gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

Tag:その他郷土料理

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 3,000~5,000円, 夜 不明
目的:友人・同僚と
肉も卵も秋田比内地鶏を使用した究極親子丼1,380円
比内地鶏モモ一枚焼き1,980円
比内地鶏ねぎま串380円/皮串320円/砂肝串310円
ハタハタ寿司520円
畑のキャビア!とんぶり380円
秋田比内地鶏を使用した、究極親子丼1,380円
卵はトロトロに仕上げたスクランブルエッグ風!
究極ですから、木製の丼を使用!
卵は半熟トロトロの仕上がり!
比内地鶏は、筋肉質で硬めの食感!
皮の焦げ目が食欲をそそります!
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
比内地鶏農場の直営店です!
放し飼い秋田比内地鶏と手造りきりたんぽ!
お米は、大潟産「あきたこまち」を使用!
秋田駅ビルトピコ3階レストラン街にあります!
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
微妙な味わいのハタハタ寿司520円
とんぶり380円は、味がなく、キャビアとは食感が違います!
美味しいがコスパはイマイチ!比内地鶏モモ一枚焼き1,980円
秋田比内地鶏の究極親子丼1,380円
海産物の『さかなや本舗』に続き、秋田の3軒目は『秋田比内地鶏や』へ。
お店は、秋田駅ビル「トピコ」3階のレストラン街にあります。
本場の比内地鶏を食べられる、比内地鶏農場の直営店です。
人気メニューは、比内地鶏を使用した「親子丼」。
●極上親子丼1,080円(肉は比内地鶏、卵は国産卵)
●究極親子丼1,380円(肉も卵も比内地鶏を使用)
せっかく秋田まで遠征したのだから、究極親子丼1,380円を食べることに。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
うわ〜〜〜、メッチャ美味しそうではないか!!!
直径17センチの器に盛り付けられた、比内地鶏の究極親子丼!
卵は半熟トロトロ状態で、見た目も食欲をそそります!
さっそく食べてみると・・・・・・
比内地鶏は、体育会系の筋肉質という感じで、肉は硬めの食感!
噛みしめると、肉の旨味が広がります!
卵は、よくかき混ぜてからトロトロに仕上げたスクランブルエッグ風!
個人的には、『鳥つね自然洞』のように、あまり卵をかき混ぜない、卵ご飯タイプの半熟トロトロの方が好みです!
ご飯は、大潟産の「あきたこまち」を使用!
ボリュームは軽めなので、ペロリと完食!
う〜ん、美味しいんだけど、「究極」とは、少々大げさな気がします!
価格も1,380円と高いし、一度食べれば十分かなと思いました!
そのほか、比内地鶏料理や郷土料理を注文しました。
比内地鶏モモ一枚焼き1,980円/味は良いが、コスパが悪すぎます。
比内地鶏ねぎま串380円/皮串320円/砂肝串310円
ハタハタ寿司520円/微妙な味わいで、好みではありませんでした。
とんぶり380円/畑のキャビアと呼ばれますが、味が無く食感も全然違います。
秋田駅ビル内で比内地鶏や郷土調理を味わえるので、価格が高いのは仕方ないのかもしれません。
秋田グルメを満喫して、思い残すことなく、東京へ帰りました。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★☆☆☆☆ 1pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:ファミリー
伊豆高原ビールで、残念な海鮮タワー丼!
メニュー写真より見劣る残念な盛り付け!
漁師の漬け丼大盛2,360円
地ビール(大室)626円、なめろうフライ380円
なめろうフライ380円
海鮮タワーの構成は、イクラ、マグロ、サーモン、イカ!
大盛無料ですが、大盛にしてもご飯は丼に7分目!
イクラの皮がメッチャ硬くて、あまり美味しくありません!
漁師の漬け丼は、直径17センチの丼を使用!
イクラは皮が硬くて、強く噛まないと皮が破けません!
この内容で、2,360円ですから、コスパ悪すぎです!
イクラ、マグロ、サーモン、イカの海鮮タワー!
温泉卵も投下!
おいおい、どんだけ丈夫なイクラなんだ?
高額メニューがラインナップ(26年12月現在)
高額メニューがラインナップ(26年12月現在)
高額メニューがラインナップ(26年12月現在)
高額メニューがラインナップ(26年12月現在)
実物は、サンプル写真より見劣る残念な盛り付け!
高額メニューばかりで、地元の方は利用しないと思います!
料理長おすすめ海鮮丼2,200円!
これで2,200円は、コスパ悪すぎです!
料理長おすすめ海鮮丼2,200円!
高額メニューがラインナップ(26年12月現在)
漁師の漬け丼2,360円は、漬物3種、温泉卵、みそ汁付き!
漁師の漬け丼2,360円!観光客相手の強気な価格設定です!
家族で伊豆方面へ温泉旅行に行き、ランチは『伊豆高原ビール』へ。
お店は、道の駅「伊東マリンタウン」の中にあります。
広い店内は、海とヨットハーバーに面していて、とても良い眺めです。
メニューは、釜あげしらす丼1,450円/レディース海鮮丼1,600円
/料理長おすすめ海鮮丼2,200円/漁師の漬け丼2,360円
/スーパー海賊丼2,380円/いくら丼3,220円/本日のランチ1,700円
/カルビ丼1,930円/わたり蟹のスパゲッティー1,350円
/シーフードピッツァ1,450円など、高額メニューがラインナップ。
いくら観光客相手でも、これだけ強気な価格設定のお店は珍しいぞ!
伊東周辺のランチ相場を考えると、2倍以上という感じ。
地元の方は、利用しないだろうと思いながらも、
家族がすでに海鮮モードなので、コスパを無視して注文してみました。
僕は、漁師の漬け丼大盛(2,360円+大盛無料)を注文。
サンプル写真を見ると、海鮮を豪快にタワー状態に盛り付けた丼です。
すぐに、大げさな器に盛り付けられた、漬物3種が出てきます。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径17センチの丼に盛り付けられた、海鮮タワー丼!
でも、メニュー写真と比較すると、明らかに見劣りする残念な盛り付け!
期待が失望に変わり、一気にテンションが下がります!
お客さんを騙すような不適切なメニュー写真は、早急に改善すべきです!
気を取り直して、ワサビ醤油を回しがけして、食べてみます!
海鮮タワーの構成は、イクラ、マグロ、サーモン、イカ・・・
それほど高価なネタは使用していません!
しかも、イクラは皮が硬くて、強く噛まないと皮が破れません!
おいおい、どんだけ丈夫なイクラなんだ???
とりあえず、残さず完食し、みそ汁も飲み干して、満腹度は90%。
うーん、この内容で2,360円ですから、コスパ悪すぎでしょう!
娘たちが注文したのは、料理長おすすめ海鮮丼2,200円。
こちらも、逗子の『めしやっちゃん』の海鮮丼980円より見劣る内容!
さすがの僕も「激おこぷんぷん丸」だぞ!(←お前は女子高生か!)
明らかに観光客相手のお店は、期待ハズレが多いという教訓になりました!
これなら、家族もお気に入りの、伊東『魚河岸』や『魚佐鮮魚店』に行けばよかった!

