gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2006年12月

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
揚げ立て熱々の天丼1,000円
美味しそうなサンプル
学芸大学駅から徒歩1分、東口商店街沿いです。
東口商店街にある蕎麦屋。
丼からはみ出す立派なサンプルメニューが気になって寄ってみました。
カウンター6席+テーブル20席ほどの店内は、やや古く年季を感じます。
メニューは、天丼1,000円、海老天丼1,000円、穴子天丼1,200円、天ぷらそば900円、天せいろ1,000円、鴨南ばん1,200円など。
お値段は、周辺のお店よりやや高めです。
天丼1,000円を注文すると、おばちゃんがカウンターの目の前で天ぷらを揚げ始めます。
少し待ちますが、揚げ立て熱々が出てきます。
さすがにサンプルほど豪華ではありませんが、海老2匹、キス、イカ、ナス、ピーマン、サツマイモ、ニンジンと具だくさん。
見るからに濃厚そうですが、それほどしょっぱくないタレがかかっています。
タレは甘みのあるコッテリ系で、硬めに炊かれたご飯をコーティングしていい感じ。
いかにも昔ながらの蕎麦屋の天丼という味わい。
味噌汁と浅漬もなかなかでした。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
握りたて熱々のおにぎりは、厚みがありかなり大きめ
おにぎり2個セット480円
お持ち帰り用メニュー
すずらん通りにあります
三茶すずらん通りにある、おにぎり屋さん。
テイクアウトのおにぎり店は多いけど、店内で食べられるのは珍しいですね。
狭い店内に、カウンター10席ほど。
岩手のこだわり農家の産直米、沖縄の海の恵みの塩、兵庫の焼き立て風味豊かな海苔、長野の手作り無添加味噌など、素材にこだわりを感じます。
おにぎりは何と50種類!
かにみそ、すじこ、いくら、ネギトロなどの高級ネタは1個240円、それ以外はすべて1個170円。
セットメニューは、おにぎり3個、味噌汁、ぬか漬け650円、おにぎり2個、味噌汁、ぬか漬け、玉子焼き、惣菜620円など手頃な価格です。
他に、てりやきチキン定食850円、豚ロース焼肉850円などもあります。
僕は一番シンプルな、おにぎり2個、味噌汁、ぬか漬け480円を注文。
三角に握られたおにぎりは、まだご飯が熱々、厚みがあり、かなり大きめ。
上には目印の具がのっています。
持ち上げると崩れそうな軟らかめの握り加減です。
塩加減もほど良く、ご飯もなかなか。
味噌汁、ぬか漬けも薄味で、とっても体に良さそう。
わざわざ食べに行くお店ではありませんが、近くに行ったらまた利用したいですね。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
二郎じゃないよ!「まっち棒」の新作、力麺650円
割箸と同じくらいの太麺
池尻大橋のまっち棒が環七沿いに移転、駐車場完備です
えっ、これが『まっち棒』のラーメンなの?昔と全然違うじゃん!
11月23日、環七沿いに『まっち棒』がオープン。
支店かと思ったら、池尻大橋の『まっち棒』本店の移転でした。
もう10年以上前になりますが、池尻大橋の『まっち棒』は、和歌山わーめんの東京初進出で話題になり、行列の絶えなかったお店。
最近は、あまり名前を聞きませんが、近所なので行ってみました。
黒と白のモノトーンを基調とした店内は、天井が高く洒落た雰囲気。
左側にカウンター8席とテーブル10席ほど、右側にもテーブル10席ほど。
ラーメン店には珍しく、ペットを同伴できるようです。
メニューは、力麺650円、味噌力麺700円、つけ力麺700円、つけ力麺味噌味750円、多具山めん1,050円、大盛・特盛150円など。
看板メニューと思われる、力麺650円を注文。
直径18センチほどの小さな丼で出てきたラーメンは、茹でたモヤシ・キャベツがタップリ盛られ、背脂が少々。
おいおい、これって『二郎』のラーメンにそっくりだぞ!
割箸の太さほどある太麺は、コシのある食感が心地よく、なかなか旨い!
