gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

Tag:塩ラーメン

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
塩らーめん(野菜マシマシ、あぶら)680円
五反田の「らーめん大」で、超高層野菜タワー塩ラーメン!
超高層野菜タワーの高さは、なんと23センチ!
塩らーめんは、直径20センチの丼を使用!
これ、どうやって食べればいいの???
急傾斜に盛り付けられた野菜が、今にも倒壊しそう!
山頂から背脂をゴリゴリとかけ流し!
落下防止のため、野菜タワーの一部を取り皿に避難させます!
野菜ゾーンをクリアすると、豚2枚と極太麺が姿を現します!
豚2枚は、スープに浸すとやわらかくなります!
背脂の浮いたスープは、コッテリ濃厚でマイルドな味わい!
割箸ほどの太さの極太麺は、コシが強く、ゴワゴワの食感!
らーめん大のメニュー(26年12月現在)
らーめん大のメニュー(26年12月現在)
野菜、ニンニクなどが、無料でトッピングできます!
らーめん大のメニュー(26年12月現在)
年中無休で使い勝手が良い、らーめん大 五反田店!
らーめん大のメニュー(26年12月現在)
どひゃ〜なんて過激な盛り付けなんだ!塩らーめん680円
これ一杯で、1週間分の野菜を補給できます!
コスパ最強の塩らーめん(野菜マシマシ、あぶら)680円
年中無休で使い勝手が良い、五反田のデカ盛り店『らーめんだい』。
日曜日の12時過ぎに嫁さんと娘を連れて訪れると、店内は満席。
すると、ご主人が通常は使用しない4席を開放してくれて、すぐに着席。
今回も、塩らーめん680円の食券を購入し、カウンターの上へ。
5分ほど待つとラーメンが出来上がり、トッピングを尋ねられます。
「塩らーめんの方、ニンニク入れますか?」
「野菜マシマシ、あぶら、をお願いします!」
特に制止されることもなく、注文が通りました。
すると、ご主人が「野菜マシマシ」の製作を開始。
巨大な金属製のザルに入った野菜をトングでつかみ、
ラーメンの上にのせる!・・・のせる!・・・まだまだ、のせる!
そして、ザルの中の野菜を全部盛り付けて、両手で形を整えます!
仕上げは、山頂から背脂をゴリゴリとかけ流して出来上がり!
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径20センチの丼に盛り付けられた、超高層野菜タワー塩ラーメン!
メジャーで計測してみると、その高さは、なんと23センチ!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
急傾斜に盛り付けた野菜タワーは、今にも倒壊しそうな超危険な状態!
このまま食べると、野菜が丼から落下して大変なことになるので、
野菜タワーの中腹に割箸を突き刺し、野菜を取り皿に一時避難させます!
そして、野菜ゾーンを一気にクリアすると、極太麺と豚が姿を現します!
割箸ほどの太さの極太麺は、コシが強く、ゴワゴワの食感!
背脂の浮いたスープは、コッテリ濃厚でマイルドな味わい!
豚2枚は、スープに浸すと、やわらかくなります!
味わいながら、一気に完食して、満腹度は110%。
日頃の野菜不足を解消できて、ヘルシーで満足度の高い一杯でした!
嫁さんと娘たちが注文したのは、塩らーめん、つけ麺。
無料トッピングはパスして、残さず完食し、満足した様子でした!

