gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2013年02月

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 不明, 夜 1,000~3,000円
目的:友人・同僚と
シャコ酢350円
ママカリ300円
とり酢200円
鶏ちり鍋2人前1,200円
かま焼き400円
にし貝刺身630円
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
岡山の夜は、居酒屋『和さび』に続いて、居酒屋『鳥好』駅前本店へ。
このお店を選んだ理由は、市役所職員が忘年会で利用していたから。
だって地元に詳しい人が選んだ居酒屋なら間違いないでしょう!
広々とした店内には、カウンター、テーブル、小上り席があり、
いかにも大衆酒場という簡素な作りですが、雰囲気は悪くありません。
地元のお客さんで賑わっていて、活気があります!
メニューを見ると、旨そうな料理ばかりで、どれも低価格!
焼酎ボトルは、なんと1,800円(←安い!)
これなら値段を気にせず、思い切り飲んで食べられるぞ!
ということで、気になるメニューを次々に注文してみます!
焼酎ボトル1,800円
とり酢200円/茹でたガツ。これが200円とは・・・たまげた!
ママカリ300円/ママカリの酢漬け。骨まで食べられます。
シャコ酢350円/新鮮なシャコが5匹。
かま塩焼き400円/鮭のカマです。
にし貝刺身630円/コリコリの歯応え、肝も付いてます。
鶏ちり鍋600円×2人前/具材も豊富でオススメです!
つまみは低価格だけど鮮度が良く、美味しいものばかり!
岡山名物を地元価格で食べられるのがいいですね!
う〜ん、やはり市役所ご用達のお店は、安心して飲めるぞ!
まだまだ食べたいメニューはありますが、もうお腹が一杯なのでお会計。
大人4人が1時間40分飲食して、お会計は5,650円(1人1,400円)。
どひゃ〜、あまりの安さにビックリしたぞ!
いいですね〜、こういう良心的なお店は大好きだぞ!
これなら地元のお客さんで満席なのも納得です!
翌日は、本場の讃岐うどんを食べに、高松の『竹清』に行きました!

