gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2009年03月

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 3,000~5,000円
目的:宴会
日本昔話に出てきそうな、大きな焼きおにぎり!
1人では食べ切れない・・・焼きおにぎり1人前2ケ550円
送別会で、お気に入りの『ドスコイ酒場 西海』へ。
料理は、牛モツ煮込み(お通し)/刺身盛合せ/焼鳥1本140円/牛ハラミ串焼1本360円/牛刺身900円/ドスQ550円などを注文。
今回、写真はありませんが、ここの料理は本当に旨いものばかりです!
そして、最後に注文したのは、「焼きおにぎり」1人前2ケ550円!
「お待たせしました、焼きおにぎりです!」
うわ〜、デカッ!
まるで日本昔話に出てきそうなムチャクチャ大きな焼きおにぎりが二つ!
おいおい、これで1人前って・・・誰がこんなに食べるんだい?
結局、6人で食べることに・・・
表面はこんがりキツネ色で香ばしい醤油味、中はモッチリ!
大きいばかりでなく、とっても美味しい焼きおにぎりでした!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
味奈登庵の名物「富士山そば」500円
今にも倒壊しそうな危険な状態です!
「富士山そば」を山頂から見ると、こんな感じです!
細めの蕎麦は、やや硬めの茹で加減です!
メニュー(21年3月現在)
早朝から営業するセルフサービスのお店です。
「富士山盛り」で有名な『味奈登庵』白楽駅前店に行きました。
ここはいつも利用する都筑佐江戸店とは違い、入口の券売機で食券を購入するセルフサービスのお店です。
メニューは、もりそば300円、大もりそば400円、富士山そば500円など。
いか天100円、かき揚げ天150円などのトッピングもできます。
富士山そば500円+生卵50円の食券を購入してカウンター席へ。
蕎麦や天ぷらは、目の前で調理されて、作りたてが提供されます。
茹で上がった蕎麦を高く高く盛り付けて「富士山そば」の出来上がり!
どひゃ〜、なんて過激な盛り付けなんだ!
これは・・・「富士山盛り」と言うより、『奥会津』の「チョモランマ盛り」に迫るデカ盛りではないか!
直径22センチのザルにこれでもかと盛り付けられた蕎麦は、少し傾いていて、今にも倒壊しそうな危険な状態!
写真撮影して、すぐに食べ始めます!
細めの蕎麦は、やや硬めの茹で加減。
蕎麦つゆは、ダシがあまり効いていない濃厚でしょっぱいタイプ。
補充用の蕎麦つゆが無料で付いてくるのは良心的です。
蕎麦は大好きなので順調に食べ進みますが、さすがに後半は飽きてきます。
ここで温存しておいた生卵、七味、ワサビなどを次々に投入!
富士山盛りは、食べ進むと裾野が広がるので、思った以上に苦戦します。
それでもベルトを緩めて食べ続け、何とか完食して、満腹度は110%。
このお店の富士山盛りは、明らかに都筑佐江戸店よりデカ盛りでした!
蕎麦をお腹一杯食べて500円ですから、CPは素晴らしいのですが・・・
目の前の流し台から嫌な臭いが漂ってきて、少々気になりました。

お店の向かいと並びにコインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
中つけ麺(3人前、350グラム)750円+野菜増し(無料)
これでは物足りない!・・・大つけ麺にすればよかった!
「あつもり」の極太麺が旨い!
ぶ厚くやわらかい豚が標準装備です!
メニュー(21年3月現在)
極太麺が食べたくなり、大岡山の『婆娑羅』に行きました。
今回は、中つけ麺(3人前350グラム)750円+野菜増し(無料)の食券を購入。
つけ麺は初めてなので、「野菜増し増し」のオーダーは控えました。
注文が入ると、ご主人が蕎麦色の極太麺を秤にのせて計量。
大鍋の湯で極太麺を茹で、麺を平ザルで引き上げて水洗い。
そして、もう一度大鍋で温めてから、「あつもり」で提供されます。
直径20センチの丼に盛り付けられた極太麺は、何だか物足りない印象。
えっ、これで3人前なの?・・・と思うほど少なく感じます。
つけダレは、かなり脂っこいけど、旨味があり、極太麺によくからみます。
おぉ〜、極太麺がモッチリしていて、これはなかなか旨いぞ!
別の器には、モヤシ、メンマ、キュウリ、トマト、厚切りチャーシューが盛り付けられて、サラダ感覚で食べられます。
こちらも「野菜増し」のわりには、上品な盛り付けで、ボリュームは今一つ。
つけダレが服に飛び散らないように慎重に食べ進み、余裕の完食。
割りスープもいただいて、満腹度は80%。
う〜ん、旨かったけど・・・ボリューム的には、不完全燃焼という感じ!
前回の「中ラーメン(300グラム)+野菜増し増し」と比べると、まだまだお腹に余裕があるぞ!
よし、次回は「大つけ麺(600グラム)」にチャレンジしてみよう!

