gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2012年10月

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
柳原うどんの冷やしたぬきうどん大盛450円
直径22センチのデカ皿に、極太うどんがテンコ盛り!
真っ赤な「辛味」を混ぜると、激辛うどんを楽しめます!
真っ赤な「辛味」は使い放題!
敷地内に20台ほどの駐車場を完備!
柳原うどんのメニュー(24年8月現在)
茹で立てのうどんは、キラキラ輝いて見るからに旨そう!
使い放題の揚げ玉と真っ赤な「辛味」でカスタマイズ!
山中湖に行くと必ず立ち寄る、我が家の定番『柳原うどん』。
開店時間の11時を過ぎると、広い駐車場は次々に車がピットイン!
店内はいつの間にか満席に・・・相変わらず凄い人気です!
今回も、冷やしたぬきうどん大盛(350円+100円)を注文。
10分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、うまそう〜〜〜!!!
直径22センチのデカ皿に、極太うどんがテンコ盛り!
茹で立てのうどんは、キラキラと輝いて、見るからに旨そう!
ボリューム満点のうどんに、茹でキャベツと大根おろしがのっています!
さらに、卓上に用意された、揚げ玉と真っ赤な「辛味」でカスタマイズ!
まずは、極太うどんのコシの強さと歯応えを味わい、
さらに、真っ赤な「辛味」を混ぜて、激辛うどんを楽しみます!
いいですね〜、一杯で二つの味を楽しめるぞ!
しかも、このボリュームで450円って・・・
本当に、いいんですか???
お土産で、生麺とゆで麺を販売していますが、
家で作っても、なかなかこの味とコシは再現できません。
やはり、忍野の美味しい水を使用しないとダメみたいです。
今回も、美味しい吉田うどんをお腹一杯食べて大満足!
吉田うどんのコシと歯応えを楽しむなら、断然冷やしがお勧めです!
また、来年も食べに行こう!

お店の前に、20台ほどの駐車場があります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:友人・同僚と
B1グランプリでゴールドグランプリに輝いた甲州鳥もつ煮!
奥藤名物の大もりそば800円
カレー南そば1,000円
とろろそば
定食メニュー(24年8月現在)
そばメニュー(24年8月現在)
鳥もつ煮メニュー(24年8月現在)
木造古民家の大きく立派な建物、駐車場完備です!
大きな看板で鳥もつ煮をアピールしています!
ほったらかし温泉で、甲府盆地を眺めながら、まったりと入浴。
そして、昼食はB−1グランプリでゴールドグランプリに輝いた、
「甲州鳥もつ煮」を食べに、塩山の『奥藤第十分店』へ。
お店は、木造古民家の大きく立派な建物で、敷地内に駐車場を完備。
店内には、テーブル4卓+小上り3卓+座敷があります。
鳥もつ煮650円/大もりそば800円/カレー南そば1,000円
/とろろそば/瓶ビール600円などを注文。
鳥もつ煮は、生のレバーから煮るので、時間がかかる、とのこと。
今回は運転手ではないので、ビールを飲みながら待ちます。
そして、待ちくたびれた頃、ようやく出来上がり。
うわ〜〜〜、うまそ〜〜〜!
鳥もつ煮は、レバー、砂肝、ハツを甘辛いタレでじっくり煮込んだB級グルメ。
まさに、鳥もつのハットトリックや〜〜〜!
でも、第二分店とは違い、キンカン(卵黄)が入っていないぞ!
『奥藤』の鳥もつ煮でも、お店によって内容が違うみたいです!
さっそく食べてみると・・・
う〜ん、ちょっと煮過ぎて、味が濃すぎる気もするが・・・
大もりそばも、茹で過ぎて今一つコシがない感じ。
う〜ん、とりあえず、甲府名物を食べられたということで!
『奥藤』は、支店がたくさんあるので、
各店の味を食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

