gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

2015年02月

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
秋葉原の「昭和食堂」で、スタミナ丼メガ盛り!
メガ盛りですが、総重量は1キロに遠く及びません!
名物スタミナ丼(メガ盛)820円
みそ汁は、おかわりできます!
スタミナ丼メガ盛りは、直径18センチの丼を使用!
生卵を投下すると、見るからに美味しそう!
ニンニクダレで味付けした豚バラ肉!
黄身を崩すと卵黄が流れ出し、見るからに美味しそう!
豚バラ肉に卵黄を絡めて食べてみます!
メガ盛りですが、ご飯は丼8分目ほど!
各種調味料で好みの味にカスタマイズできます!
割箸とスプーンを用意してあるのは、気が利いています!
メニュー(27年2月現在)
メニュー(27年2月現在)
名物スタミナ丼の食べ方
名物スタミナ丼の食べ方
昭和レトロな食堂をイメージしますが、レトロなのはBGMだけ!
JR秋葉原の駅前に店を構える昭和食堂!
メニュー(27年2月現在)
ニンニクが効いているので、食後の臭い対策も忘れずに!
注文から2分で到着!名物スタミナ丼メガ盛り!
このボリュームでメガ盛りを名乗るのは、100年早いぞ!
コスパは今イチ!スタミナ丼メガ盛り820円!
JR秋葉原駅前に店を構える、スタミナ丼が名物の『昭和食堂』。
午前7時から営業のはずが、なぜか開店したのは午前11時5分でした。
『昭和食堂』ですから、レトロな食堂をイメージして入店したら・・・
「イラシャイマセ〜!何名様デスカ?」といきなり中国系の女性店員。
「食券ヲカッテクダサイ!」・・・エッ!券売機で食券を買うのか?
カウンター4席+2階の店内は、まだ新しく、イケメンが調理を担当。
昭和レトロな食堂のイメージが、ガラガラと音を立てて崩れていきます!
「青春時代」「飛び出せ青春」など1970年代の懐かしいBGMが流れているのが、せめてもの救いです。
名物スタミナ丼は、並・大550円/メガ盛820円(並盛の2倍)
/ギガ盛1,300円(メガ盛の2倍)の3サイズ。
そのほか、チキンカツカレー並盛730円/唐揚げ定食700円など。
今回は、名物スタミナ丼メガ盛り(生卵、味噌汁付き)820円を注文。
そして、2分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
うわ〜〜〜、早ッ!!!
直径18センチの丼に盛り付けられた、メガ盛りスタミナ丼!
丼8分目までライスを盛り、豚バラ肉をドッサリ乗せてあります!
生卵を豚肉の上に投下すると、見るからに美味しそう!
とはいえ、メガ盛りの割には、総重量は1キロに遠く及びません!
かなりガッカリなメガ盛りに、テンションが下がります!
豚バラ肉は、わりと薄味のニンニクダレで味付けしてあります!
卓上の調味料を使用して、好みの味にカスタマイズできます!
僕は、レモン汁を振りかけた、サッパリ味が気に入りました!
割箸だけでなく、スプーンも用意してあるのは、気が利いています!
そのまま一気に完食し、味噌汁も飲み干して、満腹度は80%。
う〜ん、このボリュームでメガ盛りを名乗るのは、100年早いぞ!
価格も820円では、割安感がありません!
『伝説のすた丼屋』の「生姜丼(肉飯増し)880円」の方が、味・ボリュームともに満足度が高いと思いました!
「メガ盛」の2倍という「ギガ盛」もありますが、この丼に1,300円も払う気にはなれません!

お店の周辺に、Pメーター、コインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
我孫子市のリバーサイドで、デカ盛りドライカレー&焼きそば!
いちごちゃんスペシャル(ドライカレー&焼きそば)850円
普通盛りで1.2キロのデカ盛りです!
普通盛りとは思えない、凄まじいボリューム!
いちごちゃんスペシャルは、直径30センチのデカ皿を使用!
焼きそばだけでも、1人前はあります!
ドライカレーに焼きそばという組合せが素敵です!
ドライカレーは、スパイシーな味わい!
焼きそばは、豚肉、キャベツを使用したアッサリ系!
焼きそばには、豚肉も入っています!
色鮮やかな紅ショウガとキャベツが食欲をそそります!
メニュー(27年2月現在)
お店は、手賀川のリバーサイドにあります!
お店の前に、駐車場があります。
ログハウス風の建物が目印です!
メニュー(27年2月現在)
サラダも添えてあります!
ドライカレーだけでも、2人前はあります!
ドライカレーと焼きそばの炭水化物の山!
すごいボリューム!いちごちゃんスペシャル850円
テレビで紹介された、千葉県我孫子市のデカ盛り喫茶『リバーサイド』。
最近はガソリンが安いので、週末は車で遠征したくなります。
目黒区の学芸大学から、高速を利用して、片道70キロ、所要時間90分。
お店は店名の通り、手賀川の土手の脇にあるログハウス風の建物。
リーゼントの年配マスター、浅田美代子似のお姉さんが迎えてくれます。
カウンター4席+テーブル10席の店内は、ロック系のグッズが並びます。
「習志野」「土浦」「柏」ナンバーなど、遠方から常連さんが訪れます。
スペシャルメニューは、ユニークなネーミングのものばかり。
「印西町役場」(ドライカレー&ポークジンジャー)850円
「いちごちゃん」(ドライカレー&焼きそば)850円
「デビちゃん」(ナポリタン&ピラフ)850円
「布佐駅前交番」(ドライカレー&ナポリタン)850円など。
昨年4月の消費税増税後も価格据え置きで頑張っています。
前回訪れた時は、「普通盛り」で2人前、「大盛(100円増)」は5〜6人前で2.5キロのデカ盛りでした。
今回は、「普通盛り」の2倍という「中盛」に挑戦しようと思います。
「中盛の量はどれくらいですか?」と尋ねると・・・
お姉さんが顔色を変えて「中盛は、2.7キロありますよ!」と制止します。
エッ!本当ですか???・・・さすがに2.7キロは食べ切れません!