お店の周辺に、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
五反田のらーめん大で、超高層野菜タワー塩らーめん!
塩らーめん(野菜マシ、脂)680円+豚160円
メジャーで計測してみると、高さはなんと18センチ!
塩らーめんは、直径21センチの丼を使用!
背脂を野菜の上からかけ流し!
モモ肉を使用した豚が8枚!
極太麺に塩スープ!おぉぉぉ〜こりゃ〜たまらん!
価格改定のお知らせ(26年4月現在)
麺の量
らーめん大のメニュー(26年4月現在)
無料トッピングメニュー
無料トッピングの野菜の盛り付け例!
営業時間変更のお知らせ
らーめん大のメニュー(26年4月現在)
年中無休で使い勝手が良い、らーめん大 五反田店
野菜タワーを食べ尽くすと、豚8枚が姿を現します!
極太麺は、コシが強くゴワゴワの食感!
山頂から背脂をかけ流して、すごいことになってます!
ごひゃ〜、なんつー過激な盛り付けなんだ!
野菜タップリのラーメンを食べたくなり、『らーめんだい』五反田店へ。
4月から消費税が8%になり、メニューも新価格に変更してあります。
新価格は、らーめん680円/塩らーめん680円/つけ麺780円
/油そば850円/豚160円/コマ切れ豚100円など。
もちろん、無料のトッピング(野菜、ニンニク、脂、味)も健在です。
今回は、塩らーめん680円+豚160円の食券を購入。
ラーメンが出来上がると、「ニンニク入れますか?」と尋ねられます。
「野菜マシ、脂をお願いします!」
特に制止されることもなく、注文が通りました。
すると、ご主人が表情も変えずに、「野菜マシ、脂」の制作を開始。
巨大なザルに入った野菜をトングでつかみ、
ラーメンの上に、のせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる!!!
そして、ザルの中の野菜を全部盛り付けると、
最後に背脂を野菜の上からかけ流して出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径21センチの丼に盛り付けられた、超高層野菜タワーラーメン!
メジャーで計測してみると、その高さは、なんと18センチ!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
今回は「野菜マシ」なので、「野菜マシマシ」に比べると、
軽めの盛り付けですが、それでも十分すぎる野菜の量です!
野菜タワーの中腹に割箸を突き刺し、野菜を取り皿に移動します!
残った野菜を一気に食べ尽くすと、豚と極太麺が姿を現します!
豚8枚は、丼のフチに花びらのように並べてあります!
強いウェーブのかかった極太麺は、コシが強くゴワゴワの食感!
この極太麺に背脂の浮いたマイルドな塩スープが絡むと・・・
おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜〜〜たまらん!!!
ニンニクを投入すれば、さらに凶暴なスープに変身しますが、
我が家はニンニク禁止令を発令中なので、しばらくは封印です!
最後まで飽きることなく完食して、満腹度はジャスト100%。
野菜と肉をタップリ補給できて、満足度の高い一杯でした!
コストパフォーマンスも素晴らしいと思います!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
五反田のらーめん大で、超高層野菜タワー油そば!
らーめん大の油そば(野菜マシマシ)850円
メジャーで計測してみると、その高さは、な・なんと20センチ!
超高層野菜タワーの山頂に卵黄が乗ってます!
野菜タワーの上部を取り皿に一時避難させます!
野菜ゾーンをクリアすると、油そばが姿を現します!
小さめの豚が2枚!
強いウェーブのかかった極太麺!
色鮮やかな卵黄が食欲をそそります!
野菜マシマシが無料なんて、なんて太っ腹なんだ!
残さず食べても、無料にはなりません!
超高層野菜タワーは、今にも崩落しそうな超危険な状態!
年中無休で使い勝手が良い、五反田のデカ盛り店『らーめんだい』。
今回は、油そば850円に初挑戦です!
入口の券売機で食券を購入して、カウンターの上へ。
油そばが出来上がると、「ニンニク入れますか?」と尋ねられます。
「野菜マシマシをお願いします!」
特に制止されることもなく、注文が通りました。
するとご主人が巨大なザルに入った野菜をトングでつかみ、
油そばの上に、のせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる!!!
そして、野菜が崩れる寸前まで盛り付けると、
最後に山頂に色鮮やかな卵黄をトッピングして出来上がり!
お待たせしました!「野菜マシマシ」です!・・・・・・ドスン!
どひゃ〜〜〜、相変わらず、とんでもない盛り付け!!!
直径20センチの丼に盛り付けられた、超高層野菜タワー油そば!
メジャーで計測してみると、その高さは・・・な・なんと20センチ!
明らかに丼の容量を超えた盛り付けに、丼が悲鳴を上げています!
いいですね〜〜〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
この「野菜マシマシ」を無料でトッピングできるのだから、
『らーめんだい』のサービス精神には、頭が下がります!
油そばを食べるのは初めてですが、山頂に卵黄を乗せただけで、
見た目はいつもの塩ラーメンと変わらないぞ!
さっそく、山頂から攻撃を開始したいところだけど、
このままでは、野菜タワーが崩落する恐れがあります!
そこで、野菜タワーの中腹に割箸を突き刺し、
野菜をドバッと持ち上げ、取り皿へ一時避難させます!
そして、味付けしていない野菜ゾーンを一気にクリアすると・・・
ようやく、油そばが姿を現します!
具材は、味付卵、豚2枚、メンマ、白髪ネギ!
強いウェーブの極太麺は、野菜の重さで押し潰されているぞ!
スープは、麺が沈む程度に少しだけ注がれています!
よくかき混ぜて食べてみると・・・・・・
マイルドなスープと極太麺が良く合います!
麺は普通盛りなので、一気に完食して、満腹度は110%。
今回も野菜をタップリ補給して、とてもヘルシーな気分!
油そば850円は具材が豊富で美味しいけれど、
コスパを考えると、やはり塩らーめん650円がオススメです!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
五反田の超高層野菜タワーつけめん!
らーめん大、つけめん(野菜マシマシ、脂)750円
メジャーで計測すると、その高さは・・・なんと18センチ!
野菜タワーの下に埋まっている麺は全く見えません!
つけめんは、直径23センチの深皿を使用!
極太麺は、大量の野菜に押しつぶされてます!
年中無休で、使い勝手の良い、らーめん大五反田店!
らーめん大のメニュー(25年8月現在)
野菜マシマシも無料でトッピングできます!
らーめん大のメニュー(25年8月現在)
無料トッピングは4種類です!
つけダレは、辛味と酸っぱさが丁度良い感じ!
野菜マシマシは、何袋分のモヤシを使っているんだ?
年中無休で使い勝手が良い五反田のデカ盛り店『らーめんだい』。
いつもはご主人一人ですが、この日は若いお兄さんが修行しています。
メニューは、らーめん650円/塩らーめん650円/つけめん750円
/油そば850円/大盛り100円/豚120円/味付卵100円など。
無料トッピングは、野菜多め、脂多め、ニンニク、味濃め、の4種類。
今回は、つけめん750円の食券を購入して、カウンターの上へ。
つけめんが出来上がると、「ニンニクいれますか?」と尋ねられます。
「野菜マシマシ、脂をお願いします!」
今回も特に制止されることもなくオーダーが通りました。
すると、ご主人が表情も変えずに「野菜マシマシ」の制作を開始!
麺を盛り付けたお皿の上に、
野菜をのせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる!
そして、ザルの中の野菜を全部盛り付けると、ようやく完成です!
お待たせしました〜!・・・ドスン!
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径23センチのお皿に盛り付けられた、超高層野菜タワー!
メジャーで計測してみると、その高さは・・・な・なんと18センチ!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
それにしても、この野菜タワーは、何袋分のモヤシを使っているんだ?
この時点では、野菜の下に埋まっている麺は全く見えません!
この野菜タワーを見て、つけめんだと分かる人はいるのだろうか?
とりあえず、野菜タワーの上半分を取り皿に移動して、
ドレッシング代わりにつけダレをかけて、モリモリと食べ進みます!
一気に野菜ゾーンをクリアすると、ようやく極太麺が姿を現します!
極太麺は、大量の野菜に押し潰されて、お皿に底にへばり付いています!
強いウェーブのかかった極太麺は、コシがあり、ザクザクッとした食感!
濃厚なつけダレに極太麺をつけると、辛みと酸っぱさが丁度良い感じ!
メンマと角切りの豚も入っています!
脂を入れた方が、さらに旨味が増して好みです!
麺の量は200グラムなので、余裕で完食して、満腹度は100%。
野菜をタップリ補給して、とってもヘルシーなつけめん!
コストパフォーマンスも素晴らしいと思います!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
らーめん大五反田店の塩らーめん(野菜マシマシ)650円
五反田の超高層野菜タワーラーメン!
野菜マシマシの高さは、なんと20センチを超えてます!
強いウェーブのかかった凶暴な極太麺!
豚3枚は、あまり存在感がありません!
背脂の浮いたスープは、マイルドな味わい!
無料トッピングを利用すれば、コスパは最強!
らーめん大のメニュー(25年4月現在)
らーめん大のメニュー(25年4月現在)
らーめん大の野菜の増量(25年4月現在)
らーめん大の無料トッピング(25年4月現在)
この急傾斜、油断すると野菜が落下します!
野菜マシマシは覚悟して注文しましょう!
野菜タップリのラーメンを食べに、『らーめんだい』五反田店へ。
このお店では、野菜、ニンニク、脂、味の濃さを無料で調整できます。
今回も「塩らーめん650円」の食券を購入して、カウンターの上へ。
ラーメンが出来上がると、「塩ラーメンの方、ニンニク入れますか?」
「野菜マシマシ」をお願いします!
特に制止されることもなく、注文が通りました。
すると、ご主人が「野菜マシマシ」の制作を開始!
トングで野菜をつかみ、のせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる・・・
ザルの野菜を全部のせると、さらに鍋から追加して、ようやく完成です!
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、オ・オレを殺す気か〜〜〜!!!
直径20センチの丼に、野菜を崩れる寸前まで盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、な・なんと・・・20センチを超えてます!!!
明らかに丼の容量を超えた盛り付けに、丼が悲鳴を上げています!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
「野菜マシマシ」は殺人的な盛り付けになるので、
初めての方は、覚悟して注文しましょう!
さっそく、野菜タワーの山頂から攻撃を開始!
急傾斜に盛り付けられた野菜は、油断すると落下するので、
崩れ落ちないように、慎重に攻めていきます!
野菜ゾーンを5分ほどでクリアすると、ようやく豚と太麺が姿を現します!
豚は小ぶりな物が3枚で、あまり存在感はありません!
割箸ほどの太さの極太麺は、強いウェーブのかかった凶暴なタイプ!
ザクザクッとした食感で、極太麺を食べた満足感があります!
背脂の浮いたスープは、塩加減がほど良く、マイルドな味わい!
ニンニクを投入すれば、さらに満足度が高まりますが、
我が家はニンニク禁止令を発令中なので、しばらく封印しておきましょう!
最後まで飽きることなくモリモリと完食して、満腹度は110%。
日頃から不足しがちな野菜をお腹一杯補給して、とてもヘルシーな一杯!
これで、650円ですから、コストパフォーマンスは最強です!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
スカイツリーの開業に合わせて、五反田の超高層野菜タワー!
野菜タワーの高さは、なんと25センチ!
ウェーブのかかった太麺
小さめの豚が標準装備です。
野菜マシマシを注文すると、大変なことに・・・
らーめん大の無料トッピング
らーめん大の野菜盛り付け
らーめん大のメニュー(24年4月現在)
らーめん大の、つけ麺大盛野菜マシマシ850円
野菜タップリのラーメンを食べに、『らーめん大』五反田店へ。
今回は、つけ麺750円+大盛100円の食券を購入。
つけ麺が出来上がると、ご主人に無料トッピングをオーダーします。
いつも通り、「野菜マシマシ、ニンニクをお願いします!」
特に制止されることもなく、注文が通りました。
すると、ご主人が「野菜マシマシ」の制作を開始!
トングで野菜をつかみ、次々に麺の上に盛り付けていきます!
ザルに入った野菜を全部盛り付け、次のザルをスタンバイ!
さらに、のせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる・・・
おいおい、どんだけのせれば気が済むんだ???
明らかに、いつもの「野菜マシマシ」より過激な盛り付けになってます!
そして、お待たせしました!「野菜マシマシ」です!・・・ドスン!
それを見た瞬間、僕の目玉は飛び出しそうに・・・
どひゃ〜〜〜、オ・オレを殺す気か〜〜〜!!!
直径28センチの洗面器のようなデカ皿に、
極限まで盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、なんと・・・25センチ!!!
あまりの殺人的な盛り付けに、思わず気絶しそうになりました!
急傾斜に盛り付けた野菜タワーは、今にも倒壊しそうな超危険な状態!
しまった!大盛りにすると、お皿も大きくなるのを忘れていたぞ!
ちなみに、大久保店で食べた、つけ麺(普通盛り)のお皿は、直径22センチ。
ということは・・・野菜の量は推定1.6倍以上!!!
「野菜マシマシ」は、今まで何度も攻略してきましたが・・・
今回ばかりは、完食は絶望的です!
大盛を注文したことを後悔しましたが、
注文した以上は、少しでも多く食べなければ・・・
とりあえず、野菜タワーの山頂から攻撃を開始しますが・・・
野菜が落下しないように慎重に食べ進むため、ペースが上がりません!
野菜ゾーンをクリアしたいけど、食べても食べても野菜が減らないぞ!
ようやく太麺が姿を現す頃には、もうお腹はパンパン状態!
それでも、ウェーブのかかった太麺を食べると、味が変わって食欲が復活!
さらにニンニクを投入して、太麺を何とかクリア!
残るは野菜のみですが、もうアゴが疲れて、握力も無くなっています!
リタイアも考えましたが、ここまで来たら後へは引けません!
ベルトを緩めて、最後の力をふりしぼり、ラストアタックを試みます!
そして、チビチビと食べ続けて、残った野菜をすべて完食!
40分に及ぶ長期戦を制したものの、もう満腹度は120%超え。
いや〜、今回ばかりは本当にダメかと思ったぞ!
大盛の「野菜マシマシ」は、器が大きくなるので、覚悟して注文しましょう!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
らーめん大の塩らーめん(野菜マシ)+肉770円
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
強いウェーブのかかった太麺
豚は、薄切りで小ぶりです。
油断すると野菜が崩れ落ちます!
野菜タワーの高さは、なんと20センチを超えてます!
今日は野菜タップリのラーメンを食べたい気分!
という訳で、お気に入りの『らーめんだい』五反田店へ。
今回も、塩らーめん650円+豚120円の食券を購入。
前回より50円値上げしていますが、無料トッピングは健在です!
ラーメンが出来上がると、ご主人にトッピングをオーダーします。
今回は控えめに、「野菜マシ、ニンニク」をお願いします!
特に制止されることもなく、オーダーが通りました。
すると、ご主人が大きなザルに入った茹で野菜をトングでつかみ、
ラーメンの上にのせる・・のせる・・・まだまだのせる・・・
おいおい、僕のオーダーは、「野菜マシマシ」ではないぞ!
そして、ザルに入った野菜を全部のせると出来上がり!
お待たせしました、「野菜マシ」です!・・・ドスン!
どひゃ〜、すごい迫力!
直径20センチの丼に、これでもかと盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、なんと・・・20センチを超えてます!
見た目は、前回食べた「野菜マシマシ」と変わらないぞ!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
しかも、「野菜マシ」が無料なんて・・・本当に、いいんですか???
まずは、野菜が崩れないように注意しながら、攻撃を開始!
野菜ゾーンをクリアすると、ようやく麺を食べられる状態に。
太麺は、割箸ほどの太さがあり、強いウェーブがかかっています。
豚は、薄切りで小ぶりなものが7〜8枚。
背脂の浮いたスープにニンニクを加えると、さらに食欲がそそられます!
麺は普通盛りなので、そのまま一気に完食して、満腹度はジャスト100%。
いや〜旨かった!
日頃から不足しがちな野菜をタップリ補給して、とてもヘルシーな一杯!
コストパフォーマンスも素晴らしいと思います!

