gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2007年04月

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
日本昔話のような、登龍のご飯大盛(50円増)
ぶ厚いレバーがタップリ入って、食べ応えがあるぞ!
レバー野菜炒め定食(大盛)700円
横から見ると、かなりボリュームがあるぞ!
ずっしり重みを感じる、炒飯大盛650円
地域密着型のデカ盛り店です。
2007.10.20
北品川のデカ盛り店『登龍』。
レバー野菜炒め定食650円の大盛(50円増)を注文したら・・・
うわ〜、このご飯の盛り付けは・・・凄すぎるぞ!
直径15センチのドンブリに、これでもかと盛り付けられたテンコ盛りのご飯。
日本昔話でこんなご飯が出てくるけど、実物を見たのは初めてだぞ!
レバー野菜炒めは、ぶ厚いレバーがゴロゴロと入って、こちらも食べ応えがあります。
味付けは、やや甘めでなかなか旨い!
お〜っ、これはご飯が進むじゃないか〜。
食べきれないかと心配しましたが、最後まで美味しく完食して、満腹度は120%。
野菜炒めライス定食600円にプラス50円で大量のレバーが投入され、プラス50円でご飯がテンコ盛りに・・・
どうなってるんだ、このお店は?
とても原価計算しているとは思えないぞ!
こんな良心的なお店だから、地元のお客さんでいつも賑わっているんですね!
2007.04.22
デカ盛りサイトで紹介されている中華料理店『登龍』に行ってきました。
お店は、山手通りから北品川商店街を100mほど入った所にあります。
テーブル24席ほどの店内は、大音量で懐かしい洋楽が流れています。
土曜日の正午、ガテン系の男性を中心に満席に近い盛況ぶり。
それほど目立つお店ではありませんが、地元ではかなりの人気店のようです。
メニューは、ラーメン450円、広東麺650円、焼そば550円、炒飯550円、野菜炒め定食600円、麻婆丼600円など、良心的な価格設定です。
お目当ての炒飯大盛650円を注文すると、直径21の大きなお皿に、お玉2杯分の炒飯がこんもりと盛られて出てきます。
見た目のインパクトは、それほどありませんが、ずっしりと重みを感じます。
これはかなり手強そうだぞ!
しっとり薄味の炒飯は、卵がタップリ。
塩気の強い角切りチャーシューがゴロゴロ入っています。
前半は美味しく食べ進みますが、最後になってお腹が苦しくなってきます。
何とか完食しましたが、満腹度は110%以上!
ボリュームは、神保町『徳満殿』の炒飯大盛といい勝負だと思います。
炒飯大盛は、このボリュームで650円。
味は★3つですが、コストパフォーマンスは素晴らしいので、採点は少しオマケの★4つとしました。
PS.帰宅してから水を何杯も飲みました。思った以上に塩分が多めのようです。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
直径18センチの器に富士山盛りのご飯!
チキンカツ定食大盛997円
古都冷しそば大盛997円
えっ、これで普通盛りなの?古都冷しうどん892円
味噌おでんとアイスコーヒーはサービスです。
上から見ると普通だけど・・・
横から見ると凄いんです!
コシのある手打ちうどん
古都のメニュー1
古都のメニュー2
どこにでもありそうなお店ですが、大盛を注文すると大変なことに・・・
デカ盛マニアの間では超メジャーな埼玉県の『古都』。
チキンカツ定食(大盛)997円を注文すると・・・
チキンカツ2枚、味噌汁、漬物、ミニたぬきうどん、おでん、アイスコーヒーが次々に運ばれてきます。
でも、予想外だったのは・・・直径18センチの平べったい器に急傾斜で盛り付けられた山盛りのご飯!!!
どひゃ〜、なんですか、これは?・・・ご飯の富士山盛りか・・・?
持ち上げると、ずっしりと重みを感じます。
おいおい、このご飯だけで軽く1キロを超えてるぞ!
あまりの盛り付けに圧倒され、この時点で戦意喪失・・・
でも、注文した以上は完食を目指して食べ続けますが・・・
この富士山盛りのご飯は食べても食べても減りません!
だって食べ進むほど、すそ野が広がっていくんだもん・・・
あとお茶碗1杯分というところまで頑張りましたが、満腹度120%を突破してもう限界!
ついに力尽きてギブアップ!
完食できなかったのは、『奥会津』のもりそば大盛以来・・・く・くやしい!
同行したM先輩も古都冷しそば大盛997円の天ぷらを少々残していました。
やはりデカ盛り店を甘く見てはいけないと反省しました。
2007.04.17
うわ〜、デカッ!
これで普通盛りなの?
メニューのすべてがデカ盛りという、埼玉県の『古都』に行ってきました。
お店の外観は、どこにでもありそうな、そば・うどんのお店という感じ。
テーブル30席ほど+小上がり16席ほどの店内は、広々していて、清潔感があります。
ややテンションの高い若女将が接客を担当していて、活気があります。
