gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2008年02月

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
やわらかくてジューシーな豚テキ
豚テキ定食(200グラム)980円・・・大盛はサービスです!
厚さ1センチを超える分厚い豚テキ
しゃもじ屋のランチメニュー
あてもなく新宿西口の飲食街を歩いていると、「豚テキ定食980円」の旨そうな看板を発見!
雑居ビルの狭い階段をのぼると、3階にお店があります。
かわいいお姉さんが笑顔で席に案内してくれます。
カウンター席はペアシートになっていて、ゆったり座れます。
ランチメニューは、日替り定食(メンチカツ)780円、海鮮まんぷく丼880円、三色づけ丼850円、ふわふわ帽子のオムライス(限定20食)850円、レギュラーコーヒー100円など。http://r.gnavi.co.jp/g552105/menu6.htm
魅力的なメニューばかりだけど、ガッツリ食べたい気分だったので、豚テキ定食(200グラム)980円を注文すると・・・「ご飯は大盛にしますか?」・・・「大盛は、おいくらですか?」・・・「サービスです!」・・・「えっ、サービスなの?それでは大盛にしてください!」
そして運ばれてきたのは、直径20センチの角皿に美味しそうに盛り付けられた一品。
うわ~、ずいぶん立派な豚テキだな~、大判で厚さも軽く1センチを超えてるじゃないか!
どれどれ・・・パクッ・・・おぉ~、こんなに分厚いのに、すごくやわらかいぞ!
脂身もほどよい割合で、とってもジューシーな味わい・・・こりゃ~たまらん!
濃厚なおろしソースがかかっていて、ご飯が進んじゃいます!
キャベツと温野菜がタップリ添えられて、栄養バランスもバッチリ。
やっぱり、肉も野菜もバランス良く食べないとね!
ご飯と味噌汁も旨いし、ランチなら十分のボリューム。
いや~、満足、満足!
先日利用した、『ステーキパンドラ』のステーキ定食も旨かったけど、ここの豚テキ定食もいいですね!
このお店は、清潔感があり、雰囲気も良いので、女性にもお勧めです。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★☆☆☆ 2pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
ケチャップで「LOVE」と「ハート」が描かれています!
オムライス大盛1,030円
重さは軽く1キロを超えてます!オムライス大盛
チキンライスがビッシリ詰まってます!
サンプルメニューも年季が入ってます!
メニュー
「お食事は大井一 うまい・やすい」という『キッチン ブルドック』に行きました。
大井町駅から徒歩1〜2分という場所ですが、路地を曲がると、そこはもう別世界。
年季の入った店構えに、思わず引いてしまいます。
土曜日の午後2時で、満席5分待ち。
学生さんから年配者まで、幅広い客層で賑わっています。
店内も思い切り昭和を感じさせる雰囲気で、お世辞にも清潔とは言えません。
カウンター席の目の前では、コック帽に赤いバンダナを首に巻いた男性2人が忙しそうに注文をさばいています。
本日のAランチ(チキンカツとカレー)840円、カキフライ定食1,240円も気になりますが、オムライス大盛1,030円を注文。
大きなフライパンでチキンライスを作り、別のフライパンに卵3個をフチまで広げたところにチキンライスを投入、お皿をのせて、ひっくり返すとオムライスが完成。
さらにケチャップで何やら描いて出来上がり。
直径30センチほどの大皿に、まるで東京ドームのような巨大なオムライス!
おぉ〜、これはまさにビッグエッグではないか!
重さは軽く1キロを超えているぞ!
良く見ると、ケチャップで「LOVE」と「ハートマーク」が描いてあります。
ご主人の粋な計らいのようです。
味の方は昔ながらというか、シンプルで素朴な味わい。
ケチャップの加減は控えめなので、楽に完食かと思いましたが、残り1/3くらいから単調なケチャップ味に飽きてきます。
それでも何とか完食して、満腹度は100%。
千葉県『やよい食堂』のオムライスには負けますが、かなりのボリュームです。
全体に価格が高めなので、「大井一 うまい・やすい」はちょっと疑問ですが、ボリュームだけなら「大井一」かもしれません。
地元のお客さんで賑わう、B級度を120%満喫できるレストランでした。
PS.駅前の通りにコインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
穴子天の長さは20センチ!・・・それが3匹のってます!