『奥藤第十分店』から南に2キロほど進むと、
マンズワイン勝沼ワイナリーがあり、ワインを無料で試飲できます。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
容量を超えた盛り付けに、丼が悲鳴を上げてます!
肉汁らーめん公の最終兵器!らーめん豚一本!
ぶ厚くカットした豚は、箸で崩れるほどやわらか!
表面の焼き目が香ばしく、脂身が口の中に溶け出します!
割箸ほどの太さのストレート太麺を使用!
聖蹟公園交差点の黄色いド派手な看板が目印です!
オリジナルの焼きらーめん!
らーめん公の無料トッピング(24年8月現在)
らーめん公のメニュー(24年8月現在)
らーめん豚一本(野菜マシマシ・ニンニク)1,200円
直径21センチの丼に横たわる、メガトン級の豚一本!
山手通りの聖蹟公園交差点に昨年オープンした『肉汁らーめん 公』。
「大?小?にんにく入れますか?」の黄色い看板が気になり突撃です!
カウンター15席+テーブル8席の店内は、まだ新しく清潔な雰囲気。
店の片隅には、ガラス張りの麺打ち場もあります。
あまり愛想のない若いご夫婦?が切り盛りしています。
基本メニューは、らーめん豚2枚700円/焼らーめん豚2枚800円
/みそらーめん豚2枚750円/黒らーめん豚2枚750円など。
焼らーめんは、自家製麺とスープを鉄板で焼き上げたオリジナルらしい。
無料トッピングは5種類(にんにく、野菜、あぶら、濃いめ、全増し)。
さらに、このお店では、豚を増量できるらしく、
らーめん豚4枚800円、豚6枚900円・・・そして豚一本1,200円!!!
な・なに・・・豚一本???
これは挑戦するしかないでしょう!
責任感の強い僕は、らーめん豚一本(1,200円)の食券を購入!
無料トッピングは、野菜マシマシ、ニンニクをオーダー!
そして、出てきたのは・・・
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!!!
直径21センチの丼に、豚一本と野菜がテンコ盛り!
中でもひときわ目を引くのが、丼に横たわるメガトン級の豚一本!
こんなにデカイ豚は食べたことないぞ!
デカ盛りを見慣れた僕でも殺気を感じるほど、危険なオーラを放っています!
ちなみに、豚一本の重量は400グラムあるらしい!
ぶ厚くカットした豚は、箸で崩れるほどやわらかく、見るからに旨そう!
たまらずかぶりつくと・・・
パクッ・・・ジュワ〜・・・おぉぉぉ〜、こりゃ〜たまらん!
豚の表面は焼き目がついて香ばしく、脂身が口の中で溶け出します!
旨い豚を思う存分食べられて、もう気分はパラダイス!
野菜はマシマシにしても、それほど多くないので、余裕でクリア!
麺は、割箸ほどの太さのストレート太麺。
スープは意外にサッパリ系。
でもニンニクを混ぜると、食欲をそそる凶暴なスープに大変身!
さすがに最後は少々飽きますが、何とか完食して満腹度は110%。
肉と野菜をガッツリ食べて、もうお腹が苦しいぞ!
次回は、オリジナルの「焼らーめん」を食べてみよう!