無謀な挑戦はやめて、素直に従うことにしました。
という訳で、今回注文したのは、
「いちごちゃんスペシャル」(ドライカレー&焼きそば)850円。
マスターに確認したところ、現在のボリュームは、普通盛り1.2キロ、中盛2.7キロ、大盛4キロとのこと。
いつの間にか、各サイズともパワーアップしていました。
厨房からフライパンをガシガシとあおるサウンドが聞こえてきます。
そして、15分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!!!
直径30センチの大皿に盛り付けた、デカ盛りドライカレー&焼きそば!
山盛りドライカレーの脇にソース焼きそばを盛り付け、野菜サラダも添えてあります!
総重量1.2キロですから、お皿を持ち上げると、ズッシリ重さを感じます!
これが普通盛りとは思えないほど、凄まじいボリュームです!
さっそくドライカレーを集中攻撃する作戦で、攻撃を開始!
ドライカレーは、ベーコンや卵を使用していて、スパイシーな味わい!
ドライカレーを食べ終えると、次は焼きそばを攻めていきます!
なぜ、ドライカレーと焼きそばを交互に食べないのかって?
それはね、割箸とスプーンを持ち替えるのが面倒なのだ!
焼きそばは、豚肉、キャベツ、紅ショウガを使用したアッサリ系!
味わいながら、炭水化物×2品を余裕で完食して、満腹度は100%。
マスターがニヤッと笑いながら「どうですか、足りましたか?」
「もう少し食べたい気分です!」
「それなら、次は中盛にすれば、普通盛りの2倍ですよ!」
「いやいや、次回も普通盛りにしておきます!」

お店の前に、駐車場があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
相模原の「とんかつ赤城」で、デカ盛りカツカレー!
今にもカレールーがお皿からこぼれそう!
衣は硬めで、肉はやわらかくジューシーな味わい!
存在感抜群の巨大なカツがのっています!
うわ〜デカッ!カツカレー大盛り1,200円
総重量1キロを超える、デカ盛りカツカレー!
かつカレー大盛りは、直径28センチのデカ皿を使用!
1,200円になると割安感がなくなり、価格相応です!
とても美味しくボリューム満点のカツカレー大盛り!
キャベツもピラミッド盛りです!
野菜もタップリ補給できます!
カレーは、野菜を煮込んで粘度が高く、ほど良い辛さ!
カレーの辛さとライスの熱さで、顔から汗が流れ出します!
残念ながら大幅な値上げ!(27年2月現在)
ぶ厚く存在感のあるカツをトッピング!
お茶碗3杯分のライスの上から、カレーをかけ流し!
カツカレー大盛は、940円から1,200円へ大幅値上げ!
相模原のデカ盛りトンカツ店『とんかつ赤城』。
祝日の開店直前に到着すると、お店の前には5人が並んでいます。
カウンター10席の店内は、お隣さんとヒジがぶつかるほどの狭さ。
午前11時に開店すると、2分で満席になり、外には行列ができます。
昨年4月の消費税増税で、メニューが新価格に変わっています。
変更前と比較すると、残念ながら増税以上の大幅な値上げです。
特選ロースかつ1,150円→1,300円/うすかつ1,050円→1,150円など。
一番ショックなのは、「かつカレー940円(大盛り無料)」から、大盛は別料金となり、「かつカレー大盛り1,200円!」
な・なんと260円という衝撃の大幅値上げです!
思わず気絶しそうになりましたが、気を取り直して。
かつカレー大盛り1,200円を注文しました。
厨房では、愛想のないママさんが無表情でカツを揚げています。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました!・・・・・・ドスン!!!
うわ〜〜〜、デカッ!!!
直径28センチの巨大な皿に盛り付けられた、デカ盛りカツカレー!
お茶碗3杯分のライスにキャベツはピラミッド盛り!
その上からカレールーをドバッとかけ流し、最後に揚げ立てのカツをカットしてトッピング!
今にもお皿からカレールーがこぼれそうな、豪快な盛り付け!
デカ盛りを見慣れた僕でさえ殺気を感じるほど、危険なオーラを放っています!
あまりのド迫力の盛り付けに、完食できるか不安になります!
残ると厄介なライス多めのペース配分で、攻撃を開始!
カツは、厚さ1センチ超えの肉を使用して、存在感があります!
まずは、カツを食べてみます!
サクッ・・・ジュワ〜〜〜・・・おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜たまらん!
衣は硬めで、肉はやわらかくてジューシーな味わい!
カレールーは、野菜を煮込んで粘度が高く、ほど良い辛さ!
半分ほど食べ進むと、辛さとライスの熱さで顔から汗が流れだし、ナイアガラの滝状態!
流れる汗を拭きながら、そのまま一気に完食して、満腹度は110%。
食べ切れるか心配しましたが、ペロリと食べちゃいました!
