ギャラリー ヨクト

四谷四丁目にオープンした「ギャラリー ヨクト」のブログです。展示の詳細についてこちらで確認出来ます。

宮崎皓一写真展トークショー

―Image―

A. M. 氏の余白に『鏡・空間・イマージュ』に寄せて―

「眼差の詩学」、探求―
 

河野和典『日本カメラ』元編集長、日本写真協会理事  宮崎皓一     

日時  12月15日(土)15:00~17:00 

参加費 500円

定員  20名

*会場スペースの関係上、参加人数に限りがありますので

定員に達した場合は、立ち見となりますのでご了承ください。

ご予約の方は下記のアドレス迄お願いします。
Mail:galleryyocto@gmail.com 

img193

 

ヨクトメンバー・山崎の展示のお知らせ

koike2018-11-19_202616

ヨクトメンバー・山崎の展示のお知らせです。

こしがや介護フェスタ2018で「DIARY母と庭の肖像」を展示します。1日限定のイベントですが、在廊しております。写真集の中から10数点を展示します。ぜひおいでください。

日時 2018年12月15日(土)12:00~16:00
場所 イオンレイクタウンkaze3階・イオンホール(イオンシネマ隣)
〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン4丁目2番地2
http://laketownkaze-aeonmall.com/news/event/2370/page:2

※越谷レイクタウン散歩にて「こしがや介護フェスタ2018」についてお知らせいただきました。
http://koshigayalaketown.net/archives/20181118.html

12月の展示

宮崎皓一写真展
img191
 
—Image—
A. M. 氏の余白に『鏡・空間・イマージュ』に寄せてー
「眼差の詩学」、探求ー

紙片と眼差とのあいだにひとつの沈黙が領してるということだ、
レクチュールの条件かつ愉悦たる沈黙が。  ースティファヌ・マラルメ

1960年代、その事は、既にそこに在った。日常的なエピステーメーとしての視覚の中に、
それを見る、こと・・・なにか、もうひとつ、別の出来事として、それは在ったー。
いま、ここで起こる、「写真という名の、紙の上での出来事」・・・そこには、
「眼差の詩学」が織り込まれ在った。

2018年12月5日(水)~24日(月)
月、火、休廊   24日(月)祝日開廊
開廊時間  13:00~19:00
 
ギャラリートークショー  
河野和典『日本カメラ』元編集長、日本写真協会理事 ✕ 宮崎皓一     
日時  12月15日(土)15:00~17:00 
参加費 500円
定員  20名
場所  ギャラリー ヨクト
*会場スペースの関係上、参加人数に限りがありますので、
定員に達した場合は、立ち見となりますのでご了承ください。
問い合わせはの方は下記のアドレス迄お願いします 
Mail:galleryyocto@gmail.com
 企画・大塚勉
 

ギャラリー
  • 宮崎皓一写真展トークショー
  • ヨクトメンバー・山崎の展示のお知らせ
  • 12月の展示
  • 大塚勉写真展 「うすいからだ・部屋・Y君」トークショーのお知らせ。
  • 10月の展示
  • 9月の展示
  • 8月の展示② 小野 悠介写真展 島の環(わ) 2 -家族の風景-
  • 8月の展示③ オノダトシシゲ写真展 「Tinker Bell」
  • 8月の展示① 山崎弘義写真展「Around LAKE TOWN 3」
メンバーリスト
カテゴリー
2017年8月にオープンする自主ギャラリー。メンバーは平賀淳・大塚勉・西川茂・山崎弘義・齋藤千晶。
  • ライブドアブログ