道の駅「伊東マリンタウン」の無料駐車場を利用できます。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 不明, 夜 1,000~3,000円
目的:友人・同僚と
へぎそば(花巻中)2〜3人前2,360円
そばを一箸分ずつ並べて盛り付けてあります!
へぎそばは、つるつるのノド越しでコシの強い食感!
蕎麦つゆに蕎麦湯を加えると、ダシの良い香りが広がります!
天ぷら盛合せ1,000円
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
須坂屋そばのメニュー(26年12月現在)
芸能人のサイン色紙が多数飾られています!
この看板が目印です!
ウーロンハイとお通し
海老、穴子、キス、かき揚げ、ナス、ピーマン
へぎそばは、直径39センチの巨大な木製ザルを使用!
お酒を飲んだ後でも、サッパリ食べられます!
新潟の「須坂屋そば」で、本場のへぎそば!
カニ食べ放題『魚銭』に続き、3軒目は「へぎそば」を食べに『須坂屋そば』へ。
土曜日の午後8時40分で、待たずに2階へ案内されました。
テーブル16席+小上りの店内は、和風の落ち着いた雰囲気。
入口付近の壁には、芸能人のサイン色紙が多数飾られています。
飲み食べ放題の帰りなので、控えめに注文しました。
へぎそば、花巻中(2〜3人前)2,260円+天ぷら盛合せ1,000円を注文。
ちなみに、「花巻」は、キザミ海苔のせ、つまり東京の「ざるそば」です。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、デカッ!!!
へぎそばは、直径39センチの巨大な木製ザルで登場です!
そばを一箸分ずつ並べて盛り付けて、キザミ海苔をのせてあります!
うわ〜、見るからに旨そうではないか!
さっそく食べてみると・・・・・・
布海苔を使用したそばは、つるつるのノド越しで、コシの強い食感!
蕎麦つゆは、甘さ控えめで、ダシが効いています!
お酒を飲んだ後でも、サッパリ食べられて良いですね!
天ぷら盛合せは、海老、穴子、キス、かき揚げ、なす、ピーマン!
同行者は、もう食べられないと言っていたのに、ペロリと完食!
蕎麦つゆに蕎麦湯を加えると、ダシの良い香りが口一杯に広がります!
僕の地元、中目黒にも『越後へぎそば 匠』がありますが、
本場で食べる「へぎそば」は、とても美味しく感じました!

4軒目は、「イタリアン」を食べに、『みかづき』に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:ファミリー
宮島名物、あなご飯弁当1,470円
あなご飯弁当は、レトロな紙で包装してあります!
あなご飯弁当を持って、宮島に渡ります!
焼き穴子は、香ばしく、甘辛い味付け!
甘辛いタレで炊いたご飯がとても美味しい!
観光客相手とはいえ、あなご飯弁当1,470円は割高です!
穴子の身は薄く、痩せている感じ!
開店前に訪れ、あなご飯弁当を待たずに購入!
レトロな紙に包まれて、期待が高まります!
焼き穴子をきれいに敷き詰めた、あなご飯弁当1,470円
宮島名物「あなご飯」の人気店といえば、『あなごめし うえの』。
お店は、宮島口駅からフェリー乗場へ向かう途中にあります。
前回は、日曜日のお昼に訪れて、あまりの待ち時間の長さに断念。
隣の『もみじの木』に立ち寄りましたが、今イチでした。
今回は、日曜日の午前10時の開店前に訪れ、
あなご飯弁当1,470円を待たずに購入。
フェリーで宮島へ渡り、海を眺めながらお弁当を食べることに。
レトロな包み紙を開くと・・・・・・
焼き穴子をきれいに敷き詰めた「あなご飯」が姿を現します!
穴子は焦げ目がついて、見た目はとても美味しそう!
焼き穴子は、香ばしく甘辛い味付けですが、身は痩せている感じ。
ご飯も甘辛いタレで炊いてあります。
宮島名物なので、ありがたいとは思いますが、
味の方は、期待したほどではなく、まあまあという感じ。
個人的には、焼き穴子より煮穴子の方が好みです。
観光客相手とはいえ、この内容で1,470円ですから、
コストパフォーマンスは、今一つかなと思いました。
宮島の帰り道、『あなごめし うえの』の前を通ると、
なぜか、行列はありませんでした。
日曜日のお昼過ぎに、行列が無いなんて、どうしたのでしょう?

