gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2003年10月

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
週末はすごい行列です!(2006.7.1)
平日お昼前で4人10分待ちで入店。
ラーメン600円+煮玉子100円を注文。
味はそれなりに美味しいけれど、電車に乗って何度も通いたいと思う味ではありませんでした。
このお店は、人気店なのにスタッフの感じが良く、客層も年配のオバサマ、女子高生などがいて、地元密着型で庶民的なお店です。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
「青葉」が定休日だったので食べてみました。つけ麺650円+大盛り50円(安い!)を注文。スープはすっぱさと甘味のバランスが良く、特大メンマも良い味付けでなかなか美味しかったです。ちなみに嫁さんが注文した、チャーシュー麺も美味しかったそうです。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
鳥ワサ400円と焼鳥
名古屋コーチンなど地鶏の焼鳥が自慢のお店です。
気の良いオヤジさんが切り盛りしています。
メニューは、生ビール500円、レモンサワー350円、鳥ワサ(ささみの刺身)400円、鳥みそ250円、焼鳥各種250円(レバー、しそ巻き、ぼんちり、手羽先、ねぎま、皮など)は、どれも美味しいです。レモンサワーもグラスが凍っているせいか、とても美味しく感じます。
わりと気に入っているお店ですが、最近、「品切れ」が多いのが気になります。
カウンター5席+テーブル4席+堀ゴタツ風12席の店内は、寿司屋のような内装で、明るく落ち着いた雰囲気なので、家族連れでもOK。
結構飲んで食べて1人4,000円前後です。

総合:★★★★★ 5pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2005.2.20
閉店した『もつやき ばん』の前を通ったら『3月1日、祐天寺にオープン』の貼り紙がありました。ご期待ください!

2004.12.21
『再開発のため、12月28日(火)で閉店です。』20年以上通ったお気に入りのお店なので、とても残念です。
今日、最後の思い出に写真を撮ってきました!

2003.10.18
焼き鳥(豚肉)その他どのメニューも非常に低価格な大衆居酒屋です。
お勧めは、焼鳥(白タレ、オッパイ、子袋、カシラ、レバー他)、レバカツ(1人1本限り)、豚尾(とんび)豆腐、ガツ刺、ニンニク焼き、ホーデン刺など。飲み物では、レモンサワー、ホッピー、ホイスなどがこの店の名物です。ちなみに生ビールはありません。
1階は雑然としているので、2階の座敷がお勧めです。昔はオヤジばかりでしたが、ここ数年は若い女性の利用も増えています。代官山が近いからかな?3千円もあれば、思い切り飲み食いできると思います。
※焼き鳥の匂いが付くので、綺麗な服は避けた方が良いです。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
函館塩つけそば大盛(同料金)700円+煮玉子(サービス券)
特製塩そば850円+バター(サービス券)
函館塩つけそば大盛(同料金)700円+煮玉子(サービス券)を食べました。
透明感のあるつけダレは、そのままでも飲めるほどアッサリしています。
麺は、表面が粗い感じで、滑らかさがありません。
おかげで、麺が絡み合って食べにくく感じます。
具は、バラ肉チャーシュー1枚、メンマ、ナルト、キザミ海苔、煮玉子。
後半は、スープが薄まってしまうので、もう少し濃厚なスープの方が良いと思います。
昼夜を問わず、大盛り無料というのは、うれしいサービスです。
2003.10.18
カウンター15席ほどのお店。
塩そば600円を注文(大盛りも同料金)。
黄金色の透明なスープは、塩の味がやや強い。
ちょっとしょっぱいかな?
でもスープと麺のバランスが良く、サッパリと美味しいラーメンでした!
店員さんも親切で好印象です!

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
国道246沿いに最近できたお店です。
蝦ワンタンメン800円を注文。あっさり塩味のスープなのですが、口の中にいやな後味が残るスープ。また蝦ワンタンも魚肉ソーセージのような風味で貧弱です。
値段もラーメン700円からと全体に高めで、不満の残るお店でした。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
風人白味あっさり600円を注文。スープはかなり薄味で、魚介系の香りと甘味があり非常に美味しい!ラー博の『支那そばや』によく似た味です。麺はやや太めで、岩海苔、チャーシュー、メンマがのっています。値段も手頃なので、今度は雷神赤味、夢幻塩味も試してみようと思っています。薄味好みの方にはお薦めです!

