gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2009年05月

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
鳥ガラスープであっさり上品な味わい!・・・ちゃんぽん840円
スープの旨味を吸収したツルツルの太麺!
こちらも具だくさんで旨い!・・・皿うどん840円
極細麺は、香ばしくパリパリの食感!
旨そうなサンプルメニュー(21年5月現在)
新地中華街の人気店「蘇州林」
1泊2日で長崎の旨いものを食べつくす、長崎B級グルメツアー!
長崎といえば、やはり「長崎ちゃんぽん」
という訳で、1軒目は新地中華街の『蘇州林』飲茶・ちゃんぽん店へ。
メニューは、ちゃんぽん840円/ちゃんぽん大盛1,365円/特製ちゃんぽん1,260円/ピリ辛ちゃんぽん1,050円/フカヒレ姿ちゃんぽん1,890円/皿うどん840円/焼きビーフン840円など。
ちゃんぽん840円を注文して、5分ほど待つと運ばれて来ます。
うわ〜、色鮮やかで、とても旨そうではないか!
ラーメン丼ではなく、直径22センチの平べったい丼に盛り付けられています。
具材は、豚肉、海老、イカ、蒲鉾、竹輪、木耳、キャベツ、玉ネギ、ニンジン、タケノコ、エンドウなど。
鳥ガラベースのあっさりスープは、具材の旨味がよく出て、深い味わい。
豚骨のコッテリ系スープをイメージしていたら、とても上品な感じです。
スープの旨味を吸収した太麺は、パスタのようなツルツルのノド越し。
う〜ん、これはなかなか旨いぞ!
皿うどん(細麺)840円(太麺も選べます)も注文して、4人で試食。
細麺は、髪の毛のように極細で、香ばしくパリパリの食感がハマリます。
こちらも具材が豊富で、なかなかの味わい。
店員の若いお姉さんも、愛想がよく、とても親切でした。

2軒目は、佐世保バーガーを食べに、『ログキット』銅座店に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:ファミリー
揚げ立てのカツを使用した・・・かつ丼1,100円
半熟の卵がたまりません!
カツは、ふっくらやわらかくジューシーです!
テレビで紹介される、こだわりの「親子丼」1,000円
メニュー(21年5月現在)
親子丼の名店です!
嫁さんのリクエストで、久しぶりに『鳥つね自然洞』に行きました。
ここの名物は、テレビでも紹介される、こだわりの「親子丼」。
でも今回は、「かつ丼1,100円」にチャレンジです。
注文が入ると、豚肉にパン粉を付けて、じっくり揚げます。
熱々のトンカツをカットして、平鍋で調理して出来上がり。
うわ〜、見るからに旨そうなカツ丼ではないか!
たまらず一口・・・サクッ・・・ジュワ〜・・・おぉ〜、こりゃ〜たまらん!
カツはふっくら軟らかくてジューシー!
卵は絶妙な火の通り加減で半熟状態!
ご飯につゆと卵がしみ込んで、まさに卵ご飯です!
ボリュームは少なめなので、一気に完食。
いや〜、旨かった!
カツ丼は、鳥スープと蕎麦ぬかで漬けたお新香も付いています。
嫁さんが注文した「親子丼1,000円」も、卵の半熟加減が絶妙でした。
次回は、「かつ丼」と「親子丼」、どちらを選ぶか迷うところです。

