加です
がっつり魔獣を倒したうえで
参加者の中で一番薬草もとりましたとさ、(^^)



白猫とぐうたら少女
あいかわらずめんどくさがりの少女です
ですが、孤児院で弟妹の面倒みて、家事をして
森に食料も取りに行き
そういうとこはとっても勤勉です
ただ、白猫おススメの魔法の勉強はしたくない
めんど〜だから
それでも、少しずつ
手抜きをするための魔法は学んでいるようですね〜(^^)


母ネコと新米教師
母ネコの主はアンネロッサ
魔法使いとして有力となり
魔法学校の先生となりました
生徒を教えるアンネロッサと
生徒たちの召喚した魔物を教える母ネコ
名コンビですね
やがて、アンネロッサは校長先生になります


湖畔に暮す猫
猫は水が嫌いだけど、自分のまわりにまくをつくって
水の中に入ったり、水の上で遊ぶ猫もいます
すごいね〜
名前はチークロ
クロバネの兄弟ですって
チークロは、観察するのが好きです
子猫や竜にも、いろいろ教えてあげますね(^^)


流れ猫ヤジュウロウ
放浪しながら、調停者としても働く森の猫がいます
それが流れ猫
そんな中でもヤジュウロウは、強くてかしこいすごい奴です
盗賊に追われた馬車で居眠りしていて
ほうりだされた子どもを見つけて
城門まで送ってやることにしました
ヤジュウロウは、好奇心も強いしグルメなのね
子どもといると、おもしろそう、ってのもありました
で、竜と森で逢いましたら
子猫を育てる竜は、人間はきらいでも
人間の子供は嫌いではないし、
ヤジュウロウが庇護してるってこともあって
人間の子を、竜の姿になって運んでやりました
でもって、森の猫たちが、子どもの馬車を襲った盗賊を
がっつり捕まえて、人間たちに付きだしましたとさ


母ネコの帰還
魔法学校の校長になった少女の側にいた白猫ですが
尻尾が二股になって
もう、かなりの魔物ですね
で、長命でもあります
森の中に竜がいる、って聞いてましたが
自分の育てた泣き虫竜と同一人物?とは思ってませんでした
ですが、たまには森に帰ってみようか、って戻ってみたら
びっくり、自分が育てた竜でした
竜の方も、とっくに死んでいると思っていた母猫が生きていたのでびっくり
でも、二人とも再会をとっても喜びました、って

うう
なんていい話なんだ
現在、3冊まで出てますが
新刊が出たら、絶対に読みます

つたないネタバレでは
ぜんぜん魅力が伝わらないので
ぜひぜひ、本作を読んでくださいませ!







読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 
読んでみたよ〜の代わりにクリックしていただけると嬉しいです。 m(_ _)m

 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き




猫と竜 シリーズ(1) アマラ 物語の最初。羽のおじちゃん、クロバネ、白猫、ハイブイ あらすじ、ネタバレ注意

猫と竜 大好きなファンタジー小説 



 シリーズ3つ目の最新刊を読んじゃって
 おもしろかったのでシリーズの1巻から読んでみました(^^)

 とってもおススメ

 このまま、シリーズが続くといいな(^^)

 

猫と竜 [ アマラ ]
猫と竜と冒険王子とぐうたら少女 [ アマラ ]
猫と竜 猫の英雄と魔法学校 [ アマラ ]


猫と竜 シリーズ(1) あらすじ 



 猛獣や魔獣が跋扈する森の奥の小さな洞窟。

 その入り口近くに、一匹の火竜が舞い降りた。

 竜は一つの卵を産み落とし、土に埋め、束の間の狩りに出かけ、命を落とす。

 後には冷え死ぬだけの卵が残るだけ。

 しかし、そこに一匹の母猫がやってくる。

 母猫は卵が埋まった土の上で三匹の子猫を生んだ。

 さらには体温の高い子猫たちがそうとは知らず竜の卵を温め続ける。

 こうして竜の子が孵ったのは、子猫たちが生まれてから四日後のことであった。

 猫たちは、このちょっと変わった「火を噴き空を飛ぶ“猫”」を、家族に加えて生きていく。

 これは猫に育てられた一匹の竜と猫、
 そして人間たちの、温かくて、不思議で、ちょっと切ない物語。

 小説投稿サイト「小説家になろう」短編ランキングで長期にわたり上位にランクインするあの作品が
 ついに書籍化! 書き下ろしの新エピソードも特別収録!