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
旬のお造り盛り合わせ(3〜4人前)1,800円
さわら刺身・たたきセット1,300円
黄ニラのだしまき650円
お通し(ゴマ豆腐)
焼きままかり酢漬け450円
広島産ぷりぷりカキフライ700円
たこ薄造り780円
とらふぐひれ酒650円
ブリ大根630円
ごまふぐの一口唐揚げ730円
とらふぐてっさ(刺身)1,300円
メニュー(24年12月現在)
メニュー(24年12月現在)
メニュー(24年12月現在)
後楽ホテルの地下1階にあります。
岡山の夜は、地元のタウン誌で紹介されている居酒屋『和さび』へ。
当日予約して行くと、2時間制で個室の掘りごたつ席に案内されました。
広々とした店内は、明るく清潔で落ち着いた雰囲気。
店員のお姉さんたちも親切で愛想が良く好印象です。
岡山の郷土料理・季節料理を中心に、旨そうな料理を注文してみます。
生ビール530円
とらふぐひれ酒650円
お通し(ゴマ豆腐)
焼きままかり酢漬け450円
広島産ぷりぷりカキフライ700円
たこ薄造り780円
黄ニラのだしまき650円
ブリ大根630円
旬のお造り盛り合わせ(3〜4人前)1,800円
さわら刺身・たたきセット1,300円
ごまふぐの一口唐揚げ730円
とらふぐてっさ(刺身)1,300円
ここまで食べたところで、制限時間となりお会計。
大人4人が2時間飲食して、お会計は17,610円(1人4,400円)
料理全般の盛り付けは丁寧で、お値段は手頃ですが、
あまりボリューム感はありません。
味付けは上品なものが多く、大当たりも無いけど、
大ハズレも無いという無難な居酒屋という印象でした。
岡山の夜の2次会は、居酒屋『鳥好』駅前本店に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
フワフワ卵にデミソースがかかって見るからに旨そう!
フワフワ卵の山を崩すと、こげ茶色のピラフが姿を現します!
えびめしは、デミソース系の味わいで、小海老も入ってます!
オムレツの卵は、絶妙な半熟加減でフワフワの仕上がり!
オムえびめしに付いてくる、コルスローサラダ!
エムえびめし(大盛)は、直径29センチの大皿を使用!
とても美味しそうなサンプルメニュー!
えびめしプレートランチ(オムえび替え)1,040円
えびめしプレートランチ880円
オムえびめし(大盛)970円
えびめしやのメニュー(24年12月現在)
えびめしやのメニュー(24年12月現在)
えびめしやのメニュー(24年12月現在)
岡山駅からタクシーに乗り、片道約3キロ1,410円!
岡山名物「えびめし」を食べに、『えびめしや』万成店へ。
岡山駅からタクシーに乗り、片道約3キロで1,410円。
ファミレス風の店内は、地元のお客さんで賑わっています。
メニューは、名物えびめし600円/オムえびめし820円/
えびめしプレート880円/デミカツ丼750円など。
えびめしプレートは、プラス160円でオムえび替えできます。
岡山名物「デミカツ丼」も気になりますが、
今回は、オムえびめし大盛(820円+150円)をオーダー。
そして、10分ほど待つとお姉さんが運んで来ます。
うわ〜〜〜、ムチャクチャ旨そうではないか!!!
直径29センチのデカ皿に盛り付けられた、フワフワ卵のオムえびめし!
デミソースがタップリかかっていて、見るからに旨そう!
さっそく食べてみると・・・
おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜〜〜たまらん!!!
オムレツの卵は絶妙な半熟加減で、薄味のデミソースがよく合います!
おっと、肝心のえびめしを忘れていたぞ!
スプーンでフワフワ卵の山を崩すと、焦げ茶色のピラフが姿を現します!
どひゃ〜〜〜、これが「えびめしなのか???」
見るからに濃厚でしょっぱそうな味を想像しますが・・・
食べてみると、少しコッテリしているけど、味は濃くありません。
デミグラスソース系のえびめしソースで仕上げてあります。
「えびめし」というだけあって、小海老も入っているぞ!
味わいながら、ペロリと完食して、満腹度は80%
いかにもB級という味わいですが、僕はなかなか美味しいと思いました!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
明らかに容量を超えた盛り付けに、丼が悲鳴をあげてます!
渋谷のデカ盛り店「仙台や」のカツ丼大盛1,050円
デカ盛りを見慣れた僕も気絶しそうな殺人的なボリューム!
カツの厚さは1センチ以上あり、食べ応えがあります!
渋谷と代官山の中間地点に店を構える「仙台や」
仙台やのメニュー(24年11月現在)
カツ丼大盛を横から見ると、まさにビッグマウンテン!
カツ丼大盛は、直径19センチの丼を使用!
カツ丼大盛は覚悟して注文しましょう!
すべてのメニューがデカ盛りという、渋谷の大衆中華料理店『仙台や』。
カウンター5席+テーブル24席の店内は、昔ながらの定食屋という雰囲気。
50代くらいのご夫婦が2人で切り盛りしています。
メニューは、麺類、ご飯物、丼物、定食など種類が豊富です。
とりあえず、カツ丼大盛(900円+150円)を注文。
ご主人が豚肉にパン粉をつけて、トンカツを揚げ始めます。
中華鍋に玉ネギと揚げ立てのトンカツをカットして投入して、フタをします。
そして、卵2個でとじて、ヘラで丼に盛り付けて出来上がり。
お待たせしました!カツ丼大盛です!・・・ドスン!
どひゃ〜〜〜、オ・オレを殺す気か〜〜〜!!!
直径19センチの丼に、こぼれる寸前まで盛り付けられたデカ盛りカツ丼!
横から見ると、その姿はまさにビッグマウンテン状態!
デカ盛りを見慣れた僕でさえ、気絶しそうな凄まじいボリューム!
これは食べ切れないかも・・・すでにこの時点で赤信号が点灯です!
こうなったら満腹になる前に一気に食べ切るしかありません。
とりあえず、ライス多めのペース配分で攻撃を開始します!
カツは、厚さが1センチ以上あり、味付けも薄味で好みのタイプ!
カツをよけて、ライスを攻めますが、なかなかペースが上がりません。
そうだ!スープに付いているレンゲを使おう!
割箸をレンゲに持ちかえて、ライスを一気に掘り進みます!
それでも、残り1/3になると、単調な味に飽きてきます。
ここで温存していたカツで味を変えますが、すでにお腹はパンパン状態!
もうギブアップしようかと思いましたが、
ベルトを緩めて、ラストアタックを試みます!
そして、最後はスープで流し込み、根性で完食!
満腹度は、限界ギリギリの120%。
いや〜、今回は本当にダメかと思ったぞ!
こんなデカ盛り店が近所にあるとは・・・『仙台や』恐るべし!
ほかにも魅力的なメニューがあるので、体調の良い時にまた挑戦しよう!

↑このページのトップヘ