北品川駅方面にパーキングメーターがあります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
葉月不動前店のらぁめん大盛900円
太麺は、モッチリ弾力のある食感!
葉月不動前店のつけめん800円
トロトロチャーシューと角材のような極太メンマ!
トロトロに煮込まれたやわらかチャーシュー!
節系ダシの効いたスープ!ライスを入れて雑炊にしたい!
雪が谷店ほど行列しないので、不動前店は穴場です!
葉月不動前店のメニュー(24年8月現在)
炊飯器から取り出した角材のような極太メンマ!
いつも行列の絶えない雪が谷大塚の人気ラーメン店『葉月』。
今回は、昨年オープンした『葉月』不動前店へ。
日曜日の11時50分で、まだ行列はなく、待たずに着席。
カウンター11席の店内は、和風の落ち着いた雰囲気。
メニューは、らぁめん750円/つけめん800円/冷し中華850円
/海老辛らぁめん850円/海老辛つけめん900円/大盛り150円など。
僕は、らぁめん大盛り(900円)、嫁さんは、つけめん800円を注文。
10分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、見るからに旨そうではないか!
雪が谷の『葉月』では、塩らぁめんの澄んだスープが印象的でしたが、
こちらのスープは、対照的な茶濁スープ!
さっそく味見してみると・・・おぉぉぉ〜〜〜、こ・これはうまい!!!
茶濁スープは節系ダシを効かせた濃厚タイプで、上品で深い味わい!
太麺は、モッチリと弾力のある食感で、ツルツルのノド越し!
トロトロに煮込まれたチャーシューは、箸でつまむと崩れるほどやわらか!
角材のような極太メンマは、スジっぽさが無く、やわらかい仕上がり!
水菜、キザミ玉ネギ、生姜がサッパリ感を演出しています!
いいですね〜、久しぶりに旨いラーメンに出会えた気がするぞ!
このスープにライスを投入して雑炊にしたら、旨いだろうなぁ・・・
おっと、妄想してたら、よだれが出てきたぞ!
よし、次回は大盛りではなく、ライスを注文しよう!
つけめんも、らぁめんと同じ構成なので、こちらもお勧め!
嫁さんも「美味しいね!」と満足した様子!
雪が谷店ほど行列しないので、不動前店は穴場だと思います!

100メートルほど坂を上ると、コインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
まるで富士山盛りのような見事な盛り付け!
蕎麦と具材がテンコ盛りで、超過激な盛り付け!
細めの蕎麦は、かための茹で加減でよい食感!
冷しきつね大盛は、直径22センチの特大丼を使用!
目黒駅から徒歩1分の好立地です。
ゆう月のメニュー(24年8月現在)
具材は、油揚げ、ワカメ、なると、キュウリ、ミツバなど。
ゆう月の冷しきつねそば大盛900円
冷しきつねそば大盛の重量は、推定1キロ以上!
今日は、朝から蕎麦を食べたい気分!
という訳で、目黒駅前のデカ盛りそば屋『ゆう月』へ。
冷しきつねそば大盛(800円+100円?)を注文。
そして、5分ほど待つと・・・
おまたせしました〜!・・・ドスン!
うわ〜〜〜、デカッ!
直径22センチの特大丼に、蕎麦と具材がテンコ盛り!
丼を持ち上げると、ずっしり重さを感じます!
前回食べた、冷したぬき特盛に見劣りしない見事な盛り付けではないか!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
具材は、油揚げ、なると、キュウリ、ワカメ、大根おろし、ミツバ。
具材が豊富なので、最後まで飽きずに食べられそうです!
細めの蕎麦は、かための茹で加減でほどよい食感!
つゆは、甘さを抑えてダシを効かせたタイプ!
蕎麦は大好物なので、モリモリと食べ進みますが・・・
蕎麦の量がハンパなく、残り1/3くらいでお腹が苦しくなってきます!
ここで姿勢を正し、ベルトを緩めて、一気にラストスパート!
そのまま具材も残さず完食して、満腹度は110%。
蕎麦は、お腹一杯食べても、ヘルシー感があっていいですね!
隣のお客さんが食べていた、カツ丼セットなども凄いボリューム!
よし、次回はセットメニューを攻めてみよう!

