舞黒柔金太郎ジャーナル

最近は専ら写真・カメラのことばかりです

ちょいとFF4を振り返る

はいはい、Facebookの流れでみんなで懐かしむために見つけてきましたよ。



この超「王道」展開。
わかっていても胸&目頭が熱くなりますね。
20年前はこれが陳腐じゃなかったのよ・・・。

これ、スーパーファミコンが出て1年経たずに発売されたんですよ、確か。

もう、全てがすごかった!
ファミコンクオリティに馴染んでいた我々ちびっ子の度肝を抜きましたね。

ラストバトルでは満を持して動く背景とか、感動通り越して衝撃すらあったよ。
音楽もやはりブレイクスルーで、「心の名曲」そろい。
ピアノスコア買って来て、下手なりにピアノで練習しましたよ。
その楽譜は今のおウチにも持って来てます。

いやー、懐かしい。

夫婦餅つき

嫁実家年末の大イベント、餅つき。
嫁実家は女家系で、男労働力が義父と自分オンリーと重労働。

でも、さすがに慣れきて今年は随分ラクにつけるわ。
去年はお産明けだった嫁も参加してくれて、快調!

画像1

ドイツからの使者

0003
(Olympus E-M5 + M.zuiko 17mm/1.8)

われらがハンベーさんが、クリスマス休暇でドイツから帰ってきました。
まずは太鼓大好会の練習でお出迎え!・・・と言いたい所ですが、あんまり人集まらず。
(そもそも「帰国->ホテルに荷物おく->太鼓練習」という揺るぎない流れは初代会長ならではですが)

『すいません、自分のカリスマが足りなくてメンバー集まりませんでした』
と謝ったら
「いや、むしろ俺のカリスマが足りないんだろ。」
とケロッとされてました。

そんなカリスマに欠けた初代&二代目が会長を勤めてる太鼓大好会を今後ともよろしく!

27日の夜、キョウスケさんのお店で今度は歓送会&忘年会をやる予定です、奮ってご参加ください。

途中、中座しつつ練習後に合流したらカラオケでした。
思い付きでクリスマスソングやバースデーソング(うちの息子が誕生日だったので)をメドレーしつつ、だらだらと土産話など話し込んでいたのですが・・・なんか東北勤務から帰って来た時とかと変わらないなーと感じました。

きっと、ハンベーさんにとってはドイツだろうと大差ないのでしょう。

PS:うちの息子への誕生日プレゼント、サクライさん・カセドン家の出産祝いを預かったのですが。
   プレゼントのチョイスが自分のセンスと寸分違わなかったので、いささか驚いております。

むすこ1さい

昨日は息子の誕生日でした。
大病なく元気に愛らしく育ってくれてありがとう!

0166

iPadのロックを・・・

うちのリビングにはiPadがぶん投げてあります。
いつも、スマートカバーを息子にひんむかれて、ヨダレだらけにされてます。

今日、気づいたのですが。

生後11ヶ月の息子が・・・いつのまにかiPadのロックを外せるようになってる!!
偶然ではなくて、何度やらせても明確に「ここを触ってこっちになぞると画面が変化する」という事象を理解しているようです。

成長著しいというか、親バカ通り越して率直にビックリした次第です。
だてにヨダレまみれにしていたわけではないのね。

0109

リビングアライブ(生き埋め)

嫁はよく子供を寝かしつけたまま、オチます。

そんななか帰ってくると、リビングが荒れ放題なのですね。
普段は寝かしつけてから片付けをするので。
でも、その「荒れ具合」で息子の成長を計ってたりします。

「お、今日は3段のキャビネットの2段目を荒らしている」
「CDラックからとうとう雪崩が!」
「なんだこれ・・・あ、裏に隠してあるLANルーターのアンテナだ。」
などなど。
日々、息子はリビングというステージを攻略しているわけです。

