gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

Tag:オムレツ・オムライス

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:デート
枕のようなオムライスLサイズ!覚悟して注文しましょう!
ケチャップライス、ハヤシソースは、上品な薄味!
オムライスLサイズは、直径38センチのデカ皿を使用!
食事プラス280円でドリンクを注文できます!
サイズは、SS,S,M、Lサイズの4種類から選べます。
ポムの樹のメニュー(24年3月現在)
フロア担当は、かわいいお姉さんばかり!(24年3月)
店頭には魅力的なサンプルメニューが並んでいます!
オムパスタプレート1,280円(オムSS、パスタ、ドリンク)
Lサイズは、ライスお茶碗6杯分、卵6個を使用!
デカ盛りオムライスを食べに、『ポムの樹』グランデュオ蒲田店へ。
お店は、グランデュオ蒲田西館7階のレストラン街にあります。
カウンターとテーブル50席ほどの店内は、明るく清潔な雰囲気。
余談ですが、この店のフロア担当は、かわいいお姉さんばかり!!!
ここは『アンナミラーズ』か???(←おいおい、かなり古いぞ!)
メニューは、ケチャップオムライスS780円/ハヤシソースのオムライスS980円/ビーフシチューのオムライスS1,280円など、種類が豊富。
サイズは、SS(S−100円)/S(標準サイズ)/M(S+210円)/L(S+420円)の4種類から選べます。
ちなみに、Lサイズは、ライスお茶碗6杯分、卵6個を使用しています!
そして、僕が注文したのは・・・
カニクリームコロッケのハヤシソースオムライスLサイズ(1,500円)!
ケチャップライスとバターライスを選べますが・・・
ケチャップライスをお願いします!
特に制止されることもなく、Lサイズの注文が通りました。
10分ほど待つと、お姉さんがとんでもない一品を運んで来ます。
うわ〜〜〜・・・デカッ!!!
直径38センチの恐ろしくデカイ皿に盛り付けられた、ド迫力のオムライス!
おいおい、あんまり大きいから・・・枕かと思ったぞ!
こんなに大きなオムライスは、食べ切れないかも・・・
不安になりますが、今さら後悔しても仕方ありません。
よし、できるだけハヤシソースを温存し、ライス多めのペースで攻撃開始!
具材は、ハム、玉ネギ、マッシュルームとシンプル。
ケチャップライスとハヤシソースは、どちらも上品で控えめな味付け。
後半を考えると、薄味の方が飽きずに食べられるので助かります。
次々にスプーンを繰り出し、満腹になる前に一気にライスを掘り進みます!
残り3分の1くらいから、ケチャップライスの味に飽きてきますが、
ここで温存しておいたハヤシソースとクリームコロッケで味を変化させます。
もうお腹は苦しいけど、何とか完食して、満腹度は110%。
こんなファミレス風のお店で、デカ盛りメニューを食べられるとは・・・
Lサイズは総重量1.5キロくらいあるので、覚悟して注文しましょう!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
はなまる厨房の名物「トルコライス」950円
凄いボリュームですが、これがトルコライス普通盛り!
具材が豊富で、アルデンテ状態のパスタが旨い!
豚肉と衣がピッタリ密着したトンカツ!
直径30センチのデカ皿に盛られた、トルコライス950円
カレーの下には、カレーピラフが隠れてます!
お肉タップリのハヤシがけ!・・・オムライス850円
メニュー(21年12月現在)
トルコライスで有名な「はなまる厨房」
『博多魚がし』市場会館店に続き、5軒目は、トルコライスで有名な『はなまる厨房』へ。
トルコライスは、ピラフ、パスタ、トンカツを盛り付けた、長崎発のローカルメニュー。
本場は長崎ですが、この博多でも、ぜひ押さえたいB級グルメです。
カウンター8席+テーブル10席の店内は、やや古ぼけて、年季を感じます。
トルコライス950円は、ドライカレー、ナポリタン、トンカツ、カレーの盛合せ。
さらに、このお店では、トルコライス(裏バージョン)950円なるメニューが・・・
こちらは、カレースパ、チキンライス、トンカツ、カレーの盛合せ。
裏バージョンも魅力的ですが、正統派のトルコライス950円を注文すると・・・

どひゃ〜、なんてデカイ皿なんだ!
私の注文したのは、普通サイズですが・・・
はい、これがトルコライスの普通盛りです!