土曜日の午前11時20分で、お店はまだ空いていますが、いかにも食べそうな体格の良い男性や家族連れが次々に来店し、席が埋まっていきます。
メニューは、ざる525円、天せいろ1,008円、カツ丼892円、天丼924円、古都定食787円、天むすび定食787円、肉野菜炒め定食892円、とんかつ定食997円など。
ちなみに、とんかつ定食は、とんかつ3枚にてんこ盛りのドンブリ飯が付くらしい・・・
このお店は初めてなので、とりあえず古都冷しうどん普通盛り892円で様子を見ることに。
注文するとすぐに、「サービスのおでんで〜す!」と、味噌おでんが出てきます。
えっ、これってサービスなの?
よく味の染みた旨そうな大根、こんにゃく、玉子。
次に「お茶とコーヒーはどちらがよろしいですか?」、「コーヒーで」
すぐにアイスコーヒーが運ばれて、「ミルクは入れますか?」「お願いします」って、冷しうどんに味噌おでんとアイスコーヒーが付くなんて、聞いたことないけど、ずいぶんサービスのいいお店だな〜!
それから少し待つと、「お待たせしました、古都冷やしうどんで〜す!」
出てきたのは、平べったい大きなドンブリに天ぷらと具がてんこ盛りの冷しうどん。
すみません、これって普通盛りなんですか?
はい、そうです!
おいおい、これで普通盛りなんて、このお店、どんだけ盛り付ければ気が済むんだ?
大盛が凄いお店は多いけど、普通盛りがこれだけ凄いお店は珍しいぞ!
天ぷらは、立派な海老、ナス、ピーマン、カボチャ×3、サツマイモ×3の計9個が積み重なっています。
しかも、作り置きではなく、揚げ立て。
天ぷらの下には、カマボコ、キュウリ、玉子焼き、生野菜が敷き詰められています。
うどんは、太さが均一ではなく、いかにも手打ちという感じ。
やや硬めの食感で歯応えのある好みのタイプ。
つゆは、それほど甘みのないサッパリ系。
普通なら、これだけボリュームがあると、お腹が苦しく、味にも飽きてしまうものですが、ここは天ぷらや具が豊富なので、最後まで美味しく完食。
いやぁ〜、気に入りましたこのお店。
これで満腹度90%くらいなので、よほどの大食いでない限り、普通盛りで十分満足できると思います。
旨い、早い、安い、デカイ、サービスが良い、と何拍子も揃った、評判どおりのデカ盛り店でした。
PS.お店の隣と向かい側に計15台ほどの駐車場があります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
中とろ380円、とろしゃけ280円
上にぎり寿司550円、生うに390円、中おち300円、えん側380円
あなご天ぷら380円、くじらベーコン380円、金華さば280円、若鳥の唐あげ350円
やきとり250円、海のめぐみサラダ390円、うめ茶漬280円、シーフードピザ380円
さくら水産店長のおすすめ品
都心を中心に店舗を増やしている、海産物居酒屋『さくら水産』。
1月にオープンしたばかりの都立大学駅前店に行ってみました。
ジャズが流れる店内には、テーブル席が多数ありますが、かなり狭く窮屈な感じです。
メニューは、刺身、焼き物、揚げ物、煮物、サラダ、定食など、メニューが豊富で、とにかく安い!
まぐろあら煮80円、ピリ辛こんにゃく50円、魚肉ソーセージ50円、オニオンスライス80円など100円以下のメニューもあるのは笑えます。
初めての訪問なので、いろいろ注文してみました。
中とろ380円、とろしゃけ280円、上にぎり寿司9貫550円、生うに390円、中おち300円、えん側380円、あなご天ぷら380円、くじらベーコン380円、金華さば280円、若鳥の唐あげ350円、やきとり2本たれ250円、海のめぐみサラダ390円、うめ茶漬280円、シーフードピザ380円、中生ビール420円、ウーロンハイ300円、日本酒熱燗390円、ソフトドリンク180円など。
注文して3~5分待つと次々に出てきます。
お店が空いているとはいえ、かなり早いっ!
お値段が安いわりに、ボリュームはそこそこあります。
特に、あなご天ぷら、金華さばは、携帯電話が小さく見えるほどデカイ!
これで味が良ければ文句なしですが、メニューによって多少当たり、ハズレがあります。
中とろ、生うには、なかなか旨い。
周囲を赤く着色したくじらベーコンは、子供の頃、家でよく食べた懐かしい味わい。
昔はクジラなんて豚肉よりも安かったのに、今はすっかり高級品になっちゃったな~。
イマイチだったのは、脂っ気がなく水っぽいえん側、衣が竜田揚げのような唐あげ、冷凍食品レベルのシーフードピザ。
今回は、家族4人が1時間30分飲食して、お会計は8,200円ほど。
一品が安いので、調子にのって注文したら、いいお値段になってしまいました。
子供連れの時は、刺身定食650円、ご飯セット(ご飯、みそ汁、生卵、お新香、味のり)250円などを組み合わせると、もっと安く済みそうです。
仕事帰りに、軽く一杯という使い方なら、早い、安い、味はそこそこ、で使い勝手が良いと思います。