目黒川沿いにペーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
五反田の超高層野菜タワーラーメン!
らーめん大五反田店の塩らーめん(野菜増し増し)+豚
強いウェーヴのかかった太麺!
豚120円を追加すると、厚切りの豚が7枚も・・・
「野菜増し増し」をオーダーすると、大変なことに・・・
らーめん大五反田店のメニュー(23年3月現在)
野菜テンコ盛りのラーメンを食べに、『らーめんだい』五反田店へ。
カウンター10席の店内は、まだ新しいのに少々清潔感に欠ける感じ。
細身で地味な感じのご主人が一人で切り盛りしています。
メニューは、らーめん600円/塩らーめん600円/つけ麺700円/油そば850円など。
無料のトッピング(野菜、ニンニク、脂、味)で、好みの味にカスタマイズできます。
いつも醤油らーめんを食べるので、今回は塩らーめんを食べてみます。
券売機で、塩らーめん600円+豚120円の食券を購入し、カウンターの上へ。
お店が空いていたので、すぐに無料のトッピングを尋ねられます。
「野菜増し増し、ニンニク」をお願いします。
特に制止されることもなく、注文が通りました。
ご主人がラーメンを作り、「野菜増し増し」のトッピングを開始。
大きなザルに入った茹で野菜をトングでつかみ、のせる、のせる、まだまだのせる・・・
そして、ザルに入っていた野菜を全部のせて、出来上がり。
おぉぉ〜〜〜、すげ〜〜〜!
直径20センチの丼に、これでもかと盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、なんと20センチを超えてます!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
蒲田店や下高井戸店に比べれば、野菜の盛りは控えめですが、
これぐらいの方が、野菜が崩落する心配がなく、安心して食べられます。
テンコ盛りの野菜をモリモリと食べ進み、5分ほどで野菜ゾーンをクリア。
ようやく野菜の下に隠れていた豚と麺が姿を現します。
ぶ厚い豚7枚は、ジューシー感には欠けますが、なかなかのボリューム。
麺は、強いウェーブのかかった太麺。
塩味のスープは、醤油味よりマイルドな味わいで好みのタイプ。
さらにニンニクを混ぜると、力強い味に変身し、食欲をそそります。
そのまま一気に完食して、満腹度は110%。
いや〜、なかなか旨い塩らーめんでした!
野菜と肉を思う存分補給できて、とてもヘルシーな一杯。
これで720円ですから、コストパフォーマンスは最強です!