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
マグロ赤身とヅケが丼の表面を埋め尽くしています!
丼のフチからマグロが垂れ下がっています!
スペシャルまぐろ丼(ネタ、シャリ特盛)950円!
見るからに旨そうなマグロのヅケ!
ランチメニュー(21年3月現在)
駐車場の利用案内
若いイケメン店長が仕切る、活気のあるお店です!
「スペシャルまぐろ丼」を食べに、『鮨 まぐろ一家』に行きました。
広々とした店内は、高級感があり、清潔で落ち着いた雰囲気。
若いイケメン店長が厨房を仕切り、お店全体に活気があります。
ランチメニューは、まぐろ丼500円/ネギトロ丼500円/日替わり丼500円/シャリ大盛り無料/ネタ、シャリ特盛150円増しなど、良心的な価格です。
スペシャルまぐろ丼(限定10食)800円+ネタ、シャリ特盛150円を注文。
そして、5分ほど待つと・・・
直径17センチの深い丼に豪快に盛り付けられた一品が出てきます!
うわ〜、丼のフチからマグロが垂れ下がっているではないか!
いいですね〜、こういう派手な演出は大好きだぞ!
丼の周囲にマグロ赤身が12切れ、中心部にはヅケマグロが6切れも・・・
スペシャルというだけあって、マグロが丼の表面を埋め尽くしています!
キラキラと輝くマグロは、見るからに旨そう!
たまらず一口・・・おぉ〜、しっとり脂がのっていて、中トロに近い感じ!
う〜ん、こりゃ〜たまらん!
残念なのは、シャリ特盛のわりには、シャリが少なめなこと。
シャリはこの2倍くらいないと、マグロが余っちゃうぞ!←贅沢な悩みです!
マグロは大好物なので、最後まで美味しく完食。
とろろ昆布の味噌汁、緑茶を飲み干して、満腹度は80%。
シャリの量は少々物足りないけど、マグロはボリューム十分でとても旨い!
500円ランチも充実していて、とっても良心的なお店だと思います!
こういうお店が職場の近くにあったら、毎日通っちゃいますね!
土日、祝日も営業しているので、次回は家族を連れて行こう!

車の方は、店頭の駐車場利用案内(画像添付)をご覧ください。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
これで普通盛なの?・・・天丼925円
海老、カボチャなど11個の天ぷらがのっています!
直径18センチの丼に天ぷらがテンコ盛りです!
おでん、アイスコーヒーなど、サービス満点です!
天ぷらを積み重ねてテンコ盛り状態です!
メニューの一部(21年3月現在)
今回が3回目となる埼玉県のデカ盛り店『古都』。
まだ食べたことのない丼物の中から「天丼925円」を注文すると・・・
すぐにサービスの「おでん」と「アイスコーヒー」が運ばれて来ます。
さらに5分ほど待つと・・・「お待たせしました、天丼です!」
うわ〜、デカッ!
直径18センチの平べったい丼に天ぷらを積み重ねたテンコ盛り状態です!
これは普通盛りですよね!・・・はい、そうです!
おいおい、これはどう考えても特盛クラスの盛り付けではないか!
しかも、丼がすり鉢状ではないので、ご飯の量がハンパじゃないぞ!
さらに味噌汁、ミニたぬきうどん、漬物まで付いています。
もう、お盆の上は器で一杯・・・食べ切れるのか不安になります!
天ぷらは、大きな海老×2、カボチャ×5、ナス×2、ピーマン×1、サツマイモ×1で、合計11個が積み重なっています!
今回の衣は、サックリというより、ちょっとベショッとし感じ。
丼つゆも薄味というか、あまり特徴がなく、ぼんやりとした味わい。
ご飯多めの配分で攻略を試みますが、後半は単調な味に飽きてペースダウン。
味噌汁や漬物で味を変えながら天丼を食べ切りますが、まだおでんとミニたぬきうどんが残ってます。
こうなると各種サービス品も拷問のように思えてきます。
甘めのおでんに苦戦しながらも、なんとか完食。
最後にアイスコーヒーを飲み干して、満腹度は110%。
いや〜、それにしても天丼は普通盛りとは思えない凄いボリュームでした!
やはりデカ盛り店を甘く見てはいけませんね。

