gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

Tag:醤油ラーメン

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
塩らーめん(野菜マシマシ、あぶら)680円
五反田の「らーめん大」で、超高層野菜タワー塩ラーメン!
超高層野菜タワーの高さは、なんと23センチ!
塩らーめんは、直径20センチの丼を使用!
これ、どうやって食べればいいの???
急傾斜に盛り付けられた野菜が、今にも倒壊しそう!
山頂から背脂をゴリゴリとかけ流し!
落下防止のため、野菜タワーの一部を取り皿に避難させます!
野菜ゾーンをクリアすると、豚2枚と極太麺が姿を現します!
豚2枚は、スープに浸すとやわらかくなります!
背脂の浮いたスープは、コッテリ濃厚でマイルドな味わい!
割箸ほどの太さの極太麺は、コシが強く、ゴワゴワの食感!
らーめん大のメニュー(26年12月現在)
らーめん大のメニュー(26年12月現在)
野菜、ニンニクなどが、無料でトッピングできます!
らーめん大のメニュー(26年12月現在)
年中無休で使い勝手が良い、らーめん大 五反田店!
らーめん大のメニュー(26年12月現在)
どひゃ〜なんて過激な盛り付けなんだ!塩らーめん680円
これ一杯で、1週間分の野菜を補給できます!
コスパ最強の塩らーめん(野菜マシマシ、あぶら)680円
年中無休で使い勝手が良い、五反田のデカ盛り店『らーめんだい』。
日曜日の12時過ぎに嫁さんと娘を連れて訪れると、店内は満席。
すると、ご主人が通常は使用しない4席を開放してくれて、すぐに着席。
今回も、塩らーめん680円の食券を購入し、カウンターの上へ。
5分ほど待つとラーメンが出来上がり、トッピングを尋ねられます。
「塩らーめんの方、ニンニク入れますか?」
「野菜マシマシ、あぶら、をお願いします!」
特に制止されることもなく、注文が通りました。
すると、ご主人が「野菜マシマシ」の製作を開始。
巨大な金属製のザルに入った野菜をトングでつかみ、
ラーメンの上にのせる!・・・のせる!・・・まだまだ、のせる!
そして、ザルの中の野菜を全部盛り付けて、両手で形を整えます!
仕上げは、山頂から背脂をゴリゴリとかけ流して出来上がり!
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径20センチの丼に盛り付けられた、超高層野菜タワー塩ラーメン!
メジャーで計測してみると、その高さは、なんと23センチ!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
急傾斜に盛り付けた野菜タワーは、今にも倒壊しそうな超危険な状態!
このまま食べると、野菜が丼から落下して大変なことになるので、
野菜タワーの中腹に割箸を突き刺し、野菜を取り皿に一時避難させます!
そして、野菜ゾーンを一気にクリアすると、極太麺と豚が姿を現します!
割箸ほどの太さの極太麺は、コシが強く、ゴワゴワの食感!
背脂の浮いたスープは、コッテリ濃厚でマイルドな味わい!
豚2枚は、スープに浸すと、やわらかくなります!
味わいながら、一気に完食して、満腹度は110%。
日頃の野菜不足を解消できて、ヘルシーで満足度の高い一杯でした!
嫁さんと娘たちが注文したのは、塩らーめん、つけ麺。
無料トッピングはパスして、残さず完食し、満足した様子でした!

お店の周辺に、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
五反田のらーめん大で、超高層野菜タワー塩らーめん!
塩らーめん(野菜マシ、脂)680円+豚160円
メジャーで計測してみると、高さはなんと18センチ!
塩らーめんは、直径21センチの丼を使用!
背脂を野菜の上からかけ流し!
モモ肉を使用した豚が8枚!
極太麺に塩スープ!おぉぉぉ〜こりゃ〜たまらん!
価格改定のお知らせ(26年4月現在)
麺の量
らーめん大のメニュー(26年4月現在)
無料トッピングメニュー
無料トッピングの野菜の盛り付け例!
営業時間変更のお知らせ
らーめん大のメニュー(26年4月現在)
年中無休で使い勝手が良い、らーめん大 五反田店
野菜タワーを食べ尽くすと、豚8枚が姿を現します!
極太麺は、コシが強くゴワゴワの食感!
山頂から背脂をかけ流して、すごいことになってます!
ごひゃ〜、なんつー過激な盛り付けなんだ!
野菜タップリのラーメンを食べたくなり、『らーめんだい』五反田店へ。
4月から消費税が8%になり、メニューも新価格に変更してあります。
新価格は、らーめん680円/塩らーめん680円/つけ麺780円
/油そば850円/豚160円/コマ切れ豚100円など。
もちろん、無料のトッピング(野菜、ニンニク、脂、味)も健在です。
今回は、塩らーめん680円+豚160円の食券を購入。
ラーメンが出来上がると、「ニンニク入れますか?」と尋ねられます。
「野菜マシ、脂をお願いします!」
特に制止されることもなく、注文が通りました。
すると、ご主人が表情も変えずに、「野菜マシ、脂」の制作を開始。
巨大なザルに入った野菜をトングでつかみ、
ラーメンの上に、のせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる!!!
そして、ザルの中の野菜を全部盛り付けると、
最後に背脂を野菜の上からかけ流して出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径21センチの丼に盛り付けられた、超高層野菜タワーラーメン!
メジャーで計測してみると、その高さは、なんと18センチ!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
今回は「野菜マシ」なので、「野菜マシマシ」に比べると、
軽めの盛り付けですが、それでも十分すぎる野菜の量です!
野菜タワーの中腹に割箸を突き刺し、野菜を取り皿に移動します!
残った野菜を一気に食べ尽くすと、豚と極太麺が姿を現します!
豚8枚は、丼のフチに花びらのように並べてあります!
強いウェーブのかかった極太麺は、コシが強くゴワゴワの食感!
この極太麺に背脂の浮いたマイルドな塩スープが絡むと・・・
おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜〜〜たまらん!!!
ニンニクを投入すれば、さらに凶暴なスープに変身しますが、
我が家はニンニク禁止令を発令中なので、しばらくは封印です!