雷神赤味600円は、細麺でした。採点は★4つから5つに変更します。

夢幻塩味600円は、軽い食感の細麺でした。家族連れで各ラーメンを食べ比べた。どれも美味しいが、僕のお薦めの順位は、赤味、白味、塩味の順番です。子供たちも気に入ったようで、すごい勢いで食べていました。お店の雰囲気、味ともに良いのだが、床が油っこく、滑るのだけは何とかしてほしいです。

2004.1.30
午後5時以降の営業は『味噌専門店』になりました。(『せたが屋』と『ひるがお』の真似か?)
味噌ラーメン700円を注文。さっぱり薄味でとても美味しいのですが、食後に舌の先がしびれたように感じたのはなぜでしょう?お気に入りの店なのに残念です!採点は★4つに減点しました。

2004.6.5
『現在休業中』です。お気に入りのお店なので、再開を期待しています!

総合:★★★★★ 5pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
塩らーめん750円
お店の前に行列15人
少し離れた場所に行列が続いていました!
日本テレビの「ラーメンベスト33」で、7位に選ばれた『中村屋』に行ってきました。
土曜日の午前11時35分で、お店の前には行列15人ほど。
これくらいの行列なら・・・と思ったら大間違い!
少し離れた駐車場に30人ほどの行列が続いていました!
メニューは、かけそば(塩・醤油)600円、らーめん(塩・醤油)750円、特中村屋(塩・醤油)950円、つけ麺700円、ゆずの香りそば850円、鶏香麺850円、あぶり焼豚1枚100円、味付玉子100円、味玉の燻製150円など。大盛はありません。
僕はシンプルな塩らーめん750円を注文。
結局、行列45人で50分待ちました。事前に注文を取るので、お客さんの回転は良いです。
カウンター10席+テーブル12席の店内では、黒Tシャツを着た今風の若者5
人が忙しそうに働いています。残念ながらご主人が不在で「天空落し」は見られませんでした。
ラーメンは、かなり小さめの丼で出てきます。
表面にうっすらと鶏油が浮かぶ、透明感のあるスープ。アッサリしているのに旨味があり、とても上品な味わい。
硬めに茹でられた極細麺は、丼の中できれいな川の字に。
七輪で炙ったモモ肉チャーシューは、弾力のある食感。シーチキンのように崩れるタイプではありません。
味玉1/2の黄身は鮮やかなオレンジ色で半熟のゼリー状態。
他に細切りメンマ、ホウレン草がのっています。
コテコテの豚骨スープとは違い、毎日食べても飽きない感じです。
ボリュームが少なく、価格も高めですが、もう一度食べたいと思わせる、バランスの良いラーメンだと思います。
中村氏の兄弟が経営する厚木『ZUND-BAR』の支店が恵比寿「AFURI」。
高座渋谷まで来るのが大変な方には、味が良く似た『AFURI』をお勧めします。
PS.すぐ隣のジャスコの駐車場は、何かを買えば2時間まで無料で利用できます。