テレビで紹介された・・・穴子天丼1,000円
穴子天が直径16センチの丼からはみ出してます!
富水のメニュー
魚屋直営の食堂です!
門前仲町の魚屋「富岡水産」が経営する食堂「『富水』」。
テレビで紹介された穴子天丼を食べに行きました。http://www.fujitv.co.jp/supernews/tokuho/071219_tokuho.html
テーブル50席ほど+小上がりの店内は、新しくはないけど、清潔で落ち着いた雰囲気。
土曜日の開店直後だというのに、次々にお客さんが訪れます。
ランチメニューは、海老天丼(海老4匹)1,000円、二色丼(イクラ・ネギトロ)1,000円、カキフライ定食1,000円、煮魚定食各1,000円、焼魚定食850円~900円など。
お目当ての穴子天丼1,000円を注文して、10分ほど待つと、女将さんが運んできます。
うわ~、直径16センチの丼から、穴子天がはみ出してるぞ!
穴子天の長さは、何と20センチ!・・・それが3匹も・・・
おぉ~っ、なかなか旨そうな穴子天丼ではないか!
それでは一口・・・サクッ・・・揚げたて熱々で薄めの衣はサックリしているぞ!
でも、穴子の身は薄くて、あまり脂がのっていないなぁ~
丼つゆは、甘みのあるコッテリ濃厚なタイプ。
ご飯の盛りは少なめで、女性向けという感じ・・・これでは食べ盛りの中年(←僕です)には物足りないぞ!
これだけ穴子が大きいのだから、ご飯も豪快に盛ってくれないとね。
横浜の『伊豆屋』、国立の『つり舟』、黄金町の『豊野丼』などのデカ盛りにはかなわないけど、それなりにインパクトのある穴子天丼です。
味噌汁もダシが効いて旨いし、これで1,000円なら損はしないと思います。
他の方が食べていたカキフライ定食、海老天丼も旨そうでした!
PS.永代通り沿いにパーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
テレビで紹介された、喰ってみろ丼1,500円
直径17センチの丼に天ぷらがてんこ盛り!・・・重さ1.5キロ!
上から見るとこんな感じ
豊野丼のメニュー
カウンター7席の小さなお店です
テレビ番組で重さ1.5キロのデカ盛り天丼を紹介された、『豊野』に行ってきました。
カウンター7席のみの店内は、狭くてあまりきれいではありません。
おやじギャグを連発するご主人と若旦那が切り盛りしています。
メニューは、天丼、海鮮丼、穴子天丼が各600円、豊野丼、ほたて貝柱天丼が各800円、黄金丼980円、味噌汁100円など。
裏メニューの「喰ってみろ丼」1,500円を注文すると、若旦那が「大丈夫ですか?」、「1.5キロなら大丈夫です!(←たぶん・・・)」、「わかりました!」
それを聞いていた常連さんが「何それ?・・・そんなメニューあるの?」、するとご主人「今から作るから、よく見てな!」
どうやら「喰ってみろ丼」は、常連さんも知らない裏メニューのようです。
直径17センチの丼のフチまでご飯を盛り付け、その上に揚げたての天ぷらをのせる・・のせる・・・つゆをかけて・・・またのせる・・・
おいおい、どんだけのせれば気が済むんだ?
そして出てきたのは・・・
どひゃ〜、なんですか、これは?・・・不安定で今にも崩れそうだぞ!
このままではご飯が食べられないので、小皿に天ぷらを移動してから戦闘開始!
まずは、お腹の空いているうちに、特大の海老から・・・サクッ・・・おぉ〜、プリプリじゃないか〜!
穴子天もふっくら身が厚くて旨いぞ!
天ぷらは、特大海老×2匹、穴子、イカ×3、しいたけ×2、インゲン、なす、ニンジン、レンコン、サツマイモ、ピーマン、しし唐、ニンニク×2・・・
いったい何種類のってるんだ?
