gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2010年12月

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
山盛りキャベツにトンカツが3枚!すごいボリュームです!
「山の家」名物、わらじトンカツ定食(大盛)1,400円
高座豚を使用したトンカツは、1枚150グラム!
わらじトンカツ定食は、かなり立体的な盛り付けです!
「山の家」のメニュー(22年12月現在)
汐入駅から徒歩1分のデカ盛店「山の家」
トンカツがボリューム満点という、汐入の『山の家』。
カウンター8席+小上り2卓の店内は、地元の学生グループで賑わっています。
名物の「わらじトンカツ定食(大盛)1,400円」を注文すると・・・
ご主人が冷蔵庫から豚ロース肉を取り出し、調理を開始。
20分ほど待つと出来上がり。
「お待たせしました〜!」・・・ドスン!
どひゃ〜、すごいボリューム!
直径25センチのデカ皿に、山盛りキャベツと大きなトンカツが3枚!
体育会系の学生でもビビリそうな、高カロリー定食です!
高座豚を使用したトンカツは、厚さ1センチ以上あり、1枚150グラム。
ということは・・・3枚でなんと450グラム!
脂身も適度にあり、見るからに旨そう!
たまらず、熱々を食べてみると・・・サクッ・・・ジュワ〜・・・
おぉぉ〜、こりゃ〜たまらん!
肉の部分はしっとりやわらかく、脂身の部分は口の中で溶ける感じ。
こんなに食べたら太っちゃうぞ!と思いながらも、モリモリ食べちゃいます。
トンカツの割合が多いので、ご飯をお代わりしたくなりますが、今回は遠慮しときました。
ちなみに、ご飯のお代りは無料です。
赤ダシ味噌汁を飲み干して、満腹度はジャスト100%。
トンカツ3枚をガッツリ食べて、お会計は1,400円。
う〜ん、なんて良心的なお店なんだ!
この「わらじトンカツ定食」3人前を30分で完食すると、無料になるそうです!

お店の近くにコインパーキング(15分/100円)があります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:友人・同僚と
宮島名物「あなごめし」大盛1,550円
焼き穴子は、脂っ気がなく、パサパサした食感!
ご飯に対して焼き穴子が少なく、バランスが悪い感じ。
もみじの木のメニュー(22年12月現在)
「あなごめし」の有名店「うえの」の隣にあります。
カキ料理の『四季や』に続き、6軒目は、「あなごめし」を食べに、宮島口へ。
お昼に、「あなごめし」の有名店『うえの』に行くと、お店の前に行列が・・・
待ち時間は、店内の食事で1時間以上、さらに、お弁当も20分以上!
あきらめて帰ろうとすると・・・
隣の『もみじの木』のおばちゃんが待ち構えていて、声を掛けてきます。
「今ならすぐに食べられますよ!」「4名さん、ご来店〜!」
かなり強引な客引きですが、時間も無いので、そのまま店内へ。
メニューは、あなごめし1,450円/特製あなごめし1,700円/あなご白焼き1,050円など。
あなごめし大盛(1,450円+100円)を注文すると、10分ほどで運ばれて来ます。
うわ〜、旨そう〜!
直径16センチの丼に、ご飯を盛り付け、焼き穴子を並べ、海苔をまぶしてあります。
吸い物と漬物も付いて、かなりのボリュームです。
しっかり盛られたご飯の量に対して、穴子が少なくバランスが悪い感じ。
さっそく穴子を一口・・・サクッ・・・あれ???
穴子は香ばしいけど、脂っ気がなく、パサパサした食感。
ご飯とタレは美味しいのに、肝心の穴子は今一つという感じで、テンションが下がります。
「あなごめし」って、どこもこんな物なのでしょうか?
これで1,450円では、コストパフォーマンスが悪すぎるぞ!
宮島名物ということで期待しましたが、ちょっとガッカリな「あなごめし」でした。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
黒味噌で煮込まれた牡蠣が旨い!黒味噌どて焼き980円
生簀から取り出した穴子をその場でさばく、穴子刺身!
峠下牛のミスジのたたき880円
牡蠣のエスカルゴバター780円
プリプリの牡蠣を使用した、黒味噌どて焼き980円
「四季や」の牡蠣メニュー(22年12月現在)
広島ラーメン『うぐいす』に続き、5軒目は、もう一杯飲みに、『四季や』へ。
お店は繁華街の中心部にあり、店内は洒落た雰囲気で活気があります。
このお店を選んだのは、広島の郷土料理やカキ料理を食べられること。
さらに、焼酎やワインのボトルを酒屋価格+700円で飲めることも、酒飲みには重要なポイントなのです。
まずは、ぐるなびクーポンを提示して、食前酒をゲット!
そして、気になるメニューを注文してみます。
◎牡蠣の黒味噌どて焼き980円/スパイシーな黒味噌ダレで煮込まれたカキが旨い!
◎牡蠣のエスカルゴバター780円/カキは小ぶりですが、エスカルゴバターの香りが食欲をそそります!
◎峠下牛ミスジのたたき880円/半生のレア状態が好みですが、少し火を通し過ぎた仕上がり。それでも美味しい牛タタキです!
◎穴子刺身/生簀から取り出した穴子をその場でさばくので、鮮度は抜群です!

