(今村翔吾)くらまし屋稼業

秋暮の五人(くらまし屋稼業・4) 今村翔吾 最新刊 くらまし屋を狙う者たち あらすじ、ネタバレ注意

時代小説 秋暮の五人(くらまし屋稼業・4)  



3巻では、剣術時代小説になってました
その流れをうけて
4巻も、がっつり剣術が描かれてます

さらに、誰が、どんな理由でくらまし屋を狙っているのか
っていう推理的な側面もあり

最初には、火消しシリーズの彦弥の子供時代が出てきて
最後には、平九郎の奥さん?が出てきまして

これは、ものすごく次巻を見たい気持ちにさせますね〜




 秋暮の五人(くらまし屋稼業・4) あらすじ 



八朔の日、亥の刻。

芝湊町の土蔵に、見知らぬ者の文で呼び出された男たちが、 密かに集まってきた。

骨董商の仁吉、
役者の銀蔵、
寄木細工職人の和太郎、
浪人の右近、
板前の壱助。

文の差出人は果たして誰なのか?

五人が呼び出された真の理由とは?


一方、虚の一味、初谷男吏と榊惣一郎は仕事をしくじり、
高尾山から江戸市中に戻ってきた。

めくるめく展開に一瞬も目が離せない。

まさかのラストに、驚愕すること間違いなし。


最強の決闘あり、ミステリーあり、人情あり……

無敵のエンターテインメント時代小説、熱望の書き下ろし第四弾。






 秋暮の五人(くらまし屋稼業・4) ネタバレ注意 




「主な登場人物」

堤平九郎・飴細工屋。元武士で武術の達人。くらまし屋リーダー
茂吉・居酒屋「波積屋」あるじ。この場所なメンバーの会議場
七瀬・居酒屋で働く長身で美形の女性。頭脳担当
赤也・常連客。変装、メイクの達人。イケメン
お春・元くらまし屋の依頼人。現在「波積屋」を手伝ってる


虚ろ・
榊惣一郎・凄腕の剣客
初谷男吏・伝馬町牢役人で、拷問の名手
阿久多・鉄漿して女装する鎌槍の名手
九鬼段蔵・凄腕の剣客
漣月・3巻で平九郎に斃された剣客

木綿問屋の金五郎・虚ろの窓口の商人
表の顔は灰谷屋清吾郎

炙り屋・万木(ゆるぎ)迅十郎

篠崎瀬兵衛・道中同心

四三(よみ)屋坊次郎・口入れ屋。裏の口入れもやる
利一・坊次郎の息子で跡取り

★★★

序章
1章。阿久多
2章、土蔵の五人
3章、泰平の裏にて
4章、偽りの顔
5章、欺瞞の嵐
終章

平九郎に阻まれて
仕事をしくじった初谷と榊ですが
榊は組織の「夢の島」に送られ
初谷は、顔がバレたので阿久多をおともに
荷物を獲りに戻り
そこにいた目付の配下を、阿久多は皆殺しにします

さて
次が
五人の土蔵に呼び出された者たちの話

元かいらぎ党、っていう悪党集団がいて
親分は配下、特に副将に寝首をかかれそうだ、ってことで
副将を殺し
江戸にいた副将の家族を殺しますが
親分も殺され、組織は瓦解

で、そんな組織の元のやつら五人が
親分の金の場所をくらまし屋が知ってる
お前たちがかいらぎ党だってことも知ってるから
くらまし屋を殺して1万両の隠し金を半分よこしたら
ちゃらにしてやる、ってことに

五人の中の壱助ってのが
今はちゃんと板前やってるし、女房は身ごもっているし
今の生活がとっても大事なのね

くじ引きで
和太郎ってのが、一番最初にくらまし屋を殺すってことに

くらまし屋の平九郎は
「くらまし」の願いを受けて
和太郎の身辺調査に出向きます

そんな時に
大家の藤助から、知り合いの大家が
店子の武士が狐憑きになった、どうしょう
って相談を受けるのね
藤助を大事に思っている平九郎は
そのうちちゃんと聞いてあげよう、とは思いますが
とりあえずは、和太郎をくらます仕掛けを考えないと

さて
前回の勝負で
初谷が拷問得意の牢役人だと知った平九郎は
高野山から降りてすぐに
四三屋の裏稼業の口入れ屋を使って
初谷のヤサを密かに見張らせます

遠くから気配をさぐるだけで、初谷に同行した鎌槍の奴がヤバイって
プロの男もビビッてました

和太郎の身辺調査が終わり
くらます手はずがすすみます
橋の上で着物に火をつけて
そのまま落ちて死んだことにして
くらます、ってこととなり
七瀬の計略を赤也が実行し
その間に、平九郎が和太郎を連れ出すことに