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 5,000~10,000円
目的:友人・同僚と
見るからに旨そうな、博多水炊き2,200円×2人前
博多もつ鍋元味1,200円×2人前
ありたどりもも炎焼き790円
クーポンでゲットした明太子!
せせり唐揚げ690円
鯵タタキ1,100円は、上品で丁寧な盛り付け!
水炊きは、まず鶏スープを味わいます!
6人用の個室
博多なぎの木が銀座に進出!
なぎの木銀座店のメニュー(25年10月現在)
なぎの木銀座店のメニュー(25年10月現在)
熊本直送馬刺しタタキ1,190円
博多もつ鍋は、プルンプルンのモツがたまらん!
本場の博多水炊きを食べられます!
博多水炊きを食べ終えたら、〆は雑炊でしょう!
博多に行くといつも利用している、博多料理『なぎの木』。
今回は、4月に開場した歌舞伎座の並びの『なぎの木』銀座店へ。
カウンター+テーブル+個室の店内は、洒落た隠れ家的な雰囲気。
予約したので、6人用個室に案内されました。
博多のお店は刺身メニューが豊富でしたが、銀座店は少なめです。
○お通しは、切り干し大根。
まずは、生ビール中600円(全て税別)、芋焼酎「黒島美人」4,000円。
○辛し明太子(クーポン)/爽やかな辛さ。
◎鯵タタキ1,100円/上品で丁寧な盛り付け、鮮度も良さそう。
◎ありたどりもも炎焼き790円/ワイルドな焼き加減がいいですね!
○熊本直送馬刺しタタキ1,190円/厚切りが5枚、食べ応えがあります。
◎せせり唐揚げ690円/やわらかくて、とても美味しい!
◎博多もつ鍋元味1,200円×2人前/プルンプルンのモツがたまらん!
◎博多水炊き2,200円×2人前/本場の水炊きを食べられます!
◎雑炊セット490円/やっぱり〆は雑炊でしょう!
ここまで食べると、お腹が一杯になり、お会計です。
大人4人が2時間30分飲食して、お会計は22,520円(1人5,630円)
博多のお店は、1人4,000〜5,000円ですから、お値段は少々高め。
でも、ここは天下の銀座ですから、これでも良心的だと思います。
料理は、どれも美味しくて、ハズレがありません。
若い店員さんは親切丁寧な対応で、気分よく飲めるのがいいですね!
また利用させてもらいます!

総合:☆☆☆☆☆ 0pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
おぉぉぉ〜〜〜、確かに耳に似ているぞ!!!
佐野市の名物、野村屋の耳うどん740円!
お土産用の耳うどん20個入900円も販売しています!
耳うどんは、金色のド派手なフタ付き丼で登場です!
丼の外側も金色!形状も大げさな丼です!
具材は、伊達巻、カニカマ、蒲鉾、ワカメなど!
野村屋のメニュー(25年9月現在)
野村屋の営業時間(25年9月現在)
お店の隣に、専用駐車場を完備!
この派手な看板が目印です!
耳うどんで有名な佐野市の野村屋
お土産用耳うどん20個入900円
耳うどんを裏返すとこんな感じ!
耳うどんは、モッチリした食感で、すいとん風の味わい!
いろいろな具材が入って、見た目も美味しそう!
「ひもかわ」の『ふる川』、「ソースカツ丼」の『藤屋食堂』に続き、
3軒目は、佐野市の名物「耳うどん」を食べに『野村屋本店』へ。
お店の隣にある専用駐車場に迷わずピットイン。
テーブル16席+小上り12席の店内は、薄暗く年季が入っています。
入口脇にガラス張りの麺打ち場があり、ご主人が麺を打っています。
メニューは、耳うどん740円/煮込耳うどん800円
/カレー煮込耳うどん840円/田舎風耳うどん790円など。
初めてなのでシンプルな、耳うどん740円を注文してみました。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
どひゃ〜〜〜、ずいぶんド派手なドンブリだなぁ〜〜〜!!!
耳うどんは、金色のフタ付き丼で登場です!
さっそく、フタをオープン・・・・・・
具材は、伊達巻、なると、蒲鉾、カニカマ、鶏肉、ワカメ、椎茸など
注目の耳うどんは・・・・・・
厚みのあるうどん生地を耳の形に折りたたんであります!
おぉぉぉ〜〜〜、確かに耳に似ているぞ!
さっそく食べてみると、モッチリした食感で、すいとん風の味わい。
甘みのある濃いめのつゆは、ゆずの香りがするぞ!
この日、3軒目でしたが、ペロリと完食して、満腹度は110%。
佐野に行く機会があったら、ぜひ、耳うどんに挑戦していただきたい!
見た目もユニークで、実物を見たらきっと笑えると思います!
お土産用耳うどん20個入900円も販売しています!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
鯛茶漬けは甘鯛刺身と鯛茶漬けの2種類の味を楽しめます!
薄味のタレに漬けた鯛とハマチをのせた丼です!
徳島名物の阿波尾鶏、そば米、ワカメ、なるとを使用!
テレビで紹介された、鯛茶漬け1,000円
鯛とハマチのタレ漬け丼1,300円
鳴門名物の鯛は、身がプリッと引きしまっているぞ!
阿波尾鶏のそば米雑炊800円
大きな鯛のアラを使用していて、とても美味しい!
鳴門公園千畳敷にある喫茶潮風(2階)
大きな窓から大鳴門橋と鳴門海峡を眺められます!
鯛あら炊き定食900円
喫茶潮風のメニュー(25年2月現在)
喫茶潮風のメニュー(25年2月現在)
喫茶潮風のメニュー(25年2月現在)
鳴門海峡のうずしお観潮船に乗船する前に、ランチは『喫茶潮風』へ。
テレビで「鯛茶漬け」を紹介された、鳴門公園千畳敷にある喫茶店です。
テーブル20席ほどの店内は、明るく清潔な雰囲気。
瀬戸内海に面した大きな窓から大鳴門橋と鳴門海峡を眺められます!
う〜ん、相変わらず素晴らしい眺めだ!
今回は、家族で名物料理をいろいろ注文してみました!
○鯛とハマチのタレ漬け丼1,300円
 薄味のタレに漬けた鯛とハマチをのせた丼。
 鯛とハマチは美味しいけど、コスパはイマイチです!
◎鯛茶漬け1,000円
 桜鯛の刺身と鯛茶漬けの2種類の味を楽しめて、オススメです!
◎鯛あら炊き定食900円
 大きな鯛のあらを使用していて、とても美味しいです!
○阿波尾鶏のそば米雑炊800円
 徳島の郷土料理で、そば米を使用した雑炊。
 鳴門名物のワカメとなるとも入っています!
いろいろ食べ比べて、やはりこのお店では、鯛茶漬けがオススメです!