2003.10.17
平日の午後2時に行ったら並ばずに入店。
メニュー、トッピングの種類が多く迷ったので、豪華そうな特中村屋塩味950円+真空平打ち麺100円を注文。
スープ、麺、具、どれも美味しく、特に脂身の多いバラ肉チャーシュー(太る事を気にしなければ)が美味しいです。
味は大満足ですが値段はかなり高くなるので、次回行く機会があったら、シンプルな塩ラーメン700円を注文しようと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ラーメン550円
駒沢通り沿いにある、カウンター13席だけの小さなお店です。
ラーメン550円。スープの濃さ、油の量、麺の硬さを選べます。僕は「薄味、麺硬め」が好み。
表面に油の浮いた薄い黄金色をした豚骨スープはまろやかでコクがあります。
麺は黄色っぽくボソボソした食感の中太麺。この中太麺にネットリしたスープがよくからみます。
柔らかいモモ肉のチャーシュー1枚、茹でモヤシ、のり1枚、ネギがのります。
低価格ですが満足度の高いお勧めの豚骨ラーメンです。
駅から遠く、不便な場所にあるので、お昼でも待たずに食べられます。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
環七沿いですが、あまり目立たない場所にあります。
豚骨ラーメンは、他店よりスープがサッパリしていますが、特に強調するような味ではありません。
豚骨ラーメン650円+替玉150円は周辺の相場と比較して明らかに高いです。
2~3軒先に290円ラーメンの「『珍々』」、環七の向かい側には行列店『せたが屋』がある激戦区なので、土曜日の夜12時過ぎにお客さんが1人もいないのもわかる気がします。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
白味噌ラーメンを注文。丁寧に作っているなと思わせる綺麗な盛り付けですが、肝心の白味噌スープがイマイチ。麺とスープがなじんでいない感じがしました。全体に値段も高いと思います。ただ、土日は行列ができるという噂を聞いたので、他のメニューは美味しいのかもしれません。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
店内に「新横浜ラーメン博物館 第1回ラーメン登竜門優勝」の暖簾が飾ってあるお店です。ちょっと期待して塩ラーメン650円を注文しましたが、なんだか味がはっきりしない塩味で好みではありませんでした。店内には、カレーの良い香りが充満していたので、次回はカレーライスを食べてみます!

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
白醤油を使用した醤油ラーメン550円
東横線ガード下の飲食街を進み、『すしや乃魚がし』のとなり。
昭和30年代をイメージしたお店で、カウンター10席ほど。お昼時はいつも満席で行列ができることもあります。
醤油ラーメン550円は、白醤油を使用したサッパリマイルドなスープ。麺は弾力のある平打ち麺。モモ肉チャーシュー3枚、メンマ、半熟玉子1/2、ネギがのります。
ランチタイムは半ライスがサービスで、プラス100円で餃子が付きます。
他に塩・味噌・豚骨650円、つけ麺600円とメニューは豊富。
低価格で良心的なお店だと思います。夜遅くまで営業しているので、飲んだ後にも重宝します。

総合:★☆☆☆☆ 1pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
嫌な予感はしたのですが、友人が食べてみようと言うので、もやしそばを注文しました。
醤油色のあんかけもやしがのったラーメンが出てきました。
見た目がしょっぱそうですが、食べてみると物凄くしょっぱいです。
薄味好みの僕には、厳しい味でした。
この規模のお店で、日本各地のラーメンを出すのは無理があると思います。