ですが
和太郎は宿場で平九郎を襲い
平九郎はサクットやり返しますが
なぜくらまし屋をマトにしたのか
他に仲間はいないか
っと、裏稼業らしく警戒警報マックスです

で、土蔵の五人組は
和太郎が殺されたと知り
次が銀蔵
でもこれも、くらまし屋に始末されます

次が仁吉
九番組小頭で紅蜘蛛の異名を持っていた男です

ところで壱助は
七番組小頭の抜狸の伝次郎
ってところまでわかってきまして

壱助もくらまし屋も
頭取に殺された副頭の因縁かと分かってきます

で、盗賊組織内の遺恨だと思っていたけど
壱助は、最後に襲った商家
尾張屋の復讐だと、たどり着きます

で、壱助は捨て身となりまして
くらまし屋に
妊娠中の妻・お種のくらましを依頼します
自分に何かあったら、お種をくらます(守って)欲しいって

でここらから
死んだと思われていた銀蔵が生きていて
でもって、尾張屋の生き残りだとわかり

くらまし屋を狙った仁吉を、平九郎が成敗して
壱助が「くらまし屋をヤル」計画にかかわっていない、ってわかったので
お種のくらまし仕事は受けてもらいます

銀蔵は、仇は討てたかわりに
命はくらまし屋の掟でとられます

で、壱助は生き残るかと思ったら
最後の右近
こいつが、なんと炙りで
今はもう死んじゃっている副頭の依頼をうけて
自分を殺した相手を殺してくれって

壱助は没です

さて
こっちの始末が終わって
組織の押さえている島に行った榊は
そこで、けが人を治療する医師の女性と遭遇

なんとこの人
平九郎が必死に探している
嫁様の「初音」らしいんですよ!

ってとこで次巻へ

次巻も絶対に読む!

ネタバレしても
本作のアクションシーンとか
人情話とかの魅力は
伝わり切れないので
是非是非、本作を読んでください

このシリーズ、とってもおすすめです(^^)








読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き




夏の戻り船 くらまし屋稼業(3) 今村翔吾 剣客の死闘がすごい! あらすじ、ネタバレ注意

大好きな時代小説 夏の戻り船 くらまし屋稼業(3) 



作者買いした新シリーズが
早くも3冊目

3巻目では
活劇がすばらしい!

これ、映像化してほしいな〜


くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]
春はまだか くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]
夏の戻り船 くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]



大好きな時代小説 夏の戻り船 くらまし屋稼業(3) あらすじ 



「皐月十五日に、船で陸奥に晦ましていただきたい」

かつて採薬使の役目に就いていた阿部将翁は、
幕府の監視下に置かれていた。

しかし、己の余命が僅かだと悟っている彼には、
最後にどうしても果たしたい遠い日の約束があった。

平九郎に仕事を依頼した将翁だが、
幕府の隠し薬園がある高尾山へ秘密裏に連れて行かれる。

山に集結した薬園奉行、道中奉行、御庭番、謎の者…

平九郎たち「くらまし屋」は、将翁の切なる想いを叶えられるのか!?

続々重版中の大人気時代エンターテインメント、
堂々のシリーズ第三弾。


夏の戻り船 くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]




大好きな時代小説 夏の戻り船 くらまし屋稼業(3) ネタバレ注意 



「主な登場人物」

堤平九郎・飴細工屋。元武士で武術の達人。くらまし屋リーダー
茂吉・居酒屋「波積屋」あるじ。この場所なメンバーの会議場
七瀬・居酒屋で働く長身で美形の女性。頭脳担当
赤也・常連客。変装、メイクの達人。イケメン
お春・元くらまし屋の依頼人。現在「波積屋」を手伝ってる


虚ろ・
榊惣一郎・凄腕の剣客
初谷男吏・伝馬町牢役人で、拷問の名手

炙り屋・万木(ゆるぎ)迅十郎

篠崎瀬兵衛・道中同心

3巻の登場人物
阿部将翁・本草家・元幕府の採薬使


★★★

序章
1章、一生の忘れ物
2章、天しゅんの牢獄
3章、其は何者
4章、修羅の集う山
5章、蒼の頃へ
終章

序章は、阿部さんの夢の話
故郷に戻りたいって・・。

1章からは、くらまし屋に頼んで
阿部さんは故郷の陸奥に行くつもりです
病気で、余命は少ない・・

虚ろの奴らが、本草家、っていう薬剤の者を拉致ったり
殺したりしてるので
当代で一番、の阿部が連れ去られると
毒物テロとかに使われそうなので
幕府は、阿部を隔離します

