gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2010年03月

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
大助うどんの人気メニュー・・・肉うどん(大)1,100円
武蔵野うどんのわりに、あまりコシがありません。
しっとり美味しい豚バラ肉がタップリ!
盛り付けが丁寧で、とても旨そう!・・・肉うどん(大)
メニュー(22年3月現在)
地元では大人気という「大助うどん」
練馬区出身の後輩から教えてもらった、大泉学園の人気店『大助うどん』。
テーブル30席ほどの狭い店内は、昔ながらの素朴なうどん屋という雰囲気。
カップルから労働者まで、相席で肩を寄せ合って、うどんをすすっています。
メニューは、かけ・もり550円(大850円)/きつね・もり700円(大950円)/肉うどん・もり850円(大1,100円)など。
肉うどん(大)1,100円の食券を購入し、割烹着のおばちゃんに手渡すと・・・
2分ほどで運ばれて来ます。
うわ〜、早っ!・・・おいおい、ここは立ち食い蕎麦屋かい?
どうやら「うどん」は茹で置きのようで、少々テンションが下がります。
直径23センチの深皿に、丁寧に盛り付けられたうどんは、なかなか旨そう!
具材は、豚バラ肉、ホウレン草、なると、ネギ。
うどんは、割箸より少し太く不揃いで、いかにも手打ちという感じ。
さっそく食べてみると・・・
武蔵野うどんのわりには、あまりコシがなく、食感は今ひとつ。
つゆも、ダシが効いている訳でもなく、あまり特徴のないボンヤリとした味わい。
器が大きいわりにボリュームは軽めで、あっさり完食して満腹度は70%。
豚バラ肉はしっとり旨いけど、肝心の「うどん」と「つゆ」は今イチという感じ。
駅前の一等地でもなく、年季の入った店構えのわりに、少々高めの価格設定。
それでも、お客さんが次々に車で来店するのは、どういう訳なんでしょう?
何で人気があるのか分からない、地域密着型の不思議なうどん屋でした。

お店の向かいに、10数台分の借上げ駐車場があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
高さ13センチ!・・・エアフォースバーガー(トリプル)
エアフォースバーガー(トリプル)+ドリンクポテトセット1,630円
トリプルは、直径9センチ×厚さ2センチのミートパティが3枚!
ミートパティは、表面に焦げ目がついて、見るからに旨そう!
フォークで押さえると、肉汁があふれ出します!
セットのコーラは、高さ16センチの特大グラスで出てきます!
メニュー(22年3月現在)
横田基地の向かいにある、本格アメリカンレストラン!
ボリューム満点のハンバーガーを食べに、福生の『デモデダイナー』へ。
横田基地の向かいにあるお店は、いかにもアメリカンという雰囲気。
看板メニューのタワーバーガー2,880円は、CPが悪そうなので、今回はパス。
エアフォースバーガー880円+トリプル500円+ドリンクポテトセット250円をオーダーすると・・・
すぐにセットのコーラが運ばれて来ます。
うわ〜、デカッ!
グラスは、高さ16センチのジャンボサイズ!
コーラだけでも、お腹が膨れそうではないか!
さらに待つと、いよいよハンバーガーの登場です!
うわ〜、すげ〜!
直径26センチの大皿にのせた高層タワーバーガーとポテト!
噂通り、なかなかのボリュームです!
タワーの構成は、下からバンズ、トマト、オニオン、ミートパティ×3枚、バンズの7段構造!
その高さは、なんと13センチ!
倒壊しないように、上から竹串を刺して耐震補強してあります!
う〜ん、まるでハンバーガーのダルマ落とし状態ではないか!
肉の比率が高く、レタスなどでカサを増やしていないので、ドッシリと重量感があるぞ!
このままでは食べられないので、ナイフとフォークで解体作業を開始。
ミートパティのサイズは、直径9センチ×厚さ2センチ。
表面にこんがり焦げ目がついていて、見るからに旨そう!
上からフォークで押さえると、肉汁がトバッと流れ出します!
たまらず一口食べてみると・・・おぉ〜、こりゃ〜たまらん!
塩コショウでしっかり味付けされたビーフを噛み締めると、口の中が肉汁の大洪水!
あ〜、生きてて良かった!
いかにも手作りという感じのミートパティは、荒挽き牛肉を噛み締める満足感があります。
夢中で食べ続けて、一気に完食。
満腹度は90%。(←大量のコーラとポテトでお腹が膨れた気もするが・・・)
いや〜、なかなか旨いハンバーガーでした!
価格は少々高めですが、本場アメリカの味と雰囲気を楽しめるお店でした!