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:友人・同僚と
B1グランプリでゴールドグランプリに輝いた甲州鳥もつ煮!
奥藤名物の大もりそば800円
カレー南そば1,000円
とろろそば
定食メニュー(24年8月現在)
そばメニュー(24年8月現在)
鳥もつ煮メニュー(24年8月現在)
木造古民家の大きく立派な建物、駐車場完備です!
大きな看板で鳥もつ煮をアピールしています!
ほったらかし温泉で、甲府盆地を眺めながら、まったりと入浴。
そして、昼食はB−1グランプリでゴールドグランプリに輝いた、
「甲州鳥もつ煮」を食べに、塩山の『奥藤第十分店』へ。
お店は、木造古民家の大きく立派な建物で、敷地内に駐車場を完備。
店内には、テーブル4卓+小上り3卓+座敷があります。
鳥もつ煮650円/大もりそば800円/カレー南そば1,000円
/とろろそば/瓶ビール600円などを注文。
鳥もつ煮は、生のレバーから煮るので、時間がかかる、とのこと。
今回は運転手ではないので、ビールを飲みながら待ちます。
そして、待ちくたびれた頃、ようやく出来上がり。
うわ〜〜〜、うまそ〜〜〜!
鳥もつ煮は、レバー、砂肝、ハツを甘辛いタレでじっくり煮込んだB級グルメ。
まさに、鳥もつのハットトリックや〜〜〜!
でも、第二分店とは違い、キンカン(卵黄)が入っていないぞ!
『奥藤』の鳥もつ煮でも、お店によって内容が違うみたいです!
さっそく食べてみると・・・
う〜ん、ちょっと煮過ぎて、味が濃すぎる気もするが・・・
大もりそばも、茹で過ぎて今一つコシがない感じ。
う〜ん、とりあえず、甲府名物を食べられたということで!
『奥藤』は、支店がたくさんあるので、
各店の味を食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

『奥藤第十分店』から南に2キロほど進むと、
マンズワイン勝沼ワイナリーがあり、ワインを無料で試飲できます。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 1,000~3,000円
目的:ファミリー
ミニ北海スペシャル丼1,180円は、ウニとイクラがテンコ盛り!
ミニぜいたく丼1,080円は、カニとイクラがタップリ!
刺身4点盛り1,300円は、脂ののったブリが激ウマ!
いか肝味噌漬350円は、お酒が進みます!
ズワイガニのかに味噌500円
盛り塩に火をつけて粋な演出・・・つぶ貝磯焼500円
鰊御殿のメニュー(23年121月現在)
鰊御殿のメニュー(23年12月現在)
左はミニ北海スペシャル丼、右はミニぜいたく丼
仙台の夕食は、国分町の歓楽街にある北海道料理の居酒屋『鰊御殿』へ。
クーポン券で生ビールとソフトドリンクをゲット!
旨そうなメニューをいろいろ注文してみます。
◎刺身4点盛り1,300円/マグロ、ブリ、タコ、ホタテの4種類で鮮度は良さそう。特に脂がのったブリは激ウマです!
○つぶ貝磯焼500円/盛り塩に火をつけた状態で、粋な演出。食べやすくカットされた身がタップリ入っています。
◎いか肝味噌漬350円/凍った状態をスライス。お酒が進みます!
○ズワイガニのかに味噌500円/美味しいけどボリュームは少なめです。
○ミニ北海スペシャル丼1,180円/ウニとイクラが丼を埋め尽くし、ご飯が見えません!ウニは甘みがあり、とても旨い!イクラは粒の大きさが均一でなく、皮が少々硬い感じ。
○ミニぜいたく丼1,080円/ズワイガニとイクラの丼。ズワイガニは旨いが、こちらもイクラは今イチの印象。
○JINROボトル1,980円/手頃な価格です。
家族4人が2時間飲食して、お会計は9,800円。
料理全般の鮮度は良く美味しいが、
このお店の名物である、刺身盛合せと海鮮丼系が値上がりしたのが残念。
これでも良心的な価格だと思うけど、満足度は前回より劣る印象でした。
クーポンはこちらから⇒
http://www.sendaishi-town.com/coupon/sd055621/