色々とイタズラされるので、嫁にはオーディオを始めとして色んなものをドンドコ書斎に放り込まれて、書斎はすっかりゴミ屋敷状態です。
まー、机とターンテーブルの周りを除けば、楽器類(和太鼓2台)含むとか二軍認定のレンズ群やら、未組み立てレゴやらもともとカオスな部屋ですが。

完全に「第二倉庫」認定です。

息子はとうとうPS3の攻略にかかったようです。

無論、物理的な。

となりに並んでるPS2にはさっぱり興味がないようです。
やはりアンパンマン教しかりで、丸みのあるものの方が魅かれているんでしょうか。

いつかは線をブッチギラれてひっくり返ってるPS3を見る事になるんでしょうか・・・

備忘録『アッポローザ』

代官山駅前のEATALYで昼ご飯。

EATALYはよく買い物するものの、レストランに入るのは初めて。

見慣れぬ『アッポローザ(apollosa)』というピザを頼んでみたら、生ハムとモッツァレラのみのピザ到着。

うめぇ!

味付けは素材の塩味のみという、シンプルそのものなのですが、それが美味い!!

あまりに美味いので、ネットで調べたが・・・色々検索しても出てこない。

嫁いわく『このモッツァレラはフレッシュをそのまま使ってるねー』。
さすが、プロ!
餅は餅屋!
産休中!
そのまま職権濫用して、この素晴らしきピザのレシピを探し当てて、あまつさえ普及に努めて欲しい!

というこで、備忘録としてしるしておきます。

アッポローザ(apollosa)。

画像1

マリモ様

一年くらいコッピーって魚を飼ってました。
正式名はコッパーフィンっていう、グッピーの仲間です。

0374
(Sony Nex-5 + Minolta MD Rockkor 50mm F3.5 Macro)

なぜ「飼ってました」なのかというと、先週、2匹とも他界されまして・・・。
元気な姿を出しておいてなんですが。

そんなわけで、この前の日曜日に庭に埋葬してやりました。

残った飼育ビンを見ると・・・マリモが一匹。

マリモは「毬藻」の名の通り、完全に植物なので「一匹」という数え方は間違っているのですが、気にしないでください。

『これではマリモ様が寂しかろう。
 金魚でもいれてやろうか。
 そうだ、この前、ペットショップでみた金魚かわいかったなー』
という流れのもとに、コーナンのペットコーナーに行きました。

実は、自分の金魚飼育歴はまぁまぁ長く、生まれてまもなくから20世紀が終わるくらいまであります。
そんなん大したことないっていう方もいるかも知れませんが、小学校高学年くらいで、水作りからエアレーションやら濾過交換とかちゃんと一人で管理できていたのでまぁまぁだと思います。

しかしながら、大学浪人中に一回全滅させてから「ちゃんと世話できないからダメ」と金魚飼育は封印していました。
一人暮らし始めてからも、何度も「飼おうかな」と思ったけども。
かわりに、金魚図鑑やら金魚の手拭いなどの小物を買って我慢していたのですが。

まぁ、ひょんなことで封印が解けたものです。

で、「飼うならコレ!」ってずっと思っていた、ピンポンパール(品種名)を見ていると
『これにあの飼育ビンは狭すぎる、失礼だ!
などと悪魔の囁きが・・・

結局、更紗のピンポンパールと黒出目金を一匹ずつ、さらに小型水槽と水草少々を購入。

念のため、小型水槽は子供にひっくり返されても被害を抑えられるように、蓋付きのタイプに。(余談ですが・・・うちのコ、生後11ヶ月を待たずに自力で10段階段上って2階にあがるようになったんですけど・・・マジ危険)

むしろ、蓋付きの選んだから小型のしか選択できなかったのでもあるが。

あと部屋が湿気る&餌をやり忘れないようにということで、リビングではなく玄関にセット!

