DonDokoオヤジのこんなん見つけたで!

大和は国のまほろば、いにしえの里・奈良と、商都・浪花を往復する毎日。ふと気がついたことや、ささやかな発見みたいな日常の何気ない出来事をダラダラ書き連ねとりやす。よかったらお付きあいの程、よろしゅう頼んますm(__)m

信州見てある記・その4(ろくもん篇・2)

94fb9ea0.jpg
65668b72.jpg
1abb1245.jpg
c125630f.jpg
02ff0782.jpg
3556d491.jpg
053ccfbc.jpg
c642757b.jpg
53ebf1c7.jpg
8d3cf3b9.jpg
次に12分停車した田中駅は宿場町として栄えた海野宿にあるため、うだつと格子の町家風の駅舎やねん。というわけで、一旦改札を出て、駅舎前で記念撮影っす(*^.^*)

停車駅では駅員さんが、沿線では幼稚園児やしなの鉄道の社員が手を振ってくれるんがほのぼのして嬉しいで。実は終着のしなの鉄道のホームページには、沿線で列車に振るための旗がダウンロードできるようになっとるんよ(^o^)v

上田駅のホームでは、真田の赤備えの甲冑を身にまとった戦国武将がお出迎え、赤い陣羽織を着て、刀を持って記念撮影できるねん。みんなで撮れば恥ずかしくないと、あっしも陣羽織を着てハイ、パチリ。合図が「ろ〜くもん」と「さなだまる」とは(((^_^;)

後の予定との兼ね合いで、終着駅まで行けず、泣く泣く上田駅で途中下車して、軽井沢に引き返すんよ(;´д`)

1時間半の短い旅やったけど、スローライフな大人の旅を満喫できたばい。次回は長野までゆっくり乗車することを固く誓うのであったp(^-^)q

(続)

信州見てある記・その4(ろくもん篇・1)

766bd7d3.jpg
b5b408cc.jpg
259725af.jpg
4a4e37b2.jpg
91c743b2.jpg
56fc5aae.jpg
272d9b69.jpg
d7ef4941.jpg
2f60aa69.jpg
61ac2cc2.jpg
しなの鉄道の「ろくもん」は、軽井沢〜長野間を2時間半かけてゆっくり走る観光列車ばい(*^.^*)

「真田の赤備え」をイメージした真っ赤な車体は3両編成で、1号車は「ファミリーカー」っす。2人掛けと4人掛けの対面席や、ソファ席、さらに、子供が遊べる「木のプール」があったり、サービスカウンターでドリンクやグッズを販売しとるねん( ̄▽ ̄)b

2、3号車は食事付きプランの「レストランカー」やねん。2号車はカウンター席とソファ席、間仕切りされたブース席、3号車はコンパートメント席なんよ(゜ロ゜;

もちろん、豪華レストランカーは無理なんで、乗車券に指定席料金1000円をプラスして、座るだけの指定席プランで、ファミリーカーに乗ることに(((^_^;)

アテンダントのオネイサンが吹くほら貝の音を合図に、軽井沢駅10時40分発の「ろくもん1号」が出発進行ばい\(^o^)/

御代田から信濃追分間は、右手の車窓に壮大な浅間山の大パノラマが見えるねんo(^o^)o

信濃追分駅は標高955メートルと、しなの鉄道で最も高いとこにある駅っす。終着の長野駅が約360メートルやから、約600メートルの高低差があるんやね(゜ロ゜;

向かいの妙齢のカップルが弁当やら缶ビールやらワインを注文して、早くも大人旅気分を味わい出したがな。負けじと、あっしも軽井沢名物「ミカドコーヒー」を注文、さらにサービスカウンターで、ろくもんの缶バッジを買うたっす(^o^)v

悪のりして、カウンター前で、運転手の制帽かぶって、記念パネル持って、記念撮影までしてもうたばい(((^_^;)

平原駅は無人駅やけど、待合所がヨ14364形車掌車両やねん(*^.^*)

