gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2009年09月

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
直径23センチのお皿にテンコ盛り!・・・ソース焼きそば大盛620円
縁日の焼きそばなら、3人分はあるかも?
珍来名物のソース焼きそば大盛620円
ウェットタイプのソース焼きそば!
メニュー(21年9月現在)
地元密着型の大衆中華料理店です!
炒飯とソース焼きそばの盛りが良いという、新小岩の「『珍来』」。
ルミエール商店街のアーケード内にある、大衆中華のお店です。
カウンター6席+テーブル30席ほどの店内は、明るく清潔な雰囲気。

ソース焼きそば大盛(470円+150円)を注文すると・・・
うわ〜、なかなか見事な盛り付けではないか!
直径23センチの大皿に、これでもかと盛り付けられたソース焼きそば!
こりゃ〜、焼きそば好きには、たまらんぞ!
具材は、キャベツ、モヤシ、豚肉が少々。
山頂には青海苔が振り掛けられ、紅ショウガがタップリ添えてあります。
さっそく食べてみると・・・
う〜ん、麺がやわらか過ぎて、コシがないぞ!
それに、水分を十分に飛ばしていないウェットタイプではないか。
私は縁日の焼きそばのように、鉄板でよく炒めて、麺もモッチリとコシがある方が好みだぞ!
それでも、焼きそばは大好物なので、余裕で完食して、満腹度は80%。
お腹はまだ物足りない感じですが、普通の男性なら十分なボリュームだと思います。
価格も手頃なので、お昼時は地元のお客さんで賑わっていました。
次回は、炒飯大盛を攻めてみよう。

お店の周辺に、コインパーキング(15分/100円)があります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
これが「うどん」なのか?・・・もり(太うどん)大盛600円
実物を見たら、思わず笑い転げると思います!
割箸と比べると、ムチャクチャ太いぞ!
超極太のため、つゆに浸すのも大変な作業です!
メニュー(21年9月現在)
桶川名物の超極太うどんを食べられます!
墓参りの帰り道、桶川名物の極太うどんを食べに、「『大木うどん店』」へ。
開店前から、地元や他県ナンバーの車が次々に来店し、駐車場が埋まっていきます。
テーブル12席+小上がりの店内は、まだ新しく広々しています。
入口脇の麺打ち場では、Tシャツ姿の若旦那が一生懸命うどんを打っています。
メニューは、もり・かけ(太うどん・細うどん)各500円/カレーうどん700円/麻婆うどん700円/鴨汁うどん950円など。

もり(太うどん)大盛500円+100円を注文。
30分以上待って、運ばれて来たのは・・・
どひゃ〜、これはいったい・・・何ですか?
直径17センチの丼に盛り付けられた、なんとも奇妙な形状をした白い物体!
「きしめん」よりはるかに幅広く、「ほうとう」よりも明らかに分厚い・・・
これをうどんと呼んでよいのだろうか?
しかも、うどんの太さと長さが全然揃っていません!
一番太いのは、弁当用のお箸ケースぐらいの太さがあるし・・・
とにかく、こんなに極太で短いうどんは見たことないぞ!
割箸で持ち上げると、重力に逆らって極太うどんがスタンディング〜!
硬くて棒のような形状なので、つゆに浸すだけでも、大変な作業です。

さっそく食べてみます・・・って、極太すぎて、すすれないぞ!
仕方ないので、一口ずつ噛み切りながら食べることに・・・
うわ〜、まるで小麦粉粘土をかじっているみたいだぞ!
中心部は、まだ粉っぽかったりして、うどん好きの私でも評価は微妙なところ。
ちなみに、うどんの上には油揚げとネギがのり、つゆはあまり特徴のないタイプ。
食べにくい極太うどんに苦労しながらも完食して、満腹度は70%。
それにしても、恐ろしく個性的でサプライズな一品でした!
これはB級というよりも・・・ウルトラC級に認定しましょう!
桶川に行く機会があったら、ぜひ、この極太うどんに挑戦していただきたい。
実物を見たら、思わず笑い転げると思います!