最後まで飽きることなく完食して、満腹度はジャスト100%。
野菜と肉をタップリ補給できて、満足度の高い一杯でした!
コストパフォーマンスも素晴らしいと思います!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
五反田のらーめん大で、超高層野菜タワー油そば!
らーめん大の油そば(野菜マシマシ)850円
メジャーで計測してみると、その高さは、な・なんと20センチ!
超高層野菜タワーの山頂に卵黄が乗ってます!
野菜タワーの上部を取り皿に一時避難させます!
野菜ゾーンをクリアすると、油そばが姿を現します!
小さめの豚が2枚!
強いウェーブのかかった極太麺!
色鮮やかな卵黄が食欲をそそります!
野菜マシマシが無料なんて、なんて太っ腹なんだ!
残さず食べても、無料にはなりません!
超高層野菜タワーは、今にも崩落しそうな超危険な状態!
年中無休で使い勝手が良い、五反田のデカ盛り店『らーめんだい』。
今回は、油そば850円に初挑戦です!
入口の券売機で食券を購入して、カウンターの上へ。
油そばが出来上がると、「ニンニク入れますか?」と尋ねられます。
「野菜マシマシをお願いします!」
特に制止されることもなく、注文が通りました。
するとご主人が巨大なザルに入った野菜をトングでつかみ、
油そばの上に、のせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる!!!
そして、野菜が崩れる寸前まで盛り付けると、
最後に山頂に色鮮やかな卵黄をトッピングして出来上がり!
お待たせしました!「野菜マシマシ」です!・・・・・・ドスン!
どひゃ〜〜〜、相変わらず、とんでもない盛り付け!!!
直径20センチの丼に盛り付けられた、超高層野菜タワー油そば!
メジャーで計測してみると、その高さは・・・な・なんと20センチ!
明らかに丼の容量を超えた盛り付けに、丼が悲鳴を上げています!
いいですね〜〜〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
この「野菜マシマシ」を無料でトッピングできるのだから、
『らーめんだい』のサービス精神には、頭が下がります!
油そばを食べるのは初めてですが、山頂に卵黄を乗せただけで、
見た目はいつもの塩ラーメンと変わらないぞ!
さっそく、山頂から攻撃を開始したいところだけど、
このままでは、野菜タワーが崩落する恐れがあります!
そこで、野菜タワーの中腹に割箸を突き刺し、
野菜をドバッと持ち上げ、取り皿へ一時避難させます!
そして、味付けしていない野菜ゾーンを一気にクリアすると・・・
ようやく、油そばが姿を現します!
具材は、味付卵、豚2枚、メンマ、白髪ネギ!
強いウェーブの極太麺は、野菜の重さで押し潰されているぞ!
スープは、麺が沈む程度に少しだけ注がれています!
よくかき混ぜて食べてみると・・・・・・
マイルドなスープと極太麺が良く合います!
麺は普通盛りなので、一気に完食して、満腹度は110%。
今回も野菜をタップリ補給して、とてもヘルシーな気分!
油そば850円は具材が豊富で美味しいけれど、
コスパを考えると、やはり塩らーめん650円がオススメです!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
五反田の超高層野菜タワーつけめん!
らーめん大、つけめん(野菜マシマシ、脂)750円
メジャーで計測すると、その高さは・・・なんと18センチ!
野菜タワーの下に埋まっている麺は全く見えません!
つけめんは、直径23センチの深皿を使用!
極太麺は、大量の野菜に押しつぶされてます!
年中無休で、使い勝手の良い、らーめん大五反田店!
らーめん大のメニュー(25年8月現在)
野菜マシマシも無料でトッピングできます!
らーめん大のメニュー(25年8月現在)
無料トッピングは4種類です!
つけダレは、辛味と酸っぱさが丁度良い感じ!
野菜マシマシは、何袋分のモヤシを使っているんだ?
年中無休で使い勝手が良い五反田のデカ盛り店『らーめんだい』。
いつもはご主人一人ですが、この日は若いお兄さんが修行しています。
メニューは、らーめん650円/塩らーめん650円/つけめん750円
/油そば850円/大盛り100円/豚120円/味付卵100円など。
無料トッピングは、野菜多め、脂多め、ニンニク、味濃め、の4種類。
今回は、つけめん750円の食券を購入して、カウンターの上へ。
つけめんが出来上がると、「ニンニクいれますか?」と尋ねられます。
「野菜マシマシ、脂をお願いします!」
今回も特に制止されることもなくオーダーが通りました。
すると、ご主人が表情も変えずに「野菜マシマシ」の制作を開始!
麺を盛り付けたお皿の上に、
野菜をのせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる!
そして、ザルの中の野菜を全部盛り付けると、ようやく完成です!
お待たせしました〜!・・・ドスン!
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径23センチのお皿に盛り付けられた、超高層野菜タワー!
メジャーで計測してみると、その高さは・・・な・なんと18センチ!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
それにしても、この野菜タワーは、何袋分のモヤシを使っているんだ?
この時点では、野菜の下に埋まっている麺は全く見えません!
この野菜タワーを見て、つけめんだと分かる人はいるのだろうか?
とりあえず、野菜タワーの上半分を取り皿に移動して、
ドレッシング代わりにつけダレをかけて、モリモリと食べ進みます!
一気に野菜ゾーンをクリアすると、ようやく極太麺が姿を現します!
極太麺は、大量の野菜に押し潰されて、お皿に底にへばり付いています!
強いウェーブのかかった極太麺は、コシがあり、ザクザクッとした食感!
濃厚なつけダレに極太麺をつけると、辛みと酸っぱさが丁度良い感じ!
メンマと角切りの豚も入っています!
脂を入れた方が、さらに旨味が増して好みです!
麺の量は200グラムなので、余裕で完食して、満腹度は100%。
野菜をタップリ補給して、とってもヘルシーなつけめん!
コストパフォーマンスも素晴らしいと思います!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
らーめん大五反田店の塩らーめん(野菜マシマシ)650円
五反田の超高層野菜タワーラーメン!
野菜マシマシの高さは、なんと20センチを超えてます!
強いウェーブのかかった凶暴な極太麺!
豚3枚は、あまり存在感がありません!