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
テレビで紹介された、喫茶潮風の鯛茶漬け1,000円
まずは桜鯛の刺身をそのままで!
熱々のお茶を注ぐと、鯛茶漬けの出来上がり!
桜鯛に熱が通って、しゃぶしゃぶ状態に!
桜鯛を使用した鯛茶漬けは、見るからに旨そう!
喫茶潮風のメニュー(23年5月現在)
1階はお土産、2階は郷土料理を食べられる喫茶潮風
窓から見える大鳴門橋と鳴門海峡は、まさに絶景です!
テレビで「鯛茶漬け」を紹介された、鳴門公園千畳敷の『喫茶潮風』。
1階はおみやげ店、2階が郷土料理を食べられる喫茶店です。
テーブル20席ほどの店内は、まだ新しく、明るく清潔な雰囲気。
瀬戸内海に面した大きな窓から見える大鳴門橋と鳴門海峡は、まさに絶景です!
メニューは、ワカメうどん600円/鳴ちゅるうどん600円/阿波尾鶏のそば米雑炊800円/鯛茶漬け1,000円/鯛の炙り丼1,200円/フィッシュカツ300円など。
モデル風のきれいなお姉さん接客を担当しています。
ここは迷わず、鯛茶漬け1,000円をオーダー。
10分ほど待つと、お姉さんが運んで来ます。
うわ〜、ムチャクチャ旨そうではないか!
直径15センチのお茶碗に盛り付けられた、見るからに旨そうな鯛茶漬け!
観光地の喫茶店とは思えない、とても上品で丁寧な盛り付けです!
タレがかかっているので、まずは桜鯛の刺身をそのまま食べてみます。
う〜ん、透明感のある身がプリッと引きしまって、鮮度抜群という感じだぞ!
さらに、急須に入った熱々のお茶を注ぐと・・・
桜鯛に熱が通って、しゃぶしゃぶ状態に!
おぉぉぉ〜、これはたまらん!
この一杯で、桜鯛の刺身と鯛茶漬けの2種類の味を楽しめるとは・・・
何だかとっても得した気分だぞ!
さらに、茎ワカメと漬物も付いてます。
この内容で1,000円ですから、周辺の相場を考えれば、断然お得だと思います!
いいですね〜、この上品でヘルシーな鯛茶漬けは、お勧めです!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
フライ焼きそばは、お好み焼きと焼きそばを1度に味わえます!
行田市のB級ご当地グルメ「ゼリーフライ」2個1人前200円
フライ卵入り(小)350円は、直径24センチのジャンボサイズ!
フライ焼きそば卵入り(小)500円!
行田名物のゼリーフライは、ソース味のおからコロッケ!
「かねつき堂」のメニュー(22年9月現在)
とても雰囲気のあるお店です!
行田市のご当地グルメ「ゼリーフライ」と「フライ」を食べに、『かねつき堂』へ。
テーブル8席+小上がり12席の狭い店内は、昔ながらの落ち着いた雰囲気。
開店直後に行くと、エプロン姿のおばちゃんたちが迎えてくれます。
店内は地元のファミリーで賑わっていて、テイクアウトの注文も次々に入ります。
メニューは、ゼリーフライ2個200円/フライ(小)300円、(大)400円など。
注文して10分ほど待つと、次々に運ばれて来ます。
●フライ卵入り(小)350円・・・直径24センチのお皿より一回り大きいサイズ。
具材の少ないシンプルな卵入りお好み焼き。
(小)でも十分な大きさですが、(大)はさらに大きいとのこと。
●フライ焼きそば卵入り(小)500円・・・卵入りフライで焼きそばを包んだオムレツ風。
フライの生地はモッチリしていて、味付けはうすいソース味。
焼きそばは、平打ち麺にキャベツ、豚肉のシンプルな具材。
縁日のお好み焼きと焼きそばを一緒に食べたような、ちょっとお得な組み合わせ。
(小)でも思った以上にボリュームがあります。
●ゼリーフライ2個200円・・・豆腐のおからにジャガイモ、ニンジン、長ネギを加え、衣をつけずに油で揚げ、特製ソースをくぐらせた、行田のご当地グルメ。
形が小判型ということから、銭フライ→ゼリーフライになったらしい。
見た目は直径10センチのコロッケ風。
食べてみると、あっさり味のおからコロッケという感じで、とってもヘルシーな味わい。

ゼリーフライ、フライは、どちらもシンプルで素朴な味わい。
いかにもB級という感じで、わりと好みのタイプ。
価格も安く、おやつ感覚で食べられるのがいいですね。
こんなお店が、行田市周辺に密集しているのだから、何とも不思議な気がします。
よほど地域に定着したご当地グルメなのでしょう。
地元の方は、ファーストフード感覚で利用しているみたいです。

お店の隣に広い駐車場があります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
テレビで紹介された、釧路発のご当地メニュー「スパカツ」
阿寒ポークを使用したトンカツが次々に出てきます!
ミートソースは、デミソースを合わせたコッテリ系!
スパゲティーにミートソースをたっぷり絡めていただきます!
ランチメニュー(22年2月現在)
スパカツ大盛は、鉄板の代わりに熱々のフライパンを使用!
テレビ番組で紹介された、釧路発のご当地メニュー「スパカツ」。
「スパカツ」は、熱々の鉄板の上にスパゲティー、トンカツをのせ、ミートソースで仕上げるらしい。
おぉ〜、ムチャクチャ興味をそそられるぞ!
という訳で、「スパカツ」を食べに、西新宿の『946』(←くしろ)へ。
『吉野家』の隣から狭いエレベーターに乗り、ビルの10階へ。
カウンター7席+テーブル20席ほどの店内は、明るく清潔な雰囲気。
お目当ての「スパカツ」大盛(1,200円+100円)を注文。
お昼時ということもあり、20分ほど待ちます。
「熱いので、お気をつけください!」と運ばれて来たのは・・・
どひゃ〜、鉄板かと思ったら、フライパンのままではないか!
直径21センチのフライパンにこんもり盛られたミートソースの山。
こんなに食べたら、午後は仕事にならないぞ!
とりあえず、発掘作業を開始すると・・・
阿寒ポークを使用した細切りのトンカツが次々に出てきます。
ミートソースは、デミソースを合わせたコッテリ系で、トンカツにもよく合うタイプ。
熱々のフライパンのおかげで、スパゲティーが冷めずに熱さをキープ!
後半は、顔から汗が噴き出して止まりません。
流れる汗を拭きながら完食して、満腹度は90%。
価格は少々高めですが、トンカツもタップリのって、スタミナが付きそう!
函館の「カツマロ」、横浜の「スパピザ」、長崎の「トルコライス」などに続き、釧路の「スパカツ」も是非押さえておきたいB級グルメです!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
こりゃ〜たまらん!・・・佐賀牛の炙り900円
旨い!安い!ボリューム満点!・・・地鶏の炙り焼き800円
刺身盛合せ2人前
長崎名物、すり身揚げ400円
独特の甘さで焼酎が進む・・・はこフグの味噌焼き900円
コラーゲンタップリ!・・・鯨のすえひろ900円
『鯨専門店 くらさき』に続き、4軒目は、人気の居酒屋『味処 亜紗』へ。
当日の昼に電話すると、「午後8時まで」という条件付で予約できました。
カウンター、テーブル、座敷があり、テーブル席は少々狭くて窮屈です。
店員の若いお姉さんは、メニューを説明してくれたり、とても親切な対応です。
●中生ビール500円
●麦焼酎「亜紗」ボトル1,800円・・この店のオリジナル焼酎です。
●刺身盛合せ2人前、?円・・・うちわ海老、赤貝などの9点盛。鮮度抜群です!
●佐賀牛の炙り900円・・・口の中で脂がとろけて激ウマ!こりゃ〜たまらんぞ!
●はこフグの味噌焼き900円・・・コッテリ甘い独特の味わい。焼酎が進みます。
●鯨のすえひろ900円・・・コラーゲンタップリ。豚足のような味わい。
●新じゃがとアスパラのバター焼き500円
●ぶりカマの塩焼き500円/イサキの塩焼き500円・・・焼魚は安くて旨い!
●シマアジ刺身800円・・・旨いけど、ボリュームは少なめです。
●すり身揚げ400円・・・揚げかまぼこ。ふっくら軽い食感で旨い!
●地鶏の炙り焼き800円・・・旨い!安い!ボリューム満点!イチオシです!
午後7時を過ぎると、予約した地元サラリーマンが次々に来店し、席が埋まります。
大人4人が2時間ほど飲食して、お会計は17,640円。
つまみは、どれも美味しくハズレはありません。
刺身は鮮度抜群ですが、ボリュームが少なめで、お値段はやや高め。
CPを考えると、安くてボリュームのある地鶏の炙り焼き、鶏唐揚げ、それと焼魚がお勧めです。