濃厚なスープは、醤油が強めですが、甘みがあるので飲みやすく感じます。
スープと麺のバランスは良く、クセになっちゃうかも・・・
和歌山らーめんがどうなったのか気になりますが、僕はこちらの方が好みです。
お店の前に6~7台分の駐車場があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
2種類の味を楽しめる!ころセットハーフ800円+油揚げ50円+生卵50円
ころうどん500円+半熟煮玉子100円
冷あつカレー800円
でら打ちのメニュー
旗の台駅から徒歩1分
若鳥焼『鳥樹』で鳥刺しを満喫した帰り道、せっかく旗の台まで来たので、評判の名古屋手打ちうどん『でら打ち』へ。
カウンター14席の店内は、まだ新しく小洒落た雰囲気。
うどんが茹で上がると、ざるを持ち上げ、地面に振り下ろす「天空落し」風の派手なパフォーマンス!
思わず、ここは『中村屋』か、と突っ込みたくなります。
メニューは、ころうどん500円、ざるうどん600円、釜揚うどん650円、カレーうどん800円、ころセット(ころ1玉+カレー1玉)1,050円、中盛1.5倍100円増し、大盛2倍200円増しなど。
名古屋名物の味噌煮込み1,000円(限定10食)も気になります。
ちょっとカロリーを気にして、ころセットハーフ(ころ半玉+カレー半玉)800円に油揚げ50円、生卵50円をトッピング。
やや小さめの丼に盛り付けられた2種類のうどんは、どちらも美味しそう!
ころうどんは、もっちりコシのあるうどんが、とても美味しい!
たまり醤油を使用した特製醤油ダレは、甘みがあり、とても良い香り。
薬味はネギだけとシンプルですが、タレとうどんのバランスの良さを感じます。
トッピングの油揚げも、50円とは思えないくらい立派です。
カレーうどんは、それほど辛くありませんが、カレーの香りが良く、こちらも捨てがたい一品。
なるほど!自慢の2種類を一度に楽しめる、ころセットはお勧めですね。
カレーうどんの必需品、紙エプロンを用意してあるのも気が利いています。
気に入ったので、次回は家族を連れて利用したいと思います。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:ファミリー
一鍋で2度美味しい!鳥鍋(2人前、雑炊込み)2,200円
鳥雑炊は、鶏肉の旨味が凝縮されて、超ウマイ!
皮はパリパリ、中は半生、名物のモモたたき750円
半生の鶏肉にワサビをはさんだ、はさみ焼550円
こりゃ~たまらん!裏メニューのレバ刺し500円
これも裏メニュー、モモ刺し500円
お通し400円、煮込み480円、鳥樹風サラダ690円、そぼろ茶漬け410円
ハツ焼480円、やきとり550円、皮焼300円、もも唐揚げ680円
メニューその1
メニューその2
飲物メニュー
18年11月にリニューアルオープン!
裏メニューの鳥刺し500円
昨年12月から6回も通っている、お気に入りのお店。
今回は、鳥鍋(2人前、雑炊込み)2,200円に初挑戦!
鶏肉のぶつ切り4切れ、豆腐、シイタケ、えのき、春菊、白菜、ネギ、ニンジン、春雨など具だくさん。
ぐつぐつ煮えたところで、まず鶏肉をパクリ・・・うぉ〜、旨いじゃないか〜!
刺身でも食べられる新鮮な鶏肉だから、そりゃ〜旨いわけだ!
さすが鳥専門店の鳥鍋は、一味違うぞ!
具を食べたら、お姉さんが一度鍋を下げ、雑炊に変身して再登場。
この鳥雑炊がまた超ウマイ!
鶏肉の旨味が凝縮されていて、こりゃ〜、たまらん!
鳥鍋と鳥雑炊の2種類が味わえて、これはお得なメニューだぞ!
2006.12.18
こりゃ〜たまらん!
ここの鳥料理は激ウマだよ〜!
新鮮な鶏のレバ刺、もも刺、ももタタキの連続攻撃に1ラウンドでKOされちゃいました!
旗の台には、『鳥樹』本店と東口店の2店舗がありますが、11月にリニューアルしたばかりの東口店へ。
カウンター9席+テーブル6席+2階の狭く窮屈な堀ごたつ風28席は、とても清潔感があります。
お通し400円は、うずらの卵がのった納豆と鶏スープ。
とりあえず生ビール大580円を飲んで、裏メニューからレバ刺500円ともも刺500円の2品、ももタタキ750円、焼鳥5本550円、煮込み480円、鳥樹風サラダ690円を注文。
レバ刺ともも刺は、表面だけ軽く焼いて、中は完全に生。レバーは口の中でとろけ、モモは独特の歯応えがあります。ワサビ醤油で食べると、どちらも絶品!こんなの他の店じゃ食べたことないぞ!
名物のももタタキは、皮はパリパリ、肉は半生。そのままでもイケるけど、タレをかけるとこれがまた旨い!