お店の前に、専用駐車場18台分があります。

【店舗情報の補足】
住  所:桶川市川田谷3366-1(愛宕神社の隣)
営業時間:平 日11:30-13:30頃(売切れ終了)
     土日祝11:30-13:00頃(売切れ終了)
     ※終了時間は、電話で確認できます。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
ランチメニュー(21年9月現在)
ランチの海鮮丼が安くてボリューム満点です!
ランチの海鮮丼が安くてボリューム満点と評判の小伝馬町「『寿司富』」。
【今回は、ご主人の希望により、料理の写真撮影は自粛しました。】
ランチは、鉄火丼、ちらし、三色丼(イカ、タコ、マグロ)の3種類で、各800円。
サイズは、「小」「普通」「すりきり」「ちょい」から選べて、すべて同一料金。
「ちょい」を食べると「中」、「中」を食べると「大」を注文できるようです。

今回は、初めてなので、鉄火丼「ちょい」800円をすると・・・
うわ〜、デカッ!
直径17センチの深い丼に、こんもりと敷き詰められたマグロの山!
いやいや、敷き詰めたというより、二重、三重に積み重なっているぞ!
マグロは、しっとりしていて、ぜんぜん水っぽくありません。
赤身ですが、なかなかよい部分を使用しているようです。
数えてみると、マグロがなんと20切れもあるではないか!
さらに、黄金イカ、ガリも添えてあります。
こんなに大サービスで、お店が儲かるのか心配になります。
マグロ1切れに酢飯2口のペースで食べ進むと、マグロが残ってしまいそう!
こんなに贅沢な鉄火丼は、なかなか食べられないぞ!
味噌汁を飲みながら一気に完食して、満腹度はジャスト100%。
さらに、娘の残した鉄火丼も残さず完食。
いや〜、やっぱり寿司屋の鉄火丼は旨いなぁ〜!
これだけのネタを800円で提供するお店は、なかなかお目にかかれないぞ!
ご主人のサービス精神には、頭が下がります!
今回は「ちょい」をクリアしたので、次回は、三色丼「中」を食べてみよう!

お店の周辺に、パーキングメーターとコインパーキングがあります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
凄いボリューム!・・・田舎うどん(うどん食べ放題)700円
特大の海老かき揚げ、ちくわ天、カボチャ天が付いてます!
見るからに旨そうなうどんは、普通で500グラム!
手打ちのため、きしめん風のうどんも混じっています!
肉汁うどん(小)600円
メニュー(21年9月現在)
半券でビールなどをゲットできます!
外観は、普通の住宅で、看板もありません!
武蔵野うどんが旨いと評判の国分寺「『うどん処 七』」。
お店の外観はごく普通の住宅で、しかも看板もありません。
しっかり情報収集して行かないと、お店にたどり着けません。
住宅のリビングを改造した店内には、カウンター9席+テーブル18席。
リビングの片隅には、うどんを打つ専用スペースも確保されています。
昔は英語塾を経営していたという、年配のご夫婦が切り盛りしています。
メニューは、田舎うどん(天ぷら3ケ付)700円/肉汁うどん(同1ケ付)700円/ゴマダレうどん(同2ケ付)700円の3種類。
うどんは、基本が500グラムで、しかも、食べ放題という太っ腹なシステム!
小食の方には、「小」600円が用意されていて、こちらはお代わりできません。

私は、田舎うどん700円、嫁さんと娘は、田舎うどん「小」600円と肉汁うどん「小」600円の食券を購入。
10分ほど待つと、うどんと天ぷらが運ばれて来ます。
うわ〜、こ・これは・・・すごいボリュームではないか!
直径15センチの深い丼に500グラムの山盛りうどん!
そして、揚げたて熱々の海老かき揚げ、ちくわ天、カボチャ天の3点盛り・・・
しかも、海老かき揚げは、直径15センチ×厚さ5センチのジャンボサイズ!
この海老かき揚げだけでも、お腹一杯になりそうだぞ!
いかにも手打ちという感じのうどんは、モッチリしていて、適度なコシがあります。
つゆは、ダシを強烈に効かせたタイプで、うどんの旨さをナイスアシスト。
モッチリうどんとダシが効いたつゆの絶妙なハーモニー!
こりゃ〜、うどん好きにはたまらんぞ!
次に海老かき揚げを食べてみると・・・これがまた激ウマです!
具材は、小海老、タマネギ、ニンジン、大葉、昆布で、サクサクの食感!
これだけ分厚いかき揚げを上手に揚げるのは、相当なテクニックが必要でしょう。
ちくわ天もふっくら、カボチャ天も甘くてホクホクの仕上がりです。
天ぷらを食べ切れない方のために、お持ち帰り用のビニール袋も用意してあります。
卓上には、ネギ、おろしショウガ、ゴマ、予備のつゆなどが用意されて使い放題。
美味しいうどんを味わいながらを完食して、満腹度は70%。
まだお腹に余裕があるので、お代わりしようと思ったら・・・
「小」を注文した嫁さんと娘が食べ切れなかった大量のうどんを手伝うことに・・・
結局、お代わりしなくても満腹になってしまったぞ!