旨い料理が揃っていて、焼酎ボトルも手頃な価格。
期待通りの良心的なお店でした。

翌日のランチは、あなごめしを食べに、宮島口の『もみじの木』に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 不明, 夜 1,000円以下
目的:友人・同僚と
広島ラーメン「うぐいす」の中華そば680円
中細のストレート麺は、やわらかめの茹で加減。
脂身の少ないチャーシュー4枚が標準装備。
「うぐいす」のメニュー(22年12月現在)
繁華街の一角でひっそりと営業しています。
広島焼きの『八紘』に続き、4軒目は、広島ラーメンを食べに『うぐいす』へ。
カウンター8席ほどの狭い店内は、年季の入ったラーメン屋という雰囲気。
メニューは、中華そば680円/ねぎ中華そば830円/チャーシュー麺830円/おでん各種150円など。
ラーメンを注文すると、5分ほどで出来上がり。
東京で「中華そば」といえば、昔ながらのシンプルな醤油ラーメンをイメージしますが、やはり広島ラーメンは少し違うようです。
豚骨醤油系のスープは、透明感がなく、あっさりというか、ぼんやりした味わい。
中細のストレート麺は、やわらかめの茹で加減。
脂身の少ないチャーシュー4枚、モヤシ、青ネギが標準装備です。
広島ラーメンの特徴ですか?
う〜ん、広島ラーメンって、あまり特徴がないみたいです。
昔のままというか、進化していないというか、味の評価は微妙なところ。
でも、一杯飲んだ後なら美味しく食べられそうなラーメンです。

5軒目は、カキ料理を食べに、『四季や』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 不明, 夜 1,000~3,000円
目的:友人・同僚と
広島名物、そば肉玉800円!
薄い生地の上に、キャベツ、モヤシ、バラ肉をトッピング!
裏返して蒸し焼きにします。
中華麺を炒めて、合体のタイミングを待ちます。
中華麺、卵と合体!・・・ヘラで圧縮して出来上がり!
ホルモン700円
八紘のメニュー(22年12月現在)
お店は、風俗街の中心部にあります。
『四季祭』の鮮度抜群の海産物に続き、3軒目は広島焼きを食べに、『八紘』へ。
鉄板を囲むカウンター席+テーブル席の店内は、地元客で賑わっています。
そば肉玉800円、牛すじ肉400円、ホルモン700円を注文しましたが・・・
残念ながら牛すじ肉は売切れ。
注文が入ると、目の前の鉄板で、そば肉玉の制作を開始。
鉄板に生地を流し、お玉の裏側でクレープのように薄い円形に広げます。
キャベツ、モヤシ、揚げ玉、豚バラ肉をトッピング。
上から少量の生地をたらし、一気に裏返して、しばらく蒸し焼きにします。
炒めた中華麺の上に、蒸し焼きにしたお好み焼きをのせて、ヘラで圧縮します。
鉄板に卵を落としてヘラで広げ、その上にお好み焼きをのせます。
裏返してヘラで圧縮し、ソースを塗り、鰹節、青海苔をかけたら出来上がり。
焼きたての熱々を食べてみると・・・
おぉ〜、野菜がタップリで、とってもヘルシーな味わいではないか!
甘みのあるソースがよく合います。
大阪のお好み焼きと違い、小麦粉の生地が薄いのが特徴です。
う〜ん、これはなかなか旨いぞ!
広島風お好み焼きは、それぞれのお店で個性があるらしい。
時間があれば、他のお店のお好み焼きも食べてみよう。

4軒目は、広島ラーメンを食べに、『うぐいす』に行きました。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
カキ松前焼き680円
アジ刺身(一本釣り物)880円
カキバター焼き680円
セコガニとも和え(メス松葉ガニ)780円
夜鳴き貝刺身1,380円
カキガーリックオイル漬け550円
ウマズラハギ刺身980円
カキ小鍋味噌仕立て980円
レンコンの天ぷら480円
へしこの炙り580円
四季祭の海鮮メニュー(22年12月現在)
四季祭の牡蠣メニュー(22年12月現在)
ズワイガニ刺身
セコガニとも和え
タラ白子ポン酢
地鶏焼き
カキ松前焼き
お茶漬け
黒毛和牛カルビ焼き
レンコン天ぷら
タチウオと生湯葉重ね蒸し
2014.01.19写真を追加しました。

