ミッシェル・バテュ/優しい風

アーティスト ミッシェル・バテュ
タイトル    優しい風

コメント
 北グアテマラを横断して1000キロの道のりを旅しました。住民達は、再び芽が生えてくることを願って、森全体を焼くので(焼畑農業)夜明けには、不思議な雰囲気をかもし出すもやが発生します。彼らの住居はヤシの枝で覆われており、快適に暮らすことが出来ます。水道も電気もありませんが、これはまさに文明社会の中で生きることに疲れたロビンソン・クルーの夢なのです。

(C)株式会社ギャラリエ・ブラーヴ