猫と竜 シリーズ(1) ネタバレ注意 



猫と竜/
一番最初の物語です
あらすじ、にもありますが
竜の卵が地面に埋められて
そしたら、母竜が殺されて
孵化しないで死ぬ運命でしたが
母ネコがその上で出産して
じっくりあったまった卵から竜が生まれて
猫として育ちます
で、そろそろ巣立ちという時に、母ネコが召喚されちゃって消えます
森の猫には魔力があったから、召喚されちゃったのね

子猫と子竜は、仲良く暮すのよ、って母の言葉を守って
仲良く暮しますが、寿命が違うので、竜の子は
猫を代々見守って
そんな猫の子孫たちが、人間に毛皮狩りされて惨殺されたので
竜が怒って人間の門と城に火を噴きますが
人間の子供を護る猫がいて
それを見て、二度としないなら、って人間たちを許してあげます
でもって、いつの時代か、王子を友達にした森の猫がいて
それから、王家の者には、森のネコが友達になりました、って話

そして、これから
ずんずんと話が広がっていきます(^^)

母猫と少女/
巣たち前の子猫の前から消えた母ネコは
ケットシーっていう魔物で
魔法学校で、一人の少女の使い魔として召喚されました
ベテランママである母ネコからみて
少女の魔法は拙いし、泣き虫だし
母ネコは、巣立ちのために鍛えます
で、或る日、学校が悪魔を召喚しちゃって
ヤバイ、ってみんが蒼白になったら
その悪魔は、母ネコが昔拾って育てた子でした・・
で、魔界との門を閉じようってことになったら
母ネコが、魔法学校の子のために、ダンジョンにしちゃってよ
って頼むから・・
その後、少女は魔法学校の校長先生になりました


子猫達と羽のおじちゃん/
子猫を子育てする、竜の話です
羽のおじちゃん、とは竜のことですね
羽があるからね
小さく変身することもできると
ほんとに、羽の生えた猫に見えますね(^^)
人間が危険だということ
魔力の使い方
ほんと、かわいいお話


黒猫と王子/
猫たちの住む森は「しょしんしゃのもり」
竜がいるので、凶悪な魔物がいないから
初心者の冒険者が入っても大丈夫だから
そこに、森の強者であるクマを一匹でやっつけた黒猫がいます
顔に傷があります
王国の王子が生まれたので、竜に頼まれて顔見世に
気が合わなかったら、帰ってきてもいいのね
そしたら、王子が黒猫を気にいって
黒猫の名前は「クロバネ」
王子と一緒にいることになりました


黒猫と駆け出し冒険者/
王子は、冒険者にあこがれていたので、クロバネと一緒に城を脱出
今の王様も、若い頃は外に出ていたので
ちょこっと放任です
クロバネがいるから、命の危険はないしね
熊を殺して、冒険者ギルドで登録しました
のちに英雄王と呼ばれる王となるようです(^^)


白猫と少女/
木の枝にのっかって、網で鳥を取ろうとする少女を見つけた白猫
手助けしてやると、猫がしゃべる、ってびっくりされましたが
ケットシーだからね
で、少女のつくる具だくさんのスープがおいしいので
少女がいる、孤児院兼教会に住むことになりました



城下町の生活/
城下町に住むハイブチのお話
ハイブチ視点で、城下町の生活と
冒険者ギルドにいる三毛猫とのかかわりと
穀物蔵の門番じいさんと、鼠とりの約束してる話とか
いいお話です


猫じゃらしの夜/
森にできた、猫じゃらしの原っぱのお話
こういうとこ、この作家さん、ほんとに上手!
四代目モシャモシャもかっこいいです
原っぱを管理している森の猫ね

白猫と冒険者の少女/
少女のスープに惹かれて、孤児院に住んでいる白猫です
少女の魔力はけた違いですが
爆炎しか使えないので、肉ごとふっとばしちゃう
白猫が、狩りの仕方、魔法の使い方を教えてあげる!って
猫とはおせっかいなのですよ(^^)



猫と王都の祭り
お祭りには羽のおじちゃんたる、竜も招待されます
王城で、森の猫と人間の約束の芝居も見せられます
で、町に住む魔法使いの猫たちは
竜に挨拶にくるので
竜はとっても大変です(^^)
人間に教えた魔法で、町に花火があがります
それを猫と竜と人間が楽しんでみてます
いい世界です(^^)

ってことで1巻終了
短編が並んでますが
とってもよいですね

おススメです(^^)






読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 
読んでみたよ〜の代わりにクリックしていただけると嬉しいです。 m(_ _)m