背脂の浮いたスープは、マイルドな味わい!
無料トッピングを利用すれば、コスパは最強!
らーめん大のメニュー(25年4月現在)
らーめん大のメニュー(25年4月現在)
らーめん大の野菜の増量(25年4月現在)
らーめん大の無料トッピング(25年4月現在)
この急傾斜、油断すると野菜が落下します!
野菜マシマシは覚悟して注文しましょう!
野菜タップリのラーメンを食べに、『らーめんだい』五反田店へ。
このお店では、野菜、ニンニク、脂、味の濃さを無料で調整できます。
今回も「塩らーめん650円」の食券を購入して、カウンターの上へ。
ラーメンが出来上がると、「塩ラーメンの方、ニンニク入れますか?」
「野菜マシマシ」をお願いします!
特に制止されることもなく、注文が通りました。
すると、ご主人が「野菜マシマシ」の制作を開始!
トングで野菜をつかみ、のせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる・・・
ザルの野菜を全部のせると、さらに鍋から追加して、ようやく完成です!
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、オ・オレを殺す気か〜〜〜!!!
直径20センチの丼に、野菜を崩れる寸前まで盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、な・なんと・・・20センチを超えてます!!!
明らかに丼の容量を超えた盛り付けに、丼が悲鳴を上げています!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
「野菜マシマシ」は殺人的な盛り付けになるので、
初めての方は、覚悟して注文しましょう!
さっそく、野菜タワーの山頂から攻撃を開始!
急傾斜に盛り付けられた野菜は、油断すると落下するので、
崩れ落ちないように、慎重に攻めていきます!
野菜ゾーンを5分ほどでクリアすると、ようやく豚と太麺が姿を現します!
豚は小ぶりな物が3枚で、あまり存在感はありません!
割箸ほどの太さの極太麺は、強いウェーブのかかった凶暴なタイプ!
ザクザクッとした食感で、極太麺を食べた満足感があります!
背脂の浮いたスープは、塩加減がほど良く、マイルドな味わい!
ニンニクを投入すれば、さらに満足度が高まりますが、
我が家はニンニク禁止令を発令中なので、しばらく封印しておきましょう!
最後まで飽きることなくモリモリと完食して、満腹度は110%。
日頃から不足しがちな野菜をお腹一杯補給して、とてもヘルシーな一杯!
これで、650円ですから、コストパフォーマンスは最強です!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
オリジナルの「焼らーめん豚6枚」1,000円
ぶ厚い肉が6枚のって、食べ応えがあります!
脂身多めのぶ厚い豚は、とってもボリューミー!
豚と野菜は確認できるが、麺が見えません!
厚さ2センチのぶ厚い豚が、なんと6枚も!
太麺はスープと絡めて鉄板で焼き上げてます!
太麺は甘くてしょっぱいコッテリ濃厚な味わい!
メニュー(25年4月現在)
麺の量(25年4月現在)
焼らーめん(25年4月現在)
無料トッピング(25年4月現在)
聖蹟公園交差点の黄色いド派手な看板が目印!
みそらーめん(中)豚2枚750円
山手通りの聖蹟公園交差点にある『肉汁らーめん 公』。
黄色いド派手な看板が目印です!
あまり愛想のない若い夫婦が切り盛りしています。
ご主人は客にガンつけてるし、奥さんも愛想がなく無表情!
2人揃ってこれだけ愛想のないお店も珍しいぞ!
前回は、らーめん豚一本1,200円を食べたので、
今回は宿題となっていた、焼らーめん(中)豚6枚1,000円の食券を購入!
無料トッピングは、「野菜マシ」をオーダー!
そして、出てきたのは・・・
おぉぉぉ〜〜〜、こ・これが「焼らーめん」なのか???
直径21センチの丼に盛り付けられた、謎の汁なしらーめん!!!
とりあえず、ぶ厚い豚6枚と野菜は確認できますが、麺は見えません!
豚は厚さが2センチほどあり、脂身多めで食べ応えがあります!
野菜ゾーンをクリアすると、ようやく自家製の太麺が姿を現します!
太麺はスープと絡めながら鉄板で焼き上げてあります!
さっそく食べてみると・・・
な・なんじゃ、こりゃ〜〜〜!!!
太麺は、甘くてしょっぱいコッテリ濃厚な味わい!
味がメッチャ濃厚なので、食べ始めてすぐに飽きてしまいました!
なんとか食べ切ったが、おかげで水を3杯も飲んだぞ!
水でお腹が膨れた感じで、満腹度は100%。
焼らーめんは僕の好みではないので、次回は普通のらーめんを食べよう!
嫁さんが注文したのは、みそらーめん(中)豚2枚750円。
こちらも、コッテリ濃厚で個性的な味わいでした!

北品川駅方面にパーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
中目黒の超高層野菜タワーラーメン!
野菜タワーは、山頂が丸みを帯びた独特の形状です!
軽くウェーブのかかった極太麺は、ゴワゴワの食感!
豚バラチャーシューは、スープに浸すとプルプル!
背脂の浮いた豚骨スープは、ほど良い味加減!
ラーメンは、直径21センチの丼を使用!
残念ながら平成25年5月31日で閉店しました!
麺屋轟のメニュー(25年5月現在)
麺屋轟のメニュー(25年5月現在)
野菜を立体的に盛り付けた超高層野菜タワー!
超高層野菜タワーの高さは、なんと20センチ!
ラーメンに野菜がテンコ盛りという噂を聞いて、中目黒の『麺屋 轟』へ。
カウンター12席の店内は、薄暗くて簡素な作り。
メニューは、ラーメン700円/つけめん800円/まぜそば700円
/スタめん750円/シビ辛まぜそば800円など。
麺の量が選べて、小盛120g/中盛150g/大盛300gまでは通常料金。
さらに、四盛400g/五盛500g/六盛600gはプラス200円。
無料トッピングは、アブラ(増量)/にんにく(増量)
/野菜増量(マシ、マシマシ)の3種類です。
初めてのお店なので、とりあえずラーメン700円の食券を購入。
店員さんに、麺の量、アブラ、にんにく、野菜の量を尋ねられます。
麺の量は「大盛」、無料トッピングは「野菜マシマシ」を注文してみました!