それが、高尾山

平九郎とかと因縁のある、道中同心の篠崎とかも出てきまして
虚ろが狙い、くらまし屋がねらい、
阿部を守る幕府方の、お庭番とかいろいろが出張り
ものすごい、アクションの連続です

本シリーズで、一番の剣術比べですね

平九郎が
失踪した娘と妻を探していること
その情報を虚ろが持っているかも、って思っていて
虚ろをとっつかまえることを狙っていることも
この3巻でわかります

今回も
虚ろの剣客・漣月が、幕府側を切り刻んでいきまして
篠崎も、もうダメ、ってとこに平九郎がきて
死闘となります

で、とりあえずそいつは斃したんですが
今度は榊が登場して、平九郎と戦いますが
とりあえず、引きます

この間に、阿部さんは平九郎の仲間に江戸につれてかれて
船に乗せられていきます

船は、阿部の故郷へと付きまして
恋人が、約束、って木に布を結んでまして
なんと。まだその布が、しかも、新しい

平九郎が阿部の代わりに探ると
約束した恋人は、嫁いで、孫もいて、少し前に亡くなって
でも、布を結ぶのだけは、やってほしい、って言われていたから
孫は結んでいたんですって

阿部さんは
その木の下にすわりこみ
くらまし屋にさよならを

木の下で、そのまま死ぬつもりみたいですね

お春が、江戸で火消しの息子と知り合います
その子の名前は「武蔵」ですって

ぼろ鳶に出てくる人ですね(^^)

さて、4巻はいつ出るのかな
楽しみです(^^)




読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き



春はまだか くらまし屋稼業(2) 今村翔吾 春という少女をくらまします あらすじ、ネタバレ注意

大好きな時代小説 春はまだか くらまし屋稼業(2)



作家買いする今村翔吾の時代小説です

ぼろ鳶組が好きで、そっちも全部読んでますが
新シリーズも、がっつりおっかけてます(^^)


くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]
春はまだか くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]


大好きな時代小説 春はまだか くらまし屋稼業(2) あらすじ 



日本橋「菖蒲屋」に奉公しているお春は、
お店の土蔵にひとり閉じ込められていた。

武州多摩にいる重篤の母に一目会いたいとお店を飛び出したのだが、
飯田町で男たちに捕まり、連れ戻されたのだ。

逃げている途中で風太という飛脚に出会い、
追手に捕まる前に「田安稲荷」に、この紙を埋めれば必ず逃がしてくれる、と告げられるが…

ニューヒーロー・くらまし屋が依頼人のために命を懸ける、
疾風怒涛のエンターテインメント時代小説、連続刊行、第二弾!


春はまだか くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]




大好きな時代小説 春はまだか くらまし屋稼業(2) ネタバレ注意 



「主な登場人物」

堤平九郎・飴細工屋。元武士で武術の達人。くらまし屋リーダー
茂吉・居酒屋「波積屋」あるじ。この場所なメンバーの会議場
七瀬・居酒屋で働く長身で美形の女性。頭脳担当
赤也・常連客。変装、メイクの達人。イケメン

虚ろ・初谷男吏・榊惣一郎
炙り屋・万木(ゆるぎ)迅十郎

篠崎瀬兵衛・道中同心

2巻の登場人物
菖蒲屋の主人・ロリコンで春に手出ししようとした
お春・菖蒲屋に奉公する少女
風太・本郷の飛脚問屋「早兼」の飛脚
坊次郎・口入れ屋「四三屋」の主人


★★★

序章
1章、幼い逃亡者
2章、血文字
3章、掟破り
4章、土竜
5章、春が来た
終章

序章は、風太の話
くらまし屋で新しい人生をもらって
飛脚として、同輩にも主にも大事にしてもらってます

1章では
主に手籠めにされかけたのを、お金を盗もうとしてたんだ、って主が
おっかない奥さんに言うから
それから、お春はずっと冷や飯食いです

そんなお春に、亀之助、っていう、菖蒲屋の商売敵・亀之助が近寄ります
お店の信用に、ロリコン店主、ってのはまずいので
菖蒲屋は、お春をとじこめようとして
お春は逃げようとして
その逃げ出したとこを、風太に助けられ
くらまし屋をたよれ、って教えられるわけです

