こんにちわ
明日といいつつやっとこさの更新です

10月1日、日本全国的に衣替え、と言う事で
今日こそは・・・!と思いつつ、やっと更新することが出来ました。

街で各校の冬服が拝める季節となりました。

さて、今回の制服です。
今回は、國學院(久我山)高等学校の制服です。
1
既に、本家國學院高等学校の方はブレザーになってしまっています。
東京杉並にある、國學院久我山はまだ黒の詰め襟のままです。
どちらの制服か、はっきりわからないためカッコつけておきますね。
校章の中の色が水色になっていますが、それが判別する方法なのでしょうか。

2
と言う訳でちょっと寄ってみました。
学年章は、取り外されていた為適当に付けました。

100%ウール生地なので、すごくゴージャス!

3
もっと寄ってみます。

黒のボタンのアクセントがとても印象的です。
校章もハッキリわかります。

4
袖口です。
袖のあたりに、線らしきものが見えます。
実際に線を付けている制服もありますが、これは生地を折り返し、その部分を線に
見えるように作られています。

5






そして袖ボタン。
ここまでしっかり黒!
7
裏地です。
名前の刺繍のみけさせてもらっています。
若干古めのデザインでしょうか。
古い時代の制服だと思います。

8
ちょいとアップ。
三越製でNIKKEの生地だそうです。
ウール100%、裏地はポリエステル100%。
「お高い部類」の学生服です。

6
最後の背中。

漆黒の黒、とでもいうのでしょうか・・。