gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2008年09月

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
ネタが大きくて、見るからに旨そう!
ランチにぎり寿司840円
ランチメニュー
天然生マグロにこだわってます!
巨大な生マグロのカマ
ランチは土日もやっています!
「天然の生マグロ」にこだわる寿司屋の「ランチにぎり」が840円!
『花たこ』のお母さんから情報をゲットして、さっそく行ってみました。
お店は、都立大学駅のすぐ近く、目黒通り沿いにあります。
カウンター9席+テーブル8席の店内は、明るく清潔な雰囲気。
スポーツ刈りの前髪だけリーゼントっぽい「ちょい悪おやじ風」のご主人が切り盛りしています。
ランチメニューは、にぎり寿司840円/まぐろ寿司840円/鉄火丼950円/ちらし丼950円など。
にぎり寿司840円を注文すると、直径20センチの器で出てきます。
おぉ〜、これは・・・ネタがデカくて、見るからに旨そうではないか!
マグロ赤身×2、カンパチ、コハダ、甘海老、イカ、ホタテ、玉子焼、カッパ巻×2となかなか豪華な内容です。
マグロは赤身ですが、ネタが大きくて厚みがあります。
生マグロと言うだけあって、水っぽくなくシットリしているぞ!
カンパチはプリプリの食感。
ホタテは大きくて、甘みがあります。
ランチなら十分満足できるボリューム。
う〜ん、アサリの味噌汁も付いて840円なら、確かにお得ですね!
帰り際にご主人が見せてくれたのは、本日仕入れた巨大な生マグロのカマ。
マグロと言えば、カチカチに冷凍されたイメージだけど、こんなに旨そうな生マグロもあるんですね〜!
ランチは土日もやっているので、次回は家族も連れて行こう!

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
冷したぬきうどん大盛450円
極太うどんは、コシが強く歯応えがあります!
辛味を混ぜると、激辛冷したぬきうどんの出来上がり!
取り放題の揚げ玉、激辛の辛味
メニュー(2008年8月現在)
家族で山中湖に行くと、いつも立ち寄る手打ちうどんのお店。
久しぶりに行ってみると、全品一律50円値上げしていました。
値上げしても、うどんメニューは350円〜450円ですから、十分に割安感があります。
僕のお気に入りは、「冷したぬきうどん大盛450円」
注文伝票に記入して店員さんに渡すと、5分ほどで出てきます。
使い放題の「揚げ玉」をタップリのせて、真っ赤な「辛味」を混ぜると、激辛冷したぬきうどんの出来上がり!
極太うどんは、いかにも手打ちという感じでコシが強く、歯応えがあります。
「辛味」の刺激が加わると・・・おぉ〜、こりゃ〜たまらん!
早い、旨い、安い、ボリュームあり!
いや〜、本当に良心的なお店ですね!
PS.お店の前に20台ほどの駐車スペースがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
重さ2キロ以上!とんでもないデカ盛りです!
つけめんFujiyama盛り(1,200グラム)1,230円
直径25センチの洗面器のような丼で出てきます!
もっちり食感の太麺
メニューの一部(20年8月現在)
中目黒駅から徒歩1分
中目黒『フジヤマ製麺』にデカ盛りメニューがあると聞いて、さっそく行ってきました。
メニューを見ると・・・つけめんFujiyama盛り(1,200グラム)1,230円!
でも、この表示は茹でる前なのか、茹で上がりなのか?
中華麺は、茹でると2倍の重さになるので、念のため店員さんに確認します。
「1,200グラムは、茹で上がりの重さですよね?」・・・「はい、そうです。」
それなら楽勝ではないか!・・・Fujiyama盛りと生卵(50円)をお願いしま〜す!
5分ほど待つと、店員さんが運んで来ます。
うわ〜〜〜っ、やっちまったよ!
直径25センチ、高さ9センチの洗面器のような丼に大量の太麺が盛り付けられ、山頂には日の丸の旗が立ってます!
おいおい、これはお子様ランチか!・・・なんて突っ込む余裕はありません。
とにかくボリュームがハンパじゃありません。
この世のものとは思えない・・・まさに「恐怖の大王」という感じ!
『梅もと』の宇宙盛5玉1.5キロと比べても、明らかにデカイぞ!
この時点で赤信号が点灯・・・これは食べきれないかも・・・
もっちりした太麺に甘みのある節系のつけダレは、なかなか旨い!
でも、食べても食べても、麺が減りません。
お腹が苦しくなっても、チビチビと食べ続けて、残りはあと2口ほど。
小休止して、ラストアタックを試みますが、もはや限界!
これ以上食べると、最悪の事態も想定される危険な状態・・・
激闘25分の末、ついに力尽きてギブアップ・・満腹度は、130%超え!
Fujiyama盛りの推定重量は2キロ以上!
1,200グラムの表示は、茹でる前の重さだったようです。
家に帰ると、体重が2.4キロ増えていました。
こりゃ〜、体重を戻すのが大変だぞ!