2793
(Sony NEX-6 + Sony SEL1670Z)

やはり、琉金系のお尻フリフリ泳ぎは、とても愛らしい。
実に癒される。



問題が一点。

どうも黒出目金が、マリモ様をチョイチョイつまみ喰いしてる気がする・・・

太鼓大好会を振り返る

ハンベェさんが帰ってきます。

23日から27日とウィークデー&クリスマスにカブりまくりですが。
とりあえず、帰ってきます。
太鼓大好会としては、初代会長でもあるので暖かくお出迎えしようと思います。

0243

後輩ショウコがGRで撮ってくれた会長の勇姿。

太鼓大好会はさかのぼること6年前に結成しまして。
私も含め立ち上げメンバーの多くは、それ以前に、某太鼓舞踊団に参加していました。

当時、衰退を続けていた某太鼓舞踊団はほぼ主軸メンバーのみで活動。
寄せ集め的に参加していた我々はピチピチの「若者」で、ステージでは勿論のこと、練習でもなんか発言しにくい感が強かったのです。
(まぁ、これに参加していたから舞踊部としての器楽に対する妙な遠慮がなくなったのも事実ですが)

その「堅苦しさ」がイヤだったというのも、太鼓大好会が結成された理由の半分くらいを占めると思います。
もう半分は自分の同期・ヤマダイの一夜限りの演説なのですね
ステージはパリっとやりつつも、練習は気ままにという感じで。

さる11月3日に東急・明大前駅にてステージをやらせていただきまして。

写真はコチラ
(PicasaがGoogle+に併合されて、埋め込みできなくなってる!大減点!!)

ステージ内容は可もなし不可もなし、という評価ですが。

何につけても、若いメンバーが加わってくれたのがうれしかったですね。
マンネリ感が打破されましたよ!

仮に、太鼓大好会が立ち上がったのが「第1期」、イッチーを始めとした民研外の人が多数参加したのが「第2期」とするなら、これからは「第3期」なのかなーとか感じます。
年寄り衆が所帯じみた代わりに、若い衆のエネルギーを取り入れるみたいな。

だからこそ、某団でかつて感じた「堅苦しさ」を若い衆に感じさせないような活動を目指していきたいと思ってます。

しかしながら我々年寄り衆は・・・
もう技術的にはスットコドッコイってほどに下手になりましたよな。

自分も、特に笛が全然へたっぴになりました。
少しでもこの下降曲線が緩やかになればいいんだけどなー。

「第1期」を思い返せば、(今ほど人気が過熱していない)東京マラソンのゴール前で演奏したり、場違いな会社イベントに呼ばれて法外なステージ出演料をもらったりと身の丈にあわない活動をしてましたが。

やっぱり、若かったから技術が多少は伴っていたからかなー、とも思う今日この頃。
続きを読む

K-3発売

昨日、ペンタックスの一眼レフの新型機K-3が発売されました。

ジリ貧になりつつあったペンタックスが起死回生で放った、驚異の出し惜しみなしフラッグシップAPS-C機でして。
哀愁すら漂っていた我らペンタックス党は感涙モノなのです。

ネットを徘徊したところ、やはりトテツモナイ売れ行きのようで、結構な数の店で初日売り切れの模様。
フラッグシップ機なのにすげ〜なと。

いま、家のレンズやらカメラをヤフオクでさばいたりして入れ替え中。

だから

様子見

のつもりだったのですが・・・



(´Д` )欲しぇ〜(´Д` )


でも売り切れだし。
整理済まして軍資金も増やしたい。
いいなー、初物。

いまの悩みはソニーのRX1を処分するかどうか。

AF速度がFUCKイマイチなので、子供撮りにはだいぶ使いづらいのだけども。
夜の店内とか、暗い所でのスナップショットでは比類なき写りをするので、惜しくて手放せない・・・
この画質でしかもコンデジなのだから絶対無比ともいうべき性能としか言いようがない。

でも各社がダウンサイジングしたフルサイズ機を投入するという噂があるなかで、値落ち前に、一旦、手離すのは手かなー、と。

また親知らず抜きました

前回抜いたのは、まだ学生の頃でした。
完全に骨に食い込んでいて、歯茎を切開して歯を四つに割る、という二時間に渡る大手術で、人生屈指の恐怖のイベントでした。
(おまけに夜中に起きたら枕血まみれ&麻酔来れて眠れない、といえオマケ付き)