お店の近くにコインパーキングがあります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 不明, 夜 5,000~10,000円
目的:友人・同僚と
鮮度抜群でボリューム満点!・・・刺身盛合せ
カニ味噌タップリの毛ガ二
岩ガキ
鮎の塩焼き
赤芋を使用した芋焼酎「甕ん中」
巨大なカサゴの骨の唐揚げ
デザートのスイカ
料理のオーダーは禁止です!
「オーダー禁止」・・・でも、鮮度抜群の旨い料理・・・しかも凄いボリューム!
おいおい、どんな店なんだ?・・・ムチャクチャ気になるぞ!
真相を確かめようと、予約して酒飲み4人で突撃です!
噂のお店『割烹 一清』は、八丁堀から10分ほど歩いた裏通りにあります。
カウンター10席ほど+小上がり18席+掘りごたつ4席の店内は、清潔な雰囲気。
真面目そうなご主人と気配りのある女将さんの2人で切り盛りしています。
とりあえずビールで乾杯すると・・・
女将さんが「料理はお任せになってますから・・・」と、次々に料理を運んで来ます。
そら豆、ホタルイカ、厚焼き玉子、岩ガキ・・・
おぉ〜、ホタルイカは今が旬だし、岩ガキは1人1個と大サービス。
ここで焼酎を注文すると、赤芋を使用した1.8リットルのカメ入り芋焼酎「甕ん中」が運ばれて来ます。(ネットで調べたら、酒蔵価格5,000円でした!)
カメからヒシャクですくってグラスに注ぎます。
すると、まだ食べ切らないうちに、大皿に豪快に盛り付けられた刺身盛合せが運ばれて来ます!
うわ〜、マグロのハットトリックや〜!
マグロの大トロ、中トロ、赤身、ウニ、アワビ、シマ海老、ホタテ、平貝、トリ貝、アオヤギ、シャコ、カサゴ、イカ、サバ・・・
こんなに単価の高いものばかり盛り付けちゃって・・・いいんですか?
脂がのった大トロに芋焼酎・・・う〜ん、こりゃ〜たまらん!
旨い刺身に感激していると、さらにここで大皿に盛られた「毛ガニ」の登場です!
毛ガニは、食べやすくカットされ、身がギッシリ詰まって、カニ味噌もタップリ!
さらに、鮎の塩焼き、カサゴの骨の唐揚げ、サヤエンドウの小鉢、お新香。
焼酎1.8リットルを飲み干し、デザートはスイカ。
旨いだけでなくボリュームが凄いので、もうお腹が一杯です!
そして、いよいよ注目のお会計。
割烹料理店で大人4人が約4時間、これだけ思い切り飲食したら、1人15,000円以上は覚悟しなくてはいけません。
ところが、お会計のメモを見てビックリ!・・・私の予想は見事に裏切られました!
4人で34,000円ということは・・・1人8,500円・・・安すぎです!
いくら築地が徒歩圏とはいえ、鮮度抜群の旨い料理をこんなに良心的な価格で提供するお店なんて、そうはお目にかかれないと思います。
いや〜、本当に素晴らしいお店ですね、気に入ったぞ!
旨い料理と芋焼酎を満喫して、幸せな気分でお店を出ました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
海鮮丼テンコ盛り700円
丼から天ぷらがはみ出してます!
海老、穴子、キスなど8種類の天ぷらがテンコ盛り!
このボリュームで700円・・・しかも旨い!
メニュー(21年5月現在)
お昼時は、行列ができます!
天丼を食べたくなり、横浜橋の『豊野』に行きました。
土曜日の正午前で、行列5人10分待ちと繁盛しています。
前回は、重さ1.5キロの「喰ってみろ丼」を攻略したので・・・
今回は、控えめに「海鮮丼テンコ盛り(600円+100円)」に挑戦です!
相変わらず親父ギャグを連発するご主人ですが、天ぷらを揚げる時は真剣そのもの。
タイミングを見計らって息子さんが丼のフチまでご飯を盛り付け、その上に揚げ立ての天ぷらを積み上げていきます。
狭い厨房で親子の息の合った連携プレーは見事です!
そして完成した海鮮丼テンコ盛りは・・・
どひゃ〜、丼から天ぷらがはみ出して、凄いことになってるぞ!
天ぷらは、海老、穴子、キス、ピーマン、ナス、かぼちゃ、シイタケ、しし唐の8種類。
これを丼にのせるのだから、立体的な盛り付けになるのも当然です!
海老はプリプリしているし、穴子もふっくら軟らかく仕上がっています!
う〜ん、ボリュームだけではなく、なかなか旨い天丼ではないか!
前半は美味しく食べ進みますが、後半はご飯の熱さで汗が止まらなくなります。
お腹も苦しくなりますが、たくあんで味を変えながらラストスパート!
思った以上に苦戦しましたが、何とか完食して、満腹度は110%。
いや〜、お店はお世辞にもきれいとは言えませんが、ここの天丼は旨い!
しかも、このボリュームで700円ですから・・・ご主人のサービス精神には頭が下がります。