目黒川沿いに、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
黒だしらーめんセット(チャーシューめし付)950円
青森県産のガーリックポークを使用したチャーシュー!
セットのチャーシューめし!
箸から滑り落ちるほどつるつるのストレート細麺!
白だし味玉麺830円
白だし すずのメニュー(22年12月現在)
素材にこだわっているみたいです。
まだ新しく、明るく清潔なお店です。
嫁さんのリクエストで、テレビで紹介された恵比寿の『白だし すず』へ。
開店時間に行くと、1番乗りでしたが、次々にお客さんが来店し、すぐに満席に。
カウンター12席の店内は、まだ新しく、明るく清潔な雰囲気。
メニューは、白(黒)だし味玉麺830円/白(黒)だしらーめんセット950円/白(黒)つけ味玉麺930円など。
店名でもある「白だし」は白醤油ベース、「黒だし」は、たまり醤油ベースです。
嫁さんは、白だし味玉麺830円。
僕は、黒だしらーめんセット(チャーシューめし)950円を注文。
黒だしラーメンは、あっさり系の上品でまろやかなスープ。
最近は、こってり系のラーメンが多いので、少々インパクトに欠ける印象。
それでも、旨味は出ているので、好みの問題だと思います。
麺は、箸から滑り落ちるほど、つるつるのストレート細麺。
硬めの茹で加減で、ザクザクッと歯応えのある食感。
具材は、ガーリックポークを使用したチャーシュー2枚、メンマ、岩のり、ネギ。
セットのチャーシューめしは、チャーシュー2枚と角切りチャーシューがタップリ。
バーナーで軽く炙ったチャーシューは、香ばしく食欲をそそります。
きざみネギとタレがかかっていて、これはなかなか旨いです。
白だし味玉麺は、黒だしよりさらにアッサリ系の味わい。
こちらも極薄味ですが、ホタテなどのダシは、しっかり効いています。
ランチはライスがサービスなので、残ったスープに投入したら旨そうです。
白だし、黒だしで、それぞれ丼とレンゲの色を変えるなど、芸の細かい演出。
お店の雰囲気、ラーメンともに、女性にお勧めしたいお店です。