鳥樹風サラダは、お値段が高めと思ったら、サラダの上に鳥刺がのってます。
焼鳥は、1本の串で皮、鶏肉、ネギを楽しめます。
あんまり料理が旨いんで、コップ酒熱燗1合380円を3杯も飲んじゃいました。
その後も、はさみ焼530円、皮焼300円、ハツ焼480円を注文。
はさみ焼は、半生に焼いた鶏肉にワサビをはさんだもの。ワサビの刺激がたまらない。
皮焼も表面はパリパリ、裏側はジューシー。
これだけ食べてハズレメニューがないのだから、本当に素晴らしいお店です!
このお店は、当日朝絞めた鶏を丸1羽仕入れ、注文が入ってからさばき、調理しているらしい。
そりゃ〜新鮮で旨い訳だ。
男性3人が2時間、タップリ飲んで食べて、お会計は11,270円。
これで1人4,000円以下とは、感動ものですよ!

あんまり旨かったんで、週末に家族を連れて再訪。
唐揚げ680円は、特大4個。衣は硬めですが、とってもジューシー。
そぼろ茶漬410円は、生姜が効いて、サッパリ風。
嫁さんや娘たちも気に入った様子。
旨い、安い、ボリュームの三拍子が揃って、採点は文句なしの★6つ・・・いやいや★5つです。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
つけめん大盛400g880円
つけめんは、平べったい太麺を使用
スープが旨い!中華ソバ680円
メニュー
店頭の看板
スーパーオオゼキの向かい側です。
いや~、ここのラーメンとつけ麺、旨いですね~!
このお店を紹介してくれた『Ryuman』さんに感謝します。
昨年10月にオープンしたお店は、カウンター11席。
まだ新しくきれいな店内は、小洒落た渋い雰囲気にまとめています。
メニューは、中華ソバ680円、大盛780円、つけめん普通盛200g780円、中盛300g830円、大盛400g880円、チャーシュー3枚150円、味付玉子・ライス各100円など。
中華ソバ680円を注文。
キャップを深めにかぶった、まだ若いご主人は、小鍋でスープを温めるなど、丁寧な調理で好感が持てます。
和風ダシの旨味を凝縮した、ネットリ濃厚なスープは、醤油ダレ控えめで、僕の好みにジャストミ~ト!!
最近食べた『吉左右』のスープによく似ていて、とっても旨い!
麺は、しこしこと歯応えの良い平べったい中細麺。
しっかり肉の弾力が残る肩ロースのチャーシュー2枚、コリコリと食感の良いメンマがタップリ、海苔、ネギがのります。
スープ、麺、具のバランスが良く、とても満足度の高い一杯だったので、後日家族を連れて再訪問。
今度は、つけめん大盛400g880円を注文。
麺は、コシのある平打ち太麺。
つけダレは、中華ソバのスープをベースに、甘酢のサッパリ感、唐辛子のピリ辛、やさしい甘みなどが混じり合って、奥の深さを感じます。
割りスープを加えると、さらに美味しくなるんです。
嫁さんや子供達も「また行きたい」と気に入った様子。
中華ソバ、つけめん、どちらもレベルが高いと思いますが、特に中華ソバが気に入りました。
PS.スーパーオオゼキの駐車場を利用し、帰りに買物をして帰りました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
半餃子セット700円
餃子メニュー
餃子が美味しいと評判のお店。
カウンター10席+テーブル10席の店内は、店員さんの中国語が飛び交っています。
餃子メニューは、元祖餃子8個440円、黒豚餃子6個540円、ぱりぱり餃子8個440円、海老にら餃子4個540円、水餃子6個480円、スープ水餃子6個540円と種類が豊富。
他に海老わんたん麺760円、焼きそば680円、チャーハン630円などもあります。
らーめん480円に半餃子4個220円が付いた、半餃子セット700円を注文。
餃子はやや小ぶりですが、皮はモッチリ。中身は野菜の甘みを感じる薄味。肉はあまり入っていない感じ。
らーめんは、透明感のある醤油スープで、甘みを感じるアッサリ系。
流行のコッテリスープとは違って、胃がもたれないやさしい味わい。
このスープ、僕はけっこう好きなタイプです。
麺は、あまり特徴のないストレート細麺。
具はシンプルで、モモ肉チャーシュー、メンマ、ネギだけ。
ちょっと具がさびしい気もしますが、480円なら贅沢は言えません。
半らーめん280円、半チャーハン320円などと餃子を組み合わせるのも良さそうです。
他の餃子も食べてみたいので、次回は家族を連れて行こうと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ナポリタンセット(ハンバーグ)950円
はと屋のメニュー
とても美味しそうなサンプル
首都高速の下、銀座ナイン2の地下飲食街にある昔ながらの洋食店。
コの字型カウンター20席ほどの店内は、あまり飾り気がなく、やや年季を感じます。
店頭のガラスケースには、美味しそうなサンプルが並んでいます。
メニューは、B定食(エビ・イカ・カキ・鮭のフライ、コロッケ、ハンバーグ)950円、ウインナーナポリタンセット950円、オムライスセット950円、ハンバーグ定食950円など、どれも魅力的で迷ってしまいます。
見た目が美味しそうな、ナポリタンセット(ハンバーグ)950円を注文。
ナポリタンは、注文が入ってから調理を始めますが、ハンバーグは完成品をのせるだけ。これにはちょっとガッカリです。
ナポリタンの麺は、『ジャポネ』に似たソフト麺のような太麺。
味付けは、トマトケチャップというより、デミグラスソースで炒めたようなコッテリ濃厚な味わい。
具は玉ネギだけでシンプルですが、これが何とも美味しいんです!