小諸駅では上り下りの電車が行き違うため12分停車とな。ホームでは、オバチャンが地元の特産品を販売しとるがね。この時間を利用して、みんなろくもんと記念撮影ばいp(^-^)q

(続)

笑ってユルして・514

13cfbdd1.jpg
f98be66d.jpg
ec91c6ea.jpg
47cb841e.jpg
c1063163.jpg
d6116f5f.jpg
c683ee00.jpg
0076d221.jpg
19cb06b8.jpg
4f1c5233.jpg
福岡県宮若市に伝わる昔話をモチーフにした「追い出し猫サクラ」は、元気で可愛い女の子ばい(*^.^*)

いつも笑顔で福を招くのは、招き猫の真骨頂やが、頭の反対側にはもう一つの顔があるんよ。笑顔の反対、怒った顔で悪いものを追い出してくれるんやて( ̄▽ ̄)b

っちゅうか、頭の裏表に2つの顔があるなんて、妖怪「二口女」みたいで怖いがな((((;゜Д゜)))

しかし、真横から見ると、ちと情けないお姿ばい(((^_^;)

表面の小判には「福」の字が、裏面には「災い退散」の文字が書かれとるでp(^-^)q

目がライトで光るという優れものなんやね(^o^)v

高さ123メートルと日本一を誇るエキスポシティの大観覧車「レッドホース・オオサカホイール」のイメージキャラクター「マルミエくん」は、各地をマルっと見渡して、全国各地の食いもん、歴史をまる見えにしてくれるんやて(*^.^*)

マルミエって、自らがまる見えにならんでよかったわなあ(((^_^;)

イヌなんやろか?心の奥底に潜んだ感情のかけらさえ伺わせんような無表情さは、彼の生い立ちで、心を閉ざすような出来事があったことを物語っとるんやろか?(笑)

山口県下関市で活動するローカルヒーロー「海峡戦士タイガーフーク」は2013年に登場し、関門海峡の平和を乱す悪の組織「ジャーク」と戦うとるねんp(^-^)q

特産品のトラフグをモチーフにしとる、ふく(ふぐ)料理を食うと、パワーが回ふく(復)するんやそうな(*^.^*)

必殺技はアクアパンチとトルネードキックで、合言葉は「かも〜ん、ブリッジ」…う〜ん、意味不明ばい(((^_^;)

日本広しとはいえ、フグのヒーローなんて、他におらんやろねえ。というか、あまり強そうに思えんがね(-_-;)

関門海峡を挟んだ対岸の北九州市のご当地ヒーロー「キタキュウマン」とは、観光キャンペーンとかで共闘(共演)することも多いんよp(^-^)q

そのキタキュウマンやが、北九州市若松区出身の青年・滝夕輝が変身した姿で、2013年から市をPRする活動を行っとるねん(*^.^*)

現在のスーツは3代目なんやそうで、確かに以前お会いした時に比べて、シャープで、メタリックなフォルムに変わっとるやん。見た目がデラックスになって、マイナーチェンジどころか、こりゃ完全に別物やで(((^_^;)

信州見てある記・その3(しなの鉄道篇)

9b51ba18.jpg
028decc8.jpg
4c0d6f5e.jpg
d9733241.jpg
c400dc55.jpg
d6e5e7ee.jpg
a10d4b0b.jpg
c81f8321.jpg
69fc4529.jpg
b4f70224.jpg
1日目の夕飯は途中、上田市内の農産物直売所で買い求めた信州のグルメを満喫したで(*^.^*)

信州といえば野沢菜漬けで、シャキシャキした食感がたまらんねえ( ̄▽ ̄)b

おやき(なす、野沢菜、切り干し大根、しいたけ)も、農家の手作りのようで、生地がモチモチしとって、スーパーで買うとるものとは大違いやね(^o^)v

サクサクした食感で、骨まで食える虹鱒の唐揚げ、真田発祥の地、上田市真田町のくるみゆべし、諏訪の地酒の蔵元が醸造した地ビール「信州浪漫」と「諏訪御柱」という超豪華ラインアップに舌鼓を打ったっす( ̄▽ ̄)b