閉店しました。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
10年ほど前のテレビ・雑誌のラーメン店特集では、必ず上位にランクされる超有名店だったのですが、最近は名前を聞くことが無くなりました。
土曜日の昼12時25分で待たずに入店。カウンター13席ほどの店内はお客さん6名。
注文すると女将さんがつり銭を持って集金に来るシステムは今も健在です。
醤油ラーメン650円を注文。午後3時まではランチ価格の550円で少し得した気分。
スープはシンプルな醤油味。サッパリしているのですが、何か物足りない印象。
麺はフニャフニャで貧弱な中細麺。カップ麺レベルでガッカリ!
具はチャーシュー1枚、メンマ、のり1枚、ネギ。
久々で利用したのですが、昔の美味しい東京ラーメンの面影はありませんでした。
イスが妙に高くて座り心地が悪いのが気になりました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
15食限定、桜らーめん800円
味玉塩らーめん850円
WBC王JAPANの優勝を見届け、気分良く『AFURI』へ。
券売機の前でお金を用意していると、上からメニューを貼ったコルクボードが落下し、僕の頭を直撃!
いきなり気分を害されました。
スタッフは、黒のTシャツとキャップで揃えた今風の若者4人。
長髪に無精ヒゲで、調理者としては清潔感に欠けた印象。
調理場も以前より雑然としています。
限定15食の「桜らーめん」800円を注文。
直径18センチの小さなドンブリで、ボリュームはやや少なめ。
スープは、白ダシの効いたサッパリ味。『八雲』の白ダシスープに良く似ています。
麺は、つるつると喉越しが良く、モッチリした食感の平打ち麺。
チャーシューの代わりに、山芋などを混ぜた団子2個。桜の塩漬け、しその葉、ほぐした焼きタラコがのります。
季節メニューはハズレが多いのですが、この桜らーめんは季節感があり、そこそこ満足できるものでした。
この店のラーメンは、とても気に入っていますが、スタッフの基本的な部分に問題があるのが残念です。
2005.1.31
久しぶりに訪問したら、梅かけそば、油そば、などのメニューが増えていました。
平日のお昼時(12:50)ですが、お客さん6名で空席が目立ちます。
周辺には、低価格でランチを提供するお店も多く、苦戦しているように感じました。
ライバルのいない厚木の山奥と選択肢の多い恵比寿では、環境が違い過ぎるのかもしれませんね。
2003.10.12
厚木の山奥で行列のできる店として有名な「ZUND-BAR」の東京進出!
醤油と塩、どちらも美味しいのですが、僕は塩の方が好みです。ダシが効いた薄味のあっさりスープと硬めに茹でられた食感の良い極細麺。黄身の色が鮮やかで絶妙な火加減の半熟玉子、炭火で炙られた弾力のある肩ロースのチャーシュー、コリコリと歯ごたえの良い細切りメンマ、のり1枚、水菜がのります。一杯一杯を丁寧に作っています。
味は★5つに相当しますが、価格が高いのが難点。ラーメン750円はボリュームが少なめで、大盛りやトッピングをすると1000円を越えてしまいます。割高感があるので、採点は★4つとしました。
醤油、塩ともにとても薄味なので、濃い味を好む方には物足りないと思います。
店内はカフェバーのような雰囲気なので、女性1人でも安心して利用できます。カップルにもお勧めのお店です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
お気に入りの中華そば550円
環七の側道にあるラーメン店。
黄色いド派手な看板が目印。
お店の前に車を止められるし、朝6時まで営業しているので、週末の深夜によく利用しているお気に入りのお店です。
祝日の深夜0時45分でカウンター15席の店内にお客さんは7名。
メニューは中華そば550円、チャーシューメン800円、メンマ150円、モヤシ50円、ニンニク50円、味付玉子50円など、とても良心的な価格設定。
豚骨醤油のスープは、脂分が多めですが、あっさりした口当たり。
決して上品な味ではありませんが、全部飲んでも胃がもたれません。
麺はやや柔らかめの細麺。
ロースのチャーシュー1枚、モヤシ、のり、ネギがのります。
最近はコッテリしたラーメンが多いので、このお店のラーメンを食べると昔懐かしい味わいで、ホッとします。
だから何度食べても飽きないのかもしれません。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2005.2.7 1月末で閉店しました。

2003.10.12 店内はテーブル、カウンター、個室、座敷と席数が多く、とても清潔な雰囲気です。
ランチは、海鮮ラーメン+ミニ炒飯、ビーフン+鳥の唐揚げなど10種類以上から選べて、サラダ、デザートなどが付いて、ボリューム満点で780円とお値打ちです。
また、土日限定の半額サービスがお薦め。わが家も家族連れでよく利用しています。