マジですか〜!・・・このお店、どんだけ盛り付ければ気が済むんだ?
直径30センチのまるでお盆のようなお皿を埋め尽くす、カレーピラフとナポリタン!
それぞれが軽く1人前はありそうではないか!
さらに、大きなトンカツをのせ、カレールーをかけた、超ヘビーな一品!
体育会系の学生でもビビリそうな、凄まじいボリュームです!
こりゃ〜まいった!・・・ウニ丼を食べた直後だけに、絶体絶命のピンチ!
それでも、残したら反省ノートを書かされるので、完食を目指して食べ始めます。
ナポリタンは、ハム、玉ネギ、ピーマン、ニンジンと具材が豊富。
細いパスタは、アルデンテ状態の茹で加減で、とても旨い!
カレーピラフ、トンカツ、カレールーもなかなかの味わい。
予想外の旨さに、モリモリと食べ進み、何とか完食して、満腹度は110%。
大盛(200円増)、特盛(400円増)を注文していたら、間違いなくアウトでした!
同行したE君が注文した、オムライス850円は・・・
ジャンボオムライスに肉がタップリ入ったハヤシをかけて、見るからに旨そう!
もうダメだ!・・・と弱気のE君ですが、チビチビ食べ続けて無事完食。
とにかくボリュームがハンパじゃないので、大盛は覚悟して注文しましょう!
旨い!安い!ボリューム満点!・・・こういう良心的なお店は、大好きだぞ!

博多B級グルメツアーのラストを飾る6軒目は、『牧のうどん』空港店に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
函館名物の超高層タワーバーガー・・・フトッチョバーガー780円
ハンバーグ2枚とコロッケ・・・ボリューム満点です!
コーラM180円もデカイ!
土方歳三ホタテバーガー380円
メニュー(21年1月現在)
ブルーで統一されたアールデコ調の店内
居酒屋『海のがき大将』大門店に続き、函館でラストとなるランチは・・・
函館周辺で14店舗を展開するローカルなハンバーガーショップ『ラッキーピエロ』に行きました。
ブルーで統一された店内は、60年代のオールディーズが流れていて、とても良い雰囲気です。
メニューを見ると・・・酢豚バーガー380円/エビチリバーガー410円/ジンギスカンバーガー350円/土方歳三ホタテバーガー380円/洞爺湖サミットバーガー450円/函館スノーバーガー550円・・・
うわ〜、いかにもB級という奇抜なメニューばかりではないか!
でも、こういうユニークで個性的なお店は大好きだぞ!
テレビで紹介されたという、「フトッチョバーガー780円(1日20個限定)」を注文すると・・・
「15分ほどお待ちいただきますが、よろしいですか?」
このお店は、冷凍物は使わず、注文が入ってから調理するらしい。
そして10分ほど待つと・・・
商店街の福引所にありそうな鐘をカランカラン鳴らしながら店員さんが近づいて来ます!
お盆の上には、ハンバーガーとは思えないタワー状の一品が・・・
「お客様の健康と幸せをお祈りします!」みたいなメッセージを読み上げ、さらに名刺サイズの表彰状も添えてあります。
うわ〜、デカッ・・・こんな過激なハンバーガーは見たことないぞ!
下から、パン、ハンバーグ、コロッケ、ハンバーグ、トマト、目玉焼き、レタス、パンを積み上げた8段構造の超高層タワーバーガー!
その高さは、なんと16センチ!
倒壊しないように、上から串を刺して耐震補強しています!
う〜ん、これは『マクドナルド』のメガマックより、はるかにデカイぞ!
このままでは食べられないので、ナイフとフォークで分解しながら食べ進みます。
ハンバーグ(120グラム)の厚さは1センチ以上あり、とってもジューシーで旨い!
コロッケも熱々のホクホク!・・・この手作り感覚がいいですね!
いや〜、旨かった!・・・最後まで美味しく完食して、満腹度は80%。
見た目が派手なばかりでなく、とても美味しいハンバーガーでした!