一夜開けた2日目は、しなの鉄道軽井沢駅から観光列車「ろくもん」に乗って、のんびり大人の旅ばい\(^o^)/

まずは、しなの鉄道の車両を紹介するっす。すべてJR東日本から譲り受けた115系車両のみで、ワンマンの3両編成ばい(*^.^*)

S10編成が、グレーに赤いラインの塗色の「しなてつカラー」、S13編成がグレーにブルーと水色のラインの「長野色」ばい\(^o^)/

S10編成には田窪恭治作の「イイヅナのリンゴ」ラッピング車両もあったっす(*^.^*)

9月30日まで開催される「信州デスティネーションキャンペーン」に合わせ、懐かしの国鉄系車体カラーに塗り替えて、運行しとるねん。白地にグリーンのラインの「初代長野色」、グリーン地にオレンジのラインの「湘南色」、ブルー地にベージュのラインの「横須賀色」の3編成ばい\(^o^)/

通常運行にはなかなか投入されんようで、日時を事前告知して、イベントなどで運行しとるみたいやね。という訳で、今回はお目にかかれんかったがな(-_-;)

いよいよお待ちかねの観光列車「ろくもん」に乗って、スローライフの旅の始まりばいo(^o^)o

(続)

笑ってユルして・513

5fcdff03.jpg
38527101.jpg
3d2a08ef.jpg
b23e5af1.jpg
0d6dc9bf.jpg
9cae6c6b.jpg
367926d8.jpg
2597f860.jpg
539ab61b.jpg
7c35c147.jpg
JFLの奈良クラブにも公式マスコットがおるんやで。奈良といえば鹿という安直な発想そのままに、鹿キャラの「ディアーマン」っす(((^_^;)

都を作った一族「鹿人」の末裔で、クラブスタッフの「大和鹿次郎」が変身したという設定そのままに、すでに数年前に鹿次郎がスタジアムに登場しとるねん(*^.^*)

ジャージにポロシャツ姿で、顔だけ鹿という外見の鹿次郎に対して、ディアーマンは、スーパーマンよろしく、全身青ずくめのピチピチのスーツに、赤いマントといったヒーローっぽいお姿ばいp(^-^)q

よく見ると、赤いゴム手袋も、ゴム長も市販品やん。鹿のマスクもオーダーメイドやなく、市販品なんやろね(((^_^;)

予算のない弱小クラブにとって、マスコットキャラクターというたら、着ぐるみなんて、夢のまた夢、市販品に手を加えて作るしかないねん(-_-;)

埼玉県春日部市をPRしとるキャラクター「北春日部Q之介」は、小渕砂丘に生息するホンドイタチをモチーフにしとるんやて(*^.^*)

春日部市といえば、クレヨンしんちゃんの舞台で有名やけど、しんちゃんに追いつけ、追い越せとばかりに、頑張っとるんやねp(^-^)q

「キュキュッ」という鳴き声やから、Q之介っていうんやそうなo(^o^)o

頭でっかちで、ヒョウタン型の胴体は、まさにゆるキャラの見本ともいうべき、王道を行くようなユルさ満点の外見やね( ̄▽ ̄)b

頭の上には、日よけの意味を成さんような極端に小っちゃな麦わら帽子をチョコンと乗っけとるんよ(*^.^*)

「ライオンデビル」は、佐世保市九十九島のキャラクター「さな&せな&ぼな」そして、幼なじみの「スキニー」に続く、さなせなぼなファミリーのニューフェイスとな\(^o^)/

ファミリーといいながら、デザインの作風もコンセプトもバラバラで、まったく関連性も共通項もないんよ(((^_^;)

ダブダブの胴体はレンタルショップの既製品の着ぐるみみたいやが、たてがみというよりロン毛からのぞくご尊顔は愛らしいの一言o(^o^)o

名前とはかけ離れたラブリーなお姿と、あまりにも小っちゃすぎる体型には、癒やされない訳がないがな(^o^)v

焼きそば大好き!・その9(日清・汁なしシーフードヌードル風焼そば、ペヤング・鉄分MAXやきそば、明星一平ちゃん夜店の焼そば・すだちポン酢 醤油味、)

