gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2004年09月

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 1,000円以下
目的:一人ご飯
らーめん大盛(細麺)650円
大盛サービス始めました!
つけ麺(平打ち麺)800円
和風の店構え
メニュー
2009.12.15
平成21年11月末で『閉店』しました。



『水琴窟』ファンの方に朗報です。
11:30〜15:00と18:00〜21:00の時間帯は、大盛がサービスになりました。
という訳で、らーめん大盛(細麺)650円を注文。
大盛は、食べても食べても麺が減らないくらいボリューム満点でした。

2004.12.19
細麺と平打麺を選べるようになりました。
2004.9.26
駅から26号線を学芸大学方向に5分ほど、『ヤナギヤ』、『揚州商人』の少し先にある、和風らーめんのお店です。お店の外には「水琴窟」と書かれた大きな提灯が下がり、いかにも和風らーめんという雰囲気の店構えが興味をそそります。
土曜日の午後11時40分でカウンター11席ほどの店内には、お客さん7名。この時間にしては結構繁盛しています。カウンターや壁には、こげ茶色の木材を使用して、暖簾や裸電球などを効果的に使った内装は、和風の落ち着いた雰囲気を感じます。また、店名の『水琴窟』をイメージした効果音が店内に流れ、とても癒されます。
らーめん650円を注文。らーめんは、やや深めのどっしりとした陶器のドンブリにきれいに盛り付けられて出てきます。スープは、和風ダシが良く効いて、柚子の香りがする上品でサッパリとした味わい。醤油の加減が絶妙で最後まで美味しく飲み干せます。麺は、やや硬めに茹でられた細麺で、スープとのバランスも良いです。
具は、バラ肉のチャーシュー1枚、多めのメンマとカイワレ、のり1枚、ネギがのります。
坊主刈りの若いご主人は、ドンブリをお湯で暖めたり、スープを小鍋で温めたりと、とても丁寧な仕事ぶりで好感が持てます。
低価格で美味しい和風らーめんが味わえる大満足のお店でした。
僕が和風らーめん好きなのと、癒し系のお店の雰囲気をプラスして、採点は★5つとしました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ハンバーグ定食650円
2004.12.19
ハンバーグ定食650円を食べてきました。ハンバーグは柔らかくてジューシー。オムライス同様、シンプルですが、毎日食べても飽きのこない味です。
2004.9.26
賑やかなパルム商店街から道路一本外れた、人通りの少ない場所にある昔ながらの洋食店です。
入口脇には美味しそうなメニューのサンプルが並びます。土曜日の正午、まだお客さんはいません。
年配のご夫婦2人で切り盛りしています。店内は、4人テーブル×4卓。小型テレビがBGM代わりです。
メニューは、メンチカツレツ(ご飯付)650円、ポークカツレツ850円、ハンバーグ700円、ハヤシライス700円、ナポリタン650円などどれも低価格。お勧めの、オムライス650円を注文。
オムライスは、基本に忠実というか、とてもシンプル。ハムと玉ネギを炒めたケチャップライスを卵でくるんだもの。よくテレビで放送される、半熟の卵がトロっとのるタイプではありません。皆さんのご指摘どおり、甘みの少ないソースが、このオムライスを引き立てています。
三軒茶屋の人気店『キッチン・アレックス』のコッテリ甘めの味付けに対して、このお店は、薄味ですが、とても美味しいです!派手さはありませんが、僕は『さんばん』の方が好みです。
付け合せは、マカロニサラダ、キャベツの千切り、トマト、パセリ。
まだ、オムライスしか食べていないので、採点は★4つとしましたが、他のメニュー次第では★5つです。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
野菜がてんこ盛りの、冷しタン麺(刀削麺)530円
コシの強い刀削麺
具だくさんの冷し中華(大盛無料)780円
手打ち麺もコシがあります。
ご飯は丼に山盛り、生姜焼き定食(大盛無料)600円
刀削麺セット580円
麺類メニュー
「旨い、安い、ボリュームがある」で評判の『麺王』。
このお店の、一品サービス(餃子2個、焼売2個など)と半ライス無料は有名ですが、何と麺とライスの大盛も無料なのです!「麺王」恐るべし!
◆冷しタン麺530円は、通常手打ち麺ですが、刀削麺(価格は同じ)で注文。野菜コロッケがサービス。
ドンブリの表面は、レタス、キュウリ、コーンがてんこ盛りのサラダ状態。
塩味が効いてアッサリした冷たいスープにコシのある刀削麺。
3日分くらいの野菜を補給できる夏向けのメニューです。
◆冷し中華(大盛無料)780円。焼売2個サービス。
お値段はやや高めですが、具のボリュームは普通のお店の2倍くらいあると思います。手打ち麺もコシがあります。
◆生姜焼き定食(ライス大盛無料)600円。焼売2個サービス。
ご飯は、ドンブリに山盛り。「おいおい、ここは相撲部屋か?」と思いましたが、やや甘めの生姜焼きとのバランスが良く、美味しく完食!
玉子スープとザーサイも付きます。
まだまだ食べてみたいメニューがありますが、毎日通うと太ってしまうのが悩みです。
2005.10.16 刀削麺580円を注文したら、肉まんと半ライスがサービス。
ランチサービスと思ったら、夜でもOKとのこと。CP抜群のお店です。
2004.9.26 駅から行列店『じらい屋』に向かう途中にあるお店です。
店内は、カウンター7席+テーブル12席。土曜日の午前11時40分でお客さんは5名。
刀削麺580円を注文。注文が入ると店員さんが中華鍋に向かってヘラで麺生地を削り始めます。五反田の『西安飯荘』では、板にのせた麺生地を削っていましたが、このお店では、麺生地をそのまま持って削ります。
出来上がりを待っていると、サービスの餃子3個が出てきます。やや大きめサイズで、味はまずまずです。
刀削麺は、太さにバラツキがありますが、柔らかいのど越しで、なかなか美味しい。味はスイトンに似ています。スープはあっさりマイルドな醤油味で、胃にもたれない感じ。具では、肩ロースのチャーシュー1枚がとても美味しいです。他にメンマ、ワカメ、中まで味の染みた味付煮玉子1/2、ネギ。
刀削麺の場合で、味噌刀削麺800円、坦々刀削麺950円などは値段が大幅に上がるので、シンプルな刀削麺が割安でお勧めです。
低価格で本格的な刀削麺が楽しめる良心的なお店だと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2005.7.30
「『炙や89』」という串焼店がオープンしていました。