函館に来たら、『ラッキーピエロ』のハンバーガーも、ぜひ押さえたいB級グルメです!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ナポリタンセット(ハンバーグ)950円
はと屋のメニュー
とても美味しそうなサンプル
首都高速の下、銀座ナイン2の地下飲食街にある昔ながらの洋食店。
コの字型カウンター20席ほどの店内は、あまり飾り気がなく、やや年季を感じます。
店頭のガラスケースには、美味しそうなサンプルが並んでいます。
メニューは、B定食(エビ・イカ・カキ・鮭のフライ、コロッケ、ハンバーグ)950円、ウインナーナポリタンセット950円、オムライスセット950円、ハンバーグ定食950円など、どれも魅力的で迷ってしまいます。
見た目が美味しそうな、ナポリタンセット(ハンバーグ)950円を注文。
ナポリタンは、注文が入ってから調理を始めますが、ハンバーグは完成品をのせるだけ。これにはちょっとガッカリです。
ナポリタンの麺は、『ジャポネ』に似たソフト麺のような太麺。
味付けは、トマトケチャップというより、デミグラスソースで炒めたようなコッテリ濃厚な味わい。
具は玉ネギだけでシンプルですが、これが何とも美味しいんです!
ハンバーグは熱々ではないので、ジューシーさには欠けますが、デミグラスソースはいい感じ。
ハンバーグが出来立てなら、もっとジューシーだと思うので、惜しいですね。
とはいえ、銀座・新橋という場所を考えれば、価格も手頃だし、良心的な内容だと思います。
庶民的でB級度120%の洋食店ですが、個人的にはこういうお店は大好きです。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
チキンマヨネーズ(ガーリックソース)735円
栄通り商店街沿いの2階にあるオムライス専門店。
『だまてん』さんのコメント通り、ドアを開けるとエプロン姿のかわいいお姉さんがお出迎え。ここは秋葉原で流行のメイドカフェか?
カウンター4席+テーブル22席の店内は、大きな窓ガラスから商店街を見下ろせます。
日替りランチ(スープ付き)735円(L798円、S672円)は、ケチャップ、ガーリックソース、デミグラスソースの3種類。ミニサラダ105円、コーヒー126円も良心的な価格。
チキンマヨネーズオムライス(ガーリックソース)を注文。
卵はしっかり焼かれて周囲だけ生の状態。全体がフンワリ半熟のタイプではなく、ちょっと残念。
中身は鶏肉とライスをマヨネーズで炒めたチャーハン風。
ガーリックソースは、独特の香りがするあっさり薄味。
ソースと一緒に食べると、あんかけチャーハンに似た個性的な味わいです。
通常メニューは、オムライス840円(L903円、S777円)均一。ケチャップ、ホワイトソース、ガーリックソース、豆板醤ソース(辛口)、デミグラスソースなどソースと具の種類が豊富。
何度か通って、自分好みの味を見つけるのも楽しいと思います。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
カツハヤシライス1,020円
アド街ック天国でも紹介された、築地市場内1号館にある昔ながらの洋食店。
土曜日のお昼12時15分で、カウンター14席にお客さんは12名。
店内は、シンプルな作りで年季を感じます。店員さんは、この小さなお店で7名もいます。ご主人は、無口で無愛想に見えます。
メニューは、あたまライス970円、カツ丼970円、オムカレー970円、オムハヤシ1,020円、カツカレー970円、カツハヤシ1,020円、カキフライライス(10月~)1210円など多数。
アジフライ1枚390円、メンチカツ1枚390円、エビフライ1本480円、カレー170円、ハヤシ210円などのトッピングもでき、お持ち帰りもOKです。
全体にかなり強気の価格設定だと思います。また、この手の洋食店で、こんなに高価なトッピングは見たことがありません。
カツハヤシ1,020円は、注文から2分ほどで出てきます。
ライス、キャベツの千切りの上にロースカツがのり、その上に少しだけハヤシがかかっています。
カツは肉に弾力があり、ハヤシは、かなり煮込まれていて濃厚な味わい。
でも、ハヤシの分量が少ないので、ご飯だけが残ってしまいます。
1,020円でこの内容なら、僕は8号館の『洋食たけだ』をお勧めします。
かなり割高に感じたので、採点は★2つとしました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
名物の石鍋オムライス950円
テレビのオムライス特集で、「石鍋オムライス」を紹介されたお店。
平日の午後1時30分、カウンター4席+小あがり6席+テーブル30席ほどの店内にお客さんは30名ほど。若い女性客が中心で、話し声がやや騒がしい感じです。南国風の雰囲気で、道路に面した部分はガラス張り。その外にはテラス席もあります。
ランチメニューは、石鍋ごはん、石鍋リゾット、石鍋パスタが各900円、石鍋オムライス950円(中国茶またはコーヒー付き)など。
テーブルには、特大ボトルのタバスコや沖縄産の島とうがらしなどが置いてあります。
石鍋オムライスは、表面のふわふわした卵の上にケチャップを格子状にかけた状態で出てきます。卵をめくると中はまだ固まっていない卵がタップリ。その下は鶏肉入りのオムライス。よくかきまぜて、焦げ目を作りながら食べます。
石鍋で熱したオムライスは、熱々でなかなか冷めません。僕は口の中の皮がむけました。火傷しないように、よく冷ましてから食べましょう!