つゆの加減がほど良く、所々塩も振ってあり、順調に食べ進みますが、さすがに後半はお腹が苦しくなってきます。
サービスの味噌汁で味を変えながら、何とか完食して、満腹度は120%。
いや〜、旨かったけど、最後は苦しくて味わう余裕がなかったぞ!
この喰ってみろ丼は、裏メニューだけど、1日1食くらい出るらしい・・・
テレビを見て、地方から食べに来るお客さんもいるそうです。
帰り道でのどが渇いて、水分を1リットルほど補給。
家に帰ったら、体重が2.6キロ増えてました!・・・せっかくダイエットしたのに・・・
PS.お店の前の通りには、パーキングメーターが多数あります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 3,000~5,000円, 夜 不明
目的:友人・同僚と
升からあふれるほど注いでくれます!・・・冷酒480円
ればぁ250円、ばら身150円
売切れ必至の西京漬け550円
見た目はエイリアン?・・・肝わさ850円
うな鐵のメニュー1
うな鐵のメニュー2
うな鐵のメニュー3
皆さんのコメントを読んで、ず〜っと気になっていた『うな鐵』に行ってきました。
午後6時までは予約可ということで、Bコース8本1,400円と売切れ必至という西京漬550円と肝わさ850円を予約しました。
お店は、繁華街のビル1階奥にあり、老舗のイメージとは程遠く、明るく清潔な雰囲気です。
席に着くと、Bコース8本(短尺、かぶと、きも、くりから、串巻、ひれ、ればぁ、ばら身)が早いペースで次々に出てきます。
どれも個性的な味わいで旨いけど、特に気に入ったのは、次の4品。
きも200円:キモ独特の苦味がたまりません!
串巻150円:レアな焼き加減で弾力のある食感を楽しめます!
短尺200円:ふっくら軟らかく身が厚い、タレはあっさり!
くりから250円:脂がのった白焼き、軟らかく口の中でとろけます!
予約した西京漬550円:西京味噌の風味が香ばしいアッサリ味。
肝わさ850円:見た目はエイリアン?ワサビ醤油でいただきます。生臭さはないけど、価格の割りには・・・
他に、しいたけ150円、銀杏150円、うざく350円、うな茶漬750円、白焼き1600円などを注文。
つまみは、ハズレがなく、どれも旨い!
ただし、串焼き以外は、ボリューム少なめで、やや割高に感じます。
新宿思い出横丁の『カブト』も、うなぎの珍味が食べられますが、「うな鐵」の方がクセがないのでお勧めです!
お酒は、中生ビール580円、ウーロンハイ450円と手頃な価格ですが、特筆したいのは、なみなみと注いでくれる冷酒!
男山、高清水、美少年などの冷酒を注文すると、一升瓶を持ってきて、コップに注いでくれます。
その注ぎっぷりの良いこと!・・・コップからあふれて、さらに升が表面張力であふれる寸前まで注いでくれます。(←たまに失敗して、テーブルにこぼしてます!)
いいですね〜、このパフォーマンス!
雰囲気も盛り上がるし、酒飲みには、たまらんぞ〜!
しかも、これだけ気前良く注いで1杯480円!
なんて良心的なお店なんだ!・・・気に入ったぞ!
店員さんも親切なので、気分良く飲むことができます。
おかげで冷酒を4杯も飲んじゃいました!(←おいおい、飲み過ぎだよ!)
大人5名が2時間飲食して、お会計は1名6,200円ほど。
余計なものを注文しなければ、4,000円以内で済みそうです。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ステーキランチ定食B(200グラム)1,050円
一口サイズのステーキぶつ切りが20切れ以上・・・食べ応えがあります!
旨そうなステーキランチの看板
新宿西口の飲食街で、ステーキランチの看板を発見!
よし!今日のランチはステーキにしよう!
