gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2006年02月

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
こってりトンコツラーメン650円
六本木ヒルズのすぐ近く、六本木通り沿いにあるラーメン店。
カウンター15席の店内は、それほど新しくはありませんが、小洒落ています。
日曜日の午後3時で、お客さんは1人。
メニューは、あっさり支那そば600円、こってりトンコツ650円、旨味和風とんこつ700円、旨味南蛮麺700円、黒大豆味噌700円、辛味噌750円。
ランチタイム(11:00~17:00)は、ライス(ザーサイ付き)が50円。
通常200円のチャーシュー飯かメンタイ飯が150円で付きます。
また、女性には、ゆずシャーベット100円がサービスです。
こってりトンコツ650円を注文。代金は注文時に支払います。
豚骨スープは、思ったよりアッサリしていて、醤油ダレも控えめ。
もっとコッテリ濃厚なスープをイメージしていたので、ちょっと拍子抜けです。
麺は、噛み締めるとネチョっと歯にくっつく感じの自家製中細麺。
トースターで温めたモモ肉チャーシュー1枚、メンマ、海苔、ネギがのります。
スープが今ひとつという感じで、途中で飽きてしまいました。
店名に「純こくラーメン」とあるので期待したのですが、あまり個性を感じない普通っぽい豚骨ラーメンでした。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
目黒名物 小川軒のレイズン・ウィッチ3個入り299円
北海道みやげで有名な『六花亭』の「マルセイバターサンド」によく似ている『小川軒』の「レイズン・ウィッチ」。
どちらが先かは、分かりません。
地元では、『御門屋』の「揚げまんじゅう」、『大黒屋』の「七彩」と並び、とても有名なお菓子です。
以前は予約しないと買えないと聞いていましたが、今はお店も新しくなり、平日のお昼に行ったら予約なしでも買えました。
価格は、3個入り299円、10個箱入り1,050円。
クリームとレーズンをしっとりした生地で挟んでいます。
甘いものが苦手な僕も、レイズン・ウィッチは大好物です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
晩酌セット(日本酒+おつまみ3品+おまかせ1品)1,500円
珍しい日本酒を飲めるお店がある、という情報を入手!さっそく2人で予約して行ってみました。
お店は、武蔵小山の『川島』。『自慢亭』、『さんばん』、『牛太郎』を通り過ぎるとすぐですが・・・お店の外観が何とも怪しい!大丈夫かな~?と思いながら勇気を出して入ってみます。
平日午後6時20分で先客3名。
カウンター10席の狭い店内には、紙に書いたメニューと日本酒のラベル、写真などが壁一面にベタベタと貼られていて、雑然としています。
名前を告げると、癒し系の女将さんが席へ案内してくれます。
聞けば、ここで26年も営業しているとのこと。この怪しい店構えで26年も続いているのは、よほど常連客がいるのでしょう。
初めての訪問なので、女将さんお勧めの晩酌セット1,500円(6時30分まで:日本酒orビール+おつまみ3品+おまかせ1品)を注文。
おつまみ3品は、サメ煮こごり、カボチャ、コンニャク。おまかせは、ぶりあら塩焼き、白魚など3品。2人別々の品が出てきます。日本酒は、埼玉の敷島盛。この日本酒がなかなか旨い!
日本酒は、①26周年コース:1合強、3~4種類、1,500円、②川島コース:2合強、4~5種類、2,000円~2,500円、③酒縁コース:3合強、5~6種類、2,500円~3,000円などから自分の酒量に応じてコースを選びます。僕は③を注文。グラスは、カウンターに並んでいる100種類以上の中から好きな物を選びます。
つまみは、カレー風味の揚げ出し豆腐500円+キノコ100円、SPF豚のサクサク唐揚げ750円、味噌豆腐350円、吟醸酒粕チーズ350円を注文。
その後、滝澤、亀萬年、山田錦、加茂緑竹林、かくれい、よえもん、李白などお任せで出てきた日本酒は、ワインのようなフルーティーなものなど、どれも美味しく酒好きにはたまりません。
ご主人は黙々と調理し、奥さんと息子さん(日本酒のソムリエらしい!)は、日本酒の産地などを丁寧に説明してくれます。
なにより、女将さんの気配りのおかげで、気分良く日本酒と美味しいつまみを楽しめるのが良いですね。
予約のお客さんでお店が混んできて、午後8時30分でお会計。
男性2名が2時間10分飲んで、お会計は10,900円。
日本酒の価格は決して安くはありませんが、噂どおり珍しい日本酒を色々楽しめるので、日本酒が好きな方に、ぜひお勧めしたいお店です。
前日までに予約をすれば、名物のメンチカツが食べられるそうです。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
醤油らーめん740円
神代植物公園のすぐそばにあるラーメン店。
日曜日の午後3時で、カウンター12席ほど+小上がりにお客さんは10人。
店員さんは、白Tシャツに青いエプロンと手ぬぐいで揃えています。
メニューは、らーめん(醤油・塩)740円、平打らーめん740円、つけ麺930円、チャーシュー麺1,050円、しそ塩840円、ワサビ塩840円など、全体に高めの価格設定です。お土産用のラーメンも販売しています。
醤油らーめん740円を注文。
スープは、濃厚な感じで見るからに美味しそう。
まずスープをひと口。あれ?煮干の香りがあまりしない、何だかボンヤリした味わい。煮干が柚子の香りに負けているようです。
『たけちゃんにぼしらーめん』代々木店で食べた塩らーめんは、煮干のダシがほど良く効いて、良い香りだったのに、こちらのスープは今ひとつという感じ。
煮干のダシが効いたスープを期待したのですが、ちょっとガッカリ。
麺は、食感の良い細麺。
厚さ1センチほどの厚切りバラ肉チャーシュー1枚、メンマ、ナルト、海苔、ネギがのります。
厚切りチャーシューは気に入りましたが、740円ではやや割高に感じました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
味玉ラーメン750円
あぶり焼きチャーシューごはん280円
35人65分待ち!
