gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2005年03月

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2006.7.23 『大阪王将』というお店に変わっていました。
2005.3.22 3月9日にオープンした餃子専門店です。
庶民的な商店街の一角に、ひときわ目立つガラス張りの建物が・・・餃子専門店には見えない店構えです!
入口周辺にテーブル14席ほど。奥にもカウンター6席+テーブル8席があります。祝日の午後2時でお客さんは12名。
中央にある厨房もガラス張りで調理の様子がよく見えます。それ以外に照明やテーブルなども凝っています。
若い男女6名のスタッフは、黒のTシャツとキャップ、赤エプロンで揃えています。
メニューは、熱風餃子5個400円、水餃子5個350円、ヘルシー餃子8個320円、ライス200円、中生ビール480円など。中生ビールと熱風餃子を注文。
テーブルには、醤油、お酢、ラー油とオリジナルの味噌ダレが用意してあります。
熱風餃子は、アッサリ味で良く言えば上品、悪く言えば水っぽい味わい。
チラシには「肉汁のあふれ出る餃子」と書いてありますが、やはり水っぽい印象です。
お店は今風で小洒落ているので、カップルや20代のグループなら雰囲気を楽しめると思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
『ケネディ』、『マッターホーン』のすぐ先にある「つけ汁うどん」のお店です。
お店に入ると「いらっしゃいませ~!」と明るい女性の声で迎えられます。
カウンター7席+テーブル10席の店内は、明るく清潔な雰囲気。祝日の午後1時30分でお客さんは3名。
メニュー(税別)は、冷し汁680円、塩肉汁750円、限定20食のカレーライス730円など。
当店のお勧めというハルピンキャベツ(小)120円+カレー汁780円を注文。
ハルピンキャベツは、ピリ辛の浅漬で、お酒のつまみですね。うどんには不要だと思います。
うどんは、お皿に川の字に盛り付けられて白ゴマがかかっています。温かいカレー汁は、適度な辛さで、豚肉、小つくね、玉ネギ、ニンジン、ゆで玉子1/2が入っいて旨味があります。弾力のあるうどんとよく合います。
カレー汁うどんは勢いよく食べると服に飛び散ります!紙エプロンを貰えるので活用しましょう。
なかなか美味しいカレー汁うどんですが、『千吉』渋谷店のカレーうどん+ご飯680円と比較すると、やや割高に感じます。その分をマイナスして、採点は★3つとしました。
カウンター上には、焼酎の一升瓶が25本ほど並んでいます。一杯480円からで、『魔王』は一人一杯限定で980円。もつ煮499円、おでん598円などもあるので、夜も楽しめそうなお店です。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
マグロステーキ丼800円
買物客で賑わう「もんぜき通り」にあるマグロ丼のお店。行列店『きつねや』と『井上』の中間ぐらいにあります。
店頭にカウンター6席+歩道の立食いテーブルで8名ほどが食べられます。土曜日の午前11時20分でお客さんは6名。
メニューは、マグロ丼600円、中トロ丼900円、ウニ丼1,500円、生ビール中400円、みそ汁100円、カニ汁200円など。
マグロほほ肉ステーキ丼800円は、ご飯の上にレタスを敷き、やや小ぶりのマグロステーキが8切ほど。その上に白髪ネギがのっています。粗引き胡椒とタレでやや濃いめの味付けですが、レタスと一緒に食べることで、しょっぱさが緩和されて、ご飯がすすみます。
マグロをわざわざステーキにするのは邪道かと思いましたが、納得の味わいでした。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
焼鳥丼850円
テレビ番組で「焼とり丼」を紹介された、築地場内の鰻店『米花』に行ってきました。
土曜日の午前10時40分築地場内8号棟に到着。『洋食たけだ』、『鮨文』、『高はし』、『大江戸食堂』は、10名以上の行列。1番隅にある海鮮丼の『仲家』には40名以上の大行列が!