お店の前の通りに、パーキングメーターがあります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 1,000~3,000円
目的:ファミリー
特選ラム肉ジンギスカン1,260円+追加ラム肉600円
セットは、テンコ盛りの野菜が標準装備です!
中札内鶏のハーブ風味590円
油断すると、すぐに焦げます!・・・中札内鶏のハーブ風味
ダシ汁を注ぐと一気に沸騰!・・・テクセル茶漬け
メニュー(21年5月現在)
デカ盛り店『大番』テレビ塔店に続き、札幌最後の夕食はジンギスカン。
娘がラム肉を食べられないので、豚肉、鶏肉、魚介も食べられる、『アサヒビール園 羊々亭』に行きました。
広々とした店内は、洒落た雰囲気で清潔感があります。
ジンギスカン食べ放題が2,100円〜とリーズナブルな価格設定。
今回は、単品でオーダーしました。
●特選ラム肉ジンギスカン1,260円+追加ラム肉600円・・・旨そうなラム肉とテンコ盛り野菜のセット。これだけでも、かなりのボリュームで食べ応えがあります。
●中札内鶏のハーブ風味590円・・・娘が気に入り、3人前食べました。
●テクセル茶漬け550円・・・熱した石の器にご飯と道産テクセル種羊肉がのっています。ダシ汁を注ぐと一気に沸騰して、雑炊状態に!これがまた旨い!
●スーパードライ中ジョッキ490円
他にカクテキ、デザートなど。
家族4人が1時間30分飲食して、お会計は7,000円。
クーポンを持参すると、10%割引になります。
http://www.asahibeer.co.jp/restaurant/garden/coupon/youyou.html
すすきの駅前という立地で、このお値段なら良心的だと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
見事な盛り付け!・・・冷やしたぬきそば大盛650円
これで650円は安い!・・・冷やしたぬきそば大盛
直径23センチの大皿にテンコ盛りです!
硬めの茹で加減でコシがあります!
メニュー(21年5月現在)
札幌テレビ塔B1のグルメコート内にあります。
小樽の激安食堂『まるた』に続き、札幌テレビ塔の地下にあるデカ盛り店『大番』へ。
L型カウンター15席の店内は、飾り気のないシンプルな作り。
メニューは、もりそば400円/おろしそば500円/冷やし山菜そば550円など。
盛りがよいと評判の冷やしたぬきそば550円+大盛100円の食券を購入。
注文が入ってから蕎麦を茹で、豪快に盛り付けます。
うわ〜、デカッ!
直径23センチの大皿に山盛り状態の蕎麦!
揚げ玉、キュウリ、大根おろし、海苔がタップリ盛られ、山頂には生卵がのってます!
このボリュームで650円とは・・・たまげた!
蕎麦はやや硬めの茹で加減でコシがあり、つゆは甘みの少ないタイプ。
大量の揚げ玉のおかげで、マイルドな味わい。
う〜ん、なかなか旨い冷やしたぬきそばではないか!
朝から『ルタオ』と『まるた』でハシゴしているので、お腹が苦しいけど、何とか根性で完食。
早い!安い!旨い!ボリューム満点!
こういう良心的なお店は大好きです!
ちなみに『大番』の蕎麦は機械打ち、向かいの『大番二の丸』は手打ちでボリュームは普通です。

札幌最後の夕食は、ジンギスカンを食べに、『アサヒビール園 羊々亭』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★☆☆☆ 2pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
小樽の価格破壊や〜!・・・いちまる丼1,000円
いちまる丼を後ろから見ると、こんな感じ。
ウニ・イクラ丼850円(伊勢海老のお汁付き)
トロ鉄火丼680円(伊勢海老のお汁付き)
メニュー(21年5月現在)
コインパーキングの中に入口があります。
『ルタオ』本店に続き、小樽の昼食は、すし屋通りのディープな食堂『まるた』に行きました。
この食堂は、観光客にはあまり知られていない、地元客で賑わう激安食堂らしい。
すし屋通り沿いにある広いコインPの中に、ひっそりと店を構えています。
カウンター10席ほど+小上がり12席の店内は、昔ながらの定食屋という雰囲気。
祝日の開店直後だというのに、地元の家族連れや一人客で賑わっています。
ご夫婦と娘さんの家族経営ですが、愛想は無いし、お冷もセルフサービスです。
壁一面にベタベタと手書きのメニューが貼ってあります。
鉄火丼550円/イクラ丼550円/トロ鉄火丼680円/ウニ・イクラ丼850円/ウニ丼1,000円/いちまる丼1,000円/刺身定食600円/ホッケ焼き定食550円/かにみそ100円/ホタテ刺し300円/ボタン海老刺し600円/中生ビール420円・・・
どひゃ〜、すし屋通りとは思えない、目を疑うような激安メニューばかりではないか!
豊富なメニューの中から、いちまる丼1,000円×2、トロ鉄火丼680円、ウニ・イクラ丼850円を選び、卓上のメモ用紙に記入して注文します。
それから30分以上待つと、ようやく運ばれて来ます。
うわ〜、ネタがキラキラと輝いて、ムチャクチャ旨そうではないか!
これはまさに・・・海の宝石箱や〜!
●いちまる丼は、直径16センチの丼に、ウニ、イクラ、中トロ、ほっき貝、数の子、ホタテ、ヒラメ、エンガワ、ボタン海老、サーモン、タコ、トビッコ・・・
しかも刺身は、2〜3切れずつ入っています!
●ウニ・イクラ丼は、丼一面にイクラが敷き詰められ、中央にウニ。
ウニは少なめですが、850円ですから贅沢はいえません。
●トロ鉄火丼は、脂がのった中トロが12切れ。これで680円・・・あり得ません!
さらに、各丼物には、伊勢海老のお汁が付いています!
すし屋通りの相場では、海鮮丼やウニ丼は2,000円〜3,000円が当たり前。
ということは、このお店は周辺の1/2〜1/3の地元価格!
しかも、安いだけでなく、ネタも新鮮で激ウマ!・・・いいですね〜、気に入ったぞ!
注文してから待ち時間が長いので、時間に余裕を持って行きましょう。

