gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

Tag:牛丼

すき家(新橋)

牛丼(キング)1,140円+生卵50

すきや14
すきや11
すきや16
吉野家、松屋と並ぶ3大牛丼チェーン店『すき家』。
『すき家』には、メニューに記載されていない、
デカ盛りの裏メニューが存在するらしい。
そこで、訪れたのは、サラリーマンの聖地「新橋」の
『すき家』新橋三丁目店。
すきや37
すきや33
「イラシャイマセー!」
アジア系の女性店員さんが迎えてくれます。
すきや31
すきや34
牛丼(キング)と生卵をお願いします!」
メニューに表示はありませんが、注文が通りました。
価格は、牛丼キング1,140円+生卵50です。
すきや29
ちなみに、「牛丼(キング)」は、
「メガ牛丼」の2倍相当のデカ盛り。
すきや32
2008年に販売を開始し、その後メニューから消えましたが、現在も裏メニューとして存在するそうです。
そして、3分ほど待つと出来上がり。
オマタセシマシタ~!・・・ドスン!!!
うわ~~~、デカッ!!!
すきや01
すきや07
直径29㎝の洗面器のような深皿に盛り付けられた、
デカ盛り牛丼!
すきや02
すきや06
深皿が大き過ぎて、盛り付けの高さは今ひとつ!
でも、その存在感はハンパじゃありません!
すきや11
すきや14
総重量は、1.2キロくらいありそうです!
すきや05
いいですね~、
こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
すきや09
中央に投下した生卵が見るからに美味しそう!
すきや16
牛肉の割合が多く、ご飯が少なく感じます!
すきや08
牛肉多めのペース配分で、攻撃を開始!
牛肉は脂身多めの部位を使用!
すきや18
玉ネギはアメ色になるまで、煮込まれています!
すきや23
味付けは、甘さ控えめのあっさり薄味!
つゆがご飯にしみ込んで、ご飯がススム君!
すきや24
牛肉を卵黄に絡めると、すき焼き風に食べられます!
すきや21
すきや22
おぉぉぉ~~~、こりゃ~たまらん!!!
レンゲを使用して、ご飯の山を掘り進みます!
すきや25
ご飯の量は、2合(700g)ほどの軽めの盛り付け!
ご飯に対して、牛肉割合が多いので、普通に食べると、
牛肉が余ってしまう、とても贅沢な牛丼です!
すきや19
半分以上食べたところで、
使い放題の紅ショウガを混ぜて味を変化させます!
すきや15
すきや26
味わいながらペロリと完食して、満腹度は100%。
すきや28
牛肉をドッサリ補給できて、
とても贅沢で満足度の高い牛丼でした!
『すき家』は、店舗も多く、
年中無休で24時間営業と使い勝手も良好!
肉を食べたくなったら、また利用させてもらいます!
お店の周辺に、Pメーター、コインPがあります。

店名 すき家 新橋三丁目店
住所 東京都港区新橋3-10-9 ホテル新橋三番館1F
電話 非公開
定休 無休
営業 24時間営業

総  合:
★★★★  4pt
料  理:★★★★  4pt
サービス:★★★    pt
雰 囲 気:★★★★  4pt
コ ス パ:★★★★  4pt

お店情報
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13150409/

←←←食べたくなった方は、ポチッとね!
にほんブログ村
←←←皆様のポチッ!が励みになります!
大盛り・デカ盛り ブログランキングへ
すき家 新橋三丁目店
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:牛丼 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★☆☆☆ 2pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
新橋の「岡むら屋」で、プチデカ盛りモヤシ肉めし!
モヤシには甘ったるいタレがかかっていて、僕の苦手なタイプ!
甘じょっぱく煮込まれた肉は、筋っぽくて歯にはさまります!
もやし肉めし大盛は、直径17センチの丼を使用!
モヤシの下には、厚切りの豆腐が埋まっています!
モヤシの下には、甘じょっぱく煮込まれた肉が隠れています!
岡むら屋のメニュー(26年8月現在)
岡むら屋のメニュー(26年8月現在)
岡むら屋のメニュー(26年8月現在)
新橋名物 肉めし 岡むら屋
ディープなニュー新橋ビルの1階に店を構える「岡むら屋」
厚切りの豆腐も味がしみています!
う〜ん、まずい訳ではないが、僕の好みではありませんでした!
モヤシも肉も甘ったるくて、テンションが下がります!
気になる新メニュー!モヤシ肉めし大盛670円!
ディープなニュー新橋ビルの1階にある、新橋名物肉めし『岡むら屋』
お店の前を通りがかると、気になる新メニューのポスターを発見!
もやし肉めし590円の写真は、丼にモヤシが山盛りでデカ盛り状態!
これは食べてみるしかないでしょう!
じゃ〜、いつ食べるか?・・・・・・今でしょう!
という訳で、責任感の強い僕は、予定を変更して突撃です!
カウンター6席+テーブル15席の店内は、明るく清潔な雰囲気。
店員さんに、もやし肉めし大盛(590円+80円)を注文。
そして、2分ほどで到着です!
うわ〜〜〜、早っ!!!
直径17センチの丼に盛り付けられた、プチデカ盛り肉めし!
一応モヤシは山盛りですが、『らーめん大』の野菜マシマシと比べると、
かわいい盛り付けです!
新橋名物の肉めしは、どんな味なのか、さっそく食べてみます!
どひゃ〜〜〜、なんですか、これは???
モヤシには甘ったるいタレがかかっていて、僕の苦手なタイプ!
いきなりテンションが下がります!
野菜ゾーンを一気にクリアすると、肉と豆腐が姿を現します!
トロトロに煮込まれた肉は、これまた甘じょっぱい味付け!
肉は筋っぽくて、食べていると歯にはさまります!
ご飯は大盛にしても、丼に八分目ほどの軽めの盛り付け!
そのまま一気に完食して、満腹度は80%。
う〜ん、まずい訳ではないが・・・・・・
残念ながら僕の好みではありませんでした!