駒沢通り沿いに、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
煮干の香りが食欲をそそります!特選中華そば950円
強いウェーブのかかった中細麺!
煮玉子は黄身の色が鮮やかで、絶妙の半熟加減!
しっかり歯応えがあるモモ肉チャーシュー!
ワンタンの皮が極薄で、ツルンとしたノド越し!
メニュー(21年12月現在)
ガラス張りで、明るく開放的な雰囲気!
中華そば(大盛)900円
わんたん麺950円
しお中華そば800円
2010.01.03 写真を追加しました。

2009.12.19
あの『春木屋』が中目黒にオープン!
『春木屋』と言えば、新横浜ラーメン博物館で、私が一番好きなお店ではないか!
嫁さんを連れて、さっそく突撃です!
お店は、中目黒のランドマークとなった、アトラスタワーの1Fにあります。
カウンター8席+テーブル8席ほどの店内は、ガラス張りで明るく開放的な雰囲気。
4月になれば、店内から目黒川沿いの桜を眺められる、絶好のロケーションです。
メニューは、中華そば750円/昔中華そば750円/しお中華そば800円/特選中華そば950円/つけ麺850円/大盛150円増、など。
とりあえず豪華そうな、特選中華そば950円をすると・・・
うわ〜、具材が豊富で、ムチャクチャ旨そうではないか!
煮玉子、チャーシュー、ワンタン、メンマ、海苔、ネギ・・・いいですね〜!
中華そばというだけあって、スープは昔ながらの醤油味。
でも、油のうま味も加えてあり、煮干の香りが食欲をそそります!
中細麺は、強いウェーブがかかり、スープがよく絡んで、とても旨い!
ワンタンの皮は極薄で、ツルンとしたノド越しがたまりません!
メニューには、ワンタン3個と書いてあるけど、なぜか5個も入っていたぞ!
大判で厚みのあるモモ肉チャーシューは、しっかり歯応えがあるタイプ。
煮玉子も黄身の色が鮮やかで、絶妙の半熟加減です。
スープ、麺、具材のすべてが昔ながらの味わいで、とても旨い!
思わずスープまで飲み干してしまうほど大満足の一杯です!
価格は少々高めですが、この味わいなら納得です。
特にスープと麺が旨いので、次回は中華そば750円+大盛150円を食べてみよう。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
想定外のデカ盛り!・・・つけ麺(大盛800グラム)980円
大盛を注文すると、大変なことに・・・
直径25センチの洗面器のような丼に、中華麺の山!
平べったい中太麺は、あまりコシがありません。
メニュー(21年10月現在)
どこかで聞いたような、ユニークな店名です!
つけ麺の盛りが良いという噂を聞いて、王子の『みの麺多』へ。
どこかで聞いたような店名ですが、本人とは関係ないようです。
カウンター12席ほどの店内は、やや古ぼけた感じ。
メニューは、つけ麺680円/ゴマダレつけ麺680円/醤油ラーメン580円/味噌ラーメン680円など。
並盛200グラムと1.5倍300グラムは同料金。
中盛400グラム100円増し/大盛800グラム300円増しです。

ここは当然・・・つけ麺680円+大盛300円の食券を購入し、カウンターの上へ。
「大盛は、麺4玉ありますけど・・・」
「大丈夫だと思います!」
そして、運ばれて来たのは・・・
どひゃ〜、やっちまった〜!!!
直径25センチのまるで洗面器のような丼に、しっかり盛られた中華麺の山!
おいおい、これは想定外のデカ盛りではないか!
どうやら大盛800グラムの表示は、麺を茹でる前の重さのようです!
ということは、茹で上がりは約1,600グラム!
う〜ん、ギリギリ胃袋に収まる計算だが・・・この時点で黄色信号が点灯!
満腹になる前に、一気に食べる作戦で戦闘開始。
平べったい中太麺は、ふにゃふにゃで、あまりコシがありません。
つゆは、甘酸っぱいタイプで、ダシがそれほど効いていない一昔前の味わい。
具材は、チャーシュー2枚、挽肉、メンマ、海苔、玉ネギ、青ネギ。
前半からハイペースでモリモリと食べ進みますが・・・
残り1/3ほどで、つゆが薄まってきます。
それでも休まず一気に完食して、満腹度は120%。
いや〜、何とか食べ切りましたが、大盛はもの凄いボリュームでした!
ちなみにチャレンジメニューではないので、残さず食べても無料にはならないぞ!
大盛は覚悟して注文しましょう。