総合:★★★★★ 5pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
白ダシつけそば特製ワンタン(海老3個+肉3個)付980円
別のドンブリで出てくる、特製ワンタン
プリプリ食感の海老ワンタン
特製ワンタン麺ハーフ(海老2個+肉2個)850円
海老ワンタン麺1,000円(旧店舗)
これからの季節は、やっぱり「つけ麺」
ということで、白ダシつけそば特製ワンタン付980円を注文。
つけそばの麺は、ラーメンとは違う、しっかりコシのある中太麺。
レモンとゆずワサビが添えてあります。
濃厚な白ダシのつけダレには、小ぶりのチャーシュー3枚、メンマが入り、ネギが浮いています。
つけそばは、上品な味わいで、気に入りました!
ワンタンは、別の小さなドンブリで熱々が出てきます。
プリプリの海老ワンタン3個と肉ワンタンが3個。
つけそば+2種類のワンタンが味わえて、大満足でした!
2006.1.18(新店舗:池尻大橋)
新メニューの白だしワンタン麺は、美味しいですね~!
中目黒から池尻大橋へ移転して、初めての訪問。
カウンター12席の店内は、旧店舗より広々しています。ジャズが流れ、小洒落た良い雰囲気。食べている背後の行列が無くなったのは良いですね。
スープは、従来の「黒だし」と新しく加わった「白だし」から選べ、支那そば650円、肉ワンタン850円、海老ワンタン1,050円、特製ワンタン(肉と海老が半々)950円など。
魔王680円、佐藤黒600円などのブランド芋焼酎も置いています。
特製ワンタン麺ハーフ(肉、海老各2個)850円を注文。
白だしのスープは、かすかに甘みを感じる、まろやかで上品な味わい。醤油と塩の加減が絶妙で、とても気に入りました!
麺は、やや硬めに茹でられた中細麺。
プリプリ食感の海老ワンタンと肉ワンタンが各2個。
周囲を赤く着色したモモ肉チャーシュー2枚も、弾力のある良い食感。
スープと具材のバランスが良い、満足度の高いワンタン麺だと思います。
採点は、★4つから5つに変更します。
2003.10.12(旧店舗:中目黒)
海老ワンタンが有名でテレビ、専門誌によく取り上げられる行列店です。
平日の午後1時10分でカウンター9席の店内にはお客さんが6名。
人気の海老ワンタン麺1,000円を注文。スープは、和風ダシが良く効いたサッパリ系ですが、醤油の味はやや濃いめです。麺は食感の良い細麺で、ドンブリの中できれいな川の字に。麺とスープのバランスは良いです。
海老ワンタンは、テルテル坊主のような形のものが6個。皮は薄めで、中にはプリプリとした食感の海老がタップリ入っています。他に、外側を赤色に着色した小さめのモモ肉チャーシューが2枚、メンマ、のり1枚、ネギがのります。
海老ワンタンと肉ワンタンが3個づつ入った、特製ワンタン麺900円もあります。
海老ワンタンは、確かに美味しいのですが、値段も高めなので、普段はシンプルなラーメン600円をよく注文します。
このお店に行列が出来るのは理由があります。①席数がカウンター9席と少ない。②女性客が多く、お客さんの回転が非常に悪い。などの理由で「行列ができてしまう」お店です。
また、お店の間口が狭く、奥に長い作りなので、座席のすぐ後ろにお客さんが並び、落ち着いて食べる雰囲気ではありません。お昼を避けて行く方がよいと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
辛味噌チャーシュー麺1,000円
看板メニューの「塩らーめん」800円
今まで文句なしで★5つのお店だったのですが・・・
今回は、気になっていた辛味噌チャーシュー1,000円を注文。
スープは、味噌を控えた感じでマイルドな味わい。
辛さはそれほど感じませんが、唐辛子が効いているようで、顔から汗が出て止まりません。
このお店の看板メニューは塩なので、辛味噌の味はそれほど期待していません。
でも、通常でも厚切りチャーシュー3枚がのっているのに、200円増しのチャーシュー麺でチャーシュー4枚というのは納得できません!
また、今まではボソボソっとした食感の麺が気に入っていたのですが、麺を変えたようで、腰のない細麺に変わっていました。
娘が注文した塩らーめんも試食したので、間違いありません。
塩らーめんのスープは、とても美味しいだけに、麺のレベルダウンがとても残念です。
2003.10.12
並木橋のラーメン激戦区にあるお店です。平日の昼は周辺のサラリーマン、土日はウインズのお客さんで賑わう人気店です。1階10席、2階15席の比較的大きなお店なので、行列していても意外に待ち時間は短いです。
平日午後1時20分で行列無し。お気に入りの塩ラーメン800円を注文。ランチは、白ゴマのかかった俵型のご飯がサービスでちょっと得した気分!
スープはタラをダシに使用していて、マイルドで独特のコクと旨味があり、とても奥深い味わい!塩分は控えめなので全部飲んでも大丈夫です。麺は少し縮れた中細麺で食感が良いです。3種類の厚切りチャーシュー(バラ肉、モモ肉、トロ肉)は、とてもジューシーで弾力があります。他にメンマ、細切りキクラゲ、ナルト、白ゴマ、ネギ、小梅。
『山頭火』は周辺のお店に比べて値段が高いのですが、立派なチャーシューが3枚も入っていて満足度は高く、その価値は十分にあると思います。
とろ肉チャーシュー1200円は、値段の割りに魅力がないので、シンプルな塩ラーメンをお勧めします。
新メニューの辛味噌ラーメン800円も気になります!

↑このページのトップヘ