お店の周辺に、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
家族4人で取り分けても十分なほど迫力満点の盛り付け!
デカ皿に容赦なく盛り付けられたパスタの山!
細めのパスタはバター風味でウェットな仕上がり!
パスタ大盛は、直径29センチのデカ皿を使用!
卓上に用意された特大サイズのタバスコ!
銅製マグカップで提供されるアイスコーヒー!
ランチに付いているコーヒー
小伝馬町のレトロな喫茶店アーモンド!
狭い階段を下りると、思い切りレトロな空間が!
スナック風の店内は、まさに昭和という雰囲気!
平日のランチメニュー(25年3月現在)
土曜日のランチメニュー(25年3月現在)
パスタメニュー(25年3月現在)
柔らか厚切り豚バラ丼700円(コーヒー付き)
豚バラ肉に甘めのタレで、ご飯がススム君!
たらこきのこパスタ(大盛)1,000円(コーヒー付き)
海苔と粉チーズを振りかけて、見るからに旨そう!
パスタとカレーがデカ盛りという、小伝馬町の喫茶店『アーモンド』。
狭い階段を下りると、そこには思い切りレトロな空間が!
ソファー30席ほどのスナック風の店内は、まさに昭和という雰囲気!
BGMも心地良く、ソファーに腰を下ろすと、とても落ち着きます!
土曜日のランチは、平日よりメニューが限定されるようです。
パスタ各種800円/カレーライス700円/豚バラ丼700円/牛丼700円。
各ランチに、コーヒーが付くのは、うれしいサービスです!
9種類のパスタの中から、たらこきのこ大盛(800円+200円)を注文。
特に制止されることもなく、注文が通りました。
そして、10分ほど待つとママさんが運んで来ます・・・ドスン!
うわ〜〜〜、デカッ!!!
直径29センチのデカ皿に、容赦なく盛り付けられたパスタの山!
その重量は・・・な・なんと1キロを超えているぞ!
家族4人で取り分けても十分過ぎるほど、迫力満点の盛り付けです!
具材は、ベーコン、小海老、しめじ、マッシュルーム、玉ネギ、ピーマン!
山頂には海苔と粉チーズを振りかけてあり、見るからに旨そう!
湯切が不十分なのか、水分多めのウェットな仕上がり!
フォークでパスタを持ち上げると、勢いよく湯気が立ちのぼります!
パスタは細めで、味付け控えめのバター風味。
これだけ量が多いと、薄味の方が飽きずに食べられるぞ!
水分が多めなので、ノドの通りがよく、順調に完食して、満腹度は110%。
食べ終えるタイミングを見計らって、アイスコーヒーが到着!
ママさん、パスタ大盛の完食を確認すると、『お疲れ様でした!!!』
な・な・なんですと???
このお店では、パスタ大盛を完食すると、ほめられるのか???
ちなみにアイスコーヒーは、銅製マグカップで提供される本格派!
嫁さんが注文したのは、柔らか厚切り豚バラ丼700円。
こちらは、豚バラ肉を甘みのあるタレで味付けして、ご飯がススム君!
サラダ、みそ汁、コーヒーも付いて、これで700円はお得だぞ!
帰りに、ママさんが、『お見事でした!!!』と笑顔で見送ってくれました!
いいですね〜、気配りのあるママさんのお陰で、気分よく食べられたぞ!
次回は、カレーライス大盛を攻めてみよう!