とても美味しくボリューム満点のかつカレー大盛り!
しかし、前回の940円から1,200円への大幅な値上げはなぜなのか?
割安感がなくなり、価格相応になってしまったのが、とても残念です!

駐車場2台の場所は、お店に確認してください。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
大井町の「丸八とんかつ支店」で、デカ盛り唐揚げ定食!
どひゃ〜すごいボリューム!鳥の唐揚げ定食1,050円
巨大な唐揚げは、なんと直径9センチ!
ライスは、山盛りです!
ライス1杯おかわり無料です!
いいですね〜!こういう過激な盛り付けは、大好きだぞ!
巨大な唐揚げ6個を積み重ねて、すごい迫力です!
鳥の唐揚げ定食は、直径23センチのデカ皿を使用!
見るからに美味しそうな、巨大な唐揚げ!
唐揚げ1個が、子どもの握り拳ほどの大きさです!
唐揚げの衣はサクッと香ばしく、中身はジューシー!
メニュー(27年2月現在)
カキフライ定食1,200円は、3月末日まで!
土日も営業していて、使い勝手は良好です!
具だくさんの豚汁と漬物も付いています!
キャベツもおかわりできます!
唐揚げ6個を積み重ねてた、唐揚げマウンテン!
総重量1キロを超える、鳥の唐揚げ定食1,200円
大井町のデカ盛りトンカツ店『丸八とんかつ』支店。
暖簾をくぐると年配のご主人とママさんが笑顔で迎えてくれます。
しばらくご無沙汰しましたが、ご夫婦がお元気で何よりです。
昨年4月の消費税増税のため、メニューが新価格に変わっています。
今回は、鳥の唐揚げ定食1,050円を注文。
ちなみに、ライス1杯とキャベツのおかわりは無料です。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!!!
直径23センチの大皿に盛り付けられた、デカ盛り鳥の唐揚げ定食!
大きな唐揚げ6個を積み重ねて、まさに唐揚げマウンテンや〜!
さらに、山盛りキャベツ、山盛りライス、具だくさんの豚汁、漬物も付いて、総重量1キロを超える、ヘビー級の鳥の唐揚げ定食です!
唐揚げをメジャーで計測してみると、なんと直径9センチ!
唐揚げ1個が子どもの握り拳ほどの大きさです!
さっそく、唐揚げを食べてみると・・・・・・
サクッ!・・・ジュワ〜・・・おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜たまらん!
揚げ立て熱々の唐揚げは、衣が香ばしく、中身はジューシー!
唐揚げ、キャベツ、ライスをバランス良く食べ進むと、先にライスが無くなります!
だって、巨大な唐揚げが6個もあるんだもん!
体重を気にしながらも、ここで禁断のライスおかわり!
味わいながらライス2杯も残さず完食!
具だくさんの豚汁も飲み干して、満腹度はジャスト100%。
いや〜、ダイエットも忘れて、思い切り食べてしまったぞ!
肉、野菜、ライス、豚汁のバランスが良く、大満足の定食でした!
ご夫婦の人柄が良く、実家に帰ったような雰囲気が良いですね!
土日も営業していて、使い勝手も良好です!

大井町駅前のイトーヨーカドー周辺に、コインパーキングがあります。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
埼玉県入間市の「古都」で、デカ盛り天丼!
天丼普通盛り!大盛なんて考えただけで恐ろしいぞ!
どひゃ〜すごいボリューム!天丼990円
容量を超えた盛り付けに、器が悲鳴を上げています!
全部食べても無料になりません!
天丼は、直径19センチの大容量の器を使用!
天ぷらを積み重ねて、危険なオーラを放っています!
野菜天もドッサリ積み重ねてあります!
普通盛りでも、容赦なくご飯を盛り付けます!
海老天は、中サイズが2匹!
カボチャ天もデカイ!
天丼には、うどん、みそ汁、漬物も付いてます!
お椀のフチまで、うどんが入っています!
うどんは、太くてコシが強く、食べ応えがあります!
サービスのモヤシサラダ!
帰りに「甘いものをどうぞ!」とチョコをいただきました!
古都のメニュー(27年2月現在)
古都のメニュー(27年2月現在)
古都のメニュー(27年2月現在)
古都のメニュー(27年2月現在)
古都のメニュー(27年2月現在)
古都のメニュー(27年2月現在)
古都のメニュー(27年2月現在)
お店の右側と向かいに専用駐車場があります!
サービスのアイスコーヒー!お好みでミルクも入れてくれます!
サービスのおでんは、甘い味噌ダレがかけてあります!
天丼だけでも、重さは1キロ近くあります!
天丼普通盛りで、この殺人的なボリューム!
総重量は1.5キロを超える、天丼990円!
テレビで紹介されたサービス満点のデカ盛り店、埼玉県入間市の『古都』。
目黒区の学芸大学から関越道を利用して、片道50キロ、所要時間90分。
午前11時の開店前に到着し、隣の専用駐車場にピットイン。
まだ開店3分前ですが、入口に「営業中」の表示があります。
「もう大丈夫ですか?」と店内を覗くと、「今、開店しました!」
着物に割烹着を着た、いつも元気な若女将が笑顔で迎えてくれます。
「お好きな席へどうぞ!」と、4人用のテーブルに1人で着席。
その後、お一人様、カップル、ファミリーが次々に来店します。
テーブルが埋まっても、相席にしないのは、若女将の気配りのようです。
昨年4月の消費税8%増税のため、メニューも新価格に変更してあります。
今回は、天丼990円を注文してみました。
すぐに、サービスのおでん、さらにアイスコーヒーも運ばれてきます。
そして、15分ほど待つと若女将が運んで来ます。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!!!
