gakudaiの週末はデカ盛り!

家族の冷たい視線を感じつつ、週末はデカ盛とB級グルメを食べ歩いています! .

Tag:鳥料理

ととや(築地)

つくね焼鳥丼(大盛)、温泉卵1,550

ととや19
ととや31
ととや36
ととや21
焼鳥丼が名物の築地の鳥料理『ととや』。

お店は、築地場外市場から少し外れた

晴海通り沿いにあります。

ととや01
ととや02
土曜日の午前9時30分に訪れると、先客は3人。

愛想の良いお姉さんが笑顔で迎えてくれます。

ととや03
ととや04
テーブル16席の店内は、

昔ながらの落ち着いた食堂という雰囲気。

ととや05
ととや06
メニューは、焼鳥丼1,150

/つくね焼鳥丼1,150円/サービス丼1,050円など。

ライスと肉の増量は、ライス1.5100円増

/中盛250円増/大盛300円増/特盛550円増。

ととや07
ととや08
ととや10
ちなみに、14年前に食べたメニューはこちら。

焼鳥丼(もも肉5枚+ボン尻1枚)

ととや 焼鳥丼
サービス丼(もも肉3枚+つくね2枚)、温泉卵

ととや サービス丼+温泉卵
今回注文したのは、
つくね焼鳥丼1,150

+大盛(ライス2倍、もも肉1枚増)300

+温泉卵100円=1,550円。

ととや12
そして、10分ほど待つと出来上がり。

お待たせしました~!・・・ドスン!!!

うわ~~~、メチャメチャ美味そうやないか~!!!

ととや14
ととや21
直径19センチの平べったい器に盛り付けられた、

デカ盛りつくね焼鳥丼!

ととや19
ととや20
2倍盛りご飯に、もも4枚、つくね3枚を盛り付けて、

なかなかの迫力!

ととや24
ととや28
ととや15
さらに、漬物と温泉卵も付いて、ボリューム満点!

ととや13
ととや16
さっそく食べてみると・・・

おぉぉぉ~~~、こりゃ~たまらん!!!

ととや30
もも肉の皮はパリッと香ばしく、

肉は柔らかな仕上がり!

ととや31
まさに絶妙な焼き加減です!

ととや32
つくねは、棒状で断面はひし形という独特の形状!

ととや36
粗挽き肉を使用して、フワッと軽い食感!

ととや38
2倍盛りのご飯は、器の9分目までしっかり盛り!

ととや33
甘みのないあっさり薄味のタレがしみ込んで、

ご飯が進みます!

ととや35
温泉卵をのせると、半熟の黄身が食欲をそそります!

ととや41
ととや42
もも肉とつくねの2種類を味わえるので、

飽きずに食べられます!

ととや45
ととや46
味わいながら一気に完食して、満腹度は100%!

ととや49
とても美味しい、つくね焼鳥丼ですが、

それなりにお値段も高いので、お得感は今ひとつ!

昨年、築地場内市場は豊洲に移転しましたが、

昔と変わらない築地名物の焼鳥丼を食べられて、

とても懐かしい気分に浸りました!

お店の周辺に、Pメーター、コインPがあります。

 

店名 とゝや(ととや)

住所 東京都中央区築地6-21-1

電話 03-3541-8294

定休 日曜、祝日

営業 8:30-14:00

総  合:★★★★  4pt

料  理:★★★★  4pt

サービス:★★★★ pt

雰 囲 気:★★★★  4pt

コ ス パ:★★★   3pt

お店情報

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13002330/

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ←←食べたくなった方は、ポチッとね!
にほんブログ村
←←皆様のポチッ!が励みになります!
大盛り・デカ盛りランキング


関連ランキング:鳥料理 | 築地駅築地市場駅新富町駅

鳥樹 東口店(旗の台)

とりわさ、ももタタキ780

鳥水炊き鍋(小)(雑炊込み)2,500円ほか
とりき11
とりき21
とりき33
とりき35
新鮮な鳥料理を食べられる、旗の台『鳥樹』。
家族のリクエストで、久しぶりに訪れました。
とりき49
とりき45
1階はカウンター席とテーブル席、
2階には狭くて窮屈な掘りごたつ28席があります。
日曜はファミリーやグループで賑わっていて、
午後6時には満席になる盛況ぶりです。
この日はイケメンの若旦那が不在で、
本店のご主人が切り盛りしていました。
とりき40
とりき41
とりき42
とりき43
このお店は、当日朝に絞めた鶏を丸一羽仕入れ、
注文が入ってからさばき、調理しています。
だから鮮度の良い鳥料理を食べられるんです。
とりき37
とりき38
まずは、スーパードライ(瓶)580円で乾杯!
とりき01
◎お通しは、うずらの卵をのせた納豆と鶏スープ!
鶏スープは、シンプルですが深い味わいです!
とりき02
〇鳥樹風サラダ710
蒸し鶏と生野菜のサラダです!
とりき05
とりき06
〇やきとり5本620
一本で、鶏肉、皮、ネギを味わえます!
とりき07
とりき08
ここで、日本酒一合440円に飲み変えます!
とりき09
◎鳥わさ
とりき10
とりき11
ワサビ醤油で食べると、たまらなく美味しい!!!
とりき12
◎唐揚げ4個790
身が大きくてやわらか!シンプルな味付けです!
とりき13
とりき15
○はさみ焼き550
鶏肉に挟んだワサビの刺激がたまりません!
とりき18
とりき19
◎ももタタキ780
皮はパリパリ、肉は半生!タレをかけると激ウマ!
とりき21
とりき23
◎そぼろ茶漬け450
生姜風味でサッパリ食べられます!
とりき26
とりき27
△皮焼き390
表面が焦げて、ジューシー感は今イチ!
とりき29
◎鳥水炊き鍋(小)(雑炊込み)2,500
鳥専門店の水炊きは、ひと味違います!
とりき32
とりき33
具材を食べ終えたら、鍋を一度下げ、
雑炊に変身して再登場!
とりき34
◎鶏雑炊は、鶏の旨味が凝縮されていて、
おぉぉぉ~~~、こりゃ~たまらん!!!
とりき35
ご主人の調理は、若旦那より火を通すので、
半生加減ではやや劣ります!
それでも十分に美味しい鳥料理でした!
家族4人が1時間40分、鳥料理を満喫して、
お会計は13,230円!
嫁さんと娘たちは、とても満足した様子!
人気店なので、予約してから訪れましょう!