5軒目は、怪しいネオン街にある『居酒屋の山田屋』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:ファミリー
ウニ・イクラ丼2,400円、鮭イクラ親子丼1,600円
刺身盛合せ2,800円
活ホタテ刺し550円
本まぐろトロ1,680円
カニみそ450円
つぼだい開き850円
ゴールデンウィークに家族で札幌に行きました。
初日の夕食は、函館でも利用した、『海のがき大将』すすきの南4条店へ。
ここは観光客より地元客の利用が多く、新鮮な海産物を良心的な価格で食べられる居酒屋です。
予約してお店に行くと、個室に案内されました。
●刺身盛合せ2,800円・・・ウニ、ホタテ、サーモンなど豪華7点盛り。
●ウニ・イクラ丼2,400円・・・甘みのあるウニ、イクラの醤油漬けがタップリ。
●鮭イクラ親子丼1,600円・・・鮭とイクラで親子ですか・・・なるほど。
●活ホタテ刺し550円・・・貝柱も旨いが、ヒモのコリコリ食感がたまりません。
●本まぐろトロ1,680円・・・脂がのっていて、口の中でとろけます。
●カニみそ450円・・・かにみその濃厚な味わいで、お酒が進みます。
●つぼだい開き850円・・・身が厚く、脂がのっていてハマリます。
他に、キングサーモンハラス590円/ザンギ390円/たこ揚げ490円/イカ刺し700円/鍛高譚ボトル1,800円など。
つまみは、どれも美味しく、ハズレがありません。
嫁さんと娘2人は、「美味しい!」を連発して、苦手なものまで食べていました。
家族4人が2時間飲食して、お会計は16,250円。
北海道の海の幸を思う存分満喫して大満足でした!
クーポンを持参すると、生ビールorソフトドリンクが1人1杯サービスになります!
http://r.gnavi.co.jp/h055303/map1.htm

2軒目は、本場札幌の味噌ラーメンを食べに、『すみれ』札幌すすきの店に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★☆☆☆ 2pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
ウニ甘塩600円
岩ガキ1,200円
イサキ刺1,500円〜+生ダコ刺1,000円
メニュー
甲貝刺(価格不明)
これが漁師の店?・・・ずいぶん派手な店構えです。
『料理天國』に続き3軒目は、海の幸を食べに『潜り漁師の店 天草海士宴』へ。
ガイドブックによると、「店主自らが潜って取った天草近海の魚介を食べられる」・・・何だかムチャクチャ旨そうではないか!
狭い階段を下りていくと、水槽がいくつもあり、旨そうな魚が泳いでいます。
お店に入ると、小梅太夫と見間違えるようなド派手な着物を着た女性がお出迎え。
おいおい、ここは会員制の仮装クラブなのかい?
漁師の店にこのコスプレは場違いでしょう!・・・せっかくの酔いが覚めちゃうぞ!
この時点で高まっていた期待が、ガラガラと崩れていきます。
気を取り直して、焼酎倉岳ロック525円を注文。
メニューを見ると、海産物のお値段はそれほど安くない印象。
とりあえず、「本日のおすすめ」を中心に注文しました。
・イッサキ活造り1,500円〜/立派なイサキです。
・活タコ刺1,000円/身は軟らかく、吸盤も食感が良い。
・岩ガキ1,200円/小ぶりで、独特の苦味があり、今ひとつ。
・ウニ甘塩600円/旨いけど、量が少なくて身が崩れてます。
・甲貝(価格不明)/コリコリの歯応え。やけに量が多い。
帰り際に、残ったイサキで作った味噌汁が出てきます。
イサキの味噌汁は初めてだけど、これは旨いぞ!
大人4人が1時間40分飲食して、お会計は17,117円。
それほど飲んでいないので、1人4,300円は少々割高に感じます。
残念ながら満足度は今ひとつ・・・ちょっと期待ハズレのお店でした。