その時、反対側の親知らずも「形が医学的によくなくて、恐らく虫歯になるからもう抜きましょう!」と歯医者さんに言われました。

もちろん丁重にお断りしました。

でもとうとう虫歯でどうしようもなくなり、抜いてきました。

かなり気張って臨んだのですが、麻酔混みで15分で終わってしまい、それこそ気抜けするほどあっさりでした。
歯医者さんも、わざわざ大学病院の口腔外科のスゴい先生が訪問施術してくれるように日程調整してくれたので、それも含めて大感謝です。

抜いた歯はいつも通りもらって帰るのですが、いまはこんな可愛いケースに入れてくれるんですな。
画像1
なんか嬉しくなりました。

いまから太鼓大好会の練習。
激しい運動NGだし、麻酔が効いていて笛もマトモに吹けるか分からないけど(´Д` )

Facebookはじめました

先日、フォトライターの澤村徹さんのセミナー「Old Lens Paradise」に第6期生として加入しました。

いままでは写真の話をする相手はおれども、レンズの描写がどうのこうのなんて話に付き合ってくれる人はおらず孤独を感じていたのですが。

当たり前のように専門用語が飛び交い、話し合える場が見つかって凄く嬉しいです。
次回は等々力渓谷でフィールドワークだそうなんで、一層楽しみです。


★★★

このセミナーでの連絡手段にFacebookを使うとの事で、とうとう登録いたしました。

で、思った以上に民研の人がいるんですね。

そんなわけで、太鼓大好会のグループを作ってみた。
みんなの連絡方法がバラバラで取り纏めがややメンドかったから、少しでも楽になると良いのだけど。

メンバー招待しようと整理してみたら、女性ばかりですね。
(最近はうやむやなんで、練習来たことある人は全部メンバー扱いしてますが)

確かに考えてみるとレギュラーがボンさんと自分。
時々、マサルさんと近藤さん。
この前、ヤリケンが練習に来てくれたけど、男性は以上オシマイですね。

女性陣はナツイ嬢とキエ以外はあまり固定していない状況ですけど。

確かにこうしてみると、女性だらけなのですが。
0248
今ひとつハーレム感の実感はないなー、みんなアラサーだからなー。

OG2年目のユカリも来てくれることもありまして、彼女とかミオちゃんならまだピチピチですね(失礼)。
自分以外の唯一の舞踊部ですし、大切にせねばならんのかも知れません。

とりあえず急遽、再来週のステージ依頼があったりしているので、段取り頑張ります。

いま子供をバッチリ撮れるキャメラをかんがえてみよう(1/2)

CSで「外交官 黒田康作」シリーズの劇場版「アンダルシア」を見まして。
なかなか面白くて気に入ったのが春先のこと。

特集でテレビ版のドラマともう一つの劇場版「アマルフィ」がやっていたので余す所無く見ました。
このシリーズ、国際情勢とかを頑張って出そうと、なかなか気合いが入っています。

イタい設定とショボい演出の日本のドラマばっかりのなかで、見応えありました。
特に、新薬の薬害問題がキーになるテレビ版はかなり面白かったですね。

織田裕二はニヒルで無口な外交官の役で、逆に役作り難しそうでしたが。
相棒を勤める鈍臭い現場知らずの女刑事を柴咲コウがやっていて、これが本当に鈍臭くて・・・。
無駄に演技すげーな、と逆に思いました。あと、眼鏡女子でオジさんグッときました。
あとこのドラマでも香川照之がバイプレイヤーとして素晴らしい演技をしてました、すげーわ。

毎晩チマチマながらも一気にみてしまいました。

ただ、どっちもクライマックスは「武力行使して悪の親玉を監禁して白状させようとする」という展開で少し物足りなかったですが。
もう、サラ・ブライトマンの歌を聞いても、織田裕二の顔しか浮かびません。


