gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

Tag:北海道ラーメン

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
甘みとピリ辛加減が絶妙な、みそらーめん800円
いかにも札幌ラーメンという感じの黄色く縮れた中細麺
らーめんてつやのお品書き
らーめんてつや 味のこだわり
環七外回り高円寺陸橋下にオープンした行列のできるラーメン店
札幌の有名店『てつや』が東高円寺にお店を出したと聞いて行ってきました。
祝日のお昼12時30分で、行列13人25分待ち。
カウンター9席+テーブル8席の店内は、裸電球やトタンを使用して和風の雰囲気ですが、BGMはロックと、ちょっとアンバランスな感じ。
イケメン男性が調理を担当し、店内は活気があります。
メニューは、醤油らーめん780円、みそらーめん800円、塩らーめん780円、みそチャーシュー1,100円、みそ角煮らーめん1,250円、じゃんじゃんめん900円、とんこつ辛か麺850円、大盛150円など、都心の駅前でもないのに、かなり高めの価格設定です。
醤油が人気のようですが、やっぱり札幌なら味噌、ということで、みそらーめん800円を注文。
着席した時点で、ラーメンを食べているのは5人だけ。
調理の様子は見えませんが、フライパン調理のため提供に時間がかかるようです。
白味噌系のスープは、背脂や一味を使用していて、甘みとピリ辛さを感じる上品でマイルドな味加減。『すみれ』のような強烈なインパクトはありません。
表面にラードの層があり、スープは最後まで熱々です。
小林製麺の縮れた中細麺は、黄色っぽく、いかにも札幌ラーメンという感じ。
具は、小さめの肩ロースうす切りチャーシュー2枚、メンマ、ワカメ、モヤシとネギ少々。
せっかくフライパンで調理するのなら、もっと野菜をタップリ入れてくれなきゃね。
スープと麺はいい感じですが、800円にしては具が貧弱に感じます。
このお店の先にある『味噌一』は、味噌一ラーメン650円、手前の『ホープ軒本舗』は、中華そば550円。
周囲のお店と比較すると、かなり割高感があります。
お店の外には、「店長候補募集」とか「新店舗をオープンする」などの紙が貼られ、店舗拡大とお金儲け優先のスタンスが見え見えなのが気になります。
また、調理に時間がかかり、お客さんの回転が悪いので、行列してしまうように感じました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
醤油ラーメン680円
築地4丁目交差点にある築地共栄会館の地下1階。
『バカウマ亭』のとなりにある旭川ラーメンのお店。
雑誌の紹介記事が店頭に掲示してあります。
土曜日の午後1時45分で、カウンター8席にお客さんは3人。
メニューは、醤油680円、塩680円、味噌780円、チャーシュー麺880円など。
看板メニューの醤油を注文。
見た目は、醤油ダレが濃そうなスープですが、あっさり薄味で、羅臼昆布などのダシが効いた上品な味わい。
旭川から直送された麺は、縮れた中細麺。
しっかり歯ごたえの残っているモモ肉チャーシュー3枚、メンマ、カイワレ、ネギがのります。
年配のご主人が丁寧に作った味わい深い一杯です。
『井上』、『わかば』、『大一』のように、歩道で立食いするのはちょっと、という方にお勧めしたいラーメンです。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
味噌らーめん(大盛)730円
桜田通りにある北海道ラーメンのお店。
こげ茶色の木材を使用した古風な店構えで、以前から気になっていたお店です。
祝日のお昼12時10分で、行列3名5分待ち。
カウンター15席ほどの店内も、外観同様なかなか良い雰囲気。
黒Tシャツを着た若い店員さんたちは、丁寧な接客で好感が持てます。
メニューは、味噌730円、醤油650円、塩650円、とりそば750円、味噌つけ麺780円など。
自販機のボタンを良く見ると、大盛でも価格は同じです。
価格が同じならと、味噌らーめん(大盛:380g)730円を注文。
直径20cmほどの大きなドンブリでかなりボリュームがあります。
白味噌系で甘みのあるマイルドなスープはやや薄味で僕好みのタイプ。
同じ北海道ラーメンでもコッテリ濃厚でしょっぱい『すみれ』や『純連』とは対照的なスープなので、濃い味を好む方には、物足りないかもしれません。
麺はツルツルとノド越しの良い黄色い中太麺ですが、個人的にはもう少し麺の表面が粗くスープがからむ方が好みです。
具では、ぶ厚いモモ肉チャーシュー1枚が食べ応えがあります。他にメンマ、ワカメ、モヤシ、ネギ。
大盛を食べられる方なら、CPが良いので満足できるお店だと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
塩らーめん650円
立食いそば『七福』の帰りにもう1軒。