店名 鳥樹 東口店
住所 東京都品川区旗の台2-9-22
電話 03-3787-7218 
定休 火曜日
営業 平日、土曜17:00-24:00
   日曜、祝日17:00-23:00

総  合:★★★★ pt
料  理:★★★★ pt
サービス:★★★★ pt
雰 囲 気:★★★★ pt
コ ス パ:★★★★ pt

お店情報
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13061275/
←←←食べたくなった方は、ポチッとね!
にほんブログ村
←←←皆様のポチッ!が励みになります!
大盛り・デカ盛り ブログランキングへ

鳥樹 東口店
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:鳥料理 | 旗の台駅荏原町駅長原駅

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★☆☆☆ 2pt
金額:昼 3,000~5,000円, 夜 不明
目的:友人・同僚と
肉も卵も秋田比内地鶏を使用した究極親子丼1,380円
比内地鶏モモ一枚焼き1,980円
比内地鶏ねぎま串380円/皮串320円/砂肝串310円
ハタハタ寿司520円
畑のキャビア!とんぶり380円
秋田比内地鶏を使用した、究極親子丼1,380円
卵はトロトロに仕上げたスクランブルエッグ風!
究極ですから、木製の丼を使用!
卵は半熟トロトロの仕上がり!
比内地鶏は、筋肉質で硬めの食感!
皮の焦げ目が食欲をそそります!
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
比内地鶏農場の直営店です!
放し飼い秋田比内地鶏と手造りきりたんぽ!
お米は、大潟産「あきたこまち」を使用!
秋田駅ビルトピコ3階レストラン街にあります!
メニュー(27年4月現在)
メニュー(27年4月現在)
微妙な味わいのハタハタ寿司520円
とんぶり380円は、味がなく、キャビアとは食感が違います!
美味しいがコスパはイマイチ!比内地鶏モモ一枚焼き1,980円
秋田比内地鶏の究極親子丼1,380円
海産物の『さかなや本舗』に続き、秋田の3軒目は『秋田比内地鶏や』へ。
お店は、秋田駅ビル「トピコ」3階のレストラン街にあります。
本場の比内地鶏を食べられる、比内地鶏農場の直営店です。
人気メニューは、比内地鶏を使用した「親子丼」。
●極上親子丼1,080円(肉は比内地鶏、卵は国産卵)
●究極親子丼1,380円(肉も卵も比内地鶏を使用)
せっかく秋田まで遠征したのだから、究極親子丼1,380円を食べることに。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
うわ〜〜〜、メッチャ美味しそうではないか!!!
直径17センチの器に盛り付けられた、比内地鶏の究極親子丼!
卵は半熟トロトロ状態で、見た目も食欲をそそります!
さっそく食べてみると・・・・・・
比内地鶏は、体育会系の筋肉質という感じで、肉は硬めの食感!
噛みしめると、肉の旨味が広がります!
卵は、よくかき混ぜてからトロトロに仕上げたスクランブルエッグ風!
個人的には、『鳥つね自然洞』のように、あまり卵をかき混ぜない、卵ご飯タイプの半熟トロトロの方が好みです!
ご飯は、大潟産の「あきたこまち」を使用!
ボリュームは軽めなので、ペロリと完食!
う〜ん、美味しいんだけど、「究極」とは、少々大げさな気がします!
価格も1,380円と高いし、一度食べれば十分かなと思いました!
そのほか、比内地鶏料理や郷土料理を注文しました。
比内地鶏モモ一枚焼き1,980円/味は良いが、コスパが悪すぎます。
比内地鶏ねぎま串380円/皮串320円/砂肝串310円
ハタハタ寿司520円/微妙な味わいで、好みではありませんでした。
とんぶり380円/畑のキャビアと呼ばれますが、味が無く食感も全然違います。
秋田駅ビル内で比内地鶏や郷土調理を味わえるので、価格が高いのは仕方ないのかもしれません。
秋田グルメを満喫して、思い残すことなく、東京へ帰りました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
牛タン炭火焼
天草大王のモモ肉の瓦焼き
天草大王のムネ肉刺し
レッドアイ(ビールのトマトジュース割り)
シャンディガフ(ビールのジンジャエール割り)
赤ワイン
鶏皮ポン酢
丸ハツ/裂いていないハツです!
ボンジリ
砂肝
1人4,500円+消費税360円=4,860円
飲み放題メニュー
天草大王を味わえる、炭火焼MARU
鶏茶漬け
おぉぉぉ〜こりゃ〜たまらん!天草大王のムネ肉刺し!
ほうれん草サラダ
天草大王の皮はパリパリ、肉は筋肉質で美味しい!
牛タン炭火焼き/中心部分は赤みを帯びたレアの半生状態!
宴会で使えるお店を開拓するため、『炭火焼きMARU』へ。
お店は、中目黒駅から徒歩3分、GTタワーのJTBの近くにあります。
明るい店内は、お洒落で落ち着いた雰囲気。
4人で予約して行くと、入口脇の6人用の半個室に案内されました。
今回は、MARUコース+150分飲み放題で、1人4,500円(税込)です。
とりあえず、生ビールで乾杯してスタートです。
飲み放題メニューに、レッドアイ(ビールのトマトジュース割り)、シャンディガフ(ビールのジンジャエール割り)もあるので、試飲してみました。
○鶏皮ポン酢
◎天草大王のムネ肉刺し/ムネ肉刺しは大好きです!
○ほうれん草サラダ/ほうれん草、ハム、温玉のサラダです!
◎天草大王のモモ肉の瓦焼き/皮はパリパリ、肉は筋肉質で美味しい!
◎丸ハツ/裂いていないハツです!
◎ボンジリ
○砂肝
◎牛タン炭火焼き/中心部分は赤みを帯びたレアの半生状態!
○鶏茶漬け/ムネ肉刺しのお茶漬けです!
120分でラストオーダー、170分でお会計となりました。
「ぐるなび」では4,500円(税込)という表示でしたが、
お会計では、4,500円+消費税360円=4,860円でした。
その場で指摘はしませんでしたが、消費税は正確に表示すべきです。
料理は全体にボリューム少なめですが、どれも質は高くて美味しく、
ハズレはありません!
熊本や博多で食べた「天草大王」を久しぶりに味わえて、
個人的にはとても満足度が高いと思いました!
また利用したいお店ですが、テーブル席が少ないので、
予約が取りにくいかもしれません。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
特製ちゃんぽん(大盛)の高さは、なんと21センチ!
東銀座の「慶州」で、超高層野菜タワーちゃんぽん!
中太のストレート麺は、少し伸びてます!
熱々のスープから勢いよく湯気が立ち上ります!
野菜をタップリ補給できて、とてもヘルシーなチャンポンです!
慶州のメニュー(26年7月現在)
慶州のメニュー(26年7月現在)
慶州のメニュー(26年7月現在)
慶州のメニュー(26年7月現在)
ランチは平日しか営業していません!
慶州のメニュー(26年7月現在)
野菜タワーの下で圧縮されて、麺が伸びています!
特製ちゃんぽん(大盛)は、直径25センチの丼を使用!
どひゃ〜、なんつー過激な盛り付けなんだ!
東銀座「慶州」の特製ちゃんぽん(大盛)930円
ランチは平日しか営業していない、東銀座の歌舞伎座裏の『慶州』。
1階のテーブル席は、清潔感があり落ち着いた雰囲気。
ランチメニューは、チキン南蛮定食800円/焼きそば定食800円
/もつ鍋定食1,000円/牛すじカレー480円/唐揚げカレー800円など。
特製ちゃんぽん大盛(780円+150円)を注文すると・・・
お姉さんが「大盛は麺2玉になりますが、大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫です!」(←たぶん)
そして、10分ほど待つと出来上がり。
お待たせしました〜!・・・・・・ドスン!!!
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径25センチの丼に盛り付けられた、超高層野菜タワーちゃんぽん!
周囲のサラリーマンから「何だよアレ!マジかよ!」
という声が聞こえてきます!
メジャーで計測してみると、その高さは、なんと21センチ!
いいですね〜、こういう超過激な盛り付けは大好きだぞ!
それにしても、店員さんは「麺2玉」の心配をするより、
「野菜がタワーになりますが大丈夫ですか?」
と確認する方が良いと思ったぞ!
でも『らーめん大』の「野菜マシマシ」と比べれば、
野菜の盛り付けは軽め!
これなら、倒壊する心配もなく、余裕で完食できそうです!
具材は、豚肉、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、蒲鉾、キクラゲ!
野菜タワーを一気にクリアすると、ようやく麺が姿を現します!
中太のストレート麺は、野菜の下で圧縮されて、少し伸びています!
豚骨スープは、野菜の旨味が加わって、クセがないマイルドな味わい!
顔から滝のように流れる汗を拭きながら、一気に完食して満腹度110%。
店員のお姉さんに「完食ですね!すごいですね!」
と声を掛けられて、思わずニッコリ!
野菜をタップリ補給して、とてもヘルシーなチャンポンでした!