お店の周辺にパーキングメーターがあります。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:★★★☆☆ 3pt
サービス:★☆☆☆☆ 1pt
雰囲気:★★☆☆☆ 2pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
正ちゃんの看板メニュー・・・牛煮込み450円
濃厚な味付けでお酒が進む!・・・手羽先煮400円
極寒の中でも、みんな朝から元気に呑んでます!
正ちゃんのメニュー(24年1月現在)
正ちゃんの飲み物メニュー(24年1月現在)
「汚いけど美味しいお店」の認定証が飾ってあります!
浅草寺へ初詣に行った帰り道、牛煮込み『正ちゃん』で燃料補給。
お店は、ウインズと山田うどんの向かいにあります。
年季の入った薄暗い店内に、L型カウンター10席ほど。
店頭にはビニールシートで囲われた、
オープンテラス風???の特設席があります。(←冬は寒いぞ!)
店内を見渡すと、「汚いけど美味しいお店」の認定証が飾ってあります。
う〜ん、確かに汚い店だが・・・美味しいのなら我慢しよう!
焼酎お湯割り400円、牛煮込み450円、手羽先煮400円を注文しますが・・・
店員さんが1人しかいないので、注文をさばききれない様子。
しばらく待つと、お湯割りが出てきます。
そして、お湯割りを飲み終わる頃、ようやくツマミが出てきました。
○牛煮込みは、牛筋をしっかり煮込んで味は濃いめ。
ご飯にかけても美味しいと思います。
○手羽先煮は、さらに味が濃く、少々しょっぱい味わい。
身ばなれが良く、お酒が進みます。
その後店員さんが2人に増えますが、相変わらず対応が追いつかない状態。
注文しようと思っても、「順番にやりますから」と言ったきり放置プレイ。
注文が通っても、忘れてしまい、いつまで待っても出てこない・・・
自分のペースで気分良く飲めないので、お湯割り1杯でお店を出ました。
元旦だからなのか?
それとも、いつもこの様な状況なのか???
この周辺には、午前中から呑める煮込みのお店がたくさんあるので・・・
残念ながらリピートはないと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
肉専門店の「有料試食」、黒毛和牛すき鍋800円
牛肉タップリ具だくさん、よく味が染みてます!
やわらかく煮込まれた黒毛和牛
キッチン・スギモトのイートインメニュー
銀座松坂屋B1食品売場の一角にあります。
テイクアウトの黒毛和牛すき鍋弁当680円
テレビで「黒毛和牛すき鍋800円」を紹介された、『キッチン・スギモト』に行ってきました。
銀座松坂屋の地下1階、食品売場の一角にお店があります。
お店と言っても、創業明治33年の肉専門店「スギモト」のイートインコーナーで、美味しい肉をPRするために、「有料試食」で牛すき鍋や牛すき重を提供しています。
カウンター7席のため、土曜日のお昼前に行った時は、何と1時間待ちで断念!
ポールポジション狙いで、平日の開店時間(10:30)に再チャレンジです。
メニューは、黒毛和牛すき重525円、黒毛和牛すき鍋800円、松坂牛すき鍋1,500円の3品のみ。
ご飯大盛50円増、ご飯おかわり100円増、卵おかわり50円増、味噌汁おかわり50円。
へぇ~、銀座とは思えない良心的な価格だな~。
お目当ての黒毛和牛すき鍋800円を注文すると、「赤ワインとオレンジジュースを選べますが」「赤・・・しまった、車だった!・・・オレンジジュースを」
少し待つと、わりと大きめの鉄鍋に入った熱々の牛すき鍋、ご飯、味噌汁、卵、奈良漬け、ジュースがお盆にのって出てきます。
うわ~、お値段のわりには、なかなか豪華な牛すき鍋ではないか。
鍋の半分ぐらいを牛肉が占めていて、焼豆腐、しらたき、玉ネギ、ネギ、ミツバまで入っています。
それでは、牛肉を卵につけつけして・・・ハフハフ・・・おぉ~、甘めのつゆで煮込まれた牛肉が軟らかくて、ご飯がススム君!(←かなり古い)
具だくさんでボリュームがあるので、ご飯と卵をおかわりしたくなるぞ!
やっぱり肉専門店が作る牛すき鍋は、旨いな~。
この牛すき鍋が800円なら、かなり割安感があるぞ!
お店で熱々を食べるのがベストですが、テイクアウトのお弁当も販売しています。
テイクアウトメニューは、黒毛和牛すき重525円、黒毛和牛すき鍋680円、松坂牛すき鍋1,300円。
土日は行列必至なので、平日と土日の開店直後が狙い目です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
肉豆腐+ご飯770円
お昼時は、いつも行列しています。
築地の買い物客で賑わうもんぜき通りの行列店『きつねや』に行ってきました。
何度かチャレンジしていますが、いつも行列か準備中で断念しているお店です。
小雨が降る土曜日の午前10時30分でめずらしく行列なし。
カウンターは3席のみ。『井上』や『わかば』と同じように、歩道のステンレス台で12名ほどが立ち食いできます。あまり愛想のない年配のお母さんとお姉さまが切り盛りしています。
メニューは、ホルモン丼750円、牛丼580円、肉豆腐550円、ご飯220円、お酒370円、瓶ビール小420円など。
肉豆腐+ご飯を注文すると、肉豆腐、ご飯、ほうじ茶を乗せた四角いお盆をカウンターで食べているお客さんの頭上で手渡されます。手を滑らせたら大変なことに・・・と想像すると少し緊張します!
肉豆腐には、焼豆腐が半丁とあめ色に煮込まれた牛肉と玉ネギがのっています。牛肉はコマ切れ肉や大きな薄切り肉が混在しています。味付けは見た目ほど濃くなく、甘みもありません。牛肉の脂身が汁に溶け出して、独特の旨味を出しています。
車なのでご飯を注文しましたが、一杯飲みたくなる味わいです。
肉豆腐の味は大満足ですが、ご飯とセットで770円は、やや割高な気がします。650円位が妥当では。
中年のおば様たちは、1杯のホルモン丼を3人で食べていました。主婦の金銭感覚は鋭いですね。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
牛丼530円
築地4丁目の交差点からすぐ。マグロ丼の『又こい家』のとなりです。
狭い厨房には、人の良さそうなご主人と奥さん。カウンターの丸椅子5席だけのお店です。
土曜日の12時15分でお客さん2名。ちなみに、ラーメン『井上』、ホルモン丼『きつねや』は、長蛇の列。
メニューは、牛どん530円、カレーライス530円、とろろ丼580円、合がけ(牛どん+カレーライス)680円など。
カウンターには、紅ショウガ、七味などが用意されています。
牛どんは、やや小さめのドンブリに脂身少なめの牛肉がタップリ、玉ネギ、焼き豆腐2切。
すき焼き風の少し甘めの味付けで、汁は少なめ。思ったより薄味です。
気持ちボリュームが少なめなので、タップリ食べたい方は、合がけをどうぞ。
創業80年の歴史を感じる一杯でした。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
アド街ック天国でも紹介された大盛カレーのお店『牛ゆう』に行ってきました。
お昼は学生さんやサラリーマンで混雑しますが、土曜日の午後3時とハンパな時間帯なので客さんは7名。それでも次々と若いお客さんが来店します。店内はカウンター7席+テーブル20席ほど。
メニューは、カレーライス、焼きソバの単品やカレー焼きそば460円、スタミナ(牛丼)カレー460円、スタミナ焼きそば480円、カツカレー550円などのセットメニューがあり、プラス110円の大盛は、楕円形の特大皿に凄いボリュームです。カレーは甘口、辛口が選べます。
カレー焼きそば(大盛・辛口)570円を注文。(写真のタバコは、10センチ)
カレーは薄切りニンジンとお肉が少々で、辛口のわりにはそれほど辛さはありません。
ソース焼きそばは、太めの中華麺にキャベツとお肉が少々、紅生姜が添えられて、中心にゆで玉子1/2がのっています。
テーブルには、福神漬とラッキョが用意されています。
ボリューム自慢のお店なので、A級グルメの方にはお勧めしませんが、お腹一杯食べたいという方なら十分満足してもらえると思います。
コストパフォーマンスは最高のお店です!