お目当ての『米花』は、となりの『高はし』の行列に店頭をふさがれています。大丈夫かな~と心配しながら入店。
カウンター10席の店内には、常連と思われるお客さんが3名。75才の元気な女将が接客を担当。店内は年季を感じる作りで、カウンター内は雑然としています。厨房は奥にあります。
メニューは、焼とり丼850円、うな丼1,200円、うな重2,200円、他に刺身定食1,300円などもあります。みそ汁150円、きも吸300円は別料金です。
焼とり丼は、ふっくら柔らかく大きな鳥モモ肉が丼一面に並んでいます。焼鳥3本分で12切ほど。備長炭で焼いていますが、所々黒く焦げています。くどくない薄甘の鰻のタレがかかり、上にキザミ海苔がのっています。キュウリと大根の浅漬が付きます。
焼鳥が美味しく、ボリュームもあるので、割安感がありますが、モモ肉1種類なので後半はちょっと飽きてしまう感じ。レバーやつくねが混じれば、飽きずに食べられるかもしれません。
この焼鳥(1本200円)をつまみに、一杯飲む方が楽しめそうです。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
お店の外側と店内の壁、天井が黒ペンキで塗装され、白と赤のペンキを使用して手書きでメニューなどが書かれています。また、「難しく考えるな」、「自分に正直に生きているかい?」などの言葉も多数書かれていて、あやしい独特の雰囲気のお店。入口の引戸が全開で店内は寒いです。40歳前後の金髪ご主人が切り盛りしています。
日曜日の午後2時でお客さんはいません。
煮干らーめん600円とらーめん600円を注文。
煮干らーめんは、醤油加減がちょうど良く、やや甘みのあるサッパリ味。煮干の風味はあまり感じません。麺はあまりコシがなく柔らかめの細麺。バラ肉チャーシュー1枚、大判の海苔1枚、ほうれん草がのります。
らーめんは、豚骨醤油の典型的な家系らーめん。やや濃いめのスープに太麺の組み合わせ。具は煮干らーめんと同じです。
僕は煮干らーめんの方が好みでした。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2005.2.20 築地4丁目の交差点からすぐ。牛丼の『大森』と『ラーメン大一』の間にあるマグロ丼のお店です。
カウンター5席の小さなお店で、土曜日の午前10時50分でお客さんはカップルの2名。
メニューは、中おち丼500円、マグロ丼600円、いくらマグロ丼800円、うおがし丼900円、シジミの味噌汁100円など。
うおがし丼を注文。40才前後のご主人は、とても几帳面で丁寧な盛り付けで好感が持てます。
うおがし丼は、マグロ4切、いくら、ウニ、厚焼き玉子1/2切がのっています。
マグロは脂がのっていない赤身。イクラはやや塩加減が強めでしょっぱい感じ。最近はイクラの醤油漬を食べる機会が多いので、そう感じるのかもしれません。ウニは形もくずれて貧弱です。
酢めしの加減か醤油が濃いのか、全体にしょっぱく重い味わい。
900円の価格を考えれば、がんばっているお店だと思いますが、ネタは価格相応という感じで、あまり割安感はありませんでした。
マグロ丼のお店の中では、平均点のお店だと思います。

2005.3.20 「『まぐろ丼 かんの』」と「『うおがし丼 かんの』」を間違えていたので、修正しました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
『康竜』、『わ蔵』を通り過ぎた先にある、へぎそば『匠』のランチに行ってきました。
平日の午後1時20分でお客さんは6名。カウンター8席+テーブル16席の店内は薄暗く、すだれや裸電球などを使用して和風の雰囲気。
店員さんは厨房に男性4名、客席に女性2名とやけに多いです。
ランチメニューは、へぎそば(温・冷)+天丼、親子丼、ネギトロ丼がセットになって各840円。