お店の周辺に、パーキングメーターがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
日吉の「えぞや」で、唐揚げマウンテン!
唐揚げ7個と手羽先を積み重ねて、凄いことになってます!
メジャーで計測すると、その高さは、なんと16センチ!
ザンギ・デカ盛り丼は、直径16センチの丼を使用!
手羽先は、甘辛い味わい!
揚げ立て熱々の唐揚げは、とても美味しい!
噛みしめると、口の中は、肉汁ブシャ〜〜〜!!!
ライスにキャベツをのせ、唐揚げを積み重ねてあります!
ザンギ・デカ盛り丼には、みそ汁と漬物も付いてます!
えぞやのメニュー(26年2月現在)
えぞやのメニュー(26年2月現在)
えぞやのメニュー(26年2月現在)
えぞやのメニュー(26年2月現在)
えぞやのメニュー(26年2月現在)
テイクアウトがメインの北海道唐揚げ「えぞや」
2階には、激狭な飲食スペースがあります!
えぞやのメニュー(26年2月現在)
なぜか頂上には手羽先がのっています!
総重量は1キロを超える、ザンギ・デカ盛り丼850円!
どひゃ〜、なんつー過激な盛り付けなんだ!
学生の街、日吉駅前に店を構える、北海道唐揚げ『えぞや』。
テイクアウトがメインのお店ですが、店内でも食べられます。
メニューは、えぞや定食600円/鳥ミックス定食680円など。
お目当てのデカ盛りメニューは、ザンギ・デカ盛り丼850円!
その内容は、唐揚げ300グラム、手羽先1本、ご飯500グラム!
みそ汁も加えると、総重量は1キロを超えるデカ盛りです!
狭くて急な階段を上がると、2階が飲食スペースになっています。
カウンター3席+テーブル4席の室内は、激狭ですが明るい雰囲気。
そして、10分ほど待つと、お姉さんが運んで来ます。
どひゃ〜〜〜、な・なんつー過激な盛り付けなんだ!!!
直径16センチの丼に盛り付けられた、唐揚げマウンテン!
さすがに1キロというだけあって、すごい迫力ではないか!
メジャーで計測してみると、その高さは、なんと16センチ!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
デカ盛り丼の構成は、ライスの上にキャベツの千切りをのせ、
唐揚げ7個を積み重ねて、頂上に手羽先をのせてあります!
さっそく唐揚げを食べてみると・・・
サクッ・・・ジュワ〜〜〜・・・おぉぉぉ〜〜〜こりゃ〜たまらん!
揚げ立て熱々の唐揚げを噛みしめると、
口の中に肉汁ブシャ〜〜〜!!!
ジューシー感のある、とても美味しい唐揚げです!
唐揚げは大好物なので、味わいながら飽きずに完食!
みそ汁も飲み干して、満腹度は100%。
ザンギ・デカ盛り丼は、美味しい唐揚げをお腹一杯食べられて、
これで850円ですから、素晴らしいコスパだと思います!
日吉は学生街なので、『とんかつ三田』や『キッチンくりの木』など、
良心的なお店が多くて、いいですね!