目黒駅周辺にパーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
冷たい肉そば大盛りは、見た目も豪快な盛り付け!
そば処港屋の冷たい肉そば大盛り950円
茹で立ての蕎麦は、コシが強く、凶暴な歯応え!
黒い大理石の大きなテーブルを囲んで立ち食いです!
生卵、揚げ玉、ネギは、使い放題!
食べたい方は、覚悟して並びましょう!
そば処港屋のメニュー(24年8月現在)
蕎麦の上に、肉、胡麻、ネギ、海苔をトッピング!
平日しか営業していない虎ノ門の超人気店、『そば処港屋』。
お店には看板が無いので、外から見ても蕎麦屋とはわかりません。
開店30分前の午前11時に到着すると・・・
お店の前には、すでに11人の行列が・・・どひゃ〜、マジですか???
その後も行列は長くなり、開店時には50人を突破しています!
蕎麦を食べるために、これほど行列するとは・・・さらに期待が高まります!
薄暗い店内は、白と黒のモノトーンで統一され、
蕎麦屋とは思えないほど洒落た雰囲気!
中央には黒い大理石を使用した四角い大きなテーブルがあり、
それを囲んで15人ほどが立ち食いできます。
メニューは、もり600円/海苔もり700円/胡麻もり700円/
海苔胡麻もり800円/冷たい肉そば850円/温かい鶏そば850円/
大盛り100円。
入口脇のレジで、冷たい肉そば大盛り(950円)を注文。
代金を支払い、レシートを受け取り、奥の厨房の前に並びます。
イケメンのご主人が、大きな鍋で茹でた蕎麦をザルですくい、すぐに水洗い。
丼に蕎麦を盛り付け、肉、胡麻、ネギ、海苔をトッピングして出来上がり!
うわ〜〜〜、す・すげ〜〜〜!!!
直径18センチの深い丼に、豪快に盛り付けられた山盛りの蕎麦!
茹で立ての蕎麦は、キラキラと輝いて、見るからに旨そう!
たまらず食べてみると・・・
ズズズッ・・・おぉぉぉ〜、こりゃ〜たまらん!!!
蕎麦は、むちゃくちゃコシが強く、凶暴な歯応え!
いいですね〜、こういうコシの強い蕎麦は大好きだぞ!
濃厚なつけ汁は、ラー油を加えて、甘辛さがほどよいタイプ!
さらに、胡麻、ネギ、海苔などが加わると、何とも複雑な味わいに!
でも、これが今までに食べたことのない新食感で、とても旨いんです!
テーブルには、生卵、揚げ玉、ネギが置いてあり、使い放題!
大盛でもたいした量ではないので、一気に完食して、満腹度は80%。
食べ終えたら、セルフでお盆を下げます。
行列に並んでから、食べ終えるまでの所要時間は65分。
食べたい方は、時間に余裕がある時に、覚悟して並びましょう!
蕎麦はとても美味しかったけど・・・
店内にも人が並ぶので、落ち着いて食べられないのが残念!
蕎麦を茹で置きすれば、もっと提供が早くなると思いますが、
それでも茹で立ての美味しい蕎麦にこだわる姿勢は好感が持てます!

お店の周辺に、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
直径20センチの丼に、3連麺がテンコ盛り!
麺でるの釜玉バター麺(限定10食)限界盛800円!
3連麺に卵黄とバターを絡めると、これが意外にハマリます!
3連麺は、「きしめん」に2本の溝を刻んだような状態!
釜玉バター麺は、つゆが無いので、つけ麺の麺みたい!
麺でるのメニュー(24年7月現在)
1本麺から14連麺まで日替わりでオリジナル麺を提供!
1本麺から14連麺まで日替わりでオリジナル麺を提供する『麺でる』。
今回は、釜玉バター麺(限定10食)800円の食券を購入。
麺の量は4段階(普通<多め<山盛<限界盛)の中から、限界盛に挑戦です!
10分ほど待つと出来上がり!
うわ〜〜〜、す・すげ〜〜〜!!!
直径20センチの丼に、麺がテンコ盛りで、凄いことになってるぞ!
大量の麺の上には、卵黄とバターをのせて、刻みニンニクが添えてあります!
スープが無いので、まるでつけ麺の麺だけという感じ!
よく見ると、今日の麺は3連麺ではないか!
3連麺は、縮れた幅広い「きしめん」に2本の溝を刻んだような状態!
その一部は、すでに裂けて1本麺になっちゃってます!
さっそく、3連麺に卵黄とバターをからめて食べてみると・・・
おぉぉぉ〜〜〜、これって、ありかも!!!
卵黄のまったり感とバターの塩気がマッチして、ナイスコラボレーション!
いかにもB級の味わいだけど、これが意外にハマルぞ!
3連麺は、コシのあるゴワゴワの食感がいいですね!
でも、すすれないので、すごく食べにくいぞ!
麺を食べ進むと、丼の底には溶けたラードと濃厚なタレが沈んでいます!
後半は、このタレをからめて食べる訳ですが、
絡み合う3連麺を強引に引っぱると、服に油が飛び散り大変なことに!
ひぇ〜、助けてくれ〜!
油が飛び散らないように注意しながら完食して、満腹度はジャスト100%。
う〜ん、釜玉バター麺はとても旨かったぞ!
このお店のルールに従い、丼をカウンターにのせ、布巾でテーブルを拭くと、
ご主人が「足りましたか?」と尋ねてきます。
「もう満腹でお腹が苦しいです!」と答えると、ご主人はすごく嬉しそう!
やはり、ご主人は「ドS」だな!