2005.3.26
「和風らーめん麺左エ門」は閉店。4月中旬頃より鶏白湯スープのらーめん店として再開するそうです。

2004.9.23
賑やかな商店街からはずれた、人通りの少ない路地裏の飲食街に新しくできたラーメン店です。自筆(あまり上手ではない)と思われる「和風らーめん 麺左エ門」の大きな看板が目印です。
若いご夫婦が切り盛りしていて、カウンター10席ほどの店内は、シンプルですが落ち着いた雰囲気です。
祝日の午後1時でお客さんは3名。ラーメン700円を注文。
スープは和風ダシの良く効いたマイルドな醤油味。『渡なべ』系の味ですが、サッパリしているので、全部飲んでも大丈夫です。麺はあまり特徴のない中細麺。具は、肩ロースの小ぶりなチャーシュー1枚、食感の良いメンマ、のり1枚、ナルト、細かい青ネギ少々。
700円の価格設定はやや高めですが、なかなか美味しい和風らーめんです。
ご夫婦のラーメン作りは、とても丁寧で好印象。味は★3.5ですが、今後の期待も込めて★4つにしました。
現在は、お昼のみの営業ですが、近いうちに夜も営業する、とのことです。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
飲み放題の宴会が7,000円位なので、忘年会などで何かと重宝する中華料理店です。
気仙沼産フカヒレ姿煮など10品で通常12,000円のコース料理がキャンペーン価格3,400円だったので、さっそく予約して行って来ました。
金曜日の夜で、僕たちのテーブル以外は、すべて30代~40代の女性グループばかり!女性は価格に敏感なのでしょうか?カップルの利用は少ないようです。
料理は、前菜3種類、イカのXO醤炒め、フカヒレ姿煮、鯛のお刺身サラダ、春巻き2種類、大正海老のクリーム炒め、つゆそば、杏仁豆腐、の10品。飲み物は、生ビールと紹興酒。
目玉商品のフカヒレ姿煮は、サイズがやや小さめ。色が醤油色なので濃い味を想像しますが、丁度良い味付けでフカヒレが口の中でトロけるようです。
味付けは全体に薄味で、ハズレはありませんでした。1品のボリュームは少なめですが、全部食べ終えると満腹でお腹が苦しい~~!
お会計は、コース料理+生ビール、紹興酒で、1人5,200円。次回のキャンペーンが楽しみです!