へぎそばは、つなぎに布海苔を使っているので、普通の蕎麦よりもうす緑色です。つるつるしていて、とてもコシがある独特の食感。コンニャク麺のような味わいです。つゆは甘みの少ないサッパリタイプで、かすかにダシの香りがします。蕎麦湯は角ばった急須に入って出てきます。
天丼は普通よりやや小さいドンブリを使用。えび1本+玉ネギ、ニンジン、春菊のかき揚に甘めのつゆがかかっています。わりと好みの味わいです。
この天丼セットが840円なら、また利用してもよいかなと思いますが、駅から遠いので、使い勝手はあまり良くありません。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ナポリタン550円
山手通り沿いにあるレストラン。店頭にサンプルケースがあり、美味しそうなメニューが並んでいます。
日当たりが良く明るく清潔な店内は、1階にテーブル16席。若いお姉さんやオバサマが日替わりで接客しています。
厨房は2階にあり、小型エレベーターで1階に料理が運ばれてきます。2階にも客席があります。
メニューは、ハンバーグ750円、生姜焼き800円、カキフライ1,000円、各ライスと味噌汁付き(お替り自由)、ナポリタン550円、カレーライス600円、生ビール480円など。
お客さんの大半が注文するハンバーグは、厚みがありコロっとしています。表面に薄い衣を付けて焼いてあるので、ハンバーグというよりメンチカツという感じ。上からデミソースがかかって、ポテトサラダとキャベツの千切りが添えてあります。ご飯、味噌汁、漬物が付いてボリューム満点。
僕のお気に入りのナポリタンは玉ネギ、ピーマン、挽肉少々が入って、ケッチャップは控えめ。わりとボリュームがあります。サラダは、レタス、キャベツ千切り、パセリに自家製?のドレッシングがかかっています。サンプル通りのシンプルなナポリタンでうれしくなります。
全体に味付けは薄味で僕好み。斜め向かいの『ニューペア』より上品な味わいです。
特別美味しい訳ではありませんが、ハズレメニューの少ないレストランです。
電話注文してテイクアウトもできます。
雰囲気が良いので、女性1人でも安心して利用できるお店です。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2007.07.07
いつの間にか閉店し、『ガスト』がオープンしていました。
2005.03.15
ファミレスと言えば、大通り沿いで駐車場を完備しているものですが、このお店は商店街の中ほどにあるため、駐車場はありません。スカイラーク系です。
店内は、カウンター6席+テーブル40席以上と広め。日曜日の午後7時で4割ほどの席が埋まっています。
メニューは、照焼きハンバーグ504円、ミックスグリル766円、ドリンクバー189円、生ビール504円、氷結チューハイ346円など低価格。サンプルが美味しそうだったオムライスは品切れ。
スパイシーカレードリア661円は、半熟玉子、ウインナー1/2、クレソンなどがのりますが、価格相応かそれ以下の味わい。ハンバーグ+甘海老コロッケ608円も同様でした。
このお店で気になったのは、厨房の若い店員さんたちの私語が多いこと。
また、来店するお客さんのほとんどが高校生から20代前半くらいのグループで、とても騒がしく落ち着いて食事をする雰囲気ではありませんでした。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
パルム商店街の『越後屋』にメンチカツを買いに行くと、となりに行列店を発見!
焼きたてのメロンパンを店頭で販売するお店で、焼き上がると行列ができて、すぐに売り切れてしまいます。看板には「15分間隔でお届けする美味しさ」と書いてあります。
メニューは、メロンパン130円、抹茶豆乳メロン130円、あんメロン150円、苺メロン160円の4種類。
焼き上がると大きな金属のトレイをオーブンから取り出し、テーブルにガンガン叩きつけて、パンをトレイからはがし、店頭に並べます。派手なパフォーマンスです!
