gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2008年10月

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
キャベツタワーの高さは・・・何と30センチ!
究極のデカ盛りメニュー・・・焼肉重スペシャル1,050円
今にも倒れそうなキャベツタワーを一時避難!
焼肉の下には、大量のご飯が・・・
ようやくご飯を食べられる状態に・・・
メニューの一部(20年10月現在)
テレビで紹介された厚木のデカ盛り店『とんかつ麻釉』。
今回は、究極のデカ盛りメニュー「焼肉重スペシャル」1,050円に挑戦です!
注文して15分ほど待つと・・・
この世の物とは思えない、超過激に盛り付けられた一品が運ばれて来ます。
どひゃ〜、やっちまった〜!
直径14センチの丸型の器の上に、高くそびえ立つキャベツタワー!
その高さは、なんと30センチ!
テレビで見てイメージしていたけど、これは想像以上にデカイぞ!
しかも、キャベツタワーは今にも倒壊しそうな超危険な状態です!
写真撮影中も、その重さに耐え切れず、キャベツ部分が崩れ始めています!
ひぇ〜、これは大変だ!・・・何とかしないと、本当に倒れちゃうぞ!
まず、キャベツタワー根元を箸で持ち上げて、取り皿に一時避難させます。
さらに、フタの上に焼肉を移動して、ようやくご飯が食べられる状態に・・・
うわ〜、ご飯も凄いボリュームではないか!
これは、完食は厳しいかも・・・この時点で赤信号点灯です!
とりあえず、残すと厄介なご飯を先に攻略してから、キャベツを片付ける作戦です。
焼肉は甘みのある味付けで、ご飯が進みます。
ご飯だけでも、お腹が苦しくなってきますが、ラッキーなことに器が少々上げ底になっています!・・・おぉ〜、これはありがたい!
ご飯をクリアすると、温存していた焼肉をおかずにして、キャベツタワーを攻略します。
大量に残っているキャベツには、マヨネーズとドレッシングがかかっていて、中には温泉玉子も隠れています。
もうお腹に余裕はありませんが、キャベツは水分が多いので、何とか完食!
完食者サービスのアイスコーヒーを飲み干して、所要時間は40分、満腹度は120%。
いや〜、今回は本当にダメかと思いました!
この焼肉重スペシャルは、挑戦者の半分以上が完食できないそうです。
次回は、もう一つのスペシャルメニュー「カレースペシャル2,100円」に挑戦か?
PS.周辺にはコインパーキングが多数あります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
大つけ麺(野菜、ニンニク)950円
極太麺は、食べ応えがあります!
うどんのような極太麺!
ぶ厚いチャーシュー!
お店の向かいにコインPがあります。
メニュー(20年10月現在)
極太麺が食べたくなり、久しぶりに登戸の『蓮爾』に行きました。
前回は、大ラーメン(野菜増し増し)を食べ切れなかったので・・・
今回は控えめに、大つけ麺(野菜、ニンニク)950円です。
注文が入ると、粉だらけの極太麺を秤にのせて計量し、巨大な鍋に投入。
極太麺なので、茹で時間がかかります。
そして出てきたのは、直径23センチの丼に盛り付けられた極太麺。
続いて、真っ赤なつけダレ、小皿にのせたモヤシとニンニクも出てきます。
おぉ〜、これが大つけ麺か〜!
大盛の麺は570グラム・・・茹でると2倍の1,100グラムほどになります!
『フジヤマ製麺』の「Fujiyama盛り」ほどではないけど、かなり手強そうだぞ!
蕎麦のような独特の色をした麺は、割箸よりもはるかに太〜い、超極太麺!
モッチリという感じではなく、硬くて歯応えがあります!
つけダレは、ラー油のような真っ赤な油が表面を覆っています。
見た目はいかにも激辛という感じですが、食べてみると適度な辛さでいい感じ。
ニンニクを加えると、さらに力強い味わいになります!
う〜ん、これは旨いぞ!