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:ファミリー
分厚い刺身をこれでもかと盛り付けてます!
CP抜群・・・名物の海鮮丼1,050円
直径19センチの丼にテンコ盛りです!
こういう演出は大好きです!
刺身定食1,050円
ランチメニュー(20年8月現在)
伊東でランチと言えば、お勧めは『魚河岸』の「海鮮丼」と『魚佐鮮魚店』の「にぎり寿司」。
今回は家族のリクエストで、『魚河岸』に決定。
日曜日の午前11時10分にお店に行くと、すでに6人の行列が・・・開店前だというのに、すごい人気ではないか!
結局、開店の11時30分には、40人ほどが行列していました!
名物の海鮮丼1,050円を注文。
10分ほど待つと、おばちゃんが運んで来ます。
おぉ〜、フタをした丼からマグロがはみ出してるぞ!
フタを取ると・・・うわ〜、海鮮の北京オリンピックや〜!
直径19センチの丼一面に、分厚く切った刺身が敷き詰められています!
大量のマグロ、タコ、イカ、キンメ、ホタテ、数の子、玉子焼き・・・
う〜ん、これは刺身好きにはたまらんぞ〜!
これをツマミに日本酒を飲みたくなりますが、車なのでジッと我慢。
海鮮丼を食べ終えて、家族が食べ切れなかった刺身も残さず完食!
いや〜、刺身の食べ過ぎでお腹が苦しいぞ!
それにしても、この海鮮丼に、マグロ煮、たくあん、アサリの味噌汁が付いて1,050円とは・・・これで儲かるのか、心配しちゃいます?
刺身定食1,050円も豪華版ですが、やっぱりこのお店は海鮮丼ですね!
行列覚悟のお店ですが、並んでも損はしないと思います!
PS.お店のすぐ近くに有料コインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
冷したぬき大盛1,000円
蕎麦が丼のフチより高く盛られています!
直径21センチの洗面器のような丼で出てきます!
蕎麦は、平べったくコシがあります。
おでん500円
メニュー(20年8月現在)
久しぶりに深大寺そばのデカ盛り店『多聞』に行きました。
土曜日の午後1時、店内は周辺を散策する年配者やツーリングのお客さんで賑わっています。
メニューを見ると、昨年2月の訪問時より、各50円値上げしています。
最近は食材が値上がりしていますから、仕方ないのでしょう。
前回は「深大寺そば大盛」を食べたので、今回は「冷したぬきそば大盛(700円+大盛300円)」を注文。
そして運ばれて来たのは・・・うわ〜っ、デカッ!
直径22センチ、高さ9センチの洗面器のような丼に盛り付けられた巨大な一品!
蕎麦が丼のフチより高く盛られ、さらにその上に、揚げ玉、山菜、カマボコ、ネギがのっています。
丼を持ち上げると、1.5キロはありそうです!
おぉ〜、これは駒場東大『満留賀』の「冷やしたぬきうどん特盛」に迫るボリュームではないか!
平べったい蕎麦はコシが強め、つゆは甘さ控えめでダシの効いた上品な味わい。
う〜ん、なかなか旨いじゃないか!
蕎麦は食べやすいので、ハイペースで食べ進みますが、丼が深くて食べても食べても蕎麦が減らないぞ!
おいおい、どんだけ蕎麦が入ってるんだ?
それでも、つゆがあっさりしているので、最後まで飽きずに完食。
クーポン券でゲットした「アイスコーヒー(350円相当)」を飲み干して、満腹度は110%。
素朴な味わいだけど、なかなか旨かったぞ!
お店の雰囲気が良く、癒し系のおばちゃんもとても親切・・・また寄らせてもらいます。
PS.お店の脇に専用駐車場があります。
クーポン券はこちら⇒http://r.gnavi.co.jp/g222800/map1.htm

↑このページのトップヘ