食べてみると、オムライスとは別の食べ物という味わい。ケチャップの味がやや強く、女性向けの味付けかなという感じ。僕は普通のオムライスの方が好みです。
これに、浅漬けと陶器のグラスに入ったアイスコーヒーが付きます。
コーヒーが付いて950円なら、手頃なお値段だと思います。
話題性もあり、雰囲気も楽しめるので、特に女性にお勧めしたいお店です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
オムライス(デミソース)800円
『田舎そば』横の路地を50mほど進んだ突き当りにある洋食店。入口のガラスケースには、美味しそうなサンプルが並んでいます。お店は間口が狭く、奥に長い形状。カウンター12席の奥に厨房があります。
日曜日の午前11時50分でお客さんは1名。その後次々にお客さんが来店し、いつの間にか満席に。
店内は新しくはありませんが、清潔な印象。癒し系の音楽が流れています。
コック帽をかぶったシェフの顔は良く見えませんが、接客担当のお姉さんは、元宝塚の「純名りさ」さんに似たとてもきれいな方。中学生の娘が「きれいなお姉さん」と言っていたので間違いありません!
メニューは、オムライス(ソースは、デミ、トマト、カレーから選びます)800円、海老ピラフ680円、ハヤシライス780円など。ランチセット(スープ、ライス、サラダ、コーヒー付き)は、Aメンチカツ780円、Bポークソテー、Cチキンソテー+ミートオムレツ980円とお手頃価格。
お冷は、体調が良くなり元気100倍になる、という「自然回帰水」を使用しています。
・オムライス(デミ)は、鶏肉と玉ネギのややコッテリ味のチキンライス、半熟でトロトロ加減のよい卵がのって、なかなかの味わい。苦味と酸味のあるデミソースがもう一つという感じ。オムライスは、すぐ近くの『さんばん』の方が好みです。
・Cランチは、和風味のチキンソテーにミートオムレツもボリュームがあり、コーヒーまで付いて、こちらの方がお得な印象。
手頃な価格で洋食を楽しめる、良心的なお店だと思います。
オムライスの採点は、★3.5ですが、お姉さんの接客をプラスして★4つとしました。
煮込みハンバーグ以外は、テイクアウトできます。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ハンバーグ定食650円
2004.12.19
ハンバーグ定食650円を食べてきました。ハンバーグは柔らかくてジューシー。オムライス同様、シンプルですが、毎日食べても飽きのこない味です。
2004.9.26
賑やかなパルム商店街から道路一本外れた、人通りの少ない場所にある昔ながらの洋食店です。
入口脇には美味しそうなメニューのサンプルが並びます。土曜日の正午、まだお客さんはいません。
年配のご夫婦2人で切り盛りしています。店内は、4人テーブル×4卓。小型テレビがBGM代わりです。
メニューは、メンチカツレツ(ご飯付)650円、ポークカツレツ850円、ハンバーグ700円、ハヤシライス700円、ナポリタン650円などどれも低価格。お勧めの、オムライス650円を注文。
オムライスは、基本に忠実というか、とてもシンプル。ハムと玉ネギを炒めたケチャップライスを卵でくるんだもの。よくテレビで放送される、半熟の卵がトロっとのるタイプではありません。皆さんのご指摘どおり、甘みの少ないソースが、このオムライスを引き立てています。
三軒茶屋の人気店『キッチン・アレックス』のコッテリ甘めの味付けに対して、このお店は、薄味ですが、とても美味しいです!派手さはありませんが、僕は『さんばん』の方が好みです。
付け合せは、マカロニサラダ、キャベツの千切り、トマト、パセリ。
まだ、オムライスしか食べていないので、採点は★4つとしましたが、他のメニュー次第では★5つです。

↑このページのトップヘ