gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2011年03月

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
神田の海鮮マウンテン!・・・ばらちらし大盛840円
直径19センチの丼に、海鮮ネタがテンコ盛り!
神田江戸ッ子寿司本店の、ばらちらし大盛840円!
鮮度抜群のネタがキラキラ輝いて、ムチャクチャ旨そう!
神田江戸ッ子寿司本店のランチメニュー(23年3月現在)
神田駅から徒歩2分、お店の前にPメーターもあります。
デカ盛りの「ばらちらし」を食べに、神田『江戸ッ子寿司』本店へ。
カウンター10席ほどの店内は、席の間隔が狭く、少々窮屈な感じ。
桜金造に似た若旦那が切り盛りしています。
ランチメニュー(11〜15)は、940円〜3,300円まで種類が豊富。
お目当ての「ばらちらし840円」は、数量限定(5食前後)です。
ばらちらし840円+大盛(無料)を注文すると・・・
ご主人が、丼に酢飯を山盛りにして、「これぐらいで、いいですか?」
「もう少し増やせますか?」
「わかりました!」
さらに、酢飯を増量し、ガリを敷き詰め、ネタを盛り付けていきます。
最後に、スプーンでイクラを盛り付けて出来上がり。
お待たせしました、「ばらちらし大盛」です!・・・ドスン!
うわ〜、す・すげ〜〜〜!
直径19センチの丼に、ネタをこれでもかと盛り付けた、海鮮マウンテン!
ネタがキラキラと輝いて、ムチャクチャ旨そうではないか!
ネタは、イクラ、中トロ、赤身、海老、甘海老、サーモン、カンパチ、穴子、イカ、かんぴょう、キュウリ・・・
いったい何種類のネタを使用しているんだ?
あまりに急傾斜のため、今にもネタが崩れ落ちそうな超危険な状態!
スプーンを使用して食べ始めますが・・・油断すると丼からネタが落下!
ひぇ〜、助けてくれ〜!
小さく刻んだマグロや海鮮ネタは、鮮度抜群でとても美味しい!
酢飯もお酢は控えめで、好みのタイプ。
う〜ん、幸せ一人占め!
ネタのボリュームも十分で、酢飯が余るようなことはありません。
終盤はお腹がパンパンになりますが、最後まで味わいながら完食。
大きな海老の頭が入ったみそ汁と緑茶を飲み干して、満腹度は110%。
いや〜、寿司屋だけに、本当に美味しいばらちらしでした!
これが、大盛りサービスで840円って・・・
本当に、いいんですか???
ご主人が、「ばらちらしは赤字です。」と言うのも納得の超お得なランチです!
ばらちらしを食べたい方は、開店前に並びましょう!

お店の前の通りに、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
つけ麺や穣の新メニュー、牛すじつけ麺850円+激辛10円
麺は、ラーメンのような熱々の状態で提供されます。
プルプルに煮込まれた牛すじがタップリのっています!
このまま麺を食べると、少々物足りない味わい。
やはり激辛ダレで食べる方が、美味しくいただけます!
つけ麺や穣のメニュー(23年3月現在)
つけ麺が食べたくなり、久しぶりに上馬交差点の『つけ麺や 穣』へ。
定番の「つけ麺」を食べようと思ったら・・・
券売機に新メニューの「牛すじつけ麺」を発見!
さっそく、「牛すじつけ麺(大盛)850円」と「辛み増し10円」の食券を購入。
そして、10分ほど待つと・・・
どひゃ〜、これって・・・つけ麺なのかい???
出てきたのは、具だくさんのラーメン丼と真っ赤な激辛のつけダレ。
つけ麺だから、冷たい麺が出てくるのかと思ったら・・・
麺はスープの入った丼で、熱々の状態で出てきました。
タップリのせた牛すじは、じっくり煮込まれて、トロトロのプルプル!
コンビニのおでんのように貧弱ではなく、肉厚でとってもボリューミー。
食べてみると、これがなかなか旨いんです!
ほかの具材は、大根、ニンジン、煮玉子、青ネギ。
麺は、中太の平打ち麺。
スープは、牛すじを煮込んだだけのアッサリ系。
このままでも食べられますが、さすがにスープは、少々物足りない感じ。
やはり激辛のつけダレで食べる方が美味しくいただけます。
熱々の麺を激辛ダレで食べると、顔から汗が出て止まりません。
大盛440グラムの麺は、思った以上にボリュームがあり、お腹が膨れます。
それでも、余裕で完食して、満腹度は90%。
う〜ん、なかなか美味しい「牛すじつけ麺」だったぞ!
コラーゲンをタップリ補給して、お肌にも良さそう。
牛すじが好きな方に、お勧めの一品です!