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
武蔵小山のパルム商店街入口のすぐ脇にある焼鳥屋です。
祝日の午後1時で店頭で焼鳥をつまんでいる親子が1組。焼鳥は全品130円均一。
焼けている5種類(鶏肉、シシ唐、皮、つくね、ウナギ)をお土産に買って帰りました。
焼鳥はわりとボリュームがあり、別容器に入れてくれる、甘めのタレをかけるとなかなか美味しいです!ウナギもご飯のおかずになりますね。次回は、レバーを食べてみたいです。
お土産にすると冷めてしまうので、店頭でビールを片手に焼き立てをつまむのがベストな食べ方だと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
目黒通りの寄生虫館の真向かいにあるタコ焼き店です。
祝日の午後1時過ぎで、子連れのお母さんが自転車で次々に買いに来ます。
味は、ソース、ネギ醤油、タコ玉、の3種類で、ソースとネギ醤油の2種類は、油で揚げたカリッとしたタイプも注文できます。
価格はどれも1皿500円。
普通のソースと油で揚げたネギ醤油の2種類を注文。
お店の前にはベンチが用意されています。待ち時間は5分ほど。
ネギ醤油は、カリカリのたこ焼きの上にマヨネーズと大量のネギがのります。
ソースは、マヨネーズと大量の鰹節。
1人前8個入りで、ボリュームがありますが、肝心のタコは小さめです。
味は、縁日のたこ焼きより少し上くらいのレベルです。
たこ焼きを買った帰り道、『ラーメン二郎』目黒店の前には、20人以上の行列ができていました!