4軒目は、『元祖熊本ラーメン 赤のれん』に行きました。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
霜降り馬刺1,365円
地鶏天草大王の刺身630円
馬レバー刺840円
辛子レンコン525円
皮ハギ刺1,575円
お酒もツマミも良心的な価格です。
地鶏天草大王のタタキ630円
『紅蘭亭』の「太平燕(タイピーエン)」に続き2軒目は、馬肉料理や郷土料理を食べられる『料理天國』に行きました。
カウンター13席+テーブル16席+小上がり+個室の店内は、やや古さを感じる小料理店という雰囲気。
まずは、火の国ビール「阿蘇」580円で乾杯。
メニューを見ると、熊本名物がずらりと並んでいます。
うわ〜、価格も手頃だし、これならエンジン全開で飲めそうだぞ!
・霜降り馬刺1,365円/生姜醤油で・・・おぉ〜、甘みがあって、口の中で脂がとろける感じだぞ!
・球磨焼酎しろ315円/グラスにたっぷり注がれて、これは安い!
・馬レバー刺840円/ゴマ油と塩で・・・う〜ん、このプリプリの食感がたまらんぞ!臭みも全然なくて、これは旨いなぁ〜!
・地鶏天草大王の刺身630円/身がふっくらしていて、口の中にネットリと甘みが広がるぞ!
・地鶏天草大王のタタキ630円/皮がパリッと香ばしく、こちらもなかなかの味わい。
・辛子レンコン525円/揚げたてで、レンコンはシャキシャキの食感。まろやかな辛さで、焼酎が進んじゃいます!
・皮ハギ刺1,575円/姿造りで出てきます。弾力のある食感、肝も旨い!
・その他に、人文字ぐるぐる315円/穴子の天ぷら/穴子の真子/アジ南蛮漬420円/イワシの梅煮420円/イカ刺630円/ガラカブ(カサゴ)刺1,575円などを思う存分注文。
次に行きたいお店があるので、ここでお会計。
大人4人が2時間15分飲食してお会計は、17,220円!
どひゃ〜、これだけ好き勝手に注文して、1人4,300円とは・・なんて素晴らしいコストパフォーマンスなんだ!
旨い料理を良心的な価格で楽しめる・・・まさにここは『料理天國』ですね!
いやぁ〜気に入ったぞ、このお店!
地元のお客さんで賑わう庶民派向けの郷土料理のお店でした!

3軒目は、『潜り猟師の店 天草海士宴』に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
風来坊の手羽先唐揚げ5本420円
貧弱でガッカリ!コーチンねぎま2本500円
海老フライ1本650円、地鶏霜降530円、牛すじどて煮、川海老唐揚げ360円、どじょう唐揚げ450円
この看板が目印です!
きしめんの『長寿亭』に続き、4軒目は、手羽先唐揚げの『風来坊』プリンセス店に行きました。
手羽先唐揚げといえば、『世界のやまちゃん』と『風来坊』が有名ですが、「世界のやまちゃん」は、利用したことがあるので、今回は「風来坊」を選びました。
座敷に案内されると、お姉さんが笑顔で「手羽先は、何人前になさいますか?」
おいおい、いきなり手羽先の注文かい?
まだメニューも見てないぞ!
東京では、「とりあえずビール!」だけど、ここに来るお客さんは、看板メニューの手羽先がお目当てなんでしょうね。
ちなみに、手羽先は1人前5本420円、中生ビール520円、ウーロンハイ420円と庶民的な価格です。
手羽先唐揚げは、表面に白ゴマがまぶしてあり、カラッと香ばしく揚がっています。
あまりジューシー感はなく、甘辛のタレをからめてあり、スパイシーな味わい!
おぉ~、これはビールが進むではないか!
熱々のうちは旨いけど、冷めるとパサパサになるので要注意です!
海老フライ1本650円は、長さ16センチの中サイズで、プリプリの食感。
川海老唐揚げ360円とドジョウ唐揚げも、スパイスタップリの味わい。
牛すじドテ煮は、八丁味噌の香りが強く、甘ったるい味付け。これはちょっと苦手だな~!
地鶏の霜降(鳥刺)530円は、値段が安いだけに、地鶏ではないと思いますが、僕は鳥刺が大好物なのでOKです!
名古屋コーチンねぎま2本500円は、えっ、これが名古屋コーチンなの?・・・と思うほど貧弱で、ガッカリでした!
大人4人が2時間飲食して、お会計は11,230円。
手頃な価格で、名古屋名物をいろいろ食べられるのは良いけれど、全体に味付けが濃いめで、後半はちょっと飽きました。
5軒目は、名古屋コーチンを食べに、『鳥銀本店』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
ウニとイクラを思う存分食べられるぞ!北海スペシャル丼1,080円、右はミニ880円
豪華な大漁刺盛り4人前が、たったの2,000円・・・安すぎです!
ウニ1,200円は、大きなトレーのまま出てきます!
立派な焼きサザエ480円
鰊御殿のメニュー1
鰊御殿のメニュー2
『べこ政宗』中央二丁目店で牛タンを食べた後、予約していた北海道料理の居酒屋『鰊御殿』1号店へ。
お店は、歓楽街にある怪しい路地の一番奥、何ともディープな場所にあります。
カウンター10席+テーブル8席+小上がり20席の店内は、漁師小屋をイメージさせる内装で、かなり古く年季を感じます。70年代〜80年代の懐かしい歌謡曲が流れています。
お酒は、生ビール500円、サワー330円、焼酎ボトル(真露・かのか)1,800円など。
定番のつまみは、280円均一。
大漁刺盛りは、2人前1,000円〜4人前2,000円。
北海丼シリーズは、いくら丼880円、生ウニてんこ盛り丼1,200円、海鮮三味丼(ウニ×イクラ×カニ)1,180円、小樽港町丼980円、北海大漁丼1,200円など種類が豊富。
メニューを見る限り、どれもボリューム満点で、とにかく安い!
これならエンジン全開で飲めそうだぞ!
大漁刺盛り4人前2,000円は、巨大な大皿に盛り付けられて出てきます。
マグロ、タコ、サーモン、カツオ、つぶ貝、ホタテ、白魚の刺身7種類×6切ずつ・・・おいおい、これって6人前あるじゃないの〜!
それにしても凄いボリュームだな〜・・・これだけでお腹一杯になっちゃうぞ!
ウニを注文すると、大きなプラスチックトレーのまま出てきます。
一口食べると口の中にウニの甘みが広がります。
うわ〜、なかなか旨いウニではないか!
店員さんに価格を尋ねると、何と1,200円・・・安すぎです!
他に焼きサザエ480円、目光の唐揚げ、しめサバ、馬肉のユッケなども注文。
最後の〆は、北海スペシャル丼(ウニ×イクラ)1,080円と同ミニサイズ880円。
やっほ〜、こりゃ〜サンプル写真どおりの超豪華版だぞ!
直径14センチのやや小ぶりの丼に、ウニとイクラがこれでもかと盛り付けてあります。
いただきま〜す・・・う〜ん、こりゃ〜たまらん!
大人4人が2時間タップリ飲食して、お会計は15,000円。
旨い刺身と海鮮丼を思う存分食べられて、しかも信じられない低価格!
いや〜参りました!こんな素晴らしいお店があるなんて・・・
海鮮好きの方なら、きっと満足できると思います。
徒歩2分の場所に2号店もあります。
生ビール1杯サービスのクーポンはこちら↓http://www.sendaishi-town.com/coupon/sd055621