そして、5分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、す・すごい盛り付け!!!
直径21センチの丼に、野菜を立体的に盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、な・なんと推定20センチ!!!
野菜タワーの形状は富士山型ではなく、山頂が丸みを帯びた独特な形!
たぶん野菜を深い器に詰めて、パカッと逆さにして盛り付けたのでしょう!
野菜マシマシにしても、量は軽めなので、すぐに野菜ゾーンをクリア!
豚2枚は、豚バラ肉を使用して、脂身タップリのジューシーな仕上がり!
スープに浸すとトロトロのプルプルになるぞ!
浅草開化楼の特製麺は、軽くウェーブのかかった極太麺で、ゴワゴワの食感!
麺は大盛でも300gなので、少々物足りなく感じます!
背脂の浮いた豚骨スープは、ほど良い味加減で好みのタイプ!
最後まで飽きずにモリモリと完食して、満腹度はジャスト100%。
いいですね〜、食べやすい『二郎』というイメージのお店ですね!
家から近いし、コスパも良いので、また利用しようと思ったら・・・
な・なんと・・・5月31日で閉店したらしい!!!
4月にオープンした『野郎ラーメン』中目黒店の影響なのか???
中目黒もラーメン激戦地ですから、競争が厳しいみたいです!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
14連麺の上に、巨大な肉のかたまりが!!!
まかない麺(肉爆弾)限界盛り800円!
月に2〜3回しか提供しない、麺でる名物の14連麺!
中央にテニスボールほどの肉のかたまりがのってます!
肉の塊を崩すと、塩気の強いコンビーフ風の味わい!
味が濃厚で脂分多めのスープ!
麺でるのメニュー(25年2月現在)
巨大な肉の塊は、直径7センチほど!
1本麺から14連麺まで日替わりでオリジナル麺を提供する『麺でる』。
今回は、まかない麺(肉爆弾)800円の食券を購入。
麺の量は、(普通<多め<山盛<限界盛)の中から、限界盛をオーダー!
しばらく待つと出来上がり。
どひゃ〜〜〜、な・なんですか・・・これは???
直径20センチの丼に、こぼれる寸前まで麺を盛り付け、
さらに、その上に巨大な肉のかたまりがのっているぞ!
肉のかたまりは直径7センチほどで、テニスボールサイズ!
どうやら、ほぐしたチャーシューをボール型に固めた物みたいです!
崩して食べてみると、コンビーフのようで塩気が強め!
少々しょっぱいので、スープに浸しながら食べることにしよう!
そして、本日の麺は・・・
おぉぉぉ〜〜〜、久しぶりの14連麺ではないか!!!
14連麺は、幅広いきしめんに、細かい溝を刻んだようなオリジナル麺!
でも、ほとんどの麺が裂けてしまって、何連麺か判別できない状態です!
この14連麺は、モッチリした食感が良いけど、食べにくいのが難点!
麺と麺が絡み合っていて、無理やり引き上げようとすると、
オイリーなスープが服に飛び散るので、注意が必要だぞ!
それに、麺が幅広過ぎて、一気にすすれないのだ!
ちなみに、14連麺は月に2〜3日しか提供しません。
だから、運よく14連麺の日に訪れると、
ちょっとラッキーな気分になるぞ!
今回は限界盛りでしたが、残さず完食して、満腹度は110%。
『麺でる』のラーメンは、味が濃厚で脂分が多め!
でも、健康に悪そうなラーメンほど、なぜか美味しいんですよね!
食べ終えたら、丼をカウンターにのせて、テーブルを拭くのが店のルール。
そして、ご主人が「足りましたか?」と尋ねてきます。
「もうお腹が苦しいです!」と答えると、ご主人はすごく嬉しそう!
やはり、ご主人は「ドS」だな!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
中華そば肉入中盛+生玉子(ヨード卵)650円
豚バラ肉を卵黄にからめると、すき焼き風の味わいに!
中細ストレート麺は、やわらかめの茹で加減!
甘辛く煮込んだ豚バラ肉!
お冷にレンゲをのせるのが、「いのたに」のスタイル!
店内にはサイン色紙がたくさん貼ってあります!
お店の並びと向かいに広い駐車場を完備!
空いているのかと思ったら、店内に行列が!
めし150円、メンマ100円の食券もあります!
営業時間は午後5時まで!
いのたにのメニュー(25年2月現在)
豚バラ肉とヨード卵が食欲をそそるぞ!
徳島のランチは、徳島ラーメンを食べに『いのたに』へ。
日曜日の午後1時半に訪れると、店内には10名ほどの行列が!
人気店ということで、お昼を過ぎても行列必至のようです。
券売機で食券を購入してから行列に並びます。
今回は、中華そば肉入中盛600円+生玉子(ヨード卵)50円です。
席数が多く回転は良いので、人数に応じて空いた席に案内されます。
着席したら、カウンターの上に食券を並べて置きます。
5分ほど待つと、おばちゃんが手押しワゴンに乗せて運んで来ます。
うわ〜〜〜、メッチャ旨そうではないか!!!
直径18センチの小さい丼に盛り付けられた美味しそうな中華そば!
煮込んだ豚バラ肉と色鮮やかなヨード卵が食欲をそそるぞ!
豚骨醤油のスープは、見た目ほどしょっぱくないアッサリ系。
中細ストレート麺は、やわらかめの茹で加減。
具材は、豚バラ肉、ヨード卵、メンマ、モヤシ、ネギ。
甘辛く煮込んだ豚バラ肉を卵黄にからめると、すき焼き風の味わいに!
おぉぉぉ〜〜〜、これは、もう最強でしょう!!!
味わいながら美味しく完食して、思わずスープまで飲み干してしまったぞ!
この何ともB級グルメ的なやさしい味わいが、いいですね!
こういう昔ながらのお店は、いつまでも続けてほしいと思います。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
こんもりと盛り付けられた佐野直送の平打ちちじれ麺!
つけめんは、なぜか平打ち麺のモッチリ感がイマイチ!
