今日も、『葬送のフリーレン』に出てくるドイツ語を解読していきます。
今日はこちら。

「アインザーム」
スクリーンショット 2023-10-30 23.42.12



これは、ドイツ語の形容詞einsam(読み方 アインザーム)です。
ちなみに、ドイツ語でeiは「アイ」と読みます。
昨日ご紹介したEisen(アイゼン)も、最初のeiをアイと読みます。
こうしたいくつかの読み方を覚えれば、
ドイツ語は読み方通りに書けばつづれます。

さて、einsam(アインザーム)のeinは英語のaと同じ。
a penの「a」が、ドイツ語ではein(アイン)です。
einは「ひとつの」という意味。

そして、einsamは「ひとりぼっちの、孤独な、さびしい、心細い」を意味します。
アインザームは、人の心のなかにあるさびしさにつけ込む魔物です。

人は、大切な人が亡くなると、
心にぽっかりと穴が開いたように感じます。
あの人が生きていたら、こんなふうに声をかけてくれただろう、
あの人が生きていたら、一緒にこんなことがしたかった、
あの人が生きていたら…と、言葉にはしなくても、
心は、亡くなった「あの人」を思い続けます。

思いの強さの分だけ、幻影は強くなるのだと思います。
だから、愛の深い人ほど、アインザームを撃てないのでしょう。
心があればこそ勝てない、それがアインザームの強さとなっています。

スクリーンショット 2023-10-30 23.50.41

ハイターの幻影を撃てないフェルン。
幻影とわかっていても、撃てないんですね。

私は、踏み絵を思い出しました。
キリスト教徒をあぶりだすために、
キリストが描かれた絵を踏ませ、踏めない者を逮捕・処罰します。

「逮捕・処罰されないように、1回だけならまぁ踏んでおくか」、
とは、思えないわけですよね、キリスト教徒は。
踏むことは、信仰や自分の心を裏切る行為。

アインザームの幻影を撃つことは、
自分の信じるものや自分の心を撃つことと同じなんですね。
頭ではわかっています、ハイターがもういないということも、
これが幻影だということも。
でも、撃てないんですね…。

ドイツ語einsamには、「人けのない」という意味もあります。
たしかに、峠道も人けのない道でした。
これも、ネーミングいいな、と思ったものの一つです。