aamall

2010年01月15日

【東京行】 「いせ源」で、あんこう鍋を食ス! 後篇


前回のあらすじ

東京神田の老舗あんこう鍋専門店
「いせ源」で見たものとは!?



目の前にドドーーンと
あんこう鍋が登場。

あんこう鍋登場












こういう時、煮えるまでの時間が
じれったくてしょうがない。
ついつい、箸でこねくり返してしまう。
鍋奉行がいたら、確実に怒られている。
江戸ところ払い、くらいの刑を受けている。

幸い鍋奉行はいないが、メニューに
“より美味しくお召し上がりいただくために”
という心得が書かれていた。
そこには、

食べる際の注意 「あんこうの身にタレの色が染み込むまで、
 十分に煮込んだ上でお召し上がり頂くことを
 お勧め致します」





と、ある。
手にした箸を置き、
ガス台にかけられた鍋を
前に煮えるまでひたすら待つ。

お茶&下足札 しばらくお待ちくださいm(_ _)m












そんなこんなで、
よい色に仕上がってきた。
ひょっとしたら、煮過ぎたかも。
じっくり待つのは良いが、
火の加減を調節しなかったのは
まずかったか。

煮えてきた












あわてて小皿に取り、
十分に味が染み込んだ(であろう)
あんこうの身をしばし眺める。
そして、おもむろに頬張る。

あんこう!












「あんこうは唇ばかりが残るなり」
と唄われるほど、余すことなく
すべての部位を食べられる。
…と、給仕のおねーさんが教えてくれた。

なるほど、この鍋の中にも身だけでなく、
コラーゲンたっぷりの皮や濃厚な肝、
どこの部位かわからない部分も
それぞれに食感も違って、おいしい。


鍋の締めは、おじやで。
おねーさんが手際よく準備してくれて、
「絶対にかき混ぜちゃダメよ」
という言葉もしっかり守り、
そろそろか、という頃に
おねーさんにアイコンタクト。

「撮るんだったらネギを
 入れてからのほうが彩りがいいから」
なんて、写真のことまで気を回してもらい
いたれりつくせりで、おじやが完成!
こいつぁあ、旨いに決まってる♪

おじや準備おじや!












満腹で満足☆
なんだか、まったりしちまって、
なかなか腰が上がらない。
東京へ来たばかりなのに、
これじゃあ困る。
こんなことなら、おじやは
よしときゃ良かったかなぁー。


……なんてノンキなこと言いながら
この後すぐに、別腹を満たしに行った、
ってぇんだから、どうしようもない。

ま、道はさんで向こうっ側に
そそられる甘味処があったら
誰でもこうな…りますよね?

つづく


お箸 名代あんこう鍋
 「いせ源
 
 千代田区神田須田町1丁目11番地1
 TEL 03-3251-1229
 営業時間 11:30 〜 14:00(L.O.13:30)
        17:00 〜 22:00(L.O.21:00)
 定休日 日休(4〜9月は土日祝休)
 ○12月〜翌2月末迄
   年末年始(12/31-1/4)を除きすべて営業
 ○土・日・祝は通し営業




にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ にほんブログ村 旅行ブログ 名物・お土産へ

gaki_122 at 00:11│Comments(2)TrackBack(0) 東京行 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しぇり   2010年01月15日 15:23
わぁ〜〜 めっちゃ美味しそう!!
ガキさん、今度タケシさんと一緒にお鍋囲みません??
あったかいおなべに、美味しいワインなんて最高〜☆

マイミクさんが新道で居酒屋さんをしてるので、
ゼヒゼヒ一緒に行きませんか?
もう直ぐ伊勢を離れてしまうので、その前に〜♪

素敵なワイン屋のお兄さんも紹介したいでーす☆
2. Posted by ガキ   2010年01月22日 23:16
ホントに引っ越してしまうんですね
なかなかイベントも参加できずにスミマセンでした

うまくタイミングが合いましたら、
引越しされる前にゼヒ

コメントする

名前
 
  絵文字