全国展開しているチェーン店『むつみ屋』の本店。
駅の裏側ですが、区役所前でなかなかの立地です。
平日の午後2時15分で、カウンター4席+テーブル14席の店内にお客さんは3名。BGMは、JPOP。
メニューは、醤油650円、塩650円、春豊700円、味噌750円、黒味噌750円、香味つけ麺750円など、他に餃子やミニ丼などもあります。
塩らーめんは、ゲン骨系のコッテリ濃厚なスープ。宮前平の『初代』に似た味わいで、お腹にたまる感じです。
麺は、いかにも北海道ラーメンという感じのカンスイ多めの黄色い中太麺。
具は、肩ロースチャーシュー1枚、メンマ、大海苔1枚、ネギ多め。
価格はやや割高感がありますが、味の方は無難にまとまっています。
この無難な味わいが全国展開を支えているのだと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
地元に住む友人が「塩ラーメンの美味しいお店がある」と言うので家族で訪問。
尻手黒川沿いにある北海道らーめんのお店。駐車場が満車でお店の前に何台か路駐しています。
日曜日の午後2時20分、カウンター11席+テーブル16席はほぼ満席。テーブルや壁にはこげ茶色の木材を使用して雰囲気を出し、店員さんは黒Tシャツで揃えています。
メニューは、味噌650円、醤油600円、塩600円、オロチョン(辛口)800円、鉄火麺(激辛)800円など。券売機には、小盛、中盛、大盛のボタンがあり、どれも同料金。
壁には「ゲンコツ、豚足、日高昆布などを使用して18時間煮込んだスープ」などの説明書きが貼ってあります。
友人お勧めの塩らーめんを注文。スープはコッテリしていて旨味があり好みのタイプ。麺はちじれた太麺でモッソリした食感。大判のモモ肉チャーシュー1枚、メンマ、ワカメ、ネギがのります。
スープはとても美味しいのですが、後半はちょっと飽きてくる感じ。スープを飲み過ぎると、夜まで満腹感が持続し、のどが渇きます。
味噌、醤油のスープも飲み比べましたが、僕の好みは塩、味噌、醤油の順番。味噌はマイルド過ぎてパンチが足りない感じです。
良心的な価格のお店なので、コッテリ系が好みの方なら満足できると思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ラーメン国技館の3軒目は、チェーン店『むつみ屋』のカリスマ店主が自分の名前を店名にした創作ラーメンの『竹麓輔商店』へ。(参考:『極一』)
平日午後3時で2名3分待ち。席数は22席。ミニたまり醤油らーめん450円(普通サイズは700円)を注文。他のメニューは、濃厚辛味噌850円、淡麗汐600円など。
たくさんの具を綺麗に盛り付けて、見た目はとても美味しそう。
麺はパスタのように透明感のある黄色っぽい細麺。具は、肩ロースのチャーシュー1枚、メンマ、コーン、のり、万能ネギと盛りだくさん。
残念なのは、アジ節を使用したというスープは醤油ベースですが、何だか味がはっきりしません。妙な甘みがあって、後味がイマイチです。
スープはあまり好みではありませんが、価格は良心的なので、採点は★3つとしました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
平日12時50分で待たずに入店。カウンター13席の店内はほぼ満席。入口に貼ってある雑誌のコピーで紹介されていた、正油らあめん650円を注文。
スープは濃い醤油色でとても濃厚な味ですが、しょっぱくない不思議なスープです。麺は北海道から取り寄せている、細ちじれ麺で、茹で過ぎなのか柔らかめです。シーチキンのような食感の大き目のチャーシュー1枚、メンマ、モヤシ、コーン、ネギがのります。これが旭川ラーメンなのかは疑問ですが、スープの味はまあまあでした。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
目黒川沿いで、店の前にパーキングメーターがあるので、車もOKです。客席はカウンターのみ15席ほど。土曜日午後2時50分で客0名とは、ちょっと意外でした。
塩ラーメン800円を注文。麺は中細ちじれ麺。立派なチャーシュー3枚、メンマ、キクラゲ、ネギ、小梅がのります。肝心のスープは、『山頭火』渋谷店と比較すると薄味で、お湯で薄めたような印象でした。
価格も高めなので、皆さんの評価が厳しいのかと思いますが、僕は十分美味しい塩ラーメンだと思います。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
平日12時半で満席5分待ち。味噌ラーメン700円を注文。スープの表面にはラードの膜があり、コッテリとしています。麺は中太麺で食感が良いです。これにモヤシがタップリのって、ボリューム満点。
お店に入ると妙な緊張感が漂っています。カウンター席12席ほどの小さなお店で、気合の入ったお姉さまが1人黙々と調理しています。お姉さまの愛想が良かったら★4つかも?
駅から遠いので、周辺の工場、事務所のお客さんで賑わっていました。