お店の100メートルほど手前の側道に、コインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
メガ盛り1キロは、ナポリタンの富士山盛り!
ナポリタン(メガ盛り1キロ)1,000円
パスタは太麺で、コッテリ甘みのある味わい!
ナポリタンの具材は、ベーコン、小松菜
虎ノ門のオフィス街に店を構えるロメスパバルボア
粉チーズ、タバスコ、唐辛子が標準装備
ロメスパバルボア虎ノ門店のメニュー(24年7月現在)
メガ盛りは、直径41センチの超デカ皿を使用!
虎ノ門のオフィス街に店を構える、焼きスパ専門店『ロメスパバルボア』。
カウンター15席ほどの店内は、まだ新しく小洒落た雰囲気。
メニューは、ナポリタン/塩バジリコ/明太子/しょうゆアサリ/ミートソース/ぼっかけ(牛スジとコンニャクの煮込み)/今月のスペシャル、の7種類。
サイズは、並盛(350g)550円/大盛り(500g)700円/特盛り(700g)850円/メガ盛り(1キロ)1,000円、の4種類。
このお店も、銀座の人気店『ジャポネ』を意識したチェーン店みたいです。
五反田TOC店では、しょうゆアサリのメガ盛り(1キロ)を食べたので、
今回は、ナポリタンのメガ盛り(1キロ)1,000円をオーダー。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!
直径41センチの超デカ皿に、立体的に盛り付けられた山盛りのナポリタン!
まるで、ナポリタンの富士山盛りではないか!
それにしても、直径41センチの皿はデカ過ぎでしょ!
これでは、せっかくのデカ盛りナポリタンが、小さく見えてしまうぞ!
やはり、小さい皿に目一杯盛り付けるのが、デカ盛りの美学だと思います!
余談はこれくらいにして、
ナポリタンの具材は、ベーコンと小松菜。
粉チーズをタップリ振りかけて食べてみると・・・
パスタは太麺で、コッテリ甘みのある味わい!
ナポリタンは大好物なので、美味しく食べ進みますが、
しっかり味付けされているので、後半になると少々飽きてきます。
それでもチビチビと食べ続け、最後は水で流し込んで、満腹度は110%。
いや〜、思った以上にお腹が一杯になったぞ!
メガ盛りは、パスタ1キロに具材やトマトソースを加えるので、
出来上がりは1.5キロ弱になるみたいです!
メガ盛りは、覚悟して注文しましょう!