支那そば「はせべ」のつけめん大盛850円
少々パサついたチャーシュー
大量のネギと白ゴマを加えたつけめんのつゆ
支那そば「はせべ」のメニュー(24年9月現在)
極薄大判のワンタンは、プルンプルンの食感!
平打ち麺のもっちりピロピロの食感がたまりません!
支那そば「はせべ」のワンタンメン850円
ワンタンメンがとても美味しい五反田の支那そば『はせべ』。
ランチタイム(11:30〜14:30)は、大盛またはライスがサービスです!
今回は、新しいメニューを開拓しようということで、
つけめん大盛850円(大盛サービス)をオーダー。
そして、5分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、うまそう〜〜〜!!!
大皿に、こんもりと盛り付けられた佐野直送の平打ちちじれ麺!
具材は、チャーシュー2枚、メンマ、煮玉子1/2、海苔!
見た目もなかなか豪華なつけ麺です!
支那そばより少し濃いめのつゆは、大量のネギと白ゴマを加えてあります。
さっそく食べてみると・・・
あれ???平打ち麺の食感がいつもと違うぞ!
つけめんにすると、平打ち麺が短く切れて、あまり食感が良くありません!
やはり、つけめんより支那そばの方が、平打ち麺がスープを吸収して、
モッチリピロピロの食感を楽しめるみたいです!
という訳で、このお店では、支那そばやワンタンメンがオススメです!

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:一人ご飯
容量を超えた盛り付けに、丼が悲鳴を上げてます!
肉汁らーめん公の最終兵器!らーめん豚一本!
ぶ厚くカットした豚は、箸で崩れるほどやわらか!
表面の焼き目が香ばしく、脂身が口の中に溶け出します!
割箸ほどの太さのストレート太麺を使用!
聖蹟公園交差点の黄色いド派手な看板が目印です!
オリジナルの焼きらーめん!
らーめん公の無料トッピング(24年8月現在)
らーめん公のメニュー(24年8月現在)
らーめん豚一本(野菜マシマシ・ニンニク)1,200円
直径21センチの丼に横たわる、メガトン級の豚一本!
山手通りの聖蹟公園交差点に昨年オープンした『肉汁らーめん 公』。
「大?小?にんにく入れますか?」の黄色い看板が気になり突撃です!
カウンター15席+テーブル8席の店内は、まだ新しく清潔な雰囲気。
店の片隅には、ガラス張りの麺打ち場もあります。
あまり愛想のない若いご夫婦?が切り盛りしています。
基本メニューは、らーめん豚2枚700円/焼らーめん豚2枚800円
/みそらーめん豚2枚750円/黒らーめん豚2枚750円など。
焼らーめんは、自家製麺とスープを鉄板で焼き上げたオリジナルらしい。
無料トッピングは5種類(にんにく、野菜、あぶら、濃いめ、全増し)。
さらに、このお店では、豚を増量できるらしく、
らーめん豚4枚800円、豚6枚900円・・・そして豚一本1,200円!!!
な・なに・・・豚一本???
これは挑戦するしかないでしょう!
責任感の強い僕は、らーめん豚一本(1,200円)の食券を購入!
無料トッピングは、野菜マシマシ、ニンニクをオーダー!
そして、出てきたのは・・・
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!!!
直径21センチの丼に、豚一本と野菜がテンコ盛り!
中でもひときわ目を引くのが、丼に横たわるメガトン級の豚一本!
こんなにデカイ豚は食べたことないぞ!
デカ盛りを見慣れた僕でも殺気を感じるほど、危険なオーラを放っています!
ちなみに、豚一本の重量は400グラムあるらしい!
ぶ厚くカットした豚は、箸で崩れるほどやわらかく、見るからに旨そう!
たまらずかぶりつくと・・・
パクッ・・・ジュワ〜・・・おぉぉぉ〜、こりゃ〜たまらん!
豚の表面は焼き目がついて香ばしく、脂身が口の中で溶け出します!
旨い豚を思う存分食べられて、もう気分はパラダイス!
野菜はマシマシにしても、それほど多くないので、余裕でクリア!
麺は、割箸ほどの太さのストレート太麺。
スープは意外にサッパリ系。
でもニンニクを混ぜると、食欲をそそる凶暴なスープに大変身!
さすがに最後は少々飽きますが、何とか完食して満腹度は110%。
肉と野菜をガッツリ食べて、もうお腹が苦しいぞ!
次回は、オリジナルの「焼らーめん」を食べてみよう!

北品川駅方面にパーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
直径20センチの丼に、3連麺がテンコ盛り!
麺でるの釜玉バター麺(限定10食)限界盛800円!
3連麺に卵黄とバターを絡めると、これが意外にハマリます!
3連麺は、「きしめん」に2本の溝を刻んだような状態!
釜玉バター麺は、つゆが無いので、つけ麺の麺みたい!
麺でるのメニュー(24年7月現在)
1本麺から14連麺まで日替わりでオリジナル麺を提供!
1本麺から14連麺まで日替わりでオリジナル麺を提供する『麺でる』。
今回は、釜玉バター麺(限定10食)800円の食券を購入。
麺の量は4段階(普通<多め<山盛<限界盛)の中から、限界盛に挑戦です!
10分ほど待つと出来上がり!
うわ〜〜〜、す・すげ〜〜〜!!!
直径20センチの丼に、麺がテンコ盛りで、凄いことになってるぞ!
大量の麺の上には、卵黄とバターをのせて、刻みニンニクが添えてあります!
スープが無いので、まるでつけ麺の麺だけという感じ!
よく見ると、今日の麺は3連麺ではないか!
3連麺は、縮れた幅広い「きしめん」に2本の溝を刻んだような状態!
その一部は、すでに裂けて1本麺になっちゃってます!
さっそく、3連麺に卵黄とバターをからめて食べてみると・・・
おぉぉぉ〜〜〜、これって、ありかも!!!
卵黄のまったり感とバターの塩気がマッチして、ナイスコラボレーション!
いかにもB級の味わいだけど、これが意外にハマルぞ!
3連麺は、コシのあるゴワゴワの食感がいいですね!
でも、すすれないので、すごく食べにくいぞ!
麺を食べ進むと、丼の底には溶けたラードと濃厚なタレが沈んでいます!