つけダレに沈んでいるチャーシュー3個は、ブロックという感じで食べ応えがあります。
つけダレが服に飛び散らないように、慎重に食べ進み、今回は残さず完食。
極太麺は、思った以上にお腹にたまり、満腹度は110%。
絡み合う極太麺を引きずり出すのに苦労して、右手の握力が無くなったぞ!
それにしても、この極太麺は、中華麺というより、うどんに近い印象ですね。
つけ麺は旨かったけど、ラーメンと比較すると価格は少々割高な気がします。
PS.お店の向かいにコインパーキングがあります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
ネタがキラキラと輝いて、見るからに旨そう!
うわ〜、海の宝石箱や〜!
丼が深いので、スプーンを使って食べます!
北海丼(大盛)1,050円
宮城県産の立派なマツタケ
ランチメニュー(20年10月現在)
『スモーキー爺さん2008』さんがクチコミされている、『肴屋』のランチに行きました。
ランチの営業は平日(月〜金)のみで、土曜日は休みです。
カウンター10席ほど+小上がり24席の店内は、寿司屋のような雰囲気。
午前11時40分で先客6名ですが、次々にお客さんが来店し、すぐに満席に。
おいおい、お昼前だというのに、すごい人気ではないか!
年配のご主人は愛想が良く、気配りのある接客で好印象です。
ランチメニューは、最近一部値上げしたようで、北海丼1,000円/吹きよせちらし1,000円/刺身定食1,000円/穴子天丼950円など。
北海丼(大盛)1,050円を注文すると、ご主人が手際よく丁寧に盛り付けて出来上がり。
直径13センチ×高さ9センチの小ぶりの丼で出てきます。
うわ〜、海の宝石箱や〜!
ウニ、イクラの醤油漬け、中落ち、ホタテ、数の子、トビッコ・・・
ネタがキラキラと輝いて、見るからに旨そうではないか!
どれから攻めるか、迷ってしまうぞ!
イクラ、中落ち、ホタテ・・・う〜ん、どれも旨〜い!
こりゃ〜海鮮好きには、たまらんぞ!
食べ進むと、丼の底に箸が届かなくなります・・・おっと、これは困ったぞ!
・・・と思ったら、しっかりスプーンも用意されていました!
スプーンで食べる海鮮丼なんて・・・初めての経験です。
丼は小さめですが、深さがあるので、見た目よりはボリュームがあります。
海の幸を満喫して、満腹度は80%。
いや〜、旨かった!
味噌汁、サラダ、漬物も付いて、しかも大盛にして1,050円はお得だと思います!
隣のお客さんが食べていた刺身定食も、とても豪華で旨そう!
こういう良心的なお店が近所にあるといいですね。
帰り際にご主人が見せてくれたのは、宮城県産の見事なマツタケ。
これは、夜の営業で「焼きマツタケ」「マツタケの土瓶蒸し」にするそうです。
こちらも食べてみたくなりました!
PS.お店の周辺には、コインパーキングとパーキングメーターがあります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
野菜増し増し100円を注文すると・・・別盛りで出てきます!
らーめん中盛+野菜増し増し850円
焼き目をつけた香ばしいチャーシュー!
刻みニンニクを加えると・・・こりゃ〜たまらん!
中高年には禁断の・・・背脂スープ
メニュー(20年10月現在)
デカ盛りで有名な『角ふじ』の系列店が大岡山にオープン!
さっそく行ってみました。
土曜日の13時で、行列4人10分待ち。
L型カウンター9席の店内は、東工大の学生さんで賑わっています。
メニューは、らーめん700円/みそらーめん800円/つけめん(かつお/背脂)各750円/小豚150円/バカ豚300円/野菜100円など。
麺の量は、らーめんの場合で、並200グラム/中盛250グラム50円増/大盛300グラム100円増/特盛400グラム150円増/無限大500グラム〜200円増。
脂の量、味の濃さは調節可能で、卓上に刻みニンニクが用意されています。
らーめん700円+中盛50円+野菜100円=850円の食券を購入し、「野菜増し増しで!」と注文。
そして出てきたのは、小さな丼に入ったラーメンに野菜が少々のっています。
えっ、これだけ?・・・野菜のトッピングは?