お店の隣と向かい側に計15台ほどの駐車場があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
高さは20センチを超えています!
今にも崩れそうな超高層野菜タワー!
急傾斜のため、箸でつまむと野菜と魚粉が落下します!
スープを吸収した太麺が旨い!
メニュー(21年3月現在)
広々した店内は、まだ新しく清潔な感じです!
先週は、飲み会が続いて野菜が不足ぎみ。
という訳で、野菜がデカ盛りの『ラーメン大』下高井戸店に行きました。
カウンター8席の広々とした店内は、まだ新しく清潔な感じ。
あまり愛想のないヒゲ面の若いご主人が1人で切り盛りしています。
メニューは、らーめん600円/塩らーめん600円/つけらーめん700円/大盛100円/豚120円/こま切れ豚70円/味付卵70円/魚粉50円など。
らーめん600円+魚粉50円の食券を購入し、カウンターの上に並べます。
無料のトッピング4種類(野菜、ニンニク、アブラ、味濃いめ)は、尋ねられたら増量するものを申告します。
「野菜増し増し、ニンニク」を申告すると、特に制止する様子もなく、オーダーが通りました。
他のラーメンを先に出してから、いよいよ「野菜増し増し」の製作開始です!
茹でた野菜をトングでつかみ、ラーメンの上にのせる、のせる、まだまだのせる・・・
最後に両手で形を整えて、魚粉を振りかけて出来上がり。
うわ〜、こんな過激なラーメンは久しぶりだぞ!
野菜を極限まで積み上げて、今にも倒壊しそうな超高層野菜タワー状態!
その高さは、なんと20センチを超えてます!
蒲田の『ラーメン大』の血統を受け継いだ超過激な盛り付けではないか!
あまりに急傾斜のため、箸でつまむと野菜と魚粉が丼からパラパラと落下して、大変なことに・・・受け皿がもっと大きいと良いのですが・・・
それでも、魚粉のおかげで野菜が旨い!・・・このトッピングはお勧めです!
10分ほどで野菜ゾーンをクリアすると、いよいよスープと麺の登場です。
スープは、少々油っこいけど、味はそれほど濃くなく、いい味出してます。
縮れた太麺は、モッチリした食感でスープを吸収してなかなか旨い!
別皿で出てきたニンニクと豚2枚を投入すると、一段と旨味が増します。
いつもは飲まないスープまで完食して、満腹度はジャスト100%。
日頃の野菜不足を解消して、大満足の一杯でした!
これで650円ですから、本当に良心的なお店だと思います!

お店の150メートル手前にコインパーキング(3台)があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
なんとも過激な盛り付けです!
これで普通盛りなの?・・・カツカレー並(ライス1キロ)650円!
衣がサックリ香ばしい、肉厚のトンカツ!
ようやく折り返し地点です!
メニュー(21年2月現在)
トラック野郎が集まるデカ盛り食堂です!
カツカレーがデカ盛りという、埼玉県加須市の『山崎屋食堂』に行きました。
大型トラックが10台以上余裕で駐車できる広大な敷地の片隅にお店があります。
テーブル40席ほどの店内は、プレハブ小屋のような簡素で飾り気のない作り。
体格の良いご夫婦が厨房を仕切り、おばあちゃんが料理を運びます。
土曜日の午前10時過ぎだというのに、作業服を着た屈強な男性が次々に来店します。
人気メニューのカツカレー並(ライス1キロ)は650円。
ちなみに大盛カツカレー(ライス2キロ)750円は、残すと罰金1,500円です。
100円増しでライスが2倍になるとは・・・ムチャクチャお得ではないか!
でも、さすがに大盛挑戦は無謀なので、カツカレー並を注文。
5分ほど待つと、「お待たせしました〜!カツカレー普通盛りです!」
どひゃ〜、こ・これで普通盛りなんですか?・・・「はい!」
おいおい、この店の普通盛りって・・・誰を基準にしてるんだ?
直径23センチの大皿に、まるでエアーズロックのように成形されたライスの丘!
その麓には、表面張力で今にもこぼれそうなカレーの湖が・・・
ライスの上には、普通サイズのトンカツがのっていますが、ライスの迫力に負けて貧弱に見えます!
う〜ん、なんだか、とても芸術的な作品ではないか!(←感動している場合ではありません!)
このカツカレー並を何とか攻略しなくては・・・
ボリュームは、明らかに『シュクリア』のチキンカツカレー大盛を超えてます!
とにかくライスの量が多いので、ペース配分が攻略のカギになります!
カレーは、それほど辛くなく、家庭的な味わい。
細かく刻んだ豚肉、ジャガイモ、玉ネギ、ニンジンがタップリ入っています!
トンカツは、衣がサックリ香ばしく、肉厚で食べ応えがあります。
ライス多めの配分で食べ進みますが、残り1/4でお腹が苦しくなってきます。
ここでベルトを緩めて、一気にラストスパート!
最後は少々飽きましたが、何とか完食して、満腹度は110%。
カレーもトンカツも十分満足できる味わいで、とても旨かったぞ!
それにしても、このカツカレー並を650円で提供して、お店は儲かるのでしょうか?
旨い!安い!ボリューム満点!・・・コストパフォーマンスは最強です!
午前10時から営業している、トラック野郎が集まるデカ盛り食堂でした!

↑このページのトップヘ