岩国『福源』に続き、2軒目は広島の海産物と牡蠣を食べに、『四季祭』へ。
当日、電話してみると、午後8時以降は予約で満席。
という訳で、午後6時から8時までということで何とか予約できました。
カウンター7席+テーブル12席ほどの店内は、清潔感があり、落ち着いた雰囲気。
真面目そうな若いご主人が一人で注文をさばき、美人女将と愛嬌のあるお姉さんが接客を担当しています。
2時間ということで、メニューの中から旨そうなものを次々に注文してみます。
お酒は、瓶ビール600円と芋焼酎(島美人)800ミリ2,900円。
◎セコガニとも和え(メス松葉ガニ、島根産)780円/カニの身とカニみその旨さを楽しめます!
◎夜鳴き貝刺身1,380円(島根産)/サザエのような食感で、甘みがあります!
○ウマズラハギ刺身980円(広島産)/肝も添えてあります。
◎アジ刺身880円(一本釣り物、広島産)/身が厚く鮮度抜群。アジがこんなに旨いとは驚きです!
◎カキ松前焼き680円(広島産)/身がふっくら大きく、カキの旨味が凝縮されています!
◎カキガーリックオイル漬け550円/まったり濃厚な味わい。これが一番好きかも!

注文したものは、どれも美味しくハズレがありません。
気を良くして、残り時間を考えながら、さらに追加注文してみます。
◎カキバター焼き680円/カキとバターの風味がたまりません!
○カキ小鍋味噌仕立て980円/とても旨いが、煮込むとカキが縮んでしまいます。
◎レンコン天ぷら480円(岩国産)/揚げ立ては、シャキシャキの歯応え!
◎へしこの炙り580円/サバを何年も糠漬けして焼いたもの。とても深い味わいで、焼酎が進んじゃいます!

まだまだ注文したいメニューはあるけれど、ここで時間が迫り、お会計です。
大人3人が2時間飲食して、お会計は・・・12,640円(1人4,200円)
えっ、こんなに鮮度抜群の海産物とカキを満喫してこの価格・・・
本当に、いいんですか???
美人女将とお姉さんのきめ細かい気配りも素晴らしく、おもてなしの心を感じます。
いや〜、本当に素晴らしいお店でした!
何ともいえない満足感に浸りながら、気分良くお店を出ました。

3軒目は、広島焼きを食べに、『八紘』に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:友人・同僚と
ネタが豊富で旨そうな海鮮丼ですが、なぜかご飯が熱々!
熱々ご飯のおかげで、刺身がタタキ状態になってます!
見た目は豪華な、福源の海鮮丼大盛1,400円
具だくさんのアラ汁
追加注文した、焼きふぐ
夜はかなり高級な割烹みたいです。
1泊2日の広島グルメツアーの1軒目は、錦帯橋見物の前に、岩国の割烹『福源』へ。
ランチメニューは、海鮮丼1,300円/刺身定食1,260円/天丼1,050円など。
お目当ての、海鮮丼1,300円+大盛100円を注文すると・・・
海鮮丼、海老の小鉢、サラダ、アラ汁が次々に運ばれて来ます。
うわ〜、すいぶん豪華なランチではないか!
海鮮丼は、直径18センチの丼を旨そうなネタが埋め尽くしています。
ネタは、イクラ、海老、サワラ、金目鯛、イカ、タコ、タイ、カンパチ、ウナギ。
見た目はとても旨そうですが・・・
なぜか、ご飯は湯気が出るほどの熱々!
おかげで、ご飯にのせた刺身に熱が通って、タタキ状態になってます!
まさか、それを狙っている訳じゃないですよね。
この海鮮丼に、ダシ汁を注いで、海鮮茶漬けにしたら、旨そうな気もするけど・・・
冷ました酢飯を使用すれば、美味しく食べられると思えるだけに、とても残念な海鮮丼でした。

