gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2007年12月

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ネタが大きい!上にぎり1,575円
中トロも、脂がのって、食べ応えがあるぞ!
ネギトロ丼1,050円
イクラ丼1,260円
和風レストランやまさのメニュー1
和風レストランやまさのメニュー2
茨城方面に出かけた帰りに、那珂湊おさかな市場にある『和風レストランやまさ』に寄りました。
市場周辺は、年末の買物客で賑わっていますが、2階にあるお店は、海を眺めながら、ちょっとホッとできる落ち着いた雰囲気です。
那珂湊名物のアンコウ鍋1人前2,625円も気になりますが、家族が食べられないので、上にぎり1,575円、ネギトロ丼1,050円、イクラ丼1,260円を注文。
上にぎりは、直径23センチの大きな角桶で出てきます。
おぉ~、ネタが大きくて、旨そうではないか!
中トロ、赤身、イクラ、ホタテ、海老、ぶり・・・・全部で16貫。
ネタの一切れが大きくて厚みがあり、食べ応えがあるぞ!
シャリは、職人が握るわけではないけど、味の方は満足できるレベルです。
アサリの味噌汁も、直径18センチの巨大なお椀で出てきます。
娘たちが注文した、ネギトロ丼とイクラ丼も、直径18センチの深い丼を使用。
このお店は、何でも大きな食器を使用するのが売りのようです。
市場の労働者向けではなく、買物客相手の大型和風レストランですが、価格を考えれば頑張っている方だと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ハラミステーキは、赤みを帯びたレア状態!こりゃ~たまらん!
見るからに旨そうな焼き加減!ハラミステーキ
牛刺650円とハイボール370円
初体験のハツ刺(←心臓です!)
ガツ刺
カシラ、シビレ
縄のれんのメニュー
立ち飲みテーブルは、ビールケースに板をのせただけ!
雰囲気はB級、価格はA級の立ち飲み店
以前から気になっていた恵比寿の立ち飲み『縄のれん』に行ってきました。
飾り気のない店内には、カウンターとビールケースの上に板をのせたテーブルが4卓のみ。
最近は小洒落た立ち飲み屋が多いけど、今時こんな店は珍しいぞ!
年配のご夫婦と息子さんが切り盛りしています。
メニューは、ビール780円、ハイボール370円、もつやき150円より、刺し370円より、煮込み400円など。
えっ、ビールが780円・・・店の雰囲気から想像できないくらい強気の価格設定ではないか!
とりあえず、ハイボール370円と牛刺650円、ガツ刺を注文。
牛刺は、牛肉を細かく刻み、タレがかかっています。
ボリュームは少なめだけど、口の中でとろける感じ・・・タレがまた旨い!
おぉ~、これは旨いぞ!おばちゃ~ん、ハイボールお替りね!
ガツ刺は、他店とそれほど変わりません。
次にハツ刺とハラミステーキを注文。
ハツ刺って心臓でしょ?・・・こんなの刺しで食べるのは初めてだぞ!
でも、これがまた旨いんです!
ハラミステーキは、塩コショウを振って見るからに旨そうな焼き加減!
ナイフで切り分けると、ジュワッ~と肉汁があふれます。
うわ~、中は赤みを帯びたレア状態じゃないか!
このジューシーな味わいがたまらないぞ!
さらに、もつやきのカシラ、シビレを追加。
息子さんから、カラシにニンニク、醤油を加えて食べてみて!とアドバイス。
う~ん、これまた旨いじゃないか~!
いや~、こんなお店があったとは・・・刺し好きにはパラダイスだぞ!
ハイボール4杯と上記のツマミで、お会計は4,270円、所要時間は45分。
軽く飲んでこのお値段だから、本気で飲んだら、一人7,000円はかかりそう。
う~ん、立ち飲みの雰囲気と旨さは文句なしだけど、価格はかなり割高に感じるなあ~・・・
これで、もう少し安ければ★5つなんですが・・・惜しいですね。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
家族4人でも食べきれないぞ!お通し@300×4人=1,200円
牛刺1,000円
牛タン刺1,000円
左:カルビ1,100円、右:ハラミ1,200円
カルビとハラミ、シビレ780円、ハラミスジ800円、ビビン麺ハーフ550円
目黒で評判のホルモン店『闇市倶楽部』の学芸大店に行ってきました。
それにしても「闇市クラブ」とは・・・ずいぶん怪しい店名だなぁ~!