さらに、食券の半券は金券として使用でき、1枚で発泡酒、2枚でビール、5枚で食事1回が無料!
しかも当日から使用できるので、嫁さんは昼からビールをゲットして上機嫌!
それにしても、何から何まで至れり尽くせりで、ご夫婦のおもてなしの心を感じます。
うどんと天ぷらが旨くて、しかも低価格でサービス満点!
いや〜、本当に素晴らしいお店でした!

国分寺駅に向かう途中にパーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
駒形どぜうの名物「どぜうなべ」1,650円
ごぼうとネギをタップリのせてガスコンロで加熱!
ごぼうが煮えたら出来上がり、七味と山椒を振りかけて!
鯨ベーコン1,100円
はも天ぷら780円
メニュー(21年9月現在)
ドジョウを食べに、久しぶりに「『駒形どぜう』渋谷店」へ。
ビルの4階に移転した新店舗は、下町の情緒ある雰囲気を再現しています。

●どぜうなべ1,650円+ささがきごぼう350円
あらかじめ調理したドジョウを浅い鉄鍋に並べ、ごぼうとネギをタップリのせます。
ガスコンロで加熱して、ごぼうが煮えたら出来上がり。
卓上に用意された、七味や山椒を振りかけていただきます。
おぉ〜、ドジョウがやわらかく煮えて、こりゃ〜たまらん!
全然ドロ臭くないし、骨も気になりません。
タレで煮込まれているので、ついつい焼酎が進みます!
すぐに食べ終えて、お代わりを注文。
やはり、このお店に来たら、看板メニューの「どぜうなべ」を食べないとね!
●はも天ぷら780円(季節メニュー)
はも天×2、ナス天、カボチャ天、プチトマト天×2の盛り合わせ。
はも天は、ふっくら淡白な味わいで、なかなか旨い。
野菜よりも、はも天を増量してくれるとうれしいのですが・・・
●鯨ベーコン1,100円
大好物の鯨ベーコンが定番メニューとなっているのも、このお店の魅力。
今ではすっかり高価なツマミとなりましたが、ここでは手頃な価格で味わえます!
●お酒は、瓶ビール620円×2本と麦焼酎ボトル3,000円。

大人3名が2時間ほど飲んで、お会計は11,690円。
ドジョウ料理を手頃な価格で味わえる、お気に入りのお店です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
ぶっかけヘル盛り1.3キロ800円(30分挑戦メニュー)
30分以内に完食すれば、300円返金されて、500円に!
直径24センチの洗面器のような丼に、讃岐うどんの山!
うどんは、モッチリ、ツルツルのノド越し!
30分挑戦メニュー(21年9月現在)
讃岐うどんが安くて旨いお店です!
デカ盛りメニューがあるという、横須賀の「『うどん工房さぬき』」に行きました。
お店は、豪快な海鮮天丼が名物の「『天丼の岩松』」のすぐ近くにあります。
カウンター5席+立ち食い10人ほどの店内は、壁一面にメニューが貼ってあります。
ぶかっけヘル盛り1.3キロ800円は、30分以内に完食すれば、300円返金される挑戦メニュー。
ちなみに、ぶっかけメガヘル盛り2キロ1,000円も同内容の挑戦メニューです。
さすがに2キロは無謀なので、ヘル盛り1.3キロに挑戦です!
特に制止もなく注文が通り、10分ほど待つと、ヘル盛りの登場です。
うわ〜、デカッ!
直径24センチの洗面器のような丼に、大量に盛り付けられた、讃岐うどんの山!
その上に、これまた山盛りの大根オロシと万能ネギが振りかけてあります。
丼を持ち上げると、ずっしりと重さを感じます。
おいおい、1.3キロって、こんなにあるのか?・・・これはかなり手強いぞ!
制限時間が30分だけに、少々不安になります。
店員さんが、キッチンタイマーをセットして計測開始。
茹でたてのうどんは、みずみずしく、透明感があります。
適度なコシがあり、モッチリ、ツルツルのノド越しがたまりません!
おぉ〜、なかなか旨い讃岐うどんではないか!
絡み合ううどんを口でくわえて引きずり出し、モリモリと食べ進みます。
立ち食いのおかげで、食道の通りがよく、15分ほどで完食して満腹度は110%。
店員さんに完食を告げると、300円の入った大入袋をいただきました。
あれ・・・ということは・・・800円−300円=500円
なんと、このヘル盛り1.3キロを500円で食べられるのだ!
おいおい、なんて良心的なお店なんだ!
讃岐うどんが、旨い!安い!ボリューム満点!・・・こういうお店は大好きだぞ!
次回は、「『うどん工房さぬき』」伊勢佐木町店を攻めてみよう。