日吉東急の駐車場は、2,000円のお買物で2時間無料です。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★☆☆ 3pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
白楽の「えぞや」で、唐揚げマウンテン!
ザンギデカ盛り丼850円は、総重量1キロ超え!
ザンギデカ盛り丼の高さは、なんと16センチ!
ザンギデカ盛り丼は、直径18センチの丼を使用!
頂上に刺さっている手羽先は、少々甘めの味付け!
唐揚げを噛みしめると、口の中に肉汁があふれ出します!
えぞやのメニュー(25年11月現在)
えぞやのメニュー(25年11月現在)
えぞやのメニュー(25年11月現在)
えぞやのメニュー(25年11月現在)
お店は白楽の六角橋ふれあい通りにあります。
えぞやのメニュー(25年11月現在)
唐揚げ8個を積み重ね、頂上に手羽先が刺さってます!
ザンギデカ盛り丼は、重さ1キロ超えのデカ盛りです!
デカ盛りメニューを食べられるという、北海道唐揚げ『えぞや』
お店はレトロな雰囲気が漂う白楽の六角橋ふれあい通りにあります。
テイクアウトがメインなので、客席はカウンター5席のみ。
中年のご夫婦が二人で切り盛りしています。
メニューは、メガ盛り定食1,980円/ザンギデカ盛り丼850円
/手羽っかり丼800円/半身揚げ定食980円/豚丼680円など。
メガ盛り定食は、唐揚げ1キロ、手羽先3本、ライス700グラム、
みそ汁付きで、総重量2キロを超えるメガトン級の定食!
さすがに、2キロ超えに挑戦するのは無謀ということでパス!
ザンギデカ盛り丼は、唐揚げ300グラム、手羽先1本、
ライス500グラム、みそ汁付きで、総重量1キロほど。
よし、これなら大丈夫だろう!
ということで、ザンギデカ盛り丼850円を注文。
注文が入ってから揚げ始めるので、少々時間がかかります。
そして、10分ほど待つと出来上がり。
どひゃ〜〜〜、す・すごいボリューム!!!
直径18センチの丼に盛り付けられた、大量の唐揚げたち!
横から見ると、まさに唐揚げマウンテン状態!
メジャーで計測してみると、その高さは・・・な・なんと16センチ!
いいですね〜、こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!
デカ盛り丼の構成は、大盛ライスに千切りキャベツを敷き、
唐揚げ8個を積み上げ、頂上に手羽先を突き刺してあります!
揚げ立ての唐揚げは、やわらかくてジューシーな仕上がり!
噛みしめると口に中に肉汁がドバッとあふれ出します!
おぉぉぉ〜〜〜、こりゃ〜〜〜たまらん!!!
手羽先は、少々甘めの味付け!
味わいながら完食し、みそ汁も飲み干して、満腹度は110%。
食べ終えると、唇が油でテカテカになってしまったぞ!
それにしても、揚げ立ての唐揚げは本当に美味しいな〜!
次回は、この唐揚げをつまみに飲みに行こう!

商店街の周辺にコインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★☆ 4pt
サービス:★★★☆☆ 3pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 不明, 夜 1,000~3,000円
目的:友人・同僚と
シャコ酢350円
ママカリ300円
とり酢200円
鶏ちり鍋2人前1,200円
かま焼き400円
にし貝刺身630円
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
鳥好のメニュー(24年12月現在)
岡山の夜は、居酒屋『和さび』に続いて、居酒屋『鳥好』駅前本店へ。
このお店を選んだ理由は、市役所職員が忘年会で利用していたから。
だって地元に詳しい人が選んだ居酒屋なら間違いないでしょう!
広々とした店内には、カウンター、テーブル、小上り席があり、
いかにも大衆酒場という簡素な作りですが、雰囲気は悪くありません。
地元のお客さんで賑わっていて、活気があります!
メニューを見ると、旨そうな料理ばかりで、どれも低価格!
焼酎ボトルは、なんと1,800円(←安い!)
これなら値段を気にせず、思い切り飲んで食べられるぞ!
ということで、気になるメニューを次々に注文してみます!
焼酎ボトル1,800円
とり酢200円/茹でたガツ。これが200円とは・・・たまげた!
ママカリ300円/ママカリの酢漬け。骨まで食べられます。
シャコ酢350円/新鮮なシャコが5匹。
かま塩焼き400円/鮭のカマです。
にし貝刺身630円/コリコリの歯応え、肝も付いてます。
鶏ちり鍋600円×2人前/具材も豊富でオススメです!
つまみは低価格だけど鮮度が良く、美味しいものばかり!
岡山名物を地元価格で食べられるのがいいですね!
う〜ん、やはり市役所ご用達のお店は、安心して飲めるぞ!
まだまだ食べたいメニューはありますが、もうお腹が一杯なのでお会計。
大人4人が1時間40分飲食して、お会計は5,650円(1人1,400円)。
どひゃ〜、あまりの安さにビックリしたぞ!
いいですね〜、こういう良心的なお店は大好きだぞ!
これなら地元のお客さんで満席なのも納得です!
翌日は、本場の讃岐うどんを食べに、高松の『竹清』に行きました!

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
もつ鍋(しょうゆ)2人前2,520円
もつ鍋の具材を食べたら、ちゃんぽん麺を投入!
活イカ姿造り1,050円
プレミアムモルツとお通し
霜降り馬刺し1,200円
ありたどりの炭火焼き690円
辛子明太子590円
芝海老唐揚げ
活イカゲソ天390円
男前きゅうり(浅漬け)290円
とり天290円
博多もつ鍋(しょうゆ)2人前2,520円
博多もつ鍋メニュー(24年6月現在)
博多水炊きメニュー(24年6月現在)
博多名物を豊富に取り揃えていて、価格も良心的な『なぎの木』。
今回は、本店から100メートルほど離れた『なぎの木』西中洲離れ店へ。
このお店のコスパは確認済みなので、旨そうな料理を次々に注文します。
中生ビール560円で乾杯してから、麦焼酎ボトル2,000円。
○霜降り馬刺し1,200円/口の中でとろけます!ボリュームは少なめ。
◎ありたどりの炭火焼き690円/ほど良い歯応え、ゆずコショウが合います!
○辛子明太子590円/さわやかで上品な辛さ!
○芝海老唐揚げ/ほど良い味加減でビールに合います!
◎活イカ姿造り1,050円/採れたてのイカは鮮度抜群で歯応えが違います!
◎活イカゲソ天390円/活イカのゲソを天ぷら又は塩焼きに再調理!
◎とり天490円/衣サクサク、タレをつけてサッパリ上品に!
◎男前きゅうり(浅漬け)290円/ピリッと辛く、お酒が進みます!
◎博多もつ鍋(しょうゆ)1,260円×2人前/唐辛子を効かせた醤油ベースのスープが旨い!肉厚のモツはプルプルの食感!
もつ鍋の具材を食べ終えたら・・・
熊本産牛もつ790円と野菜490円を追加!
さらに、ちゃんぽん麺190円×2人前も追加投入!
これだけ食べると、もうお腹も苦しくなってきます。
帰りの飛行機の時間も気になるので、残念ながらここでお会計。
大人4人が1時間40分思い切り飲食して、お会計は、15,980円!
おいおい、これだけ旨いものを食べたのに1人4,000円って・・・
チェーン店の居酒屋より安いかもしれないぞ!
いいですね〜、このお店のコストパフォーマンスは素晴らしいですね!
料理はどれも美味しくハズレが無いし、
若い店員さんの接客も親切丁寧で、気分よく飲むことができます!
博多に行く時は、また利用させてもらいます!