日曜日の午後6時で、店内はまだ空いています。
でも、「予約が入っているので、7時半まで」ということで入店。
このお店は、刺身メニューが充実していますが、残念ながらレバ刺900円とハツ刺700円は品切れのため、牛刺1,000円、牛タン刺1,000円。
焼肉では、カルビ1,100円、ハラミ1,200円、シビレ780円、中生ビール550円、ウーロンハイ380円を注文。
メニューは、こちらをご覧ください。⇒http://yclub.jp/rink6.htm
まず最初に「お通しのキャベツ千切りで~す!」って・・・こっ、これは・・・?
平べったい丼に、崩れる寸前まで盛り付けられたキャベツの山!
おいおい、これがお通しかい?
いくら家族4人分といっても、ど~考えても、これは食べきれないぞ!
これで@300×4人=1,200円では、ちょっとねぇ~!
牛刺と牛タン刺は、どちらも極薄切りで、価格のわりにしょぼい感じ。
ハラミは、口の中でとろける感じ。
カルビもハラミより脂身多めで、これまた旨い!
シビレは、こってり脂っこく好みです。
さらに、牛一頭から1人前しか取れないというハラミスジ800円、ムンチュサラダ600円、冷麺ハーフ550円、ビビン麺ハーフ550円、キムチ380円を追加。
ハラミスジは、歯応えのある食感で、まあまあの味わい。
家族4人が約1時間飲食して、お会計は12,650円。
結局、キャベツは山のように残ってしまいました。
このキャベツを捨てるのか、再利用するのか知りませんが、これは無駄だと思います。
ホルモン、刺身メニューが充実していますが、全体的にお値段は高め。
若い店員さんの接客も雑な印象。
近所の『びーふてい』学芸大学店と比べると、満足度は今一つでした。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
名古屋名物の「天むす」5個672円
有名店ですが、とても地味な店構えです。
あんかけスパの『ヨコイ』に続き、8軒目は、天むすを買いに『天むす千寿』本店に行きました。
有名店ですが、気付かずに通り過ぎてしまうほど、地味な店構えです。
狭い店内に入ると、揚げ物のよい香りがします。
メニューは、天むす5個672円、きゃらぶき300円のみ。
テイクアウトのお店ですが、正午から午後2時の間は、店内で食べることもできます。
味噌カツ丼とあんかけスパを食べた直後だったので、天むすを購入し、帰りの新幹線で食べました。
天むすは、直径5センチほどの丸~い形。
小海老天が入って、海苔が巻いてあります。
おぉ~、これは旨そうではないか!
かぶりつくと・・・う~ん、ご飯と海苔が旨いなぁ~!
素朴な味わいだけど、塩・コショウの効いた小海老天が、いい味出してるぞ!
一つが小さめなので、5個食べてちょうど1食分という感じ。
コンビニのおにぎりと違って、いかにも手で握りました、という手作り感がいいですね。
やはり名古屋に来たら、このお店の「天すむ」は外せないぞ!
1泊2日の名古屋B級グルメ旅行のラストにふさわしい一品でした!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
残念ながら写真撮影禁止でした!
ビルに囲まれた狭い路地の奥にあります。
名古屋コーチンの『鳥銀本店』に続き、6軒目は、味噌カツ丼の『叶』に行きました。
お店はビルに囲まれた狭い路地の奥にあり、ずいぶん探したぞ!