JRの線路をくぐると、コインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
蒲田店、下高井戸店より控えめな盛付けです!
らーめん+魚粉(野菜増し増し、にんにく)650円!
脂タップリのスープを吸収した太麺が旨い!
しっとりやわらかい豚!
メニュー(21年9月現在)
野菜増量のサンプル写真
野菜を補給したい時に、とっても重宝するお店です!
野菜激盛りで定評のある「『らーめん大』」の中から、今回は本郷店へ。
L型カウンター10席ほどの店内は、厨房の熱気で蒸し風呂状態。
メニューは、らーめん600円/塩らーめん600円/つけらーめん700円/味噌つけらーめん800円/油そば850円など。
無料トッピングは、野菜、にんにく、脂多め、味濃いめ、の4種類。
野菜増量のサンプル写真が掲示されているので、とても参考になります。

私の定番メニュー、らーめん600円+魚粉50円の食券を購入。
順番を待って、「野菜増し増し、にんにく」を注文すると・・・
うわ〜、なかなか見事な盛り具合ではないか!
でも、『らーめん大』蒲田店や下高井戸店で経験した超高層野菜タワーと比べると、ずいぶん見劣りしますけど・・・
お隣さんの「野菜大盛」と同じくらいなので、注文を聞き間違えたのかもしれません。
おかげで、野菜が崩れ落ちる心配も無く、安心して食べられるぞ!
魚粉を振りかけたモヤシの山を3分ほどでクリアして、麺を引きずり出します。
麺は、強めのウェーブがかかった太麺。
脂タップリのスープを吸収して、とても旨い!
しっとりやわらかい豚も、なかなかの味わい。
にんにくをスープに混ぜると、さらに食欲を刺激します。
これぐらいのボリュームだと、味わいながら余裕で完食して、満腹度は80%。
いや〜、旨かった!
野菜をタップリ補給して、とってもヘルシーで満足度の高い一杯でした!
やはり、野菜が不足した時は、『らーめん大』ですね!

お店の周辺に、コインパーキングがあります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 不明, 夜 1,000円以下
目的:ファミリー
行列店「すみれ」の味噌ラーメン900円
中太麺をはしで持ち上げると、勢いよく湯気が立ち上ります!
メニュー(21年5月現在)
「すすきの」から徒歩1分の好立地です。
『海のがき大将』すすきの南4条店で海の幸を満喫して、2軒目は本場の札幌味噌ラーメンを食べに、『すみれ』札幌すすきの店に行きました。
土曜日の午後11時で、行列10人10分待ち。
カウンター15席+テーブル8席の店内は、まだ新しく小洒落た雰囲気。
メニューは、味噌ラーメン900円/塩ラーメン800円/正油ラーメン800円/昔風ラーメン900円/チャーシューメン(味噌)1,100円など。
行列店ということもあって、強気な価格設定です。
並んでいる間に、味噌ラーメン900円の食券を購入。
席に案内されると、すぐに運ばれてきます。
見るからに濃厚そうなスープの表面を熱々で透明なラードの膜が覆っています。
中太麺をはしで持ち上げると、勢いよく湯気が立ち上ります。
まずスープを一口・・・熱チチッ!・・・熱々のスープで口の中が火傷しそうです!
コッテリ濃厚なスープは、他店では味わえない個性を感じます。
具材は、細かく刻んだチャーシュー、申し訳程度にメンマ、モヤシ、ネギが少々。
う〜ん、体が冷え切った状態で食べれば、すごく美味しく感じるかもしれないけど・・・
スープが濃厚なだけで、味わいは今一つという感じ。
この具材の貧弱な味噌ラーメンが900円では、コストパフォーマンスが悪すぎるぞ!
東京でも、700円も出せば美味しい味噌ラーメンが食べられますから・・・
このお店は、客席23席に対してスタッフが7名もいます。
残念ながら美味しいラーメンを低価格で提供する努力が感じられませんでした。

3軒目は、すすきの『札幌相撲茶屋』に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
昔ながらのシンプルな塩ラーメン530円
飲んだ帰りに食べたら旨そう!
風車のように並べられたギョーザ450円
地元のお客さんで賑わってます!
『ハセガワストア』の「やきとり弁当」に続き、4軒目は、塩ラーメンを食べに『星龍軒』に行きました。
お店は函館朝市の近くにあり、地元客で賑わう街の大衆中華料理店という感じ。
カウンター5席+テーブル16席の店内は、わりと新しく小ぎれいです。
壁には、21年1月より価格改定の張り紙が・・・
運悪く、値上げ直後に訪れてしまったようです。
グルメサイトで紹介されていた、塩ラーメン530円とギョーザ450円、ビール中瓶500円を注文。
塩ラーメンは、透明感のあるアッサリ塩味のスープに細麺の組合せ。
肩ロースのチャーシュー2枚は、やわらかくて好みのタイプ!
メンマも味付け控えめで、ミツバがサッパリ感を演出しています。
派手さはありませんが、昔ながらシンプルな味わいで胃にもやさしい感じ。
一杯飲んだ後の〆にピッタリの塩ラーメンです!
風車のように並べられたギョーザは、あまり特徴がありませんでした。

