gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2006年04月

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
醤油らあめん650円
土曜日のお昼12時40分で、カウンター12席にお客さんは5名。
間口が狭く、奥に長いレイアウト。
メニューは、醤油らあめん650円、塩らあめん650円、味噌らあめん750円、鶏炙り焼きらあめん950円、激辛きいらあめん800円、ウルトラ辛味50円増など。
醤油らあめん650円を注文。
醤油色をした見るからに濃厚そうなスープは、飲んでみると意外にマイルドな不思議な味わい。
北海道から空輸したスープをよく吸うという低加水のちじれた細麺は、確かにスープを吸って茶色に染まっています。
でも歯にくっつくようなネチョッとした食感で、あまり好みではありません。
具は、大判のバラチャーシュー1枚、メンマ、モヤシ少々、ネギがのります。
旭川らあめん『ひろせ』から『うえだ』に変わりましたが、中身は何も変わっていない印象。
恵比寿は、美味しいラーメン店が多いので、僕はあまり魅力を感じませんでした。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
らーめん700円
池袋の人気店『瞠』(みはる)の恵比寿店。
『ろ~え』さんのコメントを見て行ってみました。
土曜日のお昼12時40分、僕でちょうど満席。
ちなみに、となりの『坂内』は、家族連れで賑わい、行列ができています。
カウンター11席の店内は、静かめのジャズが流れていて、落ち着いた良い雰囲気。椅子は固定してあるので、ちょっと窮屈に感じます。
メニューは、らーめん700円、味玉らーめん800円、チャーシュー麺950円、つけ麺700円、大盛150円など。
女性客を意識しているのか、デザートにアールグレイとろっプリン250円、ココナッツ杏仁250円も用意されています。
らーめん700円を注文。
節系ダシの効いた和風スープは、醤油が強調された上品な味わい。
2年半ほど前に食べた池袋本店では、醤油が強くしょっぱく感じましたが、こちらは醤油加減がほど良く、それほどしょっぱく感じません。
麺は、中華麺っぽくない、やや平べったい細麺。冷麦のようなザクッザクッという食感で好みのタイプ。
モモ肉チャーシューは、ジューシーでしっとりしています。
『渡なべ』風の特大メンマ3本は、歯ごたえが良いのですが、繊維が歯に挟まって食べにくいです。長さを半分にした方が食べやすくなると思います。
スープ、麺、具にこだわりを感じる満足度の高いラーメンですね。
隣の方が食べていた「つけ麺」も、中太の平打ち麺で、とても美味しそうでした!

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
海老あんかけ焼きそば945円
20年以上前から地元では有名な中華料理店。
歴史を感じる店内は、円卓や四角いテーブルなど大小合わせて70席ほどあり広々しています。
日曜日の午後7時で、家族連れを中心にそこそこ賑わっています。
生ビール中630円、ウーロンハイ420円、海老チリあんかけ炒飯945円、海老あんかけ焼きそば945円、カニ玉甘酢かけご飯(天津丼)945円、ワンタン麺735円、春巻4本630円などを注文。
海老あんかけ焼きそばは、海老6匹と野菜が豊富で気に入りました。
それ以外は、可も無く不可も無くという味わい。
家族で利用したので、各メニューをつまみ食い。
やっぱり中華は、大人数で色々な味を楽しめるのが良いですね。
2階・3階の『慶興』は、『来々軒』と同じ経営の宴会中心のお店です。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
支那そば大盛り800円+味玉100円