3e2665f7.jpg
4cd502ea.jpg
599a8c95.jpg
dd3068f0.jpg
3c3d25b9.jpg
e141bffc.jpg
8d9c23d0.jpg
0af88ce0.jpg
3b42db88.jpg
日清カップヌードルから、夏向けの新商品「汁なしシーフードヌードル風焼そば」(184円)が発売されたで(*^.^*)

カップ焼そば同様に、お湯を入れてから湯切りし、液体スープとふりかけをかけて出来上がりばい\(^o^)/

具材は、イカ揚げ玉、タコ、カニカマなどシーフードに、キャベツとなo(^o^)o

麺にからめられたスープはあのシーフードヌードルの味やね。スープ入りやとややしつこい感が否めんけど、汁なしやとズルズル食えるから不思議やで(^o^)v

酸辣、納豆、わかめ、パクチー、背油と続いたペヤングのMAXやきそばシリーズ。新作は「鉄分MAXやきそば」(195円)やて。鉄分MAXって、どんな味?まったく想像できんがな(・_・?)

具材に、ほうれん草、ちりめんじゃこ、エビが入っとって、香味野菜の効いたあっさり醤油味のソースなんやとo(^o^)o

醤油味にエビの香ばしさが引き立っとって、和風のあっさりとしたお味やね(^o^)v

しかし、鉄分を多く摂取できるからと、ヘルシーさをアピールした商品らしいけど、健康志向の人はカップ麺なんか食わんと思うんやがなあ(((^_^;)

明星食品「一平ちゃん夜店の焼そば」「すだちポン酢 醤油味」(84円)は、徳島県産すだちを使うとるそうで、酸っぱさであっさり食えて、まさに夏向けの焼そばやね(^o^)v

一平ちゃんシリーズのお約束、マヨビームは要らんかったかも(-_-;)

キャベツたっぷりが自慢のようやが、言うてみればキャベツしか具材入っとらんがな(((^_^;)

笑ってユルして・512

a958fadb.jpg
73ab488c.jpg
3f5dd9f0.jpg
df823b15.jpg
d45af8aa.jpg
bfaf718f.jpg
6d3bb390.jpg
86d98b1e.jpg
「マルタ」は、ケーブルテレビのアニメ「マルタの冒険」に登場する、ダイコン村に住む、好奇心旺盛なウサギの男の子ばい(*^.^*)

マルタというより、寸胴体型は丸太やろ(笑)

足の長さはまだいいとして、この短い腕でインディ・ジョーンズばりの冒険を見せてくれるというんかいっ(((^_^;)


「精霊の牙マスラガオー」黄緑と青と黒、そしてゴールドのワンポイントと、モザイクのような外観。見る限りは悪役の怪人に見えんでもないが…(笑)

ネットをはじめ、あちこち調べてみたんやが、ついにホームページはもちろん、1件のワード検索もも引っ掛からんかったという謎のヒーローばい。ここまで、世間に露出を控えとるとは、ミステリアスを演出しとるんか、はたまたやる気がないのか?(-_-;)

コープのキャラといえば、CO・OP共済の「コーすけ」が有名やけど、全国のコープごとにもオリジナルのキャラがおるねん。コープこうべには公式キャラクターの「コーピー」がおるんよ(*^.^*)

頭の角(アンテナ?)がハート型なんやね。服らしい服は着とらんのやが、首にはオシャレなバンダナ巻いとるねん( ̄▽ ̄)b

信州見てある記・その2(君の名は、間欠泉センター、タケヤみそ篇)

327a8044.jpg
c9de5e7b.jpg
8f5638b1.jpg
42db39a1.jpg
ab7c2305.jpg
4953fcce.jpg
473698f9.jpg
8cbc88be.jpg
131df8bb.jpg
83751997.jpg
腹ごしらえができたあっしらがまず向かったんは、立石公園ばい。諏訪湖を望む山の中腹にあって、ここから諏訪湖が一望にできるねん(*^.^*)