後半は、このタレをからめて食べる訳ですが、
絡み合う3連麺を強引に引っぱると、服に油が飛び散り大変なことに!
ひぇ〜、助けてくれ〜!
油が飛び散らないように注意しながら完食して、満腹度はジャスト100%。
う〜ん、釜玉バター麺はとても旨かったぞ!
このお店のルールに従い、丼をカウンターにのせ、布巾でテーブルを拭くと、
ご主人が「足りましたか?」と尋ねてきます。
「もう満腹でお腹が苦しいです!」と答えると、ご主人はすごく嬉しそう!
やはり、ご主人は「ドS」だな!

お店の100メートルほど手前の側道に、コインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
スカイツリーの開業に合わせて、五反田の超高層野菜タワー!
野菜タワーの高さは、なんと25センチ!
ウェーブのかかった太麺
小さめの豚が標準装備です。
野菜マシマシを注文すると、大変なことに・・・
らーめん大の無料トッピング
らーめん大の野菜盛り付け
らーめん大のメニュー(24年4月現在)
らーめん大の、つけ麺大盛野菜マシマシ850円
野菜タップリのラーメンを食べに、『らーめん大』五反田店へ。
今回は、つけ麺750円+大盛100円の食券を購入。
つけ麺が出来上がると、ご主人に無料トッピングをオーダーします。
いつも通り、「野菜マシマシ、ニンニクをお願いします!」
特に制止されることもなく、注文が通りました。
すると、ご主人が「野菜マシマシ」の制作を開始!
トングで野菜をつかみ、次々に麺の上に盛り付けていきます!
ザルに入った野菜を全部盛り付け、次のザルをスタンバイ!
さらに、のせる・・・のせる・・・まだまだ、のせる・・・
おいおい、どんだけのせれば気が済むんだ???
明らかに、いつもの「野菜マシマシ」より過激な盛り付けになってます!
そして、お待たせしました!「野菜マシマシ」です!・・・ドスン!
それを見た瞬間、僕の目玉は飛び出しそうに・・・
どひゃ〜〜〜、オ・オレを殺す気か〜〜〜!!!
直径28センチの洗面器のようなデカ皿に、
極限まで盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、なんと・・・25センチ!!!
あまりの殺人的な盛り付けに、思わず気絶しそうになりました!
急傾斜に盛り付けた野菜タワーは、今にも倒壊しそうな超危険な状態!
しまった!大盛りにすると、お皿も大きくなるのを忘れていたぞ!
ちなみに、大久保店で食べた、つけ麺(普通盛り)のお皿は、直径22センチ。
ということは・・・野菜の量は推定1.6倍以上!!!
「野菜マシマシ」は、今まで何度も攻略してきましたが・・・
今回ばかりは、完食は絶望的です!
大盛を注文したことを後悔しましたが、
注文した以上は、少しでも多く食べなければ・・・
とりあえず、野菜タワーの山頂から攻撃を開始しますが・・・
野菜が落下しないように慎重に食べ進むため、ペースが上がりません!
野菜ゾーンをクリアしたいけど、食べても食べても野菜が減らないぞ!
ようやく太麺が姿を現す頃には、もうお腹はパンパン状態!
それでも、ウェーブのかかった太麺を食べると、味が変わって食欲が復活!
さらにニンニクを投入して、太麺を何とかクリア!
残るは野菜のみですが、もうアゴが疲れて、握力も無くなっています!
リタイアも考えましたが、ここまで来たら後へは引けません!
ベルトを緩めて、最後の力をふりしぼり、ラストアタックを試みます!
そして、チビチビと食べ続けて、残った野菜をすべて完食!
40分に及ぶ長期戦を制したものの、もう満腹度は120%超え。
いや〜、今回ばかりは本当にダメかと思ったぞ!
大盛の「野菜マシマシ」は、器が大きくなるので、覚悟して注文しましょう!

お店の周辺に、PメーターとコインPがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
支那そば「はせべ」のワンタンメン850円!
川幅うどんのようなワンタンは、ツルンツルンのノド越し!
佐野から直送された平打ちピロピロ麺は、心地よい食感!
チャーシューは昔ながらのタイプ!
支那そば「はせべ」のメニュー(24年1月現在)
五反田の歓楽街の一角にある支那そば「はせべ」
ランチタイムは、大盛またはライスがサービスです!
今日は、ワンタンメンを食べたい気分!
という訳で、久しぶりに五反田の支那そば『はせべ』へ。
メニューは、支那そば700円/ワンタンメン850円/チャーシューメン950円など。
ランチタイム(11:30〜1430)は、大盛またはライスがサービスです!
ここは迷わず、ワンタンメン850円とライス(サービス)をオーダー。
そして、5分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、旨そう〜〜〜!
直径20センチの丼に盛り付けられたワンタンメンは、見るからに美味しそう!
スープは、魚介系のダシを効かせた和風醤油味。
このスープが何ともやさしい味わいで、旨いんです!
麺は、佐野から直送された平打ちじれ麺。
このピロピロ麺の心地良い食感がたまりません!
そして注目のワンタンを箸で引き上げてみると・・・
こ・これはまるで、鴻巣名物『川幅うどん』のようではないか!!!
極薄で大判のワンタンは、ツルンツルンのノド越し!
いいですね〜、スープ、麺、ワンタンのそれぞれがとても美味しい!
本当に満足度の高いワンタンメンだと思います!
嫁さんも、「美味しかったね!」と、とても満足した様子でした。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
らーめん大の塩らーめん(野菜マシ)+肉770円
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
強いウェーブのかかった太麺
豚は、薄切りで小ぶりです。
油断すると野菜が崩れ落ちます!
野菜タワーの高さは、なんと20センチを超えてます!
今日は野菜タップリのラーメンを食べたい気分!
という訳で、お気に入りの『らーめんだい』五反田店へ。
今回も、塩らーめん650円+豚120円の食券を購入。
前回より50円値上げしていますが、無料トッピングは健在です!
ラーメンが出来上がると、ご主人にトッピングをオーダーします。
今回は控えめに、「野菜マシ、ニンニク」をお願いします!