お店の前の通りにパーキングメーターがあります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
ハーフ&ハーフ(ビーフ+チキン)大盛900円
直径24センチの深皿の中央にはライスで成形したダムが!
一皿で2種類のカレーを味わえる、秋葉原のダムカレー!
大量のライスを圧縮して、ダムを成形しています!
ビーフカレーは、甘酸っぱくて何とも微妙な味わい!
チキンカレーは、粘度が低く、辛くてスパイシー!
何とも怪しい店構えですが、ご主人は日本人です!
トーキョーパラダイスのメニュー(24年7月現在)
トーキョーパラダイスのメニュー(24年7月現在)
食べたしまうのが惜しいくらい、芸術的な作品です!
一皿で2種類のカレーを味わえる、『トーキョーパラダイス』。
お店は、賑やかな秋葉原から少し外れた路地にあり、何とも怪しい店構え!
看板には「まじめに作ったおいしいカレー、中国人もビックリ」
裏面には、「インド人もウットリ」・・・なんのこっちゃ???
恐る恐る中に入ると・・・テーブル24席の店内は、それほど怪しくありません。
まじめそうで腰の低いご主人が一人で切り盛りしています。
メニューは、ビーフカレー800円/ポーク、チキン、ドライカレーは700円。
ハーフ&ハーフは、ビーフ+その他800円、それ以外750円。
ビーフとチキンのハーフ&ハーフ大盛(800円+100円)を注文すると・・・
1分ほど待つと出来上がり!
うわ〜〜〜、す・すげ〜〜〜!
直径24センチの深皿の中央を堰き止めるライスで成形したダム!
その両側にはビーフカレーとチキンカレーの湖が・・・
おぉぉぉ〜〜〜、なかなかインパクトのある芸術的な作品ではないか!
思わず『山崎屋食堂』や『シュクリア』のカレーを思い出したぞ!
あまり見事な盛り付けなので、食べてしまうのが惜しい気もしますが・・・
ダムが決壊しないように慎重に攻めていきます。
ビーフカレーは、甘酸っぱくて何とも微妙な味わい。
ゴロンと大きな牛肉が入っています。
チキンカレーは、スープカレーのように粘度が低く、辛くてスパイシー。
こちらの方が食べやすいけど、独特の香りが気になります。
う〜ん、カレーはどちらも僕の好みではないみたい・・・
それでも残すわけにはいかないので、必死にスプーンを繰り出します!
最後は水で流し込み、何とか完食して満腹度はジャスト100%。
いや〜僕のストライクゾーンは広めなんだけど、
ここのカレーはちょっと苦手でした!
かなり個性的なカレーなので、評価が分かれるかもしれません。

凸版印刷本社前の通りにパーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
青椒飯(大盛)は、野菜をタップリ補給できてヘルシーです!
高さはありませんが、重さは1キロを超えてます!
北品川のデカ盛り店「登龍」の青椒飯(大盛)800円
ピーマンが色鮮やかで、見るからに旨そう!
青椒飯(大盛)は、直径24センチのデカ皿を使用!
登龍のメニュー(24年7月現在)
登龍のメニュー(24年7月現在)
登龍のメニュー(24年7月現在)
地域密着型のデカ盛り中国料理店です!
北品川商店街のデカ盛り中国料理店『登龍』。
いつも元気なママさんが笑顔で迎えてくれます!
今日は野菜を食べたい気分!
という訳で、青椒飯(チンジャオハン)大盛(700円+100円)を注文。
5分ほど待つと、ママさんが運んで来ます!
お待たせしました〜、青椒飯大盛です!・・・ドスン!
うわ〜〜〜、デカッ!!!
直径24センチのデカ皿に、タップリ盛り付けられた青椒肉絲の山!
高さはありませんが、重さは1キロを超えてます!
まさに出来立ての熱々で、湯気が立ちのぼってます!
具材は、豚肉、ピーマン、タケノコ、きくらげ。
ピーマンが色鮮やかで、見るからに旨そうではないか!
さっそく食べてみると・・・おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜たまらん!
青椒肉絲は、味付け控えめで上品な仕上がり。
あんがタップリかかっていて、ご飯がススム君!
おかずの量が多いので、ご飯が残ってしまうことはありません。
美味しい青椒肉絲をモリモリと食べ進み、ペロリと完食!
卵スープも飲み干して、満腹度はジャスト100%。
野菜をタップリ補給できて、とてもヘルシーな一品!
早い、旨い、安い、ボリューム満点!
いや〜、本当に素晴らしいお店だ!
お昼に行列するのも納得です!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
大もりうどん400円でも、十分すぎるボリュームです!
大もりうどん400円+かき揚げ150円
もりそば300円+穴子天ぷら150円
握りこぶしサイズの巨大なかき揚げ150円!
味奈登庵のメニュー(24年7月現在)
味奈登庵のメニュー(24年7月現在)
買物帰りに小腹がすいたので、富士山盛りで有名な『味奈登庵』へ。
メニューは、もり300円/大もり400円/富士山もり500円など低価格!
お好みで、天ぷらもトッピングできます!
今回は、大もりうどん400円+かき揚げ150円を注文。
10分ほど待つと、茹で立て、揚げ立てが提供されます!
うわ〜〜〜、うまそう〜〜〜!!!
直径22センチのデカ皿に、山のように盛り付けられたうどん!
普通のお店と比べたら、大もりでも十分すぎるボリュームです!
さっそく食べてみると・・・
茹で立てで、キラキラと輝くようなうどんは、ツルツルのノド越し!
おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜〜〜たまらん!
かき揚げは、握りこぶしサイズでボリューミー!
具材も豊富で食べ応えがあります!
このかき揚げが150円なら、とてもお得だと思います!
嫁さんが注文したのは、もりそば300円+穴子天ぷら150円。
こちらも、そばは茹で立てで、見るからに旨そう!
穴子天ぷらも、長さ20センチを軽く超える一本揚げ!
嫁さんも、美味しいね!と満足した様子。
これだけ食べて、二人分の代金は、ジャスト1,000円!
いや〜、『味奈登庵』のコストパフォーマンスは、本当に素晴らしいですね!
僕の地元、学芸大学にも、ぜひ出店してほしいな〜!