お店は、『新宿栄寿司』とコンビニの間にある、狭い階段をのぼった2階にあります。
ややうす暗い店内には、カウンター10席ほど+テーブル席が多数あります。
ランチメニューは、ステーキランチ定食S(100g)650円、A(150g)850円、B(200g)1,050円、ライス大盛50円、お替り100円、ボメリーマスタード50円、マヨネーズ50円、アイスコーヒー100円。
また、うす切りヒレステーキ定食(100g)1,050円とスペシャルステーキ定食(150g)1,050円は、アイスコーヒー付きです。
ステーキランチB(200g)1,050円とアイスコーヒー100円を注文すると・・・3分ほどで出てきます。
えっ、もう出てきたの・・・ずいぶん早いなあ~!
ランチでは、待たずに食べられるのも、うれしいサービスです。
それにしても、200gのわりには、ずいぶんボリュームがあるなぁ~
一口サイズのぶつ切りステーキが、20切れ以上あるぞ!
この手のお店は、サンプル写真よりも貧弱でガッカリすることが多いけど、ここは良心的だと思います!
ステーキの肉は、脂身がなく、やや硬めの食感で噛み応えがあります。
でも、スジっぽいわけではないし、一口サイズなのでお箸で食べられます。
醤油ダレにつけると・・・おぉ~、ご飯が進むぞ~!
肉が多いので、ご飯をお替りしたくなっちゃいます!
ご飯の盛りがよく、味噌汁、サラダも付いて、全部食べたらお腹一杯に・・・
いや~、旨かった!
すぐ近所にある、ステーキの神様『ルモンド』と比べると、席数が多く提供が早いので、使い勝手が良いですね。
食後もゆっくりアイスコーヒーを飲めるし、穴場的な雰囲気が気に入りました!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
味の横綱のタンメン大盛750円
今にも崩れそうな野菜の山
中太麺は、昔懐かしい味わい!
味の横綱のメニュー1
味の横綱のメニュー2
力士や親方も通う、下町の中華料理店です!
タンメンがデカ盛りという曳舟の『味の横綱』。
カウンター15席ほどの店内は、年季を感じる下町の大衆中華料理店という感じ。
体格の良いご主人と女将さんが切り盛りしています。
ここはタンメンがデカ盛りと聞いて来たんですけど・・・
うちは力士や親方も食べに来るからなぁ〜
それで何が食べたいの?・・・麺?・・・ご飯?・・・味は?
タンメンも醤油、味噌、塩、カレー味があるよ!
タンメン大盛よりデカ盛りもあるんですか?
う〜ん、常連が食べる裏メニューがあるけど・・・君には食べ切れないと思うよ・・・
それでは、タンメン大盛(550円+200円増)をお願いします!
麺は、太麺と細麺が選べるので、太麺にしました。
メニューを見ると、タンメン550円、カレータンメン600円、味噌タンメン650円・・・
チャーハンもノーマル600円、カニ850円、メンマ650円、キムチ700円、ニラカレー850円など10種類ほどあります!
へぇ〜、お客さんの好みに合せて多彩な味を繰り出すとは・・・「技のデパート、舞の海」みたいだな〜
そんな、くだらない事を考えているうちに、直径20センチの丼に野菜が山盛りのタンメンが出てきます!
うわ〜、デカ盛り度は今一つだけど、旨そうではないか!
どれどれ・・・パクッ・・・おぉ〜っ、野菜がシャキシャキに炒められて、ゴマ油の香りが香ばしいぞ!
塩味のスープは、いかにも中華料理店という味わいで、なかなか旨いじゃないか〜!
崩れないように野菜ゾーンを攻略して、中太麺を引きずり出すと、これまた昔懐かしい味わい!
野菜、スープ、麺のバランスがいいですね。
味わいながら余裕で完食して、満腹度は80%ほど。
いや〜旨かった!・・・でも少し物足りないなあ〜!
それじゃ〜、もう一杯作ろうか?
いやいや、それは遠慮しときます・・・
ところで、常連が食べる裏メニューって何ですか?
それはなぁ〜・・・次に来た時、教えるよ!
そうきたか〜・・・期待させて教えない、じらし上手なご主人です!
PS.すこし離れた場所にコインパーキングがあります。

↑このページのトップヘ