2008年ももうすぐ終わりですね。
今年の<strong>中国語学習</strong>の<strong>目標</strong>は達成できましたか?

達成できた人も、そうでない人も
2009年の<strong>目標</strong>は必ず立てましょうね。
<strong>目標</strong>があるのとないのとでは、学習効率が
ぜんぜん違ってきますから。


さて、中国語学習目標というと、やはり
HSK○級とかそういう目標になりがちです。

いや、これは悪いことではありませんが、あんまり楽しくありませんね。

中国語の勉強だって楽しくやるに越したことはありません。


ところで、目標を達成するためにはこんな方法が
よいとされています。

,泙座腓な最終目標をたてる
△修譴鯑々の行動にまで細分化し、ひとつひとつこなしていく。
さらに、中間目標をいくつかもうけ、それを達成したら
自分にご褒美をあげる


中国語学習も同じです。
たとえばHSK8級を目標にしたのなら、
その達成に必要な学習量を考えて、月々、日々の
学習量に計算する。

月々の学習目標を達成したら、小さなご褒美を
自分にあげる。(ご褒美は各自好きなものを……)


これをやらないと、せっかく立てた<strong>目標</strong>が
絵に描いたモチになってしまいます。(お正月だけに……^^;)

<strong>目標</strong>を立ててもなかなか達成できない人は、
<strong>目標</strong>と日々の行動が連動していないからです。


私もそうでしたが、たとえばHSK8級!という<strong>目標</strong>を
立てたとします。
それで、そのために具体的に何するの?ということを
よく考えずに、HSKの本をたくさん買ってきて結局
やらなかったり、

たまたま家にあった問題集を「1日3ページやる!」と
よく考えもせず決心してみたり。

でもその決心はほとんどの場合、長続きしません。
なぜなら、HSK8級!という<strong>目標</strong>と連動していないから。


<strong>目標</strong>を行動に落とし込むときは、こう考えなければなりません。

HSK8級を○月の試験で取る!

そのためには、あと○ヶ月でこの教科書とこの問題集を
終えなければならない

中間地点の○月に、一度模擬試験をしよう。
それで弱点を見つけて、残りの時間は弱点の
克服に集中的に使おう

この計画をちゃんと実行するために、毎週の<strong>目標</strong>を
達成できたら遊びに行こう
(この部分は自分がやる気がでるご褒美を考えましょう。
毎日<strong>目標</strong>をこなしたらデザートを食べる、とかでもいいですね)


あまりストイックになりすぎるのも考え物ですが、
こういうやり方だと<strong>目標</strong>を現実化していくことができます。

お試しくださいね。