お店の少し先に、コインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
レアの牛ステーキが丼からはみ出しちゃってます!
粗挽きコショウと甘みのあるタレが食欲をそそります!
レアの牛ステーキ27枚が、まるで花びらのようです!
「がぶ」の看板メニュー、がぶ丼大盛(1,200円+100円)
牛ステーキは、まだ赤みを帯びたレアの半生状態!
「がぶ」のランチメニュー(23年3月現在)
グルメ雑誌で紹介され、すっかり有名になった、武蔵小山の『がぶ』。
今回は、さらにパワーアップした「がぶ丼」を食べに行きました。
スキンヘッドのご主人と派手めのママさんが切り盛りしています。
看板メニューは、がぶ丼(肉180グラム)1,200円/小丼(肉110グラム)800円。
ここは当然、がぶ丼大盛(1,200円+100円)を注文してみます。
ご主人が厨房に入り、フライパンで肉の表面を焼き上げます。
それを薄くスライスして、じっくり時間をかけて、丁寧に盛り付け。
最後にタレと粗挽きコショウを振りかけて出来上がり。
うわ〜、こりゃ〜まいった!
直径16センチの丼に、見事に盛り付けられた、牛ステーキの花びら!
丼からはみ出しちゃって、むちゃくちゃインパクトのある盛り付けです!
牛ステーキの枚数を数えてみると・・・なんと27枚!
中心部は、まだ赤みを帯びたレアの半生状態で、見るからに旨そう!
さっそく食べてみると・・・おぉぉ〜、こりゃ〜たまらん!
さらに、粗挽きコショウと甘みのあるタレが食欲をそそります。
ライスは大盛りにしても、軽めの盛り付け。
おいおい、これでは牛ステーキが余ってしまうぞ!
牛ステーキ多めの贅沢なペースで食べ続けて、美味しく完食。
ワカメのみそ汁も飲み干して、満腹度は70%。
いや〜、見た目のインパクトも十分で、満足度の高い牛ステーキ丼でした!
これなら、グルメ雑誌で評判になるのも納得です。

お店の前に、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
A5ランクを使用した霜降り飛騨牛刺身1,200円
刺身5点盛り1,480円を2人前にアレンジ!
館山産のさより刺身980円は、鮮度抜群!
脂がのってとても旨い、サワラ西京焼き680円
皮がパリッと香ばしい、地鶏の塩焼き680円
メゴチの天ぷらは、480円とは思えないボリューム!
味も盛り付けも上品な、手作りぬか漬け380円
泉坂の焼酎ボトルメニュー(23年3月現在)
若いご夫婦が切り盛りする、良心的な寿司屋です!
ポテトフライ480円は、新ジャガがホクホク!
泉坂の寿司と飛騨牛メニュー(23年3月現在)
泉坂の刺身メニュー(23年3月現在)
カキフライ
刺身5点盛り1,480円
牛タタキ1,200円
メゴチの天ぷら480円
白海老つまみ980円
シーザーサラダ780円
380
マグロのホホ肉ステーキ780円
ブリ大根
上寿司980円
鉄火巻400円
カニみそ880円
本マグロ中トロ刺身1,200円
鯛カブト煮580円
刺身5点盛り1,480円
上寿司980円
カキの青海苔グラタン680円
ぶりハラス塩焼き580円
真だら白子塩焼き880円
刺身5点盛り1,480円
シラスたっぷり豆腐ステーキ580円
刺身5点盛り1,480円
イカゲソ揚げ680円
白子ポン酢880円
牛モツ煮込み880円
鯛カブト塩焼き580円
ぶりカブト焼き1,280円
上寿司980円
25.03.10
写真を追加しました。