昼の営業終了
メニュー
日本テレビの「ラーメンベスト33」で、3位の『きら星』に行ってきました。
日曜日の午後1時10分で、お店の前には長~い行列が・・・
行列30人+店内5人待ち。でも、せっかく遠くまで来たので行列の最後尾へ。その直後、「営業終了」の赤いコーンが立てられ、ぎりぎりセーフ!
寒さに耐えて着席まで65分待ちました。
【教訓】この季節、人気店に行く時は、防寒対策を忘れずに!
店内は、まだ新しく小ぎれいですが、狭いスペースに無理やり席を作った感じで、カウンター8席+テーブル4席は、かなり窮屈です。
奥の調理場でラーメンを作って、お姉さんが客席まで運んでいます。
メニューは、ラーメン650円、きら星風熊本ラーメン700円、味噌ラーメン700円、つけめん750円、味噌つけめん800円、あぶり焼きチャーシューごはん280円など。大盛50円、替玉100円、にんにく20円、半熟味玉100円、あぶり焼きチャーシュー1枚100円など良心的な価格設定。
ラーメン650円+あぶり焼きチャーシューごはん280円を注文すると、間違えて味玉ラーメンが出てきて、ちょっと得した気分。
豚骨系のスープは、旨味が凝縮されている割には甘みがあり、醤油ダレ控えめのサッパリとやさしい味わい。キャベツの上にのった、カツオ餡をスープに溶かすと和風豚骨スープに変化します。
麺は、モッチリ柔らかく中華麺っぽくない中太平打ち麺。
具は、厚さ1cmほどのバラ肉チャーシュー1枚、メンマ、茹でキャベツ、玉ネギみじん切り。味玉は半熟です。
茹でキャベツと玉ネギが上品な甘みとサッパリ感を演出しているようです。
あぶり焼きチャーシューごはんは、ご飯の上に茹でキャベツが敷かれ、炙ったチャーシューがタップリのって、お得なメニューだと思います。
このお店は、味付けが全体に薄味で僕好みです。
1時間以上待つのは大変ですが、良心的な価格で美味しいラーメンが食べられるお店だと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
名物の天丼500円
人気の天丼店『いもや』に行ってきました。
靖国通りから少し外れた目立たない場所にあります。
土曜日のお昼12時45分で待たずに入店。
白木のカウンター10席で飾り気のない店内は、年季を感じさせますが、とても清潔感があります。
メニューは、天丼(味噌汁付)500円(中盛・大盛各550円)と海老天丼700円(中盛・大盛750円)の2種類のみ。
お腹の具合に合わせて、ご飯の量を選べるのは良いですね。
天丼500円を注文すると、細身のご主人がテキパキと調理し、2~3分で出来あがり。揚げたての熱々が出てきます。
天ぷらは、海老、キス、イカ、かぼちゃ、海苔の5種類。
サクサクの衣に甘さのない醤油風の丼汁がかかっています。
僕は甘めの丼汁の方が好みですが、このお店の丼汁は、キリリと引き締まった味わいで、なかなか美味しいです!