特に制止されることもなく、オーダーが通りました。
すると、ご主人が大きなザルに入った茹で野菜をトングでつかみ、
ラーメンの上にのせる・・のせる・・・まだまだのせる・・・
おいおい、僕のオーダーは、「野菜マシマシ」ではないぞ!
そして、ザルに入った野菜を全部のせると出来上がり!
お待たせしました、「野菜マシ」です!・・・ドスン!
どひゃ〜、すごい迫力!
直径20センチの丼に、これでもかと盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、なんと・・・20センチを超えてます!
見た目は、前回食べた「野菜マシマシ」と変わらないぞ!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
しかも、「野菜マシ」が無料なんて・・・本当に、いいんですか???
まずは、野菜が崩れないように注意しながら、攻撃を開始!
野菜ゾーンをクリアすると、ようやく麺を食べられる状態に。
太麺は、割箸ほどの太さがあり、強いウェーブがかかっています。
豚は、薄切りで小ぶりなものが7〜8枚。
背脂の浮いたスープにニンニクを加えると、さらに食欲がそそられます!
麺は普通盛りなので、そのまま一気に完食して、満腹度はジャスト100%。
いや〜旨かった!
日頃から不足しがちな野菜をタップリ補給して、とてもヘルシーな一杯!
コストパフォーマンスも素晴らしいと思います!

目黒川沿いにペーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:友人・同僚と
豚バラ肉と生玉子が食欲をそそる、いのたにの中華そば!
豚バラ肉を生玉子にからめると、すき焼き風の味わいに!
麺は、やわらかめの中細麺
「いのたに」の中華そば肉入大盛+生玉子700円
「いのたに」のメニュー(23年5月現在)
徳島ラーメンの行列店「いのたに」
新横浜ラーメン博物館にも出店した、徳島ラーメン『いのたに』。
左右にコの字型カウンターが並ぶ40席ほどの店内は、とても簡素な作り。
壁一面に芸能人のサイン色紙が飾られています。
メニューは、中華そば肉入大盛650円/肉入中盛600円/大盛550円/中盛500円/ライス150円/生玉子(ヨード卵)50円。
肉入大盛650円+生玉子50円の食券を購入し、カウンターに並べます。
5分ほど待つと、おばちゃんが手押しワゴン車に乗せて運んで来ます。
うわ〜、旨そう!
直径20センチの丼に盛り付けられた美味しそうな徳島ラーメン!
色鮮やかなヨード卵と豚バラ肉が食欲をそそります!
豚骨醤油のスープは、見た目ほど濃くなく、アッサリ系の味わい。
麺は、やわらかめの中細麺。
具材は、豚バラ肉、ヨード卵、メンマ、ネギ。
タレで煮込んだ豚バラ肉をヨード卵にからめると・・・すき焼き風の味わいに!
おぉぉぉ〜、こりゃ〜たまらん!
徳島ラーメンは初めてですが、B級的な味わいが気に入ったぞ!
一杯飲んだ後の〆に食べたい中華そばですが、残念ながらそれはできません。
だって・・・午後5時で終了なんだもん!
そんなローカルな営業時間も、希少価値を高めているのかもしれません。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
五反田の超高層野菜タワーラーメン!
らーめん大五反田店の塩らーめん(野菜増し増し)+豚
強いウェーヴのかかった太麺!
豚120円を追加すると、厚切りの豚が7枚も・・・
「野菜増し増し」をオーダーすると、大変なことに・・・
らーめん大五反田店のメニュー(23年3月現在)
野菜テンコ盛りのラーメンを食べに、『らーめんだい』五反田店へ。
カウンター10席の店内は、まだ新しいのに少々清潔感に欠ける感じ。
細身で地味な感じのご主人が一人で切り盛りしています。
メニューは、らーめん600円/塩らーめん600円/つけ麺700円/油そば850円など。
無料のトッピング(野菜、ニンニク、脂、味)で、好みの味にカスタマイズできます。
いつも醤油らーめんを食べるので、今回は塩らーめんを食べてみます。
券売機で、塩らーめん600円+豚120円の食券を購入し、カウンターの上へ。
お店が空いていたので、すぐに無料のトッピングを尋ねられます。
「野菜増し増し、ニンニク」をお願いします。
特に制止されることもなく、注文が通りました。
ご主人がラーメンを作り、「野菜増し増し」のトッピングを開始。
大きなザルに入った茹で野菜をトングでつかみ、のせる、のせる、まだまだのせる・・・
そして、ザルに入っていた野菜を全部のせて、出来上がり。
おぉぉ〜〜〜、すげ〜〜〜!
直径20センチの丼に、これでもかと盛り付けた超高層野菜タワー!
その高さは、なんと20センチを超えてます!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
蒲田店や下高井戸店に比べれば、野菜の盛りは控えめですが、
これぐらいの方が、野菜が崩落する心配がなく、安心して食べられます。
テンコ盛りの野菜をモリモリと食べ進み、5分ほどで野菜ゾーンをクリア。
ようやく野菜の下に隠れていた豚と麺が姿を現します。
ぶ厚い豚7枚は、ジューシー感には欠けますが、なかなかのボリューム。
麺は、強いウェーブのかかった太麺。
塩味のスープは、醤油味よりマイルドな味わいで好みのタイプ。
さらにニンニクを混ぜると、力強い味に変身し、食欲をそそります。
そのまま一気に完食して、満腹度は110%。
いや〜、なかなか旨い塩らーめんでした!
野菜と肉を思う存分補給できて、とてもヘルシーな一杯。
これで720円ですから、コストパフォーマンスは最強です!

目黒川沿いに、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★☆☆ 3pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:ファミリー
黒だしらーめんセット(チャーシューめし付)950円
青森県産のガーリックポークを使用したチャーシュー!
セットのチャーシューめし!
箸から滑り落ちるほどつるつるのストレート細麺!