★★★


なんて、普通の日記はさておき。

子供撮り向きのカメラとは。

前回のエントリを書いた所、2児のママたるキクチに相談を受けまして。
自分も悩んでるので、考えを整理するべくまとめてみました。

「人は意見を求めて考えを説くのか?
  否!己の意見に確信を持つためだ!」
みたいなことをゼロ師匠(神の手所有)もおっしゃってましたが、そんな感じです。

2ch・デジカメ板には次の格言があるのですがね。
 「悩んだ時には両方買え」
 「おまえが悩んでいる間も、シャッターチャンスは待ってくれない」
 「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめておけ」

ほとんどIHYスレ発の男気あふれる金言です。

でもやっぱり、高い買い物だから上手く買いたいのも、所帯持ちの本音。

以下、写真・カメラに興味ない人には本当につまらないので飛ばしてください。
だいぶ噛み砕いて書いたつもりですが、それでもつまらないので飛ばしてください。

すんごく長くなってしまいました。
しかも続きます。

続きを読む

そしてまた台風

台風がタテ続けに関東を直撃するようですね。

次の週末には、秋恒例の芋掘り&BBQの予定だったのですが、それも怪しい感じ。
掘りにいく観光農園も「様子見」とのことで予約を受け付けてくれません。

しかし、伊豆大島の被害は目を覆うばかりですね。

伊豆大島にいったら、原チャリを借りて大体1日1周はウロウロします。
なので、大体の地理は頭に入ってます。
特に、今回被害にあった元町地区は中心街なので、事細やかに覚えてます。
最初に行ったときに泊まった民宿とか、まさに土石流ギリギリの所だったりして。
無事かどうか本当に心配です。

飛行機に乗る時間も短いのに、離島気分をたっぷり味わえる。
子供が大きくなったら、絶対連れて行こうと思っていました。

携帯写メですが、元町港の写真です。
いち早い復旧と行方不明者のご存命を祈ります。

0100
(W43H)

Stand up please

子供が歩くようになりました。

梅雨時期にはやっとハイハイしそうだな、なんて思っていたのだけど。
気がつけばつかまり立ちするようになり、10ヶ月を待たずに歩くようになりました。
ハイハイをあまりみれないのが少し残念ですが。

「なに考えてるのかなー」なんて思いながら見ていたリアクションも、いまではだいたい感情の機微が見て取れるようになりました。
正に「見ていて飽きない」という感じでして、可愛くてしょうがないです。

0064
(DMC-GX1 + PZ 14-42 X )

しかしながら、よく動くようになって写真を撮るのがなかなか難しくなってきました。
手持ちに動体につよいってカメラ・レンズがなくて色々迷う日々です。

くらげちゃん

職場では(正確には「職場でも」)クロックスを履いてます。
もう5年くらいクロックス+ポロシャツという勤務スタイルを貫いております。

いままで履いていた奴がとうとう履き潰れたので、新しいのに買い替えまして。
買い替えついでにシューズチャームを買いました。

「くらげちゃん」という名前で売られていた奴ですが・・・。

画像1

どう見てもドラクエのホイミスライムです。
ありがとうございました。


ぐれダルマ



6年間貯めに貯めまくった500円玉貯金をフルバーストする!!

このスレまとめに感化されて貯金箱を買いました。
そもそも、貯金箱を買う金を貯金しろというのは無しの方向で。

買ったのは、一年くらい前から気になってしょうがなかった「ぐれダルマ」貯金箱。

2250
(NEX-5N + Olympus E.Zuiko Auto Macro 38mm F3.5)

届いた実物をさわってみて・・・いやー、気に入ったわ。
リーゼントのゴツゴツした感触とか、胸のビミョーな巧さの「悪」の字とか、ちょっと雑な稲妻の縁取りとか。
なんかヤンチャでツッパリな感じがたまらんです。