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:デート
骨付きの鶏肉が5切れも入ってます!
ライスを投入すれば鶏雑炊に!鳥藤分店の水炊き850円
親子丼にカレーをかけた、親子カレー850円
卵の半熟加減が絶妙です!
レンゲで丼の底をすくうと、鶏つくねが出てきました。
鳥藤分店のメニュー(24年2月現在)
鳥藤分店のメニュー(24年2月現在)
白濁スープは、鶏の旨みが凝縮されて深い味わい!
朝早くから買い物客で賑わう築地場外市場。
買い物を終えて、少し早い昼食は、久しぶりに『鳥藤分店』へ。
このお店は、築地場外の鶏肉専門店『鳥藤』が経営する鳥料理店。
だから鮮度抜群の鳥料理を食べられるんです。
カウンター席+テーブル10席の店内は、簡素で落ち着いた雰囲気。
メニューは、焼鳥丼850円/鳥重850円/ぼんじり温玉のせ680円
チキンカツカレー900円/親子丼850円/親子カレー850円など。
旨そうなメニューばかりで、悩むところですが・・・
水炊き850円と親子カレー850円を注文することに。
水炊きは少々お時間がかかりますが、よろしいですか?
はい、OK牧場です!
そして15分ほど待つと出来上がり。
うわ〜〜〜、旨そう〜〜〜!!!
水炊きは、土鍋ではなく、深い丼に盛り付けられています。
見た目には、キャベツしか見えないシンプルな水炊きです。
まずは、スープから・・・
ズズズッ・・・おぉぉぉ〜、こりゃ〜たまらん!
じっくり煮込んだ白濁スープは、鶏の旨味が凝縮されて、深い味わい!
さらにレンゲで丼の底をすくってみると・・・
骨付きの鶏肉5切れと鶏つくね3個が出てきます。
鶏肉はやわらかく、これがまた旨いんです!
紅葉おろしとポン酢でサッパリ食べられるのがいいですね!
そして最後にライスを投入すれば、鶏雑炊の出来上がり!
水炊きと鶏雑炊を楽しめて、これはとても満足度が高いぞ!

親子カレーは、深皿に盛りつけた親子丼にカレーをかけた珍メニュー。
親子丼は鶏肉がやわらかく、卵の半熟加減が絶妙です!
カレーと親子丼を一度に楽しめて、こちらもお得なメニューだと思います!

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★★ 5pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
幻の地鶏「天草大王」の水炊き2,500円
刺身5点盛は、このボリュームで1,390円!
噛み締めると旨味がジュワ〜!ありたどりの炎焼き690円
早く食べたい!・・・天草大王の水炊き
こりゃ〜たまらん!・・・天草大王の水炊き
天草大王水炊きのスープで作る雑炊も絶品です!
高級魚、あら刺身990円
ごまさば490円
明太子の天ぷら590円
とりタタキ690円
鉄鍋餃子490円
博多の定番、モツ鍋1,200円×2人前
メニューに日付が入っているのは驚きです!
『元祖ラーメン 長浜家』に続き、3軒目は、『なぎの木』西中洲本店へ。
博多の夜と言えば屋台ですが、日曜の夜は人気店がほとんどお休み。
そこで、博多名物を豊富に取り揃えている、『なぎの木』西中洲本店を予約。
店内は、洒落た隠れ家的な雰囲気で、2階の半個室の掘りごたつ席に案内されます。
まずは、生ビール560円、芋焼酎「貴匠蔵」ボトル2,500円。
メニューを眺めながら、旨そうな料理を次々に注文します。(価格は税別)
◎刺身5点盛1,390円/マグロ、カツオ、鯛、カンパチ、ごまさば。この価格で4人前とは驚きです!
◎あら刺身990円/高級魚のあらは、弾力のある歯応えで、とても旨い!
◎ごまさば490円/ゴマ醤油をかけてあり、サバは脂がのって甘みがあります。
×とらフグの唐揚げ490円/骨ばかりで、食べる部分が少ない。
○とりのタタキ690円/玉ネギスライスとポン酢でサッパリ風サラダ。
○明太子の天ぷら590円/表面は火が通り、中は半生のレア状態。焼酎が進むぞ!
◎ありたどりの炎焼き690円/地鶏は筋肉質で、噛み締めると旨味がジュワ〜!こりゃ〜たまらん!
○鉄鍋餃子490円/一口サイズで表面はカリッと香ばしく、中身は甘め。
○モツ鍋(がら醤油味)1,200円×2人前/サッパリ醤油味。モツは硬めの食感。キャベツ、ニラ、モヤシ、木耳、豆腐、トッポギなど具だくさん。
◎幻の地鶏「天草大王」の水炊き2,500円+雑炊290円/まずは、スープに塩を加えて飲んでみると・・・濃厚な鶏スープが旨い!
ここで具材を投入し、煮えたら出来上がり。
天草大王は、肉がふっくらやわらかで、旨味が凝縮されている感じ。
ポン酢を加えたスープは、甘みがあり、とても深い味わい。
さらに、残ったスープで作る雑炊も上品で絶品です!
個室の利用は2時間30分ですが、店員さんの配慮で30分延長してもらいました。
博多名物を思う存分堪能したので、お会計が少々心配ですが・・・
大人4人が3時間、思い切り飲食して、お会計は16,555円!(1人約4,100円)
えっ、こんなに旨いものを食べたのに、そんなに安くていいんですか?
これならチェーン店の居酒屋より安いかもしれないぞ!
若い店員さんも気配りのある丁寧な接客で好印象でした!

翌日の朝食は、福岡市中央卸売市場にある、『博多魚がし』市場会館店に行きました。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000~3,000円, 夜 不明
目的:ファミリー
揚げ立てのカツを使用した・・・かつ丼1,100円
半熟の卵がたまりません!
カツは、ふっくらやわらかくジューシーです!
テレビで紹介される、こだわりの「親子丼」1,000円
メニュー(21年5月現在)
親子丼の名店です!
嫁さんのリクエストで、久しぶりに『鳥つね自然洞』に行きました。
ここの名物は、テレビでも紹介される、こだわりの「親子丼」。
でも今回は、「かつ丼1,100円」にチャレンジです。
注文が入ると、豚肉にパン粉を付けて、じっくり揚げます。
熱々のトンカツをカットして、平鍋で調理して出来上がり。
うわ〜、見るからに旨そうなカツ丼ではないか!
たまらず一口・・・サクッ・・・ジュワ〜・・・おぉ〜、こりゃ〜たまらん!
カツはふっくら軟らかくてジューシー!
卵は絶妙な火の通り加減で半熟状態!
ご飯につゆと卵がしみ込んで、まさに卵ご飯です!
ボリュームは少なめなので、一気に完食。
いや〜、旨かった!
カツ丼は、鳥スープと蕎麦ぬかで漬けたお新香も付いています。
嫁さんが注文した「親子丼1,000円」も、卵の半熟加減が絶妙でした。
次回は、「かつ丼」と「親子丼」、どちらを選ぶか迷うところです。