月曜日の午前11時で、一番乗り。
カウンター4席+テーブル10席の店内は、かなり狭く窮屈です。
これまた狭い厨房では、70代後半と思われる背中の曲がったご主人が一人黙々とカツを揚げて、山積みにしています。
メニューは、味噌カツ丼1,050円、カキフライ定食1,300円、海老フライ定食1,300円など。
名物の味噌カツ丼を注文すると、直径16センチの小さな丼で出てきます。
味噌ダレで煮込まれたカツの上に半熟玉子がのって、見るからに旨そう!
それでは、まず味噌カツを一口・・・うわ~、想像以上に甘めの味噌ダレで、コッテリしてるな~!
でも、カツはふっくら軟らかくてジューシーだぞ!
そのままだと甘すぎるけど、ご飯と一緒に食べるとちょうどいい感じ。
さらに半熟玉子を崩して食べると、これがまた旨い!
いかにもB級という味わいですが、これはハマルかも・・・
う~ん、これはこのお店でしか食べられないローカルメニューですね!
このお店は、店内撮影禁止ですが、テレビでも紹介されているので、事情を話して写真撮影をお願いしたのですが・・・残念ながらダメでした!
興味のある方は、こちらをどうぞ↓http://allabout.co.jp/travel/travelnagoya/closeup/CU20070607A/
7軒目は、「あんかけスパ」を食べに、『ヨコイ』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
名古屋名物「ヨコイ」のあんかけスパ
ラミネーズ1.5人前800円
1.5人前は、かなりのデカ盛りです!
太いパスタにスパイシーなソースがからんで、食欲をそそります!
カキを卵でくるんだナポリタン800円
アサリがタップリ!ボンゴレ750円
味噌カツ丼の『叶』に続き、7軒目は、「あんかけスパ」の『ヨコイ』に行きました。
カウンター10席ほど+テーブル50席ほどの広い店内は、年季を感じるレトロな雰囲気。
月曜日の午前11時40分だというのに、男性サラリーマンで賑わっています。
席数が多いとはいえ、厨房にコック5名、接客5名の体制は、かなりの人気店のようです。
メニューは、カントリー650円、ミラネーズ700円、ミラカン900円など種類が豊富。
プラス100円で、1.5人前に増量できるのは、うれしいサービスです!
詳しいメニューは、こちらをどうぞ↓http://r.gnavi.co.jp/n122200/menu3.htm
ミラカンが人気のようですが、シンプルなミラネーズ1.5人前800円を注文。
そして運ばれてきたのは・・・巨大な皿に山盛りのあんかけスパ!
おぉ〜、ここはデカ盛り店なのか???
ソフト麺のような太いパスタの上に、真っ赤なウインナーの薄切りとハム、ベーコン、マッシュルームが山盛り・・・想定外のボリュームです!
直前に「叶」で味噌カツ丼を食べたばかりだぞ!・・・食べきれるのか?
でも、なんともB級グルメ的な見た目が食欲をそそります。
それでは、一口・・・あれ?これって想像していた味と全然違うぞ!
ソースは、デミグラスソースにスパイスを加え、トマト風味にしたような、奥の深さを感じさせる味わい。
おぉ〜、太いパスタにスパイシーなソースがからんで、旨いじゃないか!・・・気に入ったぞ!
あんかけと言っても、思ったほどトロミはありません。
味噌トンカツのように、甘くないのがいいですね。
ちょっとお腹は苦しくなったけど、何とか完食!
東京で例えるなら、お店のスタイルは違うけど、銀座の『ジャポネ』という感じ。
味、価格、ボリュームの3拍子が揃って、男性サラリーマンで賑わうのも納得です!
8軒目は、「天むす」を買いに、『天むす千寿』本店に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
コーチンの歯応えとジューシーな鶏皮・・・こりゃーたまらん!コーチン2本550円
コーチン5種刺身盛り1,700円
皮ポン酢600円
ぼんじり2本450円
レバー2本450円
具だくさんで、おこげが香ばしい!コーチン五目釜飯1,750円
手羽先唐揚げの『風来坊』プリンセス店に続き、5軒目は、名古屋コーチンの『鳥銀本店』に行きました。
落ち着いた雰囲気の店内は、高級感があり、とても清潔な感じ。
店員のお姉さんたちは、レトロなデザインのエプロン姿で、礼儀正しい接客。
おいおい、ここはメイドカフェか???