すると、少し遅れて、別の丼に山盛りの野菜が出てきます。
あちゃ〜、そうきたか〜!
僕は『角ふじ』のように、一つの丼に野菜テンコ盛りのラーメンを期待していたのですが・・・
野菜別盛りだと、見た目も全然迫力が無いし、これにはちょっとガッカリです!
実際のボリュームも『角ふじ』よりも全然少なく、これなら楽勝という感じ!
スープは、背脂が大量に浮いてコッテリしていますが、味はそれほど濃くなく、マイルドでいい味出しています。
麺は、茶色くウェーブ強めの太麺。
卓上の刻みニンニクを投入すると、力強いスープに大変身!
う〜ん、このニンニクが旨いんだよね〜!
チャーシューは、フライパンで焦げ目をつけて、香ばしく仕上げてあります。
野菜別盛りのお陰で、麺がのびる前にラーメンをクリア。
残るは丼一杯の野菜ですが、こちらも余裕でクリアして、満腹度は85%。
メタボ対策のため、背脂がタップリ浮いたスープは残しました。
らーめんは旨かったけど、お腹の方は物足りなくて不完全燃焼という感じ!
『角ふじ』なら、無料でテンコ盛りの野菜をトッピングできるので、ここは少々割高に感じました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 5,000~10,000円
目的:宴会
厚切りの中トロが旨い!・・・刺身盛合せ6種盛
巨大な白バイ貝、イカ煮
うわっ、デカッ!・・・玉子焼き
ボリューム満点の照焼きチキン
天ぷらは、海老、キスなど5種類
にぎり寿司は、中トロ、イカ、イクラの3種類
中目黒駅高架下の改修のため移転した大衆寿司店『いろは寿司』。
現在は、山手通り沿いのナチュラルローソン2階(青葉台1−30−10)で営業しています。
まだ新しい店内には、カウンター席、テーブル席、座敷があり、広々しています。
宴会コースは、3,150円/3,680円/4,270円の3種類。
今回は、3,680円コース+飲み放題1,780円=5,460円で予約しました。
ちなみに飲み放題は2時間、生ビールと冷酒は対象外で、生茶サワーなどはセルフサービスです。
着席すると、次々に料理が運ばれて来ます。
・巨大な白バイ貝・・・肝の部分がアン肝ようにネットリ濃厚な味わい!
・イカ煮・・・小ぶりのイカに卵が詰まっています!
・玉子焼き・・・1切れがデカイ!女性ならこれでお腹一杯になりそう!
・刺身盛合せ・・・6種盛です。刺身は厚切りで、特に中トロが旨い!
・照焼きチキン・・・大皿に盛られて、ボリューム満点です!
・天ぷら・・・海老、キスなど5種類。だいぶお腹が膨れてきたぞ!
・にぎり寿司・・・中トロ、イクラ、イカの3種類。
・デザート・・・パイナップル。もうお腹一杯です!
いや〜、飲み放題のうえに、料理もボリューム満点で、お腹が苦しくなっちゃいました!
料理もハズレは無く、宴会なら十分に満足できるレベルです!
普通の寿司屋で宴会をやれば、7,000円〜8,000円は当たり前。
それを考えれば、この内容で5,460円は、とても良心的だと思います。
寿司屋で飲み放題にできるお店は少ないので、幹事さんは知っていると重宝すると思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
高価なネタを贅沢に使用した・・・ポセイ丼大盛2,200円
丼からネタがこぼれ落ちそうです!
直径17センチの丼に海鮮が山盛りです!
メニューの一部
丼メニューは、テイクアウトできます!
見るからに旨そうな・・・ポセイ丼大盛2,200円
『超神田っ子』さんがクチコミされている、海鮮丼のお店『ポセイ丼』新橋店に行きました。
店名の「ポセイドン」って、ギリシャ神話に出てくるポセイドンなのか・・・
それとも、アニメ「バビル2世」(←かなり古い!)に出てくるポセイドンなのか・・・
いずれにしても、なんともB級っぽいネーミングが興味をそそります!