春が書いた血文字の依頼文を平九郎は確かに受け取りますが
教えたのが風太だってのがひっかかります
秘密は守る、って約束なのに
くらまし屋のことを、お春に教えてるからね

さらに、金も足りない・・


しかし、お春をくらますことを、平九郎は決めます
掟破りですけどね

で、風太は昔、殺さずの盗人で
土竜、って言われていた人でしたので
くらまし屋のことをもらした代わりに
手伝えって

さて、お春は
くらまし屋から狙われ
亀之助が雇った炙り屋、に狙われ
菖蒲屋が売るってきめた「人さらいの虚ろ」にも狙われるわけです

で、
炙り屋が、亀之助の狙いは菖蒲屋の失脚なので
結果的には、お春を逃がしてもOKで
虚ろは、約束を破った菖蒲屋を切り捨て
春は、臨終前のおっかさんの死に目に間に合います

で、もう一度奉公に出されるとこを
くらまし屋の根城である波積屋ではたらくことになりました、って

ネタバレは、すっごく完結に書いてます
本文は、もっととっても魅力的なので
ぜひぜひ、小説本を手に取って読んでくださいませね〜(^^)



読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです
読んでみたよ〜の代わりにクリックしていただけると嬉しいです。 m(_ _)m

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き



くらまし屋稼業 今村翔吾 シリーズ(1) 作家買い。夜逃げ屋江戸版 あらすじ、ネタバレ注意

大好きな時代小説 くらまし屋稼業(1)



火喰い鳥シリーズにはまりまして
作家買いです

このシリーズも面白くなりそうです(^^)

くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]

大好きな時代小説 くらまし屋稼業(1) あらすじ 



万次と喜八は、
浅草界隈を牛耳っている香具師・丑蔵の子分。

親分の信頼も篤いふたりが、
理由あって、やくざ稼業から足抜けをすべく、
集金した銭を持って江戸から逃げることに。

だが、丑蔵が放った刺客たちに追い詰められ、
ふたりは高輪の大親分・禄兵衛の元に決死の思いで逃げ込んだ。

禄兵衛は、銭さえ払えば必ず逃がしてくれる男を紹介すると言うが

涙あり、笑いあり、手に汗を握るシーンあり、
大きく深い感動ありのノンストップエンターテインメント時代小説、ここに開幕!



くらまし屋稼業 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 今村翔吾 ]

大好きな時代小説 くらまし屋稼業(1) ネタバレ注意 



「主な登場人物」

堤平九郎・飴細工屋。元武士で武術の達人。くらまし屋リーダー
茂吉・居酒屋「波積屋」あるじ。この場所なメンバーの会議場
七瀬・居酒屋で働く長身で美形の女性。頭脳担当
赤也・常連客。変装、メイクの達人。イケメン

丑蔵・本作の悪玉
万次。喜八・丑蔵の集金を奪ってくらましたい

禄兵衛・香具師の大親分

虚ろ・初谷男吏・榊惣一郎
炙り屋

★★★

序章
1章、足抜け
2章、隠れ家
3章、江戸の裏
4章、道中同心
5章、別れ宿
終章

序章
江戸での神隠し
一家でのとんずら
そんな事象があって
で、神隠しをお願いする約束事があるらしいって
江戸の人々は噂してます

1章
喜八は元武士で、剣の達人で、殺気、死地へのカンが鋭い
万次は、殺しをするのが嫌になりました
そんな二人が
丑蔵から依頼された集金の金を懐に
とんずらしたい、って計画しますが
それが漏れて、にっちもさっちもいかなくなります
で、頼ったのは、親分より規模がでかくて、さらに敵対する禄兵衛のとこでした
で、禄兵衛は、二人から丑蔵の内部情報を得る代わりにかくまいますが
丑蔵があんまりしつこいから
出ていってくれ、って
で、いちおうメンツがあるので
頼ってきた者を突き出すことはしないから
くらまし屋に金を払って、出ていきな、って

2章
依頼を受けて、掟に従って、平九郎が万次と喜八と面通しします
で、間違いなさそう、ってことで依頼を受けます
かくして、丑蔵が見張っている禄兵衛の宿から、万次と喜八を連れ出す算段が・・
考えるのは七瀬です