生ビール630円、ウーロンハイ500円を注文すると、お通しのホタテ貝のあんかけが出てきます。
おぉ~、上品な味付けで、お皿も凝っているじゃないか~!
名古屋の過激な味付けが続くと、アッサリしたものが食べたくなります。
コーチン5種刺身1,700円、う~ん、鳥刺は旨いな~・・・お腹は空いてないけど、これは別腹だな!
皮ポン酢600円もサッパリ味で、なかなか旨い。
コーチン2本550円、ぼんじり2本、450円、レバー2本450円。
特筆したいのは、コーチンの旨さ!
鶏肉を皮でくるむように1本1本丁寧に串に刺してあり、見るからに旨そう!
コーチンの弾力ある歯応えと鶏皮のジューシーな味わい・・・うぉ~、こりゃ~たまらん!
風来坊のコーチンは、貧弱でガッカリしたけど、ここのコーチンは食べる価値があるぞ!
最後の〆は、コーチン五目釜飯1750円。
具がタップリ入って、香ばしいおこげも味わえます。
大人4人が1時間20分飲食して、お会計は12,590円。
大衆店と比べれば、お値段は高めですが、味付けは全体に上品な薄味で、一品一品がとても旨い!
満足度の高いお店でした。
6軒目は、翌日のお昼、味噌カツ丼を食べに、『叶』に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
風来坊の手羽先唐揚げ5本420円
貧弱でガッカリ!コーチンねぎま2本500円
海老フライ1本650円、地鶏霜降530円、牛すじどて煮、川海老唐揚げ360円、どじょう唐揚げ450円
この看板が目印です!
きしめんの『長寿亭』に続き、4軒目は、手羽先唐揚げの『風来坊』プリンセス店に行きました。
手羽先唐揚げといえば、『世界のやまちゃん』と『風来坊』が有名ですが、「世界のやまちゃん」は、利用したことがあるので、今回は「風来坊」を選びました。
座敷に案内されると、お姉さんが笑顔で「手羽先は、何人前になさいますか?」
おいおい、いきなり手羽先の注文かい?
まだメニューも見てないぞ!
東京では、「とりあえずビール!」だけど、ここに来るお客さんは、看板メニューの手羽先がお目当てなんでしょうね。
ちなみに、手羽先は1人前5本420円、中生ビール520円、ウーロンハイ420円と庶民的な価格です。
手羽先唐揚げは、表面に白ゴマがまぶしてあり、カラッと香ばしく揚がっています。
あまりジューシー感はなく、甘辛のタレをからめてあり、スパイシーな味わい!
おぉ~、これはビールが進むではないか!
熱々のうちは旨いけど、冷めるとパサパサになるので要注意です!
海老フライ1本650円は、長さ16センチの中サイズで、プリプリの食感。
川海老唐揚げ360円とドジョウ唐揚げも、スパイスタップリの味わい。
牛すじドテ煮は、八丁味噌の香りが強く、甘ったるい味付け。これはちょっと苦手だな~!
地鶏の霜降(鳥刺)530円は、値段が安いだけに、地鶏ではないと思いますが、僕は鳥刺が大好物なのでOKです!
名古屋コーチンねぎま2本500円は、えっ、これが名古屋コーチンなの?・・・と思うほど貧弱で、ガッカリでした!