6軒目は、札幌テレビ塔の地下にあるデカ盛り店『大番』に行きました。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
いちごタルトセット903円
ドゥ−ブルフロマージュセット819円
生チョコロールセット819円
フルーツロールセット819円
小樽の街を眺められるテラス席がお勧めです!
小樽のランドマーク「ルタオ」のクラッシックな建物!
『札幌相撲茶屋』に続き、翌日は小樽に移動して、『ルタオ』本店に行きました。
小樽のランドマークとなっている『ルタオ』のクラッシックな建物。
1階はケーキやお土産の販売、2階は喫茶コーナーになっています。
「室内は禁煙席、テラスは喫煙席となっていますが・・・」
天気も良いし、小樽の街を眺められるテラス席にしました。
ケーキセットは、Aセット819円、Bセット903円。
ケーキの種類によって、A又はBに分類されています。
ドリンクは、コーヒー、紅茶、オレンジジュースから選べます。
●(A)ドゥーブルフロマージュ・・・ルタオの1番人気。チーズと生クリームが口の中でフワッと消えていきます。これまでのコッテリとしたチーズケーキのイメージが変わります。
●(B)いちごタルト・・・甘さ控えめの生クリームとパイが美味しい。
●(A)生チョコロール・・・チョコの甘さとイチゴの甘酸っぱさが絶妙なバランス。
●(A)フルーツロール・・・派手さはありませんが、ふんわり軽い食感がたまりません。
それぞれ試食しましたが、全体に軽い食感で、甘さは控えめ。
甘いものが苦手な私でも、ここのケーキは美味しくいただきました!
美味しいケーキとドリンクがセットでお値段も手頃。
店員の若いお姉さんも、写真を撮ってくれたり、気配りのある接客で好印象。
また小樽に行く機会があったら、ぜひ利用したいお店です!
天気が良ければ、眺めの良いテラス席がお勧めです!

小樽の昼食は、すし屋通りのディープな食堂『まるた』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:ファミリー
大トロ状態で、口の中でとろけます!・・・宗像牛炙り850円
ボタン海老刺(3尾)1,050円
霜降り馬刺し850円
ずわい・たらば盛1,500円
「るるぶ見ました!」で刺身盛合せがサービスになります!
スープにコラーゲンボールを投下して、しゃぶしゃぶします!
『すみれ』札幌すすきの店に続き、2日目の夕食は、『札幌相撲茶屋』に行きました。
予約してお店に行くと、個室に案内されました。
このお店は、「るるぶ」に掲載されていて、「るるぶ見ました!」で刺身盛合せがサービスになります!
●刺身盛合せ(サービス)・・・マグロ、サーモン、タコの3点盛。見た目も豪華で、これはうれしいサービスです!
●美肌サラダちゃんしゃぶ980円×2人前・・・豚バラ肉、チーズ、野菜のしゃぶしゃぶ。チーズコラーゲンボールがお肌に良いらしい。いろんな具材を追加したら、最後は〆の雑炊。豚肉、魚介の旨味を吸収した雑炊が旨い!
●ボタン海老刺3尾1,050円・・・特大サイズで甘みがあります!
●ずわい・たらば盛1,500円・・・ほとんど娘たちが食べました。
●宗像牛の炙り850円・・・大トロ状態で、口の中でとろけます。絶品です!
●霜降り馬刺し850円・・・霜降りですが、牛と比べるとヘルシーな味わい。
他に、キムチ350円、焼酎ボトル1,600円などを注文。
家族4人が2時間飲食して、お会計は14,660円。
それほど期待していませんでしたが、つまみが美味しくて、お値段も手頃。
このお店は、穴場かもしれません。
コラーゲンを補給して、お肌がツルツルになったような気がしました。