支那そば塩味650円+味玉100円
葛西の有名店『ちばき屋』の支店。
家族でデックス東京ビーチに行った帰りに利用しました。
日曜日の午後2時で満席5分待ち。
カウンター9席+テーブル18席の店内は、こげ茶色の木材を使用して、和風の小洒落た雰囲気。でもなぜか賑やか系のJPOPが流れています。
メニューは、支那そば650円、支那そば塩味650円、ワンタンそば800円、塩たんそば1,000円、大盛り150円、中華ちまき400円、炙り焼き豚寿司400円など。
支那そば大盛り800円+味玉100円を注文。
背脂が浮かぶあっさり系の醤油スープは、甘みが強く、後半飽きてきます。
麺は軽い食感の極細ちじれ麺。柔らかめで出てくるので、麺硬めを注文した方が良さそうです。
肩ロースのチャーシュー1枚、メンマ、海苔、カイワレ、ネギがのります。
トッピングの味玉は半熟。
娘の注文した支那そば塩味のスープは、セブンイレブンのおでんの汁に似た味わいでした。
テレビや雑誌で紹介されることが多いので、期待し過ぎましたが、味、価格ともに並レベルのお店だと思います。
雰囲気は良いので、子供連れの家族利用が多いのも納得です。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ウーロンハイ370円、焼酎お代わりは220円
もつ焼き3本(カシラ、タン、ハツ)330円
北千住の出張帰り、お目当ての『大はし』、『徳多和良』は満員。
日比谷線に乗り仲御徒町で途中下車。
『megarebo』さんのコメントを見た『加賀屋』に行ってみました。
カウンター6席+テーブル40席ほどの店内は、演歌が流れています。
土曜日の午後6時で、先客は1名。
黒生ホッピー420円、ウーロンハイ370円、煮込み鍋450円、ガツ・コブクロ刺しミックス420円、もつ焼き3本(カシラ、タン、ハツ)330円、スタミナ焼き3本400円、馬刺し630円などを注文。
黒生ホッピーは、ジョッキに注がれた状態で出てきますが、なぜかウーロンハイは焼酎の入ったジョッキと小瓶のウーロン茶(←今どき珍しい!)がセットで出てきます。
ウーロン茶を残しておいて、焼酎(220円)だけをお代わりできます。
こんなの武蔵小山の『牛太郎』以来だな~!
もつ焼きは、噂どおり一切れが大きくジューシー。タレもほど良い甘さ加減で食べ応えがあります。
ガツ・コブクロ刺しは、コリコリと良い歯ごたえ。野菜もタップリのっています。
煮込み鍋も、モツが柔らかく煮込まれ、豆腐入り。
馬刺しは、解凍したばかりでちょっと水っぽい感じでした。
いつの間にか半分ほどの席が埋まってきたのでお会計。
男性2名が1時間ほど飲んで5,410円。
手頃なお値段で、つまみはそこそこ美味しい、優良チェーン店だと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ランチの支那そば(特盛)650円
日曜日の午後2時40分、評判の良い『こうかいぼう』を訪ねると、4月から定休日の変更でお休み。
せっかく遠くまで来たので、すぐ手前にある『支那そば屋 蘭丸』へ。
カウンター10席ほど+小上がり8席の店内は、中途半端な時間帯なのにお客さん14人と大繁盛。
僕と同じで、『こうかいぼう』から流れてくる客さんが多いようです。
お店は、古いタンスやちゃぶ台、レトロなポスターなどが飾られて、昭和の雰囲気に仕上げてあります。
でも、なぜか南国をイメージするような陽気な音楽が流れていて、アンバランスな感じです。
メニューは、支那そば650円、ワンタンそば880円、つけそば800円、特製塩そば880円、塩ワンタンそば1,080円、塩つけそば850円など。
ランチタイム(11:00~15:00)は、麺の大盛1.5玉、特盛2玉、小ライスが無料サービス!
それも、麺の特盛+小ライスもOKとは、本当に太っ腹なお店です!