5軒目は、居酒屋『海のがき大将』大門店に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★☆☆☆ 2pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
麺5玉1.5キロ・・・これで700円!
完食できないとペナルティ700円です!
ゴマ風味でダシの効いた醤油ダレ
メニュー
開店直後から満席になる人気店です!
つけめん宇宙盛(5玉)700円
久しぶりに鬼子母神前のデカ盛り店『梅もと』に行きました。
ここの名物は、テレビ番組でも紹介される「つけめん」。
麺は、1玉150グラム(茹で上がり300グラム)。
サイズは、小盛1玉〜クレーター盛25玉(茹で上がり7.5キロ!)まで10段階あり、どれを選んでも700円と太っ腹!
ただし、1時間以内に完食できないと、地球盛3玉〜ブラックホール盛10玉は700円、流星盛20玉とクレーター盛25玉は2,000円のペナルティがあります。
入口で食券を買う時に、店員さんが教えてくれるので、初心者でも心配いりません。
前回、地球盛3玉を食べているので、今回は宇宙盛5玉(茹で上がり1.5キロ)に挑戦です!
つけ汁は、醤油ダレと味噌ダレの2種類から選べるので、醤油ダレをチョイス。
カウンター4席は、男性客が座ると肩が密着するほど窮屈で、一気にテンションが下がります。
でも、開店直後から満席になる人気店なので、贅沢は言えません。
5分ほど待つと、店員さんが運んで来ます。
どひゃ〜、これが1.5キロか・・・大きな丼に中華麺が山盛りではないか!
食べ切れるのか?・・・ちょっと不安になってきたぞ!
細麺は、わりと硬めの茹で加減で、ゴワゴワした食感。
ゴマ風味の醤油ダレは、それほど濃厚ではなく、ダシが効いて甘みがあります。
前回の味噌ダレは、甘ったるくて飽きたけど、醤油ダレはいい感じだぞ!
硬めの麺を意識して、よく噛んで食べ進みます。
さすがに後半は、お腹が苦しくなったけど、15分で完食して、満腹度は110%。
まだもう少しなら食べられるけど、宇宙盛5玉の上はビッグバーン盛7玉・・・う〜ん、たぶん無理でしょう!
それにしても宇宙盛5玉が700円ってことは、1玉140円。
もし、クレーター盛25玉を完食できれば、1玉28円!・・・なんて良心的なお店なんだ!
最近の食材の値上げにも負けずに、700円で頑張っているご主人には頭が下がります!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
何じゃこりゃ〜!ラーメン(野菜増し)700円
割箸より太い極太麺
上から見ると、ラーメンに見えないぞ!
今にも崩れそうな野菜の山・・・
メニュー
腹がへったら うちに来い!
「野菜増し」には、ドクロマークが・・・
テレビ番組で紹介された『山勝 角ふじ』に行ってきました。
「腹がへったら うちに来い!」の看板を掲げる超デカ盛りラーメン店です。
土曜日の正午で、行列9人45分待ち。
カウンター9席の店内は、明るく清潔な雰囲気です。
メニューは、ラーメン700円/塩780円/味噌780円/うま辛麺780円/つけ麺700円/中華そば650円/あかそば700円など。
トッピングは、全部のせ300円/小豚150円/バカ豚300円など。
大盛100円/特盛(500グラム〜)200円/バカ盛(1キロ〜)300円/漢盛り(2キロ〜)400円。
以前は、大盛100円増しで食べ放題だったようですが、小麦粉高騰の影響か少々値上げしたようです。
注文時に、麺、味、油、野菜、玉ねぎ、にんにく、を好みで調整できます。
このお店は初めてなので、ラーメン700円の食券を購入して、「野菜増し増し」を注文すると・・・
「当店の野菜増しを食べたことはありますか?」
「ほかの角ふじで食べました!」
「わかりました!」
席に案内されると、すぐに調理が始まります。
丼にスープを注ぎ、茹で上がった極太麺を投入。
その上に野菜をのせる・・・のせる・・・また、のせる・・・
崩れる寸前まで盛り付けると、さらに玉ネギみじん切り、醤油ダレに漬けたニンニクをのせて出来上がり。
おぉ〜、これまた何とも過激な盛り付けではないか!
直径20センチの丼に茹でたモヤシとキャベツがテンコ盛り状態です!
このままでは食べられないので、取り皿をお借りして、ニンニク、玉ネギ、チャーシューを一時避難。
崩れないように注意しながら6分ほどで野菜ゾーンをクリア。
ようやく極太麺の登場です!
極太麺は、割箸よりも少し太く、強めのウェーブがかかっています。
背脂がタップリ浮いたスープは、コッテリしていますが、しょっぱさ控えめで、何ともいい味出してます。
ニンニクと玉ネギの香りがさらに食欲を刺激します。
う〜ん、この極太麺とスープ、かなり好みだぞ!
最後まで味わいながら、13分で完食して、満腹度は90%。
見た目の迫力のわりには、お腹の方は何だか全然物足りないぞ!
新高円寺の『昴神 角ふじ』より盛りが少ないのか・・・それとも私の胃袋の容量が増えたのか???
いずれにしても、旨いラーメンをガッツリ食べて700円なら、かなりお得だと思います。
20代と思われる店員さん2名は、とても丁寧な接客で気分良く食べられました。
PS.周辺にコインPが無いので、少し先のダイエーに駐車して、買物をして帰りました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
札幌西山製麺の中細麺
濃香醤油750円
味噌800円
塩650円
麺くらい メニュー
環七沿い、「せたが屋」の向かい側にあります。
環七沿いのラーメン激戦区にある、西山ラーメンを使用しているお店。
カウンター10席ほどの店内は、まだ新しく清潔感があります。
あまり愛想のない40代くらいのご主人は、とても几帳面で、厨房はきれいに整頓されています。
メニューは、塩650円、濃香醤油750円、味噌800円、大盛100円増、ランチセット(餃子3個+ご飯)150円など。
注文が入ると、フライパンで野菜を炒めるなど、丁寧な調理で好感が持てます。
濃香醤油は、見た目は濃厚でしょっぱそうに見えますが、それほどしょっぱくない不思議なスープ。
少しコッテリしていて、醤油の香りが良く、甘みを感じるマイルドな味わい。
麺は、札幌西山製麺の中細麺。
周囲を炙ったバラ肉チャーシュー、メンマ、モヤシ、玉ネギ、ネギがのります。
ちなみに、味噌は、濃厚だけどしょっぱくないマイルドな味わい。
塩は、野菜の旨味と胡椒を効かせたサッパリ系。
向かいに『せたが屋』、並びに『珍々ラーメン』、『一竜』、『ふくもり』などライバル店が多いけど、いつもそこそこお客さんが入っています。
PS.車の方は、すぐ手前にあるサミットの駐車場を利用し、帰りに買物をすれば無料です