カウンター9席+掘りごたつ10席ほどの店内は、明るく清潔な雰囲気。
気配りのある女将さんが、接客を担当しています。
メニューは、まぐろ丼700円、いくら丼700円、かに丼700円など低価格のものから、海鮮丼1,200円、三色丼1,600円などの豪華版まで品揃えが豊富です。
でも、ここの看板メニューは、北海道新聞の「これ食べたい大賞」で2年連続大賞受賞という・・・ポセイ丼2,100円!
サンプル写真を見ると、海鮮丼と似ていますが、900円の価格差は・・・
女将さんに尋ねると、「丼の大きさがこんなに違うのよ!」と、丼を見せてくれます。
よし、それなら「ポセイ丼大盛2,200円をお願いします!」
そして、10分ほど待ち、出てきたのは・・・
うわ〜、これは・・・海鮮の洞爺湖サミットや〜!
直径17センチの深い丼に、ウニ、イクラ、カニ、甘海老、マグロ、ホタテ、サーモン、トビッコが山盛りです!
おぉ〜、丼からネタがこぼれ落ちそうではないか!
こりゃ〜海鮮好きには、たまらんぞ!
女将さんのアドバイスで、ワサビ醤油を作り、上からかけちゃいます。
これだけ贅沢にネタを使えば、味は当然・・・旨〜い!
でも、マグロ、サーモンとカニの味噌汁が貧弱で、2,200円という価格を考えると、評価は微妙です。
それでも、価格を無視すれば、海鮮盛りだくさんで満足度の高い海鮮丼だと思います!
大盛は食べ応えがありますが、最後まで美味しく完食して、満腹度はジャスト100%。
豪華なメニューばかりでなく、低価格の丼も揃っているのがいいですね!
僕の地元、学芸大学にも出店してくれないかな〜!
丼メニューは、テイクアウトできます。
PS.お店の周辺には、パーキングメーターが多数あります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:ファミリー
見るからに旨そうな・・・ぶっかけおろし生卵700円
シンプルだけど旨い!・・・冷やかけ600円
季節の霙糧(みぞれかて)もり750円
嫁さんが「うどん」を食べたいと言うので、武蔵野うどんの『エン座』に行きました。
日曜日の午後1時で、満席5分待ち。
僕は、前回試食した「冷やかけ600円」と「ぶっかけおろし+生卵700円」の2品。
嫁さんは、「季節の霙糧(みぞれかて)もり750円」を注文。
まずは、冷やかけ・・・イリコダシが効いた、透明感のあるつゆ。
うどんは、モッチリつるつるのノド越し。
う〜ん、シンプルだけど、これは旨い!
思わず、つゆまで飲み干してしまったぞ!
僕はうどんが大好物なので、この一杯で幸せな気分に浸れます。
次に、ぶっかけおろし+生卵・・・こちらは、大根おろし、ショウガ、ニンジン、青ネギ、揚げ玉がのって、サッパリと食べられます。
季節の霙糧もり・・・豚肉、ホウレン草、ネギ、白ゴマの入った冷たいつゆに、大根おろしが添えてあります。
この店のうどんは、どのメニューも盛り付けが丁寧で、見るからに旨そう!
季節の野菜を使用して彩りもよく、あっさり控えめの味付け。
特に女性にお勧めしたいお店です!
PS.お店の裏に2台分の駐車スペース(9番、10番)があります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
超過激な盛り付け!・・・ジャンボロースかつ定食2,520円
トンカツの高さは17センチ!
山盛りキャベツに巨大なトンカツが寄りかかってます!
衣はサックリ、ジューシーなトンカツです!
メニュー
スーパージャンボかつ5,040円!
お店の1階に専用駐車場があります。
TVチャンピオン「デカ盛り王選手権」で紹介された新所沢の『とんかつ司』に行ってきました。
カウンター5席+テーブル20席ほどの店内は、まだ新しく小ぎれいな雰囲気。
40代くらいのご夫婦が切り盛りしています。
ジャンボロースかつ定食(かつ+キャベツで1.2キロ)2,520円を注文。
ちなみに、スーパージャンボかつ(かつ+キャベツで約3キロ/要予約)単品5,040円という超デカ盛りメニューもあります。
20分ほど待ち、女将さんが運んで来たのは・・・
直径25センチの角皿に、これでもかと盛り付けたキャベツの山!