我が家の張子犬・赤べこ・合掌造りwwwのお気に入り民芸品コーナーにめでたく仲間入り。
(ここにサクライの父上作のこけしが欲しいわ)

ぼちぼち500円玉を奉納しております。

黒い服

お別れするmotion.diveを使っていた頃は、日がな寮の部屋に籠もってPVやら撮影したビデオやらをコネコネして遊んでいました。

「Colors」という彼女の曲の中でも最も好きな曲がある。
そして、この曲のPVも大のお気に入りです。

宇多田ヒカルの音楽というのは、色彩でいうならばローキーに感じる。

うわつきのない、落ち着いた印象とでも言うんですかね。
彼女のデビュー当時、邦楽で女性歌手といえば右も左も今以上に安直でビビッドな感じだった。
だからこそ、より彼女の音楽は衝撃的に迎えられたのだと思う。

そんな彼女の音楽の中でも、この「Colors」は曲や詩だけでなくPVも素晴らしい。



低彩色な映像が主体なのだが、局所的にビビッドな色をあしらったり色抽出モノトーンにしたりして、「色」という主題を劇的に切り出している。
自分が見てきたPVの中でも、かなりの傑作として評価している。
発表されてからもう10年近く経つものの、未だに色褪せずチョイチョイ見てます。

先日、彼女の母である藤圭子さんが自殺したというニュースを知ったとき。
その「Colors」のサビ
 『黒い服は死者に祈る時にだけ着るの』
という歌詞が鮮烈に思い出された。

「黒」だけでなく「死者」というイメージも、しっかり伝わるこの曲の凄みも感じつつ・・・。

やはり、娘としての心中はいかほどかと思う。
色々と難しい背景・事情も明らかになってきたけど。
なにより家族の自殺というのは、喪失感以上に無力感がたまらないのだろうな、などと分からないなりに推察するのだが。

ご冥福とご遺族の心に平安が戻ることをお祈りします。

断捨離開始

断捨離だぜ!

ということでカメラのレンズなどを中心に色々オークションにかけていっています。
でも後ろ髪ひかれる思いのモノも多く・・・。

特にこのmotion.dive(パソコンにつなぐVJ用のソフトおよびコンソールユニット)は、思い出が結構あるので悩んだのだけども放出。
0461
とうに旬をすぎた機材ですし、人前で披露する機会ももうないでしょうし。
もっといい機材も出てるし、なんせipadで代用できるレベルにテクノロジーは進化してますよ!

買ったとき(7年くらい前)は高かったけど、いまや二束三文。

でも、動き回るようになった子供を激写するため、新しい機材の購入資金の足しにしたいので・・・断捨離だ!

ターンテーブルとかミキサーはまだ処分する決心がつきません・・・。

Google+をはじめてみた

来年の試験に向けた準備講座が始まった。

ぼちぼちのアイドリングスタートとはいえ、もう始まるのかー。
のびのびできねーと勝手に追い込まれるあたり、それなりに追い込まれているのかね。

思う所あったし、なんとなくGoogle+を始めてみました。

世間はまだFacebookのようですが、これやると嫁に全ての素行が筒抜けになるのでじっと控えております。
じゃーTumblerやろうなんて試してみたが・・・なんかTwitterとブログに加えてやるには中途半端な感じ。写真整理するのもタイムリーにはいかないし。

かたやGoogle+には、数は少ないけど魅力的かつ協力な知り合いが多数登録しているようなので、試しにやってみるかな、と。
ただ、ずっと使ってるPicasaやらYoutubeのアカウントも巻込むので、馴染まなかったらメンドイなーとも思う。

などと、思いアクセスしてみたら・・・みんな登録したまま放置じゃん!!
まー様子みてみるか。
●いらっしゃいカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

●記事検索
●twitter
●プロフィール

せつ

●連絡・問い合わせ

名前
メール
本文
●QRコード
QRコード
●おまかせリンク

  • ライブドアブログ