直径19センチの大容量の器に、容赦なく盛り付けたデカ盛り天丼!
天ぷらをこれでもかと積み重ねて、危険なオーラを放っています!
明らかに容量を超えた盛り付けに、器が悲鳴を上げています!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
丼を持ち上げると、天丼だけでも1キロ近くありそうです!
さらに、うどん、みそ汁、漬物、おでん、アイスコーヒーも含めると、総重量1.5キロを超えるメガトン級の天丼です!
これで普通盛りですから、大盛なんて考えただけでも恐ろしいぞ!
天ぷらを取り皿に避難して、攻撃を開始!
天ぷらは、海老天×2、小海老のかき揚げ、イカ、カボチャ×3、ナス×2、サツマイモ、ピーマン!
衣はサクサク感のない、しっとりタイプで、丼つゆは薄味!
割箸だと食べるペースが上がらないので、スプーンが欲しくなります!
半分ほど食べ終えると、若女将が「これも良かったらどうぞ」
と、笑顔でモヤシサラダを持って来てくれます!
あの〜、気持ちはうれしいけど、この局面でこれは拷問ですよ!
でも、若女将は食べ切れずに苦しむ姿を見て喜ぶS子ではありません!
お客さんに「お腹一杯になって帰ってもらいたい!」という感謝の気持ちで、デカ盛りを提供しているんです!
エエ話しやないか〜〜〜!!!(←なぜか関西弁!)
それでも何とか天丼を完食し、うどん、モヤシサラダもクリア!
残るは、おでん、みそ汁、アイスコーヒー!
この味噌おでんは、甘くて苦手ですが、根性で完食して満腹度は110%。
いや〜、品数が多いので味は飽きないけど、もうお腹がパンパンだぞ!
このお店はボリューム満点で、本当にサービス精神が旺盛ですね!
特に、若女将の気配りが素晴らしく、「おもてなし」の心を感じます!
お陰さまで、とても気分よく食べられました!
こういうお客さんを大切にするお店は、また遠征したくなります!

お店の隣と向かいに、専用駐車場があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:ファミリー
牛かつの断面を見てみると、まだ赤みを帯びたレアの半生状態!
衣はサクッと香ばしく、牛肉はマグロの刺身のような味わい!
見るからに美味しそう!牛かつ麦飯セット1,200円
5分で到着した、牛かつ麦飯セット1,200円
デカ盛りではないので、ボリュームは少なめです!
牛かつは、揚げ時間が短いので、5分で出来上がり!
この断面を見たら、もう我慢できません!
ワサビ醤油が気に入りました!
山盛りキャベツとポテトサラダも付いています!
ご飯おかわり1杯無料で、大盛をお願いしました!
ご飯おかわり1杯無料は、うれしいサービスです!
セットは、みそ汁、漬物も付いています!
メニュー(27年2月現在)
メニュー(27年2月現在)
年中無休で、11時から営業です!
お店は地下1階にあり、階段に行列ができます!
お店の前を通るたび、いつも気になっていた「牛かつ」の看板!
牛かつもと村は、年中無休で行列も少ない穴場です!
とろろ付きは、100円増しです!
メニュー(27年2月現在)
とろろが付いてます!牛かつ麦飯とろろセット1,300円
牛かつ麦飯セット1,200円(ご飯おかわり1杯無料)
レアな牛カツが食欲をそそります!
ワサビ醤油、味噌ダレ、ソース、岩塩をお好みで!
以前から「牛かつ」の看板が気になっていた、新橋『牛かつ もと村』。
日曜日の開店時間11時を目指して、嫁さんと娘を連れて訪れました。
11時直前に到着すると、行列はなく、ポールポジションを獲得。
カウンター7席+テーブル10席の狭い店内は、清潔で洒落た雰囲気。
すると、次々にカップルやお一人様が来店し、わずか5分で満席に。
おいおい、こんなに人気があるとは知らなかったぞ!
牛かつ麦飯セット1,200円/牛かつ麦飯とろろセット1,300円
/ダブル牛ロースかつ麦飯セット1,900円など、お値段は少々高め。
ちなみに、ご飯おかわり1杯無料は、うれしいサービスです。
基本メニューの牛かつ麦飯セット1,200円を注文。
牛かつは、揚げ時間が短いので、5分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、見るからに、美味しそうではないか!!!
直径25センチの大皿に盛り付けた、一口サイズにカットした牛かつ!
牛かつは、きめ細かいパン粉を使用しています!
牛かつの断面を見てみると、まだ赤みを帯びたレアの半生状態!
もう我慢できません!まずは何もつけずに食べてみます!
サクッ!・・・ジュワ〜!・・・おぉぉぉ〜こりゃ〜たまらん!!!
衣はサクッと香ばしく、牛肉はマグロの刺身のような味わい!
ワサビ醤油、ゴマダレ、岩塩などで食べ比べてみます!
う〜ん、僕はワサビ醤油が好みだぞ!
お茶碗が小さいので、1杯目をすぐに食べ終え、おかわりします!
「ご飯の量は?」と尋ねられたので、「大盛」をお願いしました!
牛かつを味わいながら、2杯目も美味しく完食!