お店の近くにコインパーキングがあります。

総合:★★★★☆ 4pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
コーチンの歯応えとジューシーな鶏皮・・・こりゃーたまらん!コーチン2本550円
コーチン5種刺身盛り1,700円
皮ポン酢600円
ぼんじり2本450円
レバー2本450円
具だくさんで、おこげが香ばしい!コーチン五目釜飯1,750円
手羽先唐揚げの『風来坊』プリンセス店に続き、5軒目は、名古屋コーチンの『鳥銀本店』に行きました。
落ち着いた雰囲気の店内は、高級感があり、とても清潔な感じ。
店員のお姉さんたちは、レトロなデザインのエプロン姿で、礼儀正しい接客。
おいおい、ここはメイドカフェか???
生ビール630円、ウーロンハイ500円を注文すると、お通しのホタテ貝のあんかけが出てきます。
おぉ~、上品な味付けで、お皿も凝っているじゃないか~!
名古屋の過激な味付けが続くと、アッサリしたものが食べたくなります。
コーチン5種刺身1,700円、う~ん、鳥刺は旨いな~・・・お腹は空いてないけど、これは別腹だな!
皮ポン酢600円もサッパリ味で、なかなか旨い。
コーチン2本550円、ぼんじり2本、450円、レバー2本450円。
特筆したいのは、コーチンの旨さ!
鶏肉を皮でくるむように1本1本丁寧に串に刺してあり、見るからに旨そう!
コーチンの弾力ある歯応えと鶏皮のジューシーな味わい・・・うぉ~、こりゃ~たまらん!
風来坊のコーチンは、貧弱でガッカリしたけど、ここのコーチンは食べる価値があるぞ!
最後の〆は、コーチン五目釜飯1750円。
具がタップリ入って、香ばしいおこげも味わえます。
大人4人が1時間20分飲食して、お会計は12,590円。
大衆店と比べれば、お値段は高めですが、味付けは全体に上品な薄味で、一品一品がとても旨い!
満足度の高いお店でした。
6軒目は、翌日のお昼、味噌カツ丼を食べに、『叶』に行きました。

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
風来坊の手羽先唐揚げ5本420円
貧弱でガッカリ!コーチンねぎま2本500円
海老フライ1本650円、地鶏霜降530円、牛すじどて煮、川海老唐揚げ360円、どじょう唐揚げ450円
この看板が目印です!
きしめんの『長寿亭』に続き、4軒目は、手羽先唐揚げの『風来坊』プリンセス店に行きました。
手羽先唐揚げといえば、『世界のやまちゃん』と『風来坊』が有名ですが、「世界のやまちゃん」は、利用したことがあるので、今回は「風来坊」を選びました。
座敷に案内されると、お姉さんが笑顔で「手羽先は、何人前になさいますか?」
おいおい、いきなり手羽先の注文かい?
まだメニューも見てないぞ!
東京では、「とりあえずビール!」だけど、ここに来るお客さんは、看板メニューの手羽先がお目当てなんでしょうね。
ちなみに、手羽先は1人前5本420円、中生ビール520円、ウーロンハイ420円と庶民的な価格です。
手羽先唐揚げは、表面に白ゴマがまぶしてあり、カラッと香ばしく揚がっています。
あまりジューシー感はなく、甘辛のタレをからめてあり、スパイシーな味わい!
おぉ~、これはビールが進むではないか!
熱々のうちは旨いけど、冷めるとパサパサになるので要注意です!
海老フライ1本650円は、長さ16センチの中サイズで、プリプリの食感。
川海老唐揚げ360円とドジョウ唐揚げも、スパイスタップリの味わい。
牛すじドテ煮は、八丁味噌の香りが強く、甘ったるい味付け。これはちょっと苦手だな~!
地鶏の霜降(鳥刺)530円は、値段が安いだけに、地鶏ではないと思いますが、僕は鳥刺が大好物なのでOKです!
名古屋コーチンねぎま2本500円は、えっ、これが名古屋コーチンなの?・・・と思うほど貧弱で、ガッカリでした!
大人4人が2時間飲食して、お会計は11,230円。
手頃な価格で、名古屋名物をいろいろ食べられるのは良いけれど、全体に味付けが濃いめで、後半はちょっと飽きました。
5軒目は、名古屋コーチンを食べに、『鳥銀本店』に行きました。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★★ 5pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
地鶏鍋900円×2人前
カプサイシンと具を追加すれば、ピリ辛鍋の出来上がり!
最後の〆に中華麺を投入
ピリ辛手羽先唐揚げ5個400円、熟成皮たれ焼き、鶏のタタキ780円、豆腐サラダ500円
北新地鳥屋の鍋メニュー
手頃な価格で、ニンニクを効かせた地鶏鍋が食べられます!
冬はやっぱり鍋・・・ということで、口コミの評判が良い『北新地 鳥屋』に行きました。
カウンター8席+テーブル24席ほどの店内は、テーブル席がやや狭く窮屈な感じ。
最初に、中生ビール500円、ウーロンハイ380円、ピリ辛手羽先唐揚げ5個400円、熟成皮たれ焼き、鶏のタタキ780円、豆腐サラダ500円などを注文。
ピリ辛手羽先唐揚げは、香ばしくピリ辛加減がちょうど良い感じ。
四日間かけて仕込むという熟成皮たれ焼きは、脂が抜けて甘露煮のような味わい。
うーん、これはあまり好みじゃないな〜!
鶏のタタキと豆腐サラダは、それほど特徴はありません。
黒霧島ボトル3,000円を注文して、いよいよ戦闘モードに入ります。
名物の鍋は、地鶏鍋900円、カプサイシン鍋990円、カレー鍋1,100円の3種類。
店員さんに尋ねると、地鶏鍋の具を食べたら、カプサイシンと具を追加すれば2種類の味を楽しめるらしい!
それじゃ〜地鶏鍋2人前お願いしま〜す!
地鶏鍋は、地鶏、キャベツ、ニラ、エノキ、うすあげがタップリ入って具だくさん。
うわ〜、これは旨そうではないか!
白濁したスープは、鶏と野菜をじっくり煮込んだマイルドな味わい。
このままでも旨いけど、さらにおろしニンニクを加えると・・・おぉ〜、これはたまらん!
クセになる味わいです!
具を食べたら、ピリ辛のカプサイシンを投入し、シメジ280円、モヤシ260円、豆腐300円、うすあげ260円などを好みで追加すると、カプサイシン鍋の出来上がり。
こちらもピリ辛風味でお酒が進みます!
スープが少なくなっても、また足してくれるので、具を追加すれば何回でもお替りできます。
最後の〆に中華麺360円×2人前を投入すれば、煮込みラーメンに・・・スープの旨味を吸って、これがまた旨い!
他に雑炊、うどん、トッポギ、しゅうまい各360円も選べます!
いや〜、おろしニンニクの効いた鍋は本当に旨かった〜!
大人4人が3時間、思い切り飲食して、お会計は16,910円。
手頃な価格で味の方も大満足・・・これなら忘年会にも使えるぞ!
午後7時頃になると席が埋まるので、予約したほうが良さそうです。
クーポン持参で、地鶏鍋1人前サービスです。
http://r.gnavi.co.jp/a552900/map1.htm