 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き




猫と竜・猫の英雄と魔法学校 アマラ 最新刊 シリーズの3冊目となります。とってもおススメ! あらすじ、ネタバレ注意

猫と竜・猫の英雄と魔法学校 



 今人気の
 小説家になろう、からデビューの作家さんでした

 私が読んだのは、この作家さんでは、これが最初の本です

 コミック化もされてます

 本作が最新刊です



猫と竜 [ アマラ ]
猫と竜と冒険王子とぐうたら少女 [ アマラ ]
猫と竜 猫の英雄と魔法学校 [ アマラ ]


猫と竜・猫の英雄と魔法学校 あらすじ 



 魔獣が跋扈する森の奥。
 一匹の火吹き竜が、魔法を操る猫たちと暮らしていた。

 竜は、この森で猫に育てられたのだ。

 竜の寿命は永い。
 兄弟猫はとっくに眠りに就き、その子猫が育ち、
 また新たな命が生まれる。

 長きにわたり森の猫を守り育てる人間嫌いの竜を、
 猫たちは「羽のおじちゃん」と呼び、
 人間は畏怖と敬意を込めて「猫竜」と呼んだ。

 森の猫は大きくなると、縄張りを求めて巣立っていく。

 その中には、人間と暮らす猫もいるのだ。

 冒険の旅に出た王子と、師匠の黒猫。

 孤児院に住むものぐさ少女と、少女に魔法を教える白猫。

 冒険者ギルドの看板猫になったのもいる。

 そして森では、今日も竜が子猫に狩りを教えている。

 これは、猫と竜と人間の、温かくて不思議な物語。





猫と竜・猫の英雄と魔法学校 ネタバレ 



プロローグ 猫と竜/
この小説の世界観のお話ね
森の猫には魔力があり
森には竜がいて
竜は猫のサイズに小さくもなれるけど
竜の羽は残るので
羽のおじちゃん、って言われて
猫たちに慕われてます


ぐうたら少女の受験/
孤児院にいるガーリー
魔法の能力はものすごいですが
その魔法をつかってすることは
手抜きする方法
で、孤児院のために魔物を狩り
家事もやり
孤児院を守っている、もと冒険者の司祭さまにあとをたくして
魔法学校への受験へと向かいます
いろいろありますが、無事に合格ですね

ヤジュウロウのハチ退治/
森で子供を産もうとする猫が
巣篭りしたら、その側にハチがいきなり巣をつくり
出産の時の母ネコの血液に反応しちゃうと
生まれたばかりの子猫が危ないってことで
森の猫たち4人で
退治です
ハチが急に巣を移したのは
熊がきたせいで
その熊を猫たちが撃退するとこは
かっこよかったです


黒猫と王子と魔法の剣/
王子さまにくっついている黒猫の話
黒猫はとっても有名な宮廷猫ですが
王子さまが、冒険かぶれなので大変です
でもそれなりに優秀な冒険者をしている王子様が
魔物を狩って、それを素材にして、素敵な剣を作ってもらえました


悪魔と竜と母の日/
竜を育てた母ネコは、ものすごくお年寄りですが
それだけ魔力が強くて、今も元気ですので
竜ちゃんと、デーモンちゃんは
ふたりして、ママのために母の日のプレゼントを考えました


王子と魔法学校/
魔法学校で、ちょこっと勉強しようとした王子様が
学校生徒のガーリーやクルルカの、傍観者+保護者として
試験のお目付け役として参加
で、王子さまは、チームというか
パーティーを組むってことに
なんか、とっても魅力を感じたみたいですね
これ、続くのかな?


終の寝床
寿命がきた猫のお話でした
余韻があってとっても素敵でした

いい物語でした
こんなお話があるんですね〜

とってもおススメです





読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 
読んでみたよ〜の代わりにクリックしていただけると嬉しいです。 m(_ _)m

 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き




訪問ありがとうございます
ブログライター
元シナリオライター。深夜枠や2時間ドラマ用の原作探しで乱読してこのブログを始めました。

おかお
記事検索
QRコード
QRコード
貼るだけで稼ぐ
免責事項
このブログでいろいろとご紹介してますが、これは私の個人的な意見などであり、最新の情報でない場合もあります。ですから情報に対する苦情は、ご遠慮下さいませ。

また、当ブログを通しての登録及び購入後の、如何なるトラブル・損害・損益に関しては、一切の責任を負う事はできません。
ご了承くださいませ。

サイトへの登録などはみなさま方が規約をよく読んだ上、自己責任で判断して下さいませ。
よろしくお願いいたします。
 
小説名と作家名一覧のカテゴ