お店の隣に専用駐車場12台分があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
まるで日本昔話のようなライス大盛!
レバ野菜炒め定食大盛700円
レバ野菜炒めは、しっかり味付けされて、ご飯が進みます!
お椀のフチ寸前まで、溢れんばかりに注がれた味噌汁!
昭和の時代にタイムスリップしたような店構え。
ライスがデカ盛りという噂を聞いて、高円寺の『丸長食堂』へ。
お店は商店街から外れた狭い路地にあり、昭和の時代にタイムスリップしたような店構え。
カウンター5席+テーブル8席の狭い店内は、年季を感じるレトロな定食屋という雰囲気。
まだ若いご夫婦が切り盛りしていて、店構えとのギャップを感じます。
写真撮影をお願いすると、料理はOKですが、メニューはNGとのこと。
レバ野菜炒め定食大盛(600円+100円)を注文すると・・・
「うちの大盛は、かなり多いですけど、大丈夫ですか?」
「はい、OK牧場です!」
ご主人が調理を開始すると、女将さんが丼にライスを盛り付けます。
そして、運ばれて来たのは・・・
どひゃ〜、なんて見事な盛りっぷりなんだ!
直径15センチの丼に盛られたライスは、まさに日本昔話盛り!
さらに、ワカメの味噌汁は、お椀のフチ寸前まで、溢れんばかりに注がれてます!
噂は聞いていたが、ここまで凄いとは・・・
するとご主人、「ご飯が多いから、味付けを濃くしましょうか?」
「普通で大丈夫です!」・・・こういう細かい気配りは、うれしいですね。
そして、レバ野菜炒めの登場です。
こちらは、ごく普通のボリュームです。
ちなみに、おかずの大盛は、150円増し。
ライス多めのペース配分でモリモリと食べ進み、一気に完食!
味噌汁も飲み干して、満腹度は110%。
野菜もタップリ補給できて、しかもこのボリュームで700円!
安くてお腹一杯食べられる、昔ながらの大衆食堂でした。

高円寺駅周辺に、コインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
テレビで紹介された、釧路発のご当地メニュー「スパカツ」
阿寒ポークを使用したトンカツが次々に出てきます!
ミートソースは、デミソースを合わせたコッテリ系!
スパゲティーにミートソースをたっぷり絡めていただきます!
ランチメニュー(22年2月現在)
スパカツ大盛は、鉄板の代わりに熱々のフライパンを使用!
テレビ番組で紹介された、釧路発のご当地メニュー「スパカツ」。
「スパカツ」は、熱々の鉄板の上にスパゲティー、トンカツをのせ、ミートソースで仕上げるらしい。
おぉ〜、ムチャクチャ興味をそそられるぞ!
という訳で、「スパカツ」を食べに、西新宿の『946』(←くしろ)へ。
『吉野家』の隣から狭いエレベーターに乗り、ビルの10階へ。
カウンター7席+テーブル20席ほどの店内は、明るく清潔な雰囲気。
お目当ての「スパカツ」大盛(1,200円+100円)を注文。
お昼時ということもあり、20分ほど待ちます。
「熱いので、お気をつけください!」と運ばれて来たのは・・・
どひゃ〜、鉄板かと思ったら、フライパンのままではないか!
直径21センチのフライパンにこんもり盛られたミートソースの山。
こんなに食べたら、午後は仕事にならないぞ!
とりあえず、発掘作業を開始すると・・・
阿寒ポークを使用した細切りのトンカツが次々に出てきます。
ミートソースは、デミソースを合わせたコッテリ系で、トンカツにもよく合うタイプ。
熱々のフライパンのおかげで、スパゲティーが冷めずに熱さをキープ!
後半は、顔から汗が噴き出して止まりません。
流れる汗を拭きながら完食して、満腹度は90%。
価格は少々高めですが、トンカツもタップリのって、スタミナが付きそう!
函館の「カツマロ」、横浜の「スパピザ」、長崎の「トルコライス」などに続き、釧路の「スパカツ」も是非押さえておきたいB級グルメです!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
ガッツリ食べて満足度の高い「さんきち」のセットメニュー!
肉厚十分のトンカツは、油っこくない上品な揚げ具合!
デミソースが牛ハンバーグの旨さをナイスアシスト!
サラダもナイスな盛り具合です!
セットメニューが豊富です!(22年2月現在)
パルム商店街から少し外れた場所にあります。
牛ハンバーグとトンカツセット(大盛)1,150円
一口ヒレカツ・特大エビフライ・クリームコロッケ1,280円
メタボな中年には禁断の高カロリー定食です!
ハンバーグとホタテフライ1,030円
ハンバーグ+ホタテフライが7個も・・・すごいボリュームです!
「さんきち」のセットメニュー(22年10月現在)
「さんきち」の組合せメニュー(22年10月現在)
メニューが豊富でボリューム満点という、武蔵小山『さんきち』へ。
カウンター8席+テーブル20席の店内は、少々狭く窮屈な感じ。
壁一面にメニューが貼ってあり、どれも旨そう!
牛ハンバーグとトンカツセット大盛(1,050円+100円)を注文すると・・・
セットのサラダ、ライス、味噌汁が次々に運ばれて来ます。
サラダは、単品で注文すれば200円以上払っても不思議ではない立派な盛り具合。
ライスは、直径16センチの大きな丼にしっかり盛り。
味噌汁は、ナメコ、ワカメ、豆腐、青ネギがタップリ。
そして、メインデッシュの登場です。
うわ〜、ムチャクチャ旨そうではないか!
直径25センチの角皿に盛り付けられた、フルサイズのトンカツと牛ハンバーグ!
トンカツは、厚さ1センチを超える豚肉を使用し、油っこくない上品な揚げ具合。
牛ハンバーグは、ゴロンと丸みを帯びて厚みがあります。
しっとりジューシーな食感で、デミソースがハンバーグの旨さをナイスアシスト!
付け合せのオニオンサラダがサッパリ感を演出しています。
肉、野菜、ご飯をバランス良く補給して、満腹度はジャスト100%。
いや〜、旨かった!
揚げ物ガッツリ系のメニューだけど、野菜もタップリ補給できて、とても満足度が高いぞ!
チェーン店では味わえない、手作り感覚がいいですね。
旨い!安い!ボリューム満点!
こんなお店が武蔵小山にあったとは・・・
次回は家族を連れて、他のメニューを開拓してみよう。

お店の並びにコインパーキング(20分/100円)があります。

↑このページのトップヘ