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
三色づけ丼(大盛)850円
能登の豪快丼(大盛)1,280円
刺身は一切れがデカイ!
ランチに付いてくる、あら汁
東府屋の昼定食写真
東府屋の昼定食メニュー
西口の飲食街にあります。
三色づけ丼850円を食べました。
前回食べた「能登の豪快丼1,280円」より価格も手頃でお勧めです。
今回は、5階に案内されましたが、こちらの方が雰囲気が良く、1階より落ち着いて食べられました。
2007.03.23
新宿西口にある地魚と地鶏のお店。
平日のお昼12時50分で、カウンター8席+テーブル20席ほどの店内は、ほぼ満席。
ランチメニューは、能登の豪快丼1,280円、海鮮てんこ盛丼880円、三色づけ丼850円、焼魚定食780円、ランチビール150円(←旨そう~!)など。
ランチは、あら汁が付き、ライスの大盛は無料です。
能登の豪快丼1,280円は、直径18㎝の丼に、ネタが丁寧に盛付けられて出てきます。
カニの爪、ウニ、イクラ、甘海老×2、イカ、タコ、鯛、カンパチ、サーモン、〆サバ、中トロ×2、ビントロ、玉子焼がのって具だくさん。
刺身は一切れが大きくて、見た目は豪華に見えます。
でも、カニの爪、ウニ、イクラ、甘海老などの高価なネタは、かなり貧弱なものが申し訳程度にのっているだけ・・・
能登の豪快丼という割には、ちょっとセコイ感じでガッカリです。
あら汁も、魚の皮や小骨ばかりで、今ひとつという感じ。
価格もそれなりに高いので、あまり割安感はありません。
てんこ盛丼や焼魚定食が人気のようですが、こちらの方がお値段も手頃で良いかもしれません。
このお店で気になったのは、店員さんの接客が雑なこと。
忙しいのは分かりますが、注文を取りに来ないし、店員さん同士で何やらもめていたり・・・
いかにも繁華街の飲食店という感じで、残念ながら、あまり魅力を感じませんでした。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 1,000円以下, 夜 不明
目的:一人ご飯
テレビで紹介された、とり弁当600円
テイクアウトの温玉ぼんじり丼580円
メニューの写真
鳥藤分店のメニュー
店内でも食べられます。
鳥藤で売ってる大山鶏たたき210円
鳥藤で売ってる、大山鶏モモ肉の照焼き・グリルドペッパー各210円
築地場外で、いつも買い物客で賑わっている鶏肉専門店「鳥藤」。
直営店の『鳥藤 分店』では、大山鶏を使用した鳥料理を提供しています。
メニューは、鳥重850円、焼鳥丼850円、親子丼850円、比内地鶏を使用した比内重1,300円、鳥藤バーガー350円(土曜のみ)など。
また、とり弁当600円、ぼんじり丼500円、チキンカレー丼500円は、テイクアウトできます。
テレビで紹介されたという、とり弁当600円と温玉ぼんじり丼580円をお持ち帰り。
とり弁当は、もも肉の照焼き、鳥そぼろ、ぼんじり、きんかん(メスの体内にある卵)がのって、見るからに美味しそう!
味付けは全体に薄味で、上品な味わい。
いろいろな味を楽しめて、これで600円は安い!
ぼんじり丼は、ふっくら軟らかくジューシーな「ぼんじり」が、丼一面に並べてあります。
味付けはやや甘めで、温玉とよく混ぜてご飯をかき込むと、これがまた旨いんです!
ぼんじりは、鳥1羽から少ししか取れないのに、こんなにゴロゴロ入っちゃって、本当にいいんですか?
とり弁当、ぼんじり丼は、どちらも低価格ですが、満足度の高いお得な弁当だと思います。
PS.すぐ近くの「鳥藤」で、僕がいつも購入する商品を紹介します。
冷凍の「大山鶏たたき」210円は、切るだけで鳥たたきの出来上がり。
ワサビ醤油で食べたり、サラダにのせたりと、いろいろ使える優れものです。
僕は、たくさん買って、冷凍庫に備蓄しています。
また、大山鶏もも肉の照焼き、グリルドペッパー各1枚210円も、お酒のつまみ、ご飯のおかずに最適ですよ。
http://toritoh.com/