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
三軒茶屋駅から徒歩2分、人気店『キッチン・アレックス』の少し先にある味噌ラーメン専門店です。国道246沿いで、路上駐車できそうです。カウンター12席の店内は、日曜日の午後2時10分でお客さん6名。
味噌一ラーメン細麺650円を注文(太麺、細麺が選べます)。
まずスープを一口飲んで感じたのは、塩分濃度がかなり高めです!唐辛子の唐さと、かすかな甘みでコクのあるスープですが、しょっぱ過ぎてスープを全部飲めないのが残念です!
麺は、モッチリして柔らかめの中太麺。具は、炒めたモヤシ、キャベツ、ニンジンとワカメ、コーン、カイワレ大根。チャーシューはのっていません。
味付玉子、メンマは、それぞれ20円以上のカンパで食べられるのでお得です!
メンマは、ラー油と白ゴマがからめてあり美味しいです。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
土曜日の午後7時過ぎで、ほぼ満席5分待ち。店内は、1階にテーブル席とカウンター席で30席ほど。2階もあるようです。お客さんの大半が20代の男女で、とても賑やかで活気があります。
メニューが豊富過ぎて、何を注文するかで迷います。とりあえず、生ビール、黒ホッピー400円、牛肉3品(カルビ、ロース、ハラミ)盛り合わせ1,200円、ホルモン3品(牛、豚、鶏)盛り合わせ1,000円などを注文。ホルモンは、炒った白ゴマをつけて食べます。
テーブルに用意されたブツ切りのキャベツは、専用の味噌をつけて食べます。
七輪の上には、吸煙管があるので、煙で目が痛くなるようなことはありませんでした。
他に、牛レバー580円、砂肝380円、鶏皮360円、鶏モモ肉380円、ホタテ600円、カキ600円、イカ、ミニ石焼ビビンバ380円、牛スジ辛味煮込み480円などを追加注文。
牛レバーと砂肝は、とても美味しいと思いましたが、ホルモンは好みではありませんでした。
また、どのメニューもボリュームが少ないので割安感はありません。
大人3人+子ども2人で、2時間弱の飲食。お会計は、12,800円。
この金額を払うのなら、わざわざ大衆店に行かなくても、「『びーふてい』」学芸大学店などワンランク上の落ち着いた焼肉店に行く方がお得だと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
中目黒駅から徒歩1分。東横線のガード下にある大衆中華料理店です。1階と2階があり、そこそこ大きなお店です。
メニューは、麺類、丼物、定食など多数ありますが、僕のお気に入りは、中華そば580円。昔ながらの東京ラーメンで、スープの醤油加減がちょうど良く、かすかに甘みがあります。麺は食感の良い極細麺。具は、肩ロースのチャーシュー1枚、メンマ、ネギ。
お昼時は、注文してからの待ち時間が長い時があります。
フロアー担当のお姉さんは、いつも親切で好印象です。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
渋谷駅から並木橋へと続く賑やかな飲食街にある、まぐろ丼を低価格で食べられるお店です。
1階はカウンター席が20席弱、2階はテーブル席が20席ほどあり、明るい内装で、落ち着いた雰囲気です。
日曜日午後1時40分で、8割ほどの席が埋まっています。結構繁盛しています。
メニューは、マグロ丼500円から中トロ丼1,200円、大トロ丼1,500円まで種類が多く、あら汁200円、味噌汁80円、温泉玉子70円などを追加するシステム。
僕は初めての利用なので、人気メニューの、マグロ三色丼580円を注文。丼には、マグロ、づけマグロ、ネギトロがのって三色丼、なるほど~~!他に、のり、しその葉、ネギ、ワサビがのり、ご飯も美味しいです。マグロの分量もご飯が残らない程度にあるので丁度良いです。
低価格、低カロリーなので、こんなお店が会社の近くにあれば、ランチの選択肢が増えてうれしいですね。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
明治通り沿いです。
並木橋周辺の賑やかな飲食街では、昔ながらのラーメン屋という印象で、とても地味なお店ですが、皆さんのコメントを参考に行ってみました。
お店の間口は狭いのですが、奥に長く、カウンター席が10席ほどあります。
日曜日午後2時でお客さんは4名。ウインズ渋谷が近いので、お客さんは競馬新聞を片手にビールを飲みながらキムチとラーメンを食べています。
塩ラーメン650円を注文。ラーメンが出てくるまで、カウンターに置いてある、無料のキムチを食べながら待ちます。これが結構イケます!
塩ラーメンは、深く大きなドンブリで出てきます。(味噌ラーメンは、平べったいドンブリでした。)スープは、舌をヤケドするほど熱々で、サッパリ薄味ですが、胡椒がかなり効いて、食べているうちに額に汗がにじみます。
麺は鮮やかな黄色の中太麺で茹で加減は丁度良いです。炒めた、モヤシ、白菜などがタップリのって、ボリュームがあります。
