April 03, 2007

明日から死ねるよ

 教育実習事前指導オリエンテーションin大学。とりあえず事前に渡されてる小冊子に軽く目を通す。
…かったりぃなあ
こんな実習生でいいのか?なあそれでいいのか?

 ちゅうわけで明日から死ねそうです。きっと話聞いてても半分も頭に入らないに違いない。つうか半分も入ったら凄いよ、俺。
や、キット必要なことなんだってばよ。頑張れよ、俺。

 …ヤヴァイな、テンション下がってきた。頑張る為にも今日は早めに寝るよ。  

Posted by gama6 at 21:49Comments(0)TrackBack(0)

September 30, 2006

汗だく

 久々に気分を一新しようと部屋の大掃除をしてみる。そして汗だく。気温下がってきたからこの程度で済んでるけど夏に大掃除したら地獄だったんだろうなあ、とか思考を泳がして…やる気がなくなってパソコンに向かう。そういや全然更新してないなあとかふと思って更新することにしてみたり。と、言うわけで報告。生きてますよ〜。
 まあガッコ行ってるから普段からきちんと掃除できる状況ではない、というのは言い訳だけど実際そういう面もあるわけで。久々の大掃除でここまでごみが大量に出るとは…。ダンボール3つ分は出たね。何してたんだろ、俺。ついでにすぐには使わないけど必要な書類群を実家に送ることにしよう。と、詰めていったらダンボール1箱分になった。道理で押入れが狭いわけだ(全部押し入れに突っ込んでた(笑)
 そんなこんなで押入れが空いたからストックしてた食品とか突っ込んで見る。そして終った後に感じたのは疲労感と、嗚呼こんなにこの部屋スペースあったんだ、という感想。これだけでもう俺のだめっぷりが伺えますな。とりあえず足の踏み場がなかった部屋に足の踏み場が出来ました。さっきまで本当に踏める場所がなかったから荷物踏みながらベットまで行ってたんだよなあ…。
 まあ大掃除したといってもすぐに手をつけられるところしかしてないし、まだまだ捨てられるものはありそうだ。次は粗大ごみ辺りを出しに行くことにしよう。ちゅうわけで今日はもう疲れたから後は遊ぼう。

…はっ、レポートがっ…  

Posted by gama6 at 17:26Comments(0)TrackBack(0)

August 17, 2006

体力の衰えを感じる合宿後

 まあ、アレですよ。こう、疲れが残ってたりすると、ねえ。去年を振り返って、去年の俺若かった、なんて感慨にふけってしまったりするんですよ。まあ、去年の俺も同じ様なことを言って感慨にふけっていたわけなんですが。で、一昨年も確か高校生若いなあ、とか言ってた気がします。その前は…まあ若干受験前ではしゃぎ気味だった気もしないでもない。
 とりあえずこう毎年のように俺が呟いているのにもそれなりに根拠があるわけです。例えば現役のころ、どんなに徹夜しても大丈夫ってな具合で元気いっぱいに弓引いてましたよ、ええ、馬鹿みたいに。一昨年、OB会合だけではなく、諸処の仕事に追われ睡眠時間は激減。しかし最終日前日かその前の日位に30分仮眠を取るだけで平気でした。去年、結局耐えきれなくて最終日朝練はダウン。最終日の練習はダルダル。そして今年、まず100射会前はちゃっちゃと寝たにも関わらず終了後あまりの眠気にダウン。更にその次の日辺り胃に来てダウン。パニックを避けるため現役+OBと別行動を取るほどの調子の悪さ。後半結局朝練にほとんどでない、というダメだめっぷり。どうよこの体力の右肩下がりなグラフっぷりは。もう自分に涙が出そうです。わーい。
 そして今に至っても疲労の抜けない俺のふくらはぎ。ふくらはぎ、といえば高校時代友人が馬鹿なことをやっていたなあ、と懐かしく思い出す。短文を書いたのだ。タイトル、ふくらはぎ。雪国を彷彿とさせる書き出し。確かズボンをまくるとそこには白いふくらはぎがあった、みたいな書き出しだったように思う。また、違う文章で、同じくふくらはぎ、というタイトルの文章を書いていた。それはもう、何百字も文章をとぎれさせずにふくらはぎの形容をずっとしていく、というとても下らない企画で、当時も爆笑した覚えがあるのだ。締めの言葉はこうである。
………そんな君のふくらはぎ。
思い出すと頭を抱えたくなるがこの年齢まで来ると笑い話にしかならないと思ったので書かせてもらった。しかし、あの形容っぷりは素晴らしく頑張っていたと俺は思うのだが、もはや手元にその文章はない。非常に残念だ。書いているうちに読みたくなってきたがもはやかなうまい、と口調の違う後半を締め括ることにしよう。  

Posted by gama6 at 00:15Comments(2)TrackBack(0)