みそ汁も飲み干して、満腹度は90%。
いや〜、なかなか美味しい牛かつでした!
牛かつ麦飯とろろセットを注文した娘も、とても気に入った様子!
新橋の人気店『おか田』は、平日のみ営業で、しかも開店前から大行列!
『もと村』は、年中無休で、行列も少ないので、穴場だと思います!
コスパ重視の方には、神保町の『牛かつ勝ちゃん』もオススメです!

お店の周辺に、Pメーター、コインPがあります!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
船橋の「クレイン」で、超高層ライスタワー!
野菜炒めも2人前くらいあります!
これが小盛ですか???野菜炒め定食(小盛)700円!
デカ盛り店ですから、お水もジョッキで出てきます!
漬物もドッサリ!これが味を変える重要アイテムです!
ライス(小盛)で3合(1キロ)あります!
超高層ライスタワーが自らの重さに耐えきれずに崩落!
野菜炒めは、アッサリ控えめの味付け!
野菜炒めは、直径22センチのデカ皿を使用!
具材は、豚肉、キャベツ、モヤシ、白菜、ニンジン!
豚肉も入っています!
みそ汁も手抜きはありません!
クレインのメニュー(27年1月現在)
テレビでも紹介された、船橋のデカ盛り喫茶クレイン!
価格据え置き!クレインのメニュー(27年1月現在)
日頃不足しがちな野菜をタップリ補給できます!
タバコが小さく見えるぞ!野菜炒め定食(小盛)700円
ライス(小盛)にすると、50円引きになります!
ライス小盛(3合、1キロ)は、まさに日本昔話盛り!
テレビで何度も紹介されている、船橋のデカ盛り喫茶『クレイン』。
「ふなっしー」ほどメジャーではないが、デカ盛りマニアの間では、絶大な支持を得ている人気店です。
昨年、しばらく休業していたが、いつの間にか営業再開したらしい。
扉を開けると、いつも元気なママさんが笑顔で迎えてくれます。
テーブル22席の狭い店内は、古ぼけた喫茶店という雰囲気。
昨年4月の消費税8%増税後も、価格は据え置きで頑張っています。
「今日は、何にする?」
「野菜炒め定食(小盛)のご飯は何合ですか?」
「大盛は6合、普通盛は4合、小盛は3合(1キロ)くらいかしら。」
「オムライスなら、普通盛で3合、大盛は2.8キロあるわよ。」
「いやいや、そんなに食べられないので、野菜炒め定食(小盛)750円をお願いします。」
すると、すぐにジョッキに注いだお水が運ばれて来ます。
デカ盛り店ですから、お冷もジャンボサイズです。
そして、10分ほど待つと、ママさんが運んで来ます。
まずは、直径22センチの大皿に、2人前はありそうな野菜炒め!
そして次の瞬間、僕の目玉は飛び出しそうに!
お待たせしました〜!・・・ドスン!!!
「少なくてゴメンネ!」(←ママさんの決まり文句です!)
どひゃ〜〜〜、オ・オレを殺す気か〜〜〜!!!
直径14センチのお茶碗に極限まで盛り付けた、超高層ライスタワー!
メジャーで計測してみると、その高さは、なんと17センチ!
明らかに容量を超えた盛り付けに、お茶碗が悲鳴を上げています!
これはまさに、日本昔話盛りや〜〜〜!!!
おいおい、これが本当にご飯3合(1キロ)ですか???
どう見ても、もっと多いような気がするぞ!
思わず北品川『登龍』のご飯「大盛」を思い出しました!
でも、『登龍』はご飯「大盛」だけど、『クレイン』はこれで「小盛」!
「大盛6合(2キロ)」なんて、想像しただけでも恐ろしいぞ!
写真撮影していると、超高層ライスタワーが自らの重さに耐えられなくなり、タワーの中腹に亀裂が入り、みるみる崩落していきます!
崩落したライスは、受け皿がナイスキャッチ!
なるほど、だからお茶碗の下に受け皿が付いているんですね!
すでに赤信号点灯ですが、ご飯多めのペース配分で攻撃を開始!
野菜炒めの具材は、豚肉、キャベツ、モヤシ、白菜、ニンジン!
アッサリ控えめの味付けで、好みの味わい!
そして何より、ご飯がとても美味しく、順調に食べ進みます!
でも終盤になると、お腹が苦しくなり、もう味わう余裕はありません!
とにかくご飯を先に食べ切れば、野菜は何とかなりそうな気がします!
ベルトを緩めて、漬物、みそ汁で味を変えながら、ラストスパート!
そして、根性で食べ終え、ジョッキの水を飲み干して、満腹度は120%。
いや〜、今回ばかりは、本当にダメかと思ったぞ!
僕が食べ終えた目の前を、オムライス大盛(2.8キロ)が通過!
あまりデカイから、黄色い枕かと思ったぞ!いったい誰が食べるんだ?
そして、お会計・・・「ごちそうさまでした!おいくらですか!」
「小盛は、7万円ね!」(←おいおい、ここはアメ横か!)
今回は、野菜炒め定食750円−小盛50円引き=700円とのこと。
このメガトン級の定食が700円で、お店が儲かるのか心配になるぞ!
ご夫婦は高齢ですが、いつまでもお元気でお店を続けてくれることを願っています!

お店の斜め向かいの民家の庭に、2台駐車できます。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★☆☆☆ 2pt
雰囲気:★★☆☆☆ 2pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
秋葉原の「がんせん」で、デカ盛り生姜焼きチャーハン!