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 1,000~3,000円
目的:友人・同僚と
これでもかと盛り付けられた、テンコ盛りのかつ丼!
ダブルかつ丼は、カツ丼とカツ煮のコラボでした!
新メニューのダブルかつ丼1,100円は、殺人的なボリューム!
定食には、たぬきうどんも付いてます!
サービスで提供される味噌おでんとアイスコーヒー!
ボリューム満点のかつ丼!
古都の丼・定食メニュー(24年7月現在)
古都のそば・うどんメニュー(24年7月現在)
迫力満点のスタミナ定食990円!
定食のライスは日本昔話盛り!しかもこれで普通盛り!
すべてのメニューがデカ盛りという、埼玉県入間市の『古都』。
暖簾をくぐると、着物に割烹着を着た元気な若女将が笑顔で迎えてくれます!
メニューを見ると・・・マジックで書き加えた新メニューを発見!
その新メニューは・・・ダブルかつ丼1,100円!
ダブルかつ丼ということは・・・カツを2枚使用しているのか???
それとも、カツ丼2杯分のボリュームがあるのか???
もう頭の中は、ダブルかつ丼の妄想が膨らんでます!
デカ盛り店で、高額メニューを注文するのは危険ですが、
責任感(←何の?)の強い僕は、ダブルかつ丼1,100円を注文してみました!
すぐに、サービスの味噌おでんとアイスコーヒーが運ばれて来ます。
さらに、15分ほど待つと、若女将がとんでもない一品を運んで来ます!
それを見た瞬間、僕の目玉は飛び出しそうに!!!
どひゃ〜〜〜、や・やっちまった〜〜〜!!!
大きなお盆を器が埋め尽くして、もの凄いことになっているぞ!
直径19センチの深い丼に、テンコ盛りのかつ丼マウンテン!
そして、直径21センチの大皿には、ジャンボサイズのカツ煮が・・・
かつ丼+カツ煮=ダブルかつ丼!・・・そうきたか〜〜〜!
さらに、たぬきうどん、みそ汁、漬物まで付いています!
オ・オレを殺す気か〜〜〜!
デカ盛りを見慣れた僕でさえ、気絶しそうな殺人的なボリューム!
しかも、これが普通盛りなんて、あり得ないぞ!
もうこうなったら、満腹になる前に一気に食べ切るしかありません!
残ると厄介なかつ丼のライスから攻撃開始!
かつ丼は、ライスの量がハンパなく、食べても食べても減りません!
カツ煮も美味しいけど、もう味わう余裕なんてありません!
かつ丼とカツ煮をクリアした時点で、もうお腹はパンパン状態!
それでも最後の力をふりしぼり、ベルトを緩めて、一気にラストスパート!
味噌おでんをみそ汁で流し込み、なんとか完食!
アイスコーヒーも飲み干して、満腹度は120%。
いや〜、今回ばかりは、本当にダメかと思ったぞ!
普通盛りでこのボリュームですから、大盛は覚悟して注文しましょう!
同行したE君が注文したのは、スタミナ定食990円。
こちらも、山盛りの豚肉ニラ炒め+日本昔話盛りのライス+うどん+みそ汁!
凄まじいボリュームに圧倒されながらも、E君も残さず完食しました。

