風俗体験記

3年振りの投稿です。


どーも、お久しぶりです。前回の投稿が2013年だったのでかれこれ3年ほどこのブログを放置してしまいました。こんなブログでもそこそこ読者がいて下さるようなんで久々に更新してみました。


筆者が3年もの間、風俗に行ってなかったかというとそういう訳でもなく行ってはいました。が、プライベートで大きな環境の変化があったので行く機会が激減したこと、それに伴い執筆する時間もなかったりで放置してた次第なのです。

で、いい加減本題に入れよ、というツッコミが来そうなので本題に。。。



新宿のチャイエスはそこそこ行っているが土地柄から想像される過激なサービスはあんまりなく、期待持たせて追加料金取って何もなかったり、最初からまともにサービスする気のないタケノコ剝ぎ店が多い、という体験ばかりだったため、あんまりいい印象はないのだが今回紹介する「らいらい」は運が良ければ結構楽しめる店。。。かも。


場所は新宿南口の交差点を渡って代々木方面に向かう道沿いの雑居ビルの一室。違う階には体験談レポートをよく見掛けるチャイエスの「宏華」が入っていると言えば…マニアにはわかるかも。


今回は2度目の来訪で前回の帰り際にマンションの通路に置いてあった割引券を持参していざお店へ。


インターホンを鳴らしてからだいぶ経って出てきたのは前回と同様のママとおぼしき人物。ママと呼ぶほどの年でもないが金髪で小太りの女性である。


「今回ハジメテ?」


入るなりいきなり聞いてくるので思わず「うん」と答えたが、割引券を持っていることと矛盾するので慌て否定。その後、


「ドッチニスル?」


というので「60分」と答えると


「チガウ」


60分か90分の選択かと思っていた筆者は


「へっ!?何が?」


と思ったら、この店は時間の選択がなくて割引券を見るとオイルなしの通常が6kと、オイルありが7kの2択だった。


値段の安さに釣られてオイルありを選択するとママに連れられ、ドアを出て隣の部屋へ。そう、この店は受付とプレイルームが別々なのである。


プレイルームに入ると既に先客がいるらしく玄関にスニーカーが。部屋の中はカーテンで仕切られただけなので先客の様子が丸聞こえになるため、こういうのを嫌がる人もいるのだが筆者はこういうのは全然気にしない。気にしてたらピンサロなんて行けないしね。


二部屋ある内の診療台がある部屋に通されるとママが、


「シャワーサキ?アト?」


と聞いてくる。この日は曇りだったが前日の猛暑が残っていて多少汗をかいていたので先にシャワーを希望。


この店のシャワーはユニットバスなのであんまり使いたくないのだが割りと清潔に保たれてるので気にならないレベルだった。もちろん狭いのでシャワーはセルフだが。


シャワーを浴びるとうつ伏せになってマッサージ。新宿・新大久保辺りのエステでは紙パンツが標準だがここはなし。これだけでちょっと期待感が持てる(前に行って知ってるから当然なんだけど)。


マッサージ自体は素人に毛が生えた程度だが多少は肩を揉んでもらいたい気分だったのでそれはそれでちょうど良かった。


一方、先客がいる隣の部屋からチュパチュパと何となくヤラシい音が。。。その内女性のアノ声なんかも…。そういう店だってのは前回でわかっているのでまぁいいのだが前回来店時はママだけだったのでもう1人の店員がどんな嬢なのか凄く気になった。


ママのマッサージはほとんど背中だけをやたら念入りにするものでいい加減飽きるとともにそろそろ時間切れかと思ったところで仰向けにされ、


「オ兄サン、ヤリタイ?」


と言いながら筆者の息子を握って微笑んできた。半ばそれが目的ではあったので

「うん」

と答えると、なんと10Kを要求(後でネットで調べたら6kが相場だったみたい。。。)。


前回はこのママと最後まで行ってしまったのだが、10K払ってこのママとは。。。と思いつつも前回もそこそこ楽しめたからいいかと承諾する。すると予想外の展開がっ!


なんとママが引っ込む代わりに筆者が気になっていた先程まで接客してきた嬢が入ってきたのだ。


嬢は第一印象は筆者好みの長身で年は20代(後で聞いたら28)。さらにルックスは女優の鈴木砂羽と吉田羊を足して2で割ったような感じ。女性の好みは人それぞれだが筆者には内角高めにバシッとコーナーを突いたようなツボにハマるエロい美人だった(どういう例えよ?)。名前はとりあえずS嬢としておく。


このS嬢、ママに何を吹き込まれたか知らんが最初から潤んだ目でこっちを見つめてくる。これがまたホントにエロい。。。後で思ったんだが前の客は延長しなかった(最後までしなかった)ので欲求不満だったのかもね。


このS嬢からは最初にDKの洗礼が。自称キス魔の筆者も負けじと応戦すべくチュパチュパチュパチュパチュパチュパチュパ…って、いつまでやるんだーっというところで、今度は乳首をチョロチョロ舐めながら筆者の息子を鷲掴みにしてきた。