お店の周辺にコインパーキング(15分/100円)があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
揚げ物を立体的に積み重ねた・・・ジャンボランチ大盛1,250円
メタボな中年には危険な高カロリーランチです!
直径36センチの大皿に揚げ物がテンコ盛り状態です!
野菜もタップリ補給できます!
メニュー(21年9月現在)
なんとも興味をそそられる店構えです!
六角橋仲見世通りのディープな路地の外れにある洋食屋「『キッチン友』」。
カウンター5席+テーブル4席+2階の店内は、わりと清潔な雰囲気。
コック帽の真面目そうなご主人とモンチッチ風の茶髪のママさんが切り盛りしています。
名物のジャンボランチ大盛(1,200円+50円)を注文すると・・・
狭い厨房でご主人が手際よくフライを揚げ、大皿に盛り付けていきます。
そして、出てきたのは・・・
どひゃ〜、料理も凄いボリュームだけど、お皿がとんでもなくデカイぞ!
直径36センチの大皿に、トンカツ、海老フライ、ハンバーグ、鶏肉唐揚げ×2、目玉焼き、パスタ、生野菜・・・
ライスは、型に入れて盛り付け、さらに上からもう一回重ねた2階建て構造。
デカ盛りを見慣れている私でもビビルほど、凄まじいボリューム!
しかも、揚げ物中心で、メタボな中年には危険な高カロリーランチです!
さっそく食べてみると・・・
海老フライは、衣がサックリ、海老はプリプリの食感。
トンカツの肉は薄めですが、とてもやわらか。
ハンバーグは、いかにも手作りという感じで、デミソースがいい味出しています。
平べったい鶏肉唐揚げは、胸肉を使用して、サッパリ風に仕上げています。
ライスは、私の大好きな硬めの炊き加減。
モリモリと食べ進み、赤ダシの味噌汁を飲み干して、満腹度はジャスト100%。
いや〜、旨かった!
食べ切れるか心配しましたが、あっさり完食しちゃいました。
価格は少々高めですが、ガッツリ食べて、満足度の高いB級ランチでした!

周辺にコインパーキングがあります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
富士山のような見事な盛付け!・・・ざるそば大盛550円
ざるそば大盛550円!
初挑戦の蕎麦は、平打ちでした!
激辛の辛しと揚げ玉は無料です!
私のお勧め!冷やしたぬきうどん350円
釜玉うどん400円
肉わかめうどん400円
メニュー(21年8月現在)
吉田うどんが安くて美味しい、「『柳原うどん』」。
家族で山中湖に行くと必ず立ち寄るお店です。
開店直後から、次々にお客さんが来店し、席が埋まっていきます。
いつも「冷やしたぬき」ばかり食べているので、今回は「ざるそば」に初挑戦!
ざるそば大盛(450円+100円)を注文すると・・・
直径21センチのお皿に、蕎麦をこんもりと盛り付けた、プチデカ盛り状態!
いいですね〜、この盛り付け!
蕎麦は平打ちで、それほどコシは強くありません。
つゆは、かなりしょっぱい下町風。
ノーマルの状態で少し味わってから、オリジナルの辛子と無料の揚げ玉を投下。
おぉ〜、この刺激がたまらんぞ!
激辛の蕎麦を味わいながら、最後まで美味しく完食して、満腹度は70%。
いや〜、蕎麦もなかなか旨かったけど・・・
やっぱり、このお店では、「冷やしたぬきうどん」がお勧めです!

お店の前に、広い専用駐車場があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
数量限定の人気メニュー、海鮮丼600円!
海鮮丼にシーチキンが・・・
この内容で600円は、お得だと思います!
温泉卵とサラダも付いてます!
ランチ定食500円は、ご飯、味噌汁のおかわり無料!
ランチが激安の穴場的なお店です!
忍野八海から車で3分、魚屋が経営する海鮮料理のお店「『魚芳 旬鮮道場』」。
広々とした店内には、東国原宮崎県知事のサイン色紙が飾られています。
ランチは、刺身定食、うなぎ定食、焼魚定食など、全品500円と超激安!
しかも、ライス、味噌汁のおかわり無料と太っ腹です!