豚肉生姜焼きチャーハン(トリプル盛)1,200円
この垂れ幕に挑発されて、現地調査に向かいました!
豚肉生姜焼きをドッサリのせた、ヘビー級のチャーハン!
生姜焼きは、少し濃いめの味付け!
特別美味しい訳ではないが、なぜか後をひく味わい!
微妙な味わいの卵スープ!
肉好き諸君、集まれ〜 牛すじチャーハン 土日限定
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
空いていても、席を指定して、相席で詰め込みます!
接客態度が悪いので、覚悟してご入店ください!
入口の垂れ幕が、お店の存在を強烈にアピールします!
チャーハンの上にキャベツを敷き、生姜焼きがドッサリ!
トリプル盛は、肉3倍、飯2倍の迫力満点の盛り付け!
豚肉生姜焼きチャーハンは、直径28センチのデカ皿を使用!
デカ皿を持ち上げると、ずっしり重さを感じます!
うわ〜デカッ!豚肉生姜焼きチャーハントリプル盛1,200円
秋葉原を散策していると、何とも気になるメニューの垂れ幕を発見!
「豚肉生姜焼きチャーハン、トリプル盛(肉3倍、飯2倍)1,200円」
「肉好き諸君、集まれ〜、牛すじチャーハン、土日限定」
な・なんですと〜!ここまで挑発されたら、行くしかないでしょう!
という訳で、後日、中華調理『鴈川』の現地調査に向かいました。
お店は地下1階にあり、テーブル40席ほどの店内は、隠れ家的な雰囲気。
開店直後でまだ空いているのに、中国系?の女性店員が、お一人様は容赦なく席を指定して相席で座らせます。
間を開けて座ろうものなら、詰めるように注意されます。
愛想もなく、事務的に指示をする、見ていて不快な接客態度です。
今回は、豚肉生姜焼きチャーハン(トリプル盛り)1,200円を注文。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
うわ〜〜〜、デカッ!!!
直径28センチの大皿に盛り付けられた、デカ盛り生姜焼きチャーハン!
山盛りチャーハンの上に、キャベツを敷き、豚肉生姜焼きをドッサリのせた、まさにヘビー級のチャーハンです!
肉3倍、飯2倍というだけあって、迫力満点の盛り付け!
大皿を持ち上げてみると、ズッシリと重さを感じます!
生姜焼きは、豚肉の細切りを使用して、少し濃いめの味付け!
肉をガッツリ食べる、満足感があります!
特別美味しい訳ではないけど、なぜか後を引く味わいです!
デカ盛りですが、最後まで飽きることもなくフィニッシュ!
微妙な味わいの卵スープも飲み干して、満腹度はジャスト100%。
と思った瞬間、食べ終えたらすぐに帰れと言わんばかりに、女性店員がお皿を持ち去ります!
おいおい、お水くらい、ゆっくり飲ませてくださいよ!
空いた席にお客さんを詰め込み、食べ終えたらすぐに席を立たせる!
女性店員たちの流れ作業的な接客には、ガッカリしました!
「おもてなし」の心でお客様を迎えてほしいものです!
デカ盛りチャーハンが美味しいだけに、このような接客は残念です!

お店の周辺に、Pメーター、コインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:デート
新橋の「宇奈とと」で、うな丼ダブル特盛!
うな丼ダブル特盛が1,100円ですから、コスパ最強です!
うな丼ダブル(特盛)1,100円、赤だし(クーポンで無料)
クーポンを提示すると、赤だし100円が無料になります!
うな丼ダブルは、直径14センチの大容量丼を使用!
鰻の老舗で食べれば、3,000円以上すると思います!
鰻を炭火で焼くので、焦げ目がついています!
表面は香ばしく、身はフックラやわらかい仕上がり!
厚さ1.5センチほどのぶ厚い鰻が2枚!
特盛は、丼のフチまでご飯を盛り付けてあります!
うな丼弁当500円を購入!
うな丼弁当500円の中身!
帰りに「赤だし無料券」をいただきました!
店舗一覧
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
山椒、七味、鰻のタレが用意してあります!
店頭で鰻を焼いているので、食欲をそそられます!
鰻の量が少ない、とのコメント!
うなとろ丼(鰻増し)900円
特盛にしたので、迫力のあるルックスになりました!
職場の近くにあれば、週1回は通うと思います!
どひゃ〜、すごいボリューム!うな丼ダブル特盛1,100円!
特盛ご飯の上に、ぶ厚い鰻2枚をトッピング!
サラリーマンの聖地「新橋」で、ワンコインで鰻を食べられる『宇奈とと』。
カウンター17席の店内は、鰻を焼く香ばしい香りが漂っています。
メニューは、うな丼500円/うな丼ダブル1,000円/うな重800円
/うな重上1,300円/うな重特上1,500円/赤だし100円など。
新橋に相応しいリーズナブルな価格設定です。
今回は、うな丼ダブル特盛(1,000円+大盛無料+特盛100円)を注文。
クーポンを提示すると、赤だし100円が無料になります。
そして、5分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
うわ〜〜〜す・すごいボリューム!!!
直径14センチの大容量の丼に盛り付けられた、デカ盛りうな丼!
丼のフチまでご飯を盛り付け、その上に大きな鰻2枚をトッピング!
特盛にしたので、なかなか迫力のあるルックスになりました!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
鰻は大好物なので、さっそく食べてみます!