大人4人が2時間飲食して、お会計は11,230円。
手頃な価格で、名古屋名物をいろいろ食べられるのは良いけれど、全体に味付けが濃いめで、後半はちょっと飽きました。
5軒目は、名古屋コーチンを食べに、『鳥銀本店』に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
本場名古屋のきしめん
きつねきしめん600円
ざるきしめん600円
旨そうな長寿亭のサンプルメニュー
長寿亭のメニュー
賑やかなサカエチカ飲食街にあります。
味噌煮込みうどんの老舗『山本屋本店』栄白川店に続き、3軒目は、きしめんの『長寿亭』に行きました。
サカエチカ街で30年営業していて、化学調味料を使わない、手作りと素材にこだわるお店です。
メニューは、きつねきしめん600円、ざるきしめん600円、味噌トンカツ800円など。
クーポン持参すると100円引きになります。
繁華街のわりには、手頃な価格設定です。
ちなみに、味噌煮込みうどん(玉子入り)は850円。
う~ん、やっぱり味噌煮込みうどんは、庶民的な食べ物だから、このぐらいの価格じゃないとね~。
お目当ての、きつねきしめん600円は、直径17センチの丼で出てきます。
おぉ~、薄く削られたカツオ節がゆらゆらと踊っていて、なかなか旨そうではないか!
つゆは、ダシが控えめのあっさり薄味。
きしめんは、つるつると滑らかなノドごし。
具は、甘さ控えめに味付けされた薄揚げ、焼きかまぼこ、ワカメ。
素朴な味わいで、あまり名古屋らしさは感じませんが、ホッと安心できる一杯です。
ひつまぶし、味噌煮込みうどん、とコッテリ濃厚な味が続いたので、あっさり薄味のきしめんが、とても旨く感じました!
クーポンはこちら⇒http://gourmet.gyao.jp/0002141191_map.html
4軒目は、手羽先を食べに『風来坊』プリンセス店に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★☆☆☆☆ 1pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:友人・同僚と
山本屋本店の味噌煮込みうどん1,260円
うどんは、芯まで煮えていない感じ
土鍋の蓋は、取り皿として使用するため、穴が開いていません!
注文しなくても出てくる漬物(4人分)
山本屋本店のメニュー・・・かなり強気な価格設定です!
味噌煮込みうどんの老舗、山本屋本店
ひつまぶしの『萬吉兆』に続き、2軒目は味噌煮込みうどんの老舗「『山本屋本店』」に行きました。
実は、「『山本屋総本家』」に行くつもりが、道を間違えて「山本屋本店」に行ってしまったという大失敗・・・後で気づきました!
こんな近くに、似たようなお店があったとは・・・へたこいた〜!
日曜日の午後1時で、お店の前には人だかりが・・・
入口で名前と人数を書いて、外で待ちます。
お客さんが次々出てくるのに、なかなか店内に案内されません。
結局、35分待って店内に入ると、あちらこちらに空席が目立ちます。
おいおい、お客さんを案内しないのは、行列を作るための作戦かい?
今度は、メニューを見て、その価格にビックリ!
カキとコーチン入り味噌煮込みが3,210円・・・ひぇ〜〜!
ご飯付き味噌煮込みは各2,047円、一番安い味噌煮込みうどんでも1,260円!
う〜ん、老舗とはいえ、なんて強気な価格設定なんだ!
山本屋総本家なら味噌煮込みうどん924円だったのに・・・
仕方ないので、味噌煮込みうどん1,260円を注文。
うどんの硬さを聞かれるので、普通でお願いしました。
なぜか注文していない漬物が運ばれてきて、しばらく待つと熱々の味噌煮込みうどんが出てきます。
土鍋の蓋は取皿として使用するため、穴が開いていません。
蓋を取ると赤味噌の良い香りがします。
赤味噌と白味噌をブレンドした濃厚なつゆは、カツオ節のダシが強烈に効いて、なかなか旨い!
おぉ〜、いかにも名古屋という個性的な味わいで旨いじゃないか〜!
でも、濃厚なので調子に乗って全部飲むと後でノドが渇きそうだぞ!
うどんは、茹でずにそのまま煮込むだけあって、コシがあるというより芯まで煮えてない感じ。
だから注文する時に、うどんの硬さを聞かれるんですね。
具は、玉子、カマボコ2枚、青ネギ。
味噌とダシが効いたつゆは旨いけど、生煮えのようなうどんの評価は微妙だな〜!