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
『べんてん』が大行列だったので、『えぞ菊』に行きました。
平日午後2時10分で待たずに入店。
有名店ですが、カウンター席だけの小さなお店です。
味噌ラーメン750円を注文。
山盛りモヤシで凄いボリューム!
でも食べたらガッカリ!
味が濃いめで単調な味噌スープ。
茹で過ぎなのかコシのない麺。
醤油味のしょっぱいチャーシュー。
中華鍋に作り置きしてある水っぽいモヤシ。
狭く窮屈な客席。
スーパーで売っている『えぞ菊』の生ラーメンは結構美味しいのですが、本店の方が味が劣るように感じました。
味噌ラーメン750円は、高田馬場という場所を考慮しても割高に感じますし、このお店がテレビ・専門誌で取り上げられるのが不思議です!

総合:★★☆☆☆ 2pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
西山ラーメン使用の札幌ラーメン店。
味噌ラーメン700円を食べましたが、スープが濃い目であまり好みではありませんでした。
中目黒駅に近いためランチは行列し、着席してからも結構待たされるので、あまり利用しません。
『どっちの料理ショー』で紹介された辛いラーメンが自慢のようです。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
函館塩つけそば大盛(同料金)700円+煮玉子(サービス券)
特製塩そば850円+バター(サービス券)
函館塩つけそば大盛(同料金)700円+煮玉子(サービス券)を食べました。
透明感のあるつけダレは、そのままでも飲めるほどアッサリしています。
麺は、表面が粗い感じで、滑らかさがありません。
おかげで、麺が絡み合って食べにくく感じます。
具は、バラ肉チャーシュー1枚、メンマ、ナルト、キザミ海苔、煮玉子。
後半は、スープが薄まってしまうので、もう少し濃厚なスープの方が良いと思います。
昼夜を問わず、大盛り無料というのは、うれしいサービスです。
2003.10.18
カウンター15席ほどのお店。
塩そば600円を注文(大盛りも同料金)。
黄金色の透明なスープは、塩の味がやや強い。
ちょっとしょっぱいかな?
でもスープと麺のバランスが良く、サッパリと美味しいラーメンでした!
店員さんも親切で好印象です!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
辛味噌チャーシュー麺1,000円
看板メニューの「塩らーめん」800円
今まで文句なしで★5つのお店だったのですが・・・
今回は、気になっていた辛味噌チャーシュー1,000円を注文。
スープは、味噌を控えた感じでマイルドな味わい。
辛さはそれほど感じませんが、唐辛子が効いているようで、顔から汗が出て止まりません。
このお店の看板メニューは塩なので、辛味噌の味はそれほど期待していません。
でも、通常でも厚切りチャーシュー3枚がのっているのに、200円増しのチャーシュー麺でチャーシュー4枚というのは納得できません!
また、今まではボソボソっとした食感の麺が気に入っていたのですが、麺を変えたようで、腰のない細麺に変わっていました。
娘が注文した塩らーめんも試食したので、間違いありません。
塩らーめんのスープは、とても美味しいだけに、麺のレベルダウンがとても残念です。
2003.10.12
並木橋のラーメン激戦区にあるお店です。平日の昼は周辺のサラリーマン、土日はウインズのお客さんで賑わう人気店です。1階10席、2階15席の比較的大きなお店なので、行列していても意外に待ち時間は短いです。
平日午後1時20分で行列無し。お気に入りの塩ラーメン800円を注文。ランチは、白ゴマのかかった俵型のご飯がサービスでちょっと得した気分!
スープはタラをダシに使用していて、マイルドで独特のコクと旨味があり、とても奥深い味わい!塩分は控えめなので全部飲んでも大丈夫です。麺は少し縮れた中細麺で食感が良いです。3種類の厚切りチャーシュー(バラ肉、モモ肉、トロ肉)は、とてもジューシーで弾力があります。他にメンマ、細切りキクラゲ、ナルト、白ゴマ、ネギ、小梅。
『山頭火』は周辺のお店に比べて値段が高いのですが、立派なチャーシューが3枚も入っていて満足度は高く、その価値は十分にあると思います。
とろ肉チャーシュー1200円は、値段の割りに魅力がないので、シンプルな塩ラーメンをお勧めします。
新メニューの辛味噌ラーメン800円も気になります!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
お勧めは、塩ラーメン800円。タラをダシに使用した、まろやかスープは独特な味わいでとても美味しいです。麺は中細麺。チャーシュー3枚、メンマ、キクラゲ、ネギ、小梅がのります。
渋谷店と比較して、席数が少ないので待ち時間が長いです。また、閉店時間が早いのが残念です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
ミニラーメン塩550円
2005.12.22
ミニラーメン550円は、醤油・味噌・塩の3種類から選べるのは良いですね。
初めてミニ塩を食べたのですが、濃厚な塩スープは焦がしラードの香が強烈でパンチが効いています。
クセになりそ~!
2003.10.9
ミニラーメン醤油500円は、スープを口に含むと強烈なこげたような香りがします。
この焦がしラードの個性的なスープの評価が分かれるのでしょうね。
僕はわりと気に入っています。
麺は非常に歯ごたえが良い中細麺。
大判のモモ肉チャーシュー1枚、メンマ、ネギがのります。
平日は、ほとんど行列ができないので、待たずに利用できます。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
『「すみれホームページ」によると、平成16年10月末で閉店とのこと。人気店なのでとても残念です!』