筆者も胸揉んだりパンツに手を伸ばすもS嬢が長身のせいか届かずにモゾモゾしてると、


「トナリデヤル?」


と先程まで自分が接客していた診療台ではないマットレスの部屋の移動を勧めてきた。そこでS嬢の提案に乗り、荷物を持って移動。部屋を移動するなり


「シャワー浴ビテクルカラ」


とS嬢が、シャワーを浴びてる間に筆者の息子は今か今かと待ちきれずビンビンに。


ようやく出てきたS嬢はバスタオル1枚でさっと脱ぐと。。。多少腹が出てる気がしなくもないが筆者のチャイエス経験から言わせれば今までの五指に入る二重丸のボディ❤️


お互いマッパになってからはまたチュパチュパチュパチュパチュパチュパ…とDKの応酬。ホントに好きなのね。筆者も好きだから良いんだけどさ。


で、DKのあとはこんどは生Fでチュパチュパチュパチュパチュパチュパ…なんかこればっかりだなーもー。


S嬢は筆者の息子を見る度に「デカいナー」を連発。前に行った別のチャイエス嬢に言わせると彼の国の男性のアレは相対的に我が国の男子より控えめらしくそのように映るらしい。


いざ息子に帽子を被せるとまずはS嬢の先攻で本戦開始。もともとS嬢から漂うエロのオーラに気を当てられていた筆者はKO寸前。あまりの激しい攻めに昇天しそうなところを敢えて心を無にして耐え忍んだ。なんか勿体無い気分だが。


しかし、唐突にS嬢から攻守交代を告げられ、今度は筆者の息子はS嬢の黒々とした魔境地へいざ突撃!


このとき初めて気づいたのだが、S嬢の右胸には牡丹の入墨があるのを見つけた。なんかヘンなところにあるな〜なんて思いつつ突撃を繰り返す。


当初、このエロいS嬢をタップリ堪能しようと長期戦の構えでいたがエロの気に当てられていた筆者の息子はあまりの気持ち良さに意外と早くに撃沈してしまった。あ〜あ。


ゲームセットの後は再びセルフでシャワーを。シャワーから出るとその場で2リットルのペットボトルから緑茶を振舞われたが、飲み干すとなぜか350mlの小さめのペットボトルまでくれた。


今回のS嬢はかなりのオキニだったので普段は聞かない名前と年を聞いてみたら前述の年齢と典型的な日本人女性の名前を名乗っていた。


帰り際にお決まりの文句だが


「マタ、キテネ〜」


そしてハグしながらチュパチュパ…ではなくブチュ〜としてサヨナラ〜。


対費用効果に満足しながら店を出たが次回来訪のため、通路にあった割引券は忘れずに持ち帰った筆者であった。



「やすらぎ」ではなかった


毎週巣鴨に用事があるということを以前の記事で書いたことがあったがここ3ヶ月はその用事の場所が巣鴨ではなった。それが3ヶ月振りに巣鴨に戻ったので以前行ったことのあるこの店にまた行ってみた。


店に入ると受付のオヤジが別人になっていた。白髪交じりの初老の人物で格好はかなりラフだったが妙に愛想がよかった。店に入るなりオヤジは


「ただいま、予約で満員なので30分ほどかかります」


じゃ、他探します。とでも言おうとする前に


「奥の席でお待ちください。」


と言ってくる。30分も待たすのが当然みたいな言い方なのが気になった。


「ウチにはカワイイ子がたくさんいますから」


そう言って騙されたことの方が多いので信用してないが勢いで結局待合室に。ポイントカードは持っているか聞かれ、「ない」と答えたので以前来たことがあるかさらに聞かれたので半年ぐらい前に「ある」と答えた。すると店名は同じだが3月に経営者が変ったのでリニューアルしたと言う。
(後で確認したら5月にこの店に来ていたので実際にはリニューアル後だった。)


コースの方は80分のVIPコースを指定し、13000円払った。待合室にはTVが置いてあったがちょうど写っていた高校野球には興味がないので置いてあった風俗系の週刊誌でも読んでいた。オヤジは愛想が良かったので高校野球見てますか?と話しかけてきたのだが、見てない、と答えたのでそこで会話は終わった。実際に興味のない高校野球の話をしてもしょうがないし。。。



15分ぐらい立った時に客の見送りがあったがそれからすぐに


「お客さん、運がいいですね。今、空きましたのでご案内します。」


ん!?それを見越して30分待つと言ったのではなかろうか。まぁそれは置いといて通路の真ん中辺りの個室に案内される。


「Hちゃんです。」


「こんにちは~」


Hちゃんは背は160cmぐらいでやや細め。ルックスは派手な感じはないが確かに美人だった。オヤジのカワイイ子という発言は信じていなかったがあながち嘘ではなかった。日本語も流暢だったがおそらく在日の人かもしれない。


まずはシャワー室で身体を洗ってもらう。マッサージ嬢も一緒に入ってボディソープで洗ってくれるのだが筆者のアソコも念入りに洗って貰った。さらに身体を拭くときもセルフではなくやってくれる。この辺のサービスはチャイエスよりもアカスリ系の方が充実している。