白だし味玉麺830円
白だし すずのメニュー(22年12月現在)
素材にこだわっているみたいです。
まだ新しく、明るく清潔なお店です。
嫁さんのリクエストで、テレビで紹介された恵比寿の『白だし すず』へ。
開店時間に行くと、1番乗りでしたが、次々にお客さんが来店し、すぐに満席に。
カウンター12席の店内は、まだ新しく、明るく清潔な雰囲気。
メニューは、白(黒)だし味玉麺830円/白(黒)だしらーめんセット950円/白(黒)つけ味玉麺930円など。
店名でもある「白だし」は白醤油ベース、「黒だし」は、たまり醤油ベースです。
嫁さんは、白だし味玉麺830円。
僕は、黒だしらーめんセット(チャーシューめし)950円を注文。
黒だしラーメンは、あっさり系の上品でまろやかなスープ。
最近は、こってり系のラーメンが多いので、少々インパクトに欠ける印象。
それでも、旨味は出ているので、好みの問題だと思います。
麺は、箸から滑り落ちるほど、つるつるのストレート細麺。
硬めの茹で加減で、ザクザクッと歯応えのある食感。
具材は、ガーリックポークを使用したチャーシュー2枚、メンマ、岩のり、ネギ。
セットのチャーシューめしは、チャーシュー2枚と角切りチャーシューがタップリ。
バーナーで軽く炙ったチャーシューは、香ばしく食欲をそそります。
きざみネギとタレがかかっていて、これはなかなか旨いです。
白だし味玉麺は、黒だしよりさらにアッサリ系の味わい。
こちらも極薄味ですが、ホタテなどのダシは、しっかり効いています。
ランチはライスがサービスなので、残ったスープに投入したら旨そうです。
白だし、黒だしで、それぞれ丼とレンゲの色を変えるなど、芸の細かい演出。
お店の雰囲気、ラーメンともに、女性にお勧めしたいお店です。

駒沢通り沿いに、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 1,000円以下
目的:友人・同僚と
パンチの効いたピリ辛スープが旨い!辛味噌らーめん850円
いかにも札幌という感じのウェーブ強めの中細麺
バラ肉チャーシュー、鶏チャーシュー、半熟卵が標準装備です!
濃厚味噌らーめん750円
鶏がら塩らーめん750円
メニュー(22年6月現在)
「すすきの」で一杯呑んだサラリーマンが行列する麺屋雪風
ジンギスカン『十鉄』に続き、3軒目は、味噌ラーメンを食べに『麺屋雪風』へ。
金曜日の午後10時過ぎに行くと、すすきので呑んだサラリーマンが行列しています。
カウンター12席の狭い店内の壁には、芸能人のサイン色紙が飾られています。
メニューは、濃厚味噌らーめん750円/辛味噌らーめん850円/鶏がら塩らーめん750円。
辛味噌らーめん850円を注文すると・・・
うわ〜、見るからに旨そうな味噌ラーメンではないか!
まずはスープを一口・・・おぉ〜かなりピリ辛で濃厚なスープだぞ!
スープの表面には真っ赤なラー油が浮いていて、辛さが食欲を刺激します。
濃厚味噌らーめんと食べ比べると、辛味噌の方が断然パンチが効いていて好みです!
ウェーブ強めの中細麺は、硬めの食感で好みのタイプ。
具材は、バラ肉チャーシュー、鶏チャーシュー、半熟卵1/2、メンマ、白髪ネギ、糸唐辛子。
具だくさんで、しっかりお腹にたまる一杯です。
ピリ辛スープのおかげで、体の芯まで温まります。
雪が降るような寒い季節なら、さらに美味しく感じると思います。
価格は少々高めですが、具材が豊富なので、それほど割高感はありません。
すすきのに支店のある某有名店では、具材の貧弱な味噌ラーメンが900円。
それに比べれば、こちらの方がはるかに良心的だと思います。
営業時間が午後9時から朝4時までというのも、すすきのらしいですね。
美味しい札幌味噌ラーメンを食べて、幸せな気分でお店を出ました。

4軒目は、朝食を食べに、札幌中央市場の寿し処『平野屋』に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
「用心棒」の豚ラーメン(野菜増し増し、ニンニク)830円
これは、まさに・・・神保町の超高層野菜タワーや〜!
厚さ2.5センチの豚が3個も!これだけで満腹になりそう!
強いウェーブのかかった太麺
メニュー(平成22年6月現在)
左が「用心棒」、右奥は昼の営業を終えた「二郎」
野菜タップリのラーメンを食べに、神保町の『用心棒』へ。
お店は、行列の絶えない人気店『ラーメン二郎』神田神保町店の向かいにあります。
カウンター10席の店内は、床が少々油っこい感じ。
メニューは、ラーメン680円/ラーメン(大)780円/豚ラーメン830円など。
無料のトッピングは、野菜、ニンニク、アブラ、カラメ、辛玉の5種類。
券売機で「豚ラーメン830円」の食券を購入し、店員さんに手渡します。
ラーメンが出来上がると、「豚ラーメンの方、ニンニク入れますか?」
「野菜増し増し、ニンニク」をお願いします!
特に制止もなく、オーダーが通ります。
そして、豚ラーメン(野菜増し増し、ニンニク)が運ばれて来ます。
うわ〜、こりゃ〜凄いぞ!
直径19センチの丼に、急傾斜に盛り付けられたモヤシの山!
これは、まさに・・・神保町の超高層野菜タワーや〜!
その高さは、なんと20センチ!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
それでも、『ラーメン大』の「野菜増し増し」に比べれば、野菜の盛りは軽め。
丼も小さめなので、それほどプレッシャーは感じません。
野菜が崩れないように注意しながら、モリモリと食べ進みます。
5分ほどで野菜ゾーンをクリアすると、ようやく太麺が姿を現します。
強いウェーブのかかった太麺は、硬めの茹で加減。
濃厚なスープが絡んで、なかなかの味わい。
さらに、厚さ2.5センチもあるブロック状の豚バラ肉が3個も!
脂身も適度にあり、箸で崩れるほどトロトロの仕上がりで、しっとりジューシー!
この豚バラ肉3個だけでも満腹になりそうな、凄まじいボリュームです!
野菜と肉を思う存分補給して、満腹度はジャスト100%。
う〜ん、なかなか旨かったぞ!
CPも悪くないし、待たずに食べられるのは、大きなアドバンテージだと思います。

お店の周辺に、Pメーター、コインPがあります。

↑このページのトップヘ