2003.10.9 平日午前11時の開店時から20分以上の行列ができる超人気店です。
らー博内の他のお店では、ミニラーメンは1種類ですが、『すみれ』はミニラーメン550円で味噌、塩、醤油、の味が選べる点はとても良心的だと思います。
『すみれ』の特徴は、スープの表面をラードの膜が覆い、箸で麺をすくうと麺から湯気が出て、スープはいつまでも熱々です。人気の味噌は、最初はラードとスープのバランスが良く、濃厚なスープは他のお店には無い迫力を感じるのですが、表面のラードを飲んでしまうと、味が濃くしょっぱいだけで、スープの全部飲みは厳しいです。3種類の中では、僕は塩味が好みです。
高田馬場「『純連』」よりは丁寧に作っていて好印象ですが、土日は60分以上の行列ができるので、そこに並んでまで食べたいとは思いません。
平日は幼児連れで食べているヤンママを多数目撃しますが、幼児には味が濃すぎるのではないかと心配してしまいます。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
カムイラーメン800円
道玄坂から東急本店に抜ける途中にある北海道味噌ラーメンのお店。
北海道をイメージした、ログハウス風の内装で、カウンター7席+テーブル18席。いつも繁盛しています。
メニューは、味噌700円、塩700円、醤油700円、カムイ(中辛)800円、コタン(辛口)800円、チャーシュー麺1,000円など。
カムイラーメンは、ピリ辛味噌の濃厚なスープ。味噌ラーメンのスープより力強さを感じます。
麺は、鮮やかな黄色の中細麺。カンスイ多めでいかにも北海道という感じ。
ピリ辛スープが麺に良く絡みます。
モモ肉の角切りチャーシュー2個、シャキシャキに炒めたモヤシ、玉ネギ、ピーマン、キクラゲ、ネギがのります。
価格はやや高めですが、今回食べたカムイラーメンは、大満足の味わいです。
味噌ラーメンは、スープが薄く感じるので、僕はカムイの方が好みです。

2003.10.9
井の頭線脇にあった旧店舗は、殺風景で薄暗いのですが、お店全体に活気がありました。そこに行列して食べたラーメンは、今よりもスープにコクがあって、とても美味しかった。
新しいお店も何度か通っていますが、味噌が薄まったような、何か物足りない印象です。
味噌ラーメンが美味しい店は少ないので、是非復活して欲しいと思います。

↑このページのトップヘ