快適!就活・転職ライフ

面接苦手?履歴書・職務経歴書の書き方が分からない・・・。 そんな心配をしているあなた! このブログを読めば、もー安心^^
現役人事スタッフの生の声が盛り沢山!! 採用側の考えが解れば面接も楽勝! あなたの就活・転職ライフが変わりますよ^^

2010年01月

採用側の視点

こんにちは、ガリレオ人事の中山です。

 

先週のブログにも関係するのですが、

うまくいかなかった面接を振り返って分析をするときには、

自身が話した内容や振る舞いを思い返すと思います。

 

そこにもう一つ加えてほしい視点は

”採用側はどういうところを見ているんだろう”ということ。

 

「面接を受ける側だからわからない!」

と思われるかもしれません。

 

 

 

そんなときには

 

こういうことを考えてみるのはどうでしょうか?

 

 

【自分自身が始めた仕事が軌道にのり、

人でが必要になったので、求人募集を出した。

採用人数は1名のところへ10名の応募者がきた】

 

こういう状況を想定してみてください。

 

さてさて、みなさんは面接をするときにこの10名の

どんなところを重視して選考しますか?

 

身だしなみ、でしょうか?

敬語の使い方、でしょうか?

体力面、でしょうか?

専門知識、でしょうか?

協調性、でしょうか?

 

 

友人同士で面接の模擬練習を行う機会があれば、

”面接を受ける側”としてうまくできるように練習する、

というだけではなくて、

 

”採用側”としてどういうところが重要なのかを

考えてみることも良いかもしれません。

 

もちろんその際には、形式的に面接官役をする

のではなく

【自身が同じ職場で働いていく人を採用する】

という状況を想定してみてください。

 

採用側の視点になってみることで、

見えてくるものがあるかもしれませんよ。

 

人気blogランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の原因はコレなんだろうか?

こんにちは、ガリレオ人事の中山です。

就職活動・転職活動中、なかなか面接が突破できない、

という状況になっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

景気も悪いし、

ハードルが上がっているし、

ライバルも多いし、、、、

 

 

もちろん理由としては上記のようなことも

大いにあると思います。

 

 

ただ、外的なことだけが要因だと思い込むのは危険。

 

もし自分自身にも良くなかったところがあっても

”だって景気が悪いから”と考えて終わってしまうと、

自身の改善点に気付かないまま

他でも同じところでつまずいてしまうかもしれません。

 

また、要因が自分自身にもある、と考えて振り返ることが

できた場合でも、”ここが悪かったからだ”という分析が

見当違いな思い込みである場合も同様です。

 

 

一例ですが、例えば(新卒の方に多い気がしますが)

・身だしなみ

・敬語の使い方や話す速度、つまらず話せるか

・立ち振る舞い

といったような、そと見の部分に不自然さがあるといけないんだ!

と決めつけてしまう場合。

 

確かに、清潔感のある身だしなみや

その場にふさわしい言葉遣い、立ち振る舞いは必要です。

 

ただ、これらは最終判断を下す材料にはなりにくい。

 

(多少の失敗はあるかもしれませんが)

≪まずはできていてスタート地点≫です。

 

うまくいかなかった原因の分析。

思い込みにならないようにしたいですね。

 

 

人気blogランキング

 

 

 

 

 

galileo

galileojinji

正社員型の技術派遣

ガリレオムービー
人ブロ

Recent Comments
名古屋本社
東京支店
大阪支店
注目記事
ベストセレクション - 1
ベストセレクション - 2
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