いずれにしても、他のお店なら800円前後で食べられるのに、1,260円はどう考えても割高に感じます。
店の外には価格表示も無いし、観光客目当てのお店なのでしょうか?
オシボリが2回出てきたり、漬物が出てくるので、そのあたりを評価する方なら許容範囲かもしれませんが・・・
この価格でも地元の方は食べるのかな〜?などと考えながらお店を出ました。
3軒目は、「きしめん」を食べに『長寿亭』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
名古屋名物といえば、ひつまぶし!
テレビで紹介された、お昼のひつまぶし1,050円
最後は、お茶漬でサッパリと・・・
八丁味噌で煮込んだ、味噌煮込みおでん盛合せ400円
萬吉兆のランチメニュー
手頃な価格で、「ひつまぶし」が食べられます!
1泊2日の名古屋B級グルメの旅。
まず1軒目は、テレビで「ひつまぶし1,050円」を紹介された『萬吉兆』へ。
http://www.ctv.co.jp/omezame/gurumet/2004/0517/01.html
日曜日の午前11時45分で、満席10分待ち。
洒落た雰囲気の店内は、清潔感があり、ジャズが流れています。
お昼のひつまぶし1,050円を注文すると、木製のおひつに盛り付けられて出てきます。
おぉ~、値段は安くても本格的ではないか!
ウナギのボリュームは、やや少なめですが、とても旨そうな香りがします。
ウナギとご飯をよくかき混ぜて、そのまま食べてみると・・・
ウナギが香ばしく、山椒が効いて、こってり奥の深い味わい。
タレは濃厚だけど甘みがあり全然しょっぱくないぞ!
次に、あさつきとワサビを加えてみると・・・
うわ~、ワサビが効いてサッパリと食べられるぞ!
これは、そのまま食べるより旨いじゃないか!
最後は、ダシを効かせたお茶をかけてお茶漬に・・・
う~ん、さらっと食べられて、お茶漬も旨いな~!3種類の違う味を楽しめて、これで1,050円とは・・・いや~満足!満足!
ひつまぶしと言えば、有名店なら2,000円以上するのは当たり前。
それを考えると、このお店はかなり良心的だと思います。
追加で注文した、味噌煮込みおでん盛合せ(大根、玉子、牛すじ)400円は、八丁味噌で煮込まれて、見るからにしょっぱそう。
でも、食べてみると味はそれほど濃くなく、よく味が染みていました。
クーポン券はこちら⇒
http://www.hotpepper.jp/A_20700/strJ000390341.html
2軒目は、味噌煮込みうどんの老舗『山本屋本店』栄白川店に行きました。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
地鶏鍋900円×2人前
カプサイシンと具を追加すれば、ピリ辛鍋の出来上がり!
最後の〆に中華麺を投入
ピリ辛手羽先唐揚げ5個400円、熟成皮たれ焼き、鶏のタタキ780円、豆腐サラダ500円
北新地鳥屋の鍋メニュー
手頃な価格で、ニンニクを効かせた地鶏鍋が食べられます!
冬はやっぱり鍋・・・ということで、口コミの評判が良い『北新地 鳥屋』に行きました。
カウンター8席+テーブル24席ほどの店内は、テーブル席がやや狭く窮屈な感じ。
最初に、中生ビール500円、ウーロンハイ380円、ピリ辛手羽先唐揚げ5個400円、熟成皮たれ焼き、鶏のタタキ780円、豆腐サラダ500円などを注文。
ピリ辛手羽先唐揚げは、香ばしくピリ辛加減がちょうど良い感じ。
四日間かけて仕込むという熟成皮たれ焼きは、脂が抜けて甘露煮のような味わい。
うーん、これはあまり好みじゃないな〜!
鶏のタタキと豆腐サラダは、それほど特徴はありません。
黒霧島ボトル3,000円を注文して、いよいよ戦闘モードに入ります。
名物の鍋は、地鶏鍋900円、カプサイシン鍋990円、カレー鍋1,100円の3種類。
店員さんに尋ねると、地鶏鍋の具を食べたら、カプサイシンと具を追加すれば2種類の味を楽しめるらしい!