2軒目は、海産物と牡蠣料理を食べに、広島の『四季祭』に行きました。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:ファミリー
高価なウニがテンコ盛り!・・・こぼれ生うに660円
イクラもこぼれちゃってます!・・・こぼれいくら460円
驚異の7段重ね!・・・こぼれずわいがに460円
大きな甘海老が5匹も・・・甘海老360円
ねっとり濃厚な白子がタップリ!・・・白子360円
「こぼれシリーズ」メニュー(22年11月現在)
駐車場30台分完備です。
ネギトロが山盛り!・・・ねぎとろ180円
マグロの王様!・・・本まぐろ360円
アラと野菜がタップリ!・・・アラ汁360円
回転寿司で、こぼれ落ちるネタ!
えっ、そんな回転寿司があるのか〜???・・・ムチャクチャ気になるぞ!
という訳で、嫁さんと娘を連れて、テレビで紹介された、『沼津すし之助』へ突撃です!
明るく清潔感のある店内は、ジャズが流れて、とても優雅な雰囲気。
このお店は均一料金ではなく、120円から660円まで7種類の絵皿があります。
空いている時間帯は、レーンに寿司を流さず、注文に応じて職人さんが握ってくれます。

とりあえず、このお店の名物「こぼれシリーズ」を攻めてみます。
●こぼれ生うに660円/軍艦2カンの上に、生ウニがテンコ盛り状態!
高価なウニをこんなに盛り付けちゃって、いいんですか???
ウニが大好きな娘は、あまりの旨さに涙ぐんでます!
●こぼれいくら460円/こちらも遠慮のない盛りっぷり!
軍艦からイクラがこぼれ落ちちゃってます!
う〜ん、日本酒を飲みたいところだが・・・車なのでジッと我慢です。
●こぼれずわいがに460円/どひゃ〜、なんつ〜盛り付けなんだ!
ズワイガニをタテ、ヨコ交互に積み重ねて・・・なんと7段重ね!
いったい何本の足を使ってるんだ???

こんなにネタがテンコ盛りの寿司を食べるのは、道頓堀の『淳ちゃん寿し』以来だぞ!
気を良くして、さらにいろいろ注文してみます。
●ねぎとろ180円/ネギトロが山盛りです。安くても手抜きはありません。
●甘海老360円/大きな甘海老が5匹も・・・鮮度も抜群です。
●白子360円?/ねっとり濃厚な白子がタップリ。
●本マグロ赤身360円/やはり本マグロは、マグロの王様です。
●アラ汁360円/大きなお椀で、アラと野菜の上品な味わい。

家族3人が一通り食べて、お会計は16皿6,460円。
いや〜、旨かった!
嫁さんと娘も美味しい寿司を思う存分食べて、大満足の様子。
このお店の「こぼれシリーズ」は、いいですね〜!
学芸大学駅周辺にも出店してくれないかな〜

お店の前に、30台分の駐車場があります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
テレビで紹介された、アキバ名物のメガ盛りパスタ!
1キロを超えるだけあって、すごいボリュームです!
まったりクリーミーな明太子クリームがたまりません!
海老とイカの明太子クリームパスタ(大盛)980円!
日替りランチ950円もボリューミーでお勧めです!
フレスカのランチメニュー(22年11月現在)
狭い階段を下ると、魅力的なメニューが・・・
サンデージャポンの「アキバ絶品メガ盛り料理特集」で紹介された、『フレスカ』。
このお店は、総重量1キロを超えるパスタが人気メニューらしい。
テーブル50席ほどの薄暗い店内は、昔ながらのカフェという雰囲気。
ランチメニューは、日替りランチ950円/日替りパスタ900円/ハンバーグドリア1,100円などで、パスタとライスの大盛は無料です!
僕は、パスタランチの中から、海老とイカの明太子クリーム(大盛)980円。
嫁さんは、日替りランチ950円をオーダー。
すぐに、スープとサラダが運ばれて来ます。
そして、5分ほど待つと・・・
うわ〜、デカッ!
直径32センチの巨大な皿に、こんもりと盛り付けられたパスタの丘・・・
おぉぉ〜、総重量1キロを超えるだけあって、すごいボリュームではないか!
具材は、海老、イカ、マッシュルーム、椎茸、海苔・・・
さらに、なぜかトーストまでのってます!
う〜ん、見た目もなかなか旨そうだぞ!
さっそく食べてみると・・・
明太子クリームソースは、まったりクリーミーで、好みのタイプ。
パスタも、ソフトメンのようにやわらかくなく、ほど良い茹で加減です。
これは、なかなか旨いじゃないか。
絡み合う大量のパスタをフォークとスプーンで引きずり出し、モリモリと食べちゃいます。
パスタは大好物なので、飽きることもなく、余裕で完食。
アイスコーヒーも飲み干して、満腹度は90%。
このパスタ大盛に、スープ、サラダ、アイスコーヒーが付いて、980円・・・
本当に、いいんですか〜???
早い、旨い、安い、ボリューム満点!
いいですね〜、こういうサービス精神旺盛なお店は、大好きだぞ!
嫁さんがオーダーした日替りランチもボリューミーで、お勧めです。

中央通りを渡ると、パーキングメーター、コインパーキングがあります。

↑このページのトップヘ