かの大ヒットアニメ映画「君の名は。」の舞台になったと噂されるスポットで、ファンの聖地巡礼で賑わっとるんやとか(゜ロ゜;

何の変哲もない公園の駐車場はすでに満車で、若いカップルを中心にぎょうさんの観光客が訪れとるねん。中には、わざわざタクシー飛ばしてまでやってくる強者も(((^_^;)

アニメに登場する湖と確かに形や雰囲気は似とるけど、アニメでは山深い村やが、諏訪湖の湖畔はホテルや旅館が建ち並んどるんよ(-_-;)

サンセットの名所なんやそうで、その幻想的な光景はアニメの世界かも( ̄▽ ̄)b

再び下界に降りて、「諏訪湖間欠泉センター」へ。ここには、昭和58年に諏訪湖畔で温泉掘削中に噴出した間欠泉があるねん。当時は高さ50メートルまで自噴し、世界第2位の高さと言われたんやそうやが、その後、自噴が止まったんで、今ではコンプレッサーで圧縮空気を送って噴出させとるんやて。なんや、ヤラセかいな。自噴が止まっても、人工的に間欠泉作って観光客を呼ぼうという根性はアッパレかもm(__)m

1日に6回、高さは5メートルほどのなんちゃって間欠泉をわざわざ見物に訪れる観光客はまばらやね(-_-;)

1階は売店で温泉玉子とか土産を売っとって、2階は諏訪湖をロケ地として撮影された「テルマエ・ロマエ」など、映画やドラマの展示スペース、出演者のサイン色紙や台本、小道具、セットの一部などが展示されとったばい\(^o^)/

間欠泉センターの向かいにあるのは、森光子のCMでお馴染みの「タケヤ味噌会館」ばい。工場の一角にあって、飲食コーナーと販売コーナーがあるねん(*^.^*)

飲食コーナーでは、できたての味噌で作った豚汁(100円)と、「ごまみそソフトクリーム」(300円)を売っとって、早速ご賞味ばい。豚汁は赤だしっぽくて、味噌の甘さが特徴的で、温かいご飯が欲しいとこやね。ソフトクリームはゴマと味噌の味わいが全面に出たスイーツのようやったで(^o^)v

販売コーナーには、数量限定の味噌や、ピーナッツ味噌など変わりダネの味噌が売られとって、試食できるねん。欲を言うなら、温かいご飯が欲しいとこやね(((^_^;)

味噌を使うたスイーツや、キャラクター「おわんくん」のグッズ、味噌のアウトレットなんかもあったでo(^o^)o

諏訪湖を後にし、再び岡谷インターから長野自動車道に乗って、軽井沢を目指したっすp(^-^)q

(続)

笑ってユルして・511

40a29b19.jpg
318df5c5.jpg
04c0fd8a.jpg
ef0cbf45.jpg
3ddfdff3.jpg
90f99871.jpg
8fc94f08.jpg
c0a7b9c1.jpg
神戸市垂水区の観光大使「ごしきまろ」は、5世紀ごろに五色塚古墳のあたりで暮らしとったんが、現代にワープしてきたんやて(・_・?)

顔がデカいことがコンプレックスなんやそうで、デカいこともさることながら、顔が弛緩しまくりというか、ユルすぎやで。見とるこっちの方が気が抜けてまいそうやがな(((^_^;)

スネやすいけど、がんばり屋なんやてp(^-^)q

しかし、てるてる坊主みたいな手抜きしまくりの衣装はどうにかならんかったんやろか(((^_^;)

さんプラザ、センタープラザといった神戸・三宮の商業ビルのマスコットキャラクター「プラザル」は、体が「プラザ」の頭文字「P」で、顔がハート型しとる、ピンクのサルやねん(*^.^*)