そこに巨大なトンカツが寄りかかってスタンディングゥ〜!
うわ〜、なんて過激な盛り付けなんだ〜!
トンカツの高さは、なんと17センチ!
物静かなご主人からは想像できない超過激な一品です!
トンカツは、衣はサックリ、噛み締めると肉汁がジュワーッと口の中に広がります。
おぉ〜、なかなかジューシーで旨いトンカツではないか〜!
でも問題は、この大量のキャベツをどう攻略するか・・・
トンカツにキャベツは付き物ですが、あまりにもキャベツが多すぎます!
バランスを考えて、トンカツ1口、キャベツ5口のペースで食べ進みます。
途中でアゴが疲れてギブアップも考えましたが、ひたすら食べ続けて根性で完食!
食べにくいキャベツに苦戦して、所要時間は40分、満腹度は120%!
いや〜、今回は苦戦しました。
トンカツをガッツリ食べるつもりが、キャベツを食べた印象しか残っていません・・・
ジャンボロースかつは、価格もやや高めなので、ランチのトンカツ定食1,100円の方が満足度は高そうです。
PS.お店の1階に無料駐車場が3台分、周辺にはコインパーキングが多数あります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
アダムスキー型UFOにそっくり!・・・チャーハン大盛600円
直径20センチのお皿に山盛りです!
シットリしていて、懐かしい家庭の味わいです!
超過激な盛り付け!・・・カレーライス大盛580円
溢れたカレーが、お盆にこぼれちゃってます!
上から見ても、お皿が見えません!
『デカ盛りの聖地』と呼ばれる千葉県野田市の『やよい食堂』。
日曜日の午前11時前だというのに、テーブル席は満席で、座敷に案内されます。
カツ丼大盛630円とオムライス大盛630円はクリアしているので・・・
今回は人気メニューのチャーハン大盛600円に挑戦です!
10分ほど待つと、お姉さんが運んで来ます。
うわ〜、これが噂のチャーハン大盛か・・・!
直径20センチのお皿にチャーハンを盛り付け、さらに上からもう1回盛り付けた感じ!
チャーハン大盛は、通称「UFO」と呼ばれていますが、確かにアダムスキー型UFOにそっくりではないか!
チャーハンの具は、玉子、ネギ、チャーシュー少々。
シットリしていて懐かしい家庭の味わいという感じ。
味付けも控えめで食べやすく、これなら楽にクリアできそうです!
でも食べ始めると・・・チャーハンがお玉で圧縮されているのに気付きます!
レンゲで崩すとボリュームが増えていく感じ・・・おいおい、食べても食べても減らないぞ!
見た目以上に食べ応えがありますが、何とか完食して満腹度は110%。

同行したM先輩は、「カレーは大好物だから!」とカレーライス大盛580円を注文。
そして運ばれて来たのは・・・
直径25センチの大皿が見えなくなるほどテンコ盛りのカレーライス!
火山から溶岩が流れるように、溢れたカレーがお盆にこぼれちゃってます!
おぉ〜、こんな光景は・・・『ぼんち食堂』の「うま煮そば」以来だぞ!
この明らかに無謀とも思える過激な盛り付けが『デカ盛りの聖地』と呼ばれる由来なのでしょう!
M先輩も頑張りましたが、8割ほどで力尽きてギブアップ。
それにしても、このボリュームで、チャーハン大盛600円、カレーライス大盛580円とは・・・恐ろしいコストパフォーマンスです!
しかも、これだけ食材が値上がりしているのに、価格は据え置き・・・これでお店は儲かるのでしょうか?
本当に良心的なデカ盛り食堂です!
PS. お店の向かいにある早川駐車場を無料で利用できます。

↑このページのトップヘ