25.02.02
写真を追加しました。

24.02.11
写真を追加しました。

新丸子が地元のM先輩と、お勧めの寿司屋『泉坂』へ。
前回は週末に訪問し、満席で入れなかった人気店です。
カウンター+掘りごたつ4卓の店内は、手作り感のある和風の雰囲気。
まだ30代と思われる若いご夫婦が切り盛りしています。
メニューを見ると、店構えのわりに、とても良心的な価格。
特に、焼酎のボトルが安いので、これなら安心して飲めそうです。
とりあえず、お酒は瓶ビール650円?と鏡月ボトル1,800円を注文。
メニューを見ながら、旨そうなツマミを注文してみます。
◎飛騨牛の刺身1,200円/A5ランクの飛騨牛が6切れ。
霜降りの飛騨牛は、口の中で脂が溶けだし、こりゃ〜たまらんぞ!
◎刺身5点盛1,480円/通常は5点盛り×3切れですが・・・
2人なので、7点盛り×2切れに変更してくれました。
内容は、中トロ、カツオ、サーモン、ブリ、みる貝、甘海老、タコ、イワシ。
あれ?・・・数えたら8点盛りではないか!
刺身は、1切れが大きめで、鮮度も良さそうです!
◎地鶏の塩焼き680円/皮はパリパリで香ばしく、鶏肉は筋肉質です。
◎サワラの西京焼き680円/脂がのっていて、これは気に入ったぞ!
◎めごち天ぷら480円/揚げ立ては、衣がサクッと軽い食感!
480円とは思えないほどボリュームがあり、とってもお得です!
◎さより刺身980円/盛り付けが丁寧で、見るからに旨そう!
館山産のさよりは鮮度抜群で、身がプリッと締まっています!
◎ポテトフライ480円/新ジャガを1/4にカットして揚げています。
揚げ立ては、ジャガイモがホクホクしています!
◎手作りぬか漬け380円/味も盛り付けも上品な一品です。

ここまでで、焼酎ボトルを飲み干したので、お会計。
大人2人が1時間45分飲食して、お会計は9,560円。
いや〜、うまかった!
ツマミは、どれも美味しくて、ハズレがありません。
これだけ飲んで食べて1人4,800円なら、とても良心的だと思います!
寿司屋なのに、飛騨牛や地鶏を食べられるのもいいですね。
おかげで寿司を食べるのを忘れてしまったぞ!
気に入ったので、またM先輩を誘って、新メニューを開拓しよう!

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★☆☆☆ 2pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
大井町のブルドックで、ナポリタンの富士山盛り!
大井町「ブルドック」のナポリタン(大盛)980円
ナポリタンは、細めのパスタを使用して、懐かしい味わい!
ナポリタンは、粉チーズが溶けて、食欲をそそります!
大井町ブルドックの定食メニュー(23年3月現在)
大井町ブルドックのパスタメニュー(23年3月現在)
ナポリタンを食べたくなり、日曜日も営業している大井町の『ブルドック』へ。
開店5分前に到着すると・・・
なんと、ベビーカーを引いたヤンママ軍団がポールポジションをキープ!
おいおい、ここは東京ディズニーランドか???
あまりの場違いな光景に戸惑いながらも、後ろに並び、開店を待ちます。
開店時に8名が入店し、次々にメンチカツ定食1,090円をオーダー。
それでも今日は、食べたかったナポリタン大盛(830円+150円)をオーダー。
先にメンチカツ定食が提供されて、少し遅れて、ナポリタン大盛も出来上がり。
うわ〜、デカッ!
直径25センチのデカ皿に、立体的に盛り付けられたナポリタンの山!
山頂に粉チーズを振りかけたその姿は・・・
まさに、ナポリタンの富士山盛りではないか!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
具材は、ハム、玉ネギ、ピーマン、マッシュルームとイメージ通り。
粉チーズが溶けて、見た目も食欲をそそります!
細めのパスタにケチャップ控えめの味付け。
子どもの頃に食べたような、なんとも懐かしいナポリタンです!
夢中で食べ続けると、唇がケチャップでテカテカになってます。
前回のオムライス大盛は後半飽きたけど、ナポリタンは最後まで飽きずに完食。
紙ナプキンで口のまわりを拭いて、満腹度は110%。
価格が安い訳でもなく、特別美味しい訳でもない。
でも、なぜか魅力を感じてしまう、ディープなB級レストランです。