メロンパンと苺メロンを購入。焼立てなので袋の中から良い香りがします。
メロンパンは、表面に砂糖がまぶされ網目がしっかり入っています。
期待の苺メロンは、表面が薄いピンク色。割ってみると中にはイチゴジャムが・・・ただのジャムパンでした。
どちらも表面は硬めで、中はふっくらしていますが、モチモチとかシットリという訳でもなく、残念ながらやや期待はずれのメロンパンでした。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
アド街ック天国「武蔵小山」で「メンチカツ」を紹介された惣菜屋です。
メニューは、名物のメンチカツ100円、ビーフコロッケ70円、カレーコロッケ80円、焼そばコロッケ80円など多数あり、どれも低価格。天ぷらもあります。
揚げたての熱々が店頭のガラスケースに並べられます。
メンチカツと焼そばコロッケをお持ち帰り。
メンチカツは、直径8センチほどで厚みがあり、コロコロしています。挽肉がタップリ入ってジューシー。玉ネギの甘みで懐かしい味わい。
焼そばコロッケは、メンチより2回りほど小さく、細かく刻んだ焼そばが入っています。こちらもジャガイモの甘みでやさしい味わい。
庶民的な惣菜ですが、冷凍物ではない手作りの旨さを感じます。
遠方から買いに来るお店ではありませんが、近所にあったら重宝する惣菜屋だと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2005.3.10 『燕楽』、『黄色いカラス』、『いろは寿司』などが軒を連ねるガード下の飲食街に、『立飲み』の焼鳥屋を発見!さっそく行ってみました。3月1日オープンのお店です。
平日の午後7時でお客さんはまだいません。3名の男性店員は手持ちぶさたの様子。
カウンターで25名ほどが立飲みできる広さ。カウンターの下にはカバンを掛けるフックがあり、後ろにコートも掛けられ、手ぶらで飲める配慮がされています。若者向けの小洒落た雰囲気に仕上げてあります。
カウンターの中央には、冷蔵ガラスケースがあり、肉や野菜の美味しそうなネタが14種類ほど並んでいます。
メニューは、生ビール、ホッピー、冷酒、焼酎、デンキブランなどが各500円、サワー450円。焼物は、砂肝、せせり、鶏皮、軟骨、つくね各150円、サビ焼き(ササミ)、豚バラ各220円、白肝(レバー)、牛串各300円など。
お通しは、ぶつ切りキャベツに醤油系のタレをかけて、丼物用の鍋で出てきます。
レバー(ゴマ油)は、半生に焼いたレバーを器に入れゴマ油のタレをかけたもの。『はがくれ』や『もつやき ばん』でも食べる味わい。
気に入ったのは、半生のササミにワサビを付けたサビ焼き、ジューシーで香ばしい豚バラ。
男性2名でホッピーなど4杯+焼物10本を食べて、お会計は4,010円。所要時間は30分。
焼物は全体に塩味が強めですが、とても丁寧に焼かれて美味しいです。
立飲みのお店は手軽で安いイメージがありますが、『バリ鳥』はそうでもありません。
焼物も決して安くはないし、お酒類が500円では周辺の居酒屋よりかなり高めの価格設定です。
残念ながら立飲みのお店としては、『根室食堂』ほど魅力を感じませんでした。
『バリ鳥』恵比寿店もあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ランチちらし1,575円
駅から徒歩6分。目黒銀座商店街を進み、『八雲』の手前を左折してすぐ右側にある地味なお寿司屋さん。
店内は、カウンター10席+テーブル4席+座敷6席。無口なご主人が黙々と寿司を握ります。
ランチメニューは、にぎり、ちらし各945円。夜は、並1,155円、上1,575円、特上1,890円など。
平日のお昼12時過ぎで、お客さんは10名。ちらし1,575円を注文。
特大の海老はプリプリ、中トロ2切も口の中でとろけます。名物の煮穴子も薄味でとても柔らかい。他にタイ、ヒラメ、タコ、イカ、玉子、白魚、デンブなど具だくさん。
すまし汁には、結んだカマボコ、ミツバが入っています。
今日は特注メニューを注文しましたが、通常のランチメニューでもハズレはありません。
ネタは良いものを使用しているので、良心的な価格のお店だと思います。
ランチでは、『すしや乃魚がし』、『いろは寿司』など低価格のお寿司屋さんをよく利用しますが、『後楽寿司』も魅力的なお店です。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2008.05.27
残念ながら閉店しました。

2005.03.09
東口商店街を進み、『御門屋』、『びーふてい』の先にある、あまり目立たないカフェ。
店内は天井が高く広々していて、壁や柱に年季を感じます。テーブル30席+大きな窓ガラスに囲まれたテラス風の席が10席ほど。BGMはジャズ。