なんと、ハート型のお尻には「三宮」をイメージした「3」の形をした尻尾が生えとるんやね(゜ロ゜;

好物はコッペパンで、普段はおとなしいが、イベントがあるとテンションが上がり、張りきりすぎて暴走ぎみになるねんて(((^_^;)

おっちょこちょいで、みんなに好かれたいという気持ちが人一倍強いんやとか。

「てるひめちゃん」は、大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映に便乗して生まれた、官兵衛の妻で、加古川で生まれ育った光姫(てるひめ)をイメージしたキャラクターばい(*^.^*)

夫の「かんべえくん」(姫路市)とは一緒に活動することが多いんやけど、ドラマが終わるや、かんべえくんの出番がめっきり減ってもうたから、てるひめちゃんもなかなか仕事が回ってこなくなってもうたんやね(-_-;)

かんべえくん同様に、あまりにもお顔立ちが整いすぎとるもんやから、印象に残らんねんなあ(;´д`)

マンホールも楽し・その5(長野県諏訪湖流域下水道)+信州諏訪 みそ天丼

bdf3c62f.jpg
0e3e5b83.jpg
b9fbed6d.jpg
6995235c.jpg
44f6bcd3.jpg
0a2b9cde.jpg
99082e58.jpg
23837928.jpg
365bac54.jpg
8cd245ec.jpg
諏訪湖畔にある長野県諏訪湖流域下水道事務所を訪れたっす(*^.^*)

すでにお盆休みに入っとるんか、人っ気がまるでないやん。もしや、閉庁かと思うて、恐る恐るドアを開けたら、鍵がかかっとらんでひと安心ばい(^o^)v

エントランスには、カラーのマンホールが展示されとるが、やはり誰もおらんやん。なんて無用心なんや(-_-;)

事務所は2階やっちゅうんで、薄暗い階段を登っていくと、これまた薄暗い事務所には2、3人の職員さんしかおらんねん(((^_^;)

ヒマそうにくつろいどる職員さんに恐縮しながら、マンホールカードをいただき、さっさと建物から飛び出たっすp(^-^)q

ここから、諏訪市街に入って、JR上諏訪駅の近くにある創業60年を越える老舗「れすとらん割烹いづみ屋」で、昼飯ばいo(^o^)o

この店は、諏訪湖で獲れるワカサギや川エビのほか、信州といえば蕎麦、さらに馬刺など郷土料理をリーズナブルに食えるんよ。さらに、自家製の豆腐や湯葉を使うた料理も自慢なんやとか\(^o^)/

も一つの目玉商品が「信州諏訪 みそ天丼」というご当地グルメやねん。あまり聞いたことないと思うたら、なんと、もう10年前から売られとるんやね(゜ロ゜;

全国有数の味噌の産地やから、天丼に味噌ダレをかけたんやて。市内には15店舗がみそ天丼を販売しとるんやそうで、具材の天ぷらは各店思い思いの工夫を凝らしとるんやとかo(^o^)o

ということで、もちろん迷うことなく、みそ天丼に味噌汁とゴマ豆腐のセット(1000円)を注文したっす。なんと、テーブルに置かれた丼は、蓋が閉じられんほどの大量の天ぷらが乗っかっとるねん(゜ロ゜;

素揚げの蕎麦を投網にみたて、ワカサギ、川エビといった諏訪湖の恵みに、野沢菜のかき揚げ、ナスやシメジ、大葉など地元野菜の天ぷらもたっぷりばい\(^o^)/

これに味噌ダレがかかっとるんやが、ものたりんかったら、追いがけができるんよ( ̄▽ ̄)b

味噌ダレはたっぷりかけた方が濃厚な甘さで天ぷらが引き立つわなあ(^o^)v

デザートには、豆腐アイスを注文したばい。一見バニラアイスっぽいんやが、食うたらやはり正真正銘の豆腐なんよ。これも田楽みそを浸けて食うんやけど、冷たい田楽っちゅう趣やね( ̄▽ ̄)b

(「信州見てある記・その2」に続く)
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