大井町駅周辺に、コインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
ステーキ1キロが1,000円!・・・本当に、いいんですか?
直径22センチの鉄板に、豪快に盛り付けられたステーキ!
ハンバーグ牧場のメガカットステーキ1キロ1,000円
ステーキの断面は、赤みを帯びたレアの半生状態!
ハンバーグ牧場のランチメニュー(23年2月現在)
日曜日のお昼過ぎには、20名以上の行列が・・・
デカ盛りステーキを食べに、肉のかねよし直営の下北沢『ハンバーグ牧場』へ。
日曜日の12時で、行列9名20分待ち。
カウンター5席+テーブル7卓の店内は、肉を焼く旨そうな香りが漂っています。
ランチメニューは、お肉屋さんのハンバーグ480円/北海道産牛サーロインステーキ500円/ガーリックチキン480円/ハンバーグ&サーロイン980円/Wサーロイン360グラム1,000円など、良心的な価格。
ランチ(11〜16)は、ライス(大盛無料)、みそ汁が付いて、とってもお得!
さらに、プラス100円でドリンクも注文できます。
僕が注文したのは、メガカットステーキ1キロ1,000円!
ステーキ1キロが1,000円って・・・どんな肉を使っているんだろう?
硬くて噛み切れない肉だったら、どうしよう・・・少々不安になります。
そして、10分ほど待つと、いよいよステーキの登場です。
お待たせしました〜!・・・ドスン!
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!
直径22センチの鉄板に、豪快に盛り付けられた、ド迫力のステーキ!
デカ盛りを見慣れた僕でさえ、思わずビビるほど、危険なオーラを放っています!
ステーキ1キロに対して、ライスは200グラムほど。
明らかに肉とライスのバランスが悪いので、肉を多めのペースで攻撃開始!
肉の大きさ、形状は不揃いで、そのままかぶりつくのは厳しそう。
そこで、取り皿にのせて、ナイフでカットしながら、食べることに。
ステーキの表面は、こんがり焦げ目がつき、中心部は赤みを帯びたレア状態!
噛みしめるとジュワ〜っと肉汁があふれて、なかなか旨いステーキです!
肉の部位によって味や硬さが違いますが、噛み切れないほど硬い肉はありません。
ステーキソースもタップリかけてあり、モリモリと食べ進みます。
後半になると、さすがにアゴと腕が疲れてきますが、もうゴールは目前。
最後の力を振り絞り、一気にラストスパート!
そのまま何とか食べ終えて、満腹度はジャスト100%。
いや〜、こんなにガッツリ肉を食べたのは初めてだぞ!
このメガカットステーキ1キロが、たったの1,000円!
本当に、いいんですか〜???
隣りの方が食べていた、北海道産牛サーロインステーキ500円もとても旨そう!
次回は、家族も連れて行こう!
お店を出る頃には、行列は20名ほどに増えていました。