サクッ・・・ジュワ〜〜〜・・・
おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜たまらん!!!
厚さ1.5センチほどの分厚い鰻は、炭火で焼いて焦げ目が付いています。
表面は香ばしく、身はフックラやわらかい仕上がり!
ほど良い味加減のタレがかけてあり、とても美味しい!
ご飯は、硬めに炊いてあり、好みのタイプ!
味わいながら一気に完食し、赤だしも飲み干して、満腹度は80%。
安いから期待していなかったけど、予想以上に美味しい鰻でした!
この内容で1,100円ですから、とても良心的なお店だと思います!
鰻の老舗なら、3,000円以上が相場ですからね!
勤務先の中目黒にあれば、週1回は通うと思います!
帰りに「赤だし無料券」をいただきました!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★☆☆☆ 2pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 不明, 夜 1,000~3,000円
目的:ファミリー
上皿うどん(細麺)1,080円
上皿うどん(太麺)1,080円
上ちゃんぽん1,080円
ちゃんぽんは、つるつる食感の太麺を使用!
餡かけ風に仕上げた、上皿うどん(細麺)1,080円
パリパリに揚げた極細麺は、とても軽い食感!
上皿うどん(細麺)の肉団子!
初挑戦の上皿うどん(太麺)1,080円
太麺は、スープの旨みを吸収して、モッチリした食感!
美味しいけど、コッテリ濃厚な味わいで、最後は飽きました!
焼売(3個)540円
江山楼のメニュー(27年1月現在)
江山楼のメニュー(27年1月現在)
江山楼のメニュー(27年1月現在)
江山楼のメニュー(27年1月現在)
江山楼のメニュー(27年1月現在)
江山楼のメニュー(27年1月現在)
店舗一覧
江山楼のメニュー(27年1月現在)
江山楼のメニュー(27年1月現在)
新地中華街でも、ひときわ豪華な店構えです!
長崎新地中華街マップ
本場長崎の上ちゃんぽん1,080円
本場長崎の上皿うどん(細麺)1,080円
皿うどんに太麺があるなんて・・・知らなかったぞ!
本場長崎の上皿うどん(太麺)1,080円
『カフェ・ド・シェル』のトルコライスに続き、夕食は『江山楼』へ。
長崎に来たら、本場の長崎ちゃんぽん・皿うどんを食べないとね。
お店は、修学旅行の学生で賑わう長崎新地中華街にあります。
テーブル60席ほどの広い店内は、明るく清潔な雰囲気。
ちゃんぽん・皿うどんは、それぞれ3段階のメニューがあります。
ちゃんぽん(特上1,500円/上1,000円/並800円)
皿うどん細麺(特上1,500円/上1,000円/並800円)
皿うどん太麺(特上1,500円/上1,000円/並800円)
今回は、ちゃんぽん、皿うどん細麺、太麺の3種類を注文することに。
「特上」も気になりますが、1,500円も払えば、美味しいのは当たり前!
都内の『宝来軒』や『長崎菜館』でも、1,000円以下で美味しいチャンポン、皿うどんが食べられますからね。
ここはコスパも重視して、それぞれ「上」1,000円を選びました。
「皿うどん太麺は、大盛りにしてください。」
「すみません、大盛はできません。」
おいおい、「特上」「上」「並」と具材を3段階に使い分け、単価を上げる手間は惜しまないのに、麺の量を増やすだけの大盛ができないとは。
利益重視の強気な商売をしていると、今にお客さんに見捨てられますよ。
「おもてなし」の気持ちを持って、もっと謙虚な商売をしないとね。
そして、20分ほど待つと3品が次々に運ばれて来ます。
○皿うどん太麺は、直径21センチの大皿に盛り付けられて登場です。
具材がドッサリのって、餡かけではなく、白濁したスープは少なめ。
具材は、肉団子、豚肉、海老、アサリ、イカ、キャベツ、モヤシ、ニラ、蒲鉾など。
縮れた太麺は、スープの旨味を吸収して、モッチリした食感。
○皿うどん細麺は、具材は同様で、餡かけ風に仕上げてあります。
パリパリに揚げた極細麺は、とても軽い食感。
○ちゃんぽんも具材は同様で、つるつる食感の太麺を使用。
白濁したスープは、旨味を凝縮して、ネットリ濃厚で少し甘めです。
3種類の中で僕の好みは、1皿うどん太麺、2ちゃんぽん、3細麺。
どれも美味しいけど、全体に味がコッテリ濃厚で最後は飽きました。
長崎のご当地グルメを味わって、思い残すことなく東京に帰りました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
どひゃ〜すごいボリューム!ミンチカツトルコ大盛930円!
長崎の「カフェ・ド・シェル」で、デカ盛りトルコライス!
左はミンチカツトルコ大盛、右はハンバーグトルコ普通
長崎のご当地B級グルメ!ミンチカツトルコ大盛!
山盛りカレーピラフの上に、ミンチカツが2枚!
生野菜、ポテトサラダ、バナナも添えてあります!
ミンチカツトルコ大盛は、直径27センチのデカ皿を使用!
ナポリタンは、アルデンテの茹で加減で、とても美味しい!
厚さ1センチほどのミンチカツが2枚!
カレーピラフだけでも、1人前はありそうです!
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
メニュー(27年1月現在)
平和公園から徒歩2分!トルコライスが名物です!
タラコスパ700円
特製シェルピラフ850円
ハンバーグトルコ800円
カレーピラフとナポリタンの上にミンチカツが2枚!