天ぷらのサイズは、立派とはいえませんが、職人さんが目の前で揚げた天丼を500円で食べられるなんて、とても割安感があります。
神保町周辺は、『とんかつ いもや』、『味噌や』など良いお店がたくさんあり、この近所で働く人がうらやましい!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
豚が旨い!つけめん大盛750円+肉増し150円(野菜多め)
ぶ厚い肉が計6枚
豚増しらーめん(麺少なめ)700円
らーめん600円(野菜多め)
らーめん陸のメニュー
つけめん大盛750円+肉増し150円(麺硬め、野菜多め、うす味)を食べました。
ぶ厚いモモ肉6枚は、脂身多めですが、しっとり感があって旨い!
通常の2枚でも十分なボリュームですが、肉増し150円でなんとプラス4枚!
肉好きの方には、絶対お勧めです。
茹でたモヤシとキャベツもタップリ。
うす味で注文したつけダレは、柚子の香りが良い感じ。
肉増しにすると、かなりのボリュームになるので、麺と野菜は普通盛でも十分だと思います。
嫁さんは、豚増しらーめん(麺少なめ)700円を注文しましたが、肉を食べきれずにギブアップ。
残った肉は、僕が残さず完食。
おかげで、夜までお腹が空きませんでした。(←当たり前だ!)
2006.2.13
日曜日の午後2時10分にお店に到着すると、「豚増し売切れです」の貼り紙が・・・。
カウンター13席の店内は、まだ新しく清潔な印象。行列4名、着席まで20分+提供まで7分待ち。
メニューは、らーめん600円、豚増らーめん750円、つけ麺700円、塩つけ麺750円。
大盛は50円増し、麺少なめは50円引きと、良心的な価格設定です。
麺の硬さ、野菜、油、味の濃さを好みで注文でき、カウンターには、ニンニク、一味、コショウ、醤油ダレが用意されています。
らーめん+野菜多め600円を注文。出てきたラーメンは、写真のとおり、凄いボリューム!
醤油ダレがやや濃いめの『二郎』系スープは、油が浮いて甘みを感じます。
そのまま飲んでも美味しくありませんが、表面が粗い平太麺と一緒に食べるととても美味しく感じます。
厚さ1センチを超えるぶ厚い豚2枚は、アイスバインのような上品な味わい。脂身多めなので、好みが分かれると思いますが、僕はとても気に入りました。
山盛りの茹でキャベツとモヤシもスープと良く合っています。
このラーメンを600円で提供するご主人には頭が下がります。
マリナーズに入団した城島選手に似たご主人は、調理と盛り付けがとても丁寧で、接客も気配りがあり、好感が持てます。
女性や子ども連れのお客さんも多く、待ち時間が長いお店ですが、それでもまた食べたいと思わせる、不思議な魅力を持つお店です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
豚濁そば700円
環七外回り沿い、新代田駅の100mほど先にあるお店。
東京グルメで評判が良いので行ってみました。
お店の外観はラーメン店というより、バーのような印象。
やや古さを感じる店内は、カウンター10席+テーブル4席。FMが流れています。
基本メニューは、豚濁和出汁そば700円、豚濁和出つけそば750円、豚濁そば700円。
他にグリーンカレーそば850円、トムヤンクンそば850円、チゲそば850円などの珍メニューもあります。
豚濁そば700円を注文。
表面が泡立った茶濁スープは、豚骨の旨味が凝縮されて、ネットリ濃厚な味わい。揚げニンニクの香りが加わり食欲が増進します。
麺は、硬めに茹でられた極細麺。
トロトロのバラ肉チャーシュー2枚、細切りキクラゲ、海苔、青ネギがのります。
濃厚豚骨スープと極細麺のバランスが良く、とても完成度の高いラーメンだと思います。価格も700円ならお手頃。評判が良いのも納得のお店です。
日曜日の午後1時20分で、お客さんが1人もいないのが不思議です。店構えが地味過ぎるのかな~?
PS.スープを飲み干すと、あとで物凄くのどが渇くので、ほどほどに!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ブルーベリーくるみチーズ160円
『しいの実社』のクッキーは、何度か食べていますが、パンを販売しているのは地元の僕も知りませんでした!
『39093』さんのコメントを見て、さっそく訪問。
お店は清潔な感じで、ボランティアの方が店番をしています。
手作りパン30種類ほどと、ラスク100円、マドレーヌ100円、クッキー270円など意外に品揃えが豊富。
手編みのマフラー2,500円などの手作り製品も販売しています。
噂のブルーベリーくるみチーズ160円は、生地がモッチリしていて、チーズ、ブルーベリージャム、チーズがタップリ詰まっています。甘さ控えめでとても美味しい!
チーズクロワッサン160円:サクサクの生地の中に1センチ角ほどの棒型チーズが入っています。
カレーパン130円:薄めの衣は柔らかく、辛さ控えめでやさしい味わいのカレーがタップリ。
その後、何度か通って、ゴマあんぱん140円、ピロシキ130円、アップルデニッシュ160円なども食べましたが、どれも美味しくハズレがありません。
僕が気に入ったのは、新製品の「黒糖くるみチーズ」160円。ブルーベリーの代わりに黒蜜が入って、お勧めの一品です!