このお店は、注文を受けてから野菜を炒め、スープを入念にかき混ぜ、麺の湯切りをしっかりやっています。
一杯のラーメンをとても丁寧に作っているので、好感の持てるお店です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
バナナのような特大チャーシュー
つけ麺大盛440g700円+トッピングチャーシュー200円
巨大なチャーシューがのる、ラーメン600円
久々でバナナチャーシューを食べてきました!
平日の午後8時45分で、行列3人5分待ち。
券売機は、新千円札が使えないので、旧千円札に両替をお願いすると・・・
カウンター左端には、固定された多数の洗濯バサミに旧千円札が挟んであり、これを自分で両替します。
ご主人一人のため、考え出されたとても原始的な両替機です。
つけ麺は、並盛220g、中盛330g、大盛440gがどれでも700円。
当然、つけ麺大盛440g700円を選択しましたが、なぜか僕の指がトッピングチャーシュー200円のボタンへ。
「そんなに食べたら太るぞ!」と自分に言い聞かせたのですが、もう指がボタンを押していました!
背脂の浮いたマイルドなつけダレに平べったい中太麺。
何より凄いのは、長さ20㎝、断面4㎝×3㎝、重さ200g以上(推定)のバナナサイズの特大チャーシューが2本。
ただ大きいだけではなく、脂身部分がプルプルと柔らかくなかなか旨い!
さすがにチャーシュー2本はお腹が苦しいが、何とか完食。
ご主人に「美味しかったです!」と言うと「そう言ってもらえるとうれしいです。」と笑顔で見送ってくれました。
CP抜群の良心的なお店。「ご主人、あんた凄すぎるよ!」
お昼の営業は、しばらくお休みです。
2004.9.11
今まで多くのラーメン店を食べ歩いていますが、こんなに巨大な煮豚が入ったラーメンは初めてです!
明治通り沿いの『ペッパーランチ』の角を曲がり、となりの目立たないビル入口から地下へ。
入口に券売機があり、メニューはラーメン600円、チャーシュー麺800円、つけ麺700円など。
僕はラーメンを注文。
店内はとても広く、落ち着いた雰囲気。大理石張りのカウンター席が10席。
その後ろに、特大テレビと行列待ち用の椅子が並んでいます。
おとなしそうなご主人が1人で切り盛りしています。
土曜日の午後1時40分、僕でちょうど満席に。
カウンターに置いてある辛さ控えめでソフトなお味のキムチを食べながら待ちます。
ラーメンは、直径20cm以上もある大きなドンブリで出てきます。
スープは背脂醤油でマイルドな味わいですが、味はやや濃いめ。
麺は、食感の良いちじれた中太麺。
具では、巨大なバラ肉の煮豚が丸ごと1本。
ボリュームに圧倒されます。
長さは丼の直径より長いので20cm以上、200gはありそうです。
薄味でトロっと柔らかくてジューシーです!
美味しいけれど、この煮豚だけで満腹になりそう!
他に、メンマ、大判の海苔3枚、ネギがのります。
このラーメンを600円で提供するご主人には頭が下がります。
周辺のお店なら1,000円位するかも。
とにかく低価格でボリューム満点の良心的なお店。
好奇心旺盛な方はどうぞ。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2005.10.1
9月末で閉店しました。
2004.9.7
7月1日に開店した、広島ラーメンのお店。入口に巨大な赤ちょうちんが掛かっています。
店内は、カウンター12席+テーブル4席で、2人分が一緒になった木製のペアシートがユニークです。
ラーメン670円を注文。スープは、サッパリと軽い感じの豚骨醤油で、『ホープ軒本舗』や『唐そば』に似ています。麺は、ストレートの細麺。具は、肩ロースのチャーシュー1枚、広島直送の細めのモヤシ、青ネギ。
これが「広島の中華そば」なのかは疑問ですが、アッサリしていて、胃にもたれない感じなので、一杯飲んだ後には丁度良いです。
でも、ラーメン670円は、学芸大学周辺の相場を考えると、やや高い。『モンゴメリー』のラーメン600円の方が魅力的です。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
モー味噌680円
2005.1.21 店名が『ラーメン花月』から『らあめん花月嵐』変わって再オープン!

2004.9.5 新聞に『花月』のチラシが入っていたので行ってみました。
夏の季節限定メニュー「ニンニクげんこつラーメン ブラック(ずいぶん長い名前だ!)」680円を注文。
スープは背油がタップリ浮いたコッテリ豚骨醤油でマー油がかかっています。ニンニクの香りがすると思ったら生ニンニクのスライスが丼の底に沈んでいました。麺は中細麺。
具は、肩ロースのチャーシュー2枚、味付煮玉子1個、メンマ、のり1枚、ネギ。
テーブルには「秘伝のタレ」が置いてあります。
スープがやや濃いめで、あまり好みではありませんが、ニンニク効果で何だか元気が出そうです!周囲の方には迷惑かもしれませんが・・・・・
このお店は、午前5時までの営業ですが、僕が利用した土曜日午前3時過ぎで他のお客さんは0名。店員さんが2人もいて商売になるのか心配してしまいます。

↑このページのトップヘ