お店から少し離れた場所に、コインパーキングがあります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:デート
三宿トラジの名物、トラジ焼(塩)2,100円
やわらかく煮込まれてコンビーフのような、ゆでタン950円
トラジ焼(塩)は厚切りで、やわらかくジューシー!
噛みしめるとジュワ〜っと旨みが広がる、シビレ950円
直径12センチの極小石鍋で出てくる、キムチチゲ小750円
トラジキムチ650円とウーロンハイ550円
三宿トラジの焼肉メニュー(23年2月現在)
三宿トラジのドリンクメニュー(23年2月現在)
三軒茶屋の人気焼肉店『三宿トラジ』が、昨年12月に祐天寺へ移転。
自宅から近いので、嫁さんを連れて偵察に行きました。
カウンター5席+掘りごたつ5卓+テーブル1卓の店内は、新しく清潔な雰囲気。
チョイ悪風のご夫婦と若いスタッフが切り盛りしています。
メニューを見ると、旨そうな料理が並んでいますが、お値段は全体に高め。
学芸大学の『韓国家庭料理さか』と比較すると、価格は2倍という印象。
少々テンションが下がりますが、名物を中心に、控えめに注文してみます。
飲み物は、生ビール650円、ウーロンハイ550円、韓国ジンロ(小瓶)1,800円。
○トラジキムチ650円・・・ゴボウのような食感。小皿に6切れで650円!
◎トラジ焼(塩)2,100円・・・ぶ厚いハラミが4切れ。
レアの焼き加減で軽くレモンを絞ります。
肉はやわらかくジューシーで、看板メニューというのも納得です。
◎シビレ(塩)950円・・・噛みしめると、ジュワッ〜と旨味が広がります!
◎ゆでタン950円・・・大きめのブロックが3個。
やわらかく煮込まれたタンは、とてもジューシー!
コンビーフに似た味わいで、これがなかなか旨い!
ほかでは食べたことのない、珍メニューです。
○キムチチゲ(小)750円・・・直径12センチの極小石鍋を使用!
網の代金@50円×2人

今回は、偵察ということで、ここまででお会計。
大人2人が1時間ほど軽く飲食して、お会計は8,500円。
まともに飲んで食べたら、1人7,000円〜8,000円の出費になりそう。
料理は美味しいけど、コストパフォーマンスは今イチでした。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
讃岐うどんのコシを楽しめます!・・・ぶっかけ(小)340円
イリコだしのサッパリ上品なつゆ!・・・ひやかけ(小)290円
麺はツルツルのノド越しなのに、モッチリ弾力があります!
直径18センチのゲソ天150円とちくわ天100円
魅力的な揚げ物たちが、メタボな僕を誘惑します!
赤坂麺通団のメニュー(23年2月現在)
土日は空いていて、穴場です!・・・赤坂麺通団
あつかけ(小)290円
讃岐うどんを食べたくなり、土曜日のお昼に、『赤坂麺通団』へ。
新宿の『東京麺通団』は、何度も利用していますが、赤坂は今回が初めて。
カウンター+テーブル+立ち食いで50名ほど収容できます。
まず、うどんを注文し、天ぷらや小鉢を選び、お会計というセルフシステム。
ひやかけ(小)290円+ぶっかけ(小)340円を注文すると・・・
うどんは今から茹でるので、出来上がったらお呼びします、とのこと。
お店が空いているので、茹で立てを提供してくれるようです。
天ぷらゾーンでは、魅力的な揚げ物たちが、メタボな僕を誘惑します!
ここを素通りできるはずもなく、ゲソ天150円+ちくわ天100円をチョイス。
うどん2品と天ぷら2品で、お会計は880円なり。
単価が安いので、ついつい取り過ぎてしまいます。
10分ほど待つと、うどんが出来上がり。
ネギ、天かす、ショウガは取り放題です!
◎ひやかけ(小)290円・・・イリコダシの効いた、サッパリ上品なつゆ。
細めの讃岐うどんは、丼の中で川の字に丁寧な盛り付け。
やわらかく、つるつるのノド越しなのに、モッチリ弾力があります。
なんとも心地良い食感で、ハマリます!
うどん1本の長さが1メートルほどあり、すするのが大変!
一気にすするには、ダイソンの掃除機並みの吸引力が必要です!
◎ぶっかけ(小)340円・・・ダシの効いたつゆは、やさしい味わい。
讃岐うどんのコシを楽しむなら、やはり冷たいうどんですね!
◎ゲソ天150円・・・直径18センチのジャンボサイズで食べ応えあり。
◎ちくわ天100円・・・香川県山路蒲鉾店から直送したちくわを使用。
うどん、ご飯、天ぷら、小鉢などを好みで選べるカフェテリア方式。
自分好みに麺の量、トッピングをカスタマイズできるのがいいですね。
美味しい讃岐うどんと天ぷらを食べられて、しかも良心的な価格。
いいですね〜、こういうお店は大好きだぞ!
土日は空いているので、また利用しよう。
おみやげ用の「ぶっかけうどん(3食入550円)」は、娘たちに大好評でした。

周辺に、コインパーキングがあります。

↑このページのトップヘ