「敵は本能寺にあり」を見たよ共通項に気が付く

2007年12月18日

信長ゴメン・・「鹿男」「椿三十郎」に早くも浮気する

sikaotoko

まだ暗い6時前。

めざましTVで「鹿男あをによし」ロケ報告、

来ましたね〜〜

in 奈良。


ホルンで鹿を呼び寄せて、その中で演技をする
「おれ」小川孝信役、玉木くん。

全体的に少し短くなった髪の毛。
前髪はおろし、すっかり千秋さまとは別人です。

「こんなにたくさん鹿がいるとは思っていなかったので
びっくりですね」とのコメント。
鹿せんべいを食べていました(笑)。

昔、ワタシもここの鹿せんべい食べたことがありますが、
食べられないことはないものの、おいしくありませんよ〜、やっぱり。
遠くでちょっとカビの味がした覚えが(苦笑)。



さてさて。

今日は火曜日、映画館のレディースデイであります。

ミッドナイトイーグル4回目にチャレンジ・・したかったのですが、
ここの映画館、哀しいことに1日1回、
しかも夕方6時過ぎからの上映しかなく、
残念ながらあきらめました。

他に見たい映画は・・・と。

これです、「椿三十郎」。

tubaki
織田ちゃん(慣れ慣れしいぞ〜!)、

見て来ちゃいました〜(´∀`)

明らかに浮気です(笑)。



この作品を見るのは3回目。
と言っても、前回2回は黒澤明監督・三船敏郎主演の「椿三十郎」でした。

最初は子どもの頃。
教育テレビで父が見ていたので一緒に見ました。
カラーじゃないからつまんないなあ〜と思って見ていたんだけど・・・

・・・・これが面白かった!
子どものワタシが見ても、とても面白かった!笑えたし。

2回目は物心ついてちゃんとオトナになってから。
レンタルビデオで見ました。

そしたらやっぱり面白かった。
さらに俳優さん達の演技そのものや
演出がいかに素晴らしいかということもレビューなどで知り、
感動と感心が半分ずつ、ってカンジで見ました。
実際、三船・仲代コンビの迫力は凄かったです。
とくに凄惨さを通り越してただただ驚くしかない、
血柱吹き上げる、有名なラストシーン。

・・・・そして今日です。
森田芳光監督・織田裕二主演。
ワクワク。

台本は前作とまったく同じ物を使用しての作品ということなので、
どうしても比べてしまいます。というか、比べやすい。

ざっくばらんに感想です。

ん〜、やっぱり迫力という点では前回の方が上、です。
画面がモノクロであること、音楽の使い方、
あと主人公の持つ雰囲気などなど。
でもこれはもう世界のミフネ、クロサワの世界なので仕方ないかな。

でもでも、やはりこの作品自体はたいへん魅力的です。
華やかさ、三十郎の軽やかさなんかはこちらの方が上だな〜ワタシは。

まず、ストーリーはやっぱり素晴らしい。
話の運びのテンポが良く、
最初の5分でこの作品の主な登場人物の様子・目的がはっきりするので
ぐいぐい話そのものに引き込まれます。
またひとりひとりが人間味溢れているのが、
つい引き込まれてしまう理由のもうひとつ。
悪役でも情けない姿が垣間見え、
つい同情してしまったりして憎めません。

上映中、笑いの途絶えることはほとんどありませんでした。

(しかし今日、隣に座ったおばちゃんがものすごく笑い上戸なヒトで、
織田ちゃんや若侍たちが何やってもフフフと笑うのだよ・・
ビニール袋ガシャガシャもうるさいし〜〜
これにはまいった)

その織田ちゃん、
ちょっと織田三十郎がワンパターンで、
何やっても織田ちゃん・・・ま、当たり前なんですが。
べらんめえ口調で荒っぽい素浪人なんだけど・・・織田ちゃん。
情けない若侍たちのステキなアニキ・・・・織田ちゃん。
でも仕方ないか・・・織田ちゃんだから・・・
もうちょっとオッサン臭いところが欲しかった(爆)。

あと、衝撃のラストシーンは?
かなりドキドキしてたのですが、
ここだけは前作とはまったく変わったものになっていました。

映画の中で一番の見せ場。
椿三十郎と室戸半兵衛の真剣勝負。
命を粗末にしたくない三十郎と絶対勝ちたい半兵衛。
勝負は一瞬。
これ以上は書きませんが、これなら子どもにも安心して見せることができる(笑)。

というわけで、時代劇でありながらぜんぜん時代劇っぽくない、
たいへん面白いエンタテイメント映画でした。

「ミッドナイトイーグル」「スマイル」この二つは見ちゃったし・・
なんて時にはぜひ御覧あれ。
「あばよ」って爽快な気持ちで映画館から出てくることができると思いますよ・・
きっと。
オススメです!

今日は浮気しているうしろめたさで文章がヘン(笑)。
いつもだけど。すみません。

ではでは。



gamagama7 at 22:50│Comments(6)TrackBack(1) 玉木宏 | 映画

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 織田裕二 wiki 関連最新情報  [ 織田裕二 画像・動画 最新情報ブログ ]   2007年12月19日 10:07
スピッツ きっと君も癖になる。※ライブのネタバレ注意。RANGE織田裕二?ありが...

この記事へのコメント

1. Posted by 涼子   2007年12月18日 23:13
『椿三十郎』のラストといえば確か・・・
私も子供の時に見たので記憶が曖昧ですが、そうなのですか(-_-)

しかしテロップ!
「鹿と共演」ってぇえぇぇ〜
じゃあ日本版ヒッチコックの『The Birds』をやれば「鳥と共演」ですか(゜▽゜)
2. Posted by ガマ美   2007年12月19日 00:21
涼子さま:
あのラストシーン、モノクロの時代だからこそできたのかもしれませんね・・・カラーだとどうなっちゃうんだろう、と、そこが心配でした。
「シカと共演」にはワタシも笑いました。・・普通ここにはまず「綾瀬はるか」が入るだろうって・・・。
今から奈良公園へ行って特殊メークで鹿になってエキストラ鹿となってヒロシのお尻に鼻先突っこんでフゴフゴしてみたいものです・・・何言ってんだか・・(涙)。
3. Posted by pika   2007年12月19日 06:58
共演できるなら鹿のコスプレなんのその。
ガマさまがお尻なら、私は・・・(危ない!危険!  )
なーんだ、鹿せんべいって、みんな食べてみるのね。安心。
人に慣れた鹿(猿でもカンガルーでも)は、恐いよ〜
玉木くん、かじられないでねぇ。(お尻とか かじられてるの、ちょっと見たいけど・・・ )
やっぱり貴腐人メンバーですね。
4. Posted by ガマ美   2007年12月19日 13:31
pikaさま:
・・・ワタシはあくまでヒロシのお尻しか思いつかず、そんな180度逆の、前の方なんて(あ〜あ、言っちゃったよ〜)考えもしませんでした。pikaさま、交換しましょう

5. Posted by pika   2007年12月19日 18:17
いやぁ、ガマさまが良いパスを出してくださったので、(出してない?)
つい乗っかっちゃいました。(人せいにするなー  )

交換ですか?ぢゃ、かわりばんこ しましょ。
後ろに行列できちゃいますか?
6. Posted by ガマ美   2007年12月19日 21:47
pikaさま:
そうですね〜、どこからともなくわらわらと・・・。ここはやはり整理券を配って時間制限でしょうか・・・(笑)。しかしTVで見る限り、鹿せんべいというのはおいしそうに見えますねー、まるで鉱泉せんべいみたい・・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「敵は本能寺にあり」を見たよ共通項に気が付く