素朴で見た目はあまり良くありませんが、天然酵母を使用するなど素材にもこだわっています。
具だくさんで、とても良心的なお店だと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
つけ麺(大盛300g)680円
青山通りと宮益坂の交差点のすぐ近くにあります。
お店はまだ新しく、カウンター10席ほど。BGMはジャズ。
祝日の正午で、お客さんは5名。
小型の券売機は見たことのないタイプ。お金を入れ、メニューの番号を入力し、トッピングのボタンを押します。慣れていないとちょっと戸惑います。
メニューは、つけ麺(並盛200g)680円、辛味噌つけ麺730円、醤油らーめん680円、辛味噌らーめん730円、肉ワンタン麺950円、海老ワンタン麺1,100円など。
つけ麺は、大盛300gも同料金。らーめんは、大盛100円増し。
看板メニューと思われる、つけ麺大盛680円を注文。
つけダレは、ネットリ濃厚でやや甘みを感じる醤油味。和風ダシはあまり効いていない感じで、ぼんやりした味わい。
麺は、硬めに茹でられた平打ち麺。
具は、トロリと柔らかいバラ肉小チャーシュー3枚、黄身まで味が染みた半熟味玉1/2、メンマ。
麺や具は、わりと好みですが、つけダレがもう一つという印象。
駅から遠いので、使い勝手はあまり良くありません。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
鶏塩らーめん680円
『山頭火』が閉店したのは残念ですが、三軒茶屋のお気に入り店『たいぞう』の恵比寿店がオープンしたと聞いて、さっそく訪問。
カウンター12席の店内は、明るい色の木材と裸電球などを使用した和風の雰囲気。
平日の午後1時10分で、お客さんは8名。
メニューは、節骨らーめん680円、節骨こってり680円、鶏塩680円、鶏塩梅ワンタン麺880円、つけ麺700円など。
カウンターには、節骨こってり用のニンニククラッシャーが用意されています。
節骨こってりは、三軒茶屋店で食べているので、鶏塩らーめん680円を注文。
豚骨ラーメンのように白濁したスープは、アッサリしていますが、鶏の旨味が良く出ていて、僕好みの味わい。
麺は、表面がなめらかで、つるつるとのど越しが良い中太麺。
厚切りのモモ肉チャーシュー1枚、コリコリと食感の良いメンマ、海苔、青ネギがのります。
手頃な価格で、スープ、麺、具のバランスが良い、満足度の高い一杯です。
恵比寿では、尾道ラーメン『萬友』、味噌らーめん『山田』、塩らーめん『AFURI』などをよく利用しますが、またお気に入りのお店が増えました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
限定米沢牛丼2段重ね1,260円
テレビのグルメ番組で紹介された「米沢牛の牛丼2段重ね」を食べてきました。
この牛丼は、山形から送られてくる特選米沢牛を使用するため、限定メニューです。この日は、限定6食でした。
平日の午前11時35分に入店して、限定牛丼をゲット!
カウンター9席+テーブル30席ほど+個室があります。
調理場には、板さんとコックさんがいて、不思議な光景だと思ったら、このお店は、山形県上山温泉の宿屋「古窯」のお店ということで、何となく納得。
ランチメニューは、米沢牛丼2段重ね1,260円、和風ビーフシチュー定食1,260円など。
限定牛丼は、温泉玉子、サラダ、小鉢、漬物、味噌汁がセットで見るからに豪華な内容。
チェーン店とは違い、脂身少なめの柔らかい米沢牛がタップリ。太こんにゃく、ごぼう、玉ネギが混ざっているのが山形っぽいです。上には生姜と青ネギがのっています。
やや甘めの味付けですが、米沢牛の旨さが良く分かります。
上の牛肉とご飯を食べ進むと、その下にも牛肉が敷きつめられていて、「2段重ね」も納得です。
甘くないサクランボの漬物など、一品一品にこだわりを感じます。
和風ビーフシチュー定食も、牛肉、牛筋、豆腐、コンニャク、里芋、ニンジンなどを1人前の土鍋で煮込まれ、温玉、生クリームがのって、山形らしさを強調しながら濃厚な味わい。
ランチで1,260円は、決して安くはありませんが、どちらを選択しても満足できる内容だと思います。
正午にお店を出ると、入口には10名ほどの行列が・・・
限定牛丼を食べたい方はお早めに!
おみやげに、ビーフシチュー1缶1,050円も販売しています。

↑このページのトップヘ