快適!就活・転職ライフ

面接苦手?履歴書・職務経歴書の書き方が分からない・・・。 そんな心配をしているあなた! このブログを読めば、もー安心^^
現役人事スタッフの生の声が盛り沢山!! 採用側の考えが解れば面接も楽勝! あなたの就活・転職ライフが変わりますよ^^

2008年03月

面接でよくある回答・・・だけど!

こんにちは、ガリレオ人事の中山です。

先週金曜の「もしかしたらこんな面接に・・・」

を読まれた方。

 

そんなことされる面接あるの??!!!

と思われたり、自分だったらそのときどうするかを

考えてみられたんじゃないでしょうか?

 

面接官の意図を想像するなら・・・・・。

「君がどんな時でも笑顔でいられると主張するなら、

今この場でそれを裏付けてください」

でしょうか。。?

 

だからって、面接の場で履歴書を破るのは失礼極まるので

違う方法を取ると良かったのに。と思います。

 

が!

 

「自分の主張に裏づけがある」

というのは確かにとっても大切。

 

例えば・・・・・・・

面接官

「1つ目の質問です。学生時代に頑張ったことを教えてください。」

学生A

「はい、私は部活を頑張りました。

練習はすごく厳しくて何度も『もう辞めよう』と思いましたが

持ち前の粘り強さで続けることができました。

また、部活を通じて仲間との絆ができ、

チームワークの大切さを学びました。」

 

 上記のやりとりをどう思いますか?

うん、卒ない回答だ。

と思った方は!!!!

 

 

 

 

危険!!!!!!!

 

 

この回答では、部活の厳しさも、Aさんの粘り強さも

チームワークを大切にする気持ちも

さっぱり伝わらないでしょう。

 

 

なぜなら、裏付けられていないから。

 

まず、【すごく厳しくて】という表現。

ある人にとってはグラウンド1周を

「すごくきつい」というかもしれないし、

ある人は100周してやっと「きつい」と感じるかもしれない。

 

「すごく」はとても抽象的。

すごさを伝えるには「すごく」ではなく、

・●●キロの走り込みをして、夏場は倒れる人が必ずいる程

・練習は土日も関係なく毎日●時間以上

・絶対にミスが許されず、終了後も残って

練習をしなければついていけないほど


などなど、具体的なエピソードを伝えましょう。

一言「すごく」で片付けてしまうより、

「すごさ」が伝わりませんか?

 

 

また同じく【持ち前の粘り強さ】という表現も、

エピソードがないとわかりません。

 

初対面の人に「持ち前」と言われても

生まれつき備わっているものが何かなんてわかりませんよね。

 

周りが辞めていく中で、Aさんは

・どうして自分は続けようと考えたのか

・どうして続けることができたのか

継続できた理由を話しましょう。

それが相手に伝わって継続の事実があって

初めて「粘り強さ」に納得ができます。

 

ここまでくると【チームワークを大切にする気持ち】を

伝えるためにはどうしたらいいのか見えてきましたか?

 


・どんなときに仲間がいて良かったと感じたのか

・どのようにチームワークが築かれていったのか

・チームワークが良いことでどんなメリットがあったのか

そんなエピソードを話したら

チームワークを大切にする気持ちが

相手に伝わるんじゃないかな、と思われましたか??!

 

選考をしていると、意外と学生Aさんのような

【耳馴染みは良いけど、抽象的】

な回答をする方が非常に多いです。

 

しっかり主張したいことを裏付けるエピソードが

相手に伝わることが大切だと思います。

 

相手が映像をイメージできるような。

 

 

今まで抽象的な回答をされていた方は、

是非今までを振り返って主張を裏付けるエピソードを!!!

 

人気blogランキング

 

 

もしかしたらこんな面接に・・・

 こんばんは!ガリレオ人事担当の吉田です。

 

今日は09新卒の三次面接を行いました。

面接前にある学生と話をしていたんですが、

こんな話を聞きました。

 

「僕の友人の女友達が、ある企業に面接に行ったんですけど、

そこの企業の面接で、その女の子が、

私の長所はどんな状況でも笑顔でいることが出来ます。

って言ったらしいんですけど、その直後に

 

履歴書

 

 

 

 

 

ビリビリビリ!

 

 

 

って破られらしいんですよ!

 

それってひどくないですか?」

 

 

 

っていう情報を頂きました。

 

皆さん!

 

それって

 

どう思います?

 

 

 

僕が思うに、履歴書をビリビリされた状態でも

その状況を保てますか?

っていうのを試したんだと思います。

 

当時の僕だったら

 

多分

 

感情が入ってしまって

 

怒ってしまうかもしれません!

 

皆さんも同じ事を

思うかもしれませんが

 

 

 

それは

 

良くないですよ!

 

 

もしそんな事があったら

 

冷静に

 

「なぜそんなことをしたんですか?」

 

って

 

聞いてみるといいと思います。

 

 

 

その学生も、

「もし、そんな企業があったら、落選してもいいから、

1から10まで全部聞いてみたいです。」

と言っていました。

 

賢い学生さんでした。

 

なかなか、そういった企業は少ないと思いますが、

もしそんな場面に出くわしたら、腹が立つとは思いますが、

 

冷静さを保って望んでください!

 

 

怒っても良いことはありませんよ・・・。

 

 

 

人気blogランキング

 

galileo

galileojinji

正社員型の技術派遣

ガリレオムービー
人ブロ

Recent Comments
名古屋本社
東京支店
大阪支店
注目記事
ベストセレクション - 1
ベストセレクション - 2
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