翌日は、小樽の『ルタオ』本店に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 不明, 夜 1,000円以下
目的:ファミリー
行列店「すみれ」の味噌ラーメン900円
中太麺をはしで持ち上げると、勢いよく湯気が立ち上ります!
メニュー(21年5月現在)
「すすきの」から徒歩1分の好立地です。
『海のがき大将』すすきの南4条店で海の幸を満喫して、2軒目は本場の札幌味噌ラーメンを食べに、『すみれ』札幌すすきの店に行きました。
土曜日の午後11時で、行列10人10分待ち。
カウンター15席+テーブル8席の店内は、まだ新しく小洒落た雰囲気。
メニューは、味噌ラーメン900円/塩ラーメン800円/正油ラーメン800円/昔風ラーメン900円/チャーシューメン(味噌)1,100円など。
行列店ということもあって、強気な価格設定です。
並んでいる間に、味噌ラーメン900円の食券を購入。
席に案内されると、すぐに運ばれてきます。
見るからに濃厚そうなスープの表面を熱々で透明なラードの膜が覆っています。
中太麺をはしで持ち上げると、勢いよく湯気が立ち上ります。
まずスープを一口・・・熱チチッ!・・・熱々のスープで口の中が火傷しそうです!
コッテリ濃厚なスープは、他店では味わえない個性を感じます。
具材は、細かく刻んだチャーシュー、申し訳程度にメンマ、モヤシ、ネギが少々。
う〜ん、体が冷え切った状態で食べれば、すごく美味しく感じるかもしれないけど・・・
スープが濃厚なだけで、味わいは今一つという感じ。
この具材の貧弱な味噌ラーメンが900円では、コストパフォーマンスが悪すぎるぞ!
東京でも、700円も出せば美味しい味噌ラーメンが食べられますから・・・
このお店は、客席23席に対してスタッフが7名もいます。
残念ながら美味しいラーメンを低価格で提供する努力が感じられませんでした。

3軒目は、すすきの『札幌相撲茶屋』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:ファミリー
ウニ・イクラ丼2,400円、鮭イクラ親子丼1,600円
刺身盛合せ2,800円
活ホタテ刺し550円
本まぐろトロ1,680円
カニみそ450円
つぼだい開き850円
ゴールデンウィークに家族で札幌に行きました。
初日の夕食は、函館でも利用した、『海のがき大将』すすきの南4条店へ。
ここは観光客より地元客の利用が多く、新鮮な海産物を良心的な価格で食べられる居酒屋です。
予約してお店に行くと、個室に案内されました。
●刺身盛合せ2,800円・・・ウニ、ホタテ、サーモンなど豪華7点盛り。
●ウニ・イクラ丼2,400円・・・甘みのあるウニ、イクラの醤油漬けがタップリ。
●鮭イクラ親子丼1,600円・・・鮭とイクラで親子ですか・・・なるほど。
●活ホタテ刺し550円・・・貝柱も旨いが、ヒモのコリコリ食感がたまりません。
●本まぐろトロ1,680円・・・脂がのっていて、口の中でとろけます。
●カニみそ450円・・・かにみその濃厚な味わいで、お酒が進みます。
●つぼだい開き850円・・・身が厚く、脂がのっていてハマリます。
他に、キングサーモンハラス590円/ザンギ390円/たこ揚げ490円/イカ刺し700円/鍛高譚ボトル1,800円など。
つまみは、どれも美味しく、ハズレがありません。
嫁さんと娘2人は、「美味しい!」を連発して、苦手なものまで食べていました。
家族4人が2時間飲食して、お会計は16,250円。
北海道の海の幸を思う存分満喫して大満足でした!
クーポンを持参すると、生ビールorソフトドリンクが1人1杯サービスになります!
http://r.gnavi.co.jp/h055303/map1.htm