麺は、通常細麺ですが、太麺も選べます。
僕は、支那そば(特盛)650円を注文。
直径22cmの大きな丼にスープがタップリ入ってボリュームがあります。
スープは、いかにも支那そばという感じの醤油ベースですが、節系ダシがほど良く効いた甘みのある和風タイプ。
やや油っこく、決して上品な味ではありませんが、僕は気に入りました。
麺は、やや柔らかめの自家製細麺。
大判のバラロールチャーシューは、かなり厚みがあり食べ応えがあります。箸でつまんでも崩れない、なかなかの出来栄えです。
他に、メンマ、海苔、カイワレ、ネギがのります。
特盛のわりには、余裕で完食。小ライスも付ければ、と後悔しました。
『こうかいぼう』が休みで寄ったお店ですが、なかなか良いお店ですね。
他のメニューは、やや高めの価格設定ですが、ランチタイムの支那そばは、CP抜群でお勧めです。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
具がてんこ盛りの「気まぐれカレー」700円
上から見た「気まぐれカレー」700円
セットメニュー
東急本店の近くにあります。
テレビで紹介された渋谷のカレー専門店『リトルショップ』。
名物は、具だくさんの「気まぐれカレー」。
ログハウス風のお店は、店名の通りカウンター5席+テーブル8席と小さめ。BGMはAMラジオ。
土曜日の午前11時30分で、お客さんは8人。その後、外に行列していました。
メニューは、4種類のカレーセット(ミニサラダ付)が全て700円。
Aかつ+ゆで玉子、
B唐揚げ+ゆで玉子、
C気まぐれ(絶対お得一番人気!!)、
D野菜(ナス、ピーマン、ほうれん草、玉子)。
他に単品のカレー、唐揚げ120円、とんかつ120円、ゆで玉子50円などのトッピングがあり、弁当のテイクアウトもできます。
初めてのお店なので、名物の「気まぐれカレー」700円を注文。
注文が入るとカウンター前の狭い厨房で、ご主人がカツや唐揚げを揚げ始めます。
5分ほど待つと、直径20cm以上ある深めのお皿で、熱々の具だくさんカレーが出てきます。
唐揚げ5個、とんかつ5切、ピーマン1個、ナス2個、目玉焼き、チーズ、コーンがてんこ盛りでボリューム満点。
カレールーは、辛さを抑えてやや甘みのあるやさしい味わい。
豊富な具を楽しみながら、飽きずに最後まで完食。
ちなみに、隣の女性は半分以上残してギブアップしていました。
お店を切盛りする30代位の若いご夫婦は、腰の低い接客で好感が持てます。
CPが抜群で、とても良心的なカレー店だと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
特選北海丼とそばセット980円
多慶屋立体駐車場のすぐ近くにある蕎麦屋。
お店は地下1階にあり、テーブル50席+座敷+ドラム缶をテーブルにした立ち食いコーナーもあります。
和風の落ち着いた雰囲気にBGMはジャズ。
日曜日のお昼で、客層は買物帰りの女性客が中心です。
たぬきそば550円、おかめそば780円、北前天丼とそばセット890円、カツ丼とそばセット890円などメニューは豊富です。
嫁さんが一緒だったので、特選北海丼とそばセット980円と土日限定の天ざる膳1,280円を注文。注文すると5分ほどで出てきます。
北海丼は、サーモン3切、イクラ、ウニが少々。
蕎麦は、コシがあり硬めの食感。つゆは、ダシが効いていますが、やや薄めです。
天ざる膳は、揚げ立ての海老天3本、キス、アスパラ、ナス+蕎麦+海老天2匹分の海苔巻が付いています。
どちらも薬味は、本ワサビとおろし器が付いてきます。
自分でおろしたワサビで蕎麦を食べると、とても美味しく感じてしまうから不思議です。
店員さんに尋ねると、残った本ワサビは、再利用するそうです。
どちらもそこそこ美味しいのですが、価格もそれなりに高いので、採点は★3つとしました。
全体にボリュームは少なめなので、男性には物足りないかもしれません。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
胡利蔵らーめん650円
駒沢通り沿いに2月末にオープンしたお店。
カウンター7席+テーブル6席の店内は、和風っぽいシンプルな作り。
メニューは、らーめん550円、胡利蔵らーめん650円、チャーシュー麺800円、つけ麺650円、中盛100円増、大盛り200円増など。
らーめん+ミニチャーシュー丼800円などのセットメニューもあります。
らーめんは、(こってり・あっさり)を選べます。
胡利蔵らーめんは、支那そば風のさっぱりスープ。背脂が浮いて甘みがあります。
麺は軽い食感の細麺。
肩ロースのチャーシュー2枚、半熟煮玉子、メンマ、海苔、ほうれん草、ネギがのります。
650円にしては、具が充実していると思いますが、口の中に残るスープの甘さが気になります。

↑このページのトップヘ