僕が注文したのは、数量限定(この日は8個)の人気メニュー、海鮮丼600円。
海鮮丼に味噌汁、サラダ、温泉卵、漬物が付いています。
おぉ〜、600円にしては、なかなか豪華な内容ではないか!
海鮮丼は、直径20センチの丼をネタが埋め尽くしています。
マグロ、ネギトロ、ブリ、サーモン、ホタテ、数の子、タコ、小海老、シーチキン、玉子焼、生野菜・・・
少々貧弱なネタもありますが、この価格ですから、文句を言ってはいけません。
酢飯も十分なボリュームで、見た目以上にお腹にたまります。
ネタが豊富なので、美味しく完食。
アイスコーヒー100円を飲み干して、満腹度は80%。
コストパフォーマンスが素晴らしく、味もなかなか。
嫁さんと子どもたちも気に入った様子。
次回は、500円ランチを食べてみよう。
「『柳原うどん』」、「『海の家』」に続き、また、お気に入りのお店が増えました!

お店の前に専用駐車場があります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
直径19センチの土鍋にテンコ盛り!冷五目うどん(大盛)945円
相変わらず遠慮のない過激な盛り付けです!
天ぷらの下にも、具材が隠れてます!
むちゃくちゃコシの強いうどん!
サービス品のおでん、アイスコーヒー!
普通盛りとは思えない!・・・焼肉定食930円
冷しメニュー(21年8月現在)
うどん、そばメニュー(21年8月現在)
すべてのメニューがデカ盛りと評判の埼玉県『古都』。
冷五目大盛(840円+105円)を注文すると・・・
サービスの、おでんとアイスコーヒーが運ばれて来ます。
そして、冷五目大盛の登場です!
うわ〜、こ・これは凄いぞ!
直径19センチの深い土鍋に、天ぷらがテンコ盛り!
相変わらず、遠慮のない過激な盛り付けです!
天ぷらは、海老、ナス、カボチャ×2、サツマイモ。
さらに、キュウリ、玉子焼き、しいたけ、蒲鉾、山菜も埋まっています。
うどんは、割り箸ほどの太さで、物凄いコシの強さ。
つゆは、甘さ控えめのサッパリタイプ。
絡み合ううどんを口でくわえて、引きずり出しながら食べ進みますが・・・
うどんのコシが強いので、あごが疲れてきます。
それでも、具材が豊富なので、飽きずに完食。
おでんとアイスコーヒーを飲み干して、満腹度は110%。
いや〜、デカ盛り店の大盛だけに、とんでもないボリュームでした!

同行したE君は、焼肉定食930円を注文。
こちらも、普通盛りとは思えない、大量の焼肉とテンコ盛りのライス。
何とか完食したE君ですが・・・
「しばらく焼肉は食べたくない」とのコメントでした!

お店の隣と向かいに専用駐車場があります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
ランチの「とんかつ定食」750円
ライスと味噌汁は、おかわり無料なのだ!
なかなかのボリュームです!
脂身少なめで、ジューシー感は今一つ。
メニュー(21年8月現在)
「鳥からあげ定食」が名物の『とんかつ三田』。
久しぶりに訪れると、ランチが800円⇒750円にプライスダウン!
いまどき、値下げなんて珍しいぞ!
今回は、とんかつ定食750円を注文。
10分ほど待つと、揚げ立ての熱々が運ばれて来ます。
おぉ〜、衣がこんがりキツネ色で、とても旨そうではないか!
直径21センチのお皿に、大きめのトンカツと山盛りキャベツ。
これに、ライス、味噌汁、たくあんが付いてます。
トンカツは、衣と豚肉がしっかり密着したタイプ。
レモンを絞り、ソースをかけて食べてみます。
う〜ん、ボリュームはなかなかだけど、脂身が少なめで、ジューシー感は今一つ。
私は脂身多めのガッツリ系が好みなので、少々物足りなく感じます。
モヤシとカイワレの味噌汁は、ダシがしっかり効いて、とても旨い!
今回もライスのおかわりを我慢して、満腹度は60%。
このお店の定食は、ライスと味噌汁がおかわり無料。
腹ペコの学生さんには、うれしいサービスです!
今回のとんかつ定食は、少しオマケで★4つ。
やはり、ボリューム満点でジューシーな「鳥からあげ定食」がお勧めです!

日吉駅にある日吉東急の駐車場は、2,000円のお買物で2時間無料になります。

↑このページのトップヘ