3章、
それなりに計画を遂行してたんですが
なんと、丑蔵が、自分より格上の禄兵衛にかちこむ、って兆候が
なぜ?
二人は他にも知っていることがあるのか?ってことで
平九郎がもう一度念押しすると、あれかな?ってことを喜八が言います
丑蔵は人身売買をしているらしく
その相手が剣呑で、商売に居合わせた喜八が消えた、って知ると
丑蔵の身も危なくなるらしい、って

さて、平九郎はこの商売をする前に
いろいろあったらしく
現在はちょびっとの伏線ですが
大事な人が消えたらしいのね
その消えた、ってのに
丑蔵の関わる、人身売買がつながってるんじゃないか、ってね

さて、いよいよくらまし屋が動きます
万次たちのいる禄兵衛配下の宿に駕籠が入っていくんですが
その数が80
で、どんどん各地に散っていくので、丑蔵の配下が追いきれません
でも、宿場にも丑蔵は金を使って配下だけでなく、同心たちを抱き込んでました

4章
道中同心
道中奉行配下で、今回の、江戸から人殺しが脱出しようとするから
道中同心が出張って、チェックしろ、ってことに
丑蔵から道中奉行に賄賂が出てるのね
同心の篠崎は、優秀だけど、上からの指示には従います
で、ある駕籠を止めたんですが、乗っていたのは武家の娘で
地元での一揆で父が亡くなり、幼い弟の後見をせねば、って急いでるんですって
篠崎は、手持ちのお守りを渡して通してやります

ですが、その駕籠かきが、万次と喜八でした
すごいね〜
赤也のメイクも上手だったみたい

一方江戸では、丑蔵が禄兵衛の持ち家に踏み込みまして
万次と喜八がいないことを確認して、地団駄踏みます

5章
万次は、恋しい女・お利根を一人、江戸から連れてきてほしい、って追加で依頼してきて
喜八は、お金をもって、病気の娘のいるふるさとに急ぎます

ですが、金を持つ護衛の平九郎に襲い掛かります
娘の病気は重いから、金がいくらでも必要なのね・・
で、平九郎に返り討ちにされますが
今わの際に、娘たちに残金を届けてくれ、って

そして江戸へ
万次の恋しい女・お利根が丑蔵に連れ去られたって知った平九郎は
奥の手です
追ってくる奴らを消すのね
この時に、平九郎の武術がすごい!
かっこいい!

かくして、お利根は無事に万次のとこへ

で、その現場に丑蔵を始末しに来た二人がいます
武士で若造だけど凄腕の榊惣一郎
拷問に美を感じる初谷男吏
この二人は、丑蔵たちが殺されてるのを見て
仕事をすませた者がいる、誰が?
ってことでくらまし屋か、あぶり屋か、って
考えながらも撤退です

終章は
平九郎が、残りの金を喜八の妻と妹のところへ届けて話です
切ないですね・・

ってことでおしまい

とっても面白かったので、次も読みます(^^)





読んで下さってありがとうございます(^^)
この記事が
読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです
読んでみたよ〜の代わりにクリックしていただけると嬉しいです。 m(_ _)m

 


スマホで訪問の方も
PC版で読むのがおススメです(情報量が一杯)
スマホ版の一番最後の左端に「PCモード」というのがあるので、
こころクリックしてください。
 

新品本、新刊本を合法的に安く買う方法はこちら

ブックオフオンラインでも本は安く買えます。

ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意の最新記事はこちらです。別窓で開きます


老後の節約と稼ぎ方



私が今まで読んできたビジネス本←カテゴリごとに別窓で開きます
私が勉強してきた株の本
いろいろ試したSEO対策本
今も試行錯誤中のアフィリエイト勉強本



漫画も好きで、あらすじ&感想レビューしてます。
 ベテランママは漫画大好き



訪問ありがとうございます
ブログライター
元シナリオライター。深夜枠や2時間ドラマ用の原作探しで乱読してこのブログを始めました。

おかお
記事検索
QRコード
QRコード
貼るだけで稼ぐ
免責事項
このブログでいろいろとご紹介してますが、これは私の個人的な意見などであり、最新の情報でない場合もあります。ですから情報に対する苦情は、ご遠慮下さいませ。

また、当ブログを通しての登録及び購入後の、如何なるトラブル・損害・損益に関しては、一切の責任を負う事はできません。
ご了承くださいませ。

サイトへの登録などはみなさま方が規約をよく読んだ上、自己責任で判断して下さいませ。
よろしくお願いいたします。
 
小説名と作家名一覧のカテゴ