翌日のランチは、仙台名物の牛タン定食を食べに、『味太助』本店に行きました。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 不明, 夜 5,000~10,000円
目的:友人・同僚と
35周年記念のクジラ会席コース3,500円!鯨ハリハリ鍋(さえずり、本皮、胃袋、赤身しゃぶ)
鯨赤身刺身、鯨心臓刺身オリーブオイル、さらし鯨、塩鯨カナッペ
鯨刺身(ベーコン、本皮、さえずり、長根、百尋)、鯨鹿ノ子寿司、鯨赤身立田揚げ、べいナス、鯨すじ肉ごぼう煮、おぼろ豆腐
鯨ハリハリ鍋、鯨赤肉をしゃぶしゃぶ、最後は鯨雑炊
鯨抹茶アイスクリーム、玉子焼500円、鯨脳みそ刺身700円、鯨睾丸刺身600円
すごい品揃え!樽一の鯨刺身メニュー
「クジラ会席大満足コース3,500円」がとても旨かったので、また5人で予約して行ってきました。
今回は、飲み放題1,200円をお願いしようと思ったのですが・・・
飲み放題は、3,800円以下のコースでは注文不可とのこと。
ちょっとガッカリですが、それだけクジラ会席コースが割安な価格設定なのだと思います。
それにしても、このお店のクジラ料理は旨いな〜!
また行きたくなったぞ!
2007.02.18
新宿で「クジラのフルコースを食べよう」と誘われて、『樽一』に行きました。
樽一35周年記念の『クジラ会席大満足コース3,500円』を幹事さんが予約。
まず、クジラ赤身刺身、クジラ心臓刺身が出てきます。
心臓刺身には、塩気の効いたガーリック風味のオリーブオイルがのっていて、溶かして食べると、これがなかなか旨い!
次は、さらしクジラ、塩クジラのカナッペ、クジラ鹿ノ子寿司、クジラ赤身立田揚げ、べいナス、クジラすじ肉のごぼう煮、揚げ出し、おぼろ豆腐、クジラ刺身の盛合せ(ベーコン、本皮、さえずり、長根、百尋)。
おいおい、いったい何種類出てくるんだ?
ここで、コース以外のクジラ脳みそ刺身700円、クジラ睾丸刺身600円、玉子焼500円×2を追加注文。
脳みそ刺身は、あん肝のような味わい。
睾丸刺身は、酢味噌で食べますが、かなり生臭く、お勧めできません。
コースでは、クジラのハリハリ鍋(さえずり、本皮、胃袋、赤身しゃぶ)が出てきます。
赤身をしゃぶしゃぶして食べると、子供の頃に食べた、クジラステーキやクジラベーコンの記憶が甦ります。
昔はクジラなんて、家庭や給食でよく食べたけど、今はすっかり高級品になっちゃったな〜!
ハリハリ鍋を食べ終えたら、ご飯を入れてクジラ雑炊。
デザートは、クジラ抹茶アイスクリーム。
いやいや、これだけクジラを食べたのは初めてですよ!
一品一品は少なめだけど、とにかく品数が多くて、大満足のクジラコースでした!
お酒は、麦焼酎二階堂ボトル2,500円×2本、生ビールなど。
男性4人が3時間飲みまくって、お会計は26,290円/1人6,600円ほど。
飲み放題1,200円を利用すれば、1人5,000円で済みそうです。
クーポンを利用すると、浦霞金ラベルを1人1杯サービスです。
クーポンは、こちらから↓
http://www.taruichi.co.jp/access.html

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
金沢名物の鴨治部煮980円
生麩田楽680円
五郎八のメニュー
お昼に食べた『刺身屋』の刺身定食は今ひとつでしたが、夕食は香林坊の近くにある居酒屋『五郎八』へ。
居酒屋といっても、少し高級感のある店構えです。
和風の店内は、カウンター13席+テーブル30席ほど+2階もあります。
金曜日ということもあり、地元のサラリーマンが次々に来店します。
生ビール550円、ウーロンハイ460円、刺身盛合せ2,940円+ばい貝刺1,700円、鴨治部煮980円、生麩田楽680円、のど黒塩焼き2,200円、白海老唐揚げ540円、ゴリ唐揚げなどを注文。
金沢名物の鴨治部煮は、鴨肉、生麩、豆腐、しいたけ、ホウレン草、たけのこ、銀杏と具だくさん。特に鴨肉と生麩が旨かった~!
のど黒、ゴリも初めて食べましたが、とても美味しい魚ですね。
このお店の料理は、一品一品がとても丁寧に盛り付けられていて、目を楽しませてくれます。
ボリューム少なめで、お値段はやや高めですが、どの料理も美味しく、ハズレがありません。
大人4人が2時間ほど飲食して、お会計は18,560円。
夜の2軒目は、酒と人情料理のお店『いたる』に行きました。

↑このページのトップヘ