ハンバーグは熱々ではないので、ジューシーさには欠けますが、デミグラスソースはいい感じ。
ハンバーグが出来立てなら、もっとジューシーだと思うので、惜しいですね。
とはいえ、銀座・新橋という場所を考えれば、価格も手頃だし、良心的な内容だと思います。
庶民的でB級度120%の洋食店ですが、個人的にはこういうお店は大好きです。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
ド迫力の、もりそば富士山盛り500円
店員さんは3人前と言ってたけど、ど~見ても5人前はあるぞ!
何とか富士山登頂に成功しました!
メニュー(富士山マークは、富士山盛りにできます。)
セットメニュー(左側に富士山盛りの説明があります)
駐車場完備(20台ほど)です。
もりうどんの富士山盛500円を注文したら、4段重ねで出てきました!
うどんは、モッチリ、ツルツルののど越し、まいう~!
飲み会で、『味奈登庵』の「もりそば富士山盛り」が話題になり、M先輩「蕎麦でしょ、そばは別腹だから」、E君「蕎麦ですよね、僕は結構大食いなんですよ」と自信満々。
そんな訳で、2人を連れて、富士山盛りを食べに行きました。
僕は、前回そばを食べているので、もりうどん富士山盛り500円、2人はもりそば富士山盛り500円を注文。
先に出てきた、もりそばは、相変わらず豪快な盛り付け。
うどんは、残念ながら4段重ねの器で出てきます。
店員さんに尋ねると、うどんは崩れてしまうので、高く盛れないそうです。
見た目の迫力には欠けますが、うどんの味はなかなか。
モッチリした食感にツルツルののど越し。
こりゃ〜蕎麦よりうどんの方が旨いぞ!
とても食べやすいので、味わいながら10分ほどで完食。
蕎麦湯を飲みながら、余裕で2人が食べ終わるのを待ちます。
満腹になる前に一気に食べる作戦のM先輩は、ペースが落ちたものの無事完食。
一方、E君は、残り1/3くらいでかなり苦戦の様子。
そこからチビチビと食べ続け、なんとか完食したE君、「ゴムの緩いパンツをはいてきて良かった!」(←何じゃそれ?)
宣言どおり富士山盛りを制覇した2人ですが、なぜか昨晩の元気がありません。
次回は、深大寺そばの『多聞』に行きましょう、と誘うと「もう、蕎麦はいいや・・・」だって。
これに懲りずに、また一緒に行こうね!
2006.12.04
信じられな〜い!
ヒルマン監督もビックリの凄い盛り付け!
こんな山盛り見たことないって?
だって、山は山でも、「富士山盛り」ですから・・・
テレビのデカ盛り特集で紹介されたお店。
日曜日の午後2時、20台ほどの駐車場は満車で10分待ち。さらに入口で15人10分待ち。
広いお座敷は、ファミリーやカップルで賑わっています。
このお店は、そば・うどんが選べ、大盛り・富士山盛りも同一価格。
富士山マークが付いたメニューは、富士山盛りを注文できます。
また、つゆの追加は100円増し、あげ玉の追加は50円増しです。
初めてのお店なので、とりあえず、もりそば(富士山盛り)500円を注文。
出てきたもりそばは、ド迫力のてんこ盛り状態!
さすが、富士山盛りというだけあって、ハンパな盛りじゃないや・・・
店員さんは、3人前って言ってたけど、普通のお店なら5人前はあるぞ!