総合:★★★☆☆ 3pt
料理:☆☆☆☆☆ 0pt
サービス:☆☆☆☆☆ 0pt
雰囲気:☆☆☆☆☆ 0pt
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆ 0pt
金額:昼 不明, 夜 不明
目的:その他
肝入り親子丼(大盛り)800円
卵は半熟加減は絶妙です!
デザートの杏仁豆腐
「ととりべ」のランチメニュー
ホームページを見て、ランチの肝入り親子丼が美味しそうなので、平日のランチに行ってみました。
銀座の鳥料理専門店だけあって、カウンター9席+テーブル8席は、高級感のある和風の落ち着いた雰囲気。
ランチメニューは、親子丼(肝入り・肝無し・柳川風)各800円、ミニうどん200円、やきとり丼900円、山椒焼丼900円、そぼろ丼800円など。
お昼の前後(11:30~12:00と13:00~14:00)は、ご飯の大盛りがサービスです。
お昼前だったので、肝入り親子丼(大盛り)800円を注文。
親子丼には、鶏スープ、杏仁豆腐、セルフのお新香が付きます。
5分ほど待つと肝入り親子丼が出てきますが、ちょっとHP
(http://www.totoribe.com/hir.html)とは違うみたい・・・
硬めに炊かれたご飯に卵の半熟加減は良いのですが、肝心の鶏肉とレバーは貧弱なものが各3個だけ。
まあ銀座の800円ランチなので、期待してはいけないのかもしれませんが、ちょっとガッカリでした。
お気に入りの『鳥つね自然洞』の親子丼ような満足感はありませんでした。
ちなみに、濃厚な鶏スープと杏仁豆腐はとても美味しかったです。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★☆ 4pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:友人・同僚と
鳥樹名物!ももたたき750円
裏メニューの、鳥刺500円
お通し400円、裏メニューのレバ刺500円、ササミおろし530円、皮焼300円
メニューの一部(東口店と同じです)
旗の台から徒歩1分
東口店で『鳥樹』の旨さにハマリ、今度は本店に行ってみました。
と言っても、東口店から徒歩1分ほどの近さです。
平日の午後6時で、まだ空席がありますが、6時30分には満席に。
カウンター6席+テーブル16席+堀ごたつ10席の店内は、満席になるとかなり狭くて窮屈です。
メニューは、東口店とまったく同じ。
最初にお通し(ウズラ納豆、鶏スープ)400円が出てきます。
中瓶ビール520円、裏メニューのレバ刺500円と鳥刺500円、名物のモモたたき750円を注文すると・・・
厨房のご主人が冷蔵庫から丸鶏を取り出し、慣れた手つきで皮を剥ぎ、目の前で解体していきます。
切り分けた鶏肉、レバーを焼網にのせ、表面だけサッと炙って出来あがり。
う〜ん、これだけ新鮮なら鳥刺、レバ刺も旨いわけだ!
モモたたきも、表面はパリッと香ばしく、中はレアの半生状態。
そのまま食べても旨いけど、タレをかけると、これがまた絶品です!
その後も焼鳥5本550円、ササミおろし530円、皮焼300円などを追加注文。
どれも旨いので、ついつい日本酒熱燗1合380円を1人で3本も飲んじゃいました。
男性2人がタップリ2時間飲んで、お会計は7,210円。
新鮮で美味しい鶏料理とお酒を堪能して、1人3,600円とは、素晴らしいコストパフォーマンス!
このお店、鶏好きにはパラダイスですよ!
東口店と比較すると、半生加減ではやや劣りますが、それでも旨い、安い、ボリュームで十分に満足できると思います。

総合:★★★★★ 5pt
料理:★★★★★ 5pt
サービス:★★★★★ 5pt
雰囲気:★★★★☆ 4pt
コストパフォーマンス:★★★★☆ 4pt
金額:昼 不明, 夜 3,000~5,000円
目的:ファミリー
一鍋で2度美味しい!鳥鍋(2人前、雑炊込み)2,200円
鳥雑炊は、鶏肉の旨味が凝縮されて、超ウマイ!
皮はパリパリ、中は半生、名物のモモたたき750円
半生の鶏肉にワサビをはさんだ、はさみ焼550円
こりゃ~たまらん!裏メニューのレバ刺し500円
これも裏メニュー、モモ刺し500円
お通し400円、煮込み480円、鳥樹風サラダ690円、そぼろ茶漬け410円
ハツ焼480円、やきとり550円、皮焼300円、もも唐揚げ680円
メニューその1
メニューその2
飲物メニュー
18年11月にリニューアルオープン!
裏メニューの鳥刺し500円
昨年12月から6回も通っている、お気に入りのお店。
今回は、鳥鍋(2人前、雑炊込み)2,200円に初挑戦!
鶏肉のぶつ切り4切れ、豆腐、シイタケ、えのき、春菊、白菜、ネギ、ニンジン、春雨など具だくさん。
ぐつぐつ煮えたところで、まず鶏肉をパクリ・・・うぉ〜、旨いじゃないか〜!
刺身でも食べられる新鮮な鶏肉だから、そりゃ〜旨いわけだ!
さすが鳥専門店の鳥鍋は、一味違うぞ!
具を食べたら、お姉さんが一度鍋を下げ、雑炊に変身して再登場。
この鳥雑炊がまた超ウマイ!
鶏肉の旨味が凝縮されていて、こりゃ〜、たまらん!
鳥鍋と鳥雑炊の2種類が味わえて、これはお得なメニューだぞ!
2006.12.18
こりゃ〜たまらん!
ここの鳥料理は激ウマだよ〜!
新鮮な鶏のレバ刺、もも刺、ももタタキの連続攻撃に1ラウンドでKOされちゃいました!
旗の台には、『鳥樹』本店と東口店の2店舗がありますが、11月にリニューアルしたばかりの東口店へ。
カウンター9席+テーブル6席+2階の狭く窮屈な堀ごたつ風28席は、とても清潔感があります。
お通し400円は、うずらの卵がのった納豆と鶏スープ。
とりあえず生ビール大580円を飲んで、裏メニューからレバ刺500円ともも刺500円の2品、ももタタキ750円、焼鳥5本550円、煮込み480円、鳥樹風サラダ690円を注文。
レバ刺ともも刺は、表面だけ軽く焼いて、中は完全に生。レバーは口の中でとろけ、モモは独特の歯応えがあります。ワサビ醤油で食べると、どちらも絶品!こんなの他の店じゃ食べたことないぞ!
名物のももタタキは、皮はパリパリ、肉は半生。そのままでもイケるけど、タレをかけるとこれがまた旨い!
鳥樹風サラダは、お値段が高めと思ったら、サラダの上に鳥刺がのってます。
焼鳥は、1本の串で皮、鶏肉、ネギを楽しめます。
あんまり料理が旨いんで、コップ酒熱燗1合380円を3杯も飲んじゃいました。
その後も、はさみ焼530円、皮焼300円、ハツ焼480円を注文。
はさみ焼は、半生に焼いた鶏肉にワサビをはさんだもの。ワサビの刺激がたまらない。
皮焼も表面はパリパリ、裏側はジューシー。
これだけ食べてハズレメニューがないのだから、本当に素晴らしいお店です!
このお店は、当日朝絞めた鶏を丸1羽仕入れ、注文が入ってからさばき、調理しているらしい。
そりゃ〜新鮮で旨い訳だ。
男性3人が2時間、タップリ飲んで食べて、お会計は11,270円。
これで1人4,000円以下とは、感動ものですよ!

あんまり旨かったんで、週末に家族を連れて再訪。
唐揚げ680円は、特大4個。衣は硬めですが、とってもジューシー。
そぼろ茶漬410円は、生姜が効いて、サッパリ風。
嫁さんや娘たちも気に入った様子。
旨い、安い、ボリュームの三拍子が揃って、採点は文句なしの★6つ・・・いやいや★5つです。

↑このページのトップヘ