さくら水産の激安メニュー↓
http://www.teraken.co.jp/menu/foodmenu/index.html

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
デカ盛りの聖地「やよい食堂」のオムライス大盛630円
チキンライスがビッシリ詰まってます!
直径23センチの大皿から、はみ出してます!
デカ盛りの聖地、やよい食堂のカツ丼大盛630円
ふたは浮いてるし、カツ丼の具がお皿にこぼれてます!
ご飯の量が異常に多いぞ!
やよい食堂 メニューの一部
昔ながらの大衆食堂ですが、大盛を注文すると大変なことに・・・!
カツ丼大盛を上から見ると・・・
メニューその2
とてもカツ丼には見えません!
メニューその3
メニューその4
食べる前からこぼれちゃってます!・・・カツ丼大盛
ご飯が食べられません!・・・カツ丼大盛
気になっていたオムライスを食べに、再び「デカ盛りの聖地 やよい食堂」へ。
オムライス大盛630円を注文すると・・・
おぉ〜、これはデカイ!こんな特大のオムライス見たことないぞ!
直径23センチの大皿から、オムライスがはみ出しちゃってます!
サイズだけではなく、厚みがハンパじゃない!
まるで、子持ちシシャモの腹のように、チキンライスがびっしり詰まって膨れている感じ!
さらに、大量のナポリタンと千切りキャベツが添えられています!
旨そうだけど、食べ切れるのか・・・?
チキンライスは、ケチャップ多めでコッテリ濃厚な味わい。
前半はそれほど気になりませんが、後半は単調なケチャップ味に飽きてきます。
味を変えようにも、薄い玉子焼きの上にはケチャップがタップリかかっているし、ナポリタンもケチャップ味と絶対絶命のピンチ!
それでも箸休めにキャベツを食べながら、根性で完食。
満腹度は、ほぼ限界の120%!
いやぁ〜、このボリュームと濃厚なケチャップ味には参りました!
それにしても、このオムライス大盛が630円とは・・・安すぎです!
まだまだ魅力的なメニューがあるので、懲りずにまた行くと思います。
次回に続く・・・

2007.04.04
マニアの間では、「デカ盛りの聖地」と呼ばれている、千葉県野田市の『やよい食堂』に行ってきました。
TVチャンピオンの「デカ盛り王選手権」などでも紹介される、伝説のデカ盛り食堂です。
土曜日のお昼前、地元の労働者に混じって年配女性や若い娘さんたちも食べに来ています。
デカ盛りメニューだけが自慢のお店かと思いましたが、地域に密着した昔ながらの大衆食堂のようです。
四人用テーブル×6卓の店内は、わりと広々していて、壁にはサイン色紙が多数飾られています。
メニューは、コロッケ定食530円、野菜炒め定食580円、天丼750円、カツ丼580円、カレーライス530円、カツカレー850円、オムライス580円、チャーハン550円、ラーメン430円など、とっても良心的な価格ばかり。
しかも、うれしいことに大盛は50円増し。
東京ならラーメン大盛が200円増しのお店もあるのに・・・ここは本当に安い。
カツ丼大盛630円を注文すると、10分ほどでお姉さんが運んで来ます。
うわ〜、この盛り付けは、ハンパじゃないぞ!
出てきたのは、今にも崩れそうな、てんこ盛りのカツ丼。
ふたは浮いてるし、カツ丼の具がお皿にこぼれてます!
これじゃ〜、ふたをしても意味無いよ〜!
明らかにドンブリの容量を超えた、この無謀とも思える盛り付け、これが「デカ盛りの聖地」と呼ばれる由来なのでしょう。
このままでは、ご飯が食べられないので、ふたを取り皿にして、崩れないように食べ進みます。
カツは、なぜか豚肉の切り身を薄切り肉で包んでいますが、それほどボリュームはありません。
玉ネギが多く、甘みのある味付け。
しょっぱくないので食べやすいのですが、とにかくご飯の量がハンパじゃない。
食べても食べてもご飯が減りません!
お箸でチビチビ食べるより、スプーンで豪快に食べたくなります。
半分ほど食べた時点で、全部食べきれないかも・・・と不安が頭をよぎります。
出前と違い、ご飯が熱々なので、顔から汗が出て止まりません。
でも、大盛を注文したからには、「残したら申し訳ない」と思い、苦戦しながらも何とか完食。
もう満腹度120%で、お腹が苦しいぞ!
このカツ丼大盛を630円で提供して、このお店は儲かるんでしょうか?
味の方は、ごく普通のカツ丼という感じで★3つですが、見た目のインパクトとコストパフォーマンスは文句なしに★5つ。
学生街でもないのに、どうしてこんなデカ盛りを出すのか疑問ですが、なぜか魅力を感じてしまう名物食堂です。
PS.車の方は、お店の向かいにある早川駐車場を無料で利用できます。

↑このページのトップヘ