そばは、細めでコシがあり、つゆは、甘みのない醤油が強いタイプ。
なかなかイケルじゃない、と美味しく味わえるのは2/3位まで。
このあたりでお腹も膨れてくるし、単調な味に飽きてきます。
薬味は、ネギとワサビだけなので、ちょっと苦労しましたが、何とかそばを完食。
蕎麦湯も飲んで、初登頂成功!
ちなみに、チャレンジメニューではないので、全部食べても無料になりませんよ〜。
それにしても、この富士山盛りが500円とは、太っ腹なお店です。
味は★3つだけど、CPが良いので、採点は少しオマケの★4つです。
横浜周辺に支店がたくさんあるので、興味のある方はチャレンジしてみては?
麺僧『曽文』に続き、衝撃のデカ盛り店でした。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
旨いラーメンに卵ご飯が付いて700円は良心的です。
ぶ厚いチャーシューと中太の玉子麺
メニュー
小岩の『おどり』に遠征した帰り道、まだお腹に余裕があるので、『こうかいぼう』に寄り道。
平日の午後1時30分で、行列3人10分待ち。
カウンター7席+テーブル8席の店内は、新しくないけど小ぎれいな感じ。
まだ、30代くらいの若いご夫婦が切り盛りしています。
メニューは、らーめん600円、ちゃーしゅーめん900円、つけめん700円、ちゃーしゅーごはんセット900円など。
僕は、卵ご飯が大好物なので、らーめんセット(ラーメン+生卵+ご飯)700円を注文。
節系ダシの効いたスープは、それほどネットリ濃厚な感じではありませんが、旨味が凝縮されてとても美味しい。
特注のたまご麺は、コシがありモッチリ食感の中太麺。
厚切りのモモ肉チャーシュー、コリコリのメンマ、海苔、ネギがのります。
卵ご飯も、ご飯はしっかり一杯分。
旨いラーメン600円に卵ご飯100円は、かなり良心的な価格だと思います。
また、このお店の魅力は、接客を担当する奥さんの気配りがすばらしいこと。
行列の待ち時間も気にならないくらい、気分良く食べられました。
ちなみに、この周辺には、『吉左右』や『美学屋』など、気配りのある接客をするお店が多いのですが、偶然でしょうか?
また、お気に入りのお店が増えてしまいました。
PS.お店の向かい側にコインパーキングがあります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
限定4食の北海丼1,200円
隣のお客さんが注文した、海老天丼1,200円、旨そう~!
お昼の限定メニュー
限定10食の月替わりランチが凄いらしい・・・ずいぶん前にテレビで紹介された行列店。
途中で渋滞にはまり、11時10分にお店に行くと、雨の中20人ほどが並んでいます。
うわぁ~、凄い行列だな~、それも女性のグループばっかり!
でも、女性が並んでいるってことは、安くて旨いのかも・・・
今月の限定10食ランチは、「刺身と天ぷらとミニうな丼のセット」2,200円が、何と500円ポッキリ!
地元の方々は、これを目当てに1時間も前から並んでいるらしい。
僕が席に案内される頃、ポールポジションのグループは、500円ランチをつまみにビールで乾杯。
昼間からうらやましいなぁ~!
年季を感じる店内は、カウンター6席+お座敷30席以上と広め。
さて、何を注文しようかな~とメニューを見ると、『megarebo』さんのコメントどおり、スタミナ丼(限定5食)950円、海鮮丼(限定10食)1,200円、鮪づけ丼(限定5食)1,200円など、限定メニューが多数用意されています。(詳細は写真をご覧ください。)
何がお勧めなのか分からないので、一番上にある北海丼(限定4食)1,200円を注文。
海鮮丼は、しっかり身の詰まった毛ガニとイクラ醤油漬けがタップリのっていますが、ホタテ2切と特にウニは貧弱です。
毛ガニ自体は、とても美味しいのですが、ご飯にのせて食べるものでもないし、身をほぐす手間がかかります。
ご飯は、大盛・お代わりができるので、少なめの盛り。味噌汁、浅漬け、小鉢、食後のコーヒーが付きます。
お値段のわりに内容は豪華だと思いますが、満足度はやや低め。
別のメニューを食べれば評価が上がるかもしれません。
ちなみに、12月の限定10食ランチは、活伊勢海老天丼6,500円が1,200円に。
お近くの方は、1時間前に並んでみては?
PS.お店の並びにコインパーキングがあります。

↑このページのトップヘ