それじゃ〜地鶏鍋2人前お願いしま〜す!
地鶏鍋は、地鶏、キャベツ、ニラ、エノキ、うすあげがタップリ入って具だくさん。
うわ〜、これは旨そうではないか!
白濁したスープは、鶏と野菜をじっくり煮込んだマイルドな味わい。
このままでも旨いけど、さらにおろしニンニクを加えると・・・おぉ〜、これはたまらん!
クセになる味わいです!
具を食べたら、ピリ辛のカプサイシンを投入し、シメジ280円、モヤシ260円、豆腐300円、うすあげ260円などを好みで追加すると、カプサイシン鍋の出来上がり。
こちらもピリ辛風味でお酒が進みます!
スープが少なくなっても、また足してくれるので、具を追加すれば何回でもお替りできます。
最後の〆に中華麺360円×2人前を投入すれば、煮込みラーメンに・・・スープの旨味を吸って、これがまた旨い!
他に雑炊、うどん、トッポギ、しゅうまい各360円も選べます!
いや〜、おろしニンニクの効いた鍋は本当に旨かった〜!
大人4人が3時間、思い切り飲食して、お会計は16,910円。
手頃な価格で味の方も大満足・・・これなら忘年会にも使えるぞ!
午後7時頃になると席が埋まるので、予約したほうが良さそうです。
クーポン持参で、地鶏鍋1人前サービスです。
http://r.gnavi.co.jp/a552900/map1.htm

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
噂のデカ盛り店「ニュー北味」の唐揚げ
軟らかくてジューシーな唐揚げが12個も・・・
唐揚げ定食(ライス大盛)800円・・・デカ盛りです!
ライス大盛(サービス)
ニュー北味の定食メニュー
ニュー北味の麺類ほかメニュー
旨い、デカイ、安い、の3拍子揃ったデカ盛り店です!
埼玉県東松山のデカ盛り店『ニュー北味』に行ってきました。
看板には、「中華レストラン」と書いてありますが、古ぼけた食堂という雰囲気。
テーブル20席の店内には、渡哲也など石原軍団のサイン色紙が飾られ、年配のご夫婦が切り盛りしています。
メニューは、野菜炒め定食630円、試験勝定700円(チキンカツ3枚)などの定食が20種類ほどあり、おかず大盛150円増し、ライス大盛はサービス。
他にも、味噌らーめん550円、オムライス600円、炒飯550円、焼きそばライス650円などメニューが豊富です。
噂のデカ盛りメニュー「唐揚げ定食800円」をライス大盛(無料)で注文。
じっくり揚げているのか20分ほど待つと、直径21センチの大皿に山盛りの唐揚げが出てきます!
どひゃ〜、なんて豪快な盛り付けなんだ!・・・ビックリしたぞ!
唐揚げは、一切れが大きく、火を通すためか平べったい形・・・それが何と12個も・・・
おいおい、これで普通盛りなんて、このお店、どんだけ盛り付ければ気が済むんだ?
でも、大きいだけじゃダメだぞ、旨くないとね。
それでは、一口・・・おぉ〜、とても軟らかくてジューシーではないか!この唐揚げは旨いぞ!
唐揚げには、レタスとミカンも添えてあり、ライスは直径14センチの丼に山盛り。
具だくさんの味噌汁、冷奴、漬物付き。
う〜ん、なんて豪華な定食なんだ・・・普通ならご飯のおかずに唐揚げを食べるけど、ここでは唐揚げのおかずにご飯を食べる感じだぞ!
さすがに後半はお腹が苦しくなったけど、唐揚げが旨いので無事完食して、満腹度は110%。
この唐揚げ定食が800円とは・・・素晴らしいコストパフォーマンス!
これでお店が儲かっているのか、ちょっと心配です。
旨い、デカイ、安い、の3拍子揃った、とっても良心的なデカ盛り店でした。
PS.駐車場は、お店の前に3台分、他にもあるようです。

↑このページのトップヘ