お店の隣と向かいに専用駐車場があります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
オニオンメンチは直径10センチのジャンボサイズが2枚!
挽肉とスライスした玉ネギを合体させたオニオンメンチ!
オニオンメンチ定食(ライス、味噌汁のおかわり無料)750円
学生街の良心的な定食屋です!
とんかつ三田のランチメニュー(24年7月現在)
とんかつ定食750円
「鳥からあげ定食」がボリューム満点の『とんかつ三田』。
今回注文したのは、オニオンメンチかつ定食750円。
もちろん、ライスとみそ汁のおかわり無料サービスは健在です!
10分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、す・すごいボリューム!
直径21センチの大皿に、山盛りキャベツと巨大なオニオンメンチが2個!
さらに、ライス、みそ汁、漬物が付いて、なかなか豪華な定食です!
オニオンメンチは、直径10センチ×厚さ2センチのジャンボサイズ!
円形に成形した挽肉とスライスした玉ネギを合体させて揚げています!
揚げ立て熱々を食べてみると・・・
サクッ・・・ジュワ〜・・・おぉぉぉ〜、こりゃ〜たまらん!
メンチカツの旨味に玉ネギの甘みが加わって、食欲をそそります!
ソースをタップリかけると、もうご飯がススム君!
ついつい体重も気にせず、ライスをおかわりしてしまったぞ!
ダシがしっかり効いたみそ汁もとても美味しい!
嫁さんが残したトンカツとキャベツも完食して、満腹度はジャスト100%。
いや〜、今回もガッツリ食べてしまったぞ!
これで750円ですから、本当に良心的なお店だと思います!

日吉駅にある日吉東急の駐車場は、2,000円のお買物で2時間無料になります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
極細麺をプチンプチンと噛み切ると、何とも心地よい食感!
背脂の浮いたねっとりマイルドな豚骨スープ!
しっとりやわらかいチャーシュー!
お店の前に、パーキングメーターがあります。
紅ショウガ、すり胡麻を加えてカスタマイズできます!
メニュー&麺の茹で時間(24年6月現在)
替玉「硬麺30秒」は、まだボキボキ感が残っています!
博多豚骨「わ蔵」のらーめん650円
豚骨ラーメンを食べたくなり、山手通り沿いの博多豚骨『わ蔵』へ。
このお店を利用するのは、8年前のオープン以来。
競争の激しい中目黒で、まだ生き残っているのは、凄いことだと思います。
メニューは、らーめん650円、青ネギらーめん800円、
チャーシュー麺850円、特選らーめん920円など。
ラーメン650円の食券を購入し、カウンターの上へ。
麺の茹で加減は、粉落とし2秒〜超柔麺60秒まで、6段階から選べます!
特に希望が無ければ、基本30秒で提供されます。
うわ〜〜〜、うまそう〜〜〜!!!
直径19センチの丼に盛り付けられたラーメンは、見るからに旨そう!
背脂の浮いたねっとりマイルドな豚骨スープ!
極細麺をプチンプチンと噛み切ると、なんとも心地良い食感!
具材は、チャーシュー2枚、キクラゲ、メンマ、青ネギ。
さらに、紅ショウガ、すりゴマを投入して、好みの味にカスタマイズ!
麺を半分食べ終えたら、替玉「硬麺」(100円)をオーダー!
「硬麺」の茹で時間は15秒ですから、すぐに替玉が到着します!
硬麺は、まだ芯まで茹で上がっていない感じで、ボキボキ感が残っています。
ということは、「粉落とし2秒」って、ほとんど生なのかい???
う〜ん、メッチャ気になるぞ!!!
替玉もペロリと完食し、スープも飲み干して、満腹度は90%。
久しぶりに豚骨ラーメンを食べたけど、とても旨かったぞ!
次回は、気になる「粉落とし」をオーダーしてみよう!

お店の前にパーキングメーター、少し先にコインパーキングがあります。

↑このページのトップヘ