2軒目は、本場札幌の味噌ラーメンを食べに、『すみれ』札幌すすきの店に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
山盛りライスにお皿からこぼれそうなカレールー!
直径32センチの大皿で出てきます!・・・エッグカレー大盛760円
和式便器じゃないぞ!・・・エッグカレー大盛760円
エッグカレー(ビーフ中辛)の具材は、牛肉とゆで玉子
メニュー(21年4月現在)
ママさんが満面の笑みで迎えてくれます!
デカ盛りカレーを食べに、幡ヶ谷の『スパイス』に行きました。
テーブル20席ほどの店内は、少々狭めですが、明るく家庭的な雰囲気。
ママさんが満面の笑みで迎えてくれます。
エッグカレー(ビーフ中辛)620円+大盛140円を注文すると・・・
3分ほどでご主人が運んで来ます。
うわ〜、デカッ!
直径32センチ×18センチの巨大なステンレス皿に、こんもりと盛り付けたライスの山!
そして、お皿からこぼれる寸前までタップリ注がれたカレールー・・・
まるで、藤沢『シュクリア』のカレー大盛のように過激な盛り付けではないか!
ご主人の話では、「ブログで紹介されてから、大盛を注文して食べ残す人が多くなり、今はライスを2割ほど減らしています。」とのこと。
えっ、これでライスを減らしているの?
これでも十分にデカ盛りなんですけど・・・
カレールーは、甘酸っぱさを感じる独特の味わい。
中辛でもそれほど辛さは感じませんが、食べ進むと額から汗がにじんできます。
ゴロッと大きめの牛肉4切、ゆで玉子が入っています。
ライスとカレールーの割合も丁度良い感じ。
最後まで美味しく完食して、満腹度は90%。
ボリューム満点で、しかも安い!・・・気に入ったぞ、このお店!
ママさんの接客は、少々オーバーですが、気配りがあり、おもてなしの心を感じます。
おかげで、気分良く食べることができました。
デカ盛り自慢のお店かと思ったら、女性の利用も多い、地域密着型の良心的なカレーショップでした。

甲州街道からお店に向かうと、左側に大きなコインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
うわ〜、中華の源泉かけ流しや〜!・・・えびそば950円
海老と野菜のあんが、表面張力状態!・・・えびそば950円
直径20センチの深い丼は、海老と野菜で埋め尽くされています!
プリプリの海老が23尾も入ってます!
メニュー(21年4月現在)
お店の裏に広い専用駐車場があります。
ETC割引で、アクアラインが片道1,000円!
さっそくテレビで紹介された千葉県勝山のデカ盛り店『住吉飯店』に行きました。
デカ盛りメニューは、モヤシ麺800円/えびそば950円/五目そば880円など。
えびそば950円を注文すると・・・
コック帽をかぶった体格の良いご主人が手際よく調理して運ばれてきます。
うわ〜、こ・これは・・・中華の源泉かけ流しや〜!
直径20センチの深い丼は、海老と野菜のあんで表面張力状態!
スープは溢れて、受け皿にこぼれちゃってます!
この過激な盛り付けは・・・まるで『ぼんち食堂』の「うま煮そば」ではないか!
具材は、海老、キャベツ、白菜、玉ネギ、ニンジン、竹の子、インゲン、キクラゲなど。
色鮮やかな食材が、ムチャクチャ旨そうではないか!
まずは、海老を一口・・・熱ちちっ!
あんが熱を封じ込めているので、口の中がヤケドしそうだぞ!
透明感のあるスープは、ほど良い塩加減で、ショウガが効いています。
プリプリ食感の海老と野菜にスープがマッチして、とても旨い!
しかも海老は、食べても食べても湧き出してくる感じ。
こりゃ〜、海老好きにはたまらんぞ!
数えてみたら、なんと海老が23尾も・・・
こんなに大サービスで、お店は儲かるのでしょうか?
野菜の下から細麺を引きずり出すと、少々のびかけています。
あちゃ〜・・・細麺を先に食べればよかった。
スープが冷めないので、汗が止まりませんが、最後まで美味しく完食して、満腹度は80%。
スープの熱さには苦戦しましたが、とても旨いえびそばでした!
味も良く、とっても良心的なデカ盛り店です。

お店の裏に広い専用駐車場があります。

↑このページのトップヘ