総重量1キロ超え!ミンチカツトルコ大盛930円!
家族で長崎を訪れ、トルコライスを食べに、『カフェ・ド・シェル』へ。
お店は、平和公園から徒歩2分、浦上天主堂もすぐ近くにあります。
トルコライスは、ピラフ、パスタ、トンカツをワンプレートに盛り付けた、長崎のご当地B級グルメです。
カウンター6席+テーブル27席の店内は、明るくレトロな雰囲気。
トルコメニューは、トルコライス780円/ミンチカツトルコ780円
/ハンバーグトルコ800円/牛焼肉トルコ800円
/スペシャルトルコ1,700円/大盛150円増し、など種類が豊富。
消費税増税もあり、6年前に訪れた時より、値上げしています。
今回は、ミンチカツトルコ大盛(780円+150円)を注文。
厨房からフライパンをガシガシとあおる音が聞こえてきます。
そして、20分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!!!
直径27センチの大皿に盛り付けられた、デカ盛りミンチカツトルコ!
大量のカレーピラフとナポリタンを盛り、その上にミンチカツが2枚!
さらに、サラダ、ポテサラ、バナナを添えて、凄まじいボリューム!
ピラフとナポリタンは、それぞれが1人前以上はありそう!
それをワンプレートに盛り付けた、ヘビー級のトルコライスです!
ハンバーグトルコの普通サイズと比べると、サイズの違いは一目瞭然!
それでも、総重量は1キロ強なので、食べ切れない量ではありません!
ピラフ、ナポ、ミンチカツと味が変わるので、飽きずに食べられます!
特にナポリタンは、アルデンテの茹で加減で、とても美味しい!
味わいながら、美味しく完食して、満腹度はジャスト100%。
長崎の県民熱愛グルメを満喫できました!
この内容で930円ですから、コスパも素晴らしいと思います!
嫁さんと娘たちが注文したのは、ハンバーグトルコ800円、
特製シェルピラフ850円、タラコスパ700円。
味見してみると、それぞれがとても美味しくボリューム満点!
何とか完食した嫁さんと娘たちですが・・・・・・
「お腹がいっぱいで、しばらく動けない!」とのコメント!
夕食は、長崎ちゃんぽんを食べに、『江山楼』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
木場の「和鮮しんま」で、ミニネギトロタワー丼!
ネギトロがドッサリ!ネギもタップリ!
ネギトロ丼大盛600円は、ご飯とネギトロが別皿で登場!
値段を考えれば、十分に美味しいネギトロです!
ご飯は、おかわりOKみたいです。
デカ盛り店ではないので、ご飯は軽めの盛り付け!
筋っぽい部分もありますが、十分に美味しいネギトロです!
煮物、みそ汁、漬物も付いています!
2階のメニュー(27年1月現在)
2階のメニュー(27年1月現在)
お店は、2階と3階にあります!
木場駅と首都高速道路の間にお店があります!
1階は不動産屋、お店は2階と3階にあります!
ネギトロ丼大盛600円ですから、頑張っていると思います!
注文してから、1分で出来上がり!うわ〜早っ!!!
やっぱりネギトロ丼は、高く盛りつけないとね!
ネギトロをご飯の上に投下すると、迫力のある盛り付けに!
海鮮系の丼や定食が安くて美味しいという、木場駅前の『和鮮しんま』。
1階は不動産屋で、2階と3階がお店ですが、あまり目立ちません。
土曜日は、3階がお休みなので、2階のお店へ。
テーブル30席ほどの店内を年配のご夫婦?が切り盛りしています。
入口に用意してある、オシボリと湯飲みを持ってテーブル席へ。
メニューは、まぐろ丼500円/ねぎとろ丼500円/大漁盛合せ丼800円
/ほほ肉ステーキ600円/さば塩焼600円/本まぐろステーキ800円など。
今回は、ねぎとろ丼大盛(500円+ネギトロ大盛100円)を注文。
ご飯・みそ汁は、おかわりOKみたいです。
そして、1分ほど待つと、ママさんがおぼんに乗せて運んで来ます。
うわ〜〜〜、早っ!!!
ネギトロ丼を注文したのに、ライスとネギトロが別皿で登場!
直径15センチの丼に盛り付けられたライス!
デカ盛り店ではないので、ライスは軽めの盛り付けです。
ネギトロは、直径13センチの別皿にドッサリ!
みそ汁、野菜の煮物、漬物も付いています!
なかなか美味しそうな、ネギトロ定食ではないか!
でもやっぱり、ネギトロ丼ですから、ネギトロをご飯の上に投下!
形を整えると、ミニネギトロタワー丼の出来上がり!
いいですね〜、やっぱり丼物は、高く盛り付けないとね!
横浜市場『竹家食堂』の「ネギトロ番長」には及びませんが、
なかなか迫力のある盛り付けになりました!
ワサビ醤油を回しがけして、攻撃を開始!
ネギトロは、少し筋っぽい部分もありますが、小さなことは気にしません!
お値段を考えれば、十分に美味しいネギトロ丼だと思います!
味わいながら一気に完食し、みそ汁も飲み干して、満腹度は80%。
ネギトロ丼大盛が600円ですから、頑張っていると思います!
早い!旨い!安い!と3拍子揃った良心的なお店ですね!
気に入ったので、他のメニューも開拓してみよう!

お店から徒歩5分の「深川ギャザリア」駐車場は、4時間まで無料です。

↑このページのトップヘ