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
牛めし並400円+生卵50円
新橋に出張した帰りに『牛めしげんき』の前を通ると、お店がリニューアルされていました。
新店舗は、コの字型のカウンター10席。まだ新しく清潔な感じです。
厨房は壁で仕切られて、調理風景が見られなくなりました。
メニューは、牛めし並400円、牛皿ライス550円、肉豆腐ライス550円、月見うどん250円、肉うどん400円など、以前と変わりないようです。
牛めし並400円+生卵50円は、やや甘めの庶民的な味わいです。

2004.12.3
新橋名物の『牛めしげんき』に行ってきました。
livedoorマップの表示が正しくないので、ずいぶん探しました。JR新橋駅日比谷口脇の高架下です。
たたみ2畳ほどの狭い厨房を囲む丸イスが8席。平日の午後2時10分でお客さんは2名。
メニューは、月見うどん250円、鮭定食400円など、狭い厨房ですが、牛めし以外も扱っています。
名物の牛めし400円を注文。年配のご主人は、素早い動作で牛めしを盛り付け、最後に丼のフチを拭いて出来上がり。
丼は、通常の物より一回り小さく、ボリュームは今ひとつという感じ。
牛めしは、牛肉、焼き豆腐、シラタキ、玉ネギを甘みのある薄口ダレで煮込んだ「すき焼き風」。
僕はあまり牛丼を食べる機会がないので、チェーン店との比較はできませんが、味の方はまあまあ。
ボリュームは少なめですが、400円なら納得です。

↑このページのトップヘ