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
硬めに茹でた西山の中細麺
龍王 正油らーめん一三五650円
龍王のメニュー 「一三五」と「めんばり」に注目!
龍王のメニューの写真
スナックが軒を連ねる怪しい場所にあります。
旗の台『鳥樹』東口店で飲んだ後、〆のラーメンを食べようと自由が丘で途中下車。
お目当ての『麺矢龍王』は、スナックが軒を連ねる怪しい場所にあります。
まだ新しく清潔感のある店内には、背中合わせのカウンター席が20席ほど。
山下達郎の懐かしい曲が流れています。
メニューは、正油らーめん(普通・一三五・めんばり)各650円、みそらーめん700円、かれーらーめん750円、龍王すぺしゃる1,100円、大盛150円増など。
一三五の語源は、『ぎずも』さんのレビューで詳しく紹介しています。
このお店は初めてなので、看板メニューの一三五650円を注文。
出てきたラーメンは、見た目がとても旨そう!
さっそく、スープを一口。
うわ~、正油の良い香りが鼻の奥をくすぐります、いいですね~このスープ!
正油ダレが濃く力強いスープですが、思ったより飲みやすい感じ。
同じ「一三五」でも、浜松町『天虎』のスープよりもマイルドであっさりしています。
硬めに茹でられた西山の中細麺は、しっかり歯応えがあります。
このボソボソっとした食感、クセになるよ~!
具は、とってもジューシーな肩ロースのチャーシュー2枚、コリコリと食感の良いメンマ、煮玉子1/2、タップリのネギ。
いや~、飲んだ後のラーメンは、何でこんなに旨いんだろ~!
これで650円とは、手頃な価格でうれしい限り。
ラーメンにうるさいM先輩も珍しく気に入った様子。
自由が丘では、『銀節や』と『大大』がお気に入りですが、このお店の方が好きかも。
ご主人が19年間働いたという、六本木の『天鳳』にも行きたくなったぞ!

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
味噌ラーメン900円+唐辛子さつま揚げ100円
サッポロ森住製麺の中細麺
すみれのメニュー
お店の裏側まで行列しています。
川崎駅前にオープンした大型商業施設「ラゾーナ川崎」。
その1階フードコート内に札幌味噌ラーメン『すみれ』が入ったと聞いて行ってきました。
日曜日の午後1時、フードコート内はファミリーやカップルで賑わい、大混雑の満席状態。
何とかテーブルを確保してから、お目当ての『すみれ』に行くと、20人ほどがお店の裏側まで行列しています。
最後尾に並ぶと、10分ほどでお店の前まで進みます。
メニューは、味噌ラーメン900円、塩ラーメン800円、醤油ラーメン800円、すみれ味噌明太ご飯350円など。
大盛りはやっていません。
味噌ラーメン900円に唐辛子さつま揚げ100円をトッピング。
ポケベルを渡され10分ほど待つとできあがり。
カレーラーメンのように見えるスープは、表面がラードの層になっていて、熱々です。
麺をすくい上げると、フワッと湯気が立ちのぼります。
こってり濃厚で力強いスープですが、新横浜ラーメン博物館の『すみれ』よりは、マイルドで飲みやすくなった印象です。
麺は、いかにもサッポロラーメンという感じの黄色い中細麺。
具は、角切りチャーシュー、炒めたモヤシと玉ねぎ、メンマ、ネギ。
他ではなかなか食べられない本格派の味噌ラーメンだとは思いますが、具が貧弱過ぎて、かなり割高に感じてしまいます。
この価格なら、まともなチャーシューと野菜をのせてくれないとね・・・
唐辛子さつま揚げは、唐辛子を練りこんで断面がピンク色のピリ辛味でした。
『すみれ』のお隣には、『ちばき屋』、『えるびす』も出店しています。
PS.ラゾーナの駐車料金は、1,000円以上のお買物で1時間30分無料になります。
ラゾーナ川崎のHP(http://www.lazona-kawasaki.com/index.shtml)

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
洗面器のような巨大なドンブリ!特大チャンポン(味噌)800円
見かけはド迫力ですが、野菜の盛りは今ひとつです。
とても気になるサンプル!上段が特大メニューです。
神保町で気になるお店、北海道みそラーメン『くまちゃん』に行ってきました。
何が気になるかって?
だって、店頭には洗面器ほどの巨大なサンプルが飾ってあるんだもん・・・
木材を使用し、北海道をイメージした店内に、テーブル席が24ほど。
土曜日の午後1時過ぎ、学生さんを中心に半分ほどの席が埋まっています。
メニューは、ラーメン(醤油・味噌)550円、チャンポン680円、つけ麺650円、大盛チャーハン500円など。
でも、やっぱりこのお店に来たら、特大ラーメン(味噌・塩・醤油)700円、特大チャンポン(味噌・塩・醤油)800円を注文しなきゃ~。
と言うことで、特大チャンポン(味噌)800円の食券を購入。
厨房で野菜を炒める音がして、5分ほど待つと出てきます。
特大サイズのドンブリは、直径26㎝ほど。
見た目は迫力十分ですが、野菜の盛りは今一つという感じ。(←最近、デカ盛りに慣れてしまった自分が怖い!)
合わせ味噌を使用したスープは、唐辛子がかすかに効いていますが、それほど特徴のないマイルド系。
麺はモッチリ食感の中太麺。
炒めたモヤシ、キャベツ、ニンジン、カマボコ、豚肉がのって、味の方はなかなか。
麺と野菜は楽勝ですが、調子に乗ってスープまで完食したら、ちょっとお腹が苦しくなりました。
具は単価の安い野菜ばかりなので、この内容で800円は、ちょっと割高かなあ~。
せっかく大きなドンブリを使っているのだから、野菜をもう少し盛ってくれるといいですね。
特大チャンポンは、替玉サービスのようなので、次回は注文しよう~っと!

↑このページのトップヘ