メニューは、レモンステーキ、生姜焼き、シーフードドリアなどが各980円で、ライス、サラダ、ドリンク(コーヒー、紅茶)が付きます。コーヒー420円、ケーキもあります。
・レモンステーキは、鉄板で牛肉の片面を焼いて、表は半生の状態で出てきます。好みのタイミングで裏返し、焼き加減を調節します。添えられたレモンを絞るとサッパリとした味わいに。
・生姜焼きは、豚ロース肉と細切り玉ネギでやや甘めの味付けですが、すりおろした生姜が効いてご飯が進みます。
・シーフードドリアは、海老、ホタテ、マッシュルームなどがゴロゴロ入って具だくさんの薄味。
・サラダは、レタス、サラダ菜、水菜に甘酸っぱいゴマドレッシングがよく合います。
今回は家族で利用しましたが、落ち着いた雰囲気の中で食事ができるのが良いですね。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2005.2.20 恵比寿駅から10分ほど歩いた明治通り沿いにあるラーメン店です。
お店はまだ新しく、店内はきれいで清潔感があります。照明を効果的に使用して良い雰囲気。期待が高まります。
日曜日の午後2時10分で、カウンター11席+テーブル8席にお客さんは9名。
メニューは、醤油700円、味噌800円、辛味噌950円、つけ麺650円など。
醤油ラーメンは、スープの表面に背脂が浮き、醤油の加減が良いです。麺は表面がザラっとした感じの中細麺。
弾力のある歯ごたえの肩ロースのチャーシュー2枚、コリコリした食感の細切りメンマ、のり1枚、ネギがのります。
麺とスープは、最近食べた『ラーメン香月』中目黒店にとてもよく似ていますが、『丸富』の方が上品な味付けで好みです。採点は、★3.5です。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
特製Bラーメン680円
甲州街道の側道で赤と黄色の派手な看板が目印。山盛りチャーシューのお店です。
店内は、喫煙席と禁煙席に別れていて、喫煙席は昔ながらのラーメン店という雰囲気でカウンター10席ほど。
あまりきれいではありません。
禁煙席は、コーヒー・紅茶がセルフで無料。テーブル22席で、まだ新しく喫煙席とは全然雰囲気が違います。
禁煙席の方が断然お勧めです。
メニューは、特製B680円、特製C(Bのチャーシュー2倍)890円、別製B(特製よりチャーシューの質が良い)900円、別製C1,300円、Bつけ麺740円など。麺の量も選べます。
特製B1.5玉を注文。やや小さめのドンブリにスープが並々と注がれ、フチからチャーシューが垂れ下がっています。(『まぐろ亭』を思い出しました!)
バラ肉のチャーシューは極薄で、山のように入っています。
その下にはモヤシ。
さらに下に中細のストレート麺が隠れています。
麺はツルツルタイプではなく好みです。
スープはやや濃いめの醤油味で肉から出た脂でマイルドな味わい。
上から青ネギと胡椒がかかっています。
特製Bでもかなりボリュームがあります。
特製Cでは食べきれないかも。
それほど美味しいとは思いませんが、時間が経つとまた食べたくなる味かもしれません。
となりが明大和泉校舎なので、ボリュームも学生仕様です。学生証を提示すると学割があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
カレーうどんセット980円(大盛無料)
揚げ立て熱々の天ぷら盛合せ
見た目はお赤飯のような黒米おにぎり
釜揚げ小504円
田舎の農家を思わせる古風な店構えです。
新メニューのカレーうどんセット980円は、カレーうどん、黒米おにぎり、天ぷらのセット。
ほど良い辛さのカレーうどんは、大盛でも料金は変わらず・・・これは、うれしいサービスです!
いやぁ~、寒い季節に食べるカレーうどんは旨いなぁ~!
見た目はお赤飯のような黒米おにぎりもなかなかの味わい。
後から出てくる天ぷらは、揚げ立ての熱々。
しかも・・・海老、ちくわ、いんげん、カボチャ、さつまいも、レンコンの6種類!
うわ~、これだけ豪華な天ぷらが出てくるとは・・・ビックリしたぞ!
2006.06.30
このお店の「ざるうどん」は、低価格ですが、とっても旨い!
讃岐うどんほどコシはありませんが、モッチリツルツルののど越しがたまりません。
ざる(標準で2枚)+1枚を注文しましたが、さらに2枚追加しちゃいました!(計5枚609円)
娘たちは、デザートの「のらもちアイス」294円が気に入った様子。
我が家では、とても評価の高いうどん屋さんです。
PS.車の場合は、200m先のマルエツ隣にコインPがあり、マルエツで1,000円以上買い物をすると、1時間無料になります。
2005.3.7
国道246沿いに田舎の農家を思わせる古風な「手打うどん屋」を発見!
