AgeStock実行委員会2年亀山です。


昨日よさこいと和太鼓の合同練がありました。


当日まであわせてやるのが最後ということで
練習前から東京花火さん、踊り侍さん、樂打さんとAgeで打ち合わせを行い、そのまま練習です。


今回自分はよさこい担当ということで踊り侍さん、東京花火さんの団体つきをしています。
だから(というのも変だけど)今回はよさこい中心でブログを書いていきたいと思います。


普段一緒のお祭りに出ることはあれど、
同じチームとしては踊らない2つのチーム。


それが23日には一夜限りで花火侍としてひとつのチームで踊ります。


よさこいはひとつの演舞を大事に1年間通して踊り、新しく入ってきた人にその演舞も引き継いでいくようです。
実際に早稲田祭でもどっちの団体も過去演舞を披露していました。


しかしこの横浜アリーナでのステージは
そのステージで1回踊るだけ。


それなのに夏前から振りを作ってもらいました。


お祭りがあり、今年の演舞の練習もしなければいけない。
それでも時間を見つけては横アリで踊る演舞の練習をしてくれています。


昨日も合同練の前から踊ってくれていました。
おとといも練習日ではないのに踊ってくれていました。
今日の全体練の前も、今まさに踊ってくれています。


今日含めて当日まで残り5日。
毎日練習をしてくれています。


本気で学生パフォーマンスの頂点を目指してくれています。


言葉で言うのは簡単なことだけど
彼らの姿を見てると本気になるということが伝わってきます。


原宿、池袋、早稲田祭と踊っているのを見て
Age練習を見て


どれだけ本気で向き合ってくれているかは感じているつもりです。
どれだけよさこいに懸けているのかものぞかせてもらいました。


本当に踊り侍さん、東京花火さんの担当ができてよかったって思います。


当日花火侍として演舞を踊っているのを見たら確実に泣くんだろうなと思いながら昨日の合同練を見てました。


むしろ通しているのを見て、たみよとハスキーが最後の通しの前にそれぞれが思っていることをみんなに呼び掛けているのを聞いて涙目になってました。


気持ちが先走りすぎましたね笑


11月23日、彼らの演舞を見に来てください。


演舞のテーマは以心伝心。


よさこいを通じて伝わってくるものがあるはずです。




「AGESTOCK2011 in TOKYO DOME CITY HALL」公式サイト