施術の方はいきなり蒸しタオルから。これを被せられた状態で踏みつけマッサージ。背中だけなどという生易しいものではなく、掌や足の裏、太腿の上にまで乗ってくるのでかなり痛い。脹脛の上に乗られたらどうしようと思っていたが全体重ではなく一部だけだったので助かったが…。



次に通常のマッサージなのだがH嬢の凄まじい握力のおかげでめちゃくちゃ痛い。身体の方が自然と抵抗して強張るのだがそれでも痛かった。ただマッサージの後では痛みが残らなかったのである意味まともなマッサージだったのであろう。このマッサージが終わると仰向けになるように言われ、SPがいよいよ開始


終了後は再度シャワー室で洗体してもらい、お茶を貰ってからバイバイ。受付のオヤジは


「いかがでしたか?」


と聞いてくるので「良かった」と適当に答えたのだが



「次回もお待ちしてますが今度はご予約をおススメします。当店は人気がありますので」


ずいぶん自信満々に言うので多少むっとしたが、予約すると直前に店に電話入れるなどいろいろ面倒そうなのでたぶんこれからも予約はしないだろうと思われる。



総評

ルックス :★★★★☆ (そこそこ美人)
スタイル :★★★☆☆ (凹凸は余りはっきしないが、肌もツルツルで良かった。)
テクニック:★★★★☆ (マッサージはなかなか、あっちの方は普通)
接客    :★★★☆☆ (普通)
コスト   :★★★☆☆ (少し高いかも)

続きを読む


やる気なさそう。


月に一度、仕事で田町に行くのだが、この日は16時半頃に解放されたので近くにあるこの店に行ってみた。場所は駅から10分ぐらいかかる大通りに面した通りの雑居ビル。


店の前でインターホンを鳴らすと出てきたのはキャミソール姿の20代ぐらいの小姐。暗くて顔がよく見えなかった長身で脚長のスタイル美人だった…が、ドアを開けても無言のまま。。。とりあえず靴を脱いでスリッパに履き替えると待合所のソファーに座る。先ほどの小姐がコースの説明を始めるが、事前にHPでアカスリ・オイルコース100分10000円というキャンペーンを知っていたのでスマホの画面を彼女に見せて


「このキャンペーンやってるの?」


「はい」


このスタイル美人の小姐はほとんど喋らないというのもあるが、どうも愛想がよくない。そのまま個室に案内されると服を脱ぐように言われたが彼女はそのまま部屋を出て行ってしまった。そして話し声が聞こえたかと思うと別の小姐が入ってきた。スタイルもルックスもオバサンの一歩手前と言う感じで同じキャミソール姿だったがなぜか左足にビニール袋を被っていた。萌え要素が全くなかったので


「さっきのコがいいんだけど」


…無視。こういう店に何度か来るとわかってくるが中国人というのは自分にとって都合が悪いことを言われると何事もなかったかのように平然と無視する。一応、足につけているビニール袋が気になったので


「ケガでもしたの?」


と、聞くとアカスリしているときになんたらかんたら。。。と説明するのだが途中から何を言っているのかさっぱり分からなかった。どうやら意思疎通は無理だと判断してそれ以上は言わなかった。


「今日ハ暑イネ」


別に暑くはなかったような気がするが適当にうなずいたまま奥のアカスリ室に通される。すると彼女はキャミソールを捲し上げるとズロースの中に入れたのだが余計萎えた。


まずはうつ伏せにされアカスリ用グローブでこするのだが、すぐに素人であることがわかった。やり方が雑でとにかく痛いだけ。彼女に苦情を言うと


「ワカッタ。弱クスルネ」


と、言ったが大して変らなかった。それから泡洗体をされて仰向けになるように言われたが、この時点で頭を乗せるタオルがびしょびしょになっていたので


「これじゃ、頭が濡れちゃうよ」


と言うと、何も言わずにタオルだけ取るとそのまま枕の上に寝るように促された。接客業するにしては客に対しての配慮がちょっと足りない。


マッサージの方は通常のものからオイル、蒸しタオルと続いたが余り上手くなかった。そして仰向けにされるとSPの開始。以前行った田町の別の店ではこれからというところで延長料金を求められたがこの店ではそういうことはなかった。最後にまたシャワーを浴びてサヨナラ。


マッサージの最中に受付に出た小姐の電話応対が聞こえてきたのだが、どうやらHPには載せていない小姐が何人か居るようで(今回担当の小姐)、HPに載せているのは美人ばかりで釣ろうとしていることが何となくわかった。たぶん予約指名しないとカワイイ子に当たらないんじゃないかと思う。


総評

ルックス :★☆☆☆☆ (オバサン)
スタイル :★★☆☆☆ (太ってはいないがお尻が垂れてた)
テクニック:★★★☆☆ (マッサージは下手。アッチは普通)
接客    :★☆☆☆☆ (全然ダメ)
コスト   :★★★★☆ (コスパそのものはいい)




続きを読む

このページのトップヘ