さっそく訪問してみました。
引戸を開けると、店内も本当に田舎の民家のような作りで、テーブル、イスもわざわざ古い木材を使用しています。
壁には農具が掛けられて、照明は裸電球。(トイレは洋式です。)
どこか懐かしい癒し系の空間です。
テーブル4名×9卓+カウンター5席。
席につくと、ほうじ茶が出てきますが、お替り用のほうじ茶が入った特大徳利を置いて行くのにはビックリ!
メニューは、ざるうどん(2枚)294円(追加1枚105円)、釜あげうどん(小)504円、きつね609円、ぶっかけ714円、天ぷら1,029円など。
写真後方のメニューの表紙も木製です。
ざるうどん(2枚)+追加1枚399円を注文。
ざる2枚で通常の1人前くらいの分量。
うどんはモチモチした食感で、つゆは甘みの少ないタイプで、ダシはあまり効いていません。
薬味はネギ、ワサビとシンプル。
お腹の具合に合わせて追加できるのは良いですね。
ちなみに、ざる15枚以上(現在の記録は25枚!)食べると、同金額の食事券がもらえます。
また、箸袋20枚以上集めると、枚数に応じて粗品がもらえます。
となりのお客さんを見ると、釜揚げは温泉にあるような大きな木桶、きつねは平べったい特大のスリ鉢で出てきます。
関西方面を中心としたチェーン店のようですが、とっても個性的なお店なので、話のタネにお勧めです。
カップルから家族連れまで雰囲気を楽しめるお店だと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
かき揚げそば(大盛)340円
駅前で年中無休24時間営業の立食いそば屋さん。
横に長くガラス張りの店内は、丸イス4席+立食い10名ほどの狭さ。
メニューは、かけ250円、月見300円、かき揚340円、冷したぬき350円、おにぎり/いなり60円など。
そば、うどんの大盛も同一料金なので割安感があります。
かき揚そば(大盛)は、玉ネギとニンジンのかき揚で衣は柔らかめ。つゆは適度な甘みがあります。
味は可もなく不可もなくという感じ。
駅前という立地の良さか、お昼はいつも満員で行列することも。となりの『吉野家』といい勝負です。
お酒を飲んだ帰りは、特にそばが美味しく感じます。
讃岐うどんの『鶴亀製麺所』は店じまいが早いので、『吉そば』の方が使い勝手が良いです。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
「サワー100円、ビール大瓶390円」の大衆居酒屋。目黒川沿いの『大樽』と姉妹店です。
狭く急な階段で2階へ。いかにも大衆居酒屋という雰囲気の店内は、テーブルと座敷で70席ほど。20年ほど前に何度か利用しましたが、その頃とあまり変わっていません。
サワー(レモン・酎ハイ)100円、ビール大瓶390円、ジャンボ徳利600円(日本酒が3合くらい)、チゲ鍋800円×2人前、ご飯セット150円、ししゃも3匹350円、キムチ豆腐炒め500円、厚揚げ300円、焼うどん450円などを注文。
男性4名が2時間半ほどタップリ飲んで、お会計は9,930円。1名2,500円は、やはり安い!
午後7時頃になると、若いお客さんがどっと来店して結構賑わっていました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
中目黒駅から徒歩7分。『康竜』、『わ蔵』の先にある激安ステーキ店。学芸大学の『ケネディ』の姉妹店です。
特にランチメニューが激安!サーロインステーキ130g550円、ハンバーグステーキ180g500円、ビーフシチュー500円など。ライスも付きます。
平日の午後1時20分でお客さんは8名。店内にテーブル32席+入口脇のテラス8席。さすがに今の季節は、テラス席を利用する人を見かけません。
ハンバーグステーキは、厚くボリュームがあり、ソースは甘すぎずほど良い味わい。コーン、ブロッコリー、ゆで玉子1/2が添えてあります。
ビーフシチューは、平べったい金属の鍋で出てきます。トマトケチャップ系の味わい。牛肉は少なめで、ニンジン、ブロッコリーが少々。
味は大満足とまではいきませんが、500円でそこそこのランチを楽しめるので、とても割安感があります。
ランチのみの利用で、採点は★4つです。

↑このページのトップヘ